Monthly Archives: 8月 2019

涼しい朝と蒸した午後と…

夕べはかなり涼しかったからか、どうしても亭主と一緒に寝ると言って聞かなかったpekoに起こされて、今朝も4時には目を覚ます。まだ明るくならないからと、放っておいたら、今度は枕元で鼻を鳴らすから、「散歩に行くか?」と言えば、気持ちよさそうに全身で伸びをして準備万端の様子。公園に向かってすたすたと歩き出すから、やはり涼しいのが判るのでしょう。朝顔の綺麗なお宅を巡って、以前の3ブロック制覇の散歩道を無事に歩き続けたから一安心でした。 加齢で歩けなくなったのかと心配していたから、まずは好かった。女将の起き出す前に、蕎麦屋で残った最後の二食分の蕎麦を茹でて朝食を済ます亭主。大きな鍋できちんと茹でて、冷水でもみ洗いをしたら、薬味の葱と山葵だけで十分に美味しい。腹一杯になって満足したら、居間の亭主の椅子の下で寝息を立てているpekoと同じで、ごろりと横になってそのまま寝に入るのでした。目覚めたらもう女将はスポーツクラブに出掛けた後。定休日だから好かった。 昼に女将が帰るのを待ちかねて、冷蔵庫の中の野菜類を使って、カレー炒飯とスープを作る。二人で昼食を食べたら、さすがに午後は眠くないから、1時過ぎにはプールの支度をして蕎麦屋へ仕込みに出掛ける。まずは、昨日のうちに肥料を遣ったミニ菜園の野菜の様子を見て回り、収穫できるものは鋏で切って、如雨露で何回も水遣りをするのです。枝を切り詰めた茄子はもう秋茄子。オクラは今日も採っておく。胡瓜やピーマンがまだ採れそうなので楽しみです。 愛着が湧くというのか、丁寧に水遣りや肥料を施して、それなりに収穫が続いているから、目を離せない。最近は気候のせいか、農産物直売所やスーパーで出ている胡瓜も貧相なものばかりで、ミニ菜園の胡瓜で採れる方がずっと立派なのも嬉しい。あまり痩せた胡瓜では糠漬けにするのには使えないのです。厨房に入って最初にやる仕込みは、蕎麦豆腐とフルーツの寒天寄せ。昨日の晩から、何度もシュミレーションしている。隣の火口で蕎麦茶を沸かしておく。 次は天麩羅の具材を切り分けて容器に入れてラップを掛ける。今週のピーマンも随分と好いものが手に入った。茄子は酸化して色が変わるのが早いから、一番最後に切って直ぐに密封するのです。フルーツの寒天寄せは、室温で少し緩く固まるまで待って、箸を使って彩りの調整をする。蜜柑とチェリーとグリーンキウイの位置を、切り分けたときに出来るだけ均等に入っているようにという配慮なのです。その方が見た目も綺麗で、美味しそうに見えると言うもの。 かき揚げの玉葱と人参を刻んだら、三ツ葉を別の容器に切り分けて、それぞれ冷蔵庫に保存する。最後に糠床を取り出して、ミニ菜園で採れた大きな胡瓜と、昨日仕入れたばかりの茄子を漬けておく。明日の小鉢はこれだけでも足りるはず。足らなければトマトとオクラの生ボンズ和えを作っても好いかと考えている。もずくもあるけれどこちらは準備に時間がかかるのです。他の食材を仕込む必要がなかったから、二時間余りで今日の仕込みは終わり。後はプール。 4時を回っていたから、今日も子どもたちのスイミング教室があったけれど、文句は言えない。更衣室で夜の防犯パトロールで一緒の老人に、「これからですか?」と、今日もまた声を掛けられた。「お帰りですか」と挨拶をして、2コースだけの泳ぐコースでひと泳ぎ。一コースに3,4人ほどだから、全く問題がないのです。1コースに10~15人というのが、かつての水泳部の練習だった。能力別には分けていたけれど、それでもぶつからずに好く泳いでいたから偉かった。 家に戻って、夜のパトロールの前に夕食を食べなければならないけれど、夕刻に美容院から戻った女将はマイペースだから、亭主は先に一人で、冷蔵庫のに残った蕎麦屋の最後の野菜で中華丼を作って食べた。残り物の処理には中華料理は抜群の威力を発揮するのです。豆板醤とオイスターソースで味つけをして、四川風の辣油を掛け、汗を垂らしながら美味しく頂く。早めに集会所に出掛け、定刻にパトロールを始めたけれど、途中から雨に降られて帰る。

Posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, 日常, , 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

