重陽の節句はいろいろな人に会えて…

涼しい朝でしたが、陽が昇るにつれてやはり暑くなる。これが残暑とは言うけれど、今日は天気のことよりも朝の仕込みに大わらわ。このところ週末は蕎麦屋もお客でかなり混んでいるのだけれど、古い付き合いの教え子たちが、ロスアンゼルスから一時帰国する級友と共に霊犀亭を尋ねてくれるというので、亭主は昨夜から仕込みに余念がない。終わらない分は朝早くから蕎麦を打ち終えて仕込みに懸かり、サラダの野菜を刻んでいるうちにもう彼等が来店した。

蕎麦はしっかりと40%以下の加水で打ち上げて、包丁切りもまずまずの仕上がり。生舟二箱分の蕎麦で、昼だけの営業だから十分な数のはずなのでした。一般のお客がご来店の前に、カウンターに座った一回り近く若い彼等に、今日はミニ会席でのおもてなし。アメリカはもちろんのこと、皆、都内や県内の遠くから来てくれたのです。「他のお客も来るんですか」と、小さな蕎麦屋の週末のかき入れ時を知らずに尋ねるから、年を取ってもやはりまだまだ若いのか。

案の定、昼を過ぎたら彼等の倍の人数のお客がいらっして、一時、全席が埋まった。一度に8人の職人風のお客がテーブル席を埋めて、大盛の蕎麦を次々と注文するものだから、あっという間に蕎麦が売り切れる。カレーライスのご注文や親子丼セットや天麩羅蕎麦など、思った通り、厨房はてんてこ舞いなのでした。それでもカウンターで開店から閉店の時間まで、ゆっくりとしてくれた皆さんに感謝。デザートに青梅寒天とパウンドケーキを出して、コーヒーで終了。

それからが女将と二人で休み無しの洗い物。いつもと違って皿の数が多いから、14人分の食事の後片付けは並大抵ではないのです。朝が早かっただけに、女将も腰が痛いとこぼしていたっけ。亭主は夕刻からの里佳さんの個展に間に合わせなければと、蕎麦屋にタクシーを呼んで、とうとう昼も食わずに東京へ出掛ける忙しさなのでした。でも、ヘルシーランチの少し高級なバージョンで、ミニ会席という趣向は、4人ぐらいのお客様には案外いいかも知れない。

それには、現在の予約を受け付けませんという形を少し変えなければいけない。あらかじめ仕込んでおけるものを用意するためには、前日までにはミニ会席に限り要予約としなければいけない。今回は、冷やし田楽に添えた衣かつぎの里芋の皮が剥きにくいと言われたので、やはり直前に茹でてお出しするほかはないのかも知れない。いろいろ反省もあるけれど、お皿を出したり下げたりする手間があるから、スタッフと十分に相談をして考える必要がありそうですな。

日除け暖簾の前で撮ってもらった記念写真は、みんないい顔をしていたから素晴らしい。女将も亭主も、朝からの疲れを忘れてはいチーズ。これから皆で母校を訪ねて、夜の部の開始だと言うから、さすがにまだまだ若い世代。夜の営業を休ませて頂いて、亭主は一人六本木に出掛ける。地下鉄の中では始発の駅から座ってはいたものの、疲れすぎて空腹で眠ることも出来ないから驚いた。やっとかの地でコーヒーとサンドイッチを食べたのは、もう5時前だった。

個展の会場のタカ・イシイギャラリーは、六本木ヒルズのすぐ手前にあって見つけやすかった。麻布警察署の手前を曲がって、狭い道を右手に折れれば、もうすぐに見える。出来てまだ間もない新しい建物のようでした。2階は違う絵画の個展のようで、野口里佳さんの会場は3階。オープニング・レセプションは6時からなので、亭主はその前に里佳さんとご主人にご挨拶。5年前の伊豆フォトミュージアムの時には赤ん坊だった娘さんが会場を元気に走り回っていた。

今回の撮影ではシュノーケリングを覚えたと言うから、先が楽しみなお嬢さん。タイトルの「海底」の写真群は幻想的な青の光が、いつもながら印象的でした。沖縄に居を構えたと言うからきっとこの続編が生まれるかも知れない。真夏の太陽をサンゴ礁の海から見上げたり、洞窟に差す月の光を捉えたり、きっとフィルム写真ならではのトーンが新しい作品を生むのかも。会期は10月の7日(土)までだというから、芸術の秋に目から鱗の体験をなさってみては…。

This entry was posted in ダイビング, 仕込み, 季節, 料理, 日常, , 芸術, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.