定休日をゆっくりと過ごす方法論…

涼しい朝でした。このところ夜の11時に寝て朝の6時に起きるという生活が続いています。定休日でも同じ時間で生活しているから、身体の調子がいい。pekoと出掛ける蕎麦屋回りの散歩も、いつもと同じ時間帯。蕎麦屋で蕎麦豆腐だけ仕込んだら、朝刊をポストから取り出して家に帰るのです。ゴミ出しに出て来た近所の小母さんに「いつも早いわね」と言われて家に入れば、女将が朝食の用意をしている。今朝のおかずはナスとピーマンの味噌焼きと鰺の開き。

朝食を終えて居間で一休みをすれば、例によってpekoが膝に乗りたがる。これも彼女にとって習慣なのか。涼しい朝夕は、人間の身体が温かいから側に寄りたがるのだろうか。女将の朝ドラの始まる前に洗面と着替えを済ませて、今朝も同じ時間に家を出るのでした。今日は昼前に歯医者の予約があるから、その前に仕込みを終えておかなければならないのです。蕎麦屋に着けば、気になっていた辛味大根の間引きをして、間引いた苗も空いた場所に植えてやる。

ものの30分もかからない作業なのに、営業のある朝は時間に追われている気がして、やはり余裕がないのです。コーヒーが切れたので一服も出来ずに、今朝は、早速、ブロッコリーとアスパラを茹でることから始める。反対側のレンジでは大鍋に湯を沸かして、小松菜を茹でて冷凍をしておく。カボチャを切って電子レンジに掛けて、生椎茸、ピーマン、ナスの順番で天麩羅の具材を切りわける。酸化しやすいナスを最後にしてラップで密閉したら冷蔵庫で保存する。

次に、掻き揚げ用の玉葱を刻んで水にさらし、三ツ葉を切って同じようにラップでくるむ。彩りのニンジンは、明日の野菜サラダの千切りの残りを使うのです。そして気分転換に、庭に出てミニ菜園から春菊の若芽を摘んでくる。間引かずにびっしりと生えそろったところから、先端の柔らかい部分だけを1日分ずつ切って天麩羅にするのです。新芽は切ってもまた生えてくるから長く使える。思ったよりも早く仕込みが終わったから、10時前にはプールへ出掛けられた。

入口の係の女性に聞けば、午前中のプールはいつも混んでいるらしく、今日も続けて泳ぐコースには10人ほどが泳いでいたのです。準備運動を終えて隙間を見つけて泳ぎ始めれば、さすがにすぐ前の人に追いついてしまう。みんな25mを泳ぐと一度立ち止まるから、500mはノンストップの亭主は次々と追い抜いて泳がなければならない。右側が追い抜きコースということに掲示板ではなっているけれど、半数はコースの真ん中を泳いでいるから仕方のないことです。

あまり邪魔になってもいけないから、30分ほどでプールを出て、少し早いけれど予約してある歯医者に向かう。待合室でゆっくりと休憩をして、自分の名前が呼ばれる頃には全身の汗も引っ込んだ。今日は上あごの歯のクリーニング。いつも担当の女性が名前を言うのだけれど、その名を覚えていたためしがない。歯並びが好いとか、好く磨けているとか、煽(おだ)てられながら処置を受け、この間よりも時間がかかったのは、女性の口数が多いからに違いない。

「半年後に定期検診の案内を差し上げます」と言われて家に戻れば、女将が炒飯の野菜を刻んで野菜スープを作って、亭主の帰りを待ってくれていました。午前中にぎゅっと予定を消化したので、午後はごろりと横になって昼寝を決め込む亭主。これぞ定休日のあり方かと、心が伸び伸びとする思い。何もする事がないから、ずるずると午後まで蕎麦屋に出掛けて仕込みをしてしまうのかしら。予定があれば時間を見ながら素早くこなすので、気持ちは随分と楽になる。

今日最後の予定は、午後の6時からの防犯パトロール。集合時間の30分前には集会所に出掛けて、拍子木や懐中電灯の準備を手伝う。皆さん亭主よりも年上の方たちばかりだから、話を聞いているだけでも勉強になるのです。皆で夜道を歩きながら、世界の情勢やら地域の問題についての意見を聞かせてもらえば、狭い亭主の見識も少しは広まるというもの。学識も経験もあるこうした御隠居たちの知見は、どれだけ社会に生かされているのかと思うのでした。

