Monthly Archives: 11月 2017

初霜の朝、冬の夕陽…

お客の来ない週末の夜の営業を終えて、すっかり疲れてしまったのか、夕べは早くから床に就いたのに朝までぐっすりと眠り込んでしまった亭主。pekoの散歩から帰った女将が、「蕎麦屋の前の畑が真っ白だったわよ」と言うものだから、二階へ上がる階段の窓から裏の空き地を見れば、確かに霜が降りている。書斎にも寒さに耐えかねて石油ストーブを出したのが昨晩のことだから、やはり、今朝はよほど冷え込んだらしい。遅い朝食に蕎麦を食べて出掛ける朝…。 こんな寒い日にはお客が来るかと心配でしたが、定休日前とは言え蕎麦を打たなければ蕎麦屋じゃないと、数を減らして14人分だけを用意する。嬉しいことにこの寒さの中を、開店前から隣町の常連さんがいらっして、「辛味大根でおろし蕎麦の大盛り」といつもの注文だったから、まだ大きくなりきらないうちに庭から抜いてきた一本を摺りおろして蕎麦と一緒にお出しする。例によって顔面を汗だくにして、いろいろな話を聞かせてくれながら蕎麦を啜る彼なのでした。 団地のお客さんに霊犀亭の話を聞いてきたというシルバーさんの植木職人さんたちは、誰もいない店の中で草笛を吹いて懐かしい曲を聴かせてくれた。年金をもらっていなければ、生活できないと笑って言うから、年金をもらっていなくても蕎麦屋で金を払って働いていますよと亭主。歳の話になったら、亭主よりも一回りも上なのだと言うからお元気。仕事を楽しんでいるのが同じだからか、妙に親近感を持ってくれたので嬉しかった。蕎麦は美味しかったのだろうか。 カウンターのお客さんとの会話を笑顔で聞いていたテーブル席のご夫婦は、団地の駅の向こう側からいらっしたと言う。ご主人が書道の先生で弟子をとって教えていらっしゃるらしく、壁に掛けた女将のお師匠さんに頂いた霊犀亭の由来の書を、熱心にご覧になっていた。暖簾をしまう時間になって、今度は入れ替わりに女性客が「まだいいですか」といらっしゃったので、大鍋の火も落としてしまったし、油も漉し器に入れたのだけれど、再度、天せいろを作る亭主。 団地の隣の地区にお住まいだと言うので話を聞けば、ご主人が会津の出身だとかで蕎麦がめっぽう好きなのだそうな。今日はお客こそ少なかったけれど、皆さんよく話をする方ばかりで、終始、賑やかな昼のひとときなのでした。こんな寒い日によく蕎麦を食べに来てくれたものだと、感心しながら帰路に就けば、薄曇りの空から差す太陽の陽射しも弱々しく、これはもう冬の風景だと感じるのでした。pekoの散歩に出る亭主もジャンバー一枚では寒すぎる夕刻…。 稽古部屋に籠もった女将が出てくるまでに、蕎麦屋の残り物で夕食の用意をするのは亭主。どれも週末の夜のために仕込んだ品々だったけれど、並べてみれば皆美味しそうな酒の肴。賞味期限切れの蒲鉾や厚揚げも、我が家では立派なひと品になる。スポーツクラブの知り合いから柿を頂いたと言う女将が、お返しに何もあげるものがないと言ったら、そういう人にもらってもらいたいと言われたとか。果物好きの女将にとっては、まさに季節の贈りものだろう。 あまり寒かったので、秘蔵の徳利で珍しく間をして酒を飲む亭主。女将が台所に現れた頃には、空腹も一段落して、女将の温めたメインの牛カットステーキはやはり冷酒で頂く。これも、蕎麦屋の残り物だから、お客の少ない週は家の食卓が賑わう。とは言っても、蕎麦屋で全部頼んでも1000円ちょっとの値段だから、儲けの少ないのも道理。テレビで相撲を見ながら、お互いに今日一日の話をし合うから、のどかな夕食の光景なのです。明日も寒い朝なのだとか。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

