Monthly Archives: 10月 2019

営業再開の日…

ぐっすりとは眠ったけれど、亭主の布団で寝ている peko よりも先に目覚めて、寝足りないと感じる朝。石垣の修復や床下の消毒など、大雨の後始末のことを考えると、やはり心配でなかなか寝付かれなかったのです。心が蕎麦屋に向かわないというのか、長かった秋休みのせいもあるだろうけれど、いつも蕎麦屋のことを考えていないと、思うように段取りが浮かばない。取りあえず朝の仕事を終えて、米を研いで漬け物を小鉢に盛り付ける。 昼は暖かくなると言うけれど、朝晩はとにかく冷える季節。蕎麦打ち室もやっと17℃。湿度が70%ほどだったから、加水をどうしようか考えた。39%で打ってみたら少し硬めで、なかなかしっとりと練れてこない。捏鉢の中でじっと我慢の力比べで、やっと蕎麦粉が馴染んで滑らかになってくる。切りべら28本で130g越え。十日前の蕎麦と同じ様に打てたので一安心でした。毎日のように蕎麦を打っていた時と違って、やはり緊張するのです。 車で通りかかったらしい女性が、メニュー例を書いた看板を見に来たから、スタッフに言って店置きのパンフレットを差し上げる。「後でまた来ます」と言って帰ったそうな。昨日頼んだばかりの蕎麦粉と米が朝一番で届く。支払いは一週間以内と決まっているのだけれど、せっかちな亭主はその日に振り込みに行くことが多い。でも、今週はまだ売り上げ金が貯まらないから、直ぐには払えないのです。今日は夕刻に海老や山葵も届く予定。 海メロの奥様に食事の原価率は5割を越えるとほとんど赤字になって、労力だけかけて薄利なのだと言った手前、自分の蕎麦屋でもメニューの値段を見直さなければと思っている亭主。毎日刻む野菜サラダも、現在70%近い原価率なので、30分以上も手間暇をかけて日々赤字を作っている計算なのです。始めは野菜も7種類ぐらいだったのが、何時の間にか野菜の種類が多くなって、今では11種類になってしまった。300円は取らないと駄目。 今日はご新規のお客さんが半数以上で、全員が天せいろのご注文。「お蕎麦が美味しい」「天麩羅がボリュウムがあって美味しいわ」と褒められる。1000円で提供しているこの天せいろも、毎日のように赤字を作り出している原因の一つなのです。安いから注文してくださるお客は多いのだけれど、そろそろ適正な値段にしていかないと、この先、長くは続けられない。値段を上げる時は全体のバランスを考えなければならないから大変です。 今日のデザートは抹茶きな粉の大福。このデザートも毎日少量だけ仕込んでおくのですが、廃棄する率が高くなるとまるまる赤字になることもあるのです。メニューの数を減らして、値上げする率を抑えるという方法もあるけれど、どちらがお客に喜ばれるだろうか。「用意して出ないのも大変ね」と言ってくださるお客もいるから、それなりに理解はしてもらえるのではないかとは思っているのです。そろそろ料理に自信を持ってもいい。 昼はだいぶ暖かくなったから、閉店時間に最後のお客を見送って、スタッフと一緒に気持ち好く家路につくのでした。今日も外構の業者が家の裏の現場を見に来ていた。大雨の後始末の件は頭から離れないけれど、女将は「眠れなくなるから、夜にあまり考えすぎない方が好いわよ」と言ってくれる。出入りの業者が来るのが遅かったこともあって、今日もプールには行けなかった。ブログを書き終えて今夜もまた酒をあおって眠るのだろうか。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 経営, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