菊の秋…

何の手入れもしないのに、今年もまた庭の菊の花が咲いた。あまり背丈が伸びると切って通り歩きの邪魔にならないようにしているけれど、随分と息の長い花です。女将は切って仏壇に供えるけれど、確かこれは食用菊として植えたのではなかったか。亭主の植える植物はだいたい食べられる物だから間違いがないとは思うのだけれど、遠い記憶なのでした。pekoと出掛ける蕎麦屋回りの散歩では、亭主が店に入って昨日の洗い物の片付けをして洗濯物を干す。

ヤマボウシの綺麗に紅葉したお宅は、いつも整然と掃除がされている。今朝も女将と二人で朝食を終えて、朝ドラの始まる時間に亭主は今度は車で蕎麦屋へ出掛ける。お袋様と一緒に仕入に行く前に、出汁取りの準備をしておくのです。隣町のスーパーはまだ品物が全部出し終えていないらしく、ちょっと不満の残る仕入れなのでした。野菜や他の食材を冷蔵庫に収納したら、午前中に出来る仕込みを終わらせておく。カボチャの従姉妹煮と大根と柚子の麹漬け。

女将がスポーツクラブから帰るのを待って、亭主が昼のカレー炒飯を作る。野菜は昨日の蕎麦屋の残りもの。掻き揚げ用に玉葱と人参と三つ葉を切ってあるものを、肉と一緒に中華鍋で炒めるだけだから楽ちんで、仕上げにオイスターソースを入れるのを忘れない。午後は蕎麦屋で出汁を取り、蕎麦汁と天つゆとを仕込んだら、予定通りプールへ出掛けてひと泳ぎ。身体の疲れが取れたのかいつもより距離が伸びた。天窓から見える青空と夕陽がとても綺麗でした。

一種目を100m単位で四種目で400m泳ぎ、最後の100mは水を掴む練習にスカーリングとフォーム矯正のためにドルフィンキックで自由形を泳ぐのが亭主の練習パターン。久し振りの今日は500mをゆっくりと泳いで15分ほどだったから、身体が軽いと感じるのでした。前を泳ぐ人たちを何度も追い越すのが申し訳ないから、いつも途中で水から上がってしまうのです。涼しくなってきたから汗もかかないので、体力増強のためにもう少し我慢して泳ぎたいところ。

帰りにいつものコンビニに寄って、煙草と酒とつまみを買って帰る。「焼酎を炭酸で割って飲むと美味しいのを発見したよ」「飲み屋の小父さんに教わったんだけれど…」「僕も飲み屋、いや蕎麦屋の親爺だから…」「何処の蕎麦屋?」と、顔見知りのお姉さんとの何気ない会話が楽しい。家に戻ればまだ夕食までには時間があったから、通りを掃いていた女将に「少し庭木の枝を切ってやろうか」と、お隣との境にある雪柳や連翹や紫陽花の枝を切り落としてやるのです。

秋晴れ、お蕎麦は完売…

pekoの散歩で蕎麦屋まで行って、米を研いで炊飯器にかける。大釜に水を張りながら、コーヒーを入れて一服すれば、日の出が随分と遅くなっているのに気が付いた。6時40分頃だったろうか、東側の森の向こうから昇る太陽は、夏の時期はずっと北側の森から昇っていたのに。家に戻って朝食を済ませたpekoは、いつになく元気で、蕎麦屋に出掛ける亭主を居間のテーブルの上で、小母さん座りをしながら見送るのでした。ひんやりとした朝は上着が必要でした。

月曜日一日の営業でも、昼の蕎麦は15食近くは用意しないといけないから、今朝も蕎麦打ちは二回。疲れた身体を引きずるように蕎麦打ち室に入れば、不思議なことに背筋がしゃんとして気合いが入るのでした。室温は17℃、湿度は60%だから、冬に向かっていよいよ加水率は42%にするのです。切りべら29本で130g前後の仕上がり。まるまる一週間、蕎麦を打たなくても身体が覚えているのでした。14食強の蕎麦を仕上げて、早速、厨房に入る亭主なのでした。

