Monthly Archives: 5月 2018

孤軍奮闘の営業は…

風邪をひいたスタッフが気管支炎になったとかで、大事を取って今日もお休みだったのですが、さすがの女将も今日はスポーツクラブへ出掛けるからと、朝だけ店の掃除に来てくれて帰って行ったのでした。昼過ぎにまた来てくれるとは言ったのですが、一番の忙しい時間帯を亭主は一人で営業をする覚悟で蕎麦屋へ出掛けたのです。米を研いで炊飯器にかけたら、蕎麦を打って、大根と生姜をおろし、味噌汁を作ってから、いつもの野菜サラダの具材を刻む。 昨日打った蕎麦が生舟一箱分残っていたから、蕎麦打ちが一回で済んだから時間の余裕はある。15食の蕎麦を用意して10分前には暖簾を出すのでした。月曜日はお客が少ない日もあるけれど、このところ平日でも混んだ日が続いたから、油断は禁物なのでした。果たして、昼前から一人二人とお客がご来店で、お茶出し、注文取りを終えたらすぐに盆と蕎麦皿をセットする。最初のお客に料理を運ぶ前に、もう次のお客がご来店でテーブルやカウンターが埋まる。 「今お茶を差し上げますから」と言いながら料理を運び、「前の方に料理を運んだら注文を窺いに参ります」と言って、次のお客に蕎麦を運ぶ。幸いに、せいろ蕎麦や天せいろ、ヘルシーにランチセットの注文が多かったので、サラダや蕎麦豆腐をお出しして食べていてもらう。蕎麦湯をお一人ずつ粉から溶いて作るから、これも運んでいかなければならない。12時を過ぎた頃にはもう満席状態で、一瞬クラクラする忙しさ。野菜サラダも蕎麦豆腐もデザートも売り切れた。 遠い町からいらっしゃる常連さん親娘は、今日は大阪から帰っているご主人まで連れていらっしたから有り難い。「済みません、今日は一人なのでもう少しお待ちださいね」と声をかけて、厨房と店の中を行ったり来たりする亭主。開業した当時は、こうして一人で営業をしていた日もあったと、ふと、思い出す。調理がやっと一区切りついて12時半。今日は前半が相当の勢いで混んだことになる。やっと女将が来てくれたので、レジを任せて、ほっと一息入れるのでした。 奥の座敷で休んでいたら、「お客様ですよ」と女将に呼ばれる。それから閉店過ぎの時刻までずっとお客がいたから月曜日にしては珍しい。今日はほとんどが女性客で、若い女性客の多かったのにも驚いた。こんなに女性客の入る蕎麦屋には、亭主は終ぞ行ったことがなかった。明るい店の雰囲気が、女性の方にも馴染みやすいのかも知れない。皆さん「お蕎麦が美味しかった。また来ますね」と言って帰られるから嬉しいのです。今日は天麩羅の具材もなくなる。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