霧の朝…

霧の深い朝でした。自然の現象をどう感じるかは、人間の情操のなせる技でしょうが、亭主にとっては自分の置かれた現在の立場を再認識させるには十分なのです。神秘的で美しい風景としてではなく、五里霧中の状態の象徴としてしっかりとしなくてはと思うのでした。pekoを散歩に連れ出して、3ブロックほどを回って家に戻り、ムラ食いと女将に言われて、サイエンスダイエットの餌を食べないからと、違う餌を探しにスーパーに行く。 朝食後に蕎麦屋に出掛けようと支度をしていたら、先日、相談に行った地元の業者から電話が入って、家の様子を今から見に来ると言う。早い対応に感謝しながらも、裏の畑から雨水が流れ込む石垣の状態を見てもらったら、「これは全部作り直さなければ、問題は解決しませんね」と言われた。床下浸水のことはそっちのけで、大谷石の石垣をまた組み直すか、コンクリートブロックで垂直な壁を作らなければいけないと言うが、これが大変。 重機を入れなくてはならないから費用も桁外れだし、雨水の流入を防ぐために自宅の外構を修繕すれば、今度は裏の畑の土地が更に低いお隣の土地に水は流れ込むというのです。「しばらく時間を頂きます」と言う担当者に、「来年の台風の時期までに何とか出来れば好い」と応える亭主。こちらも女将とじっくり相談をする時間が必要なのでした。蕎麦屋に行ってまずは珈琲を一杯入れる。さすがの亭主も抱えた問題の大きさに驚いたのです。 霧が晴れたかと思ったら、気温が上がったからか近隣の畑からは湯気が立ち上っていました。取りあえずは、蕎麦豆腐を仕込んで、天麩羅の具材を切り分けていく。生椎茸もピーマンもナスも南瓜もいんげんも、今週は新鮮で好いものに恵まれたから嬉しかった。厨房の室温は17℃だから、やはり季節は移り変わっているのです。蕎麦粉と米の発注をし終えたら、今度は出入りの業者に海老と山葵を持って来てくれるようにお願いするのでした。 かき揚げの具材や味噌汁に添える三つ葉も、新鮮でないとなかなか日持ちがしないのですが、今週はやはり新鮮なものが手に入ったから嬉しい。昼前に家に戻って、女将がスポーツクラブから帰る前に、昼食の支度をするのは亭主の仕事。今日は冷蔵庫にあったラーメンを使おうと、冷蔵庫に残っている野菜や肉を使ってうま煮ラーメンを作りました。蕎麦屋の亭主だからなのか、食べることになるとなぜか元気か出てくるから不思議なのです。 昼食後に一休みをすれば、いつもならプールに泳ぎに出掛けるのだけれど、今日は心配事が多いからそんな気分ではないのでした。そんな時こそ身体を動かすのが大切だと分かってはいるけれど、夜も5000歩を行軍する防犯パトロールがあるので、蕎麦屋まで歩いて糠漬けを漬けに行く亭主なのでした。茄子と蕪と胡瓜を漬けて、珈琲入れてゆっくりとして、万が一、蕎麦屋に越してくるとなると、またもやいろいろな問題が起こると考える。 夕刻が迫って、pekoを散歩に連れ出したら、空一面に鱗雲が見えていたのでうっとり…。今回の台風や大雨の災害も自然のなせる技だけれど、美しいと思わせるこの空も自然。所詮、人間は自然の一部だと志賀直哉も小説に書いたのではなかったか。晩のおかずはサンマだと聞いていたから、今夜は夕食を我慢して夜のパトロールに出掛ける亭主。先輩の老人達の集まる中を、彼等の話に耳を傾けるのでした。涼しくなって参加者も減ったとか。 とっぷりと日の暮れた7時過ぎに家に戻って、サンマの塩焼きで一献。「油があって美味しかったわ」とは女将の言。「お父さんの本はどうするの?」と、万が一にも今の家を捨てて蕎麦屋に越す話を女将がする。随分前に、涙を流してガレージ一杯の本を捨てたけれど、古今東西の沢山の書物がまだまだ沢山ある。自分の半生をかけて、読み尽くした本の数々だけれど、未練よりも未来。子どもたちに読み継ぐ者がいないのは、幸か不幸か…。

