土砂降りの雨の朝、お蕎麦売り切れの午後…

朝から本格的な雨の降りようで、これでも店を開けなければならないのかと、大分不安な雲行きなのでした。それでも傘を差して蕎麦屋まで出掛けていく亭主。ほんのちょっとの距離なのに、長靴がないから、ウォーキングシューズの中までびっしょりにして玄関の扉を開ける。これは思った以上に強い雨なので、米を研いで炊飯器にかけたら、どれだけ蕎麦を打てば好いのかと逡巡するのです。先週は定休日明けに打った蕎麦が随分と残って大変だったのでした。

それでも意を決して大小二玉の13人分余りを打って、今日も切りべら26本の細くてコシのある蕎麦の仕上がり。加水率は43.3%とこのところ変わらない。無駄な打ち粉を使わずに、綺麗なしっかりとした蕎麦が打てるのが嬉しい。祝日はスタッフが休みなので、女将も定休日明けとあって、早めに手伝いに来てくれる。二人とも、こんな日にはお客は来ないと内心は思っているのでしたが、早めに準備を終えて開店の時刻を待つのでした。雨は段々強くなるばかり…。

ところが意外にも昼前から、激しい雨の中をお客がやってくるから不思議なのでした。ご夫婦でいらっしたご主人が、いきなりカレー蕎麦のご注文だったのには驚いたけれど、休みの日にたまにカレーを食べたいのだろうか。霊犀亭のカレーはそんなカレー好きのための具沢山の本格カレー。普通の蕎麦屋のカレー南蛮とはちょっと違うのです。奥様は少しだけ天麩羅を食べたいのか、ぶっかけ蕎麦とサラダのご注文。カレー蕎麦にもサラダが付くから健康志向か。

調理をする間にカウンターに蕎麦好きの常連さんがいらっして天せいろのご注文。やはり、今朝打った蕎麦の美味さを味わってもらうには、冷たい蕎麦でなければと喜ぶ亭主。まだ12時前だけれど、冷たい雨の降る日だから、これで終わりだろうと思っていたのです。奥の座敷で一休みしていたら、店の方から女将の呼ぶ声が聞こえる。いきなりご家族連れでのご来店で、テーブル席は満杯。狭い駐車場にはもう空きがない状態なのでびっくりする亭主なのでした。

カレー蕎麦に天せいろ、鴨せいろが二つと、例によってご家族連れの注文は多岐にわたる。なかなか注文の品が決まらないから、「一度には作れないので、決まった人からおっしゃってください」とご案内しても、やはり、一度に全部を注文してくるのがお客の心理。天麩羅を揚げながらカレーを解凍して昨日仕込んだ鴨せいろの汁と天つゆを温める。鴨肉も解凍しなければならないから、長葱だけ先に切っておく。「このカレーは具沢山で美味しい」とは最初の褒め言葉。

「このドレッシングは自家製なのですか」と尋ねられるから、「業務用のコールスロードレッシングですよ」とカレーに付くサラダの説明をして差し上げる。「サラダの野菜が随分細く切れていますね。サラダを出す蕎麦屋も珍しいよね」とまた褒めてくれたのだろうか。今日はご新規のお客がほとんどだったから、亭主も「調理師学校上がりなもので、毎日野菜切りを続けないと包丁の腕が落ちるのですよ」と親爺様の言葉に応える。オープンカウンターの好いところかな。

次のご夫婦のお客も鴨せいろと天丼とせいろ蕎麦セットのご注文で、今日は寒いからかカレー蕎麦と鴨せいろが随分と人気なのでした。あれよあれよという間に、生舟に用意した蕎麦が残り少なくなって、さすがにこれで終わりだろうと思ったのが1時過ぎ。洗い物を片付けて、女将も店の新聞を読み出す始末。大鍋も一つを残して洗い終わって天麩羅鍋も綺麗に掃除する。いつでも終われるように片付けて、ラストオーダーの時刻になったから暖簾を降ろしたのです。

幟を仕舞いに出たところで、駐車場に車が止まって「もう終わりですか?」と言われれば、「いいですよ。どうぞ」と応えるのが小さなお蕎麦屋さんの人間味溢れる亭主なのでした。小さな子供連れらしいから、断るわけにもいかなかったのです。天せいろに天麩羅蕎麦、鴨南蛮と洗って片付けたばかりの道具を全部出し直して、最後の蕎麦を茹でるのでした。そう言えば、今日は勤労感謝の日。お客様にはゆっくりと寛いでいただけただろうか。雨も上がって青空。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.