Monthly Archives: 8月 2020

昼が暑過ぎて…

5 時 20 分、朝日が眩しくスカイプラザの窓に反射する。お茶を一杯飲んだら、pekoの散歩に出掛けました。外は意外と涼しくて、pekoも無理なく4ブロックを歩いてくれたのです。昨日打った蕎麦はすべてなくなっていたから、今朝もまた二回の蕎麦打ちをしなければならなかったけれど、他の仕込みは昨日の夜のうちに全部済ませておいたから、今日は蕎麦を打って、野菜サラダの具材を刻むだけでした。女将も早くから台所で食事の用意。 7 時前には朝食を食べ終え、亭主はやはりひと眠りです。珈琲を一杯入れてもらっていつもの時間に家を出る。「今朝は朝顔が綺麗に咲いているわよ」と女将が言うものだから、塀の上から身を乗り出したら、8時過ぎだというのにまだ蕾が開ききっていないのです。どうやら日の出前の光と冷たい空気に反応して花が開くようだ。「朝日に枯れぬ」とは陽が昇る頃の温度には耐えきれないのでしょう。涼しくなる秋まで持てば好いのだけれど。 幟を出して駐車場のチェーンポールを降ろしたら、店内のブラインドを下ろして朝日の当たるのを防ぐのです。昨夜のエアコンで冷やした店内の冷気がまだ少し残っていたから、厨房も28℃と涼しかった。これが日中は換気のために窓を開けているから、全開でエアコンを効かせても31℃まで上がる。火の傍はさらに熱いから夏場の調理は大変なのです。蕎麦打ち前に糠床からお新香を取り出して切り分けておきます。今日は六皿だけにした。 昨日の混みようが続くとは思えなかったけれど、蕎麦は明日が土曜日と言うこともあって今朝も二回打つのでした。昨日の反省を胸にしっかりと伸したつもりでしたが、やはりまだ所々、切りべら30本という束が出来る。包丁の切れ味は好いから、しっかりと角が立って切り幅もそれほど狂いはないのです。丸出しから四つ出しに移るときに、薄くなる一角があるのがこの間から気になっているのですが、蕎麦打ちは全体の流れの中で決まる。 生舟二箱に今朝の蕎麦を詰めたら、葱切りをして、早速、野菜サラダの具材を刻み始めるのですが、蕎麦を二回打った割には時間に余裕があるのです。連日、二回打つような日々がコロナ騒動の以前には随分とあったから、それに慣れてくれば自然とペースも速くなるのでしょう。期待と不安の入り交じる開店前、去年は木金の二日で13名のお客様があったというデータが残っている。準備は万端だから心配はないのだけれど、外の暑さが不安。 果たして、 1 時間待ってもお客は来ないので、亭主は豚のハラミの仕込みをしたり、夕べ仕入れて来ただっちゃ豆を茹でて盛り付けておくのです。スタッフも蕎麦打ち室の掃除をしてくれたり、箸袋に端を詰めたり、それぞれが出来ることをする。それでもまだお客は来ないから、エアコンの効いて涼しい奥の座敷の掃除機をかけたり、時間を無駄にせずに立ち働くのだけれど、戸外はドライサウナの状態で、この熱いのに外に出る人はいない。 とうとう待ちきれなくて、今朝打った蕎麦を茹でて賄い蕎麦を食べるのでした。洗い物を少なくするために、かき揚げも揚げずに、油を降ろしたばかりの昨日の天かすを載せて、ぶっかけ蕎麦で昼を取る。これがまた美味しい。お客が来ないのにこんなに上手い蕎麦を食べていいのかと思うほど。暑い過ぎてもお客が来ないという典型的なパターンなのでした。洗い物も少ないから、ラストオーダーの時間に暖簾を下ろして片付けに入るのです。 家に戻って女将に報告をすれば、「やっぱり暑すぎるのよ」と予想していたかのようなことを言う。冷たい桃を二人で食べて、亭主はひと眠り。その間に女将はスポーツクラブに出掛けたから、一人でざるラーメン餃子を作って早い夕食を取るのです。子どもたちのスイミング教室が終わる 6 時半に、亭主はプールに出掛けて今宵もひと泳ぎ。居酒屋レストランも金曜日だというのに今日は珍しく空いていました。明日の土曜が心配だけれど…。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

