めまぐるしい台風の季節の狭間で…

昨日は、久々の休肝日だったからか、実にぐっすりと眠れた。それでも時差ぼけで、いつもの時刻には目が覚めてしまうから、撮影機材のセッティングをしたり、外が明るくなる7時近くまで時間を潰すのが大変でした。朝食にはまだ早い時刻だったけれど、ラウンジに降りていけば、やっと南の島に到着したのも束の間、テレビの台風情報では、週末にはもう次の台風が近づいてくると言うから困ったものです。これも、この10年間あまりで初めての経験なのでした。

宿の「野空海(のぞみ)」の奥様が作る純和風の朝食に舌鼓を打ちながら、ラウンジから一望できる伊原間湾の様子を眺めるのです。北東の風が吹いて、時折、白波が立っているから、ダイビングをする海の状況としては、あまり好ましくない。それでも、晴れ男を自称する亭主の面目を保つかのように、太陽が暖かな日差しをくれるから、今日は海に潜れそう。一緒に船に乗る静岡から来たという若い女性と亭主の二人が船の客で、船長とスタッフの四人で海に出る。

チェックダイブを兼ねて、港から近い湾の中で1本目を潜ったけれど、やはり、視程はあまり好くない。それでも、20m以上は見えるからさすがは南の島なのです。海の中の景色を撮るのが好きな亭主には、ちょっと残念なのでしたが、セットしてきたカメラのストロボを炊いて、間近なところにいる魚やカメを写しながら海中を移動する。ガイドの船長が気を遣ってくれて、岩陰で眠りこけているアオウミガメやホワイトチップの子供を見つけて、指で知らせてくれるのでした。

2本目はリュウキュウキッカサンゴの群生する広い海底を散策。何度訪れても、広大な風景に圧倒されます。ゆっくりとフィンキックだけでかなりの距離を移動するから、平素のプール練習もまんざら無駄ではないのです。水温は26℃と、台風が海の中をかき回してくれたお蔭で、少し下がっているらしいけれど、それでも内地の気温よりはるかに暖かいのが嬉しい。船に上がると、風が強いから熱を奪われて寒く感じるけれど、用意してくれたお湯をかぶって暖を採る。

宿に戻って、奥様お手製の新メニュー鶏肉とナスのピリ辛丼を食べたら、二人とも元気が戻って、「台風が近づいているので、明日は潜れるかどうか分からないから、午後にもう1本潜っておきますか…」と言う船長の提案にも同意するのでした。海は白波が立って、朝よりもさらにあれてきた様子。陽が出ているのが唯一の救いで、台風の進路が気になる亭主なのでした。帰りの飛行機が飛ぶかどうかの心配もさることながら、週末は関東をまた台風が通過するのか。

先週も台風のために蕎麦屋を臨時休業にしたのに、今週末もまた営業できない可能性があるとは、滅多にない出来事。そんなことを考えながら、3本目のダイビングに出る。ここもよく来るポイントで、白い砂地の続くポイント。キンメモドキやスカシテンジクダイの群れるメインの岩場まで、結構、長い距離を移動するのだけれど、季節のせいか途中の岩場の珊瑚の間にも、小さな幼魚たちがびっしりと付いていた。可愛らしいカマスの幼魚も仲間に入ってものすごい数。

 

 

This entry was posted in ダイビング, 季節. Bookmark the permalink.