台風一過…

衆議院選挙の速報と台風情報を交互にテレビで見ながら眠った夜でしたが、ビュービューと送電線が風に鳴る音で目が覚めました。こんなに台風が近くを通りすぎるのも、近年、珍しいことで、幸いこの辺りは雨の方もそれほどではなく、6時過ぎには降り止んだのでpekoの散歩に出掛けたのです。やはり相当に風が強かったと見えて、みずき通りのハナミズキの紅葉も綺麗に葉を散らしているのでした。選挙結果は予想通り。歳を取ると世の中を見る目もできるのか。

一週間も店を休むからと蕎麦屋の新聞を止めてもらったので、久しぶりに家で新聞を読んだら、今回の選挙の結果がやけに批判的に書かれているから驚いた。世の中の多くの人が選んだ結果を、どこか斜(はす)に構えて上から目線で批判する姿勢は、どこか傲慢なような気がするのでした。その新聞の傾向を知りながら、長年に渡って取り続けてきたのも、若い時代の亭主の気構えだったのだろうか。歳を取って自分がどんどん安定志向になってきたのかも…。

強風で蕎麦屋の枝を払ったカッシアがまた根本から傾いていたから困ったものです。根の浅い植物のようなのに、どうしてあんなに大きく育ってしまうのだろうか。人間も根が張らないのに背伸びばかりしていると、強い風になぎ倒されてしまうといったどこか暗示的な出来事…。そう言えば、高校時代に中央線沿線の山歩きに凝っていた頃、仲のよかった友だちを日帰りのハイキングに誘ったら、体よく断られたことがあった。それも何かの符牒だったと今にして思う。

冬場に色づく家の庭の金柑も、今朝の風で熟した実が少しは落ちている。それでもしなやかな枝振りが風に耐えて、沢山の実を付けたまま、凛として立っているから大したもの。こうした自然の理を若い時代にはなかなか体得できないのかも知れない。強風の中を、いつものように女将がスポーツクラブに歩いて出掛けた。蕎麦屋を臨時休業にした亭主は、昼の買い物を引き受けて、家の台所で包丁を握り、昼の用意を始めるのでした。昔よく食べたベロネーズ…。

まだ学生の頃、国鉄の乗換駅のガード下にあった食堂で、アルバイトの帰りに毎週のように食べていたメニュー。一人カウンターに座って、調理人の仕事ぶりを食いつくように見ていた自分を思い出す。豚カツが乗るので女将の分量を少なめに盛ったら、あれほど好きだった料理が食べきれなかった。気持ちはいつまでも昔のままだけれど、身体が付いてこないのですね。最近、歳を取ったpekoが足の筋肉が衰えたのか居間のソファーに飛び乗れなくなったのと同じ。

台風の後の風の強い分、道路は昼には乾いて、空も雲一つない青空が広がりました。台風のために二日間の臨時休業にしたのは、開店してから初めての経験。次の日の仕込みの段取りを考えなくて好いから、随分とゆっくりとできました。おまけに明日から、五日間の秋休みだから、お客にもまた何か言われそう。ジャズボサノバの曲を聴きながらこのブログを書いていると心はのびのび。流れる曲はデイジー・ガレスビーの「思い溢れて」。心はもう南の島なのです。

This entry was posted in 季節, 日常. Bookmark the permalink.