蒸し蒸しと曇り空で…

昨夜は10時に眠ったから、今朝は4時前にはもう目が覚めていました。昨日の午後に、干し椎茸と昆布とを鍋に浸けておいたから、出汁を取らなくてはと気になっていたのです。未明のうちから出掛けるのもどうかと、少し明るくなるまで待って、まずはpekoの散歩に出たのです。珍しく涼しかったからか今朝は優秀で、3ブロックほどを歩いて家に戻るのでした。霧のような雨が降り出してきたので、ちょうど好い時間に帰ることが出ました。本降りになって車で蕎麦屋へ。 返しは先週のうちに大甕に一杯仕込んでおいたけれと゛、減塩の本醤油や追い仕込み醤油がもうストックが僅か。鰹節は最後の一袋なのでした。日々の仕込みの作業をしながら、次は何を仕入れておかなければいけないのかを、入念にチェックしておくのが肝要です。少なくても週に二回は出汁取りの作業をしなくてはならないから、鰹節はどうしても今日の仕入れで買ってこなくてはいけない。今週に残った二番出汁では、定休日明けの天つゆを作っておくのです。 一番出汁の残り800ccほどは、返しを加えて火を入れておく。これで約8人分の蕎麦汁が作れるから、新たに今朝作る2㍑の一番出汁は、700ccほどの返しを加えてこちらも火にかける。どれも、一日で出来る仕事ではないので、綿密に計画を立てて材料を用意しておかなくてはならないのです。やはり、出汁取りには1時間は必要で、使った鍋釜を洗って家に帰ればもう6時過ぎなのでした。女将の食事タイムまでひと眠りをして、蕎麦を茹でてとろろ蕎麦を食べる亭主。 お袋様を迎えに行けば、珍しく足を引きずって車に乗るから、どうしたのかと尋ねると、座骨神経痛で二晩痛くて眠れなかったと言うではありませんか。やっとかかりつけの整形外科に行って、まずは注射を打ってもらったそうだけれど、この判断は正しかった。すぐ近くに息子たちはいても、直ぐに自分で行動できるところが、老いたとはいえども、まだまだ元気な証拠と一安心する亭主なのでした。農産物直売所と隣町のスーパーを回って、今週の食材を仕入れてくる。 それでも、今朝はパプリカ、生椎茸、三ツ葉などまだ入荷していない物が多かったので、昼に女将をお稽古に送った帰り道、西の町のスーパーに寄って仕入れてくる。ついでに家の果物や食材を買って、ホームセンターで割り箸やその他の小物、ミニ菜園の肥料まで仕入れたから、今日は随分と出費が嵩んだのです。客の少ない週は売り上げの現金収入も少ないから、半分はカード決済。毎日パソコンに向かって、データ入力をする苦労はこんなところにもある。 それでも蕎麦屋に戻って、ミニ菜園の野菜たちに日久しぶりに肥料を遣ったから、育ての親としてはホッとするのです。次々と実のなるオクラは、大きくなりすぎないうちに取っておく。秋茄子も順調に育って、もう終わりかと思っていた胡瓜も、今日仕入れた物よりずっと立派な物が収穫できたから、ちょっと明るい兆しが見えた。安く手に入った良質の生椎茸を選り分けて、今日の仕事はお終いにする。定休日明けの小鉢を何にするか、まだ決めていなかったのです。 ピーマンだけは、例年と違って大型の実がなるという苗を植えたのだけれど、長梅雨で日照不足だったせいか、実が太って大きくなりきらないうちに駄目になってしまう。やはり、半分は地植えにすべきだったのかも知れない。野菜用の大型ポットだと、どうしても水遣りなどで、ハンディがあるような気がするのです。家に戻ってpekoと女将の迎えの時間を待つ。今日は曇り空が続いて、時折、思い出したようにザーッと雨が降るのでしたが、夕刻は特に激しかった。 国道を走っていたら、自動点灯の車のライトが点いてしまうぐらい、空が暗くなったかと思えば大粒の雨が降り注ぐ。これで夏も一段落なのか。体調が悪かったお師匠さんの具合も好くなったらしく、女将のお稽古も無事に終わって、女将も一安心らしい。夜は亭主が午後にネタの新鮮な鮨を買っておいたから、蕎麦屋の残り物の野菜サラダ類を蒸し野菜にして、みつせ鶏の旨搾り団子を焼いて、生ぽん酢に付けておかずにするのでした。さて、明日はどんな具合か。

Posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 日常, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