涼しすぎる日曜日…

昨夜は10時就寝、今朝は6時起床。昼と夜との営業で、すっかり疲れ果てた亭主の寝起きは悪かったのです。けれども、早く寝たお蔭で居間の部屋で寝るpekoは睡眠も十分で、朝から元気がいいのです。朝食を食べたらもう外に出たいとウロウロするから、お茶を一杯飲んだら散歩に連れ出す亭主。ひんやりとした空気の中を蕎麦屋まで歩けば、澄んだ青空は五月晴れなのでした。今日の蕎麦屋の営業予想も、涼しさを取るか天気の好さを取るかで随分と違う。 昨日よりも10℃近く気温の下がった朝だから、もう涼しいを通り越して寒いと言う感じ。雪駄を履いて散歩に出た亭主も、早春に着ていたジャージを箪笥から引っ張り出して、靴下まで履いていたのでした。体温の調節は若いときとは違って許容範囲が狭まっているだろうからと、女将と話しながらこまめに調節するようにしている。亭主が一度しまった着る物を出して悪いねと言えば、医者に行くより洗濯をする方が好いからと言ってくれたから嬉しい。夫婦相和しか…。 日曜日は女将の朝ドラもないから、朝食を早めに終えてコーヒーを一杯飲んだら、もう蕎麦屋へ出掛ける亭主。清々しい陽気なのだけれど、強く吹く風は随分と涼しいのでした。夕刻の営業もあるので、なんとか開店時刻の前に賄い蕎麦を食べようと、早くから蕎麦を打つ。湿度は45%だったけれど、気温が低いのでしばし思案の時でした。結局、43%弱の加水率で今朝も750gを二回打つことにして、結果オーライの出たとこ勝負。切りべら29本で130gの仕上がり。 こればかりは、データの解析が複雑すぎてその場では難しいから、結局、勘が頼りなのです。多少の過不足は打ち粉を使って加減するのですが、今朝はでっち上げた蕎麦玉も、しっとりとして美しかったのです。この段階で、今日は上手く打てるぞと気合いが入るから、過去の経験は成功の元なのです。女将が1時間遅れで現れて、洗濯物の片付けや店の掃除を終わらせて、早い昼飯を食べに家に帰る。亭主は休憩がてらにミニ菜園の水遣りに精を出すのでした。 茄子の苗がもう花を咲かせているから驚きなのでした。間引きした辛味大根の双葉も順調に育っているから微笑ましい。筋巻きにした蕪の双葉がびっしりと芽を出しているのだけれど、これを間引きするのは大変そう。だからといって放っておくと根と根がぶつかって、上手く育たないのは過去に経験済み。広い場所があればもっとゆったりと育てられるのだろうけれど、ミニ菜園は狭いところに沢山の野菜を植えてあるから、蕪に割くスペースにも限りがあるのです。 黒豆大福を作って野菜サラダの具材を刻んでいる間に、再び女将がやって来て開店準備。今日はなんとか開店前に賄い蕎麦を食べることが出来た。日曜日はお客の出足が遅いだろうと思っていたら、昼前に歩いていらっした老夫婦が天せいろを二つのご注文。続けてお子様連れの常連さんご家族やご新規のご家族連れお客様のご来店で、席が埋まってきた。駐車場はもう一台停められるスペースがあったけれど、大きな車で来たお客は諦めて帰られたようだ。 閉店の15分前がラストオーダーの時間なのだけれど、お客がいなかったから幟をしまって暖簾を下ろした。大釜の火を止めてレジを締めたたところで、歩いていらっした老夫婦が玄関の扉を開けるのでした。蕎麦は残っていたから、「カウンターで好ければどうぞ」と座っていただいて、天せいろを二つ作って差し上げる。テーブルには取り込んだ暖簾が置いてあるのでした。洗い物も済ませたばかりだけれど、また具材を取り出して天麩羅を揚げる。女将は先に帰る。 お客様の話を聞いてみれば、蕎麦屋の裏の坂道を下った辺りの方らしく、開業した頃にいらっしたことがあるのだそうな。「だんだんと蕎麦が美味しくなったよと聞いたもので…」と、遅い昼をゆっくりと食べて行かれた。それでも3時前には家に戻り、売り上げデータをパソコンに入力したら少し横になって休む。スタッフからは風邪をこじらせて気管支炎になったと連絡があった。お互い若くはないから大丈夫だろうかと心配する。明日を心配しながら夜の営業に出る。

Posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

週末はさらに多くのお客様で…

今朝は二度寝をせずに5時半に起床。やっと普段の生活に戻って来たという感じなのでした。pekoの散歩に蕎麦屋まで出掛け、米を研いで炊飯器にかけてくる。ご近所に咲くさつきも朝の雨に濡れて色鮮やか。家までpekoを連れ帰ったら、また蕎麦屋へ戻って夕べ出汁とりの準備をしておいた鍋を火にかけて、コーヒーを入れて飲みながら、蕎麦汁と天つゆを仕込んでおく。これにはどうしても1時間はかかるから、水で冷やしたまま朝食の時間に家に帰るのでした。 蕎麦屋の駐車場もヤマボウシやモミジが勢いよく育っています。ヤマボウシは白い花のような部分の中に本当の花がある。白い部分はガクのようなものらいしのですが、今年は少し時期が早いのかも知れない。紫陽花の咲いている場所もあるから、やはり今年は暖かな日が多いせいなのかも知れない。朝食の後はやはりちょっと横になってウトウトとする。朝が早いとどうしても少し眠りたくなるから困ったもの。朝ドラの終わる時間に女将に起こしてもらうのです。 今朝も蕎麦打ちは750gを二回打って、昨日の残りと合わせて21人分を用意したのです。湿度が70%を超えていたから、加水率は41%弱。それでも少し柔らかい感触でしたが、これ以上水を減らすと危険なので打ち粉を振って本伸しから畳みに入る。水の加減がぴったりといかないと、どうしても思ったように打てないのが辛いところ。柔らかすぎると生地がすぐ伸びて厚味を均等にするのが難しいから、包丁切りの時に均等に切れていないとすぐに分かるのです。 それでもなんとか切りべら29本で130gをキープ。その日の温度や湿度が蕎麦打ちには随分と影響をするというのがよく判るのです。今日のデザートの黒豆大福を作って、野菜サラダの具材を刻んでいたら、駐車場に宅配便の軽トラがが入って来るではありませんか。以前にもいらっしているから、これは昼休みのお食事だと分かって店に入っていただく。カウンターに座って天せいろの大盛り。休日は出足が遅いと思えば、早くからいらっしゃる方もいるから難しい。 昼前にもう一組のご新規さんがご来店で、少し間があいたと思えば、やはり12時半を過ぎた頃から、続々とお客がやって来るのでした。半分は常連さんのご家族連れだけれど、初めてのお客も多かったのです。「お蕎麦が美味しかったわ」と行って帰られる奥様もいたりで、嬉しい限り。コーヒーまでご注文されるご家族もいて、午後の賑わいもゆったりとした時間の中。上手い具合にお客が入れ替わって駐車場も空いて、今日は満席の看板を出さすに済んだのです。 閉店間際に家の近所の若いご夫婦がいらっして、またゆるりと会話をするひととき。あれだけ沢山用意した蕎麦も、夜の営業前にまた追い打ちをしなければならないかと冷や冷やものなのでした。昨日も平時なのに忙しかったから、女将も亭主もかなり疲れていたのです。3時近くに亭主も家に帰って一休みする。昼飯は女将に作ってもらうのも気が引けて、たまたま夜食用にと昨日買っておいたカップラーメン一つで済ます。それよりも少し横になって休みたかった。 こんな日には夜もお客が来るもので、明日の仕込みを終えて日も暮れる頃に、常連さんご夫婦のご来店。先々週は夜が貸し切りで入れずに、臨時休業だった先週もいらっしたと言うから申し訳なかった。ビールと日本酒、単品の料理を幾つか頼まれて、〆はいつもの天せいろ。閉店の時刻までいろいいろと話をしながら、お食事を楽しんで帰られた。さすがに疲れ果てた亭主は、洗い物の前に一休み。女将が迎えに来てくれてほっとする。明日は涼しくなるそうな…。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 星・月, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

