うららかな春の陽気に…

夕べは8時過ぎに床に就いたから、今朝は3時前に目覚めてブログの続きを書き始めました。やっと明るくなる頃に風呂に入って身体を温め、pekoの散歩に出掛ける亭主。朝日の昇る位置が随分と森の北の方に30度以上も移動しているから、季節の変化はもの凄い勢い。pekoに朝食をやったら、女将の起き出す前に自分も雲呑麺餃子を作る。餃子も雲呑も自家製だから、麺好きの蕎麦屋には堪らない。蕎麦とラーメンを出す店は拙いと昔から言うけれど…。

和洋中の区別にそれほど神経質になる必要があるだろうか。もっと自由にお客に料理を提供できる蕎麦屋でありたいとも思うのだけれど、蕎麦打ちの修行も道半ば…。今朝は連休の合間の週末だからと、二回の蕎麦を打ち、22、3人分の蕎麦を用意しました。湿度は40%を切っていたから、加水は44%。打ち粉を使わずに伸していくのだけれど、捏ねている打ちに柔らかくなるのは、やはり気温が高いからなのだろうか。これがいまだに不思議でならないのです。

昨日のうちにあらかたの仕込みを終えていたけれど、蕎麦饅頭はやはり開店時刻に合わせて蒸すようにしているから忙しい。小さな蒸籠を二段に重ねて、一度に出来る数は八つ。ふっくらと美味しそうに出来上がったのだけれど、今日は思いの外気温が上がったので、マンゴーとサクランボとキウイの寒天寄せの方が出たからこれも分からない。饅頭が段々と大きくなっているのが自分でも可笑しいのです。週に一度しか作らないのに、今週は二回も蒸したのです。

土日は野菜サラダを6皿作ることにしているけれど、結果的には半分しか出なかった。やはり、連休のせいか、今日はお客の出足も早く、厨房は大忙しだから、店の電話も鳴りっぱなしで、なかなか出られない。やっと手を休めて電話に出れば、何人で行きたいのだけれど大丈夫かとか、持ち帰りで幾つ蕎麦を欲しいのだけれどとか、お客は昼時の店の状況を知らずに自分の事だけを考えているから、馴染みになるまではなかなか難しい。有り難いのだけれど…。

そして、一番混んでいる時に、さっき電話したでしょと大勢でいらっしゃっても、座る席もない。だから予約は受け付けていないのですけれど、事情を知っている常連さんがテーブルを空けて早めに会計を済ませてくれたのでした。小さな店の大きな悩みは、お客様同士の気配りで緩和されているという感じなのです。本当に有り難いことです。1時過ぎにお蕎麦は売り切れ…。暖簾をしまってからお客が来たけれど、今日は売れきれなので勘弁していただいたのでした。

夕刻に蕎麦を持ち帰りたいという常連さんの電話もあったので、閉店後に今日三度目の蕎麦を打つ亭主。洗い物が山ほど堪っていたので、お袋様にSOSの電話をして手伝いに来てもらうのでした。80歳を過ぎても昔取った杵柄で、亭主が蕎麦を打っている間に、女将の運ぶ皿をあっという間に洗い終えるから凄い。去年、立ち仕事に疲れて腰を痛めたから、最近は、あまり頼まないのだけど、元気で好かった。いろいろな人に支えられて蕎麦屋が成り立っていく…。

夕刻にお持ち帰りの蕎麦を頼んだ常連さんがやって来て、「今日はこれから飲み会なんですよ」と嬉しそう。「お子さんが帰ってきているのですね」と、蕎麦と汁を渡すのでした。連休中に種を蒔いたらちょうどいいだろうと、昨日から家で採れた朝顔の種を配っている。改良品種のお銀と日本朝顔。結構人気で、皆さん一袋ずつお持ち帰りになるから、嬉しくなる女将と亭主。4時過ぎにやっと遅い昼食を食べ、明日の蕎麦汁を作り、仕込みを済ませる亭主なのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.