まずは薬味の葱切りをして、野菜サラダの具材を刻む。その間にスタッフが大根を卸して生姜を擦る。小鉢を持っている間に、亭主はデザートの抹茶小豆を切りわけて小皿に盛り付けておく。大釜のお湯が沸いたら、蕎麦茶と蕎麦湯や温かい蕎麦の器を温める湯をポットに入れて、天麩羅鍋に油を入れ、天つゆを温めたら、開店準備は整うのです。奥座敷で一服したら、いよいよ営業の開始。昼前に年配の女性二人がご来店で、天丼とせいろ蕎麦のセットをご注文。

今日はご新規のお客様が多く、若い女性の二人連れや若いご夫婦の二人連れが、次々といらっして、駐車場は直ぐに満杯になりました。皆さんそれぞれお連れの方と会話をしているので、亭主はひたすら調理をするから、今日は配膳の時間も早かったのです。若い職人風の男性二人は作業道具を積んだバンでご来店で、親子丼とせいろ蕎麦のセットが二つ。天麩羅の鍋を火口からおろし、同時に二つの親子丼を作る。仕事の二人はさすがに食べるのも早い。

昼に炊いたばかりの釜のご飯が、12時半にはすべて空になったから珍しい。幸いにもその後は、天せいろばかりが出たから好かったのです。最初にいらっした小母さん二人はまだテーブル席を占領している。それでも、満席の看板を出すほどでもなく、入れ替わりお客は来るので助かりました。1時半に最後のお客が帰られたので、お蕎麦売り切れの看板を出す。残り2食分の蕎麦は、ラストオーダーの時間が来たところで、暖簾をしまってから、スタッフと食べる。

定休日前の一日限りの営業にしては、平日なのに随分とよく売れたから好かった。2時過ぎに女将が残った食材を取りに来てくれたけれど、さすがに今日はあまり持ち帰るものがない。秋晴れの気持ちの好い一日でした。亭主は3時半から眼科と歯科医に予約を入れていたから、家に戻って今日の売り上げデータと写真をパソコンに入力したところで、車を出して出掛けるのでした。4時から始まる地域のデーパトロールは、珍しく女将が替わって出てくれたのです。

それにしても、昨日一日で仕入れと仕込みが出来たのだから、毎週の二日ある定休日もこんな具合に能率的にこなせば、一日は丸々休むこともできるのではないかと反省をしたのです。だらだらとやっているから二日間の休みを有効に使えていない。まだまだ改善するべき点は沢山あるのだろうと改めて考えるのでした。今朝は残っていた疲れも、昼の蕎麦屋の仕事で何処かに忘れていたけれど、一日が終わる頃になってどっと腰に来た。明日はお袋様と仕入れ。

火曜、水曜と少しずつ時間を作って、定休日には続けてプールへ泳ぎに行こうか。体力作りも今の亭主には必要なことのような気がするのです。水曜日はまた夜の防犯パトロールで5kmの夜回りだけれど、もう少し積極的に身体を動かした方が好いのかも知れない。次の営業日はもう11月になるというのに、月日の移り変わりが早いと思うばかりで、ただ日々の忙しさに流されているのは好くない。ダイビングの遠征から帰って、何か生活の転換をしたいところです。

今日も休む暇もなく…

昨夜の渋谷駅前は、ハロウィン前の週末とあってもの凄い人だかりだった。警察官や消防隊員も動員されて、仮装をした日本の若者だけではなく、派手なペイントを塗った外国人の若者たちも身動きの取れないほど大勢い集まっていたから、亭主も交差点を渡るのに前代未聞の大奮闘。完璧に時代に取り残された老人のもがきという感じで、無事に電車に乗って団地の駅に着いたのはもう0時前なのでした。都会に住む人々の生活とはかけ離れた日常に戻る。

pekoの朝の散歩には間に合わなかったけれど、いつもの時刻に朝食を終え、蕎麦屋へ出掛けて朝のコーヒーを飲むのでした。今週は明日の月曜日一日の営業だったけれど、今日のうちに仕入れと仕込みをしなければならなかったので、取りあえず昆布と干し椎茸を入れた鍋にお湯を入れて、午後から出汁取りと蕎麦汁を仕込む予定でした。買い出しには久し振りに女将と出かけて、家で使う食材も購入し、魚屋スーパーで昼食に珍しく鮨を買って帰ったのでした。