昼の陽射しはまだまだ強くて…

朝起きると居間の玄関へ通じるガラス戸の前で、廊下を覗いてお座りをしている。散歩に行きたがるくせにあまり歩きたくない老犬のpekoなのです。どうも最近は後ろ足が弱ってきたらしく、元気のないことが多い。騙し騙しワンブロックちょっとを歩かせて、ひまわりの咲くお宅の前で一休み。団地の開発業者の配ったひまわりの種は、結構、あちらこちらで植えられている。我が家も含めてこの時期やっと花が咲いて幸せの黄色いひまわり。 定休日明けは蕎麦を二回打たなければならないからと少し早めに家を出る。向かいのお宅の塀際に、どこから種が飛んできたのかタカサゴユリが咲き並んで、ちょっと素敵です。朝の風はまだ涼しいのですが、昇った太陽の陽射しは強く、今日も真夏日になりそうな気配なのです。蕎麦屋の店内は朝日陽の当たる北側のブラインドを下ろしてあったけれど、朝から30℃を越える暑さで、冷房を全室全開で入れて、やっと厨房も27℃まで下がる。 米を研いで炊飯器にかけ、糠床から夕べ漬けたお新香を取り出して切り分ける。蕎麦打ち室に入って蕎麦玉を二つ捏ね上げたら、窓から燕の親子が集合しているのが見えたから、急いで外に出て写真に撮っておきました。まだ、お隣の軒下に住んでいるのかしら。暑い日中は何処にいるのだろうか。厨房に戻って葱切りを済ませたら、再び蕎麦打ち室に戻って蕎麦玉を伸しにかかる。今日はどうも力の入れ具合がわるかったのか薄い部分がある。 切りべら28本で 130g を越える分量にしていくのですが、ところどころ切りべらを30本にしなければならなくなる。包丁の打ち幅が違うわけではなくて、生地が薄い部分で太さにムラが出来ているという証拠なのです。最近は、ぴったりの切りべらでイメージ通りの蕎麦が打てていただけに悔しいのです。やはり「二の矢を持つべからず」なのか。二回目があると思うと、どうしても一回目が疎かになるのかも知れない。二度目は正確に打てた。 今日は開店の前から何度も電話がかかって来ました。「今日は営業していますか」と言う内容なのですが、どうも皆さん初めてのお客様らしく、「予約が必要ですか」とか「地方から行くので」とか、嬉しいけれど開店前の仕込みで忙しい時間帯なのです。小鉢を盛り付け、野菜サラダを盛り付け、デザートの水羊羹を盛り付けて、開店時刻の 5 分前には暖簾を出すのでした。お客が来ることが判っているから、亭主もスタッフも緊張する。 最初にいらっしたのは、お隣の県の竜ヶ崎からわざわざ一時間もかけて来たという若いカップル。彼等が地方からとおっしゃったお客なのか。人に美味しい蕎麦屋があると聞いてわざわざ訪ねてくださったのだとか。海メロの船長が同じ街の出身だから、もしかして紹介してくれたのかと名を出したけれどどうも違うらしい。口コミというものは馬鹿に出来ない。蕎麦も蕎麦豆腐もとても美味しいと言ってゆっくりとして帰られたから好かった。 その間に次々とお客が入ったから、密にならないように満席の看板を出す。お客様にその説明をすると納得したように頷いてくれました。あれよあれよという間に、車も入れ替わり立ち替わり、1 時過ぎにはもう生舟の蕎麦が残り僅かになるのでした。平日の今日は 13食ちょっとの蕎麦を用意したのですが、お蕎麦売り切れの看板を出して、もう一人のお客なら入れても好いかと言っていたら、一人来て、最後に常連さんがいらっしたのでした。 今日はスタッフも亭主も昼飯は抜きで、打った蕎麦がすべて売れたのです。平日に13人というのは記録的な数。家に帰って女将に報告すればそれは凄いと驚いていました。3 時過ぎに遅い昼食にスパゲッティを茹でて、あさりのソースをボイルして食べる。ひと眠りしてから夕刻にプールに出掛けてひと泳ぎ。女将に頼まれた食料を買って帰ったら、その足で蕎麦屋に出掛けて、浸けてあった出汁を取り蕎麦汁を仕込む。家に戻ったのが 8時半。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

