陸に上がった河童は…

昨日は久しぶりのダイビングで、しかも3本も潜ったから、身体は相当に疲れていたのでしょう。9時半には自分の部屋に引き上げたかと思ったら、そのままもう爆睡で、8時間も目が覚めなかった。風の音に起こされて、やっと辺りが明るくなっているのに気づいたから、撮影器材のチェックを済ませて、ラウンジに降りて朝食の時間を待つのでした。気がかりなのは、今日の海の状況。北風に白波の立つサンゴ礁内を眺めながら船長の現れるのを待っていたのです。

果たして、いつもよりも早く海に出ると聞いて、ほっとするのでした。8時過ぎに昨日の女性客がやって来たので、早速、港に出発です。なんと、8時半にはもう船を出していたから、波の荒くならないうちにとの船長の配慮だったのでしょう。1本だけ潜って、港で船を陸に揚げると言うことなのでした。最後の1本とあって、2台のカメラもストロボも電源を入れたままで、海底の魚たちを狙って、何回もシャッターを切るのでした。魚たちの表情が撮れれば最高なのです…。

海の中は、昨日よりも視程が悪く、景色を撮すというわけにはいきませんでしたが、あちらこちらの岩場に付いたイソギンチャクの中に、いろいろな種類のクマノミがいて、珍しくクマノミの写真を沢山撮る亭主なのでした。台風が近づいてきているのを察知するかのように、クマノミを包んだまま、イソギンチャクがタマネギのようにしぼんでしまっている光景に何度も出くわす。水温も、昨日よりは冷たくなっているから、やはり台風の影響がサンゴ礁内にもあるのです。

浅瀬のポイントに1時間近く潜って、最後のダイビングを堪能させてもらった亭主。船に上がると、遅れてきた他の船がやはり同じポイントでお客を案内しているらしかった。島の北部でのダイビングは、島の南側の街寄りに比べてお客も少ないから、いつも出会うのは同じ港から船を出すショップ。この時期は夏と違ってお客も少なくなって来る時期だから、どの船も2、3人しかお客は乗っていなかった。白波が立つサンゴ礁を早い時間に港に戻る船。昼前に宿に戻る。

最後のダイビングを終えて、奥様の作ってくれた弁当を肴にして生ビールで乾杯するダイバー二人。初対面の者同士でも一緒に潜るうちに言葉を交わすようになるから不思議。家族のことや仕事のことなどいろいろと話をして打ち解けたところでお別れです。船長たちが港から帰るのを待って、一人旅は気が楽だと彼女は次の宿に向かうのでした。亭主は誰もいない宿の広いラウンジで一人、写真の整理やログブックを記録して、今回の遠征を締めくくるのでした。

今夜は亭主一人が泊まり客で、明日のお客も台風到来でキャンセルしたと言うことなので、客と家族、スタッフと全員の食事を作り続ける奥様に、外で食事をと提案してあった。和食のお店の予約が取れたと言うことなので、楽しみに晩を待っていたのです。中学に通う娘さんが学校から帰ってきたら、さあ、船長の運転で街へ出発なのでした。北部の宿から市街地までは車で30分あまり。目的地は、以前、船長に昼に連れて行ってもらったことのある小さなお店でした。

霊犀亭と席数も同じで、やはりご主人が一人で厨房に入っている。今日はお任せメニューで頼んであると奥様に言われて、何が出てくるのかと皆で楽しみにしていたら、懐石風に凝った先付けにはフグのたたきのアン肝和え、マグロとヒラメとイカのお造りなど新鮮な料理が次々とでてくるから驚きなのでした。聞けば、全国規模の某有名和食の老舗に長いこと勤めていたのだとか。食材も島のものではなく京都から送ってもらっていると言う。いろいろと勉強になった晩。

This entry was posted in ダイビング, 料理. Bookmark the permalink.