平日の賑わいは好い兆しか…

昨晩は久し振りの営業で疲れたのか、早くい時間眠ったのに今朝はなかなか起きられなかった。pekoの散歩にも女将が行ってくれて、亭主は寝ぼけ眼で朝食の席に着いたけれど、食後のコーヒーを飲んで、女将の朝ドラの時間に洗面を済ませるまでは、目が覚めないのでした。それでも、いつもの時間に蕎麦屋に出掛けて、米を研いで炊飯器にかけ、今朝の蕎麦打ちを始める。加水率は42%まで落として仕上がり上々、今日は16人分の蕎麦を用意したのです。 スタッフから電話が入って、風邪をひいたらしくて熱が出たから休ませて欲しいと言うことだったから、急いで家の女将に電話をしてみる。幸いに、今日はスポーツクラブが午後からだったから、稽古場で墨を摺ってこれからお稽古を始めようという時らしかったのだけれど、取りあえず蕎麦屋に来てくれると言うので一安心。昨日よりも天候は好さそうなので、昨日の様子から考えると、平日でももしかすると混んでしまう可能性があったから、一人では不安なのでした。 いつもと同じ時間に女将が来て、店の掃除やら洗濯物の片付けをしてくれて、小鉢を盛り付けたら一度家に戻って行った。久し振りに亭主は蕎麦を饅頭を仕込み、サラダの野菜を刻むのです。賄い蕎麦で昼を食べている余裕はなかったから、今日は昼抜きの覚悟で女将が戻って来るのを待つのでした。開店前に奥の座敷で一休みすれば、女将が暖簾を出していた。湿度も気温も高く、風があるのが心配だったけれど、昼前からひと組ふた組とお客がご来店です。 ご新規さんのご夫婦らしく、入口の看板を見てから店に入って来るけれど、メニューを見てまた考える。結局、暑くなる日は天せいろや天丼セット、とろろ蕎麦と相場が決まっているから、調理する側は手慣れたもので、時間もかからずにお出しすることが出来た。カウンターに座られた若いカップルが焼売のご注文だったから、いつものように簡単蒸し器でレンジに入れたのだけれど、竹串で刺して確認したのに肉が生煮えと言われて、丁重に謝って作り直すのでした。 これは今までにない失敗の一つ。プラスティックの蒸し器に入れて、いつもは5分半レンジにかけるのに、今日は4分ちょっとで出してしまったのがいけなかった。固まって凍った具合にもよるし、挽き肉は竹串で刺しても分からないから、やはり焼売の一つには包丁を入れて、中身を確認する必要がある。冷凍保存の食材は、肉が熟成して美味しくなるし、便利なのだけれど、生のままで出して食あたりでもしたら大変なことになるから、気付いてくれて好かったのです。 昼を過ぎたら年配のリピーターさんが四人でいらっしたのを皮切りに、店の中は席が空く暇のないくらいお客が入った。天麩羅うどんの注文だけは以外だったけれど、後はランチセットや天せいろばかりだから、余裕でこなす。野菜サラダも蕎麦豆腐もデザートも売り切れたから、有り難いことなのでした。一区切りついて亭主はまた一休み、奥の座敷から戻ったらもうお客がテーブル席に座ってという状態で、「こんにちわ」と亭主の顔を見ておっしゃるから知った顔。 駐車場も満杯続きで、混んだわりには、満席の看板も出さずに、皆さんゆっくりと寛いで行かれたようなので好かった。週末の賑わいが平日にもあったとは、夜になって家で女将の去年の記録を聞いて、気温の高い日には平日でも随分とお客が入っていると再認識。閉店間際にも男性のお一人のお客がいらっしてぶっかけ蕎麦のご注文。平日にいらっしゃるお客は、リピーターさんの多いのもあるけれど、土日と違って一時期に集中しないから随分と助かるのです。 夕刻にスポーツクラブに出掛ける女将を早めに帰して、亭主はゆっくりと休みながら店の後片付けをする。家に戻ればpekoの散歩が待っていたけれど、公園までしか行かないので、車に乗って再び蕎麦屋へ出掛けて、洗い物の片付けや明日の出汁取りの準備をする。ついでに近くのスーパーに寄り、相撲中継の終わる頃に帰る女将にと、鰹と鰺の刺身盛り合わせを買って帰る。そら豆やスナップエンドウ、雲呑揚げもあったので、今夜の一献は贅沢な肴なのでした。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

