開店2年目の最後の日は…

暖かな朝でしたが、日中は気温が上がらず、夕刻から冷たい雨が降り出した一日でした。桜の花もまだ開かないのに花曇り…。今日も開店30分前からお客がいらっしたので、店の中で待ってもらったのですが、大釜のお湯が沸いていたからすぐに調理を開始しました。ちょうどサラダの具材を刻んで盛り終えたところで、ランチセットのご注文だったからラッキーなのでした。刻んだ野菜はまだ残っていたから、サラダを作り足しておいたら、最後のお客で全部出る。

閉店時刻を過ぎてもまだお客がいらっしたので、温かい蕎麦汁も作った分はすべて出尽くしたのでした。リピーターのお客様とご新規のお客様と半々のご来店で、「お蕎麦が美味しかった」と言って帰られる方もいて、昨日に引き続きお客様に元気を貰った一日なのでした。次のお客までの間があったから、昼過ぎにはぶっかけ蕎麦の賄い蕎麦も食べられたし、洗い物もすべて合間に終えることが出来たから、3時前にはスタッフと共に店を出ることが出来たのでした。

家に戻って売り上げのデータをパソコンに入力したら、去年の同じ時期よりもお客の数は増えているし、今年に入ってからも、1月2月と比べて倍近いお客が来店している計算です。光熱費や新聞代、ゴミ収集の費用はまだ確定しないけれど、現在のところ初めて収支の差額欄が黒字になっているではありませんか。恐らく今月は2~3万円の赤字で済みそうだとほっと胸をなで下ろす亭主。月々の小遣いの範囲の出費なら、長く続く楽しめる店になりそうだと一安心。

それ以上には欲がないから、毎日蕎麦を打って腕を上げ、美味しい料理を作ってお客に食べてもらえれば、自然と蕎麦屋の経営も上向いてくるに違いない。やはり、3年5年なのか。今日はこれから隣町の温水プールに出掛けてひと泳ぎ。冷たい雨の降る夕方は、プールもきっと空いているだろうと、泳いだ後の晩酌を楽しみにする。女将はまだスポーツクラブから戻らないけれど、pekoに夕飯を食べさせて家を出よう。ヒガンザクラの並木道を走って出掛けよう…。

プールまでは車で7分ほど。冷たい雨の夕刻なのに、いつもよりも混んでいました。準備運動を済ませてシャワーを浴びたら、10分ほどアップで四種目を400m 泳いで、今日はそれで終わりの亭主。年度替わりで、プールの入館証を更新しなければならなかったから、3階まで階段を登って一年分の手続きを済ませると、プールの丸天井が見えていました。バックストロークで泳いでいると、この天井から空が見えるのです。公共施設というのも馬鹿には出来ない。

菜の花を見ながら蕎麦を食べる気分は…

日の出の位置が随分と変わったのに今朝になってやっと気づいた。冬の間、真東の森の当たりから昇っていた太陽が、少し北寄りに移っているような気がするのです。蕎麦屋の向かい側の菜の花畑が、やっと黄色く色づいて、森の浅黄色と合わせて春の景色を醸し出しているのです。朝はまだ肌寒いけれど、霜が降りるほどではなく、pekoを待たせて蕎麦屋で朝の準備をし終えたら、朝食を食べに家に戻る亭主。駐車場のアセビの花も少しずつ膨らんできました。

8時過ぎに再び蕎麦屋へ出掛け、米を研いで炊飯器にかけたら、早速、今日の蕎麦を打つ。天気も好いし、気温も上がるというので、750g 8人分を二回打って、計16人分の蕎麦を用意するのでした。何故1.5kgで一回打つようにしないのかというと、亭の蕎麦打ち室で、均一の生地に伸すためには、ちょっと狭すぎるのです。巻き棒を使わず上手く伸せるのがこの分量で、時間的にも余計な手間がいらないから早く打つことができる。1時間以内の仕上がりでした。