雲間の青空が恋しい一日…

外の空気が冷たい朝でした。それでもpekoも元気に散歩に出て、蕎麦屋に寄ったら亭主も朝の一仕事を済ませて来る。今朝は女将が昨日持って帰ったサラダを盛り付けて、亭主がオムレツを焼いておかずにする。女将は白米を食べ、亭主は昨日の残った蕎麦を茹でて食べる。三日目の蕎麦だというのに、味が少しも落ちないから、しっかりと打った蕎麦はやはり違うのかも知れない。洗面を済ませて蕎麦屋へ出掛け、コーヒーを一杯飲んだら今日も蕎麦打ち。 昨日打った蕎麦が、生舟一箱残っていたから、今朝も750gで8人前の蕎麦を打つ。加水率は昨日と同じ43.3%で、打ち粉を使わずに丸出しにかかる。これ以上水が多いと捏ねてちょっと柔らかくなるから、どうもこの辺りが柔らかくならない境界線のような気がしてならないのです。蕎麦打ち室の湿度は50%弱で、室温は16℃。しかし、この数字よりも粉の湿気を感じる指先の感覚の方が確かなのです。力を入れて捏ねていくうちに、それが正しかったと分かってくる。 135gで切りべら26本の見当だけれど、駒板の送りの幅が少し狭いなと感じたら、もう一回余分に切る。畳んだ時の打ち粉を払うのに、左手で蕎麦の束を掴んだときに、大体、130gを越えているかどうかが判る。足らなければもう一切りして足す。逆に、コマ送りの幅がこれはちょっと太かったと感じたときは、計量すると140gを越えている。この数グラムの違いが分かるようになるまでに、どのくらい蕎麦を打ったのだろうか。経験で身につけるには、気の長い話です。 向かいの森の空がどんどん雲に覆われて、青空がみるみる隠れていくのが見ていて寂しい。雲間の水色の空間が何かとても恋しいという気分になるから不思議。女将の来る前に白菜のお新香を小鉢に盛って、柚子の皮の千切りを載せてラップをかける。塩の加減も丁度良くなって、切り昆布の旨味がよく出ているから嬉しい。美味しいときにお客様に食べてもらうのが一番なのだけれど、小鉢の付かない天せいろが多く出るから、時折サービスでお出ししてみる。 雨の降った昨日よりはずっと天気は好かったけれど、寒さのせいか昨日よりはお客が少なかった。それでも蕎麦好きなお客ばかりと見えて、昨日とはうって変わって、温かい蕎麦は鴨南蛮蕎麦以外には出なかった。若いお客が多かったからかも知れない。家のご近所のご夫婦がいらっして、お二人で天せいろを頼まれたのだけれど、ご主人が椎茸は苦手なのだと言うから、メゴチの天麩羅を付けてやると、奥様が椎茸が肉厚でとても美味しい天麩羅だったと言う。 天麩羅は熱々のうちにお客様に出したいけれど、亭主一人で調理をしていると、どうしても蕎麦を最後に盛りつけるから1分ちょっとのタイムラグがある。これを何とか出来ないものかと、いろいろと試行錯誤をしてみるけれど、蕎麦を盛り付けてから天麩羅を盛るのでは、天麩羅の具合を見ているうちに、蕎麦のみずみずしさが薄れてしまうような気がしてならないのです。この手早さはやはり慣れで、一人分ならば、蕎麦を茹でているうちに天麩羅を盛り付けられる。 二人になっても蕎麦を茹でる時間は変わらないから、それが出来ないのが悔しいのです。天麩羅も、揚げすぎれば味が落ちるし、痛し痒し。1時過ぎに最後のお客が帰った後は、もうお客の来る気配もないから、亭主は今朝打った蕎麦を茹でて、賄い飯にぶっかけ蕎麦を作って食べる。早めに片付けを初めて、大釜の湯だけは火を入れておく。女将と二人で蕎麦屋を出たのは閉店時刻を少し過ぎた頃でした。天気も好いのに昨日よりお客が少ないのは寒さ故か。 家に戻って亭主がお茶を入れて女将の稽古場に持って行く。自分は書斎で今日のデータ入力。退屈なpekoが書斎にやって来るから、窓辺のスペースに載せてやると、しばらくは気持ちよさそうにしているのですが、陽が陰るとすぐに飽きてしまう。雲の多い午後なのです。パソコンのキーボードを打ちながら、ウトウトとする亭主はpekoを居間まで連れて行って、再びこのブログを打ち続ける。いい写真がなくなったところで夜の営業の仕込みに蕎麦屋へ出掛ける。 大釜に水を張って湯を沸かし始めながら、先日仕入れた銀杏を割って湯煎で皮を剥き、細い串に刺して夜の付け出しを用意しておく。お客が来なければ、これは家で亭主の酒の肴となる。次に、昨日の夜からの白餡作りの続きを始めて、皮を剥いた白豆を煮込んだ後は、また、手間のかかる漉しの作業。300gの大手亡豆から、320gほどの生餡が出来ると、氷糖蜜と砂糖を加えて水気がなくなるまで沸々と煮込む。店の外はもう夕暮れ時を過ぎて黄昏の世界。 寒さも増してきたから客の来る気配もなかったので、明日の仕込みにブロッコリーを茹でたり、筑前煮の具材を刻んだり、やることは沢山ある。夜の営業は止めようと思っていた時期に、お客に土日だけでもやって欲しいと言われて始めた土日の夜の営業なのでしたが、どうせ次の日の仕込みをするからと、始めて見たけれど月のうち半分もお客が来れば好い状況。街中の店ではないから、常連さんが来なければ滅多に飛び込みの客は来ない。それはそれで好い。 ただ、夜もこの店なら美味しいものが食べられる、と、いうような料理を作りたいという思いはあるのです。まだまだ経験が足りないから、酒の肴を作ったり、次の日の仕込みで時間をつぶすのですが、当の亭主の本音は、夜は皆さんが家庭でゆっくりするのが一番と思っているから、あまり期待もしていない。手間暇は惜しまないけれど、仕入れに余りお金をかけずに、これはと言うような美味しい夜の一品を作るのが夢。月の半分は一人で厨房に立ち、閉店を待つ。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

