秋晴れの日の寂しさ…

定休日の朝は例によって9時間睡眠からの目覚めなのでした。よくもこんなに眠れるものだと自分でも驚いているのだけれど、単に惰性なのではなく、途中で何回かは目を覚ましながらも、身体が睡眠を欲しているのかも知れないと思うのでした。pekoの散歩を替わってくれた女将が朝ドラを見ている間に、昨日の残った蕎麦を茹でて一人で食べる亭主。お袋様と仕入れに出掛けるから、急いで洗面を済ませて車に乗り込めば、今日は気持ちのよい秋晴れです。

二週間ぶりだから、車を走らせながらお袋様とお互いに近況報告をし合うのでした。台風の狭間で出掛けた亭主のダイビング遠征は話題に事欠かないし、お袋様も地域の福祉のバザーに自分の作品を出すのだと張り切っている様子。農産物直売所と隣町のスーパーで、亭主に負けないほど沢山の食材を買い込んで、今日一日かけて一週間分の仕込みをするのだと言うから頭が下がる。亭主は野菜類を蕎麦屋の冷蔵庫に詰め込んで、今日はそのまま家に戻る。

天気のいいうちに久しぶりに城址公園に出掛けようと、夕べのうちに話していたので、女将は玄関口でもう準備を終えていたのでした。一年ぶりにpekoを車に乗せて、車で15分ほどの城跡の公園まで出掛けて行ったのですが、駐車場から歩いて広い公園内に入ろうとすると、どうもpekoの様子がおかしいのです。早足で歩こうとする女将に、腰を下ろすようにして行きたくないと意思表示をするものだから、亭主が車に乗せて公園の反対側まで連れて行くことになる。

一人で城跡内を歩いてきた女将と銀杏並木で合流して、pekoもやっとその辺りを歩き始める。「歳を取ったら長く歩くのは御免なのだよ」と、同じく老いた夫婦に言っているようなのでした。家の近所でも、年老いた小型犬を散歩の途中で抱きかかえて歩いている奥様の姿を見ることがあるのでしたが、pekoの重さでは途中で抱いて歩くことは出来ないから、これは困ったと夫婦で顔を見合わせる。人間よりも急速に老いるのが犬の宿命だから、こちらが慣れなければ。

帰り道も車の荷台で、静かにゲージの中で眠っているから、人間ほどには秋の晴天も紅葉も気晴らしにはならなかったのかも知れない。去年までは、広々とした公園の中を元気に駆け回っていたのに…。亭主がこの頃、長い時間眠るようになったのも、もしかすると、pekoと同じように老いの徴候なのかも知れないと、ふと、考えてしまうのでした。昼は女将と一緒にまた蕎麦を食べる亭主。人間は歳を取ってもそれなりに、お互いの会話で老いを忘れるからいい…。

女将がスポーツクラブに出掛けても、亭主の膝枕で寝込んでいるpekoを降ろすのも忍びなく、亭主は居間のソファーに座ったままテレビで洋画を観ていたのです。以前に何度も見ている筈なのに、所々、忘れているからついつい最後まで見てしまう。同じ書物は決して二度は読まないなどと豪語していた若い頃は、自分の記憶と感性に自信があったのだろうけれど、何度も読み返すようになったのは、いつの頃からだっただろうか。それは、決して「老い」ではなかった。

今日の仕入れで今年初めての柚子が出ていたから、ふと買い物籠に入れたのだけれど、去年は何に使ったのだったかと、ふと考えてしまう。これは記憶が不確かになった証拠。夕刻に、女将に言ったら「白菜の漬け物やなた漬けに使っていたじゃない」と言われて思い出す。午後は蕎麦屋へ出掛けて、珈琲を飲みながら、出汁を取ったり、煮物をしたり。自然と身体が動くから、夢中になっている近い過去の経験は、鮮明に覚えているのものなのだと感心する。

牛刀でカボチャを切ること一つにしても、天麩羅の具材用に形を整えて、端切れはカレーや煮物に使おうと、食材の有効利用は随分と進化してきている。食べ物には敏感に反応する食いしん坊のpekoの動きもこれによく似て、台所で何か作ろうとすると飛んでくる。犬も人間も何かに夢中になれる間が老いを忘れる時なのか。蕎麦汁や天つゆを冷蔵庫にしまって、洗い物を済ませたら今日の仕事はお終い。明日は何をしようかと考えるのは恐らく人間の方だけか…。