車の車検の予約をするのを忘れていたから、ディーラーに電話をして代車の手配のつく日にちを選定してもらった。昼前にもう一度蕎麦屋へ出掛け、今日仕入れた野菜類を並べてみる。二杯目のコーヒーを飲みながら、明日の小鉢やデザートには何を作ろうかと考える。残っても2日間の定休日を夾むから、次の営業日には使えないのです。向かいの畑では、干してあった落花生を息子さんがトラックに積み込む作業を始めていた。これが亭主の日常風景なのです。

仕入れて来た野菜を冷蔵庫に収納して、生椎茸はパックから取り出してストレスのないように袋に入れておく。ブロッコリーやアスパラを茹でて容器に入れる。カボチャを切りわけて天麩羅の具材を仕込んでおく。蕎麦豆腐を仕込んで冷蔵庫で固める。たった一日の営業なのに、定休日明けの仕込みと全く同じだから、いかに非効率的かが分かる。それでも、長い間、臨時休業にさせてもらったから、普段と同じように準備をしておかなければと思うのが好いところか。

最後に明日の分の天麩羅の具材の他の野菜を切りわけて容器ごとラップでくるんで冷蔵庫に入れる。これで、午前中の仕込みが終わり、午後は出汁を取って小鉢の食材の仕込みだけで好さそう。明日も暖かいと言うから、デザートも今日のうちに仕込める抹茶小豆か何かにした方が好いかも知れない。明朝は米を研いでご飯を炊かなければならないし、蕎麦は一日の営業でもやはり二回打った方が好いでしょう。果たして、どれだけお客が来るかは分からない。

昼は本当に久し振りに女将と二人で鮨を食う。石垣島で宿の奥様の沖縄料理を堪能して、後半は夜に焼き肉やイタリアン。昨日のクラス会は中華料理だったから、たまには違うものを食べたいと亭主が言い出したのでした。帰りの空港で蕎麦を食べたけれど、やっぱり蕎麦が自慢の蕎麦屋だから、明日は自分で打った蕎麦を食べられるかも知れない。同じ物では飽きてしまうのが人間の我が儘。昼があっさりだったから、今夜の食材は任せてもらうことにした。

帰路に就く長かった一日…

昨夜も宿泊客は私一人だったので、前日の約束通り奥様が「今夜も出掛けますか」と聞きに来てくれた。酒の肴だけしか食べない夜の食事を、わざわざ厨房で作ってもらうのも気が引けるから、疲れているところを「お願いします」と応えたのでしたが、ダイビングの客を送って帰った船長は、とんぼ返りでまた運転手を務めてくれました。夕刻の食事場所は寂しい野中の一軒家で、締めにラーメンが食べられるイタリアンのお店。最初の一皿目で人気の程が分かった。

今朝は未明から起き出して帰りの荷造りを始める亭主。朝風呂に入ってから、昨日までのブログの本分を記入してまた一眠りする。今日はサンゴ礁の外海も波が高そうで、天候は荒れ模様だったから、ダイバーたちは難儀だと思った。昨日までの晴天と穏やかな海況は嘘のようでつくづく自分は運に恵まれていたと、誰にともなく感謝するのでした。昨日一緒に潜った若いアメリカ人夫婦たちが、海に出発する前に海メロに集合したので、最後の別れをするのでした。

空港まで奥様に送ってもらい、定刻の飛行機に乗って一路羽田へと向かう。今日は夕刻から渋谷で高校時代のクラス会があると言うので、40年以上も続けて参加してきたから参加の返事をしておいた。しかし、時間が中途半端だったから一度家に帰ることも出来ずに、遅い昼に空港で軽く蕎麦を食べて、そのまま渋谷へ向かうのでした。ハロウィン前の道玄坂は沢山の人でごった返していたけれど、無事に会場を見つけて時計を見ればまだ2時間も時間がある。

仕方がないので、少しゆっくりと休みたいと、隣にあった映画館に入ってゆっくりと寛いだのです。少しは眠れるかと思ったら、大画面のスクリーンは明るいし、邦画だったからどうしてもストーリーを追ってしまう。クラス会の始まる少し前に映画館を出て、会場の中華料理店に入っていくのでした。広い店内には、年配のグループが集まって会食をしていました。自分たちの会場は別室で、懐かしい顔ぶれが半分ほど集まっていたのでした。一年ぶりの再会でした。