晴れのち曇りの寒い一日…

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

昼から冷たい雨の降った寒い一日…

昨夜はプールで泳いだのが効いたのか、早く休んだにもかかわらず、朝までぐっすりと眠れたから、週に何度かは運動をすることの大切さをしみじみと思うのでした。女将の見る朝ドラの時間に朝食を済ませて、洗面をしたらもう蕎麦屋へ出掛ける時間でした。大盛ばかり出る日が続いたから、大盛用の徳利に入った蕎麦汁がなくなったので、取っておいた一番出しに返しを合わせて、新しく蕎麦汁を作り足しておく。鍋の冷えるまでに蕎麦打ちをしてしまおうと考えた。 昨日打った蕎麦が生舟に一箱残っていたから、今朝は750gを一回だけ打つことにして、加水率は43%で8人分を用意しようと思った。水の量は多くも少なくもなくて、絶妙の硬さで捏ね始めれば、四つ出しまでも順調で、四辺の綺麗に整った形で本伸しにかかる。八つに畳むのも綺麗に仕上がるから、包丁切りもすんなりと、切りべら26本前後で135gの蕎麦が、きっちり8人分取れたのです。今日もまた細くてコシのある蕎麦が仕上がったから、亭主は満足でした。 やはり、昨日1kgで打ったのも、いい練習になっているようで、蕎麦粉の量が少なければ、それだけかっちりと打てるようになっている。寒そうな一日だからと、デザートには蕎麦饅頭を作ることにして、あんこの残量を調べたらあと五つ分ほどの玉しか作れないと判ったけれど、蕎麦粉と小麦粉を練って餡玉を作って、五つだけ蒸かし釜に入れる。今日の小鉢は、美味しくなってきた白菜のお新香を取り出して、五鉢だけ作っておく。あとは冬瓜のピリ辛煮が少々。 サラダも、この寒さで午後からの雨ではお客が少ないだろうと、三つだけサラダボールに盛り付けて、後は容器に入れて冷蔵庫で保存する。朝はそれほどとは思わなかったけれど、昼になって寒くなって、雨まで降りだしたから、今日はどうだろうかと心配になってきた。それでも、分からないもので、昼前から順調にお客がご来店で、亭主が賄い飯のぶっかけ蕎麦を食べたのは、暖簾を下ろしてからなのでした。今日は暖かい汁の蕎麦ばかりが出るほど寒かった。 カレーうどんに天麩羅蕎麦、鴨南蛮蕎麦、ミニ天丼と温かい蕎麦といった具合で、用意した汁も途中で作り足さなければならないほどなのでした。終いには鍋焼きうどんまで注文があったので、そんなに多くのお客ではないのに、厨房は結構忙しかったのです。それでも、ご夫婦でいらっしたお客様と、いろいろと話ができたのが楽しかった。年齢もそれほど違わないからか、共通の話題は退職後の生活について。隠居仕事の蕎麦屋の亭主は一足先に指針を定めた。 女性はスポーツクラブへ出掛けて仲間とおしゃべりをするのが得意でも、男性はなかなかそうはいかないのが世間一般。蕎麦屋へ来て亭主と言葉を交わす男性客も、本来は無口な人なのかも知れない。「この葛たたき美味しいわ」と、出した料理を通して会話の始まるのもまた好いもので、「食」は「人」を「良」くすると書くと言うのも頷ける。最後のお客が帰られたのが、ちょうどラストオーダーの時刻で、洗い物や片付け物を終えて女将と雨の中を家に戻るのでした。 夜の営業ではこの雨だからお客は期待できなかったから、昼の間に用意をしておいた出しを取って、蕎麦汁と天つゆに使う温かい蕎麦汁を仕込んでおく。それから、開店前に水に浸けておいた白豆を煮て皮を剥く作業を始めたのはよかったけれど、やはり、300g の豆の皮を剥くだけで2時間かかった。定休日にしか出来ないという去年の記憶は正しかったのです。里芋の衣かつぎを作ったり、閉店の時刻まで仕込みに余念のない亭主。今夜も冷えそうな雨上がり。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

