半年振りの遠征出発の日…

夜明け前に目覚めて、珍しくお腹に優しい玄米茶を一杯。書斎のパソコンに向かって今朝のニュースを見たら、メールチェックとホームページのアクセス解析。石垣島の天候のチェックも忘れない。そうしているうちに夜が明け始めるから、居間のpekoの様子を見に行けば、もう朝食の催促なのです。仕方がないから、散歩に出る支度をして彼女が食事を済ませるのを待つ亭主。明け始める東の空が綺麗に朝日に染まっているから、今日は好い天気になるのか…。

みずき通りも紫だちたる雲がかかって、静かな夜明け時なのでした。昨日の夜から考えていた冬の新メニュー。やはり鴨鍋が美味しいだろうと思うのですが、駆け出しの蕎麦屋が何処まで手を広げられるのかと心配になる。若い調理人ならば、焼き物を焼き、天麩羅を揚げてと順を追って修行を進めるのだろうけれど、やっとサラダの野菜切りを思うように出来るようになったばかりで、天麩羅はまだまだ。簡単な和菓子のデザートも、作ればいいと言うものではない。

肝心の蕎麦は今のところ順調に打てているけれど、何事にも次の段階というものがあるはず。十割蕎麦や変わり蕎麦にも挑戦したいとも思うけれど、まだまだ余裕がない。あまり性急になってはいけないと、こうして年に何回かの季節の休みをとるのだから、心を静めてリフレッシュすべきなのだろう。懐かしい南の島の人たちと旧交を温めて、素敵な海の景色を眺めて来るのがいい。日の出の位置が少しずつ北に変わってきた。この秋一番の日の出の朝でした。

団地の駅まで30分も歩き、更に1時間半も電車に揺られて空港の駅に着けば、地上階へ上るエスカレーターには多くの人の列。何故か階段を使って登るのが、亭主の生活スタイルなのだけれど、さすがに、普段から階段を使う生活が少なくなっているせいか、足腰が弱っているのを実感するのでした。まずは腹ごしらえと、いつもの寿司屋へ向かうのでしたが、3月には混んだ連休の後で、店の仕込みが間に合わないとかで入れなかったので、ほぼ1年振りになる。

確か去年は、横浜の娘の所へ行く女将と一緒だった。「お久しぶりです」と、店長の前のカウンターに案内されて、蕎麦屋の近況報告をする。「焦っちゃいけませんよ」と、寿司屋は天麩羅を扱わないという話をしてくれた店長。あれもこれもやりたいのが調理人だけれど、鮨を握らなければ寿司屋ではないと言うから納得。蕎麦を打たなければ蕎麦屋ではない…。隣の席に座った食通らしいご夫婦とも楽しく話をして、酒が進んだのはよかったけれど。まさかの展開に…。

This entry was posted in ダイビング, 季節, 日常. Bookmark the permalink.