天気晴朗なれど風強し…

昨夜は久しぶりにテレビの前で洋画でも観ようとゆっくりしていたら、眠たくなったpekoが吠え始める。膝に乗せたりして騙し騙し映画を見終えてテレビを消せば、もう亭主が寝室に向かうドアに駆けていくから犬もさるもの。しばらく留守にしたから甘えたいのだろうか、布団の中に潜ってしばらく気持ちよさそうに腹出しをして、何時の間にか布団から顔だけ出して眠っているのでした。そのまま朝まで亭主も寝込んで、夜明け前にpekoと共に起きて朝の散歩に出る。

少しずつ風が出て来て雲もなく、綺麗な秋晴れの一日になりそうな朝なのでしたが、風が吹くとお客は少ないと言うのが、これまでの経験知。果たしていかがなものかと、準備をして開店。昼になるに従って、風はどんどん強くなるばかりでしたが、昼過ぎにはリピーターのご夫婦がいらっして、ステーキ丼とせいろ蕎麦のセットをご注文。雨や風にも負けずに、店を開けておくのが大切だと言うことを学んだ一日でした。それでも、やはり風の強い日は、お客が少ない。

今朝の蕎麦打ちは昨日に引き続き39%の加水でちょうど好い硬さ。ほとんど打ち粉も使わずに75cm×90cmの生地を伸して、今日も切りべら26本で一人前135gの蕎麦を仕上げるのでした。蕎麦切りも、トントントンとリズミカルに包丁を降ろすのがポイント。お客の来る前に賄い飯のぶっかけ蕎麦を茹でて食べたのですが、久しぶりに美味い蕎麦を食ったという感触。天麩羅も新しい胡麻油で、粉の硬さもちょうど好い具合で、からっと揚がって美味しかったのでした。

一本の蕎麦の太さが綺麗に揃うかという課題も今日は何とかクリア。駒板の送りと集中力がやはり肝要なのかと反省をする。臨時休業中に親類と他の蕎麦屋へ蕎麦を食べに行ったと言うスタッフが、やはり自分の店の蕎麦が一番美味しいと言うのを聞いて少し安心する亭主なのでした。掻き揚げもカラッと揚がって、新しく使って様子を見ている胡麻油と綿実油の混合油も、なかなかのもの。それにしても、昨日今日と天せいろが出ないからちょっと残念なのです。

今日もデザートには紅芋のきな粉大福を作ったけれど、今日は一つも売れなかった。野菜サラダも出なかったから、すべて家に持ち帰る結果となる。小鉢はナスとキュウリと大葉の浅漬けと、女将の作った筑前煮。インゲンの綠を添えたら彩りも好いだろうと思っていたのに、仕入れてくるのを忘れたから仕方がない。ステーキ丼の注文で人参のグラッセとブロッコリーの茹でたのが出たのが嬉しかった。いろいろ仕込んではあるけれど、お客が少ないから残念無念。

閉店時刻の2時を回って片付け物をしていたら、女将が今日の廃棄の料理を取りにやって来る。両手に重い袋をぶら下げて帰ってくれるから有り難い。定休日の家での食材になるから無駄にはならないけれど、自分たちで食べていては世話がないのです。蕎麦も沢山残ったから、また、蕎麦三昧の日々が続く。こうした日々を乗り越えてこそ、お蕎麦売り切れの日がやって来る。それを何度繰り返しても、そのギャップに気持ちが疲れることが確かにあるのでした。

家に帰れば玄関の入口に、石垣島から送ってもらった撮影機材がもう届いていたのでした。出発したその日に発送してくれたのでしょう。あちらは台風が過ぎ去ってきっと天気も良好。ただ今日の強風ではないけれど、海のうねりが残るのかも知れない。今度は3月に出掛けられればいいと、もう春休みを楽しみにしている亭主。11月も調理師学校の調理祭や高校時代のクラス会、義母の七回忌などと臨時休業にしなければならない日があるから結構忙しいのです。

終日の雨の中を…

昨夜も早く休んだのに、ブログを付けながらもう意識は朦朧としていた。今朝も朝から雨。昼の間は風もそれほどではなさそうなので、蕎麦屋は営業をすることにした。どうやら台風は夜のうちに通りすぎていくようだから、今夜の営業を臨時休業にして、昼の営業に全力投球をすることにしたのです。雨でお客が来なければ仕事にはならないけれど、取りあえず蕎麦は二玉を打っておくことにしました。久しぶりに好きな蕎麦が打てるのは、やはり楽しい蕎麦屋の亭主。