いろいろ元気をもらって、再び営業開始…

夕べの夜のパトロールで歩き疲れた亭主より、朝早くから起きて女将と散歩に出かけたpekoは、朝飯を食べたら居間の椅子の肘掛けに乗って眠り始めたのです。亭主が座る場所だけはしっかりと空けてあるから、朝食を食べ終えてこちらも隣で一休み。湿気がある日には身体で感じて木の上に乗りたがる。まるで昔飼っていた猫のように、狭い肘掛けに重い身体を横たえるから、犬の気持ちは分からない。女将に珈琲を一杯入れてもらったら、今朝も出勤の時間。 木曜日は750gの蕎麦を二回打って、16人分の蕎麦を用意する。実際には18人分取れるのですが、長さと太さの揃わないことの多い最後の2食分は、お客には出さずにスタッフと食べる賄い蕎麦に回すのです。今朝は蕎麦打ち室の温度が24℃、湿度が60%を越えていたので、加水を43%弱にしたのだけれど、蕎麦粉が新しいせいか、それでもまだ柔らかい仕上がりなのでした。蕎麦切りまでに蕎麦玉を少し寝かせて、その間に小松菜とブロッコリーを茹でておく。 天気は薄曇りで暖かいのだけれど、風が随分と強いからどれだけお客が来るかと思っていたら、昼前にいつも習志野からわざわざ来て下さる母娘がご来店でした。京都や県内の有名店で蕎麦を食べたけれどぴんと来なかったとおっしゃって、霊犀亭の長かった臨時休業が終わるのを待ち遠しく思っていてくださったのだとか。有り難い言葉に亭主は恐縮するばかり。ゆっくりと寛いでお話しをうかがっていれば、四つ葉マークを付けた常連の女性客がいらっしゃる。 カウンターの定位置に座られて、いつもと同じヘルシーランチセットのご注文。窓の外を見て雉かいるのねと珍しそうに話しておられた。ご家族でいらっしたご主人が「雉も飛ぶのかね」と言う話になって、亭主が「飛びますよ」と応える。ご新規さんだったけれど、いろいろ話を聞かせてくれて、楽しいひとときなのでした。カウンターには若いご新規のお客もいらっして、午後の店内は平日にしてはひとときだけれど賑わったのです。いつもこんな感じだと蕎麦屋も楽しい。 今日はせいろ蕎麦と天せいろが随分と出て、他のご飯物の注文もなかったから調理もかなり楽なのでした。洗い物もその都度終わる程度だったし、デザートをお出しする間に盆を下げられたから、片付け物も溜まらなかった。「このお店、値段が安すぎませんか」と、あちこち蕎麦を食べ歩いていらっしゃるというお客に言われて、「平日にももう少しお客が来るようになったら、値段を上げさせてもらおうと考えています」と応える亭主。まだまだ先の話だろうけれど…。 今日は半分が常連さんで半分がご新規さん。蕎麦や蕎麦湯が美味しいと言って帰られたお客もいるから、少しずつリピーターのお客が増えてくれれば嬉しいのですが。暖かくなるこれからが楽しみなのです。注文してあった海老や蕎麦茶が届いて、また、支払いが続く。食材にかかる費用は、今月の残りの営業日の収益を計算してもそろそろ限界の50%。余計な物をつい注文したりすると、すぐに赤字になるから努々(ゆめゆめ)注意していなければならないのです。

Posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, 経営, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