朝夕は少しは涼しくなって…

定休日の二日目の朝は少し寝坊して、涼しかったので peko の散歩に出ようと思ったら、「もう行って来ました、外は朝から暑いわよ」と女将に言われて、起きたてでまだ身体が温まっていないのかと思うのでした。朝食を食べていつもの時間に玄関を出たら、庭の朝顔の隣に葵の花が可憐に咲いているのでした。朝があまり暑いと朝顔は蕾が開かないらしく、ここしばらく蕾のまま萎れてしまうことが多いのです。デリケートな花なのかしら。 蕎麦屋についたら朝の陽射しを防ぐためにブラインドを下ろし、エアコンを全開にするのでしたが、厨房では蕎麦茶を沸かす火口の隣で出汁を取り始めたから、27℃から 29℃まで一気に上がる。それでも、今朝はまだ涼しい方で、厨房と外とを繋ぐドアの窓を開ければ、意外にも涼しい風が入ってくるのでした。やはり、今朝方、亭主が涼しいと感じたのは本当だったのです。早朝から洗濯やゴミ出しをして動き回った女将には悪いけれど…。 一番出汁を取って返しを加えて蕎麦汁を仕込み、二番出汁を取って容器に入れて水で冷やしている間に、蕎麦豆腐を仕込んで明日のデザートに水羊羹を作る。蕎麦汁の鍋が冷たくなったところで蕎麦徳利に詰めていくのです。普通盛り用が 15個、大盛り用が 6個、これが冷蔵庫に入る最適の量。打つ蕎麦の数も最近は 15 食以下だからこれだけあれば十分なのです。残った蕎麦汁は容器に入れて翌日に使えるので、混んでも二日はもつ計算です。 木、金の平日は、それほどお客は多くないから、なんとか土曜日の昼の営業までもてば、夜の営業の前に出汁を取れるのだけれど、実際にはそう上手くはいかないことが多い。どうせ糠漬けを漬けに、平日の夕方に蕎麦屋に足を運ぶこともあるから、その時に出汁を取るということもあるのです。出汁取りは少なくても 1 時間はかかるので、疲れた夕べには結構、きつい仕事なのです。毎日の蕎麦打ちと同様にそれが蕎麦屋の宿命と諦めている。 時計を気にしながら、天麩羅の具材を切り分け始める亭主。今日は 12時には女将がスポーツクラブから戻るから、それまでに昼飯の支度をしておかなければなりません。家の冷蔵庫の中の残り物を上手に使い終えるのが至上命令だから、確か何と何とが残っていたはずと、昼のメニューを考えながら、手元の野菜を切り分けては容器に並べていくのです。帰りの車の車外温度は36℃になっていました。やはりまだまだ日中の陽射しは厳しい。 いろいろな物が残っている時には、やはり中華が一番手っ取り早いから、中華鍋を振って今日もカレー炒飯を作りました。家の中華鍋はテフロン加工だから、油を敷いてしまうとどうしても水っぽくなってしまうからいけない。今日は肉と野菜と海鮮ミックスをノンオイルで火にかけて、レンジでチンした冷凍のご飯を入れて炒めていく。鍋も古い物だから多少焦げ付くのは目をつむって、カレー味で最後に豆板醤を隠し味に加えておくのです。 ちょうど女将が帰って二人で食卓に付いて、食後に地元で採れた小さな梨を一つずつ、各自がペティーナイフで剥いて食べる。亭主は例によってひと眠りの30分。暑い中を早めにプールへ出掛けたら、いつもなら空いている時間帯なのに三日間限定の子供スイミング教室で賑わっていました。正規の会員が泳ぐコースが二つしかなくて、ひとコース 7、8人と水泳部並み。マスターズの年配女性たちの後について頑張って泳ぐしかないのでした。 帰りに頼まれた pekoの餌をどっさり買って、その重さと値段に驚くばかり。それから再び蕎麦屋に出掛け、駐車場に車を止めたら夏休みで半日勤務の弟が通りかかって、お袋様のところに寄って来たと言う。夏休み中だから晴れ晴れとした顔をしていた。みんな元気なのが一番。焼売の仕込みをして、お新香を糠床に漬けたらもう夕飯の時間。夜は防犯パトロール。涼しい風が吹いていたけれど、マスクをしながら5kmを歩くのは大変でした。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, , 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

今日はクーラーの効いた室内で…

お袋様との仕入れから戻って、例によって買い込んだ野菜類の整理を始めました。今日はお盆の後ということもあってか、新しい野菜が入荷してどれも新鮮なものばかりだったから嬉しかった。暑い時期は野菜も傷みやすいから、少しでも新鮮なものが欲しい。農産物直売所では農家の人たちが、今日の野菜を運び込んでいるすぐ隣りで品物を手にして籠に入れる。隣町のスーパーでも店員さんが棚に並べる傍らで好きな野菜を選べたのです。 生椎茸も入荷したばかりのものと見えて、色合いも形もある程度揃っていました。一つ 30円の安いものだから、あまり文句も言えないのだけれど、一週間は冷蔵庫で保存するので、とにかく新鮮さが一番なのです。北海道産の南瓜も大きくて肉厚でした。四分の一カットで 300円を越えるから、決して安くはないのですが、天麩羅の具材にするには、肉厚の具合を見て切り分けた形をイメージするのです。形の好いものは見栄えがする。 野菜を冷蔵庫に収納したところで、昨日の残りの冷たい蕎麦茶を一杯飲んで一休み。昨日の洗い物も盆や蕎麦皿などはカウンターに干したままだし、今日の仕込みは夏野菜の揚げ浸しと昨日も作った金平を作ろうと思っていたのだけれど、女将の帰る昼までに全部終えられるだろうか。一旦、腰を下ろしてしまうとなかなか動き出せないのが最近の悪い癖。「ヨイショ」とかけ声をかけて動き始める亭主なのでした。始まれば速いのが取り柄か。 油を入れて温めておいた中華鍋に、火の通るのに時間のかかるカボチャから入れて、5 種類の夏野菜を炒めたら、一番出汁と出汁醤油で作って冷やしておいたタレに浸けていく。味を見て少しだけ砂糖を追加する。野菜は小鉢に盛り付けやすいように小さくカットしてあるから、これで二三日は小鉢のひと品となるはず。次に今日はゴボウとニンジンを5mm程の太さに切り、ビーマンを千切りにして、火の通りにくいものから炒めていく。 洗い物を終えたら時計は 12時を過ぎていたけれど、スタジオのプログラムが変わったからと、今日は 1 時に女将は帰る。時間があったので、洗濯機に入れたままの洗い物を奥の座敷に干しておきます。蕎麦屋の厨房は店のエアコンが効いていたから、28℃止まりだったけれど、駐車場に停めた車の車外温度は 36℃なのでした。家に戻ってガレージからの階段を昇れば、途中で郵便受けに何か入っているのに気が付く。見覚えのある写真…。 盆休みに出した暑中見舞いの返信がもう届いたのでした。葉書の本文にも書いてあったけれど、確かに 50年前の懐かしいガットギターなのです。サウンドホールの周りの寄せ木細工といい、ネックの独立した糸巻きといい、高校時代に月々の小遣いを一年半貯め、やっと手にしたギターなのでした。手の小さな自分に合わせて、通い詰めた楽器店の店員にネックの細いものを選んでもらったのです。再会を願った餞別のひと品のつもりでした。 自分で焼いたらしい陶器と共に家のオブジェとして飾ってくれたのでしょうか。白髪になっても人生のスタートの頃の気持ちは忘れないもの。その時代に自分の中に可能性としてなかったものは今の自分にもないから不思議です。家に置いてあるギターはケースの中に入ったまま弾くこともなく、暇な夜に YouTube で当時の歌声を聞いて酒を飲むだけ。デビューした当時よりも歳を取って味の出る歌い手もいる。でも、作詞作曲は皆若い時代。 そんな事を考えていたら、女将が帰って昼の支度をする時間になりました。例によって、最近は定休日は蕎麦が残らなければ冷やし中華。今日買ったばかりのトマトと胡瓜とモヤシと肉を冷やして茹でた麺の上に載せて、甘酸っぱいタレをかければはい出来上がり。午後はひと眠りして、盆休みに出来なかった書斎の掃除。やっと掃除機をかけられたから、二歩前進。古い書物やバックやビデオのダブルデッキなど、まだまだ捨てるものが沢山。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

