彼岸の中日は天気が戻って…

辺りが明るくなった気配で、今朝も目が覚めたから、蕎麦屋へ出掛けて明日の出汁を取る。その出汁を使って冬瓜のそぼろ煮を仕込んでおく。やがて夜が明けて外はすっかり明るくなるけれど、夕べからの雨は止みそうになかった。一時間余りの朝の仕込みを終えたら、家に戻って女将と朝食を済ませ、30分ばかり横になって眠るいつものパターン。朝の雨はまだ止みそうにはなかったけれど、霧雨になった頃合いを見計らって、傘も差さずに蕎麦屋へ出掛ける亭主。

昨日の蕎麦が生舟一箱そっくり残っていたけれど、今日は夜の営業もあるからと、もう一箱蕎麦を打って、18人分の蕎麦を用意したのです。雨の影響でお客が少なければ、昨日の蕎麦が残れば家に持ち帰ってまた蕎麦を食べることになるのだけれど、今朝打った蕎麦は、明日も使えるから、躊躇なく打つことが出来たのです。最近は水の分量もちょうどいいから、打ち粉もあまり使わずにかっちりとした蕎麦が仕上がるのが嬉しい。雨が上がったのは10時過ぎでした。

彼岸の中日で土曜日だから、天気が回復してくればお客は来るはずだと思っていたら、案の定、開店時刻から駐車場に車が入り始めるのでした。天せいろが人気で、今日はミニステーキ丼が幾つも出た。注文のパターンが少なければ火口も増えないから、調理する亭主は楽ちんなので、どんどん作ってどんどん出す。女将もいい調子で給仕をしてくれていたから、これを出したらちょっと休憩しようと思って頑張っていたのです。ところが、お客様が次から次とご来店。

閉店の時間まで、まったくお客が途切れなかったから、今日は疲れた。夜の分までと用意した蕎麦は全部出尽くして、閉店時刻を前に売り切れの看板を出すのでした。途中から、洗い物をする暇もなく、最後のお客にサービスでデザートをお出ししたら、暖簾をしまわせてもらうのでした。今日のデザートは柚子寒天。柚子の恋しい季節にはまだちょっと早いけれど、夏場に柚子の砂糖漬けをどんなものかと仕入れておいたのです。この香りが季節を感じさせるのです。

こんなこともあろうかと、小鉢は多めに用意しておきました。インゲンと三ツ葉の胡麻和えは、明日の小鉢の仕込みだったけれど、どれだけ出たのか。野菜の多い天せいろには小鉢が付かないから、昨日仕込んだキュウリの梅和えだけで足りたのかも知れない。調理する亭主は仕込み終えた後は女将にお任せで、最後に冷蔵庫を点検して、足らない物はまた新しく仕込んでおくというのがいつものこと。最後のお客は、懐かしい響きの横浜からのお客さんでした。

お彼岸で実家に帰って来たらしいけれど、どうして霊犀亭を見つけたのかと尋ねたら、来る時に通って帰りに寄ろうと思っていたとおっしゃる。テーブル席が一杯だったから、三人でカウンターに座って、「美味しい蕎麦屋を見つけるのが得意なんですよ」と、蕎麦湯も綺麗に飲んで帰られた。「また実家に来る時によらせてもらいます」と言って、店置きのパンフレットまで持って帰られたと言うから、気に入って頂けて好かった。縁は異な物とは言うけれど有り難いこと。

女将と二人で洗い物と片付け物に時間を取られて、3時前にやっと家に戻ったのだけれど、夜の営業のために蕎麦は追い打ちをかけなければならないから、売り上げデータをパソコンに入力し終えたら、20分ほど横になってまた蕎麦屋へ戻る亭主。こんな日に限って夜もお客が来るもので、明日の仕込みをし終えた頃に、隣町の団地から若いカップルのご来店なのでした。注文の品を決めている間に、昼に残った野菜サラダをサービスでお出しして食べて頂く。

「お家から遠いのに、どうしてこの蕎麦屋を知ったのですか」と尋ねれば、「前を通って知っていた」と言うから意外なのでした。一度入ってみようと思って来て下さったお客様に、リピーターになってもらうには、どうしたら好いのだろうか。つまるところ、料理の味と店の雰囲気なのでしょうが、こればかりは急に取り繕うことは難しい。しっかりとした蕎麦を打って、丁寧な仕事をすることを積み重ねなければ駄目だと、いつも自分に言い聞かせているのですけれどもねぇ。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.