久々の曇り空だったけれど…

朝方の雨。久々の曇り空で気温は高くなかったけれど、今朝は湿度が高かったのです。蕎麦屋までの緩やかな坂道を登りながら、ご近所のアオイや百日紅の花を眺めてホット一息つく亭主。二軒隣の若い奥さんが、三人の子供を連れて出掛ける様子で、「お早うございます」「行ってらっしゃい」と挨拶を交わす。下の子供よりもまだ若いお母さんだから、歩いて出掛けるのも苦ではなさそうで、いつも感心して見ている。子供を保育園や学童に連れて行くのかしらん。 蕎麦屋に着いて郵便受けから新聞を取ったら、まずはミニ菜園の様子を見るのが最近の習慣。パセリの畑は、キアゲハの幼虫が8匹も育っていた。年に何回かは発生するというから、命の営みは延々と続く。元気にパセリの葉をむさぼり食っている姿に、羨ましささえ感じる。今年はアブラゼミの声しか聞かないと思っていたら、今朝はツクツクボウシの鳴き声を聞いた。短い命の蝉の死骸を道路のあちこちで見かける。人間は長く生きながらえるから大したもの。 その分、いろいろな喜怒哀楽に巡り会うのかも知れない。厨房に入れば今朝は曇っているせいか、少しだけ気温が低かった。エアコンを入れて扇風機を回せば、28℃までは下がるのです。ゆっくりと朝の段取りを考えようとコーヒーを入れて飲む亭主。定休日前だから、蕎麦は出来るだけ少なく打とうと考えて、蕎麦打ち室に入って、蕎麦粉を計量していたら、いつもの習慣で、750g を計ってしまう。昨日の残りと合わせたら15食になるから、ちょっと多すぎたのです。 長い梅雨時も暑い真夏の時期も、定休日前の月曜日に10人以上のお客が来た日はなかったから、高い蕎麦粉をまた無駄にしてしまったと自責の念に駆られるのです。せめて今日いらっしたお客には、打ち立ての蕎麦を提供しようと、生舟の一番上に並べて冷蔵庫に入れるのでした。丁寧に茹でて、優しく水洗いをすれば、昨日の蕎麦もそれほど味が変わるわけではないけれど、敢えて違いを捜せば、茹でて時間が経つと少し切れ易いというデメリットがあるかも。 茹でたてをスルスルスルッと食べる分には、亭主にもほとんど見分けは付かない。むしろ、冷蔵庫で保存する間に蕎麦が締まるから、一日おいた蕎麦の方がコシがあるという捉え方もあるのです。それでも、気持ちとしては、いつも打ち立て、茹でたてを、お客には食べてもらいたいのです。だから、翌日まで残さないように、必要最低限の蕎麦を打つことが大切だと思っている。現実はなかなか理想通りには行かないけれど、その気持ちが大切だと思っています。 昼を過ぎていらっしたお客は、皆さんリピーターさんばかりで、いつも、鴨せいろの奥様と天せいろのご主人。隣町に住んでいるドイツ人の老人は、今日はスクーターに乗ってご来店で、カウンターの前と同じ席に座って、天せいろのご注文。ドイツにいた時よりも、日本で暮らす年月が長いと言うだけあって、流暢な日本語を話すのだけれど、天つゆの皿は何に使うのかとか、おろしと生姜は何処に入れるのかと、亭主が食べ方を説明しなくてはならなかったのでした。 BGMに流していたシャンソンを聴いて、「フランスが好きなんですね」と話しかけてくるから、料理やワインの話になるのでした。ブルターニュのガレットやシードルの話にまでなって、ドイツにもガレットに似た食べ物があると言っていた。パンやソーセージは今でも食べるけれど、日本食は美味しいと言うところで話が落ち着いたのです。閉店間際にもリピーターさんたちがいらっして、今日は店を閉めるのが少し遅くなった。曇ってはいたけれど、蒸し暑い午後でした。 蕎麦屋の残り物を持ち帰った女将が、たまには変わった料理をと、台所でカラフルな夏野菜の揚げ浸しを作っているところで、亭主はプールに出掛けてひと泳ぎです。更衣室で夜の防犯パトロールで一緒の老人に、「これからですか」と声を掛けられて、「夕飯前のひと泳ぎですよ」と挨拶をする。今日はやけにプールも空いていて、一人ひとコースの贅沢なコース状況。唯一残念なのは、速く泳ぐコースに初心者らしき小母さんが…。それでもめげずに泳ぎ始める亭主。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

残暑厳しき折から…

見渡す限り雲などないのが今朝の空。予報では昼は曇ると言うけれど、これもあまり当てにならないのです。pekoの散歩の早朝だけでも涼しく感じるのが好かった。日中は35℃という暑さが、夜も27℃という熱帯夜が続いているから、26℃くらいの早朝はかなり涼しいのです。そのせいか、いつもなら蕎麦屋に出掛ける頃には萎れている朝顔も、ぴんと立って凛々しい姿を見せてくれていました。朝日を浴びても枯れない朝顔は、季節が秋になる前兆かも知れません。 蕎麦屋に着いてミニ菜園の様子を見ながら、入口付近のパセリの畑に目を留めると、キアゲハの幼虫がまた大きくなっている。年に何度も産卵と孵化を繰り返すのだったろうか。お客に出さない分、全部綺麗にパセリの葉を食べてくれるから、お蔭でまた新しい芽が伸びてくるのです。畑の主が駆除に来ない好い場所を見つけた、というのが彼等の親の知恵なのだろうか。こちらは自然界の命の不思議さに元気を貰っているから、お互い様なのかも知れない。 幟を立てに駐車場に出れば、隣の畑のひまわりが、また大きくなっているように感じる。とうに還暦を過ぎた息子さんも手伝っているようだから、もしかすると来年あたりは一面のひまわり畑になって、地域の観光の名所になるかも知れない。蕎麦屋の中は、いくぶん涼しい朝だったせいか、28℃と最近になく気温が低い。それでも蕎麦打ち室は31℃で、店のエアコンを入れないと、蕎麦は打ち始められないのです。今朝は仕込みが少ないから、蕎麦打ちに集中できた。 地伸しは30cmほどの円形に生地を広げて、ここからは伸し棒で滑らかに丸出しをしていくのですが、昔、地方の蕎麦打ち教室で、先生にもっと大きく丸く広げなさいと言われたのを思い出す。恐らく、素人の丸出し技術が未熟だから、最初から形を調えておいた方が好いと言うことだったのでしょうが、伸し棒を自在に操れるようになると、逆らわなくても生地が丸く広がるから素晴らしい。この段階で厚味が均等になるようにするのが、後の作業でどれだけ助かるか。 蕎麦打ちの歴史は、そのまま現代にも通用する技術なのかも知れない。湿度は48%、室温は30℃だったから、今日も39%の加水で生地を捏ねたのですが、無理のない柔らかさであまり力も要らない。ごりごりと伸し棒を押しつけてしまうと、どんどん広がってしまうから、そこは力加減がものを言う。均等な厚味を心がけて四つ出しをしたら本伸しにかかる。生地を広げて綺麗に畳んだら包丁切り。時間に追われないとかなり余裕があるので、綺麗な仕上がりでした。 切りべらは27本で、130g オーバー。包丁の刃の先に付いた蕎麦粉の滓は、途中で鋏の刃でそぎ落としておくと、最後まで同じペースで切る事が出来る。これが最近の新しい発見なのです。10時前だったから、エアコンの効いた奥の座敷で一休み。休みながらも、次は何をするとひたすら段取りを考えている亭主。早お昼を食べに帰った女将のいない間に、野菜サラダの具材を刻み始め、アスパラとブロッコリーを茹でて、最後に盛り付ければ今日の四皿が完成。 開店の時間に電話が入って、「今日は営業していますか」「はい、やっていますよ。宜しくお願いします」最近は亭主もだいぶ丸くなったから、つまらない電話の受け答えにも、角が立たないようにするのです。隠居仕事の我が儘な蕎麦屋の主は、お客が多すぎても面白くないし、四人で来て全員が別々の面倒な品を注文するような、我が儘な注文にも内心いちいち腹を立てているのです。黙って調理はこなすけれど、作るのは一人とカウンター越しに見えるのに…。 外は暑いからか、天せいろが随分と沢山出た日なのでした。常連さんが大半でしたが、四人連れのリピーターさんも、勝手を知ってか、天せいろ二つにおろし蕎麦ととろろ蕎麦のご注文なのでした。先日いらっしたばかりのご夫婦も、テーブル席が空いているのに、カウンターに座ってのご注文。今日は亭主と話もせずに静かに二人で食べていらっした。暑い午後の最中に家路についた女将と亭主は、家々の日陰を選んで歩いて行く。残暑はまだまだ厳しいか。

Posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

明け方の高い空と秋の雲と…

日の出の時刻にpekoと散歩に出掛けました。涼しい風が吹いていたから、直ぐに帰ろうとする彼女を何とか歩かせて、ワンブロックだけは回って来たものの、それ以上はもう無理なのでした。暑いから歩きたくないのか、高齢だから歩けないのか、女将も亭主も悩むところなのです。空の高いところに筋雲が朝日を浴びて、いよいよ秋の到来かと想わせる眺め。今日も日中は暑くなると言うけれど、溌剌とした老人の元気さと同じで、少しずつ季節は移り変わっている。 朝食を終えて蕎麦屋に出掛ける頃には、雲一つない青空が広がって、陽射しが強いものだから、例によってダラダラと緩い傾斜の道をゆっくりと歩く亭主。暑いから歩きたくないというpekoの気持ちがよく解るのです。店にたどり着いて、郵便受けから新聞を取ったり、幟を出したり、チェーポールを降ろしたりと、朝の仕事を終わらせたら、厨房に入って今朝の仕込みにかかる。大釜に水を張って米を研ぎ、炊飯器にかけたら、蕎麦打ち室に入って今朝の蕎麦を打つ。 室温30℃、湿度は44%だから、今朝も加水率は39%で、休み明けの営業日だから、生舟には二箱の蕎麦を用意しなくてはなりません。750g を二回打つと、どうしても1時間はかかるから、開店前まで時間に追われる仕込みとなるのです。葱切りを済ませてから、野菜サラダの具材を刻むのですが、暑くなりすぎてもお客は来ないから、四皿の野菜サラダが出るかどうか、不安でもあるのです。それでも、決めた仕込みはきちんとこなすのが、大切なことなのです。 週末は、混めばランチセットも次々と出るし、足らなくなって予備の野菜を盛り付けることもあるくらいだから、こればかりはその日のお客の注文だから、決めた数を用意しておくのです。今週は盆の休みで土曜日からの営業だったから、仕入れも少なめにして、胡瓜などもミニ菜園で採れただけで間に合わせる。小鉢には、石垣島から送って頂いたモズクと胡瓜の酢の物を用意して、針生姜を刻んで女将が盛り付けるのでした。足らないといけないから、糠漬けも用意。 新しいメニューを次々と出して、お客を呼ぼうとする店もあるようだけれど、あの店に行けば美味しい蕎麦が食べられるという蕎麦屋を目指すのであれば、新メニューもたかが知れているのです。しかも、常連さんやリピーターさんがほとんどだから、あまりめまぐるしくメニューを替えるのもどうなのか。むしろ、メニューの数を減らして仕込みの時間を短縮した方が、蕎麦打ちに専念できるというもの。だから、小鉢や日替わりのデザートには力を入れているつもりです。 今日も昼前から新しいお客が入って、珍しく常連さんはいらっしゃらなかった。玄関前の看板を見てから来るらしく、皆さん天せいろのご注文なのでした。外はかなりの暑さだから、店の中で涼んでいくお客が多い。初めてのお客さんたちは、厨房の亭主や女将に話をするでもなく、店内に流れるボサノバの曲を聴きながら、ゆっくりとした昼のひと時を過ぎして行かれるのです。若いカップルは、話もせずにお互いにそれぞれスマホをいじっている。これも時代なのか…。 1時半を過ぎたら、もうお客も来そうにないので、女将も少しずつ片付けを始める。亭主は蕎麦を茹でて、かき揚げを揚げ、ぶっかけにして昼を食べておくのです。定刻に店を閉めて、二人で家に帰るころには、うだるような真夏の暑さで、家々の日陰を選びながら300m を歩くのでした。pekoのために昼間は冷房を入れてあるから、ひんやりとした居間で寛ぐ亭主。女将が冷たく冷えた巨峰と梨を居間に運んでくれる。夜の営業までの2時間がしばしの休憩なのです。 4時過ぎに蕎麦屋へ戻れば、夕刻になっても暑さは治まりそうになく、厨房は33度の暑さだから、エアコンを入れて大鍋に水を張って火を入れる。洗濯機の中の洗い物を干したり、昼の洗い物を片付けたりと、仕事はいろいろあるのだけれど、やはり仕込みをする時が一番楽しい。酒の肴にと最近は、豚のハラミやみつせ鶏の旨搾り団子の串焼きも用意しているのですが、半分以上は出ないから、日が経てば家に持ち帰って亭主の酒の肴になる。6時半には閉店。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 経営, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