お盆も明けて月曜日…

6 時台にpekoの散歩に出掛けた時と、朝食を食べている7 時台と、蕎麦屋に出掛ける8 時台とでは、かなり気温が違うと感じて驚きました。みずき通りを渡る頃には、もう陽射しはギラギラといつもの夏の太陽が照りつけるのでしたが、日影を歩くほんの少しの間に風が吹き抜けて、「おやっ」と思ったのです。「目には清かに見えねども 風の音にぞ…」と秋の気配を感じた一瞬なのでした。来週はもう熱帯夜も終わると言うから季節の足音か。 お盆の最後の二日が週末で、ちょうど霊犀亭の盆休み明けの営業開始と重なったから、二日間で随分とお客が入りました。昨日も夜まで忙しかったから、亭主の身体も相当に疲れているのでした。定休日前の今日まで、わずか三日の営業なのに、随分と働いた気がするのは、暑さとやはり年齢でしょうか。それでも今朝も蕎麦打ち室に入って、いつものように蕎麦を打つ。冷房を効かせて、室温 31℃、湿度は47%。加水率は昨日と同じ39%強。 女将が熱中症になってからというもの、店と廊下との間にある戸を開けたままで、奥の座敷もすべて冷房を入れて扉を開けたままでおく。そうすると、建物の内部全体が冷えてくるので、外気温が上がっても、かなり涼しく感じるのです。新型コロナ対策で、店の窓を少し開けておくから、外からは熱風が吹き込んですぐに店の中が暖まってしまうのです。冷たい方から温かい方へと建物の中で空気が流れるようで、これはなかなか好い考えか。 普段なら電気代が大変だからとやらないことでも、この時期は体調管理には欠かせないと目をつぶるのです。今朝の蕎麦も綺麗に伸して畳んで、切りべら28本で135g 前後といつもの太さで仕上がりました。このところ安定して好い蕎麦が打てているから、お客さんにも自信を持ってお出し出来るのです。今日も暖簾を出したらすぐに、団地の常連さんがいらっして、いつものせいろ蕎麦の大盛りのご注文。話題は駅前に出来た蕎麦屋なのです。 お客が持って来た情報なのに、まだどなたもいらっしたことがないから面白い。そのうち蕎麦好きのお客が行って来たとまた話を持ってくるだろうと、亭主はあまり気にはしていないのです。かえってご近所に蕎麦好きの人が多ければ、霊犀亭も話題の一つに上がるかも知れない。だから、毎日、真面目に蕎麦を打って、美味しい料理を作る努力を続けるしかない。今日の小鉢はモズクの酢の物と、ゴボウとニンジンとピーマンの金平でした。 今週は三日間の営業だからと、食材の仕入れを少なくしたら、逆にお客が多かったので、もう他に小鉢の材料がなくなってしまったのです。続けてすぐにやはり常連の女先生がいらっして、「明日からいよいよ仕事が始まる」と亭主の顔を見に来てくれたらしい。天麩羅を揚げ終わったところで、年配の職人風のお客がテーブル席に座って、ビールを注文する。グラスを二つと言われ、運転手には出せないとノンアルコールビールをサービスで。 昨日もそんなお客がいたから、これからはメニューに載せた方が好いかも知れない。と、店の前の道路に二台車が止まって、仕事の途中らしい中年の男性が二人、テーブル席に座るのでした。せいろ蕎麦と天せいろの大盛りをご注文で、暑そうだったから冷たい蕎麦茶をポットごとお出しした。すると今度は 10トントラックを店の真ん前に止めて、大柄の男性が店に入って来た。店内に女性は女先生だけで、こんな日もあるかと亭主も諦めた。 外の熱い空気を避けて、皆さん冷たい蕎麦を満喫して、涼んで行かれたから好かった。月曜日の割には今日はお客が多かったのです。大盛りが幾つも出たので、1 時半前には蕎麦が売り切れて、その後でいらっしたお客は、駐車場に入ったものの、売り切れの看板を見て帰られたのでした。昨日の昼よりもお客が多かったから驚きなのでした。家に帰って女将に報告をすれば、「今週は三日間なのにいつもの週と同じ数ね」と喜んでくれました。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

