簡単、便利で美味しいという時代に…

早朝の散歩から戻ったpekoは、今朝も居間で亭主の席を占領している。『あなたはもう出掛ける時間でしょ』とでも言いたげに、亭主の顔を眺めているから、洗面を済ませて早めに再び蕎麦屋へ出掛けるのだけれど、今日は定休日2日目で、朝のお袋様との仕入れにもまだ早い時間なのでした。玄関を出ると、プルメリアの花の蕾がやっと膨らんできているのでしたが、果たして、今の時期から咲くのかしらと、いつもの年より随分と遅いのが気になるところなのです。

この間、ロサンゼルスからわざわざ蕎麦屋を訪ねてくれた懐かしい人が、お土産にとプルメリアの茎を持って来てくれたのを思い出す。西海岸の温暖な気候で、プルメリアが家で幾つも育っているのだと言っていた。長くフラダンスをやっている彼女だから、レイの首飾りの花を自分で作っているのだろうか。女将が鉢に植えたらもう新芽が出ていると言うから、成長はかなり早いはず。大きくなる木だけれど、佐倉の気候では冬は室内に入れても葉が落ちてしまう。

お袋様と農産物直売所に行ったついでに、また一つ大きな冬瓜を買って帰る。店の常連さんでもある近所の農家のご主人が、品物を運んできたところに出会って挨拶をすれば、ホウレン草のひと束をいただいたから恐縮なのでした。そのまま二人で隣町のスーパーへ出掛けて、彼女も一週間分の食材を袋に一杯買い込んで帰る。先日、病院で健康診断をしてもらった折に、看護師さんに「この年齢では若くて元気だね」と言われたのだと言って喜んでいたのです。

蕎麦屋に戻って午前中の仕込みを始めたら、ゆっくりとした昨日のつけが回って、今日は結構忙しい。親子丼の具材を煮込み、冬瓜と鴨肉の葛たたきを仕込んでいる間に、デザートやいとこ煮に使う小豆を煮込んで、火口はフル回転。向かいの畑では農家の親爺様が草刈りを始めて、刈り取った草や木を燃やしている。お互いに毎日休みもなしで働いているのは励みとなるのですが、蕎麦屋の厨房は狭すぎて、到底、親爺様の運動量には叶わないのが辛いところ。

それにしても、高齢化や働く女性の多い一般の家庭では、調理も簡単で便利なものを追い求める時代だから、霊犀亭の主人のように時間をかけて、小豆を煮ることも珍しいのかも知れない。とうとう小豆だけは、昼の時間までに煮終わらなくて、一旦家に戻って昼飯を作る。先週に残った蕎麦を食べ終えた今日は、久しぶりにスパゲッティーミートソースを作って女将と食べるのでした。野菜類はすべて蕎麦屋の残りものだけれど、何だか力をもらった昼食なのでした。

それにしても、小豆の煮えるのには時間がかかる。午後ももう一度温め直して、砂糖を何回に分けて入れて行く。メニューの増えた分だけ仕込みは増えるので、人参のグラッセやブロッコリーを茹でたり、鶏の胸肉が残っていたから、大根のしぐれ煮を作るのだけれど、小豆はまだ仕上がらない。オクラを茹でたり、インゲンを茹でたり、細かな仕込みがずっと続くものだから、今日はプールには行けないと諦めた。鍋を洗っては使い、使っては洗う繰り返しでもう大変。

昨日作っておいた蕎麦汁を蕎麦徳利に詰め終えて、天麩羅の具材をあれこれと切り分けたら、やっと午後の仕込みが終わって、時計を見ればとっくに5時を回っていた。時間をかけることの意味が、どれほどのものなのかは分からないけれど、吟味した新鮮な食材を仕入れるところからまずは食の安全を確保して、美味しさを追求する調理が出来ればいいと思っている亭主。便利さを追求するだけの生活は、一体何を追い求めているのだろうかと、考える昨今…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常. Bookmark the permalink.