天気晴朗なれど風強し…

昨夜は久しぶりにテレビの前で洋画でも観ようとゆっくりしていたら、眠たくなったpekoが吠え始める。膝に乗せたりして騙し騙し映画を見終えてテレビを消せば、もう亭主が寝室に向かうドアに駆けていくから犬もさるもの。しばらく留守にしたから甘えたいのだろうか、布団の中に潜ってしばらく気持ちよさそうに腹出しをして、何時の間にか布団から顔だけ出して眠っているのでした。そのまま朝まで亭主も寝込んで、夜明け前にpekoと共に起きて朝の散歩に出る。

少しずつ風が出て来て雲もなく、綺麗な秋晴れの一日になりそうな朝なのでしたが、風が吹くとお客は少ないと言うのが、これまでの経験知。果たしていかがなものかと、準備をして開店。昼になるに従って、風はどんどん強くなるばかりでしたが、昼過ぎにはリピーターのご夫婦がいらっして、ステーキ丼とせいろ蕎麦のセットをご注文。雨や風にも負けずに、店を開けておくのが大切だと言うことを学んだ一日でした。それでも、やはり風の強い日は、お客が少ない。

今朝の蕎麦打ちは昨日に引き続き39%の加水でちょうど好い硬さ。ほとんど打ち粉も使わずに75cm×90cmの生地を伸して、今日も切りべら26本で一人前135gの蕎麦を仕上げるのでした。蕎麦切りも、トントントンとリズミカルに包丁を降ろすのがポイント。お客の来る前に賄い飯のぶっかけ蕎麦を茹でて食べたのですが、久しぶりに美味い蕎麦を食ったという感触。天麩羅も新しい胡麻油で、粉の硬さもちょうど好い具合で、からっと揚がって美味しかったのでした。

一本の蕎麦の太さが綺麗に揃うかという課題も今日は何とかクリア。駒板の送りと集中力がやはり肝要なのかと反省をする。臨時休業中に親類と他の蕎麦屋へ蕎麦を食べに行ったと言うスタッフが、やはり自分の店の蕎麦が一番美味しいと言うのを聞いて少し安心する亭主なのでした。掻き揚げもカラッと揚がって、新しく使って様子を見ている胡麻油と綿実油の混合油も、なかなかのもの。それにしても、昨日今日と天せいろが出ないからちょっと残念なのです。

今日もデザートには紅芋のきな粉大福を作ったけれど、今日は一つも売れなかった。野菜サラダも出なかったから、すべて家に持ち帰る結果となる。小鉢はナスとキュウリと大葉の浅漬けと、女将の作った筑前煮。インゲンの綠を添えたら彩りも好いだろうと思っていたのに、仕入れてくるのを忘れたから仕方がない。ステーキ丼の注文で人参のグラッセとブロッコリーの茹でたのが出たのが嬉しかった。いろいろ仕込んではあるけれど、お客が少ないから残念無念。

閉店時刻の2時を回って片付け物をしていたら、女将が今日の廃棄の料理を取りにやって来る。両手に重い袋をぶら下げて帰ってくれるから有り難い。定休日の家での食材になるから無駄にはならないけれど、自分たちで食べていては世話がないのです。蕎麦も沢山残ったから、また、蕎麦三昧の日々が続く。こうした日々を乗り越えてこそ、お蕎麦売り切れの日がやって来る。それを何度繰り返しても、そのギャップに気持ちが疲れることが確かにあるのでした。

家に帰れば玄関の入口に、石垣島から送ってもらった撮影機材がもう届いていたのでした。出発したその日に発送してくれたのでしょう。あちらは台風が過ぎ去ってきっと天気も良好。ただ今日の強風ではないけれど、海のうねりが残るのかも知れない。今度は3月に出掛けられればいいと、もう春休みを楽しみにしている亭主。11月も調理師学校の調理祭や高校時代のクラス会、義母の七回忌などと臨時休業にしなければならない日があるから結構忙しいのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.