今日も秋晴れ、空気はひんやり…

今朝は女将が早くから健康診断に行くと言うので、夜明け時にpekoの散歩を済ませて、食事も早い時間なので、女将に遅れて亭主もいつもより早めに蕎麦屋へ出掛けたのです。時間があったから、天気も好いし、たまには1kgの蕎麦を打とうと、43%弱の加水率で蕎麦を捏ね始めたのは好いのですが、これが硬い硬い。粉の量が多いとそれだけ力がいることになるから、寒かった店内に暖房を入れたのは好かったのですが、打ち終えたらもう熱くて堪らなかった。 750gの蕎麦玉だと、巻き棒を使わなくても75cm幅で90cmの奥行きに伸せば、ちょうど好い厚味になるのですが、1kgの粉の量だと100cmの幅を取らなくてはならないから、どうしても巻き棒に巻いて伸していかなければならない。生地の幅が十分に取れたところで、生地を横に広げて、今度は奥行きの90cmまで生地を広げるのです。750gの蕎麦玉で随分と練習をしたから、その辺の要領はしっかりと身について来た様で、1kgでも11人分の蕎麦が取れたのです。 水を減らして硬く打った蕎麦は、打ち粉もほとんど使わずに、包丁切りもトントントンと切りやすく、今日も切りべら26本で一人前135gの細い蕎麦が綺麗に仕上がりました。蕎麦打ちを早めに終えたら、時間があるので厚揚げ田楽の辛子肉味噌を仕込んでおく。自家製味噌に酒と味醂と砂糖を同量で加えてただ煮込むだけだから簡単。後は急速冷凍して保存しておくのです。メニューに出した当初に比べて注文の数は減ってきたから、やはり新しいメニューが必要か。 サラダの具材を切るのもいつもより早い時間から始められました。金曜日は朝の仕込みが多くないから、11時前にはすべての準備を終える。かき揚げを揚げてスタッフと賄い飯にぶっかけ蕎麦を作って食べる。硬く打った新蕎麦はなかなかの味わいで、カリッと揚がったかき揚げが野菜の甘みがあって美味しいと感じる。その日に打った蕎麦の茹で具合、天麩羅粉の溶き具合などをチェックするには、やはり、開店前に自分で作って食べてみるのが一番なのです。 昼前に、近くの会社の昼休みらしい男性の一人客がカウンターに座ったかと思ったら、すぐにご近所の常連さんがご夫婦でお見えになって、ご主人が辛味大根はないかと言うから、庭から抜いてきたばかりの小さな一本を擦ってお出しした。いろいろ話をしているうちに、今度は隣町の常連さんがやって来て、辛味大根はもう出来ていますかというので、また、小さな大根を卸してお出しする。霊犀亭の庭で採れるものだから、おろし蕎麦と同じ値段でお出ししている。 確かこのお客さんが、「信州あたりではネズミ大根と呼ぶんですよ」と言ったのを思い出して、採って洗ったばかりの大根の形を見せてやる。大根の根の先がネズミの尻尾に似て、尻の方から見るとまさにネズミの形をしているので、お客も納得なのでした。顔面に汗をかきながら、辛い辛いと言いながら蕎麦を召し上がる。今日もお客は少なかったけれど、閉店間際に若い男性が来て、天せいろの大盛りを注文したから、生舟に残っていた蕎麦を茹でてお出しした。 「本日最後だから、サービスの超大盛です」と言ってお出ししたら、二人分近くある量を食べ終えて満足したのか、恐縮したのか、ふりかけのお土産を買って帰られた。今日も皆さん蕎麦湯を残さずに綺麗に飲んでお帰りだったから、店の中での会話も弾んだし、まずまずの営業内容なのでした。スタッフとは「エンジンがかかる前に閉店になってしまったね」と話しながら、片付け物をこなす亭主なのでした。明日からはまた二日間、女将の手伝いで蕎麦を打つのです。 家に帰ったら、忙しい女将はもうスポーツクラブへ出掛けていたから、亭主も売り上げデータと今日撮った写真をパソコンに入力して、3時過ぎには隣町の公営プールへ出掛けるのでした。最近は、少し距離を伸ばして沢山泳ぐようにしているのだけれど、長居をするとゆっくりと泳ぐ他の人たちの邪魔になるから、30分足らずで引き上げるのです。いつものコンビニで、寝酒の焼酎とつまみを買い込んで、相撲を見ながら一足先に一人で一献。心地よい疲れなのです。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