風の強い一日で…

今朝は塀際のフェンスに誘引した朝顔が随分と沢山咲いていました。花の色も本来のスカイブルーで、ウッドデッキに立派に伸びた蔓に、花が咲かないのとは対照的なので不思議です。梅雨が長かったせいで、日照時間の違いなのか、地植えとポットの差なのかと、女将も首をかしげるのでした。蕎麦屋で採れた茄子とピーマンの味噌炒めと、サワラの西京漬けとで朝食を済ませた夫婦。亭主は食後にまたひと眠りして、9時半には蕎麦屋へ出掛けていくのでした。 売り物のアイスコーヒーを失敬して、今朝の仕込みの段取りを復唱すれば、二時間もあれば終わる簡単な仕込みなのです。韃靼蕎麦茶を湧かして、冷たい蕎麦茶の準備をしている間に、蕎麦豆腐を仕込んで、デザートの水羊羹を煮始める。蕎麦茶は直ぐに冷やさないと綠色が出ないから手間がかかる。さらに、水羊羹は氷水で冷やして固めてから豊缶に流さないと、餡と水分が分離してしまうから、これも結構気を遣うのです。目が離せないのが大変なところ。 でも、その間に、後ろのレンジで大釜に湯を沸かして、小松菜を茹でておく。鴨せいろや鴨南蛮にしか使わないけれど、なければないで彩りに欠けるから、冷凍して保存しておくのです。次いで天麩羅の具材の切り分けに入り、南瓜の端を切って形を整えたら、従姉妹煮に使うから冷凍しておく。明日使う分だけはレンジで蒸して容器に入れ、残りはラップを掛けて野菜室に入れておくのです。そして、いよいよ生椎茸とピーマンとナスを切り分けて、容器に保存する。 それから、ニンジンを3cmの短冊切りにして、玉葱を刻んだら、三ツ葉を別の容器に切り分けて、かき揚げの材料の準備が終わる。生ものだから、それぞれラップで密閉して急速冷蔵をかけた冷蔵庫に保存。今日の仕込みは後は夕刻に糠漬けを漬けに来れば好い。女将と昼を食べて、午後にスポーツクラブに出掛けてプールで泳ぎに行く前に、もう一度蕎麦屋に来れば好いだろうと昼の準備に家に戻るのです。女将は稽古場で作品の仕上げに追われていました。 車に乗り込む前に、ミニ菜園の様子を見て、台風の影響で強い風が吹くと言うから、茄子やピーマンの支柱を強化して、胡瓜にもたっぷりと水遣りをしておく。今日もオクラは5,6本収穫して、小蕪が少し大きくなったので抜いて、どうも大きくなりきらないピーマンや茄子や胡瓜と共に、一緒に家に持って帰る。子どもや孫たちも帰って来ないお盆休みには、夫婦二人だけだったから、蕎麦屋の残り物とミニ菜園の野菜だけで、すべての食事を賄っているから有り難い。 昼も、蕎麦屋で作って冷凍してあるカレーを一袋だけ持ち帰って、女将と二人でカレーライスを食べる。スープは分葱と卵にとろみを付けてコンソメ味。茹でたばかりの小松菜に鰹節を掛けた小鉢を添えて、まずまずの栄養バランス。暑いのと辛いのとで亭主は汗だくだから、汗拭きタオルもびっしより。食後にはやっぱり寝転んでひと眠りなのでした。3時過ぎには目が覚め、珈琲を一杯飲んだら蕎麦屋へ出掛ける。茄子と胡瓜を糠味噌に漬けたらプールへ向かう。 お盆休みで子ども達のスクールがないのも今日までと、年配の男女が全コースで泳いでいる。一番好いていたのがセンターコースの速く泳ぐコースだから、準備運動を終えて、アップを開始するのでした。25m ずつ泳いでいた老人が上がったので、あとは亭主一人で存分に泳ぐのでした。水面を叩くようにクイックターンを繰り返し、バックからブレストへのターンもクイックターン。明日からの土曜と日曜は蕎麦屋の営業で泳ぎに来られないから、久々に楽しんだ。 帰りには地階のスーパーに寄って、夜のおかずを見繕う。蕎麦屋の残り物ばかり食べていたからと、女将の好きな刺身を買って、ついでにワンランク上の種なし巨峰。シャインマスカットも美味しそうだったけれど、帰って女将によけいな文句を言われるかも知れないと、さすがにちょっと手が出なかった。明日からの営業の準備は万端。暑くなるらしいから、どれだけお客が来るのか判らない。お盆の休みも人も来なくて長すぎると、何故かダラダラとしていけない。

Posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, 日常, | コメントは受け付けていません。

終戦記念日に想うこと…

盆の休みのお蔭で今朝もゆっくりと寝られました。pekoの散歩は女将に任せて、亭主は7時過ぎにゆっくりと起床。女将の用意する朝食の時間は7時半が普通だから、これに合わせて洗面や着替えを済ませるのです。盆休みで蕎麦屋の営業がないと、女将のペースでも十分なのでした。和室から庭を覗けば、アオイやモミジアオイに交じって、フェンスに誘引した朝顔がまだ咲いているのでした。台風の影響もそれほどではないけれど、上陸した地方の様子が心配。 今朝はお袋様を連れて隣町のスーパーまで仕入れに出掛ける予定だったから、早めに蕎麦屋へ行って、出汁取りの準備だけは済ませ、今日の段取りを考えるのです。今週は、土日月だけの営業だから、仕入れも普段よりは少なくて済む。店内はお盆のお客でごった返していたけれど、一軒の店で一回の仕入れだけでほぼすべての食材が揃うのも嬉しい。早速店に戻って、午前中の仕込みにかかるのでした。まずは最初に、残り少なくなった返しを作って冷ます。 次に、親子丼の具材がなくなったから、買って来た玉葱と鶏肉を煮込んで味漬けをする。そして、厚揚げ田楽の味噌も切れたから、挽肉を酒と味醂と砂糖と自家製味噌で煮込んで、小さな容器に入れて急速冷凍しておくのです。盆の休みで二日ゆっくり休んだせいか、仕込みをするのにも、次の営業日には頑張ろうと、張り合いが出るから不思議です。これ以上休みが続くと、ちょと退屈になるかも知れない。隠居生活もやることがあるから充実するものなのかも。 最後に流水で解凍して置いた石垣島のもずくを、沸騰した鍋で火傷させて、ミニ菜園で取ったばかりの胡瓜をピーラーで掃除してスライスして鮨酢に浸ける。これだけでは酸っぱすぎて食べられないから、出す直前に出汁で割って小鉢に盛り付けるのです。保存を考えて美味しく食べる工夫をしたつもり。包丁を使って食材を切るのは明日の仕込みで、今日は生ものを切るまな板だけを使って、最後に消毒しておく。帰り際にミニ菜園の野菜にたっぷり水を遣っておく。 昼食の支度をしなければと、家に戻って玄関の鍵を開けようとしたら、女将が家にいるようなので驚いた亭主。「お盆で今日はスポーツクラブが休みだって朝も言ったでしょ」と、言われて思い出す。二人で昼の用意をして、例によって亭主が中華鍋を振ってカレー炒飯を、女将がコンソメスープを作って汗をかきながら二人で美味しい昼飯。ニンジン、玉葱、葱に豚肉、卵を塩とカレー粉と仕上げにオイスターソースを少々。若布と分葱のチキンスープで栄養価は十分。 終戦記念日の式典をテレビで見ながら、戦後生まれの自分たちは、幼い頃に祖父母や父や母から戦争の記憶を聞かされたと、二人で話をするのでした。海から5kmも離れた家の前に艦砲射撃の砲弾が飛んできたのだとか、大空襲で焼夷弾が落とされた後の街の、生活が大変だったとか言う話を、直接体験した大人たちから聞かされたのです。この体験談を、自分の子供や孫に話して聞かせる機会がない。74年という年月が、記憶を風化させていくのかも。 食後のひと眠りをして、亭主はプールに泳ぎに出掛ける。盆休みは子どもたちのスイミングもお休みだから、6コースがすべて自由遊泳なのですが、元気な小母さんたちがスタートの壁際に立ってまた立ち話。速く泳ぐコースなのに他の人が誰も入れないでいるから、ご免なさいと準備運動を終えた亭主がアップを開始する。クイックターンを済ませて50mを戻る頃には、誰もいなくなっているから一安心。その分、スピードを落とせないから、今日は少し疲れたかな。 みずき通りを登り切って、蕎麦屋へ寄ったら出汁取りと蕎麦汁の仕込みをして帰る。約一時間の作業だから、ちょうど早い夕食の時間になる計算。運動の後に食べたいチーズ揚げと、トマトとオクラの生ぽん酢和えを作ってくれていた女将に感謝。日本酒が切れていたのだけれど、昨夜も夕食時の酒を抜いたから、今夜は焼酎の炭酸割りで我慢する。蕎麦屋の売り上げがない日は、酒も買えないのが少し寂しいか。でも、身体には好いことだろうと納得している亭主。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