Posted in 仕込み, 季節, 日常 | コメントは受け付けていません。

雨…

pekoと一緒に眠る朝。どうして老犬になっても主人と寝たがるのか、よほど人懐っこい犬種なのだろうか。いつもの時刻には目覚めたけれど、pekoの寝息が聞こえるので静かに起き出す亭主。雨の音が聞こえるから、どうせ散歩には出掛けられないと、朝食を済ませれば、居間に来て外に行くのだと吠えたてる。傘を差して門の外に連れて出たら、家の前の排水溝で用を足すのでした。満足したらしかったけれど、朝飯は食べようとしない。 老犬になると眠っている時間が長くなる、ムラ食いをするようになる、一緒に寝たがるなどと、パグの本には書いてあると女将が言うから、それ以上は詮索しないことにしよう。早めに蕎麦屋へ出掛けて豆を挽いて朝の珈琲を一杯を飲んだら、お袋様に電話をして、雨の中を一緒に仕入れに出掛けるのでした。今日は生椎茸の好いものが入荷していた。それでも、三ツ葉やライムや白玉粉などが品切れのままで、農産物直売所を回って買い足す。 やっと黄色い柚子が出たから買って帰ったけれど、まだ小さいものなので包丁で皮を剥ぐのにひと苦労。千切りにして冷凍しておく。大根も沢山安く仕入れたから、なた漬けにでもしようと甘酒の素を買って来た。午後はケーブルテレビの業者が来る予定なので、出汁を取る準備をして、昼飯の用意をするために、ひとまず昼前に家に戻る。保険会社に電話をして、今回の台風や大雨の被害が、何処まで保証されるかを確認するのは亭主の仕事。 蕎麦屋の出入りの業者にも、食材の補充の電話をして、小豆島の製麺所には手延べうどんの発注をしておく。長かった秋休みの間に、季節も変わっているから、休み明けにはどんなデザートを作ろうかと、頭を働かせ始めたのです。後は、明日のうちに蕎麦粉と米の発注をかければ好い。昼は例によって、残った野菜と肉でカレー炒飯を作る。亭主の頭の回路は、またいつもの日常に戻りつつある。長い秋休みで身体が休まっているのが一番か。 食後の一休みにケーブルテレビの作業員から電話が入る。あと10分ほどで到着すると言うから、「宜しくお願いします」とだけ応えるのでした。居間と食堂の二台のテレビの状態を見て、古いチューナーを取り替えたら居間のテレビは復活。食堂の方はまだ完全に見られないから、やはり、配線を新しくする必要があるのだと言う。その工事の日程を調整して、今日のところはお終い。家に野菜がないと言うので女将と隣町のスーパーに行く。 女将を家まで送ったその足で、亭主は再び蕎麦屋に出掛けて足し取りを開始するのです。出汁を取りながら、今朝ほど塩に漬けておいた大根を、麹と柚子と京唐辛子に漬け込んで砂糖を加える。これで週末までには小鉢が一つ出来上がる。茄子と胡瓜と蕪を仕入れて来たから、明日の夕刻にでも糠味噌に漬ければ、もうひと鉢が仕上がる計算です。明日は蕎麦豆腐とデザートを仕込んで天麩羅の具材を切り分ければ、秋休み明けの営業が出来る。 それにしても終日の雨。大雨で水が流れてきたという、家の裏手の様子は大丈夫そうなのでした。石垣島のダイビングから帰って、大雨の後始末やその後の処理など、いろいろなことがあったので、ゆっくり休む暇はなかったけれど、蕎麦屋の支度がないだけ身体が楽だった。テレビが見られなくなったり、エアコンが壊れたり、ガスレンジのグリルが駄目になったり、今日はパソコンのプリンターまで要修理の表示が出てしまうから問題続出。 一つ一つ解決していかなくてはならないけれど、持久戦は年寄りの得意な分野だから、今を受け入れて気長に対処していくしかないのです。それにしても、崩れそうな裏手の石垣の修復や長年にわたって流れ込んだ土砂の後始末には、保険でカバーできないから、いったいどれだけの費用がかかるものか。今の自宅を売りに出して蕎麦屋に引っ越すという選択肢を、やっと女将も考え始めたようなのです。なるようにしかならないと思う夫婦…。

Posted in 仕込み, 季節, 日常 | コメントは受け付けていません。

久々にゆっくりとした一日でしたが…

蕎麦屋のことを考えないで済む日が続くと、さすがにゆっくりとした気分になれる。今朝もいつもの時間に起き出して、女将と一緒に昨日剪定した裏庭の木々の袋をゴミ集積場に運ぶのでした。それからpekoの散歩に出掛け、家に戻って朝ご飯。一休みする間に、今日の予定を確認して、10時に車の一年点検に出掛ける前に、ケーブルテレビ局に電話をして、定期点検を受ける日にちの調整をする。ついでに現在の不具合を伝えておいた。 隣町にあったディーラーは、今年になって団地の中に社屋を移したので、近くなって便利だった。点検の合間に、向かいにあるショッピングモールに出掛けて、蕎麦屋で使うものの仕入れも出来る。移転して大きくなった社屋には広い整備室や洗車機も備わって、客の待つロビーも広く快適な作りになっている。その分、売れ筋の車種は国外での売れ行きも好いらしいけれど、歳を取った亭主には余りにも大きすぎるものばかり。時代の趨勢か。 帰りがけに「この車は好い車ですね。何年乗っても悪いところがどこもない。」と言うと「私も同じ車でもう十何万㎞も走っています。このクラスは希少価値ですよ。まだまだ、乗ってください」と応えるから驚いた。若い社員は新車を買わせようと、下取り価格の事ばかり言うけれど、メンテナンスさえしっかりしていれば、今はもうあまり距離を走らないのだから、買い換える必要もなさそうです。心配事が一つ減った気がして嬉しかった。 女将がスポーツクラブから帰るのを待って、昼はあんかけの湯麺を亭主が作る。陽は出ていたけれど、じっとしていれば涼しいくらいの陽気だったから、身体が温まってちょうどを好かった。勿論、肉は片栗粉をまぶして炒め、海老やイカを入れて野菜を煮込み、とろみを付けた熱々のスープも美味しい。食後に一休みしたら、今日の予定の二つ目で、大雨で床下に水が入った後始末をどうするか、女将と二人で業者に相談に出掛けるのでした。 ついでに崩れ落ちそうな裏の石垣の処置も尋ねてみると、団地の外れのこの辺りは石垣の上までが我が家の土地になっていると言われてショックを受ける。石垣の修繕も我が家の責任なのでした。取りあえずは保険がどの範囲までカバーしているか、明日にでも調べなくてはならない。その足で西の町のホームセンターに出掛けて買い物を済ませ、女将を家に送ったら、亭主は歯医者の定期検診にまた駅前まで出掛けて行く。悲喜交交の一日…。

