祝日前の雨の一日…

祝日前の一日だけの営業だけれど、いつものように朝一番で1kg11人分の蕎麦を打つ亭主なのでした。今日はお客も少なかろうと、多い日の半分だけ用意しました。雨の朝は湿度も70%近いから加水率44%強でしっとりと練り上げる。打ち粉をほとんど使わず120cm弱 × 90cm 弱に伸し終えて、あとは右手奥のへこみを修正して、畳みに入るところです。粉の違いではなく、気温と湿度の違いによって、加水は少なくても徐々に粘りが出てくるものらしいと分かる。

昼前に傘を差して歩いていらっした常連のお客と、ご新規の車でご来店のお客が二組ほど続けて入って、ゆっくりとされていきました。今朝、蒸かしたばかりの蕎麦饅頭か、すべて売り切れたのには驚きましたが、天せいろ以外には、少し肌寒いので、カレー蕎麦にかき揚げ蕎麦と温かい汁の蕎麦が出ました。さすがに雨も激しく降ってきたから、早めに暖簾をしまって、新作メニューの試食会を開始するのでした。夏に向けてのザルラーメン・餃子は嬉しい美味しさ…。

こんがりと色を付けるまで焼いた大型餃子を四つ付けて、ラーメンは1.5玉で一人分。これで小鉢を付けて900円でどうだろうか。餃子だけなら300円、ザルラーメンだけなら650円とせいろ蕎麦と同じ料金にするを、初めからセットで出してお安く提供したい。蕎麦屋の冷やし中華は定番メニューだけれど、お酢の味は好みがあるし、ハムや錦糸卵や胡瓜の千切りなどは、他に使いようがないので無駄になると考えたのでした。蕎麦の数が足らないときには助かる…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.