再び仕込みの日…

今朝も早くから目が覚めていたのだけれど、床の中でゆっくりとしていたらまたウトウト。最近は若い頃と違って目覚めたらぱっと起きて動き出すことがない。身体にはいいのか悪いのか、心身共にしっかりと覚醒することが大切だと考えている亭主。女将が朝ドラを見る間に洗面をすませて、いつものように蕎麦屋へ出掛ける。定休日でもこのリズムは崩さないのが、明日の営業開始に少しは役立つかと思うのです。今朝はまずは大甕に一杯の来週分の返しを作る。 その隣で高野豆腐の煮物を少々。お新香と大根の煮物は量を作ってあるから、あとの小鉢の食材は少しずつでないと、同じ物ばかりが続いてしまうのです。同じお客が毎日来るわけではないのだけれど、早く食べ切ってしまう方が美味しく食べられるというもの。5日間の営業で、胡瓜や蕪の浅漬けは二度ほど作る。大根の煮物は適当なところで家に持って帰って食べる。季節の新鮮な野菜が近所の農産物直売所で手に入るのは、本当に有り難いことなのです。 仕入れておいた挽き肉は、自家製味噌と酒と味醂と砂糖を入れて煮詰めておく。小さな容器に小分けに詰めて、冷凍しておけるので、厚揚げ田楽の注文があると解凍して使う。どんな物でも仕込みには手間と時間がかかるから、定休日に済ませておくと後が楽なのです。小松菜やブロッコリーを茹でるのも同じことで、作業にかかる少しずつの時間が、忙しいときには惜しまれるのです。2時間ほど仕込みを続けて、気分転換にミニ菜園に出て野菜に水遣りをする。 5月の初めは風がある日が多かったから、胡瓜の苗が大分被害に遭った。根本から折れて半分ほどの数に減っていたから、ちょっとショック。茄子やピーマンの苗も辛うじて残っていたので、添え木を当てて針金で留めて支えてやった。蕪や辛味大根の種を蒔いたところには、双葉が出始めていた。オクラを播いた畑には雑草の芽なのかオクラの芽なのか、まだ、はっきりと分からない状態。今年はトマトを2本だけ植えてみたけれど、綺麗な形で収穫できるだろうか。 8㍑の漏斗二つで何回も水遣りをして、その度に野菜の成長具合を丹念に見て歩く。土や肥料や苗を購入する値段を考えると、新鮮な野菜を仕入れて来た方が安いのは分かっているけれど、これは亭主の楽しみの一つなのです。ちょっと足りないようなときにも、わざわざ車に乗って買い出しに出掛けなくても好いから嬉しいのです。自宅の庭は花と木だけで、蕎麦屋の庭は食べられるものばかりを作っている。家の周囲の草取りは、すっかり女将に任せている。 気分転換が済んだら手を洗って、昼前の仕込みを再び始めるのです。明日のデザートには蕎麦羊羹を仕込み、冷えた煮物を容器に詰めて冷蔵庫で保存する。あとはゴミ捨てと洗い物がいっぱい。最後にまな板を消毒したら、午前中に届いた蕎麦粉の代金を郵便局へ払い込みに行く。今日も暑い日中なのでした。今日は鴨肉も届いたから、仕入れのお金はどんどんと出ていく。明日は油と海老の代金を準備しておかなければならないし、食材費は馬鹿にならない。 女将がスポーツクラブから戻って、「冷蔵庫の中に残った野菜類と卵を使ってしまいたいのだけれど」と言うものだから、昨日に続いて炒飯とコンソメスープを作る亭主なのでした。炒飯の野菜はすべてみじん切りにして挽き肉と炒め、卵を落としてご飯を入れてからめる。昨日はカレー炒飯だったから、今日は塩とコショウと醤油少々で正統派の炒飯にする。スープも今日は若布と玉葱と人参のスライスに卵を溶いて仕上げたから、味は同じでも気分が少し違うかな。 午後の仕込みに出掛ける前に、食後の一休み。一番暑くなる時間帯だから、ちょっと昼寝。夜は防犯パトロールがあるので、今日はプールへ出掛けられそうにない。余り無理をしても先日の熱中症もどきの件もあるから、まずは明日の営業開始を最優先にすることにしました。バラの綺麗なご近所を通って、蕎麦屋へ戻ればまだやることは沢山あった。大根の出汁煮に添える蕗を塩で板ずりにして、茹でて丁寧に皮を剥く。これが案外大変で、子供の頃を思い出す。 お袋が蕗を剥くのを傍らでよく眺めていったけ。もう60年も前のこと。田舎の伝統的な食材を今でも料理に使えるというのは幸せなことだと、つくづくと思うのでした。明日が混んだら蕎麦汁が足らなくなるからと、昨日に続いて今日も蕎麦汁を作る。蕎麦豆腐を仕込んで、残った出汁は容器に入れて冷蔵庫で保存する。洗い物とゴミがまた沢山あった。最後にまな板の消毒と布巾類を洗濯機に入れ、やっと一日の仕込みの完了。今日は相撲中継も見られなかった。

Posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 日常, | コメントは受け付けていません。

一晩眠ったら回復の兆し…

石垣島にいた時と全く同じ時間帯の生活パターンで、今朝も5時前には目が覚めたけれど、床の中で身体が目覚めるのを待つ亭主。7時前にはpekoの散歩で蕎麦屋へ出掛け、かなり緑の濃くなったみずき通りを渡るのでした。バラの咲くお宅を越えて、蕎麦屋の下からの階段を昇れば、夏野菜を植えたミニ菜園が見えてくる。pekoを玄関前に待たせ、今日の仕入れの確認をと冷蔵庫の中をもう一度確かめる。古い卵と出汁はご免なさいで破棄して、家路に就く。 7時過ぎには女将が早々と朝食を作ってくれたから、今朝も早くから動き出せそうだと思ったけれど、やはり食後はコーヒーを飲んで横になって一休みする。けっして眠ってしまう訳ではないのだけれど、身体がまだ完全に目覚めていないのです。仕入れのスーパーが開く10分前に間に合うように、洗面を終えてお袋様に電話をする。母の日の贈りものがよほど嬉しかったらしく「美味しかった」と言うお袋様に、南の島のお土産を手渡す。仕入れは一日の仕事始めです。 一週間も留守にしたから、旬の野菜が変わっているかと思ったけれど、春キャベツや蕗はまだ出ていたから好かった。絹さやは少し大きくなって、スナップエンドウがやはりこの時期のの旬らしい。ハウスで育った胡瓜も大きくなって、葉の付いたままの蕪もまだまだ旬。冷蔵庫に残っているものが何もないから、今日は沢山野菜を仕入れて、昼までに漬けものと大根の下茹でだけを済ませておくのでした。出汁取りの準備を済ませて、家に戻って昼の支度をする亭主。 カレー炒飯ともずくと玉葱と卵のスープを作り、昨日買って帰った鰊と青菜の酢の物を添えて、女将と簡単な昼飯を終える。彼女をお習字に送って行くまでは、亭主の今日の仕込みも中断したままだから、これは時間との勝負なのです。一晩よく眠ったら、クラクラするのも治ったので一安心。やはり、石垣島から戻っても、昨日が随分と暑かったから、最後に炎天下の中を駅からの2kmを歩いたので、熱中症気味になったらしい。水分が足りないと女将には言われた。 昼過ぎに家を出て、裏道の農道や林道を走れ抜け、国道に出れば今日は五十日だから大渋滞。やっとお師匠さんの家まで女将を送ったら、帰りは西の町のホームセンターに寄って、ラップや消毒液などの消耗品を買い込んでくる。ついでに隣のスーパーで、午前中に買い残した野菜を仕入れ、蕎麦屋に戻って仕込みの続きを始めるのでした。一番出汁を取って蕎麦汁を仕込み、二番出汁は追い鰹で、天つゆを仕込んで残りは容器に入れて冷蔵庫に保存する。 蕪と胡瓜と白菜の漬け物の具合を見ながら、親子丼の具材を煮込んで味付けをする。三つの甕に入れておいた返しがすべてなくなったので、作るのにも一苦労。長く休んだあとは、ないものばかりだから大変なのです。水で冷やした蕎麦汁を蕎麦徳利に詰めて、まずは20人分の蕎麦汁を用意する。営業を開始する木曜日の出具合で、また作り足さなければならないと覚悟。まな板を洗って消毒したら、一度家に戻って待ちくたびれたpekoに夕飯を食べさせるのです。 火曜日は午前中だけ仕込みをして、午後はゆっくりとしようなどと思っていた昨日の反省は全く生かされていない。仕込みに時間のかかる物ばかりだったから、長い休みの後は仕方のないことかも知れないと、パソコンに向かって今日の仕入れのデータを入力するのでした。身体の調子が戻ったから、今日も一日仕込みと女将の送り迎えに堪えられたけれど、体力の落ちるのには怖いものがある。混んだ国道をまたひとっ走り。家に戻ったのは5時過ぎなのでした。 鴨肉や蕎麦茶の注文も終えて、新しい週の開店に向けて準備は着々と進めている。明日は細かな仕込みが目白押しだから、昼までで終わるのはちょっと難しいかも知れない。プールに泳ぎに行く暇があれば好いけれど、夜はまた防犯パトロールがあるから、定休日も結構忙しいのです。蕎麦屋のミニ菜園に植えた野菜も、亭主のいない間に随分と風でやられていた。風よけを作って植える農家の苦労がよく判るのです。明日も暑くなると言うけれどやるしかないか…。