超大型台風10号の影響で…

午前中から雨の予報だったので、雨が降り出す前にと早朝のpekoの散歩に出る。ところが、午前5時の空は青く晴れ渡って、一向に雨の気配などないから不思議でした。例によって、あまり時間が早いので、女将の起き出す前に残った三日目の蕎麦を茹でて食べるのです。女将がスポーツクラブに出掛ける時分には、天気は急変して土砂降りの雨で、普段は歩いて出掛ける女将も、郵便局に暑中見舞いの葉書を買いに出る亭主の車に乗って行くと言うのでした。 ところが亭主が急いで着替えをする間に、もう雨は止んでいるではありませんか。「やっぱり歩いて行くわ」と、女将も急変。亭主はそのまま車で郵便局に行ったのはいいけれど、暑中見舞いの葉書には、写真用の葉書はないのだと説明される。仕方がないので、切手だけもらって外に出れば、自転車のお袋様が自分の名を呼ぶから驚いた。隣の整形院から帰るところだったようで、先ほどの大雨には遭わなかったのだと言う。まったく、めまぐるしい天気なのでした。 朝のうちに暑中見舞いの原稿は出来上がっていたから、親戚と友人と子どもたちの宛名を印刷して、今度はプールに出掛けながら葉書を出しに行ったのです。止んでいた雨がまた突然激しく降り出して、道路は雨しぶきで前も見えない状態。これが超大型の台風10号の影響なのかと、随分と離れたところにあるのにその威力に驚かされるのでした。いつもは駐車場から外の階段を使って歩いて行くのを、雨の日は二階の殺風景な通路を歩いて建物を突っ切る。 この高層マンションの立ち並ぶ巨大な施設には、創業当時は、大型のデパートが入っていたのに、時が経つに従ってスーパーの大型店に変わり、終には二階部分だけが何もテナントが入らないまま、駅に抜ける通路だけとなった。この施設の直ぐ裏手には、大型のショッピングモールが出来て、一階にはスーパーや小売店が並んでいるけれど、昔からこの団地に住んでいる者から見たら、やはり、さびれたという感覚は拭いきれないのです。街も歳を取るのです。 それでも、この地域のデベロッパーが三階部分に広い住宅展示場を設け、市役所の出張所や地域の包括支援センターなどが入って、新しい街づくりの拠点として活動が始まっている。ただ、ここに本屋があったのに、文房具売り場があったのにと、亭主などは、昔から通い慣れた場所が、他に移ってしまうと、なかなかその変化に適応できなくなっている。結果として、経営は何社か変わったけれど、三階、四階にあるスポーツクラブだけに通うようになったのです。 40年という歳月は、人間で言えば若者時代から老年の時代。街も若い世代で溢れていた賑やかな時代から、何処に行っても老人ばかりがやたらと目に付くような印象は免れないのです。プールにも老人が随分多いけれど、亭主のように昔からずっと泳ぎに来ていた人は、どれくらいいるのだろうか。老後の健康維持にと、仕事を辞めてから通うようになった人たちが、案外と多いのではないだろうか。今日もゆっくりと泳ぎ終わって、プールから出れば外は晴れている。 高校野球の二回戦は、かつての職場の近くにあった習志野高校の試合があるので、少しは応援してみたかった。家に戻ってテレビを点けたら、まさかの点差で負けているから、相手も相当に強いチーム。昼食には残っていた最後の蕎麦を茹でて、とろろ芋をすってとろろ蕎麦。午後の試合では、確か、都大会で亭主の母校の野球部を決勝で破って甲子園に行ったチーム。夢中になって野球を見ない年齢にはなったけれど、縁のあるチームなどは少し気になるのです。 今日は道路が雨で何度も濡れては晴れて乾いた。仕入れや仕込みのない分、随分と身体が休んだから、プールで泳いだ午後も眠くならない。夕刻までに一度蕎麦屋へ出掛けて、ミニ菜園の様子を見たり、片付け物をしたりして来よう。盆の休みになって、やっと家中のストーブも掃除して押し入れにしまったから、ほんの少しずつでも家の中が片付いてきた。若い頃のように、一気に何事も片付けられないのを知っているから、女将も亭主もゆっくりのんびりです。

Posted in 季節, 料理, 日常, , 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

盆休みの墓参…

昨夜も前日の習慣で10時過ぎに眠りに就いたが、あまり疲れていなかったから3時前には目が覚めてしまう。やはり、夕方に買い物がてら散歩に出掛けた女将は正解なのでした。規則正しい生活を日々心がける女将と、眠くなったら横になって爆睡してしまう亭主と、考えたら、長い間、外で働いてきた亭主と家を守ってきた女将との、若い頃からの対照的な生活なのです。空が白んでくるのを書斎の窓から眺めながら、自分の来し方行く末をしみじみと思うのでした。 どうせまたひと眠りしてしまうだろうからと、pekoを散歩に連れ出して近所を歩けば、通りに面して色とりどりのランタナを植えたお宅の前で一休み。暑さのせいか、最近のpekoは本当に歩かなくなったのです。家に戻って朝食を取ったら、居間の床に転がって目を開けたまま眠っているけれど、犬でも夢を見るのだろうか。時々、宙に浮かせた足をぴくぴくと動かしているのです。亭主は早い時間に蕎麦を茹で、天麩羅の残りをグリルで焼いて、一人、朝食を済ませる。 今朝は花を売るスーパーが開く時間に、お袋様と女将とを車に乗せて花を買い、そのまま家の裏手の霊園まで墓参に出掛ける予定でした。お盆の入りとあって、外で花を売るコーナーも行列が出来ていたから、女将とお袋様が並んでいる間に、亭主は店の中に入って盆休みの間に家で食べる果物を買ってくる。開店下ばかりだから、レジにも人が並んでいない。霊園の駐車場も続々と墓参に集まる人々がやって来る。水の桶に給水するにも人の列が出来るほど。 先日、弟がきて綺麗に草取りをして、女将が来て花入れの器を全部洗ってくれたから、花を入れて線香を焚いて、ゆっくりと三つの墓を代わる代わるお参りする三人なのでした。本家で暮らした祖母からもらったギボウシと鈴蘭が親父様の墓を飾る。他の墓参りに来る人々も高齢で、最近は我が家でもなかなか子どもたちが集まれない。自分たちを育ててくれた親や祖先の墓を参る習慣も、この先いつまで受け継がれていくのだろうかと、少し寂しい気もするのです。 午前中に降っていた雨も上がって、帰りは古くからある部落の丘を登って蕎麦屋の前に出る。途中の台地にある見渡す限りの畑も、昔は農家が綺麗に耕していたものなのに、ここにも高齢化の波が押し寄せているのだろうか。今では、家庭菜園として貸し出しているところが多くなった様子で、その家庭菜園を借りる人たちも、定年を過ぎてから始める人が多く、皆、亭主などよりは歳を取っているのを知っているから、高齢化は農家だけの出来事ではないのです。 お袋様を家まで送り、蕎麦屋の前の通りに車を停めて、雨も上がって青空と夏らしい白い雲が広がっていたから、久しぶりに持って来たEM-5を取り出して、景色の写真を何枚か撮る。最近は、いつも海の中でしか使わないから、たまには陸上でも撮る練習をしておかないと、操作を忘れてしまうのです。駅前の高層マンション群と、こちら側の台地のバス通りにある蕎麦屋とを入れて、ひまわり畑を撮してみたのです。今年は人の背丈よりも高いひまわりが随分とある。 いろいろと撮影のモードを替えて撮って見るけれど、なかなか人の目に見えるような色の具合は出ないもの。もっとじっくりとシャッタースピードやレンズのしぼりを替えて試さないと、なかなか好い写真にはなりそうにない。海の中では尚更のことで、一瞬で出会う魚たちを画角に入れて、イメージ通りの写真を撮るためには、よほど使い方に慣れないと難しいのです。カメラの機能が好くなって、取り扱いが複雑になったから、シーン毎に撮り分ける技術が追いつかない。 昼は女将と昨日残った蕎麦を茹で、天麩羅をグリルで焼いて、天せいろ。早朝には、温かい汁の天麩羅蕎麦を食べた亭主だけれど、自分で打って売り残しているのだから、文句を言える立場ではない。新蕎麦の弾力とほのかな味わいを噛みしめながら、大盛りを平らげる。蕎麦屋のミニ菜園も気になっていたけれど、プールも定休日だし、今日は何処にも出ないで、女将だけが暑い中をスポーツクラブに出掛けた。夕刻に蕎麦屋に行って水遣りと新聞取りをしよう。

