終日快晴の一日は…

山茶花が咲いたお宅の向こうの森から朝日が昇る。公園廻りのpekoの散歩道は、蕎麦屋を回ってくるよりずっと近い。家の門を出たら、近ごろ急激に歳を取った犬の選択に任せて、右へ行くか左に行くかを決めているから、今日は左手の公園廻りなのでした。それでも寒いからか、途中でもう行きたくないという素振りを見せるから、騙し騙し、3ブロックほどを歩いて帰る。以前はぐいぐいリードを引いて歩いたのだが、歩かなければどんどんと今度は歩けなくなる。

たまに朝寝を決め込む亭主にとっても、健康的な早朝の散歩なのです。家に戻ったら、早速、子ども会の廃品回収に段ボールを出したり、新聞を出したりと身体を動かす。店で残った蕎麦を茹でて朝食にするのも、最近の日課になっている。今朝は雲一つない晴天だから、食後に洗面を終えたら、ガソリンスタンドまで灯油を買いに出掛けて、二缶40kgもある荷物を軽々と家の玄関まで運んでやるのでした。まだまだ元気な年齢だと、今日の仕事を始める亭主…。

蕎麦屋へ行けば早い時間に宅急便が届く。お袋様に電話をして、今日の仕入れに出掛ければ、雲一つない空がどこまでも青くて気持ちがいい。今朝は団地の橋の向こうの地区にあるスーパーも野菜の安い日だから、先日生きのいい生椎茸を見つけたので覗いて見たのでした。それから農産物直売所に出掛けて白菜やキャベツや里芋や人参、大根などの新鮮な野菜を買っておく。それで足りない分を、隣町のスーパーで買い込むという段取りで小一時間。

お袋様は、今日は久しぶりに豚汁を作ろうと思うのだと張り切っている。亭主は昼前の仕事のメインが白菜の塩漬け。今日は天気が好かったから、奥の座敷の障子を外して、新聞紙を敷いて切った白菜を陽に干した。こうすると甘みが出ると、お袋様も女将も言うものだから、長年の主婦たちの言葉を信頼して、一手間かけてみたのです。そして再来週分の返しを作る作業を開始するのでした。片付け物をしている間に、もう昼食の支度する時間になるから忙しい。

女将を稽古に送った午後はまた、西の町のスーパーやホームセンターで仕入れ。そば屋へ戻り、寒くなったら急に、カレー蕎麦やカレーうどんが出て、冷凍してある残り少なくなったから、3㍑の鍋で8人分のカレーを作る。大蒜と生姜のみじん切りを油で炒めたら、塩コショウをした鶏肉を入れて、カボチャ、人参、ナス、シメジ、里芋、玉葱などを一緒に炒め、出汁を注いだらベイリーフを載せて煮込むのですが、具材の形をとどめるように煮る時間をずらして入れていく。

この間も、鰹節のふりかけは火にかけて乾燥させ続けている。時折、かき混ぜないと焦げてしまうので要注意。奥の座敷で半日陽に干しておいた白菜は、大きなボールに入れて厨房へ運んで、樽に塩漬けをしていく。重しを載せて蕎麦打ち室に置いたら、あとは明日まで水の上がるのを待つのです。女将を迎えに行く時間を気にしながら、今度は店の外に出て、ホームセンターで買ってきたリーフレタスの苗を先日堆肥を混ぜたポットや庭の空いた土地に植えていく。

晴れた今日のうちに終わらせたかったグリストラップの掃除は、またもや延び延びになってしまいました。30分もあれば終わる仕事だけれど、急ぐものではないと思うからかいつも後回しになる。暇な隠居仕事のはずが、定休日になるとどうしてこんなに忙しくなるのか。夕陽が西の空に傾く頃に、女将を迎えに車を走らせれば、道の途中で今日の稽古が終わったと電話が入る。夕暮れ時の混んだ国道を黙々と走る。帰り道にはもうヘッドライトを点ける暗さだった。

助手席でこっくりこっくりと寝入る女将を気にしながら、ボサノバの曲を聴きながら家路につく亭主。夜は久しぶりに焼き肉でも食べようかと女将と話して、昼の間に魚類と一緒に買っておいた牛肉を焼いたけれども、焼酎を飲みながら3、4切れほど食べたところでもうお腹が一杯。なぜか寂しいのでした。テレビで見る相撲の取り組みも、若い力士たちの頑張りが目立つ。一日中、外に出て動いたつもりでも、隠居の仕事量はたかが知れていると言うことなのだろうか。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, . Bookmark the permalink.