こんなに長く続いているクラス会というのも珍しい。みんな毎年参加するから、顔を出さないと何処か身体でも悪いのではないかということになる。自分の外見はしみじみと眺めたことがないから、他のみんなが去年にも増して随分と歳を取ったように見える。宴もたけなわを過ぎた頃に、輪番の幹事の指示で近況報告が始まる。定年を迎えた話や、孫の話、夫婦で旅行に行った話など、ありふれた事だけれど、それがみんなの現在なのでした。二次会まで参加。

最終日も最高の海の状況で…

朝、目覚めたらもう全開の快晴だと分かる明るさで、海もべた凪だった。日の出は午前7時前。船長は早くから街に泊まっているお客たちを迎えに行く。今日はまた新しいダイバーたちと一緒に船に乗る。初心者はいないらしいから、今日はまた違ったポイントに連れて行ってもらえそうなので楽しみだった。昨日、一緒だった静岡の女性も、亭主と同じく今日が最終日だと言う。定刻よりも早く準備を終え、9時前には港を出発するのでした。スタッフを入れて総勢8名。

1本目のポイントは、若いサンゴがとても綺麗な丘の続く風景で、水が澄んでいたから遠くまで見渡せるのが素敵なのでした。深さもあるから魚の群れも型が大きくなって、ウメイロモドキやグルクンの大群が回遊しているのには大喜び。岩陰に隠れて、じっとこちらに向かってくるのを待つ亭主。小魚よりもスピードがあるから、これもなかなかカメラに収めるのが難しいのです。追いかけてしまうと、後ろ姿しか撮る事が出来ないので、何とか正面か脇から狙いたいところ。

カメラ派のダイバーが多い海メロだから、船長も亭主の動きをよく見ていてくれる。ただどんどん海の中を進んでいくようなガイドの仕方では、じっくりと写真は撮れないのです。こちらも皆がどのように動いているのかと気にしながら、他のダイバーたちのタンクのエアーが昇る岩場の向こうまですぐに追いつくのです。透明度の好い海だからこそ出来ることではある。ただ、以前と違ってフィンキックが随分と疲れるように感じる。やはり年齢と共に体力が落ちてきたか。

2本目はカメの住む丘を探索する。サンゴは台風か何かでかなり壊れたがラバだったけれど、幾つもの丘陵を巡ってカメが休んでいそうな場所を見つけていくのですが、これは普通のダイバーではなかなか見つけることが出来ない。船長の指さす方角を見れば、遠くになにやらカメらしい影が見えてくる。視力の良さもあるのでしょうが、やはり経験でしょうか。皆でカメの周りを遠くから囲んでじっと眺めているのです。7匹ほどのカメを見つけて船に戻ったら昼食です。

昼食の時間は、またダイバーたちの会話も弾み、お互いを紹介し合う。自分の子供たちの年齢のアメリカ人カップルに話しかけられた亭主。流暢な日本語で、アメリカの大学の学生募集の仕事をしていると言うから驚いた。ダイビングのインストラクターの資格も持って自分でショップもやっていたという話でした。外国のダイバーが決まって聞くのは、世界はどこを潜ったかという話で、どこが好かったかというから、結局は、歳を取ったら沖縄が好いと応えるのでした。

最終日の最終ダイビングは、マンタのポイントへ連れて行ってくれた。一度に5隻しか入れない決まりだと言うそのエリアには、沢山の船が順番待ちをしている。船長の後について、深い海底の渓谷を縫って進めば、マンタが旋回するステーションに到着しましたが、今日は現れる方向が違うらしくて、遠くに2匹の影が見えたかと思ったら、今度はいきなり私たちの真ん前に現れたのでした。何匹も繰り返し旋回して、間近でカメラのシャッターを切ることが出来ました。

あっという間に時間が過ぎて、ボンベの空気の残圧も残り少なく、船に帰る時刻になりました。皆が感動した表情で船に上がるのでした。久しぶりにマンタのポイント潜って、今回も沢山のマンタを見られたのはラッキーなダイビング。天気も良かったし、海況も穏やかで、毎日楽しく海に出られたのは、幸せなことでした。ショップに戻ってまた皆でビールで乾杯。また、お会いしましょうと言って皆はそれぞれの宿に帰っていく。今夜も亭主一人が泊まり客なのでした。