気温も低いけれど湿度が80%近いので、今朝の加水率は39%。これが絶妙の水加減で、打ち粉も使わずに伸し棒で蕎麦を伸し広げ、八つに畳めば、トントントンと綺麗に蕎麦が切れていく。最近はあまり水加減にも悩まなくなったから、やはり、少しは上達してきているのでしょう。ちょうど一週間、蕎麦打ちから遠ざかっていたのに、忘れないものだと自分で感心するから世話はない。1人前135gで切りべら26本と、かなり細めの蕎麦が最近の亭主の蕎麦打ち…。

それにしても、石垣島で食べた更級粉の蕎麦は、更に細くて白かった。和食店の亭主のこだわりなのか、わざわざ北海道から真空パックにしたものを取り寄せているのだと言っていた。店主が見せてくれたのだけれど、あまりにも細すぎるから、よほどの名人が打ったのだろうか、それとも、少し前に話題になった十割蕎麦も打てるという蕎麦打ち機で打った蕎麦か。茹で方もあるのでしょうが、コシを感じるには細すぎたか。いい経験をさせてもらったけれど…。

霊犀亭の蕎麦は細いと言っても、計算上は、{75cm(伸し幅)÷2(横折)-1cm(両端の切り落とし、切り残し幅)}÷26(切りベラ)×8(人前)だから、どう考えても1.7mmぐらいの細さになる。茹でれば少し太くなるから、このぐらいがちょうど喉越しもよく、食べやすいのではないかと、最近では思うのです。生地の縦の折り方と端切りを工夫して、細くても短く切れないようになったから、当分はこれで行こうと思っている。課題は一本の蕎麦の幅が均等に切れているかどうか。

こんな雨の日だというのに、開店前から来てくれたのはやはり常連さんやリピーターのお客さん。人参のグラッセを作り、ブロッコーリーやオクラを茹でて、今日のデザートに紅芋きな粉の大福を包んだら、いよいよ野菜サラダの具材を刻む作業にかかる。もう開店10分前だけれど、最初のお客の車が駐車場に入ったのが、ちょうどこの時で、天麩羅の具材はまだ切ってもいなかった。注文は鴨せいろとヘルシーランチセットのご注文だったから、急いでサラダを盛る。

女将の方も、まだ生姜を擦っていなかったけれど、お茶出しをして盆や皿のセットにかかるのでした。料理が出来上がる前に、もう次のお客がいらっして、カウンターに腰を下ろす。「潜りに行っていたようですね」と、ブログを見て来てくれたらしく、今日から営業と分かっていらした様子。皆さんお蕎麦は大盛のご注文で、全部蕎麦を出し終えてもまだ昼前なのでした。外は雨が激しくなっているというのに、本当に有り難いことです。デザートの大福はすべて売り切れ。

「また来ま~す」と、雨の中を帰って行かれるお客たち。午後からは激しい雨になって、暖簾を下ろして女将と家路につく頃には土砂降り。気温もどんどん下がってきたから、今日は鴨鍋うどんにしようかと、女将が言う。終日、外に出られないpekoは幾分元気をもてあましているようだけれど、こんな日もあると諦めた様子。明日は一日中秋晴れが戻ると言うから、明後日の定休日には、女将のお稽古もお休みなので、城址公園にでも出掛けようかと話をする晩でした。

台風を越えて…

結局、初日の時差ぼけがそのまま最終日まで続いて、今朝も4時起きで帰りの荷物をパッキングした。一難去ってまた一難で、最後のダイビングを無事に終えたと思ったら、今度は帰りの飛行機が台風のために飛ばないのではないかという心配をする。部屋にある大画面のテレビを点けたら、那覇空港関連の便はすべて欠航。沖縄本島では避難準備の指示まで出ているのだとか。石垣島も影響を受けないはずがないから、気が気ではないののが亭主の胸中…。

朝食の時に船長が「10時に臨時便が出る」と、いち早く運行状況を調べてくれて言ってくれたのが頼みの綱。亭主の乗るはずの便は、手前の宮古島へ着陸するかも知れないという航空会社の案内なのでした。早めに宿を出て空港に着けば、台風のために前便に振替が可能と言うことで、無事に搭乗手続きを済ませたのです。時間が早かったから、座席も「1のA」と最前列の窓際の席を取れたので、台風の様子を見ながら予定より早く羽田に着くことが出来る。