Posted in 日常 | コメントは受け付けていません。

大雨の後始末…

石垣島から帰って一夜が明けた。昨日は移動日だから飛行機に3時間、電車に2時間近く乗っていただけだから、あまり身体を動かしていなかった。今日の休みにしなければならない事を数え上げているうちに、なかなか寝付かれなかったのです。それでも、いつもの時間に目覚めてpekoを散歩に連れ出す亭主。さすがに石垣島とは違い、涼しさも桁違いなのでした。秋空に朝日が昇って、今日は終日曇りだと言っていたのに、青空が覗いた。 門の脇の木槿の根本に、今年何回目かの赤いミニバラが咲きました。これは確か亭主が昔バラ園で買い求めたもの。女将の作る簡単な朝食を食べ終えて、一休みしたらまずは居間のエアコンの掃除。「動かなくなった」と言ったきり、そのままにしておく女将に任せてはおけないと、フィルターを外して綺麗に洗う。自動掃除機能は付いているけれど、ゴミは溜まってないから、単にフィルターの目詰まりなのです。ついでにカバーも拭き掃除。 次に床下が浸水して浮き上がったと言う台所の収納ボックスを取り出して、玄関前のテラスに出して洗剤でゴシゴシ洗う。ウッドデッキに干して乾かすのでした。収納ボックスは蓋を外したままだから、また peko が落ちてもいけないと女将が言うから、食堂に通じる扉をゲージで塞いで、居間の部屋に閉じ込める。心なしか元気に動き回れないので手持ちぶさたな様子でしたが、背に腹は替えられません。そのまま家の裏手の様子を見に行く。 無花果やタラの木や紫陽花が倒れそうになって道を塞いでいたから、亭主はノコギリと剪定ばさみを持って、次々と枝を切っていく。女将が後からゴミ袋を持ってやって来て、袋詰めの作業をしてくれた。「お父さんはいつも蕎麦屋にかかり切りだから、なかなか裏の手入れが出来ないのよ」と愚痴をこぼしながら、ゴミ袋に何杯もの量の枝を整理したのです。次に家の裏手に長い間に溜めた使わなくなったポットや植木鉢を廃棄する準備です。 家は団地でも一番高い場所の高台にあるから、大雨があっても水害が起きるはずはないのです。しかし、以前にも一度、裏の畑から水が流れてきて、庭や玄関にまで押し寄せたことがあったから、裏の石垣の様子を調べると、やはり今回も裏の石垣の辺りから水が流れてきたらしい。石垣の幾つかが押されて今にも崩れ落ちそうな様子が怖いのです。この状態で、長い間に畑から土が流れ落ちて、我が家を縁の下の通気口の高さまで埋めていた。 水がそこから台所の下に入り込んだのは疑うべくもないのでした。通気口の入口の回りに盛り土をして、水が他に流れるように裏手の通り道をシャベルで掘って、取りあえずの作業は終わり。ひと休みして午前中の目標は床屋に行くことだったけれど、日曜だったから混んでいたので「後でまた来ます」と親父様に言ってそのまま蕎麦屋の様子を見に出掛ける。蕎麦屋も一番高台にあるから被害はなし。お袋様の所に石垣島の土産を持って行く。 マンションの前にある調整池には、普段は水がないのに、やはりこの大雨でまだ水が溜まっていました。「~丘」とか「~台」と名の付く土地は、確かに高台があって好いのだけれど、起伏があるから低いところは当然のことで水が溢れる。市内のハザードマップでも、我が家のある団地の辺りは近くに川もないし海抜も高い。地震についても安全圏なのですが、高い分だけ我が家なども強風には要注意です。応急手当の瓦はまだ治ってない。 朝からいろいろ大雨の後の片付け仕事をしたけれど、ダイビング帰りの翌日から蕎麦屋を営業していた今までに比べれば、随分と身体は楽なのです。久々の日曜日がお休みの日で寝不足なのに昼寝をしている時間が勿体なかった。昼食は例によって、残飯整理のカレーチャハンを作って二人で食べたら、午後一番で床屋に出掛ける亭主です。ハロウィンで歩行者天国になっていた駅前を避けて床屋に着けば、親父様はテレビでゴルフを観ていた。