快晴の続く喜び…

夜はぐっすり眠って目覚める朝。日の出は関東よりも1時間は遅いから、ちょっと戸惑うのです。今日の朝食は純粋な和食で、普段の亭主の朝よりもボリュームがあるから大変。今朝は、食事が終わったらすぐにダイビングに出掛ける支度を始めて、船に同乗する他のお客の到着を待つのでした。迎えに行った船長の車が到着すると、早速、器材を車に載せて、港への出発を待つのです。「お久しぶりです」と、到着した女性客が亭主に声をかけるから、びっくりする。

昨日もそうだったのですが、長年、同じショップに通っていると、いつか一緒に潜ったという人は結構多いもの。それだけリピーターのお客が多いと言うことなのか。ところが、声をかけられた当の亭主は、挨拶こそ返すものの、いっこうに誰だったか思い出せないでいるから困るのです。「年を取ると反応が遅いからね」と言って、しばらく話を聞いているうちに、ああそうだったと思い出してくる。今日のお客は岩手・静岡・福岡からそれぞれやって来たと言うから全国的だ。

体験ダイビングや初心者の人もいるから、浅場でじっくりと写真を撮る事が出来た。キンメモドキの群れやカクレクマノミなど、小さな魚たちが被写体だけれど、角度を決めてシャッターを切る瞬間を待つのがわくわくする時なのです。動き回るし、じっとしていないのが彼らの習性だから、なかなかチャンスが到来しないのです。かといって、クマノミはイソギンチャクの中に隠れてしまうし、待っている間に移動してしまう魚もいるから、気長に待てばいいというわけではない。

クマノミの親子が揃って顔を出すその瞬間を待ち受けるのです。1時間足らずの水中での撮影を終了したら、船に戻って休憩をする。ダイバーたちの会話が始まるのはこのひと時で、旧知の友達のように話をするから面白い。今朝方、声をかけられた女性の記憶も少しずつ戻って、去年の同じ時期に、海メロで一緒に潜った事を思い出すのでした。天気がいいので海から上がっても寒くはないのが何よりなのです。船長が船を移動して次のポイントに向かうのでした。

サンゴの綺麗なこのポイントでは、キンギョハナダイやスズメダイなどの沢山の小魚たちが群れ遊ぶ。この小魚の群れを撮るのもまた一苦労。遠景では魚の顔つきが見えないし、近くで撮ろうにも、気ぜわしく動き回るからぴたっとピントを合わせるのが難しい。やはり、じっと岩にへばりついて、その瞬間を待つしかないのです。あの群れがこちらに動いて、あの魚が画角の中央に来るその時がチャンス…。などと思いながら、じっとカメラを持って身構えているのです。

一日のダイビングが終わって、やっと宿に戻るのは遅い午後。器材を洗って、シャワーを浴びたら、普段はビールを飲まない亭主も、他のダイバーと一緒になって生ビールのジョッキを傾けるのが最近の楽しみ。船長の解説を聞きながら皆でログブックをつける。テラスの長椅子に寝そべって伊原間湾を眺める。今日から、宿は亭主一人になるというので、奥様に言って船長と三人で街に出掛けて食事をしようと言うことになり、ホルモン焼きの美味しい店に出掛ける。

心静かな一日…

さわやかな目覚め、さわやかな朝です。朝食の前に宿の周りを歩いて、木々を渡り飛び交う鳥たちの声を聞く。朝日を浴びながら奥様の用意する朝食は、白のプレートに色鮮やかな一品。三種類のパンも多すぎずに亭主にはちょうどいい量なのでした。今日のダイビングは珍しくお客が多いらしく、飛行機で到着するお客と一緒に2本目から潜ればいいと船長に言われて、10時過ぎまで海を眺めてのんびりと過ごすことが出来ました。これぞ、癒やしのひと時なのです。

やはり家にいれば定休日の二日目も蕎麦屋へ出掛けて、翌日の仕込みをしているだろうから、常に時間に追われて暮らしているのかも知れない。それも日々の生活には大切なことなのだろうけれど、休みなしの毎日では徐々に疲れはたまってくるから、家を離れて南の島に来るのも一つのストレス解消なのだと考えている。10時半に到着した新しいお客と共に港に向けて出発。今日は自分の子供たちよりも若そうな若い女性のダイバーたちばかりで、賑やかです。

