車外温度27℃を記録した日…

最近は、夜の11時過ぎには床に就き、朝の5時半には目覚めるという生活パターンが身についた亭主なのですが、意外なことに寝起きは悪く、30分ほどは床の中でウトウトシながらストレッチをしています。本当はどれだけ眠れるか試してみたい気ももするけれど、どうせろくな結果にならないからと、今朝も思い切って6時のニュースを見ながら湯を沸かしてお茶を飲むのでした。その点女将は、亭主の倍の時間を掛けて朝ヨーガの世界に生きているから凄い…。

定休日の今日の目標は、まず、午前中に床屋へ行くこと。月の第二第三の火曜日は、床屋も定休日なのだとやっと覚えたものだから、月の終わりの火曜日には親爺様に会いに行くことにしているのです。今日は久しぶりに6段ギアのサイクリング車を手入れして、ぶらぶらと隣町まで走っていきました。途中の景色を写真に撮れるから、やはり自転車はいい。ご近所さんのお宅の季節の花々が、今朝の青空に映えてものの見事に咲いているから、素敵なのでした。

自分で言うのもおこがましいけれど、この団地の美観はそれぞれのお宅の風流新に負っているところが多い。団地の中と外とに自然の風景を残したのはディベロッパーの深謀遠慮なのでしょうが、ここのお宅の連なる景気は、決して偶然の賜物ではないのです。手入れをして、花や木を育てる住民がいなくては、季節季節の景観は保たれないのですから。そんな初夏の景色を写真に収めながら、団地を抜けて隣町まで自転車で走り抜けるのは一種壮観なのです。

駅前の高層マンション群に続いて、巨大なショッピングモールが建設されて6月にはオープンというのですが、団地の景観にも配慮して、高さも控えめに色合いも穏やかにと、風景に溶け込むように設計されているように感じる。床屋に着けば、親爺様がこちらの来ることを知っていたかのようなお出迎え。今日は、親爺様が最近凝っている水泳の話と竹取物語の話で、クイックターンの練習について解説したり、「なよ竹のかぐや姫」の話をしたりでリラックスするのです。

女将をお稽古に送った帰りにホームセンターに寄り、今月最後の消耗品の買い出しや今日仕込む予定のカレーと親子丼の具材などを買って帰る。ちょうどカレーが出来上がり、親子丼の具材が煮えた頃に、迎えに来てと電話が入るから、また、30分のドライブ。車外温度計は27度を示していたから、相当な暑さなのでした。それでも、お師匠さんの家の前で30分は待ちぼうけ。車の外に出て、足腰のストレッチをする亭主。女将のアッシーも決して楽ではないのです。

夜は蕎麦屋の新メニュー研究で、女将と二人で鰻重を食べる。夏に向けて、もうひと工夫と思っていたら、特大の鰻が安くてに入ったから、フライパンで酒蒸しにしてふんわりと仕上げる。課題は、通り一遍のご飯と鰻ではなく、もう一品重箱に入れたいと言うのが亭主の意見。果たして、何が合うのかを考えるのが、食文化の伝統に対する挑戦のような気がして、相当な意気込みなのですが、まだまだ素人の域を抜けていない。制限時間は明日いっぱいかな…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, . Bookmark the permalink.