塞翁が馬…

夕べは女将が熱中症になったらしく、熱を出して夕飯も食べずに寝込んでいたのです。昼の厨房は30度を越す暑さだったから、マスクをして客席と厨房とを忙しく動き回った彼女には応えたらしいのです。首回りを冷やして、少しずつ眠ったあとで、冷たく冷えた桃を剥いてやると、綺麗に完食したからまずは一安心。亭主も食欲がなく、冷や奴と煮物を食べただけで風呂に入るのでした。一夜明けて、女将の熱は下がったけれど、まだ心配。 亭主が朝飯の用意もしなければならなかったから、冷蔵庫を開ければ、朝食用の食材がなく、冷凍室にもご飯がないので、蕎麦屋に行って卵と昨日凍らせたご飯を持って帰る。卵焼きを作って鯖缶を開け、出汁は取ってなかったから味噌汁は出来ないので、こんそめスープにサラダの残りを入れて、簡単な朝食を作って女将と一緒に食べるのでした。今日は日曜日だけれど、亭主一人で店の営業をやらなければと覚悟を決めて家を出るのでした。 まずはコーヒー豆を挽いて、米を研いで炊飯器にかけ、夕べ浸けておいたお新香を糠床から取り出して切り分ける。いつもと違うのは、大根をおろさなければならなかったこと。早朝に店に来たときにエアコンを点けておいたから、幾分涼しく、朝のコーヒー一杯で元気が出たのです。他の小鉢類も今朝を考えて夕べのうちに盛り付けてある。後は蕎麦を打って、野菜サラダを作れば開店前の仕込みは終わり。夕べ追い打ちをかけた蕎麦もある。 750g を一回打てば、19食の蕎麦が用意できる計算でした。39%強の加水で、いつもと同じようにしっとりと生地が馴染むまで捏ねて、生地を寝かせている間に昨日の洗濯物を干しておく。女将のいない分、全部、自分でやらなければならないから大変です。蕎麦屋を始めた頃は、それが当たり前だったことも、何時の間にか歳も取ったし、スタッフに手伝ってもらうことに慣れてしまった。それが好いことなのかどうかは考えても埒があかぬ。 今朝も切りべら28本で135g 前後の蕎麦の束を生舟に並べて、夜の営業まで持てば午後が少し楽なのだけれどと思うのでした。蕎麦打ちを終えてすぐに野菜サラダの具材を刻み始め、鍋に湯を沸かして冷たい蕎麦茶を作っておく。サラダも二皿だけにしておきました。あまり欲張らずに、適当な時間で売り切れの看板を出した方が洗い物も出来るし、女将のいない事を考えると、一人でそんなに多くのお客には対応できないと考えたのでした。 10時半にはすべての仕込みを終えて、女将の様子が心配だったから、家に電話をしてみたのです。「今、昼ご飯を食べているから、開店の時間には蕎麦屋に行きます」と元気な声が帰って来たので安堵する亭主。ところが、暖簾を出してすぐにお客はいらっしゃる。急いでマスクをしてお茶出しをすれば「ノンアルコールビールはないの?」とメニューにないものを要求するお客。「売り物じゃないのでサービス」と枝豆を添えてお出しする。 女将がやって来て「いらっしゃいませ」と挨拶をする。元気百倍で亭主は天麩羅を揚げ始めるのでした。昼は昨日の半分ほどのお客の入りだったから、女将も涼しい場所を選んでお客のない時間帯は腰を下ろしていました。盆や蕎麦皿などの洗い物を終えたら、「もう帰っても好いよ」と早めに家に帰して、亭主は大釜の洗いにかかるのでした。夜の営業の追い打ちをかけなくて済んだので、亭主も家に戻ってひと眠りすることが出来たのです。 昨日は暑すぎたのか、夜はお客がなかったのですが、今日は昼のお客が少ない代わりに、近所の常連さんご家族の若い奥様が「営業していますか」と電話をかけてきたのです。「何人でいらっしゃるの?」と聞いて準備をしていたら、ご近所のリピーターの若夫婦が、歩いていらっして天せいろのご注文。女将に電話をしてみれば、「行ってあげる」と言うものだから、今宵もまた楽をさせてもらいました。結局、今日も10人を越えた。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

