晴れのち曇りで夕刻から雨なのか…

台風後に庭木の剪定をして、カッシアも倒れた木を起こしたから、今朝の青空に黄色い花が映えていました。これから冬にかけては、隣に植えてある大粒の金柑が大切だからと、そのまた隣の南天の枝も随分切り落としたのです。今朝は早朝にもpekoの散歩に蕎麦屋へ出掛けたけれど、美味しいコーヒーを飲むために、亭主はいつもより早く、再び蕎麦屋へ出掛けて行く。復活したイエメン産のモカマタリは、やはり素晴らしい味わいで、生き返るような香りでした。

今朝の蕎麦打ちは蕎麦打ち室の室温26℃、湿度が65%もあったので、39パーセントの加水率で、すんなりと二玉を打ち終えました。値段の高い春蕎麦の粉がまだ残ってはいるのでしたが、彼岸を過ぎたらもう春蕎麦の新蕎麦は出さないと決めていたから、秋蕎麦の粉に半分だけ混ぜていつもの値段でお出ししているのです。だから、恐らくこの週末ぐらいまでのお客様は、更に、美味しい蕎麦を食べられるのではないかと思います。見切りが大事と言うことかな。

今朝は早めに蕎麦屋へ出掛けて来たから、蕎麦打ちをして抹茶大福を作る時間が取れました。幸運にも、ヘルシーランチセットが幾つか出て、デザートも売れたから好かったのです。手間をかけて作った物が出るという喜びは一入で、「美味しい」と言われれば尚更のこと、調理師も冥利に尽きる。今日は、小鉢にお出ししていた冬瓜のそぼろ煮が美味しいと、汁まで綺麗に啜って下さった女性客がいらっして、皆さんがもてあまし気味の冬瓜の調理法を語る亭主。

開店して間もなく歩いていらっしたご夫婦は、どうも上の娘の同級生の親御さんらしく、家もご近所で、帰ってから女将に話すとよく知っているから驚いたのです。「ネットで調べたら、減塩の蕎麦汁だと言うので来てみました」とはご主人の方で、「蕎麦そのものが高血圧には好いですよ」と宣伝をしておく。運動はもっと好いと言いたかったけれど、蕎麦好きとおっしゃるご主人の話を聞くのも大切だから、またいらっしてくださいとお見送りをしたのです。これも何かの縁。

何回かお出でのリピーターさんも何組か見えて、今日も平日の割りには退屈しないで済んだけれど、二玉も打った蕎麦の半分は明日に持ち越しだから、明日は生舟一箱打てば、夜の営業まで十分かと考える亭主。天気予報では、夜から雨なのですが、まだ降り出していない。明日も雨とは言いながら、どれだけ振るのかは分からないから、お彼岸の中日だし、却って期待が持てるかも知れない。蕎麦饅頭の他、デザートを何にするかとまだ決めていないから心配。

家に戻ればpekoが一人で留守番だから、早めに夕食を食べ始めて、体調の悪いpekoにもお粥とドックフードとチーズを煮付けて与えてみたら、これが案外正解でしっかりと食べたから嬉しい。散歩に出掛ける庭先にアキアカネ。ご近所の金木犀も好い香りを漂わせている。秋の風情はそこいらじゅうに散りばめられているのでした。公園まで行けば、隣の農家の畑には一面に蕎麦の花が咲いている。親爺様が蕎麦好きだと聞きいていたけれど今年は豊作のようだ。

夕食を終えて女将と二人で話をしていたらやっと雨が降り出してきた。さあ、これから風呂までの時間帯がテレビを見るだけでは勿体ないのです。眠ってしまうのは更にリズムが崩れるから好くないので、また蕎麦屋へ出掛けて明日の仕込みでもしてこようか。秋の夜長も自分は何をしようかと考えるので精一杯だから、いいのだか悪いのだか。子供の頃から世話になった友人のご母堂さまの四十九日にと、お袋様と二人でご仏前に供物を送ったのでした。彼岸も中日。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.