Posted in 季節, 日常 | コメントは受け付けていません。

再び2000kmを飛んで…

夕べは泊まり客が亭主一人だけだったから、宿のご夫婦に誘われて、市内の焼き肉屋に夕食を食べに出掛けたのです。奥様が厨房で調理をしなくても済む日を作ってやろうとするのは、船長の人知れぬ労りでもあるのでしょう。辺りには新しいカフェテラス形式の居酒屋もオープンしていました。「昭和の雰囲気が残る店」と聞いてはいたけれど「東京亭」と書かれた看板の下の狭い階段を登ると、20席ほどの落ち着いた店に到着しました。 好物の日本酒があったので、珍しく焼き肉を沢山食べた亭主。テーブルには灰皿まで置いてあるから、全席喫煙可のところが、やはり昭和風なのか。宿に帰った頃にはもう8時をとうに過ぎていたから、そのまま部屋に戻ってバタンギューなのでした。夜中に起き出して帰る荷物のパッキングを済ませ、ブログを書き終えたのです。朝までウトウトしながら朝日の昇った頃にやっと起き出す。石垣島も朝はかなり冷えて、長袖長ズボンで階下へ。 4泊5日でも長いようであっという間。お客が少なかったから、一回り以上若いご夫婦といろいろな話が出来ました。時代遅れのままでもいいと老いを受け入れる亭主と、まだまだ人生の真っ盛りのお二人と、通じ合うところもあるのが面白い。宿で出す食事の料金が安すぎると船長が言うから、奥様に原価率を尋ねれば、6割を優に超えているのだとか。それでは亭主の蕎麦屋と同じだと、お互いに少し値上げを検討することになるのでした。 今朝はもう新しいダイビングの客が到着して、船長は客を乗せて港に出発する。一仕事終えた奥様が、空港まで車で送ってくれました。蒼いサンゴ礁の島を後にして2000kmを、3時間かけて羽田に戻る。館山湾にさしかかる頃、遠くに半分だけ雪化粧をした富士が見えた。昨日の大雨で川の氾濫した様子が上空からもよく判る。遅い昼食には、例によって空港の立ち食いの寿司屋と石臼挽きの蕎麦屋を梯子する。帰りの電車でひと眠りの亭主。 団地の駅に着いて、2kmの道程を歩く気力はなかったけれど、いくら待ってもタクシーが来る気配がない。仕方がないからとぼとぼと国道沿いを歩いて近道を行くのでしたが、背負った荷物がやけに重く感じる。石垣島も佐倉も気温があまり変わらないのは、やはり季節が移り変わったからなのか。やっと家にたどり着けば、台所には昨日の奮闘の跡が残っていた。peko が水を掻き出した床下収納庫の中に落ちたとか、いろいろ報告を受ける。

