遅い出だしの日曜日は…

この時期の団地の中の通りには、あちこちで金木犀の香りが漂っているのです。蕎麦屋の片隅にもゴミ集積場を囲うように金木犀を植えてあるから、風向きによっては玄関口までほのかな香がしてくるのです。カッシアも見事に花を咲かせているから、この季節には、ひときわ目立った蕎麦屋のシンボルツリーとなってくれている。こんな店の外観を見て、「きっとお蕎麦が美味しい」と、来てくれるお客様もいるから有り難いのです。質実ともに実りの秋という感じ。

今朝も蕎麦は二玉打って、18人分を用意したけれど、日曜日にはありがちの、お客様の遅い出足に気を揉んでいた女将と亭主。まさかとは思ったのですが、昼過ぎからは客足も絶えることがなく、いつもの週末の賑わいなのでした。ご新規さんも多かったので、なんとかリピーターになっていただけないものかと祈るばかり。美味しい蕎麦と蕎麦湯を丁寧にお出しして、完食してくれたかと下げた盆を吟味しながら、調理の合間に洗いものに精を出す亭主なのでした。

松戸の方からわざわざお越しいただいた女性客は、カウンターに座ったから言葉を交わすと、道の駅を巡ってのドライブがてら、行きに通って帰りに寄ろうと決めていたそうな。こんな田舎にぽつんと一軒ある蕎麦屋は、きっと腕に自信のある美味しい蕎麦屋に違いないと思ったのだとか。デザートの柚子寒天までご注文いただいて、ゆっくりと寛いで行かれたので好かった。お客との話のやりとりで、その人の生活と人柄が分かるのも、小さな蕎麦屋ならではの喜び。

「昼だけの営業では余り儲からないでしょう。もう少し値段が高くてもいいんじゃないかしら。」と、率直なご意見をいただいて有り難い限り。多少値上げをしたところで、昼の営業だけの売り上げは知れているのですが、メニューの見直しをすることで、来店するお客さんにも目新しい印象を持っていただけるかも知れないと、最近では、新メニューの研究に加えて、価格設定の見直しを真剣に考えているのです。ただし、1ページ目の看板メニューは変えたくないのです。

春の新蕎麦を仕入れなくなれば、蕎麦粉の仕入れ値も少しは下げられるし、胡麻油の仕入れ先を変えれば、天麩羅の油代もかなり安くなることが分かっている。大きな海老の天麩羅がプリプリで美味しいと言ってくださるお客様のためにも、食材の質は落としたくないから、その他の部分で、なんとかバランス好く価格の見直しをしたいと思っているのですが、これがなかなか難しいのです。せいろ蕎麦のセットの丼物の具材を増量することも検討課題の一つです。

そもそもが、セットメニューを頼まれるお客様は、美味しく沢山食べたいという方だから、これは理にかなっているのでしょうが、蕎麦の大盛りが少なくなると言う思わぬ影響もあるかも知れないから難しいのです。誕生日には関係ないはずなのだけれど、4月と10月が一つの区切りだと思っているので、いろいろとメニューの写真を撮ってから新しい価格設定をし終えて今年の後半に臨もうと考えているのです。忙しい毎日の中でどれだけ余分な仕事がこなせるか心配…。

夜の営業の前に、ミニ菜園に出て双葉の出た辛味大根の間引きをして、勿体ないから間引いた双葉も新しい土に植えてやった。種は播かねば芽は出ないし、出た目は間引かなければ大きくならない。自然に教えられる様々な教訓を、自分自身の生活にどれだけ活かせているのだろうかと考えてみることがある。夜も明日の仕込みをして早めに暖簾をしまう霊犀亭。こんな田舎だから、そうそう夜のお客は来ないのです。それにしても、今日も若いお客様が多かった。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.