満員御礼、お蕎麦売り切れ…

朝の霧雨のひとときに、pekoの散歩で蕎麦屋まで行くけれど、途中から少し雨粒が多くなって、急いで帰ってくる亭主。超大型という台風も間近で、土曜日とは言え、今日あたりはまたお客が来ないのではないかと、心配しながら朝食を取るのでした。天気予報では台風が速度を速めた様子。明後日はもちろん営業どころではないけれど、取りあえず今日は営業して、明日をどうしようかが思案のしどころ。あまり早くから休むのも訪ねてくれるお客に失礼だしと思う。

取りあえず、今朝はいつもよりは少なめに蕎麦打ちをして、様子を見ながら考えようと蕎麦屋へ出掛けていったのです。冷蔵庫に仕込んである蕎麦汁の徳利を数えたら、この天気なら明日まで十分に間に合うだろうと、新しい出汁を取らなかったのです。天麩羅の具材も十分な量で、まさか新しく仕込み直すとは夢にも思わなかったのです。開店前のひとときにお客から電話が入って、「今日はお店やっていますか?」と問い合わせの電話があったのが何かの符牒。

まあ、どれだけお客が来るかは分からないけれど、冷たい雨の降り続く、ここ数日のお客の数からして、沢山作り残しても仕方がないだろうと、蕎麦と同様にデサートも野菜サラダもいつもより少なめに用意したのでした。とにかく、冷たい雨の降り続く今週は、お客の数が激減しているから、週明けから亭主が留守にすることも考えて、なるべく残り物を出さないようにと思案したのでした。煮物やお新香も十分な量があったので、新しく仕込むのはちょっと躊躇われた。

ところが、電話で「11時半からですね」とおっしゃったお客の来る前に、店はもう満員の状態で、何がどうなっているのか分からないから不思議なものです。早くに野菜サラダや蕎麦豆腐、デザートの付くランチセットは出尽くして、天せいろはどんどん出る始末。ご飯や味噌汁が綺麗になくなるまで注文は続くのでした。やっと電話のお客がいらっした頃には、もう最後の蕎麦で、その後に更に6名様のご来店でしたが、お蕎麦が売り切れましたと言えばうどんと言う。

11月から本格的にうどん料理を出そうと思っていたから、取りあえず冷凍物の讃岐うどんを仕入れておいて好かった。申し訳ないので、小鉢や残り物の鴨肉と冬瓜の葛たたきをお出ししたら、大層、喜ばれたからまずまずの対応。お蔭で、冷蔵庫に作り置きした小物はすべて出尽くして、閉店時刻も迫っていたから、早めに暖簾をしまわせてもらったのです。10月も前半は好調でかなりの客が入ったけれど、遅い秋の長雨に泣かされ、やっと今日は一番の客の入り。

女将と二人で片付けに1時間も費やして、とうとう明日は休もうという決断をするのでした。新しく料理を作り置きしても、台風がスピードを増しているから、日曜日だとは言え、明日のお客の数は到底読めないのです。明後日は現在の予報では関東地方を直撃する勢いだから、無理をしないで欲張らずに、今日の満員御礼をいい思い出にして、思い切って用意しておいた臨時休業の張り紙を掲示するのでした。冷蔵庫に残った材料は女将と手分けして家に持ち帰る。

それにしても、今日のお客の数は今月一番の混みようだったから、不思議でならない。明日は、今日の洗い物を片付けるだけの仕事を終えたら、長い一週間の休業となるのです。それにしても、お客の入りはまだまだ読めないから、未熟な店主。蕎麦とうどんとご飯物で、何とか凌いだけれど、最後のお客様には、「今度はお蕎麦のあるときにまたいらっしてくださいね」とお詫びをして、いろいろとサービスをして差し上げる。昼を食うのも忘れて忙しい一日でした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.