Posted in ダイビング | コメントは受け付けていません。

ダイビング最終日…

午前6時前の東の朝焼け空には、細い月が昇っていました。いつもの習慣から早くに目が覚めて、満天の星を眺めている亭主。北に面する伊原間湾の真上には、北斗七星がひしゃくを縦にした形でくっきりと見える。御者座の隣には牡牛座の顔の部分のV字が見え、視力の悪い亭主にもかすかにスバル座の連星が発見できるのです。昨夜も船長と奥様はこの星空の撮影に夢中だった。春に再訪するという北欧でのオーロラを撮る練習なのだとか。 コンパクトに皿に並べられた朝食は、彩りも綺麗で亭主のお気に入りです。焼きたてのパンの分量もちょうど好い。スープとマンゴージュースがついて、さらに食べ終えるとコーヒーが出てくるから嬉しいのです。目で見て楽しんで、食べて美味しければ、料理はもう言うことがない。家庭でもこのくらいの手間をかけても好いのかもしれない。白地の大皿があれば好いと思うことが多々あるけれど、どうしても色や模様入りの皿が多いのです。 今朝も早めに宿を出て、船長と港に向かいました。今日も亭主一人が客で、ボートを貸し切っての豪華なダイビングなのです。三日目連続のダイビングとあって、身体の方も疲労が蓄積してくるから、楽な場所がいいと思っていたら、船長も察してくれたらしく、近場のサンゴ礁を潜る。天候がずっと好かったのは珍しいから、陽の光を浴びた浅瀬を潜るのが楽しみでした。何度も来ているポイントのはずなのに、陽があるだけで違うのです。 あまり動き回らずに、じっくりと写真が撮れるのは有り難い。水没したEM-5 を持っていないから、両腕のストレスがない。あとはいつも水中では撮り慣れていないTG-3 の操作の問題なのです。フラッシュがレンズの傍に着いているから、どうしても画角の中に塵や埃を写してしまって、せっかくの写真が台無しになることが多い。船長がアンカーを見に行っている間、船の下で体勢を整える亭主。水は綺麗に澄んで絶好のコンディション。 途中の岩場のイソギンチャクでは、ニモでお馴染みのカクレクマノミが元気に動き回っていました。潮の動きがあるからイソギンチャクの触手がたなびいて、そのたびにちょこまかと動き回るから、二匹が揃うのを撮るのはとても難しいのです。今日のような浅場で時間をかけてじっくりと狙うのが一番好い。他に一緒に潜るお客がいるとどうしても移動するタイミングが迫ってくるから、短い時間でシャッターチャンスを捕えられないのです。 このポイントはキンメモドキの大群が大きな岩場に着いているので、ここでもじっくりと時間をかけて写真を撮る事が出来ました。小さなコンパクトカメラでも、陸上では毎日写真を撮っているから、海の中でも使い慣れてくればこのぐらいの写真は撮れる。群れは先頭を入れて撮るのがポイントと、亡くなったダイビングの師匠がよく言っていた。岩場から離れることのない大群は常に動き回っているから、時間をかければチャンスは来る。 1本目のダイビングから戻って、船の上で休息をとったら、場所を移動していよいよ最後のダイビングのポイント。ここでもじっくりと一人で写真を撮る事が出来ました。大きなハマサンゴの根にびっしりと小魚が着いているので、動き回らずにシャッターチャンスを待つことが出来るのでした。深さも三日間で一番浅く、船のほとんど真下でクールダウンという感覚なのです。港まで5分ほどだから、静かな海の上でお弁当をいただきました。 昼過ぎには宿に帰って、シャワーを浴びたら生ビールを飲みながら、パソコンに向かって今日撮った写真の整理をするのです。家の女将に電話をかけたら、千葉は大雨らしく、高台にある自宅の台所の床下に水が溜まって大変だと言う。床下収納のケースが水で持ち上がったとかで、バケツで水を掻き出しているのだとか。業者が来て見てくれたらしいけれど、他に打つ手はない様子なのでした。明日の帰宅後の段取りが心配になる亭主でした。

Posted in ダイビング | コメントは受け付けていません。

陽の光に照らされて…

午前7時、東の水平線から朝日が昇る。今日も快晴の一日らしく、この時期の石垣島は朝方は半袖・短パンでは涼しく感じるのです。それでも陽が昇るにつれて、暖かくなっていく。真夏のようにジリジリと照りつける暑さではないから、とても心地よいのです。風は北風で涼しいから、とても過ごしやすい気候なのです。今日の朝食は和食の定番、古代米の入ったご飯がなぜか美味しかった。食後1時間で出発だから、朝は結構忙しいのです。 いつも蕎麦屋に出掛ける時間には、港に向かって出発する。船に乗ったらすぐに器材をセッティングしてポイントに向かうのです。蕎麦屋について朝の仕事を終えたら、コーヒーを一杯飲んで今朝の段取りを考えるというのとは、かなりペースが違います。隠居仕事の蕎麦屋はかなりマイペースで動けるのが楽なのでしょう。今日のポイントまでは、約25分。昨日の場所に近いけれど、今朝は少し波があったから、余分に時間がかかった。 晴れた日にはサンゴ礁の浅場にも太陽の光が届くので、最近若いサンゴが復活してきたというポイントに案内してくれたらしい。昨日水没してしまったEM-5 の大きなハウジングを持たずに水に入ると、器材のない分だけ軽くなるのを忘れていたから大変。なかなか潜行出来ないでいると、それを見ていた船長が予備に持っていた重りを手渡してくれた。無事に着底すると、確かに辺りは沢山の種類の若いサンゴがびっしりと育っているのです。 水深は6mほどだから、海面の波が打ち寄せるのもよく見える。キンギョハナダイの赤が陽の光に鮮やかに映える。紫色のハナゴイが実に美しく見える。陽を浴びるというのは、まさにそれぞれの持つ個性をはっきりと際立たせるものなのでしょう。小魚たちは沢山群れを作って、潮の流れに向きをそろえ、いっ時としてとどまることがない。そっと近づいてみれば、その一匹一匹の魚たちの目が、しっかりとこちらを見ているのが判るのです。 少し深場に行けば、今度は若いウメイロモドキの大群が自由自在に泳ぎ回っている。薄いブルーの体表に背中から尾びれにかけてのラインが黄色いから、とても優美で好きな魚の一つ。もっと近くまで寄りたいけれど、近づけば群れが拡散して逃げてしまうのが常。こんな時、EM-5 ならもう少し望遠を効かせられるのだけれどと、あまり慣れていない予備のコンパクトカメラで狙うのでした。慣れた船長はいつも素晴らしい写真を撮っている。 この辺りの海を熟知しているから、魚の群れの先の動きが読めるのだという。もう、足かけ30年も潜っている亭主にも、魚の群れを追わずに待って写真を撮るというのは、十分に分かっていることなのだけれど、そのポイントの地形や潮の流れが頭に入っていないのです。遠くから船長が追って、亭主のいるこちらに向かわせてくれたウメイロモドキの群れを撮る。その場では確認しないから、好い写真が撮れているかと思いながら船に戻る。 今日も同じ場所に船を泊めて、2本潜った。少し離れた浅場では他のショップの客たちがシュノーケリングを楽しんでいた。この辺りは島のサンゴ礁が外洋と接する場所なので、魚も多いのでしょう。少し波が出てきたので、帰りは大きなボートが波を乗り越える度にぴょんぴょん跳ねる。デッキの床にしっかり捕まって座っていないと腰を打つ。今日の昼のお弁当は、船酔い気味の亭主を気遣ってくれて、宿に戻ってから、ゆっくりと食べる。 潮の満ち引きの加減か、伊原間湾の色は一日に何度も様相を変える。午後はゆっくりと生ビールを飲みながら、パソコンにデータを取り込んで、今日撮った写真の整理なのですが、なかなかいいものはない。そして、しばしの昼寝。夕刻になって近くの村の食堂に連れて行ってもらった。いつも混んでいるので行列が出来る店で、お客が多すぎるからと、営業を夕刻から始めるようになったのだとか。なにか、身にしみて店主の苦労が分かる。