Posted in 仕込み, 季節, 日常, | コメントは受け付けていません。

帰る日…

最後の晩は亭主のリクエストに応えて、野空海(のぞみ)の奥様がソーキ蕎麦を作ってくれた。子供の頃は母親がソーメンやうどんをよく作ってくれた。東京に住んでいた若い頃はラーメンが大好きで、家族でよく近所のラーメン屋に食べに出掛けた。歳を取って蕎麦屋を始めたから、麺好きは変わらないらしい。ところが、沖縄で島蕎麦に出会って、違う麺の美味しさを知ったのです。暑い環境の中でもあっさりと食べられるコクのある旨味が、何とも言えないのです。 海のメロディーの朝食は、和食と洋食が交互に出るから飽きない。今朝は最後の朝食だから、しっかりと味わっていただいた。ご飯もおかずも歳を取った亭主には多すぎるのだけれど、栄養のバランスは好い。食後にコーヒーを入れてくれるから、外の喫煙所にコーヒーカップを持って一服しに出掛けることもある。そんな遠征の日々も今日で終わり。今回のダイビング遠征は4日間で10本を潜って、体力的にはかなり限界。いつもなら中一日は休日にするのです。 朝食を終えて9時前には港に向かって器材のセッティングを済ませる。暖かくて浅いポイントに潜ることが多いので、1本の潜水時間はどうしても50分前後になる。5月のこの時期は初めてなのでしたが、船長の話では、梅雨入りとは言っても、初めに雨がどっと降るだけで、比較的天気の多い日が続くのだそうな。4日間のダイビングはすべて快晴でした。朝夕が涼しく、海にいる昼は真夏の暑さ。水温は24、5℃だから、何本も潜るに従って身体は冷えてくるのです。 1本潜っては船の上で約1時間半、身体の中の残留窒素が抜けるのを待つ。昼食は船の上で奥様の作った弁当をいただいて、午後にもう一本潜るから、港に帰るのは遅い午後になるのです。潜水のログを記録して、その日の写真を整理したら、もう夕食の時間なのです。ベッドに横になってウトウトとすることもあるけれど、観光も何もせずに毎日この繰り返しだから、今でも「ダイビング遠征」と言っている。日に日に疲れてくるから、果たしてこれは遊びなのだろうか。 「旅行」と呼ぶのも何かそぐわないのです。年に何度かのこれらの日々のために、毎週プールに通って泳ぎ続けているけれど、今回は、今までになく疲労が蓄積した気がするのは、歳を取って体力が落ちてきたからかも知れない。一緒に潜った他のお客が、皆さん若い人ばかりだったこともある。空港まで送ってくれた宿の奥様も、冬場以外は休みのない忙しい毎日を過ごしているから、歳を重ねる先々は、宿の営業の仕方も見直さなければとおっしゃっていた。 亭主が始めたばかりの蕎麦屋も、いつまで今の形で続けていけるだろうかと、ふと思う。こちらは年に何度かのダイビング遠征とは違うけれど、二日ある定休日も毎日蕎麦屋へ出掛けて仕入れや仕込みをするのは、身体が休まらないといつも思っている。仕入れの日も午前中だけ仕込みをして、仕込みの日も午前中だけで終わらせるようにするのも一つの方法か。仕事と休日の切り替えが上手く出来ないと、やはり疲れて次の週の営業日が始まるような気がする。 南の島を後にして、房総半島の上空にさしかかるまで約2時間。そんなことを考えながらウトウトとしていた。羽田についてもいつものように寿司屋で一杯という元気がなかったから、ラーメンの専門店に入って、ゴムのような固い麺を食う。これは失敗。電車で早く家に戻って、女将と買い物に出かける。夜はやはり鮨と酢の物にした。立ち上がれば頭がクラクラとするのは、やはりかなり疲れている証拠。ゆっくりと眠って、また明日考えよう。佐倉も石垣島の暑さでした。

Posted in ダイビング, 日常 | コメントは受け付けていません。

最終日、カメとナポレオン…

今日も眩しい朝の陽の光。港から出る小さな漁船の航跡を眺めていた亭主。ふと、「Sittin’ in the mornin’ sun」と口ずさんでしまう。 「I’ll be sittin’ when the evening come」までスムーズに歌い出して、「 Watchin’ the ships roll in. And then I’ll watch ‘em roll away again, I’m sittin’ on the dock of the bay wasting time」の一番で歌詞がが怪しくなるのだけれど、要するにこれは海を眺める隠居老人の歌かと、一人で笑い出す。でも、時を越えて名曲なのです。 今日は海の状況が好くて、リーフエッジにも波が立っていないから、外海に出てスケールの大きなポイントに連れて行ってもらいました。グルクンの群れやアマミスズメダイの群れが、行く手を遮る。透明度は40mはあるかと見えた。ダイビングのボートが42フィート約12mだから、軽くその3倍以上は見えていると言って好いのです。先を行くガイドの船長たちをあとから追いかけながら、亭主は陽の差す根の上に陣取ってじっくりと魚たちの写真を撮っているのでした。 40分あまり潜ったら、船に上がって体内の窒素を排出する休憩時間。その間に20分ほど移動して米原の海岸を越える。波はないからリーフエッジもスムーズに越えていけるのです。陸地から大きな岩がごろごろと山肌に見える場所は、海岸の中も岩の群れ。大きな岩と岩の間の洞窟を潜っていくのが、2本目のダイビングなのでした。ところどころ太陽の日が差し込んでスポットライトを照らしたように見える。ロタホールやブルーホールのミニミニ判というところか。 岩場を離れて砂地に出れば、水中16mに生息するカクレクマノミの親子も、カメラを近づけると興味津々だから可愛いのです。エアーの残りが少なくなって、ボートの下で安全停止をしていたら、砂地の上にグルクマの大群が集まっているではありませんか。出来る範囲で近づいて写真に収めたけれど、見慣れない魚の撮影は難しいのです。船長の話では、グルクマは顎を外してプランクトンを捕食するのだそうな。これはさすがに亭主も初めて見る光景なのでした。 船に上がれば、昼の太陽の陽射しは強く、静かな海に光が反射してきらきらと光る。それでも海から出たばかりの時には身体が冷えているから、クーラーボックスに一杯入っているバスクリンのお湯をかぶるのです。全員が揃ってお昼ご飯のひととき。食後は船の日陰に入ってしばしのまどろみなのでした。潮が引いてきてサンゴ礁が陸地と地続きになってきました。釣り竿を持ったおじさんが、リーフエッジまで歩いきて釣り糸を垂れている。のどかな光景なのでした。  1時間半ほど休憩をして、やっと残留窒素が少なくなる。ダイビングコンピュータのゲージを確認して、3本目のダイビングに向かうのでした。身体はかなり疲れているのだけれど、照りつける太陽の光から逃れるように、海の中に入っていくのです。海の中に岩山の広がる風景。水深13mほどの山の頂で、先を行く船長が私たちを手招きして呼んでいました。ウミガメが二頭岩の上で昼寝をしていたのです。他の場所と違って人間が近づいても逃げないから不思議。 … Continue reading

