再出発の日…

昨日は、空港の搭乗口前のベンチに腰を下ろしたまま、ぐっすりと眠り込んでしまった亭主は、出発便に乗り遅れてしまったのでした。最近の亭主の早寝早起きが祟って、朝が早いものだから昼食をとった後でもう眠くなる。いつもなら、搭乗のアナウンスで目が覚めるのに、昨日は昼の酒がきいたのか、目が覚めることがなかったのです。あまり早くから空港に行くのも考えものだと思いつつ、乗り換えのない電車に乗るから、今朝も同じ電車で昼前には空港に着く。

今日は空港内のドコモショップに寄って、携帯の調子を見てもらったら、やはりバッテリーの劣化で、充電をしてもすぐに放電してしまうというので、スイッチを切って非常用の連絡にだけ使うことに。電池を売っている店で新品を購入すれば、問題は解決するという。昼食は食堂で済ませて、コーヒーを飲んだり、煙草をすっりた、土産物を見たりと、昨日のようには眠らずに登場を待つのです。雨の中を離陸した飛行機からは、雨に曇る都会の幻想的な景色を眺めた。

雲の上を約三時間、隣の席に座った、札幌からやはりダイビングに来たという小母さんと話をしながら、退屈せずに空の旅。久しぶり聞く北海道なまりの抑揚が懐かしいのでした。同じ札幌に住む年老いた叔母を思い出す。空港には海メロで春から働いているというスタッフが迎えに来てくれた。仕事は大変だけれど楽しいと、亭主の蕎麦屋と同じ。若いうちの経験が、いつか生きるものだと、自分の遙か昔の若い時代を振り返る。まだ、何ものでもなかった自分…。

人間が自分にある種の意味を見いだすのは、いったいどんな契機からなのだろうか。進学、就職、結婚、そして退職…。どんな場面でも一つの人生を選択し続けるから、その指針となる自分の生き方の基準みたいなものが、少しずつ固まってくるのかも知れない。だから、いろいろな経験が人生を豊かにしてくれるのでしょう。若いうちの苦労はかってでもしろと、よく親父が言っていたのを懐かしく思い出す。何になるのかではなく、どう生きるのかが豊かさに繋がる。

海メロのラウンジは、ついきのうまでもここにいたような雰囲気で、オープンカウンターでは奥様が皆の夕食の用意をしている。昨日の失敗を反省するために、今宵は酒を飲まなかった亭主。隣の席にはご主人がフランス人らしい家族。日本語とフランス語とが入り交じって聞こえてくるのが耳に心地よいのです。蕎麦屋を始める前年に、パリの街で「かっぱ橋」を歩き回ったのが懐かしい。ガレットを焼く鉄板を買いたかったけれど、到底持って帰ることは出来なかった。

「本当に、飲まないのですか?」と残念そうに、酒の肴にと奥様が作ってくれた先付け三種は、料理の楽しさが満載なのでした。今ある食材で出来る料理を工夫するという点で意見が一致。もずくととろろとオクラは、暖かいこの土地ならではのさっぱり味。例によって次々と料理が運ばれるから、今夜は少しだけご飯をいただいた。近年、酒を飲まない夜も珍しいのだけれど、これも単に習慣なのだと改めて気がついた。煙草も同じだろうか。夜は8時半には床に就く。

This entry was posted in ダイビング. Bookmark the permalink.