秋晴れの清々しい一日…

早く床に就くから朝も夜明けと共に目が覚める。やはり、プールへ出掛けての水泳と、夜の防犯パトロールが効いたのでしょう。毎日、このくらい動いていれば、夜もぐっすりと寝られて健康にもいいのでしょうが、蕎麦屋の混んだ日などは、ちょっとそんな気にもならないから難しいのです。漫然と朝の貴重な時間を過ごしても仕方がないので、蕎麦屋で一仕事してしまおうと、午前5時に家を出て、米研ぎや蕎麦茶の湯を沸かしたりと包丁を使わない仕事をする。

コーヒーを沸かして玄関口で一服していると、常連さんの農家の親爺様が犬を連れて散歩の時刻らしく、「お早うございます。早いですね」と、挨拶を交わす。庭の苗床に水を遣ったりと、約1時間の仕事を終えて6時に家に戻れば、まだ女将は起き出して来ないから、剪定して庭に投げ出したままの枝を、ゴミ袋に詰めやすいようにノコギリで切り始める。どうしても朝食は作る女将のペースだから、7時を回ってしまうのです。そのお蔭で食べたらすぐにまた眠くなる。

女将の見る朝ドラの終わる時間に目が覚めて、急いで蕎麦屋へまた出掛ける亭主。今朝は蕎麦打ちの量を考えて、13人分だけ用意した。カラッとした天気でかなり湿度も低いので、加水率は40%ジャスト。思った通り、これで十分な仕上がりになる。定休日明けの朝の仕込みは、定休日にかなり仕込んでいるけれど結構忙しいのです。こんな日に限って11時からもうお客がやって来るからたまらない。店の中で待ってもらって、大釜のお湯が沸き次第注文を聞く。

開店30分前に来店して、いきなり、「ミニ天丼セット」とおっしゃるものだから、「ご飯が焚けるのは開店時間なのですよ」と応えると、「それじゃ、天せいろの大盛りで」と言われて早速調理にかかる亭主。お蔭で今日はデザートに作ろうと思っていた抹茶大福は作る暇がない。なんとか野菜サラダだけは盛り付けたので、後は冬瓜と鴨肉の葛たたきを、時間の空いたときに仕込んでおけばいい。開店時刻の少し前に、駐車場にまた一台車が止まって、開店を待っている。

リピーターの方なので中へどうぞと言えば、「開店前だから悪いと思って」と、随分と控えめなお客様。こちらも天せいろの大盛りを三人前と、今日は最初から大盛が随分と出るのでした。大盛は蕎麦が1.5倍の量だけれど150円増で沢山食べる方には割安なのだけれど、考えたら天せいろの大盛りが1130円で、ミニ天丼とせいろ蕎麦のセットは1050円だから、この価格設定には少し矛盾がある。ご飯と味噌汁と小鉢が付いて手間もかかるのに80円も安い計算だ。

次の機会にメニュー価格の調整をしようとスタッフと話していたら、今度は若いカップルがご来店でミニステーキ丼とせいろ蕎麦のセットの大盛を二つご注文なのでした。「お味はいかがですか」と尋ねれば、「美味しいですよ。お肉が思ったりも厚いのでボリューム満点。これで1200円は安すぎませんか」と言うものだから、「安いのがうちの取り柄です」と応える亭主。でも、同じ事を前にも他のお客に言われたから、メニュー価格の調整ではここら辺も考えておきたい。

今日はお客の数はそれほど多くはなかったけれど、全員が蕎麦の大盛のご注文だったから、1時過ぎには残り僅かとなって、1時半まで待って、スタッフと賄い蕎麦を作って食べるのでした。暖簾もしまって大釜を洗い始めた頃に、電話が鳴ったから誰かと思ったら、いつもいらっしゃる隣町の会社の常連さん。「もう終わっちゃいましたよね」「何人ですか」「3人なんですが」「蕎麦があと二つしか残っていないんですよ」と、またの機会にと申し訳ないことにお断りした。

外は陽射しの割りには涼しくて、満開のカッシアが青空に映えていました。家に戻れば、女将は相も変わらず稽古場で悪戦苦闘らしく、宅配便が来たベルも聞こえなかったと言う。今日の売り上げデータと写真をパソコンに入力したら、一念発起で二日連続のプールへ出掛ける亭主。昨夜、よく眠れたから、今日もどうかと思ったのだけれど、夕食後にpekoの散歩に出掛けたら、眠くてどうしようもないから困った。あまり早く眠りすぎると夜中に目が覚めたしまうから。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.