不幸中の幸いとはまさにこのこと。土産物を見て歩く暇もなく、搭乗口前の椅子に座って飛行機に乗り込む時間を待つのでした。変更前の便は予定時刻には空港に到着していなかったから、遅れているのか宮古島に向かったのか。ハラハラした疲れで、座席に着いたらもう眠くなるのでした。秋雨前線と台風本体の引き連れた雲で、日本列島の大半が雲に覆われているのが、目で見て分かるのが凄い。自然の営みに思わず畏敬の念を抱きながら、一路羽田へ…。

出発して小一時間、どうやら左手前方で雲が渦を巻いているのが台風本体のようだった。とすると、台風中心付近の雲はそれほど大きくはなさそうなので驚いた。そこから更に1時間以上も飛んでも、雲が切れないのだから驚きです。途中、飛行機よりも高いところに雲の壁が長く立ちはだかっているのを見た。海でもそうだけれど、きっとあれが秋雨前線なのに違いない。羽田は小雨の状態で、飛行機を換えたお蔭で早めに家に戻れた。早速、仕入れに出掛ける。

明日と明後日の二日間の営業だけれど、出汁を取って蕎麦汁や天汁を作り、小鉢の煮物をしておかなければなりません。久しぶりに女将と二人で、早めに夕食を終えてから、雨の中を蕎麦屋へ出掛けて、二時間ほど仕込みに集中するのでした。長い移動でかなり疲れていたから、蕎麦豆腐を仕込むのも、デザートを仕込むのも、天麩羅の具材を切るのもすべて明日の朝の仕事とすることにして、今日はこれまで。明日は一日雨だと言うけれど、お客は来るか。

 

陸に上がった河童は…

昨日は久しぶりのダイビングで、しかも3本も潜ったから、身体は相当に疲れていたのでしょう。9時半には自分の部屋に引き上げたかと思ったら、そのままもう爆睡で、8時間も目が覚めなかった。風の音に起こされて、やっと辺りが明るくなっているのに気づいたから、撮影器材のチェックを済ませて、ラウンジに降りて朝食の時間を待つのでした。気がかりなのは、今日の海の状況。北風に白波の立つサンゴ礁内を眺めながら船長の現れるのを待っていたのです。

果たして、いつもよりも早く海に出ると聞いて、ほっとするのでした。8時過ぎに昨日の女性客がやって来たので、早速、港に出発です。なんと、8時半にはもう船を出していたから、波の荒くならないうちにとの船長の配慮だったのでしょう。1本だけ潜って、港で船を陸に揚げると言うことなのでした。最後の1本とあって、2台のカメラもストロボも電源を入れたままで、海底の魚たちを狙って、何回もシャッターを切るのでした。魚たちの表情が撮れれば最高なのです…。

海の中は、昨日よりも視程が悪く、景色を撮すというわけにはいきませんでしたが、あちらこちらの岩場に付いたイソギンチャクの中に、いろいろな種類のクマノミがいて、珍しくクマノミの写真を沢山撮る亭主なのでした。台風が近づいてきているのを察知するかのように、クマノミを包んだまま、イソギンチャクがタマネギのようにしぼんでしまっている光景に何度も出くわす。水温も、昨日よりは冷たくなっているから、やはり台風の影響がサンゴ礁内にもあるのです。

浅瀬のポイントに1時間近く潜って、最後のダイビングを堪能させてもらった亭主。船に上がると、遅れてきた他の船がやはり同じポイントでお客を案内しているらしかった。島の北部でのダイビングは、島の南側の街寄りに比べてお客も少ないから、いつも出会うのは同じ港から船を出すショップ。この時期は夏と違ってお客も少なくなって来る時期だから、どの船も2、3人しかお客は乗っていなかった。白波が立つサンゴ礁を早い時間に港に戻る船。昼前に宿に戻る。

最後のダイビングを終えて、奥様の作ってくれた弁当を肴にして生ビールで乾杯するダイバー二人。初対面の者同士でも一緒に潜るうちに言葉を交わすようになるから不思議。家族のことや仕事のことなどいろいろと話をして打ち解けたところでお別れです。船長たちが港から帰るのを待って、一人旅は気が楽だと彼女は次の宿に向かうのでした。亭主は誰もいない宿の広いラウンジで一人、写真の整理やログブックを記録して、今回の遠征を締めくくるのでした。

