昼も夜も大盛況の土曜日…

夕べはプールへ行こうと支度をしたら急にめまいに襲われたのです。車に乗って途中まで行ったけれども、ふらふら感が治まらないから、急に不安になって言えに引き返したから驚きでした。しばらく横になって、風呂に入ったらすこぶる快調で、女将と話したら肩凝りで血流が悪くなっているのだという結論に達したのです。いろいろ調べて見たら、どうも厨房で同じ姿勢で長いこと仕事をしたのが原因らしい。忙しかったから、奥の座敷でストレッチも出来なかった…。

明けて今朝も多少の不安はあったものの、十分にストレッチをして起き出したら、何時もの自分に戻っていたのでほっとする亭主。遅いpekoの散歩をし終えて、朝食を終えたら今日もお仕事の開始です。普段、医者にも全くかからずに、どこも悪いところがないので、ちょっと身体に異変が起きると怖くなってしまうのが悩みの種。今朝も米研ぎ蕎麦打ちと何時もの仕事を片付けて、小鉢も三種類を用意したから、準備万端で女将と二人で開店を待つ霊犀亭なのでした。

最初はぱらぱら、昼時はわんさか、閉店間際にどっとお客が押し寄せて、用意した蕎麦はすべて売り切れ、炊飯器の中のご飯もすべてなくなったのでした。週末はやはり昼を食べに来るお客が多く、しっかりとご飯も食べようということらしいのです。親子丼やマグロ丼のセットメニューが随分と出て、女将が筍と豆腐と若布の味噌汁を作り足していました。用意した蕎麦は18食でしたが、大盛りも出るから亡くなるのは早い。まったく、嬉しい悲鳴の午後なのでした。

洗い物も閉店間際にいらっした最後のお客に料理を出してからすぐ始めたけれど、やはり1時間はかかる。女将を帰したのが3時半過ぎで、亭主はそれから夜の分の蕎麦を追い打ちするのでした。1kg11人分を加水率44%強で綺麗に仕上げて、残れば明日にも使えるできばえだったのでまずまず。蕎麦汁も明日の分が足りなくなりそうなので、昨日取った一番出汁に返しを合わせて12人分ほど作っておく。昨日よりもハードな仕事量なので、ちょっと心配でした。

結局、家にもどって休む暇もなく、お客に出せない端切れの蕎麦を茹でて遅い昼飯にする。夕刻の開店前に天麩羅の具材を切って補充しておく。今日は6時に元水泳部の女性陣が訪ねてくれると言うから、いつものように他の客は来なくてもね準備だけはしておかなければならなかったのです。ところが、こういう日に限って、暖簾を出したら早くからお客が入るものなのです。しかも、夕飯を食べにくるご家族連れが二組も。ご飯物はなかったからその旨伝えて…。

天せいろや天麩羅蕎麦、カレー蕎麦と、比較的火口も使わぬ楽なオーダーだったから助かりました。それにして今夜は今までになく賑わって、亭主一人でお茶出しから注文取り、盆のセットや調理会計まで、孤独な作業の連続です。お客の少ない夜は大釜は一つだけを使って蕎麦を茹でるから、蕎麦湯はやはり別鍋でその都度作るのです。そしていよいよ仕事帰りの女性陣がやって来た。三人と聞いていのに、一番元気な一人が急な仕事で来られなくなったとか。

テーブルやカウンターにも他のお客がいたけれど、懐かしいチームの仲間との久しぶりの再会に元気をもらう亭主なのでした。今日の立ち仕事はなんと12時間。昨夜のめまいが嘘のようで、積もる話を聞くのでした。今年は水泳部創設40周年だと聞かされて、自分の歳を数え直して見る亭主。40年前に自分の播いた種はしっかりと育っているから気の長い話だけれど、記念式典には蕎麦屋を臨時休業して、出掛けて行くからと二人に言って別れる夜なのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.