秋晴れの日の寂しさ…

定休日の朝は例によって9時間睡眠からの目覚めなのでした。よくもこんなに眠れるものだと自分でも驚いているのだけれど、単に惰性なのではなく、途中で何回かは目を覚ましながらも、身体が睡眠を欲しているのかも知れないと思うのでした。pekoの散歩を替わってくれた女将が朝ドラを見ている間に、昨日の残った蕎麦を茹でて一人で食べる亭主。お袋様と仕入れに出掛けるから、急いで洗面を済ませて車に乗り込めば、今日は気持ちのよい秋晴れです。

二週間ぶりだから、車を走らせながらお袋様とお互いに近況報告をし合うのでした。台風の狭間で出掛けた亭主のダイビング遠征は話題に事欠かないし、お袋様も地域の福祉のバザーに自分の作品を出すのだと張り切っている様子。農産物直売所と隣町のスーパーで、亭主に負けないほど沢山の食材を買い込んで、今日一日かけて一週間分の仕込みをするのだと言うから頭が下がる。亭主は野菜類を蕎麦屋の冷蔵庫に詰め込んで、今日はそのまま家に戻る。

天気のいいうちに久しぶりに城址公園に出掛けようと、夕べのうちに話していたので、女将は玄関口でもう準備を終えていたのでした。一年ぶりにpekoを車に乗せて、車で15分ほどの城跡の公園まで出掛けて行ったのですが、駐車場から歩いて広い公園内に入ろうとすると、どうもpekoの様子がおかしいのです。早足で歩こうとする女将に、腰を下ろすようにして行きたくないと意思表示をするものだから、亭主が車に乗せて公園の反対側まで連れて行くことになる。

一人で城跡内を歩いてきた女将と銀杏並木で合流して、pekoもやっとその辺りを歩き始める。「歳を取ったら長く歩くのは御免なのだよ」と、同じく老いた夫婦に言っているようなのでした。家の近所でも、年老いた小型犬を散歩の途中で抱きかかえて歩いている奥様の姿を見ることがあるのでしたが、pekoの重さでは途中で抱いて歩くことは出来ないから、これは困ったと夫婦で顔を見合わせる。人間よりも急速に老いるのが犬の宿命だから、こちらが慣れなければ。

帰り道も車の荷台で、静かにゲージの中で眠っているから、人間ほどには秋の晴天も紅葉も気晴らしにはならなかったのかも知れない。去年までは、広々とした公園の中を元気に駆け回っていたのに…。亭主がこの頃、長い時間眠るようになったのも、もしかすると、pekoと同じように老いの徴候なのかも知れないと、ふと、考えてしまうのでした。昼は女将と一緒にまた蕎麦を食べる亭主。人間は歳を取ってもそれなりに、お互いの会話で老いを忘れるからいい…。

女将がスポーツクラブに出掛けても、亭主の膝枕で寝込んでいるpekoを降ろすのも忍びなく、亭主は居間のソファーに座ったままテレビで洋画を観ていたのです。以前に何度も見ている筈なのに、所々、忘れているからついつい最後まで見てしまう。同じ書物は決して二度は読まないなどと豪語していた若い頃は、自分の記憶と感性に自信があったのだろうけれど、何度も読み返すようになったのは、いつの頃からだっただろうか。それは、決して「老い」ではなかった。

今日の仕入れで今年初めての柚子が出ていたから、ふと買い物籠に入れたのだけれど、去年は何に使ったのだったかと、ふと考えてしまう。これは記憶が不確かになった証拠。夕刻に、女将に言ったら「白菜の漬け物やなた漬けに使っていたじゃない」と言われて思い出す。午後は蕎麦屋へ出掛けて、珈琲を飲みながら、出汁を取ったり、煮物をしたり。自然と身体が動くから、夢中になっている近い過去の経験は、鮮明に覚えているのものなのだと感心する。

牛刀でカボチャを切ること一つにしても、天麩羅の具材用に形を整えて、端切れはカレーや煮物に使おうと、食材の有効利用は随分と進化してきている。食べ物には敏感に反応する食いしん坊のpekoの動きもこれによく似て、台所で何か作ろうとすると飛んでくる。犬も人間も何かに夢中になれる間が老いを忘れる時なのか。蕎麦汁や天つゆを冷蔵庫にしまって、洗い物を済ませたら今日の仕事はお終い。明日は何をしようかと考えるのは恐らく人間の方だけか…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常. Bookmark the permalink.