Posted in ダイビング | コメントは受け付けていません。

アクシデントにもめげず、カメ三昧の一日…

朝の6時過ぎのこと、綺麗な朝焼けでした。昨夜は9時には休んだので、今朝は4時過ぎからもう目が覚めていたけれど、昨日のブログを書き終えて、宿の外の喫煙所で一服したら、もう一眠りするのです。こちらは、関東よりも1時間ほど夜明けが遅いから、朝の6時でこのくらいの明るさなのです。天候に恵まれて、今日も一日快晴の予報です。宿泊客は他にもいたのですが、ダイビングは亭主一人のようで、嬉しいような寂しいような…。 宿の奥様の手料理は、毎朝、一日おきに和食と洋食。今朝は洋食の番らしく、トーストとスープとワンプレートのお総菜。これにマンゴージューと仕上げにコーヒーが出る。白の皿が朝日に映えて、食材が綺麗で美味しく見えるのです。いつもなら7時半の朝食なのだけれど、ダイビングの客は亭主一人だからと早めに食べさせてくれたので助かった。洗面やトイレを済ませる時間に余裕があるのは、何にでも時間のかかる年齢になると嬉しい。 宿から港までは、車でものの5分ほどだけれど、他にお客もいないので、荷物を積んだ軽トラで船長と向かうのでした。大きなボートを一人で占領するのは気が引けるけれど、船長の指示に従って、器材のセッティングを済ませ、ウエットスーツを着るのです。天気も好くて海は穏やか、船の向かう方向から考えて、今朝のダイビングポイントはどこだろうかと想像をするのも楽しい。10年以上も通っていれば、大体は潜ったことのある場所。 ただ、何度も同じ場所に潜っているのに、それぞれに新しい発見があるのが海の中で、今日はやたらとカメが多かったのです。中型のアオウミガメや小型のものなど何匹も遭遇したので、後で船長に言ったら「昔からカメが多いポイントなのです」と言う。それにしては、これまで何度も同じポイントに潜っていて出会ったことがないのは不思議なのです。1mほどに近づいても逃げないカメもいるから、年齢なのでしょうかと船長に尋ねる。 意外にも答えはNOで、ここのカメは人に慣れていないのに、海面まで行って息を継ぐ動作をしたくないから、岩陰でじっとしているのだとか。亭主などは他の動物をみると、どうしても人間と同じではないかと、自分と引き比べて考えてしまうきらいがあるのです。次の動作までの時間が長くなるのは、年齢のせいだと自分でも感じることが多いから、何十年も生きると言われるカメも、年を取ると動くのが億劫になるのではと見えてしまう。 その証拠に、身体の小さな若いカメは、人が近づくとじっとしていないですぐに泳ぎ出すのです。同じポイントにボートを泊めたまま、休憩をしたら2本目のダイビング、天気も好いし、何ヶ月かぶりの1本目で慣れたからと思って、カメラを受け取って船の下に潜ったら、カメラのハウジングの蓋が開いているのに気づく。ロックされているはずの蓋が開くことは普通考えられないけれど、急いで浮上してカメラを出すけれどもう遅いのです。 フィルムカメラのニコノスでは何度も水没の経験があるけれど、ハウジングに入れたカメラでは初めての経験。今までで一番気に入っていたEM-5もこれで終わりか。レンズを合わせてどれだけの損害なのか、その金額をとっさには思い出せなかった。1本目のダイビングで撮った写真のデータは使えるのだろうかと、心配しながら水の中で待っている船長と共に2本目を潜る。先ほどの反対側に向かって進めば、また何匹もカメと遭遇する。 今日のダイビングはカメ三昧。奥様の作ってくれたお弁当を食べたら、ボートを反転させて一路港へ戻るのでした。他の客がいないときは、2本だけのダイビングと決めているから、宿に帰ってゆっくりと午後を楽しむ。水没したカメラのデータカードが無事だったのは不幸中の幸い。写真をパソコンに取り込んだら、昼寝をしても3時過ぎ。何か蕎麦屋での生活とパターンが似ているから可笑しい。テラスから見る伊原間湾は素敵な色でした。