盆休みが明けたらお客が押し寄せて…

5 時半の蕎麦屋から朝日を望む。少し陽が昇るのが遅くなっているのだろうか。今朝は5時に目が覚めて、居間のpekoもまだ眠っていたから、散歩の前に蕎麦屋でひと仕事です。亭は盆休みの後だから、世間はお盆の中日でもあるし、混んではいけないと早くから少しでも仕込みをしておこうと考えたのです。早くから幟を出して、チェーンポールも降ろしておく。米研ぎ、葱切り、お新香と昨日の晩から呪文を唱えるように復唱していた亭主。 モズクの酢の物と筑前煮もあるから、六皿も盛り付けておけば足りるだろうと思っていたけれど、今日は昼前から混んだので、結局、お新香は足りなくなって、女将がモズクや筑前煮を盛り足したのでした。6 時過ぎに家に戻ったら、peko も散歩に行く準備をしていたから、家の前の坂を下って今朝は2ブロックほど歩いた。出がけに書斎の窓の下のミソハギのポットに、ウッドデッキの水道の蛇口を捻ってたっぷりと水を遣っておくのです。 この時期になってご近所の百日紅が随分とよく咲いている。家の朝顔などは、暑すぎて蕾のまま枯れてしまう日が続いているから、連日、相当な猛暑なのです。女将が種から植えたひまわりも、日向に置いておいたら葉が枯れ始めたから、木槿の木の日影に移動して、やっと命を取り留めたところ。朝があまりには早かったので、朝食を食べたら今朝はもうひと眠りする亭主なのでした。いつもの時間に蕎麦屋に出掛けて、今度は蕎麦を打つ。 お盆休みの上に土曜日だから、今朝は750g を二回打って16食の蕎麦を用意しました。もちろん、その時点では夜の営業まで持てば好いと考えていたのです。ところが、今日は開店して直ぐに、四人家族の常連さんがいらっしたかと思ったら、続けて小さなお子様を二人連れた大人五人がご来店。そしてすぐに女性二人のお客様が、前のお客が帰った後のテーブル席に座られたから大変。「作るのは一人ですからご免なさいね」と待ってもらう。 20分ほどですべて作り終わったけれど、やはり、解凍して焼かなければならないから、鴨せいろのお客は最後になってしまう。天せいろが四つと鴨せいろ、せいろ蕎麦が二つに、小さなお子様はアレルギーがあるからとご飯と味噌汁だけのご注文。これだけで、もう10人を超えていたから、今日はこれぐらいで終わりでも好いと思っていたのです。洗い物をする暇もなく、亭主は奥の座敷で一休みです。すると、何やら店の方が騒がしい。 「珍しいお客さんがいらっしてるわよ」と、女将が笑いながら言うものだから、厨房に戻れば、以前は隣町の持ち家の手入れによくいらっしていた東京の常連さんご夫婦で、家も売れたからもう来ないのだろうと思っていたら、何のついでかかわざわざ寄ってくださった様子なのです。70代も半ばのご主人は相変わらずの明るさで、コロナで貸店舗も家賃が払えずに皆潰れてしまったとおっしゃるのでした。亭が続いていたのが嬉しかったのか。 ひと回り若いという奥様も、久しぶりだからなのか今日はよく話された。「田舎がないもので、行くところがないんですよ」と江戸っ子の悩みを打ち明ける。フクロウを飼っていたはずなのに、今度は鷹を二羽も飼い始めたと言うから、亭主も女将も驚いたのでした。お蕎麦売り切れの看板を出して、これで終わりにしようと思っていたら、駐車場にまた車が入ってくる。お二人だったから残った蕎麦を全部出して、生舟二箱が完売なのでした。 さすがに洗い物が多かったから、女将と二人で 3 時過ぎまでかかって片付けを始めたのですが、厨房の暑さにやられたのか、女将の具合が悪そうだったのです。後は亭主が引き受けて早めに家に帰って休んでもらう。亭主は昼も食べずに家にも帰らずに一休みして、夜の蕎麦を打つのでした。心配になって女将に電話をすれば熱があるというから、ネックアイスで首を冷やして休むように言う。軽い熱中症らしい。珍しく混んだ土曜日でした。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

盆休みの最後は…

夕べは久しぶりに夜更かしをして、無沙汰をしている古い友人たちに、残暑見舞いを書いて印刷していました。一年ほどの間に郵便葉書の料金が一円値上がりして、去年の切手を貼ったままでは出せないのが朝になって判ったのです。女将に二円切手をもらって張り足したら、車を出して煙草を買いがてらコンピニのポストに投函してくる。朝飯前のひと仕事にしては簡単すぎる。億劫な書斎の片付けは、やはり最後まで残ってしまったのです。 遅い朝食を食べ終えて、ゴミの回収車が来る前にと、書斎で出たゴミの袋を集積場に運んで行く亭主。どうも今朝はお盆のせいか回収の車が来た気配がないので、積み上げてあった古いカバン類や壁に掛けてあったバック類を、すべてまとめて燃えるゴミの袋に詰め込んで、更に二袋を運ぶ。高価なものもあったけれど、使わなくなってもう10年は過ぎているから、この先、使うことはないだろうと決断しました。ノートやボール箱は玄関に。 それでもまだ部屋の五分の一ほどしか片付けを終えていないから、掃除機もかけられない。3 時間も悪戦苦闘して食堂に行けば、女将が笑って「お父さんは一気にやるから凄いわね」と、褒められたのかハッパをかけられたのだか。冷蔵庫に使いかけのキャベツが幾つも残っているというので、食べられそうな部分を使って、昼の準備を始める亭主。ピーマン、生椎茸、赤玉葱と蕎麦屋の残り物を入れて、カレー味の肉野菜炒めの出来上がり。 昼食後はひと眠りして、2 時前にはプールへ出掛けます。書斎の窓辺に植えたミソハギには、朝のうちにウッドデッキの水道の蛇口を捻って、自動で散水をしておきました。ガレージに入れてあった車の車外温度は 37℃と、日影なのに猛烈な暑さです。雲一つない青空が逆に恨めしいほど、外は暑いのです。タワーパーキングもお盆のせいか暑さのせいかいつもより空いていました。プールは思ったよりも込んでいて、ひとコースに 3 人です。 センターコースの早く泳ぐコースだけが、マスターズの選手らしい年配の女性が一人。ちょうど個人メドレーを泳いでいたから、これならついて行けるかと準備運動を終えた亭主も、いきなりバタフライで泳ぎ始めるのでした。外出自粛で 3ヶ月泳いでいなかったけれど、プールが再開して泳ぎ始めてからちょうど 3ヶ月目。体重もやっと元に戻り始めて、身体が軽くなったのでバタフライも苦にならないのです。後はパワーの回復だけでした。 今日で盆休みも終わりです。明日からの週末もまた女将の出番が続くので、何処へも行けない代わりに彼女の好きな鮨を買って帰る。地階にある魚屋の特選寿司は値段も好いけれど、本マグロのにぎりが四貫も入ってネタが好いので気に入っている。これもお盆用に好いものを揃えているらしかったのです。家に戻れば、今度は女将がスポーツクラブに出掛ける用意をしていた。夕刻に始まるスタジオは終わるのも遅いから、亭主は蕎麦屋へ。 今日は午前中も蕎麦屋に来なかったので、締め切りの店内はなんと 34℃の暑さでした。二階のない蕎麦屋は屋根が暖まってしまうともう外の温度と変わらない状態なのです。全室の窓を開け放って、エアコンを効かせて風を入れる。まずはアイスコーヒーを飲んで一息入れたら、蕎麦豆腐と明日のデザートに水羊羹を仕込んでおきます。そして天麩羅の具材を切り分け、ぬか漬けを漬けておく。夏の筑前煮に添えるインゲンも茹でて冷蔵庫に。 6 時を過ぎて家に戻れば、ちょうど女将も帰ったところで peko の散歩に出るところでした。亭主が蕎麦屋から持ち帰ったトマトを切り分け、インゲンを茹でておけば、女将も戻って二人で夕食のひと時。最近、酒量が減って 300ml の生酒を二日で飲むようになったから、いっそのこと夕飯時は酒を止めようかとも思うのです。どうせ風呂から上がって焼酎の炭酸ライム割りを飲むから、どちらかでも好い。明日もまた暑い一日になりそう。

