霜柱が立った朝は…

昨夜は真夜中に吠えるpekoの鳴き声で目を覚まして、何度も居間に様子を見に行ったのだけれど、トイレのようだったから如何ともし難い。ゲージの中にあるトイレで我慢してもらいたいところだけれど、散歩に連れて行けと玄関の方のドアに行こうとする。犬も歳を取ると結構我が儘になって、飼い主の人間を従わせようとするらしいのですが、眠さに負けてそのまま朝まで寝入ってしまう亭主。目を覚ましたらもう8時半なのでした。急いで蕎麦を茹でて朝食にする。

今日は減塩醤油の宅配便が届く日だからと、急いで蕎麦屋に出掛ければ、時既に遅しで、不在連絡票がポストに入っていた。まだ近所を回っているだろうと連絡を取れば、昼前には再配達してくれた。その間に水の上がった白菜を漬け直して昆布や唐辛子、柚子の皮の千切りを入れておく。昨日途中だったふりかけを完成させなければ、使っている大鍋で出汁を取れないから、順番に作業を終わらせて、鍋を空けるしかないのでした。冬瓜を下茹でしたところで昼。

昼食には最後の蕎麦のひと束を茹でて食べる亭主でしたが、さすがに朝昼と蕎麦だけでは栄養が偏るからと、カレー味の肉野菜炒めとスクランブルエッグを女将の分まで作ってやる。寒いからと女将は今日も一切蕎麦を食さなかったのです。食休みもそこそこに、蕎麦屋へ向かって仕込みの続き。下茹でした冬瓜は冷ましておいたので、容器に入れて冷蔵庫で保存する。鴨肉の葛たたきは、出し汁で冬瓜と一緒に煮るから、まずは出汁を取らなければならない。

一番出汁、二番出汁と、これも順序よく作業をしなければならないから、結構時間がかかるのです。返しを合わせて、蕎麦汁と天つゆ、鴨せいろの汁を作って、水で鍋を冷やしている間に鴨肉を解凍して半分は葛たたきの準備。残りの半分は明日の鴨せいろ用に塩を振って容器に入れて真空フリーザーで保存する。鴨せいろの汁の鍋に端切れを入れて鴨肉の旨味を取っておく。出汁に砂糖と出汁醤油を加えて味つけをしたら、冬瓜とデンプンをまぶした鴨肉を煮る。

蕎麦汁を徳利に詰め終えたら、大鍋から順番に洗い物が待っている。作る物と洗うものとが交錯するので、段取りを間違えると二度手間になるから、野菜と生もののまな板の消毒にも順序を間違えないように、後で使うものは後から洗う。大きな洗い物が済んだら調理場が片付くから、今度は小さなものの仕込みに入る。蕎麦豆腐を仕込んで型ごと冷蔵庫で冷やし、人参のグラッセを煮詰め、ブロッコリーを半分だけ茹でて、それぞれを容器に少量ずつ保存しておく。

ここまで来るともう集中力の限界で、やはり一度の仕込みは2、3時間が限度。やり残したのは、グリストラップの掃除と、金柑の甘露煮、そして小松菜の茹で方。庭の野菜に水を遣る暇はあったけれど、薄日は差していても外は寒いから長い時間は耐えられなかった。朝の厨房は11℃。床がコンクリートだと足元から冷えてくるからくしゃみが止まらない。暖房を最強で入れてやっと20℃を超える。洗い物を片付けて、やっとプールへ向かうのは4時前なのでした。

里山の紅葉は地味だけれど晩秋らしい景色。この寒いのに駐車場は一杯なのでした。隣町のコミュニケーションセンターだから、いろいろなイベントや教室に人が集まるらしい。プールを覗けば、やはり寒さのせいか、10人程の人たちが6つのコースで歩いたり泳いだり。冬場は、スポーツクラブのプールよりもずっと人が少ないという感じなのです。十分に準備運動をして、ゆっくりと身体を伸ばすように泳ぎ始める。一回2時間で300円だから、十分に安い値段です。

身体が温まって家路につく頃にはもう辺りは暗く、急いでpekoを夕方の散歩に連れ出す亭主。女将の帰るのは6時前だから、テレビで相撲を見ながら夕食は一人で先に食べ始める。冬場はこの時間でももうとっぷりと暮れているから、女将の帰りが遅いと心配になる。夜はパソコンに向かって、来春の展覧会に出品するという女将の撰文の漢詩を調べてやるのでしたが、「文選」の古詩だから、中国語のサイトにしか載っていない。早速、新書版の、「文選」を注文。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, 運動・健康. Bookmark the permalink.