十日の月がくっきりと見える晩…

昨日は久しぶりに泳いだからか、夜はぐっすりと眠って驚異の8時間睡眠。涼しくなったせいなのか、暁方に寒さでちょっと目覚めても、また気持ちがいいほどよく眠れるのです。寝過ぎたせいか、pekoの散歩がてら蕎麦屋に出掛けて昨日の後片付けを済ませ、米を研いだら炊飯器をセット。そして、朝食後に横になったらまた寝込んでしまい、最終回の朝ドラを見終えた女将に呆れられるのでした。なかなか頭がすっきりしないから、蕎麦屋に出掛けてコーヒータイム。

そして、例によって蕎麦打ちを始めると、どんどん気分がよくなってくるから不思議です。今朝も39%強の加水で、実にしっとりとこね上げて、ほとんど打ち粉を使わずに伸しを終えるから気分がいい。そんな時は、包丁切りをして打ち粉を払っても使っていないから粉が飛ばない。実は、これが亭主にとっては一番、理想的な蕎麦打ちなのです。切り幅もほぼ均等に、切りべら22、3本で一人前135g前後と、ぴったり8人分の蕎麦が仕上がって15人分を用意しました。

そのうちに女将がやって来て、玄関口にカッシアの花の散ったのを掃き集めてくれる。亭主は葱きりを終えて、野菜サラダの野菜切りを始めて、11時過ぎには準備完了。昼過ぎからお客がいらっして、今日はヘルシーランチセットが随分と出たから嬉しかった。作ったばかりの野菜サラダも蕎麦豆腐も売り切れて、朝の散歩の折に仕込んでおいた柚子寒天も随分と出たから気持ちがいい。ランチセットをご注文のお客は食べる品数も多いのでゆっくりと食事をなさる。

厨房にいる亭主とも自然と言葉を交わすから、和やかな雰囲気で昼食のひとときを過ごしていただける。今日も天気予報とは違って、昼過ぎまでは曇り空だったから、いつもの週末に比べたら、お客も随分と少なかったのだけれど、こののどかさが実に好いのです。蕎麦湯を綺麗に飲み干して、「美味しかった」と言われれば、蕎麦屋の商売などは忘れて、すっかり趣味人になっている亭主だから怖い。でも、こちらものどかさを共有して、こんな週末があってもいい。

今日の小鉢は、カボチャと小豆のいとこ煮と茹でたインゲンにおろし生姜を載せたもの。素朴だけれど、美味しそうなインゲンだったから、素材の味を大事にしたかった。いとこ煮は本来、煮えにくいものから追々煮ていくから、甥と甥で従兄弟と洒落たそうだが、霊犀亭のいとこ煮は、別々に煮て合わせるから、それぞれ煮るので姪と姪で従姉妹煮。お客に言ったら受けた。そんな馬鹿な話をしながら、閉店時刻をかなり過ぎて帰るお客を見送って昼の営業はお終い。

昨日までに間に合わなかった業者の配送が、宅配便で届くと言うので待っていたけれど、3時を過ぎてもまだ届かない。冷凍物だから受け取らないことには困る代物で、家に戻って休憩も出来ずに、蕎麦豆腐を仕込んだり、来週分の返しを仕込んだりして時間をつぶすのでしたが、やっと4時前に届いたけれど、もう、家には戻れない。奥の座敷で少し横になって、10分ほどウトウトしただけで、夜の営業の準備を始めなければならない。大鍋の湯が沸くまでに1時間。

その間に、里芋の衣かつぎを蒸して、ブロッコリーを茹でておく。夜のお客の酒の肴でも好いし、家に持って帰れば亭主の酒の肴。里芋は茹でるよりもやはり蒸した方がぬめりが出なくて好いと実感する。手間を惜しんでは美味しい料理を作れないから、これは肝に銘じておこう。辺りが暗くなってから、車の入った様子もなく、入口の扉が開いたので、「いらっしゃいませ」と声をかければ、「私一人なんですけれど…」と、品のいい女性が現れたからびっくりする亭主。

お袋様の住む同じマンションからいらっしたと聞いて、始めて見る顔なので以外に思っていたら、去年、越してきたばかりなのだとおっしゃる。「同じ世代かしら?」と尋ねられて、生年を応えれば、「あら、随分と年下なのね」と言われて驚いたのでした。「趣味でやってらっしゃるのですね」と、会話も弾むから楽しい。デザートまで食べていただいて、閉店の時刻前には無事に今日の営業は終了。曇り空も晴れて、人の顔のような月がくっきり夜空に浮かんでいました。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.