1kgだと巻き棒を使うから、20人分以上を二回打つともう少し時間がかかる。平日だから、それほどはお客が来ないと見込んでの蕎麦打ち。蕎麦打ち台の隅に印した75cmの幅で90cmの奥行きで伸していけば、切りべら23~25本で一人前130g強の蕎麦が切れるという塩梅なのです。蕎麦の太さは計算上では約1.7mm。今の亭主の腕前では、この太さがベストかも知れないと思っている。水で洗って氷で締めて水切りをしても短く切れない最小限の太さかも。

750gの分量の打ち易さは、四つ出しも楽で四隅の角度が直角に近い角度で畳めて、8人分を切っても最後まで綺麗に蕎麦が取れるのが長所。最後の5cm幅ぐらいの余りは、丁寧に切っても0.5人分だから、大盛り用に切ってもいいのですが、今日は家に持ち帰って酒のつまみの蕎麦揚げに使うつもりで、ストックする。短時間で二つの玉を伸して畳まなければならないから、余計な時間を取られたくないというのが本音でした。これで、生舟二箱分の蕎麦が完成。

平日にしては珍しく、暖簾を出したらすぐに最初のお客がいらっしゃった。鴨せいろの大盛りのご注文で、鴨肉や長葱は開店前に切って下他味を付けてあったから、読みも当たった。汁も鴨肉の端切れを入れて3人分ほどは煮込んであったから、少しは出汁が利いているはず。惜しむらくは、あと一日ほど寝かせると更に美味しい出汁になるはずなのですが、こればかりはどうにもしようがない。手早く仕上げてお出しすると、次の常連さんがご来店の時刻なのでした。

この常連さんは、定休日明けは天麩羅の油が新しいと思っていらっしゃるから、いつも木曜日に天せいろを頼まれる。これも、本当は天麩羅の出具合で油を入れ替える日も違うのだけれど、「軽く揚がっていて天麩羅が美味しい」とおっしゃるからそれでいい。油は天麩羅の出ない日は5日間使い続けるときもあれば、天せいろばかりが出る時は、3日で油を替えることもある。胡麻油は酸化するのが遅いから、案外、長く使えるような気がするけれど、時によります。

隣町からご夫婦でいらっしたお客さんは、ランチセットのご注文で、野菜サラダや蕎麦豆腐が美味しいと言って、喜んでくださった。「森や菜の花畑の景色がいい」とおっしゃって、ゆっくりと寛いでいかれたから好かった。いつも店の前を通るのだけれどとおっしゃるお客が最近では随分と増えているような気がします。近くにある会社の制服を着てご来店のお客様たちもいたから、やはり、少しずつは知られてきたかなという感じでした。蕎麦もいい仕上がりでお出しした。

閉店間際に「まだいいですか」とおっしゃっていらっしたお客は、ゴルフの練習帰りのようで、ゆっくりと窓の外を眺めながら、「菜の花畑を見ながら蕎麦を食うのも好いね」とおっしゃって、都会では蕎麦は急いで食うものだからせちがないと、霊犀亭好みのなかなか風情のあるもの言いなのでした。そういったお客様が増えれば亭主も嬉しいし、励みになる。都会に勤めに出ていた団地の人々と森や畑に囲まれた土地に昔から住む人々との狭間にある蕎麦屋もいい。

平日にしてはまずまずのお客の入りで、やはり、この暖かさかが幸いしているかと今日の天気に感謝する亭主なのでした。家に戻れば女将は稽古場に入ったままだから、売れ残った黒ごま黒豆きな粉の大福を机の上に置いておく。「柔らかくって美味しかった」と亭主の書斎にお茶を運んできてくれたから、今日のお客の入りを報告するのでした。早めに夕食を済ませて、ブログを終えたらもう風呂に入って寝るだけ。明日はどれだけ蕎麦を打とうかともう心配をする。