海の中も、相変わらずの魚たちの群れでやはり賑わっていました。サンゴの綺麗なポイントで、ゆっくりと海中の景色を堪能したら、船に上がって皆でお昼を食べる。スタッフの女性も朝から潜っている女性も、長い間に海メロに通って顔見知りの人たちです。新しいお客たちともすぐに打ち解けて話をするようになるから楽しいのです。水族館の飼育係や看護師、ホテルのエステシャンなど、働く女性たちは皆さん生気に満ちあふれているから、こちらも元気をもらう。

一日のダイビングを終えて港に帰れば、身体はまったりと心地よい疲れで、宿に戻って部屋の風呂に入って生ビールを一杯いただく。午後の伊原間湾の景色がまた素晴らしく、サンゴの海の独特な青さが心を和ませるのでした。ダイブコンピュータを見ながらログブックをつけたら、今日撮った写真の整理を始める亭主。夕食までの2時間を、部屋のベッドに横になりなって、写真をノートパソコンに取り込みながら、ウトウトと昼寝をするひと時もまた心地よいのです。

風は終日東北東から吹いて、気温29℃とはいってもさわやかな暑さ。水温は26℃と長く潜ってもストレスがない。10年以上もこの島に通って、晴天に恵まれるのは半分ほどだろうか、島内に住んで仕事に就いているという女性たちは、天気好い日を選んで潜りに来るのだと言うから羨ましい限り。でも、台風の多かった今年の秋は、次の台風がやって来るまでの間の、絶好のダイビング日和に恵まれたのかも知れぬ。明日はどのポイントに連れて行ってもらえるのか。

夕食は例によって先付けの三点盛りが用意されて、亭主は泡盛の炭酸割りにシーカーサーを絞って一献。同宿の若者もラウンジに降りてきて、今日は竹富島を観光してきたと言う。外国人が多かったと言うから、日本全国で海外からの客が増えているらしい。昼間の海で見慣れない魚の写真を撮ったので、船長に尋ねるとノドグロベラだと教えてくれた。体型からベラの仲間だろうとは思っていたけど、全身に黄色い経帷子を纏ったような姿には驚かされたのです。

今宵は十四日の月か。向かいのハンナ岳から登って雲間を進む。時間が経つにつれて雲がなくなって月の光がやけに明るい晩なのでした。星の綺麗なこの島の夜空も、今夜ばかりは月の光に星たちがかき消えて、カシオペアだけがくっきりと見えていました。静かな夜です。サンゴ礁に囲まれた島の海岸線は、打ち寄せる波の音は聞こえずに、ただ海沿いの森を渡る風の音が聞こえてくるだけです。夕刻に女将に電話をしたら、佐倉も明日は天気が好いらしい…。

南の島へ…

昨日は蕎麦屋の営業を終えてから夕刻までに、出発前に心配を払拭しておこうと三軒の医者を回ったけれど、心配なのは右手の化膿した親指の痛みだけで、眼科でも治ってきていると言うことだったし、歯医者では虫歯も歯周病も何もないという診断でした。疲れたときに歯の痛みを感じるらしく、「あなたの歯はしっかりしていて健康です」と言われてほっとした。今朝は早くからpekoeの散歩に蕎麦屋へ出掛け、昨日の片付けと洗濯物を干して、家に戻って朝食に。

飛行機の時間は午後からだから、朝一番で床屋へ出掛けてゆっくりと親父様と話をしながら散髪をしてもらったのです。女将がスポーツクラブに出掛ける前に家を出て、特急を乗り換えて羽田までの直通電車に乗れば、随分早く着いたから便利になったものです。チェックインカウンターで搭乗手続きを済ませて、昼飯を食べようとしたら、昼時だからどこも人で一杯だったけれど、ラーメンとカツカレーのある店を見つけ、腰を下ろして腹ごしらえをする事が出来ました。