風もなく、秋晴れなのに…

今朝は寒いだろうと思っていたけれど、靴下を履いてジャンパーを羽織ったらそれほどでもなく、pekoの散歩も蕎麦屋回りで、玄関前に待たせて米を研いだら炊飯器にかけて来る。夜明け時に折角蕎麦屋まで出掛けるのだから、少しでも何かやっておけば、後がちょっとは楽になるだろうという思いからなのです。朝から雲一つない晴天で天気予報ほどの風もなく、今日は蕎麦日和なのだろうかと、少しは期待をしていた。東の森の木々の間から太陽が昇ってくる。 朝食を終えて早めに蕎麦屋へ出掛けようと思ったら、注文票が切れているのを思い出して、パソコンに向かって印刷をしなければならなかったのがちょっと失敗。玄関口の南天の実があれほど沢山赤く色づいていたと思ったら、何時の間にか鳥に食べられていたから驚いたのです。蕎麦屋の菜園に新しく撒いた辛味大根の種を、雀たちがついばんでいるのを見つけて、これは堪らんと追い払う亭主。自然の営みの中では、人間の努力も力及ばないものと実感する。 定休日明けは蕎麦を二玉16人分を打つことにしているけれど、今日から新蕎麦の粉を使うので、加水の量を慎重に計算して、後は水回しをしてみて足らなければ更に加水する。一回目、蕎麦粉を捏ねていくうちに、これは拙いと10ccほど水を足す。計算では加水率42%にもなるからこの間までとは大違い。それでも硬すぎるくらいで、随分と力を入れて玉を練るのでした。ほとんど打ち粉を使わずに、伸し棒で力強く生地を伸したら、コシのある蕎麦が仕上がる。 ひんやりとした店内だったから、暖房を入れておいたけれど、二玉の蕎麦打ちを終えると、もう汗ばむほどの暖かさ。水を多めに加えて柔らかく伸すのも、力を入れずに蕎麦打ちをする方法の一つだろうけれど、やはり、少し加水率を下げて力を入れて伸した方が、蕎麦にはコシが出るような気がするのでした。蕎麦粉に水を加えて水回しを始めるときに、プーンと蕎麦の香りが広がるのは、やはり新蕎麦だからであろうか。今日も切りべら26、7本の細い仕上がりです。 サラダの具材を刻んでいた開店30分前に、もう駐車場に車を入れて待つお客がいるから驚きでした。寒いからと店に入って待ってもらうのでしたが、大鍋の湯は沸いていたけれど、天麩羅鍋にも天つゆの鍋にもまだ火を入れてなかった。急いでサラダを盛り付けて、注文を聞けば、ご家族3人がすべて大盛と言うからこれもびっくり。以前、奥様がいらっして、次にお嬢様を連れてリピート。今日はご主人も連れての確か三回目のご来店で、蕎麦好きのご家族らしい。 天せいろとぶっかけ蕎麦を仕上げて、鴨せいろの肉を焼く。ご家族3人がそれぞれの注文した料理を、少しずつ味見をしているからこれは面白い。どれも皆美味しいと言う結論らしかった。真っ先に食べ終わったご主人が、いろいろと話を始めたから心が和むひととき。来年で仕事を終えるけれど、再就職をするつもりでいるらしかったので、生活のレベルを下げたくないとか、家にいると奥様にうるさがられるとか言う人が多いという話をすれば、まさにその通りだとか。 こんなに天気のいい昼時なのに、お客はそれほど多くなかった。昼過ぎにリピーターの親爺様がやって来て、あれこれと蕎麦の話をして帰られたのを最後に、お客の来る気配がないので、今朝おろしたばかりのごま油でかき揚げを揚げて、スタッフと賄い蕎麦を食べる。やはり、新蕎麦は美味さが違うと実感するのでした。店の看板にも、「秋の新蕎麦入荷しました」とでも掲げた方がいいのかも知れない。定休日にあれだけ入念に仕込みをしたのに、がっかりの一日。 それでも、今日のお客は全員大盛のご注文で、蕎麦好きの方ばかりの様子だったから、新蕎麦の美味しさを少しは堪能していただけたかと、嬉しく思うのでした。皆さん、蕎麦湯を綺麗に飲み干して帰られたのは何よりなのでした。明日も相当に冷え込むと言うから、そろそろ鍋焼きうどんの看板も出した方がいいかも知れない。やはり、今年は寒くなるのが早そうだ。寒い冬でなければ好いのだけれど。寒いときに冷たい蕎麦を食べるのは、相当な蕎麦好きだけ。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

薄曇りの陽射しは冷たく…

夕べは居間でテレビを見ていたら、pekoが吠えだしたから、ドアを開けてやると、先に寝室の亭主の布団に潜って眠っていたから驚いた。犬も眠たいときには吠えるものなのだ。後でそっとpekoの傍らに横になって、朝までぐっすりと眠った亭主。お互いに温かかったからか、朝の目覚めも気分がよく、近ごろ散歩も気むずかしいpekoが進んで蕎麦屋に向かうのでした。蕎麦屋の玄関口に彼女を待たせて、白菜の漬け物を樽から取り出して漬けもの器に漬け直す。 朝食を終えたらまた蕎麦屋へ出掛け、やろうやろうと思っていた駐車場の樹木の剪定を開始する。雨上がりの朝だったから、軍手もびっしょりになって手が冷たくなってくる。金木犀を刈り揃えたら、ヤマボウシや芙蓉柳、柊南天まで短く枝を切って、玄関脇のカッシアも来年のためにぐっと背丈を縮めておいた。一度に切ると枯れてしまうらしいので、台風の後に一度切っておいたから、もう大丈夫だろうと思った。切った枝を袋詰めするのがまた一苦労なのです。 割りと時間がかからなかったから、今度は菜園の茄子やシシトウを切り倒して、こちらはそのまま地面に寝かせておく。根っこを抜いた空き地には次に植える野菜のために堆肥を蒔いて耕しておく。冬に向かって今度は何の種を蒔いたら好いのだろうか。昼飯までもう少し時間があったから、油を入れる漉し器を洗ったり、洗濯物を畳んだりして家に戻れば、女将はまだ稽古場で条幅に向き合っているのでした。亭主はpekoを連れて書斎に入り、写真の整理を…。 机の脇の出窓に小母さん座りで腰を下ろしたpekoは、時折顔を覗かせる太陽の陽射しを浴びて気持ちよさそう。しばらく大人しく窓の外を眺めていたけれど、やはり、そう長くは持たない。とんとんとパソコンを打つ亭主の腕を前足で叩くから、犬も知恵が付いている。降ろしてくれという合図のつもりなのでしょう。書斎のドアを開けてやると、自分の居場所の居間に戻っていった。昼はレタスに生姜焼きと女将の作った料理で食事を済ませる。白いご飯が懐かしかった。 食休みにまた亭主の膝に乗って眠り出すpekoを残して、朝から三回目の蕎麦屋参り。稽古場に入った女将に声をかけて、プールと蕎麦屋へ出掛ける旨を伝える。庭の金柑も日に日に色づいてきたので、鳥たちに食われる前に何とか収穫をしたいもの。車に乗り込んでから、蕎麦屋とプールとどちらを先にしようかと考えたのだけれど、まずは午後一番で身体を動かしてから、最後の仕込みに入る方が気分転換にもなると、隣町のプールまで車を走らせるのでした。 プールのある市の建物は台地と台地の切れ目に建っている。田んぼの両脇に森が続いて、里山の紅葉が青空に映えて気持ちよかった。駐車場はかなり混んでいたけれど、プールはそれほどでもなく、シャワーを浴びて準備運動を済ませたら、ゆっくりとアップを開始する。隣のコースでは老人たちが水中を歩きながら話をしている。のどかな午後の光景です。団地のスポーツクラブのプールも来春にはリニューアルオープンをするらしいけれど、どうしたものか。 3時過ぎには蕎麦屋へ戻り、人参のグラッセを作ったり、ブロッコリーやオクラを茹でたりと、細かな仕込みをし始める。小松菜は茹でて小分けにして冷凍。蕎麦豆腐は型に入れて冷蔵庫へ入れておく。そしていよいよ最後に、デザートは何にしようかと、はたと考える。寒い日ならば、朝に蕎麦饅頭を蒸かしても好いけれど、定休日明けの朝は結構忙しい。結局、餡と抹茶のゼリーを別々に作って、時間差で餡を固めてから栗を載せて、後から抹茶ゼリーを流し込んだ。 名付けて「抹茶くり餡のゼリー」と、材料そのものの名を取った。家に戻ればもう女将は出掛けた後で、pekoにが居間で吠える度に、夕飯を食わせたり、散歩に出掛けたり。今日は防犯パトロールのある晩だから、また団地の中を5km の巡回。夜になるに従って、気温はどんどん下がってくるし、今年は冬が早いのだと、公園に集まった老人たちが話をしていたけれど、拍子木を打ちながら、歩いているうちに体温が上がって、帰る頃にはもう汗ばむほどなのでした。