花の季節の始まり…

お袋様と隣町の魚屋スーパーに出掛けた朝は、もう外の気温は10℃になっていたけれど、どこか薄ら寒い陽気なのでした。暖かくなればなったで人間は、その時々の気温になれてしまうから、陽射しが遮られたりするとなかなか暖かいとは感じないものらしい。その点、植物は実に敏感に春の到来を感じているのか、庭のスモモの花もじっくりと見ないうちにもう散り始めているのでした。ハナニレの花もご近所や公園などに綺麗に咲いているし、いよいよ花の季節。

昨日のうちにだいぶ仕込みをしておいたから、今日は小松菜やホウレン草を茹でたり、天麩羅の具材を仕込んだり、明日のデザートに予定している大福の餡を丸めたりと、午前中にすべて終えて、昼を作りながら女将の帰りを待つ亭主なのでした。今日は久しぶりに野菜たっぷりのあんかけ焼きそば。長年使った鉄の中華鍋に穴が空いたので、女将が禁止している強火でテフロンの中華鍋で具材を調理する。焼きそばだけは鉄の小さな中華鍋を振って焼き上げた。

本当は、海老やイカや鶏肉を入れてもっと味を出したかったのだけれど、二人だけの昼食にそれほど材料費をかけるわけにもいかない。考えたら、この五目焼きそばに随分と凝っていた時代があったものです。昼飯と言えば職場の近所にある何軒かの中華料理屋に通って、カウンター席で作る料理人の動きをじっと見つめていた。肉に下味や片栗をまぶして一度揚げる店もあれば、水は少なく蓋をしてキャベツをしんなりとさせる店もあった。それぞれが勉強でした。

君子蘭も毎年のように株分けする度に増えるものを、随分と沢山処分したのですが、居間に置ききれない鉢を二回の蓋の洋間に置いている。咲いても誰も見てくれないからと、女将が切なそうに言うものだから、去年は蕎麦屋の玄関脇に置いてお客に楽しんで貰ったのは好かったのです。ただ、表に出しておくと、もともとが観葉植物なのか、葉は黄色くなってしまうし、花も色あせるのが早いのです。今年はどうしたら好いものかと思案しているけれど、花の時期。

午後はいつもならプールに出掛けてひと泳ぎするのだけれど、たまには何もしないでゆっくりと休むのも定休日かと、懐かしいテレビ映画を2本ほど観てゆっくりと過ごす亭主なのでした。夕刻になって防犯パトロールの時刻には、早めに集会場に出掛けて拍子木やライトの準備をする。今日は近所の交番から警察官が来て、一緒に回ってくれると言うから、寒い時期よりも沢山の人が集まって、団地の道々に繰り出すのでした。オリオン座と冬の大三角形が見える…。

 

霜の朝、うららかな午後…

今日は定休日なうえに女将のお稽古もお休みだったから、ゆっくりと眠っていられるはずなのでしたが、愛犬のpekoには休みも何も関係がないので、いつもの時間に散歩に出る朝。蕎麦屋の前の畑には真っ白な霜が降りて、びっしりと霜柱まで立っていたから驚きです。店に寄って昨日持ち帰るのを忘れた賞味期限の迫った卵を持って帰宅する。朝食は蕎麦と親子丼の煮付けにキュウリとキャベツのお新香。どれも蕎麦屋の残りものだから、まったく世話がない。

店の駐車場の植え込みに咲き始めたアセビを見て、また春が来たのだと朝の寒さも忘れるのでした。霜の降りた休耕地にも、菜の花が咲き始めている。今朝は月に一度の床屋通いで、久しぶりに親爺殿と世間話でもしてくるかと、9時前には家を出る亭主。またライブハウスに出場するのだと言って新しい曲を覚えているところだと元気な親爺殿なのです。暖かくなったら蕎麦屋もお客が増えたと報告をすれば、自分の事のように喜んでくれるから有り難いことです。

その足で天麩羅の具材の野菜を仕入れに出掛け、ついでに女将に頼まれた肉や魚を買って帰る。団地の中を通る辛夷通りには、真っ白な花が咲き出して今日の青空に映えているのでした。庚申塚の脇の桜並木にはヒガンザクラが満開で、一足早く花見の気分。蕎麦屋へ寄って昼飯前に春キャベツと胡瓜とを塩もみにして漬け込んでおく。水が上がってきたら、昆布と柚子と唐辛子を入れて漬け直すのです。家に帰って女将と二人でまた蕎麦を茹でて食べる昼。