今夜は亭主一人が泊まり客で、明日のお客も台風到来でキャンセルしたと言うことなので、客と家族、スタッフと全員の食事を作り続ける奥様に、外で食事をと提案してあった。和食のお店の予約が取れたと言うことなので、楽しみに晩を待っていたのです。中学に通う娘さんが学校から帰ってきたら、さあ、船長の運転で街へ出発なのでした。北部の宿から市街地までは車で30分あまり。目的地は、以前、船長に昼に連れて行ってもらったことのある小さなお店でした。

霊犀亭と席数も同じで、やはりご主人が一人で厨房に入っている。今日はお任せメニューで頼んであると奥様に言われて、何が出てくるのかと皆で楽しみにしていたら、懐石風に凝った先付けにはフグのたたきのアン肝和え、マグロとヒラメとイカのお造りなど新鮮な料理が次々とでてくるから驚きなのでした。聞けば、全国規模の某有名和食の老舗に長いこと勤めていたのだとか。食材も島のものではなく京都から送ってもらっていると言う。いろいろと勉強になった晩。

めまぐるしい台風の季節の狭間で…

昨日は、久々の休肝日だったからか、実にぐっすりと眠れた。それでも時差ぼけで、いつもの時刻には目が覚めてしまうから、撮影機材のセッティングをしたり、外が明るくなる7時近くまで時間を潰すのが大変でした。朝食にはまだ早い時刻だったけれど、ラウンジに降りていけば、やっと南の島に到着したのも束の間、テレビの台風情報では、週末にはもう次の台風が近づいてくると言うから困ったものです。これも、この10年間あまりで初めての経験なのでした。

宿の「野空海(のぞみ)」の奥様が作る純和風の朝食に舌鼓を打ちながら、ラウンジから一望できる伊原間湾の様子を眺めるのです。北東の風が吹いて、時折、白波が立っているから、ダイビングをする海の状況としては、あまり好ましくない。それでも、晴れ男を自称する亭主の面目を保つかのように、太陽が暖かな日差しをくれるから、今日は海に潜れそう。一緒に船に乗る静岡から来たという若い女性と亭主の二人が船の客で、船長とスタッフの四人で海に出る。

チェックダイブを兼ねて、港から近い湾の中で1本目を潜ったけれど、やはり、視程はあまり好くない。それでも、20m以上は見えるからさすがは南の島なのです。海の中の景色を撮るのが好きな亭主には、ちょっと残念なのでしたが、セットしてきたカメラのストロボを炊いて、間近なところにいる魚やカメを写しながら海中を移動する。ガイドの船長が気を遣ってくれて、岩陰で眠りこけているアオウミガメやホワイトチップの子供を見つけて、指で知らせてくれるのでした。

2本目はリュウキュウキッカサンゴの群生する広い海底を散策。何度訪れても、広大な風景に圧倒されます。ゆっくりとフィンキックだけでかなりの距離を移動するから、平素のプール練習もまんざら無駄ではないのです。水温は26℃と、台風が海の中をかき回してくれたお蔭で、少し下がっているらしいけれど、それでも内地の気温よりはるかに暖かいのが嬉しい。船に上がると、風が強いから熱を奪われて寒く感じるけれど、用意してくれたお湯をかぶって暖を採る。

宿に戻って、奥様お手製の新メニュー鶏肉とナスのピリ辛丼を食べたら、二人とも元気が戻って、「台風が近づいているので、明日は潜れるかどうか分からないから、午後にもう1本潜っておきますか…」と言う船長の提案にも同意するのでした。海は白波が立って、朝よりもさらにあれてきた様子。陽が出ているのが唯一の救いで、台風の進路が気になる亭主なのでした。帰りの飛行機が飛ぶかどうかの心配もさることながら、週末は関東をまた台風が通過するのか。

先週も台風のために蕎麦屋を臨時休業にしたのに、今週末もまた営業できない可能性があるとは、滅多にない出来事。そんなことを考えながら、3本目のダイビングに出る。ここもよく来るポイントで、白い砂地の続くポイント。キンメモドキやスカシテンジクダイの群れるメインの岩場まで、結構、長い距離を移動するのだけれど、季節のせいか途中の岩場の珊瑚の間にも、小さな幼魚たちがびっしりと付いていた。可愛らしいカマスの幼魚も仲間に入ってものすごい数。