満腹になったら急に眠気に襲われて、離陸したのにも気づかずに、目的の石垣島までの3時間あまりを、ほとんどをぐっすりと眠っていた亭主。空港には船長が迎えに来てくれていて、5ヶ月ぶりの懐かしの宿に到着すれば、今度は奥様が出迎えてくれるのでした。6時を過ぎてもまだ明るいから、夕食までのひとときを伊原間湾に昇る月を眺めながらゆっくりとするのです。女将に電話をすれば佐倉は寒いくらいだと言うから、半袖に半ズボン姿の亭主は幸せな気分。

夕食は例によってフルコースだから、付け出しの三点盛りで泡盛の炭酸割りにシーカーサーを絞って一献。イカの刺身にかかっていた辛子味噌が美味しいと言ったら、お土産に売っていると言うから、早速、予約をしておくのでした。山盛りのサラダを食べると、煮物・焼き物と続くのですが、赤いヒメフエダイの煮物は関東辺りで言えば、沖メバル食感だろうかこれがとても美味しい。量を控える亭主には、一番小さなものをと出されたけれど、食べ応えがありました。

続けて石垣牛のソテーが出たところで、ちょっと考えたけれど、ニンニクバターの香りに誘われてつい食べ過ぎる。締めは島蕎麦だから是非食べなければと、さすがにデザートのアイスはノーサンキューなのでした。食後のコーヒーを飲みながら、また月を眺めて一服する。明日はダイバーが多いと言うことでしたが、船長の計らいで2本目からの参加で好いと言うことになり、部屋に戻って撮影機材のセッティング。初日はやはり緊張するから、今夜も早く休もう。

医者を三軒ハシゴした午後…

季節外れの真紅のバラがまた咲いている玄関前。最近はこの時期に水仙の芽がびっしりと生えて今にも花を咲かせそうで、今年は一体どうしたわけか。6日間の臨時休業を前に、今日は最後の営業日だからと、昨夜もぐっすりと眠って元気に家を出る亭主なのでした。心配なのは歯の痛みと右手の親指の化膿痛、そして先日来の左目の湿疹と、出発前になっていろいろと疲れが溜まっていることです。今日のうちに眼科と皮膚科と歯科とに通えるものなのだろうか。

今朝も珈琲を一杯飲んだら早速蕎麦打ちにとりかかるのです。昨日の蕎麦と合わせて、今朝は14食強の蕎麦を用意して営業を始める。糠床から夕べ漬けてておいたキュウリとナスを取り出して小鉢に盛り付け、野菜サラダの具材を刻んで皿に盛りつけが終わったら、まだ開店前だったけれど、今日は随分と早くから駐車場にお客がやって来た。中に入って注文を聞けば、お婆様と娘らしい女性が先日いらっして美味しかったからと、今日はご亭主を連れてご来店。

全員がヘルシーランチセットのご注文で、野菜サラダがもう売り切れる。開店時刻前なのにもう次のご夫婦らしいお客がいらっしてカウンターに座る。暖簾はまだ出していないのに、今日は開店前から大賑わいなのか。と思ったら、その後はぱったり客足が途絶えて、12時半を過ぎた頃からまた混み出したのです。蕎麦はまだ残っていたのだけれど、さすがに明日の準備もあるので、1時半になったら「お蕎麦売り切れ」の看板を出して、帰り支度を始めるのでした。

一週間近くも店を休むから、冷蔵庫の中はすっかり綺麗に片付けなければならないし、お客は多くても少なくても、定休日前の後片付けは時間がかかるのです。亭主は、残った天麩羅の具材をどんどんと揚げて、スタッフが持ち帰り用の入れ物に綺麗に並べて詰める。今日はお隣の奥さんに朝のうちに言ってあったから、夕食用に蕎麦と天麩羅をご家族分のお裾分け。ついでに使い切れなかった食材をもらって頂いた。女将が我が家の分の持ち帰りの分を取りに来る。

家に戻った亭主は、早速、かかりつけの眼科に出掛けて行くが、診療時間が変わったらしくまたしても休診。同じ建物にある歯医者も休診。八方ふさがりの気分で、駅前の高層マンションにある皮膚科に行けば、午後は予約が必要という掲示。入口の扉の前で電話をする。受診が終われば、保険証の期限が切れてると言われ、家に新しいものを取りに戻る。ついでに隣の眼科に行って、その隣の歯科医まで上手い具合に回れたのです。夕刻には家に戻れました。