初夏の陽射し…

祝日だからと週末の金曜日に休む定休日の決め方に、店を開けていれば結構お客が来るのではないかと、少しは思った陽気の朝なのでしたが、隠居仕事を長く続けるためには、あまり欲張らずに、じっくりと構えた方がいいと思い直す亭主なのでした。夏に向けてのザルラーメンという新しいメニューの提供も、蕎麦は一日一回を打つようにしたいという思いからなのです。やはり、原点に戻って、蕎麦は打ち立て、茹でたてで出すのが一番いいと思うのも少し本音。

祝日の定休日とはいえ、いつもと同じように朝から蕎麦屋に行って、洗濯物を畳んだり、昨日の洗い物を片付けたり、厨房の掃除をしたり、やることは沢山あるのでした。お袋様を連れて隣町まで仕入れに出掛けて、明日の小鉢の準備をしたり、デザートに出すフルーツの寒天寄せを仕込んだりと、仕込み八割のこの商売の楽しさを満喫するのでした。これが亭主の日常で、隠居仕事の蕎麦屋が持続的な生活の健康と生き甲斐のMerkmal となっているのです。

季節のフルーツの寒天寄せは、マンゴーとサクランボとキウイを散らして寒天寄せを仕込みました。寒天の仕上がりの硬さを緩和するためにアガーを混ぜて使用しているのがミソ。いつものように氷糖蜜で甘さを和らげる工夫をして、マンゴーの香りを出すのに今回は缶詰の汁も利用しました。連休中の週末だから、デザートはもう一種類と蕎麦饅頭を蒸かす用意をして、漉し餡の玉を作っておくのも忘れずに。明日はどれだけお客が来るのか分からないけれど…。

駅前から団地の中央を走る大通りも緑が濃くなって、今日はすっかり五月の装いでした。みどりの日の名残か、昭和の日になっても中央の公園では緑祭りが開催されているようなのでした。三々五々と子ども連れの家族や年寄り夫婦が街に繰り出していく姿を眺めながら、自分はいまだかつて連休をそうして過ごしたことがないのに、ふと、気が付くのでした。今年は、度重なる法事で、子どもや孫達も何度も帰って来たから、この連休は夫婦二人で過ごす予定…。

みずき通りにはみずきの花が咲いて、蕎麦屋のある丘の上までその綠が続いている。昼飯前にpekoの散歩に出掛けると、公園にはもう青葉が満ちあふれていました。クルメツツジや藤の花も咲き終えて、今日の青い空に緑の映える景色が清々しかったのです。季節の巡る度に自分たちはまた一つ歳を重ね、気力体力共に衰えていくのが人間の定めなのでしょうか。気持ちは何時までも青年のつもりでも、歩く足腰に思い出したように筋肉痛を覚えるのが最近の常。

やはり狭い厨房での連日の立ち仕事が身体に負担を掛けているのでしょうか。余裕があればもっと積極的に体力増強のための取り組みをしたいというのが、近ごろの亭主の考え方なのです。しかし、店の営業が終わるともうほっと疲れてしまうから、週に何度かの水泳だけがまとまった運動になっている。犬の散歩と店と自宅との往復だけでは大した運動にはならないのです。一日目一杯動いても、5000歩の活動量だから、本当は、もう少し動いていたいと考える。

夕飯前にまた蕎麦屋へ出掛けて、明日の準備を済ませて帰る。夫婦連れで散歩をする人たちがちらほらと蕎麦屋を覗いて通りすぎる。家庭菜園で野良仕事をし終えた老人が荷物を持って帰宅する姿を見かける。「精が出ますね」と挨拶をすれば、「この時期はやることが多いので…」と応えるご近所さん。みんなそれぞれの老後の日課をこなして今日一日を終えようとしているのだから、明日の営業を前にする事のある自分の生活もこれでいいのかも知れない。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, . Bookmark the permalink.