Posted in 日常 | コメントは受け付けていません。

雨のち曇りまた雨の定休日は…

定休日だからとゆっくりしていると後が大変だと考えて、今朝は雨の降る6時過ぎから蕎麦屋へ出掛けて出汁取りに精を出すのでした。pekoの散歩にも行けないし、朝食までの時間をテレビの前で過ごすのも、怠慢すぎる隠居生活のような気がして、身体が動くものだから小1時間の仕込みをすることにした。こうして空いた時間をこまめに蕎麦屋へ通うことで、次の時間を有効に利用できるというもの。晴れていれば、きっと蕎麦屋の菜園の手入れや草取りだった。 駐車場の植え込みには、マンリョウの実がもう赤くなって、ヒイラギナンテンの花が咲いている。5㍑の大鍋が沸くまでに、蕎麦汁や天つゆの鍋を用意して、お茶を一杯飲みながら、あれこれと物思いに耽る亭主。仕事に追われる現役の時代なら、次から次へとやることがあるから、物思いなどしている余裕はなかったのだろうけれど、そこがやはり隠居仕事で、やっていることは毎日の繰り返しで、それほど難しい内容ではないから、どうしてもいろいろなことを思う。 家に戻って朝食を終えたら、お袋様との買い出しの前に、また蕎麦屋へ行って冷やしておいた蕎麦汁を徳利に詰め込むのです。仕入れを済ませたらまた蕎麦屋で仕込みの開始。白菜を漬け込み、カボチャを煮て、冬瓜を切り裂いたら塩もみをして下茹でをする。定休日の一日目の仕込みは、ここまでが限界。鶏の胸肉を買って来たので、半分だけ使って冬瓜のピリ辛煮を作っておく。今週前半の小鉢の材料はこれで十分だから、後は明日の細かな仕込みとなる。 家に戻れば歯医者から帰った女将がpekoの散歩に出掛けるところで、公園までも歩くのを嫌がるpekoに手を焼いているらしかったから、亭主が車をガレージに入れて一緒に騙し騙し先導するのでした。夫婦二人がかりで老犬をやっと出掛ける気にさせるのも一苦労。歩かなければますます身体は弱るし、身体が弱ればどんどんと歳を取ってしまう。元気な時はそれほどでもないけれど、今日の天気が彼女の気を削いでいるのかも知れなかった。雨上がりの昼…。 昼飯に亭主がスパゲッティーを茹でてナポリタンと野菜スープをこしらえる。女将をお師匠さんの家まで送ったら、西の町のスーパーに寄って午後の仕入れ。金柑の初物が出ていたから、特選生椎茸や玉葱、アーリーレッドなどと合わせて仕入れてくる。隣のホームセンターでは厨房の洗剤や消毒液を購入して、蕎麦屋に戻って昼前に仕込んだ料理を容器に詰めてくる。庭の辛味大根は順調な生育で、来週から店で使えるかも知れない。雨がまた降り出した午後。 蕎麦屋の前の畑では、半纏を着込んだ老人が草刈りに精を出している。雨が降ってきたというのに、広い畑を毎日のように行き来しているから大変だ。それも、暇をもてあます隠居の物思いか。家に戻ってpekoの相手をすれば、眠たくないのか腹を出して嬉しがるから、今日はもう蕎麦屋へは行かずに、家でのんびりとすることにして、しばらく付き合ってやるのでした。珍しく早い時間に女将から連絡があって、雨の降りしきる中を車に乗り込み、迎えに出掛ける亭主。 休みの日は、話し相手は女将だけなのに、車で迎えに行っても帰り道はずっと助手席で眠っているから、もう少し身体を動かさなければと考える亭主。最近仕事を辞めたというご近所のご主人が、よく近所の通りを歩いているのだけど、身体を動かすためだけに歩くのも、亭主にしてみれば尚更退屈なので、明日は午前中からプールに出掛けようか。実は、プールで泳ぐだけでも退屈なのですが、隠居生活とはそもそもが時間をもてあます生活なのかも知れない。 雨で散歩も近場だけだったせいか、pekoが元気をもてあまして吠えるのも、判るような気がする。亭主の寝床にやって来て、「退屈だよ」と言っているような気がして、つい共感してしまう。食べて動いて眠るだけの犬の生活にも、案外、何か新しい刺激を求める欲求があるのかも知れない。いや、生き物の習性でそれが当然だろうとは思うけれど、そういう自分は一体どうなのかと考えると、そら恐ろしいのです。金柑大福の季節も近いので、大手亡豆を注文した晩。