 

 

再出発の日…

昨日は、空港の搭乗口前のベンチに腰を下ろしたまま、ぐっすりと眠り込んでしまった亭主は、出発便に乗り遅れてしまったのでした。最近の亭主の早寝早起きが祟って、朝が早いものだから昼食をとった後でもう眠くなる。いつもなら、搭乗のアナウンスで目が覚めるのに、昨日は昼の酒がきいたのか、目が覚めることがなかったのです。あまり早くから空港に行くのも考えものだと思いつつ、乗り換えのない電車に乗るから、今朝も同じ電車で昼前には空港に着く。

今日は空港内のドコモショップに寄って、携帯の調子を見てもらったら、やはりバッテリーの劣化で、充電をしてもすぐに放電してしまうというので、スイッチを切って非常用の連絡にだけ使うことに。電池を売っている店で新品を購入すれば、問題は解決するという。昼食は食堂で済ませて、コーヒーを飲んだり、煙草をすっりた、土産物を見たりと、昨日のようには眠らずに登場を待つのです。雨の中を離陸した飛行機からは、雨に曇る都会の幻想的な景色を眺めた。

雲の上を約三時間、隣の席に座った、札幌からやはりダイビングに来たという小母さんと話をしながら、退屈せずに空の旅。久しぶり聞く北海道なまりの抑揚が懐かしいのでした。同じ札幌に住む年老いた叔母を思い出す。空港には海メロで春から働いているというスタッフが迎えに来てくれた。仕事は大変だけれど楽しいと、亭主の蕎麦屋と同じ。若いうちの経験が、いつか生きるものだと、自分の遙か昔の若い時代を振り返る。まだ、何ものでもなかった自分…。

人間が自分にある種の意味を見いだすのは、いったいどんな契機からなのだろうか。進学、就職、結婚、そして退職…。どんな場面でも一つの人生を選択し続けるから、その指針となる自分の生き方の基準みたいなものが、少しずつ固まってくるのかも知れない。だから、いろいろな経験が人生を豊かにしてくれるのでしょう。若いうちの苦労はかってでもしろと、よく親父が言っていたのを懐かしく思い出す。何になるのかではなく、どう生きるのかが豊かさに繋がる。

海メロのラウンジは、ついきのうまでもここにいたような雰囲気で、オープンカウンターでは奥様が皆の夕食の用意をしている。昨日の失敗を反省するために、今宵は酒を飲まなかった亭主。隣の席にはご主人がフランス人らしい家族。日本語とフランス語とが入り交じって聞こえてくるのが耳に心地よいのです。蕎麦屋を始める前年に、パリの街で「かっぱ橋」を歩き回ったのが懐かしい。ガレットを焼く鉄板を買いたかったけれど、到底持って帰ることは出来なかった。

「本当に、飲まないのですか?」と残念そうに、酒の肴にと奥様が作ってくれた先付け三種は、料理の楽しさが満載なのでした。今ある食材で出来る料理を工夫するという点で意見が一致。もずくととろろとオクラは、暖かいこの土地ならではのさっぱり味。例によって次々と料理が運ばれるから、今夜は少しだけご飯をいただいた。近年、酒を飲まない夜も珍しいのだけれど、これも単に習慣なのだと改めて気がついた。煙草も同じだろうか。夜は8時半には床に就く。

半年振りの遠征出発の日…

夜明け前に目覚めて、珍しくお腹に優しい玄米茶を一杯。書斎のパソコンに向かって今朝のニュースを見たら、メールチェックとホームページのアクセス解析。石垣島の天候のチェックも忘れない。そうしているうちに夜が明け始めるから、居間のpekoの様子を見に行けば、もう朝食の催促なのです。仕方がないから、散歩に出る支度をして彼女が食事を済ませるのを待つ亭主。明け始める東の空が綺麗に朝日に染まっているから、今日は好い天気になるのか…。

みずき通りも紫だちたる雲がかかって、静かな夜明け時なのでした。昨日の夜から考えていた冬の新メニュー。やはり鴨鍋が美味しいだろうと思うのですが、駆け出しの蕎麦屋が何処まで手を広げられるのかと心配になる。若い調理人ならば、焼き物を焼き、天麩羅を揚げてと順を追って修行を進めるのだろうけれど、やっとサラダの野菜切りを思うように出来るようになったばかりで、天麩羅はまだまだ。簡単な和菓子のデザートも、作ればいいと言うものではない。