Posted in 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

山の日の振替休日で…

夕べは10時前に眠りに就いたのに、今朝は8時まで起きられなかったので驚きました。暑かった昨日の混みようと、夜まで10時間以上の立ち仕事で疲れたのか、夜中に何度も目を覚ましながらもまた眠り込んでしまうのでした。女将の朝ドラが終わるのを待って、台所で一昨日残った三日目の蕎麦を茹で、蕎麦汁に納豆とオクラを入れて朝食を食べる。亭主が家を出て蕎麦屋に向かったのも、最近では珍しく遅かったので、女将が直ぐ後からやって来て幟を出した。 昨日はご飯物が随分と出たから、米を研いで炊飯器にかけたら、蕎麦打ち室に入って今朝の蕎麦を打つ。気温はいつもより低い28℃だったけれど、湿度が70%近くあるから、少しは涼しい気もするけれど、やはり動くと蒸し蒸しと汗をかくのです。加水率は39%でいつもの調子で伸して畳んで、切りべら27本で130g と、今日も上々の出来栄えなのでした。ただ、連休最終日とはいえ、明日から盆休みの月曜日だというのが気になり、生舟一箱だけの蕎麦の用意。 小鉢の漬けものもいつもよりは鉢の数を減らして、足らなければ南瓜と小豆の従姉妹煮を出そうと考えていました。野菜サラダは休日だからと四皿用意ししたら、開店して直ぐにいらっした最初のお客が、ご夫婦でヘルシーランチセットの天せいろを頼まれたから嬉しかったのです。考えたら、昨日も今日も、ご新規のお客さんよりリピーターさんや常連のお客の方が多いのです。暑い最中に、霊犀亭の蕎麦を食べようと来て下さる方々に感謝しなければならない。 「こんなにゆっくり食べられるなんて嬉しいわ」とは、ご家族でテーブル席に座られたお客様。女将が言うには、「混んだ週末は、他のお客に悪いと思って気持ちが急かされるんじゃない」ゆっくりされたいと思ったら、週末ではなくて平日にいらっしゃればこちらも助かるのだけれど、世の中、なかなか上手く行かないものです。昨日ほどは混まなかったから、お客のいない時間を見計らって、ミニ菜園のオクラを見に行った。次々と花が咲いて、また、実が大きくなりそう。 ついでに、隣の畑のひまわりを正面から見ようと50m 程歩いて、駅前の高層マンション群をバックに写真に収める。昨日の夕刻まで、お爺さんが草取りをしていた畑の縁は、すっかり綺麗になっていました。雲間に夏の青空が広がって、昨日ほどではなくとも相当に熱い陽射しなのです。その畑の隣に、平屋で佇む霊犀亭は、周りに家が建ち並んだから、以前と違ってあまり目立たない。幟が立っているのが、蕎麦屋と判るぐらいで、多くの車が通り過ぎた昼でした。 明日からのお盆休みを前に、閉店時間の間近になると、冷蔵庫の残り物をどう処理しようかと思案する亭主。野菜籠はかなり空っぽになってきたけれど、切り分けてしまった天麩羅の具材は、揚げてしまわなければ始末に困るだろう。油も今日で終わりにしようと、次々に揚げ物をしていくのですが、タイミングが悪いことに、解凍した海老が随分と沢山残っていた。蕎麦の残りも沢山あるからと、お袋様に電話をして届けてやることにする。月曜は後片付けが大変です。 女将に洗い物を任せて、亭主は家に車を取りに行く。わずか300m が灼熱地獄。いつもより少ないとは言え、お盆休みがあるから、冷蔵庫の食材をすべて持ち帰るのは歩きでは無理なのでした。ついでにお袋様の家に寄って、蕎麦や天麩羅を届け、女将を家まで送ったら、亭主は途中で昼飯にサンドイッチと、夜に飲む芋焼酎や炭酸をコンビニで買って、再び蕎麦屋に戻って、大釜の掃除。女将は夕刻になって、暑いけれど今日は歩いていないからと買い物に行く。

Posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。