Posted in 仕込み, 季節, 日常, | コメントは受け付けていません。

週末の疲れも何処へやら…

二日間も臨時休業にした週末の疲れがやはり溜まっていたのでしょう。今朝は8時近くまで床の中でした。女将もゆっくりとしていたから慌ててpekoの散歩に出掛けて、昨日の鴨鍋の残りに冷凍うどんを入れたものを、湯気の出ているうちに食べ始める亭主。食後に居間の回転椅子で寛いでいると、また、pekoがやって来て膝に乗せろと言う。もう自分の力では滅多に飛び乗ってはこないから寂しい。こうやって亭主の膝枕で寝入るのが最近の朝の光景なのです。 昨夜も片付け物に出掛けた蕎麦屋から戻った夫婦が玄関を空けると、二階へ続く階段の中程に座り込んだpekoを発見。しっかりと締まっていなかった居間のドアから、部屋を抜け出して二階に行こうと思ったのは好かったけれど、途中で上に上れなくなって、降りることも出来なくなったしまったらしい。二階に飛んでいって粗相をしていないかと調べた女将が、「まだ、階段を登り切っていないのよ」と言うから、犬も目に見えて老いるものなのかと悲しく思ったのです。 台所で洗い物をする女将に珈琲を一杯だけ所望して、やっと目を覚ますのでした。pekoを眠らせ、静かに立ち上がって洗面を済ませれば、もう蕎麦屋へ出掛ける時間をとっくに過ぎていたのです。9時過ぎに蕎麦屋に着いて、まずは米を研ぎ、炊飯器にかける。そして、蕎麦を打ち始めるのでしたが、明日が定休日の月曜日だからと、大玉小玉の二玉を打って13人分を用意する。丸出しから四つ出しまでは順調で、前後左右のバランスが好いので本伸しも丁寧に…。 果たして、今朝も切りべら26、7本で135gと、細くてコシのある蕎麦が仕上がりました。後は茹で方次第、水で洗って氷で締めて水切りをしたら、すぐにお客が食べてくれればの話だけれど、美味しくないはずがないという自信がありました。開店までの時間は押していたのですが、天麩羅の具材を仕込みながら、無事にサラダの野菜切りまで終えて、盛り付ければ今朝の仕込みは終わり。奥の座敷で亭主が一服している間に、スタッフが暖簾を出してくれるのでした。 昼前に老母と中年の娘らしき最初のお客がいらっして、ステーキ丼とせいろ蕎麦のセットとカレー蕎麦のご注文。温かくて軽いものを食べたいというお年寄りに、天麩羅蕎麦でもいかがですかとお勧めしたけれど、どうしてもカレーが食べたかったらしくて、丼も綺麗に汁まで飲んで帰られたから好かった。続けて農作業の出で立ちで、歩いていらっしたらしい御老人と少し若い女性が、天せいろの普通盛りと大盛のご注文。やけに賑やかな老人の話を聞くのも大変。 この辺りの農家の方ではないので、近くで畑を借りて家庭菜園でもやっている人たちなのだろうか。お二人とも地下足袋を履いているから珍しかったのです。昼を過ぎてからは、大きなバイクを店の前に止めて、待ち合わせでもしている様子だったので、中で待ってもらった。聞けば、蕎麦が美味しい店があると友人に聞いて、遠い町からわざわざやって来たのだとか。遅れてきた友人を見れば、よく店にいらっしゃる方だったから、すぐに打ち解けて話をするのでした。 こちらは、採ったばかりの小さな辛味大根をおろし蕎麦に変えて、さらにカレーライスまで頼まれたから、相当な食べっぷり。バイクのお客も天せいろも大盛で、やはり亭主よりはずっと若い世代なのでした。閉店前にいらっしたこちらも少し若いご夫婦で、無口そうなご主人が蕎麦がコシがあってとても美味しかったと言って帰られた。平日にしては結構お客が入って、生舟にはもう蕎麦が残り少なかった。暖簾を下ろしてスタッフとやっと遅い賄い蕎麦を食べるのです。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