肝心の蕎麦は今のところ順調に打てているけれど、何事にも次の段階というものがあるはず。十割蕎麦や変わり蕎麦にも挑戦したいとも思うけれど、まだまだ余裕がない。あまり性急になってはいけないと、こうして年に何回かの季節の休みをとるのだから、心を静めてリフレッシュすべきなのだろう。懐かしい南の島の人たちと旧交を温めて、素敵な海の景色を眺めて来るのがいい。日の出の位置が少しずつ北に変わってきた。この秋一番の日の出の朝でした。

団地の駅まで30分も歩き、更に1時間半も電車に揺られて空港の駅に着けば、地上階へ上るエスカレーターには多くの人の列。何故か階段を使って登るのが、亭主の生活スタイルなのだけれど、さすがに、普段から階段を使う生活が少なくなっているせいか、足腰が弱っているのを実感するのでした。まずは腹ごしらえと、いつもの寿司屋へ向かうのでしたが、3月には混んだ連休の後で、店の仕込みが間に合わないとかで入れなかったので、ほぼ1年振りになる。

確か去年は、横浜の娘の所へ行く女将と一緒だった。「お久しぶりです」と、店長の前のカウンターに案内されて、蕎麦屋の近況報告をする。「焦っちゃいけませんよ」と、寿司屋は天麩羅を扱わないという話をしてくれた店長。あれもこれもやりたいのが調理人だけれど、鮨を握らなければ寿司屋ではないと言うから納得。蕎麦を打たなければ蕎麦屋ではない…。隣の席に座った食通らしいご夫婦とも楽しく話をして、酒が進んだのはよかったけれど。まさかの展開に…。

台風一過…

衆議院選挙の速報と台風情報を交互にテレビで見ながら眠った夜でしたが、ビュービューと送電線が風に鳴る音で目が覚めました。こんなに台風が近くを通りすぎるのも、近年、珍しいことで、幸いこの辺りは雨の方もそれほどではなく、6時過ぎには降り止んだのでpekoの散歩に出掛けたのです。やはり相当に風が強かったと見えて、みずき通りのハナミズキの紅葉も綺麗に葉を散らしているのでした。選挙結果は予想通り。歳を取ると世の中を見る目もできるのか。

一週間も店を休むからと蕎麦屋の新聞を止めてもらったので、久しぶりに家で新聞を読んだら、今回の選挙の結果がやけに批判的に書かれているから驚いた。世の中の多くの人が選んだ結果を、どこか斜(はす)に構えて上から目線で批判する姿勢は、どこか傲慢なような気がするのでした。その新聞の傾向を知りながら、長年に渡って取り続けてきたのも、若い時代の亭主の気構えだったのだろうか。歳を取って自分がどんどん安定志向になってきたのかも…。

強風で蕎麦屋の枝を払ったカッシアがまた根本から傾いていたから困ったものです。根の浅い植物のようなのに、どうしてあんなに大きく育ってしまうのだろうか。人間も根が張らないのに背伸びばかりしていると、強い風になぎ倒されてしまうといったどこか暗示的な出来事…。そう言えば、高校時代に中央線沿線の山歩きに凝っていた頃、仲のよかった友だちを日帰りのハイキングに誘ったら、体よく断られたことがあった。それも何かの符牒だったと今にして思う。

冬場に色づく家の庭の金柑も、今朝の風で熟した実が少しは落ちている。それでもしなやかな枝振りが風に耐えて、沢山の実を付けたまま、凛として立っているから大したもの。こうした自然の理を若い時代にはなかなか体得できないのかも知れない。強風の中を、いつものように女将がスポーツクラブに歩いて出掛けた。蕎麦屋を臨時休業にした亭主は、昼の買い物を引き受けて、家の台所で包丁を握り、昼の用意を始めるのでした。昔よく食べたベロネーズ…。

まだ学生の頃、国鉄の乗換駅のガード下にあった食堂で、アルバイトの帰りに毎週のように食べていたメニュー。一人カウンターに座って、調理人の仕事ぶりを食いつくように見ていた自分を思い出す。豚カツが乗るので女将の分量を少なめに盛ったら、あれほど好きだった料理が食べきれなかった。気持ちはいつまでも昔のままだけれど、身体が付いてこないのですね。最近、歳を取ったpekoが足の筋肉が衰えたのか居間のソファーに飛び乗れなくなったのと同じ。