Posted in ダイビング | コメントは受け付けていません。

夕陽に向かって2000km…

即位の儀式のテレビ中継を途中まで見て、団地の駅に向かった亭主。調べておいた電車の時刻も、休日であるのを忘れていたお蔭で、少し早めの電車に乗れた。1時間半で着いた空港もチェックインカウンターが特別警戒とかで、長蛇の列なのでした。昼を過ぎていたので、いつもの立ち食い寿司屋で鮪三昧と日本酒を一杯。それから、隣の石臼挽きという蕎麦屋によって、今度は天せいろと日本酒を一杯。これが長旅での楽しみの始まりです。 極限まで計算されたような狭いスペースで、寿司屋は男性のスタッフばかりだし、蕎麦屋は若い女性のスタッフばかり。蕎麦を茹でる担当と天麩羅を揚げる担当、そしてそれをまとめて客に提供する担当と、とても合理的に出来ているのが面白いのでした。その昔、蕎麦も寿司も往来で立ち食いをしたと言うから、古くて新しいスタイルなのかも知れません。石臼挽きと看板にあるけれど、つなぎはどうも強力粉だけらしく固い蕎麦なのです。 「最近はつなぎに中力粉ではなくて、強力粉で打つのがはやりなんですよ」と、霊犀亭にも蕎麦粉の営業に長野から業者が何回かやって来たことがある。試供品に送ってくれた北海道産の蕎麦粉と強力粉で試し打ちをしてみたけれど、加水率は確か40%をかなり越えていたのを覚えている。いつも使う粉と比べると、ぱさぱさの粉の感じがしたのです。値段は三分の二ほどだから、安いことは安い。その時の蕎麦がまさにこの食感なのでした。 普通の立ち食い蕎麦屋の蕎麦と比べれば、多少は味が違うかも知れないけれど、空港のロビーでこれだけのものが食べられれば文句は言えない。大葉と海老とマイタケの天麩羅を載せた皿の隅には、ちゃあんと塩が盛ってあるから気が利いているのです。天せいろと同じくらいの値段の日本酒はなかなかの味だった。これで客単価2千円を越える程度だから、お客も納得する。さすがは国際空港なのか。寿司屋と合わせて四千円の昼食でした。 後は、飛行機に乗り込んでぐっすりと食後の昼寝をすれば、3時間のフライトの半分は終わるのです。陽が傾くのが早いせいか、夕陽を受けた雲の影から、飛行機が西に向かって飛んでいるのがよくわかる。熱帯低気圧に変わった台風の連れた雲が残っていたのか、海は沖縄本島の先まで雲に覆われていました。宮古島あたりから眼下の雲が晴れて、飛行機は着陸の態勢に入る。少し遅れて到着した空港には、もう船長が迎えに来てくれていた。 「暑さもピークが過ぎて、石垣島はちょうど過ごしやすい季節です」とは、機内での最後のアナウンス。例によって宿の奥様の作る豪華な夕食は、亭主には少し種類も量も多かったけれど、前菜の海鮮ソースで食べる生野菜、船長が獲ってきたという高級魚ハタの煮物ともずくのしゃぶしゃぶ、そしてチーズの入ったとても柔らかいジューシーハンバーグ、最後にもずくと卵の雑炊まで、ゆっくりと時間をかけて満喫したのです。9時には就寝。

Posted in ダイビング, 料理 | コメントは受け付けていません。