台風を越えて…

結局、初日の時差ぼけがそのまま最終日まで続いて、今朝も4時起きで帰りの荷物をパッキングした。一難去ってまた一難で、最後のダイビングを無事に終えたと思ったら、今度は帰りの飛行機が台風のために飛ばないのではないかという心配をする。部屋にある大画面のテレビを点けたら、那覇空港関連の便はすべて欠航。沖縄本島では避難準備の指示まで出ているのだとか。石垣島も影響を受けないはずがないから、気が気ではないののが亭主の胸中…。

朝食の時に船長が「10時に臨時便が出る」と、いち早く運行状況を調べてくれて言ってくれたのが頼みの綱。亭主の乗るはずの便は、手前の宮古島へ着陸するかも知れないという航空会社の案内なのでした。早めに宿を出て空港に着けば、台風のために前便に振替が可能と言うことで、無事に搭乗手続きを済ませたのです。時間が早かったから、座席も「1のA」と最前列の窓際の席を取れたので、台風の様子を見ながら予定より早く羽田に着くことが出来る。

不幸中の幸いとはまさにこのこと。土産物を見て歩く暇もなく、搭乗口前の椅子に座って飛行機に乗り込む時間を待つのでした。変更前の便は予定時刻には空港に到着していなかったから、遅れているのか宮古島に向かったのか。ハラハラした疲れで、座席に着いたらもう眠くなるのでした。秋雨前線と台風本体の引き連れた雲で、日本列島の大半が雲に覆われているのが、目で見て分かるのが凄い。自然の営みに思わず畏敬の念を抱きながら、一路羽田へ…。

出発して小一時間、どうやら左手前方で雲が渦を巻いているのが台風本体のようだった。とすると、台風中心付近の雲はそれほど大きくはなさそうなので驚いた。そこから更に1時間以上も飛んでも、雲が切れないのだから驚きです。途中、飛行機よりも高いところに雲の壁が長く立ちはだかっているのを見た。海でもそうだけれど、きっとあれが秋雨前線なのに違いない。羽田は小雨の状態で、飛行機を換えたお蔭で早めに家に戻れた。早速、仕入れに出掛ける。

明日と明後日の二日間の営業だけれど、出汁を取って蕎麦汁や天汁を作り、小鉢の煮物をしておかなければなりません。久しぶりに女将と二人で、早めに夕食を終えてから、雨の中を蕎麦屋へ出掛けて、二時間ほど仕込みに集中するのでした。長い移動でかなり疲れていたから、蕎麦豆腐を仕込むのも、デザートを仕込むのも、天麩羅の具材を切るのもすべて明日の朝の仕事とすることにして、今日はこれまで。明日は一日雨だと言うけれど、お客は来るか。

 

This entry was posted in ダイビング, 仕込み. Bookmark the permalink.