義母の七回忌で臨時休業…

亭主の万歩計では、昨日の歩数は1万5千歩。昨夜と言っても、午前0時で日付が変わっていたのだから、終電で団地の駅に着いてから家に着くまでの3000歩は今日の歩数にカウントされる。合計1万8千歩余り、距離にして約12kmも歩いていたのだから、疲れ果ててぐっすりと眠れたわけだ。朝の7時に目覚めたときには、もう女将がpekoの散歩を終わらせてくれていた。朝食に最後の蕎麦を茹でて食べ、昼食の仕込みに急いで蕎麦屋に出掛けて行く亭主でした。 鴨鍋の具材の野菜を切って鍋に並べたら、汁を作りながら、半生のうどんを茹でて水で洗っておく。白菜のお新香を切ってカウンターに乗せ、洗い物をしていたら女将から電話で、下の娘の家族がもうそろそろ到着すると言う。到着を待って孫たちに飲み物を用意してやりながら、一旦、家に戻って喪服に着替える。女将を連れてお袋様を迎えに行くから、慌てて着替えも持たずに蕎麦屋へ戻る。霊園の集合時間は10時半だったから、久しぶりに皆で話をしていた。 娘の旦那とは仕事の調子を、一回り大きく成長した孫たちには学校の様子をそれぞれ尋ねる亭主は、久しぶりに好々爺なのでした。10時過ぎには霊園に向かい、今度は待合室で皆が揃うのを待つのです。息子夫婦と孫たちが到着して、またまた久しぶりの会話。法事というものは、実に有り難い行事で、普段、遠くで暮らす親族が一堂に集って、お互いの近況を伝え合うことが出来る。上の娘のところは出産前なので大事を取って、今日は珍しく集まれなかった。 来春からは6人の孫と子どもたち夫婦が集まる大家族。考えたら、女将も亭主も随分と歳を取るわけです。お袋様もまだまだ元気で曾孫たちを前に目を細めるばかり。小さな孫たちの成長ぶりは、こうして大勢が集まったところでも皆大人しくしているのですぐに判る。お坊さんが到着して、皆が本堂に入っても、泣いたり騒いだりする幼子がいなくなったのは驚きなのでした。天気は秋晴れの快晴で、長い読経も今日は有り難い言葉に聞こえるから不思議なのでした。 小さな孫たちも皆大人達の真似をして、仏前で神妙に手を合わせ、義母の冥福を祈ってくれるのでした。そしていよいよ昼食会直前の準備。亭主が言えに車をおいて着替えをしたら、女将の着替えを持って蕎麦屋へ行けば、鍋の汁を入れて準備をしてくれていた。煮物やお新香を出して、子どもたちにはパウンドケーキを切り分けて、後は注文してあった鮨の届くのを待つばかり。お袋様と息子と亭主がビールを飲んで、運転する者にはノンアルコールビール…。 遠い所を今日は有り難うと乾杯の音頭をとって、本当に久しぶりに皆で楽しく食事をするのでした。店の中が賑わっているのを営業中かと勘違いしたお客が、ちょうど一台分空いた駐車場に車を止めてやって来る。「今日は法事なもので臨時休業なのですよ」と女将が断りに出てお帰り願ったけれど、昨日今日などの週末には、本当ならばかなりの混雑が期待できるのです。また、明日から、商売に励むことにして、亭主も昨夜に引き続き、美味しく酒を飲むのでした。 子や孫たちの成長を喜ぶのは、やはり人の親だからか。十年以上も連れ添った子供夫婦もすっかりいいパパとママなので安心する亭主。今は昔と違って女性も共に働く時代だから、生活のスタイルも随分と違うのだろうけれど、健康であれかしと願わずにはおれないのでした。片付け物は女性軍が手を貸し合って、集団調理を仕事にしている下の娘が、厨房に入って手慣れたスピードで洗い物。正月も4日から仕事が入っていると言うから、忙しい年頃なのです。 コーヒーを飲んだら皆それぞれに帰路に就く。車の窓から手を振る孫たちに、「また来てね」とと言って年寄り夫婦も家路をたどる。夜になって相撲を見ながら夕食を終えたら、「今日はあまり動いていないから」と女将が蕎麦屋に一緒に来てくれて、片付け物やら洗濯物やらを手伝ってくれた。家から持って来た鍋を抱えながら、手がかじかむので今夜も相当に冷え込む様子。明日からは、いよいよ新蕎麦を打っての営業で、年末までまたひとっ走りという感じなのです。

Posted in 季節, 料理, 日常, 星・月, | コメントは受け付けていません。