台風の後の風の強い分、道路は昼には乾いて、空も雲一つない青空が広がりました。台風のために二日間の臨時休業にしたのは、開店してから初めての経験。次の日の仕込みの段取りを考えなくて好いから、随分とゆっくりとできました。おまけに明日から、五日間の秋休みだから、お客にもまた何か言われそう。ジャズボサノバの曲を聴きながらこのブログを書いていると心はのびのび。流れる曲はデイジー・ガレスビーの「思い溢れて」。心はもう南の島なのです。

嵐の前の静けさの朝、午後から激しい雨が…

予定よりも一日早く、臨時休業にした日曜日。いつもと同じ6時前には起き出して、蕎麦屋へ出掛けて昨日の洗い物の残りを片付ける。蕎麦皿や漆塗りの器は、よく乾かさないと黴が生えるから、カウンターの上に干してあるのです。鍋や容器類もすべて扉の閉まる戸棚の中に収納して、洗濯機の中の洗濯物を干したら、冷蔵庫をもう一度見回して、一週間の休みに備えて家に持ち帰るものをチェックするのでした。雨はまだそれほど酷い降りにはなっていないのです。

朝食の前に選挙に行ってしまおうと、女将と一緒に車で近くの小学校まで出掛ける。開始時刻の7時だというのに、思っていた以上に投票に来る人は多かったから驚きました。今回の選挙への関心が高いのか、地域の人々の意識が高いのか、雨や風が酷くなる前に済ませようという人が多いのかは分かりませんが、皆、歳を取っているのが印象的でした。この団地も、古い人たちは住み始めてもう40年近くになる人が多いのです。亭主と女将も例外ではありません。

女将の朝ドラもないので、午後からは雨が酷くなると言うから、久しぶりに二人で駅前のショッピングモールに出掛けようと、開店時刻に合わせて家を出る。雨なので今日は駐車場にも多少空きがあった。巨大なショッピングモールは、広い店内を歩くだけで十分に運動になる。電気店で家の壊れた蛍光灯やら、車のテレビのリモコンの電池を買い求め、空中回廊を渡って、食料品売り場へ出て昼の食材を見て歩くのでした。普段のスーパーよりは、皆、高い値段。

それでも、いろいろな物が一度に手に入るから便利なのでしょう。今日が日曜日ということもあってか、開店早々から食料品売り場は大勢の人で賑わっていました。総菜コーナーで天麩羅の値段を見たら、霊犀亭で出している天麩羅に比べてどれも倍近い値段だから驚いた。冬瓜なども農産物直売所では新鮮で大きなものを半分の値段で買える。帰りにpekoの餌をいつもの店で買い求め、雨が酷くならないうちに家に戻るのでした。本当にのどかな日曜日です。

女将がたまにはソース焼きそばが食べたいと言って、焼きそばだけ買って帰ったから、昼近くになって亭主が厨房に立つ。普段の蕎麦屋とは違う料理が作れるのも喜びだけれど、蕎麦屋で残った野菜類をどんどん使えるのも嬉しかったのです。さすがに市販のソースや鶏ガラの調味料やコンソメで作ったスープは、お決まりの味なのですが、あまり贅沢も言えない。夜は店で使い残した鴨肉や葱、豆腐、生椎茸などがあるから、鴨鍋で一献と昼から楽しみなのです。

午後の食休みを終えたら、女将の稽古場の照明が壊れたというので、天井から外して見てやったのですが、40年近くも使ってスイッチ部分が劣化して折れていた。これは大変と女将を連れてまたショッピングモールの電気店に行って、新しい照明器具を購入する。純和室の重々しい照明器具から、最新式のLEDとリモコンスイッチに替わって、便利で明るくはなったけれど、どこか風情がなくなったのが寂しいのでした。久々に家の仕事をして重宝がられる亭主。

テレビで映画番組を観たり、パソコンで台風情報を見たりしながら過ごした午後は、久々にゆっくりとした休日で、夕食も早めに用意してもらったお目当ての鴨鍋。なんとか蕎麦屋でもこの鍋を出せないものかと、毎年思っているのですが、一人分では手間と道具の用意に費用ががかかりすぎるのです。二人分からということにしても、どのくらいの値段で出せるものかを、もう少し熟考しなければ…。寒い冬場に美味しいから何とかお客に提供したいと思うのです。