食休みの後は、女将は稽古場へ入り、「仕込みが終われば」プールに行ってくる」と言って、亭主は蕎麦屋へ向かうのでしたが、出汁取りや煮物のある午後はなかなか仕込みが終わらない。結局、5時過ぎに家に戻って夕食の食卓につくのでした。3時間も蕎麦屋の厨房で立ち仕事を続けたから、もうプールで泳ぐ元気は残っていなかったのです。小豆を煮ながらいとこ煮のカボチャを煮て、柚子の皮切りを済ませて、昆布と唐辛子を加えながらお新香を漬け直す。

取った出汁で蕎麦汁と鴨せいろの汁を作る。二番出汁を含めてすべて流水で冷やしてから冷蔵庫で保管するのです。煮立った小豆に差し水をしながら何遍もぐらぐらと沸騰を繰り返して、 軽く泡の出る程度にして、水分を飛ばす。豆がほどよく柔らかになったら、豆と同じ分量の砂糖を何回かに分けて入れる。最後に塩を入れて甘さに奥行きを出すのがポイント。お汁粉の季節は終わったから、いとこ煮と抹茶小豆に使おうと陽気に分けて入れ、急速冷凍で保存する。

料理を作っては鍋を洗い、布巾を洗っては干し、干しては畳んだり、調理以外の仕事が限りなく続くから、いつもだいたいすぐに疲れてしまう亭主なのでしたが、時間があればプールで泳ぐのが一番気分転換になるのです。腰の痛みも解消するし、明日は夕方の防犯パトロールの前に、午後から出かけて見ようか。午前中にお袋様と仕入れに出かけ、天麩羅の具材を仕込み、蕪のぬか漬けを漬けて、小松菜を茹で、デザートの仕込みを済ませれば、可能なのです。

霙(しぐれ)の降る日も…

昨日の大入りで、一昨日仕込んだ蕎麦屋の出汁も蕎麦汁もなくなっていたから、今朝も5時起きで店に出掛けて黙々と出汁を取る亭主。夜明け過ぎから霙(みぞれ)の降る空模様は、時間を追う毎に激しくなってくる。朝食を取っていつもの時間に再び蕎麦屋へ行く頃には、風も強くなって、菜の花の咲く森の手前の休耕地には大粒の霙が次々と落ちてくるのでした。もう春だとばかり思っていたら、思わぬ天敵。雪と風の日にはお客が来ないのがこの二年間の実績。

今日の小鉢に用意したのは、キュウリと春キャベツの塩揉みに柚子と昆布と京唐辛子を漬けたもの。隣町のスーパーで大柚子の最後の一つを買っておいたので、なんとか季節の変わり目の一品を盛ることができたのでした。お客は来ないかも知れないけれど、夕べ追い打ちした蕎麦だけでは足りないと思って、今朝も蕎麦を打つ亭主。合わせて13人分を用意して、蕎麦豆腐を仕込み、野菜サラダの具材を刻む。明日から二日間の定休日なのに、準備は万端…。

昼前になって、激しい雨風の中を昨日いらっしたご近所の常連さんが、「いやー凄い雨だね」と店に入ってくるから有り難かった。今日は客もいなかったから、最初に出汁巻き卵を焼いてお出ししてから、天せいろの大盛りを作り始める。「いつもお待たせしてしまって済みませんね」と今日はいの一番で綺麗に焼けた卵を皿に盛る。年齢の割には、食の確かなご老人だから、スルスルスするっと蕎麦を食べる音を聞くにつけて、有り難いことだと思わずにはいられない。