Posted in 仕込み, 日常, , 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

盆休み三日目は、墓参と蕎麦屋の仕込み…

朝 6 時起床。pekoの散歩に出掛ければ、公園の脇の森で朝からミンミンゼミが鳴いていました。昇る朝日は森を越えて熱い陽射しを投げかけていたのです。今朝は朝飯前に蕎麦屋に行って出汁を取ろうと思っていたから、家に戻って女将に話をしておくのでした。小一時間の作業ですが、一番出汁から蕎麦汁を仕込み、二番出汁から天つゆを仕込んで、残った出汁を容器に入れて、それぞれ順繰りに水で冷やしてから、冷蔵庫に入れるのです。 蕎麦汁と天つゆは鍋に入れて水で冷やしたまま、朝飯の時間に間に合うように家に戻る亭主。今日は朝からお袋様と女将を連れて、墓前りに出掛ける予定だったから、時計を気にしながら食卓に着く。亭主の好物の鮭の塩焼きと茄子とピーマンの味噌焼きが、テーブルに並ベられて、ぬか漬けのキュウリとデザートにシャインマスカットまで添えられていたからご飯が進むのです。自家製味噌の味噌汁も、薄味でちょうど好い味付けなのでした。 花を買う隣町のスーパーが開店する30分も前に、お袋様を迎えに行き、女将が店の外の花売り場の列に並ぶ。開店の20分も前だというのに、駐車場には続々と車が押し寄せ、長い行列が出来ていました。やはりお盆で早くから墓参に出掛ける人が多いと見える。家とスーパーとのちょうど間にある霊園に着けば、まだ駐車場は空いていたけれど、帰る頃には車を停める場所もない程の混みようなのです。三つの墓の掃除をしてお参りをする。 お袋様を家まで送ったら、そのまま駅前のスーパーに女将と出かけ、帰りは女将は運動のためだと歩いて帰りたがるから、亭主は車で蕎麦屋に直行するのでした。今週は土曜日からの営業なので、茹で蛸と鶏肉は出来るだけ近い日にちで仕入れたかったのです。モズクは解凍して塩抜きをしたら、調理ばさみで短く切って、沸騰させた鍋でさっと湯がく。ピーラーで掃除をした胡瓜を薄くスライスし、蛸を切っておいたから合わせて味付けです。 鮨酢で締めたら、一番出汁を味をみながらたっぷりと混ぜる。大きな容器に店で出す分を詰めて、小さな容器にお袋様のところに持って行く分と、家での味見用とに取り分けて、冷蔵庫に入れる。時計を気にしながら、いよいよ夏の筑前煮の材料を刻む。最後にまな板を替えて鶏肉を小口に切り分けて、片栗粉をまぶしたら、温めておいた中華鍋に油を敷いて炒めていきます。少し焦げ目の付いた鶏肉を一度取り出して、今度は野菜類を炒める。 炒めた野菜を二㍑の片手鍋に移して出汁で沸騰するまで煮たら灰汁を取って、今度は鶏肉を入れて味つけをしながら中火で 15 分、落とし蓋をして煮込んでいくのです。時計は 11時半を回ったから、洗える物は洗ってまな板も消毒をしておきます。昼は女将と例によって冷やし中華を食べる予定だったから、家に電話をして錦糸卵だけ作っておいてもらう。お袋様の家によってモズクの酢の物と熱々の筑前煮を届けて、急いで家に戻るのでした。 皿に敷いた氷の上に載せた麺の量よりも、更に上に載せた具材の方が多いから、見た目の感じでおなかが一杯になる。やはり酢の味が夏場にはさっぱりとして美味しく感じるのです。食後に書斎に入ってひと眠りする前にパソコンをいじっていたら、有線のマウスが接触が悪いのを思い出して、すぐに駅近くのショッピングモールの家電店に出掛ける。以前使っていたような無線のマウスを購入したのですが、値段が安いのには驚きなのでした。 お蔭で昼寝をする暇がなくなって、とって返して今度はプールへ出掛けていく亭主。車外温度が39℃にもなった今日の午後は、お盆の上に暑過ぎるからかプールは空いているのでした。速く泳ぐ人用のセンターコースが空いたので、準備運動を終えていきなりバタフライから個人メドレーを泳ぎ出したのです。何ヶ月ぶりのバタフライだろうか。水を掴むタイミングを忘れていなかったのが嬉しい。夕刻は雷が鳴ったり雨が降ったりと忙しい。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

