今年もいよいよ芸術の秋の到来か…

寒いくらいの朝、激しい雨の音で目が覚めたのです。『今日は裏の草刈りは無理…』と安心してまた一眠り。5時半に再び目覚めたら雨が止んでいたので、pekoの散歩に蕎麦屋まで出掛ける。こんな日はお客も少ないだろうけれど、蕎麦の数がゼロから始まる定休日明けは、二玉の蕎麦を打たなければならないから、41%弱の加水率でちょうど好い硬さの蕎麦を打つ。生舟二箱に蕎麦を入れてもまだ10時前なので、オクラを茹でたり葱切りをして仕込みに入る。

平日の野菜サラダは皿に盛り付けるのは三人分だけ。残った具材は容器に入れて保存するから、もう二人分ぐらいは作れるのですが、その日に売れずに家に持ち帰る事を考えると、経験からこれがベスト。今日は牛カットステーキ用に茹でておいたブロッコリーを添えてみました。新鮮な野菜はなるべく早く使い切るのが好い。火が通って入れば次の日までで、味付けがしてあれば2,3日はお客に出す。後は全て廃棄処分で家に持ち帰って食べることにしている。

雨脚が再び強くなる開店の時刻。最初にいらっしたのは隣町の常連さんで、お年寄りを二人連れて来てくださった。一人でいらっしゃる以外は、来る度に何人か知り合いを連れて来て下さるから有り難いお客なのでした。次いで近くの会社の従業員さんのご来店で、いつも大盛のご注文で、今日も鴨せいろの大盛りに親子丼セットの大盛。注文の品を仕上げている最中に、今度は近くの会社の社長がご来店で、雨の日だというのに早い時間から席が埋まっていく。

それでもお客はその後も途切れずに、新蕎麦が売り切れたので秋蕎麦を出す。8月の最後の一日も随分とお客が来て下さったので嬉しい。常連さんが半分以上。皆さん蕎麦湯もほとんど残さずに飲んで行ってくれたので、少し自信が持てたのでした。休憩で奥の座敷で一服していると、庭のカボチャもそろそろ収穫の時期か。昨日、草取りをしたばかりなのに、また伸びてくるから凄い。シシトウも二日採らずにいたらもう鈴なりなので驚くばかり。秋は収穫の時期…。

生舟の蕎麦がほとんどなくなって、ラストオーダーの閉店15分前になったので,お客がいないから暖簾をしまう。雨の日なのにこんなに混んだのは定休日明けの営業だからか。洗い物を片付けて、蕎麦を茹でる大釜を洗い終わったら、明日の出汁取りの準備をして、スタッフと一緒に蕎麦屋を出る亭主なのでした。家に戻ってすぐに書斎に入り、今月の売り上げの最後のデータをパソコンに入力する。三度の宴会で仕入れが多かったから、原価計算は73%でした。

それでも、今年一番の売り上げで、赤字も亭主の小遣いの範囲内。これで営業の醍醐味と調理の楽しさを存分に味わえるのだから安い物だと、楽観するから好いのか悪いのか。メールチェクックをしていたら、取引先の発送の連絡に交じって、ベルリンにいるはずの野口里佳さんから返信のメール。先日、都内での個展の案内があったばかりで、オープニングのレセプションが9月9日の土曜日で、予約が入っているので定休日に伺うと返信しておいたのでした。

もう、20年来のお付き合いなのでしょうか、世界にデビューした頃の「潜る人」の個展以来、日本の展覧会にはしばしば伺っているのですが、今回も沖縄でダイビングをして撮った写真らしいのです。今回は六本木ヒルズの近くの「タカ・イシイギャラリー 東京」での個展。9月9日(土)から10月2日(土)までらしいけれど、蕎麦屋と女将のお稽古のない9月末が出掛けて行くチャンス。タイトルが「海底」だから、ダイビングファンには見逃せない。世界の新しい切り口を…。

なんと、昨年、ベルリンから那覇に移り住んだというから驚きで、「10月に石垣島まで来るなら…」と言ってくださるけれど、蕎麦屋もそんなには休めない。それでも、女将の読売展に次いで、日常の喧噪から亭主を芸術の秋に連れ出してくれる縁(よすが)と、嬉しくメールを拝見したのでした。女将は次の検定試験の作品提出で忙しいという。芸術の秋に現代アートを共に見てくれる友達もそれほど多くはないだろうし、誰かを誘ってみようと思案する夕べなのです。