Posted in ダイビング | コメントは受け付けていません。

ダイビング3日目も夏の陽差しと満天の星と…

海メロに着いた日から甲高い猫のような鳴き声がすると思っていたのですが、昨日の午後にその姿を見てびっくり。なんと虹色の体色をしたクジャクが、海岸縁の森を飛んでいったのです。アニメの火の鳥のような姿に、見ていた人たちが皆歓声を上げたのでしたが、今朝起きて散歩に出ようとすると、宿の裏の梢に綺麗な首を長く伸ばして、辺りの様子を窺っているではありませんか。聞けば小浜島からプレゼントで持ち込んだ鳥が、逃げて野生化したのだとか。 鳴き声がなぜか郷愁をそそるように哀しい。きっと故郷を恋しがっているのか知らんと、勝手に想像して朝食の席に着く亭主。今日もまた新しく到着するダイビングのお客さんが、着後すぐに潜られるというので、到着までの時間を待って、朝はゆっくり洗濯をする時間がありました。長逗留の亭主は緩急自在な対応で、朝のひとときをのんびりと過ごすのです。10時40分に港に向かい、午前中に1本潜るというパターン。波もなく、魚の群れの多いポイントで満喫です。 晴れ渡った空とジリジリと暑くなる陽の光。波もなく穏やかな海に入れば、タカサゴやクマザサハナムロというこちらではグルクンと呼ばれる魚の群れが、もう視界を遮るくらい群れていて、写真は取り放題なのでした。ブルーの体色に黄色いラインの入った、ウメイロモドキという魚の群れにも沢山で会えたので、今日は久々にいい写真が撮れたような気がします。陽の光があるから写真も綺麗に撮れるので最高にいい気分。1時間足らずのダイビングを楽しみました。 船に上がったら、うねりのない場所に移動して昼食の時間。新しくいらっした女性客とも話が弾む。聞けば霊犀亭からそれほど遠くない町でカフェを営んで10年になるのだとか。いろいろと経営のコツを聞いて、店を始めたら長くやるものだと感心する亭主なのでした。短い休みを満喫しようと、飛行機に乗って着いたその日にもうダイビング。若いから出来ることだけれど、のんびりゆっくりの亭主とは対照的な生活のパターンなので、しみじみ現実を思い知るのです。 穏やかなサンゴ礁の海は至宝の贈り物。この時期はまだ水温が24、25℃なので、長い時間潜っていると身体が冷えるから、船の上にはがクーラーボックス一杯にバスクリンの入ったお湯を用意してくれている。ウエットスーツの隙間から流し込んで、アチチッと言いながら身体を温める。昼の間はずっと海の上だから、頭の中を空っぽにしてのんびりと海を眺めているのです。今日の2本目は流れのある沖のポイント。水は澄んで魚も集まっているのだけれど…。 岩を手で摑んで前に進むような流れは、大きな水中カメラを持って潜るのは辛いから、亭主はBCのポケットに入れたコンパクトデジカメだけで記録を取る。いきなり行く手にはマジリアイゴの大群が壁のように群れているではありませんか。これは今までには見たことがないほどの数で、コンデシで取り切れなかったのが残念でした。グルクンの群れやカスミチョウチョウウオの群れも相当な数で、見飽きない光景。今日は、亭主好みのスケールの大きな景色ばかり。 遅い午後に宿に帰って部屋の風呂に入りながら午後の海を眺める。これが至福のひとときなのです。パソコンとログブックを持って広いロビーでビールを飲みながら今日の写真の整理とダイビングログの記録を済ませる。朝が早かったとい言う女性客はソファーで横になって、もう寝息を立てているらしかった。亭主も部屋に戻ってブログを書き込みながらウトウトとする夕刻のひとときなのです。それでも昨日と違って2本のダイビングは、疲れが違うから楽なのです。 外国でのリゾートダイビングはだいたいがこのパターン。かつて、モルジブのハウスリーフで一日中、潜りまくった私たち日本人ダイバーはクレイジーと言われたっけ。夕食は例によってフルコースのおもてなし。途中で館外の喫煙所に一服しに出掛けるほどのご馳走なのです。夜空には満天の星だから、いくら見ていても飽きないほど。北斗七星のある北の空にこんなに星があるとは、関東の都市部では決して見られない光景なのでした。明日も天気がよさそうです。

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。