朝夕はめっきりと涼しいけれど…

10月からのメニューの一部改訂に伴い、メニュー表や店置きパンフレットなどを深夜まで印刷していた亭主は、朝方の寒さで目を覚ましたけれど、再び、寝入って女将の朝ドラの時間に朝食をとる。今朝は、仕込みも少ないし、蕎麦打ちも一度きりだから、少しゆっくりと出来たのでした。青空が広がって湿度も低いせいか、pekoがやけに元気で、蕎麦屋へ出掛ける亭主の後を追うように、女将と今朝二回目の散歩に出るのでした。『蕎麦屋へ行くならこっちなのよ…』

亭主といつも歩くそば屋の下の階段を登るつもりらしく、女将が引かれてみずき通りを渡る。亭主は坂を登り切って正面から玄関口に向かえば、こちらもカッシアの黄色い花が今朝の青空に映えているのでした。幟を出してチェーンポールを降ろしていたら、犬の散歩で通った近所の奥様が、この花の名前を尋ねるからちょっと立ち話。お花の好きな方らしく、挿し木で増やすにも、去年の枝を挿すというものもあると教えてくれた。マメ科のはずだから実も出来るのか。

いつも花が終わってすぐに刈り込んでしまうから気が付かなかったけれど、「実生では育たないの?」と言われて、そう言えば昔は丈も小さかったから、切らずにおいて豆のさやがぶら下がっていたような記憶がある。店の前を通る皆が気になる花だから、増やして鉢植えにでもしたら分けて上げられるのだけれど。秋の花の途切れる時期に、青空に映える黄色い花がやはり素敵なのでしょう。挿し木でも実生でも自然の周期を待たなければならないから大変そう。

今朝は湿度も低かったから39%強で生舟一箱の蕎麦を打ち、昨日打った蕎麦と合わせて17人分の蕎麦を用意する。打ち粉も余り使わずにすんなりと伸せたから、このところの蕎麦打ちはかなり安定している。天気の好い日は蕎麦日和り。準備は万端と暖簾を出せば、早速、お客様のご来店で、「いらっしゃいませ」と声をかければ、何度かいらっした家のすぐご近所のご夫婦で、お孫さんのお迎えがないとゆっくり出来ると、ご主人は冷した日本酒のご注文でした。

平日だから、それほど多くのお客が来たわけでもないけれど、印旛沼の向こうから、車で30分もかけていらっしたリピーターさんや、自転車でみずき通りの坂道を登っていらっしたお母さんと娘さんなど、霊犀亭を目指していらっしゃったという方ばかりで、ヘルシーランチセットから、ミニステーキ丼とせいろ蕎麦のセットまでいろいろなメニューの注文がありました。ひとしきり食べ終えてから、「冬瓜の鴨肉の葛たたきって出来ますか」と言われて出した一幕もありました。

天気のいいのがやはり蕎麦日和り。皆さん亭で蕎麦を食べようと来て下さった方々ばかりだから、蕎麦が美味しい、蕎麦湯が美味しいと褒めてくださるので好かった。閉店時間を過ぎてもまだお客がいたので、洗い物を済ませて、天麩羅の具材を片付けたら、スタッフには先に帰ってもらって、亭主は明日の出汁取りを始める。洗濯機に布巾類を入れて、蕎麦汁や天つゆがが冷めたら冷蔵庫に入れてやっと帰宅する。pekoを散歩に連れ出して、やっとプールに行く。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.