盆休み、二日目の目標は…

寝をしなかった昨日は夜も早く眠くなって、エアコンのタイマーをセットしてグッスリと眠ったのです。7 時間近く眠ったら、5 時にはもう暑さで目が覚めるのでした。居間に入れば pekoはまだ眠っているし、朝の散歩も亭主がお茶を一杯飲んで、pekoが目を覚ましてからということにしました。5 時半頃になって、やっとpekoも目覚めたらしく、散歩に連れて行けと忙しく動き回る。外は早朝なのにムーッとする暑さで今日も猛暑なのか。 6 時近くになって、そろそろガレージのシャッターを開けても好いだろうと、背丈よりも高い脚立を取り出して、ミソハギの苗の植え付けを始めるのでした。ポットの古い土を利用して植えるときは、ちょっと割高だけれど、「土よみがえれ元気くん」を使うと便利。ポットに残っている古い土に混ぜて小型の鋤でよくかき混ぜて、苗を植えたらたっぷりの水を遣る。昔作った給水シャワーが健在なので、水道の栓を捻るだけで水撒きが出来る。 30分ほどで植え付けが終わり、書斎の窓の下にもまた花の姿が眺められるようになりました。以前は季節毎に様々な花を植え替えていたものですが、歳を取って億劫になったから、今回は花の時期の長い多年草を植えてみたのです。女将の用意した朝食を食べ終えたら、今度は粗大ゴミを時間までに道路際に出しておきます。女将の稽古場でネズミに囓られた衣装ケースと汚された布団類と、亭主の書斎に積んであった古いプリンターを出す。 遠い町の廃棄場まで自分で持って行く人もいるらしいけれど、種類毎に金券を買って張り付けておけば、取りに来てくれるのだと言う。これだけの量で2500円は高いか安いか。新型コロナで買い出自粛の時期で、結構、利用する家庭が多いらしく、やっと引き取りに来てくれたのでした。さて、盆休み二日目の目標で残っているのは、最大の難関、亭主の書斎の掃除なのですが、プリンターやスキャナをゴミに出したから、あとはゴミの選別。 たった六畳一間の狭い空間に、夥しい数の情報が所狭しと積み上げられているから、これを整理するのは並大抵の事ではないのです。まずは机回りの荷物の整理をしようと、立てかけてあるノートや書類を手に取れば、どれも取捨選択をして残しておいた資料だから、なかなかゴミ袋には捨てられない。古い雑誌やパンフレットは次々に紐で括って廃品回収に出す準備が出来るけれど、調理師学校でのノートや教科書はやはりまだ捨てられない。 すべてが現在にまだ繋がっている資料だから、必要な時にもう一度調べ直すのでは、気の遠くなる時間がかかるのです。調理関係、税務関係等の必要な書類は、やはり大切に保管しておかなければ。ゴミ袋一袋に不要な紙類を詰めて、後はファイルに入れて机の上の本棚に収納。ファイルもインデックスを付けておかなければ、また元の木阿弥になる。少し疲れたからと、今度は蕎麦屋に出掛けて一仕事。昼前なのに朝顔がまだ咲いていない。 店の厨房に座ると、何と何をしなくてはいけないと、頭が蕎麦屋バシージョンに切り替わるから不思議です。忘れないうちにメモ用紙に書き出しておく。今日と明日とで、返しを作り、出汁を取り、蕎麦汁と天つゆとを仕込まなければならなかったし、鶏肉と茹蛸は明日か明後日には買いに行って、夏の筑前煮とモズクの酢の物とを仕込んでおかなければいけない。出汁を取る昆布もそろそろなくなりそうなので、買っておいた方が好いだろう。 女将がスポーツクラブから帰る時間までに家に帰って、今日はとろろ蕎麦を茹でる。これで月曜日に残った蕎麦はすべて食べ終えたから、明日は冷やし中華を食べたいところです。午後はプールに出掛けてひと泳ぎ。家に荷物を置いたら、また蕎麦屋に出掛けて5㍑の鍋に返しを作る。家に戻って夕食を食べ終えたら、また蕎麦屋に出掛けて、今度は出汁取りの準備をしてくるのでした。明日はお袋様と女将を連れて墓参りに出掛ける予定…。

Posted in 料理, 日常, | コメントは受け付けていません。