週末の疲れがどっと出て…

朝から天気はよかったのだけれど、蕎麦屋の混んだ週末に二日連続の夜まで営業だったから、今朝はなかなか床から起き上がれなかった。早朝の仕込みから数えると、午後の休憩はあるけれど、14時間近くも厨房で動くことになるから、やはり疲れるのです。今朝は夕べ仕込みを終えていたから朝の仕込みがなかった。それでも、朝ドラの始まる時間には蕎麦屋へ出掛けて、まずはコーヒーを一杯。モカマタリが眠気を覚ましてくれるかと思ったのですが…。

全身が怠くて、小一時間厨房の椅子に座ったまま、窓の外の景色を眺めながら、ただボーッとしているだけ。9時前には蕎麦打ちを始めないと、開店前の仕込みが押してくるから、重い腰を上げて今朝も蕎麦を打つ亭主なのでした。こんな日は、蕎麦打ちが目覚ましで、やっと頭も冴えてくる。夕べ糠床に漬けておいたキュウリを取り出して、今日の小鉢にと盛り付けておく。週末に単品で売れなかった冬瓜のそぼろ煮と大根とイカの煮物も少しずつ盛って、小鉢三種。

それでも昼過ぎからぽつりぽつりとお客が入ってきたら、やっと元気が戻ってくるから不思議。最初のお客は女性の一人客で、隣町から4キロ近くの道のりを歩いていらっしたというリピーターさん。確か行きつけの美容室で霊犀亭を聞きつけていらっしたという方なのだった。それが、国道から曲がる角を間違えて団地の中に入って迷ってしまったと言うから大変。カウンターに腰を下ろすなり、「ビールをください」と疲れたご様子。付け出しにイカと大根の煮物。

他のお客がいらっしても、「霊犀亭の犀の字が読めなかったから、検索も出来なかったのよ」と、まだ呟いている。それでもぶっかけ蕎麦の大盛りを頼まれて、「蕎麦も蕎麦湯も本当に美味しかったわ。今度は間違えないで来ますね」と、満足そうにお帰りになったから好かった。たっぷりとお造りした蕎麦湯も綺麗に飲み干していらっしたから、お世辞ではなさそうなのでした。次にいらっしたご夫婦は、ご新規のお客様で、西の町から通りがかって入ってみたとか。

「天麩羅がとても美味しかった」とご主人がおっしゃって、やはり二人分の蕎麦湯は綺麗に飲み干しておられたから嬉しい。帰りがけに奥様が「また来ます」とおっしゃっていたので、丁寧な仕事を続けることの大切さをしみじみと思うのでした。閉店前に自転車に乗っていらっしたお客は口数の少ない常連さんで、静かにゆっくりと寛いで行かれた様子。幟をしまって暖簾を下ろしたのが2時過ぎだったけれど、大鍋のお湯をこぼして洗っていたら車が入って来たのです。

スタッフが店置きのパンフレットを持って駐車場まで出たけれど、「もう終わりなの?」と、言われたのだそうな。蕎麦は残っているし、今日はお客も少なかったから、残念なことをした。お客様にも申し訳ないことをしたとは思うのですが、閉店の15分前をラストオーダーとしているのは、お客がいなければ片付け物を始めますよと言うことなのです。特に定休日前日は油に凝固剤を入れてしまうから、どうにも仕様がないのです。片付けはほぼ一時間かかるから大変。

慣れた常連さんたちは、遅くなりそうなときには閉店前に電話をくれる。それでも、蕎麦が売りきれと言うこともあるので、なかなか上手くいかない。今日は今朝打ったばかりの蕎麦を幾つも家に持ち帰って、この定休日も蕎麦三昧となりそうなのでした。帰り道にご近所の道路沿いに咲いたサルビア・ガラニティカの花に、アゲハチョウが止まっていたから、写真に収めておく。アゲハは年に四回も卵を産むと言うから、これは夏場の卵から孵ったものかも知れない。

我が家のカッシアが秋の青空に映える。女将は稽古場で明日提出の作品を並べてウンウンと唸っていた。pekoの体調が戻って元気を取り戻したと言うから一安心。人間と同じで、年齢を重ねるにつれ、回復までに時間がかかるようになるものらしい。週末で疲れ果てた亭主の身体も定休日でやっと回復するのと同じなのでしょう。明日はゆっくりと床屋にでも出掛けて、久しぶりに親爺様の話を聞いてこよう。月末なのにお稽古のある女将を送るのも忘れないで…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.