嵐の前の静けさの朝、午後から激しい雨が…

予定よりも一日早く、臨時休業にした日曜日。いつもと同じ6時前には起き出して、蕎麦屋へ出掛けて昨日の洗い物の残りを片付ける。蕎麦皿や漆塗りの器は、よく乾かさないと黴が生えるから、カウンターの上に干してあるのです。鍋や容器類もすべて扉の閉まる戸棚の中に収納して、洗濯機の中の洗濯物を干したら、冷蔵庫をもう一度見回して、一週間の休みに備えて家に持ち帰るものをチェックするのでした。雨はまだそれほど酷い降りにはなっていないのです。

朝食の前に選挙に行ってしまおうと、女将と一緒に車で近くの小学校まで出掛ける。開始時刻の7時だというのに、思っていた以上に投票に来る人は多かったから驚きました。今回の選挙への関心が高いのか、地域の人々の意識が高いのか、雨や風が酷くなる前に済ませようという人が多いのかは分かりませんが、皆、歳を取っているのが印象的でした。この団地も、古い人たちは住み始めてもう40年近くになる人が多いのです。亭主と女将も例外ではありません。

女将の朝ドラもないので、午後からは雨が酷くなると言うから、久しぶりに二人で駅前のショッピングモールに出掛けようと、開店時刻に合わせて家を出る。雨なので今日は駐車場にも多少空きがあった。巨大なショッピングモールは、広い店内を歩くだけで十分に運動になる。電気店で家の壊れた蛍光灯やら、車のテレビのリモコンの電池を買い求め、空中回廊を渡って、食料品売り場へ出て昼の食材を見て歩くのでした。普段のスーパーよりは、皆、高い値段。

それでも、いろいろな物が一度に手に入るから便利なのでしょう。今日が日曜日ということもあってか、開店早々から食料品売り場は大勢の人で賑わっていました。総菜コーナーで天麩羅の値段を見たら、霊犀亭で出している天麩羅に比べてどれも倍近い値段だから驚いた。冬瓜なども農産物直売所では新鮮で大きなものを半分の値段で買える。帰りにpekoの餌をいつもの店で買い求め、雨が酷くならないうちに家に戻るのでした。本当にのどかな日曜日です。

女将がたまにはソース焼きそばが食べたいと言って、焼きそばだけ買って帰ったから、昼近くになって亭主が厨房に立つ。普段の蕎麦屋とは違う料理が作れるのも喜びだけれど、蕎麦屋で残った野菜類をどんどん使えるのも嬉しかったのです。さすがに市販のソースや鶏ガラの調味料やコンソメで作ったスープは、お決まりの味なのですが、あまり贅沢も言えない。夜は店で使い残した鴨肉や葱、豆腐、生椎茸などがあるから、鴨鍋で一献と昼から楽しみなのです。

午後の食休みを終えたら、女将の稽古場の照明が壊れたというので、天井から外して見てやったのですが、40年近くも使ってスイッチ部分が劣化して折れていた。これは大変と女将を連れてまたショッピングモールの電気店に行って、新しい照明器具を購入する。純和室の重々しい照明器具から、最新式のLEDとリモコンスイッチに替わって、便利で明るくはなったけれど、どこか風情がなくなったのが寂しいのでした。久々に家の仕事をして重宝がられる亭主。

テレビで映画番組を観たり、パソコンで台風情報を見たりしながら過ごした午後は、久々にゆっくりとした休日で、夕食も早めに用意してもらったお目当ての鴨鍋。なんとか蕎麦屋でもこの鍋を出せないものかと、毎年思っているのですが、一人分では手間と道具の用意に費用ががかかりすぎるのです。二人分からということにしても、どのくらいの値段で出せるものかを、もう少し熟考しなければ…。寒い冬場に美味しいから何とかお客に提供したいと思うのです。

This entry was posted in 日常. Bookmark the permalink.