今日はお客も来ないだろうと、開店前にスタッフと共にぶっかけそばの賄い飯を食べて、夏になったらこれで「ぶっかけたぬき」を安い値段で出したらどうだろうかと話をしていた。蕎麦汁に天かすの油が溶けて、絶妙の味わいになるのが嬉しい。それでも、この冷たい雨の中をお客は来てくださるもので、霊犀亭も少しずつ知られてきたのかと喜んだ午後。家に帰って売り上げデータの入力をすれば、既に1、2月の売り上げを越えているからいい兆しなのでした…。

懐かしい人たちが…

南の島から帰ったその足で、夕刻まで仕入れと仕込みに奔走していた亭主も、力尽きて床に就いた夕べ。やはり気がかりで朝早くから目が覚めて、まだ暗い朝の5時には蕎麦屋へ出掛け、蕎麦を打つ。休日だから混んでもいけないと、最近では珍しく750gを二玉を打ち、16人分の蕎麦を用意したのでした。普段なら二日の定休日に仕込みを終えるところを、土曜の夜から今日の朝までにすべて終えなければいけないのは、相当にプレッシャーのかかる仕事です。

朝一番で蕎麦を打つのは、身体が目覚めていないからで、包丁仕事などをして指先を切ってしまってもいけないという配慮からなのでした。今朝の加水率は44%。二回続けて打つ場合は、先に捏ねて玉を作っておいてから、二回伸しをするという手順。ところが、同じ加水率で打っているのに、二回とも少しずつ蕎麦の粘りに違いが出るから不思議なのです。それは蕎麦打ち室の温度が上がってくるからか、同じようにやっているつもりの水回しの違いなのか。

未明から朝飯前に蕎麦だけ打っておいて、いつもの出勤の時間にまた蕎麦屋へ行く。昨日の表彰式に続いて、女将はまた展示作品の品評会のために東京へ出掛けていく朝なのでした。今日は平日にお願いしているスタッフを休日出勤で頼んでおいたから、店が混んでも大丈夫。小鉢の用意と蕎麦豆腐の仕込みを終えたら、サラダの野菜を切って、いよいよ今日のデザートの用意。今日は抹茶大福と名付けて、漉し餡を求肥で包んで抹茶きな粉で色づけをする。

大福は、思ったよりも人気があるようで、今日も完売なのでした。150円で値段的には元が取れているのかがちょっと心配。漉し餡も抹茶きな粉も白玉粉も結構な値段だから、手間はかかっているけれど、原価率は三分の一という具合にはいかないでしょう。店の人件費や光熱費、材料費を考えると材料費を三分の一に抑えるのはどんな店でも至極当然のことですが、実はそれ以外にも店の管理維持費があるから、本当は四分の一の食材費が妥当なのです。

ところが、霊犀亭ではこの食材費と売り上げの比率である原価率が6割を切ったことがないから、儲かるわけがない。安い材料を使って、高く売るのが商売の基本なのでしょうが、お客様にいい材料で食べてもらいたいと思うと、どうしても無理が来る。高い材料で安く売っているのだから、当然と言えば当然なのですが、その手法でお客の数を増やしているのは事実なのです。「もう少し値段を上げたいでしょう」とおっしゃるお客様もいるけれど、「駆け出しなので…」

今日は、いつも出汁巻き卵を注文されるご近所の常連さんが開店直後にいらっしたかと思うと、続々とお客が続いて駐車場はすぐに満杯。店の中も満席で「ただ今満席です」の看板を出す状態だから驚いたのです。天麩羅を揚げている鍋が下ろせないと出汁巻き卵は作れないから、常連さんも慣れたもので「急がないから好いですよ」と、ゆっくりと蕎麦を食べて待ってくれている。そんな折りも折り、どうも見たことのある感じのお客たちがご来店でカウンターに座る。

調理をしながらじっと見ているうちに古い記憶が蘇って、40年ほど前の教え子たちだと気が付いたのでした。雨の降る中を遙々遠くまで尋ねてくれて有り難いことなのでした。懐かしい昔話に花が咲いて、たった一回りほどしか年が違わないのにお互いがびっくり。「お蔭で元気をもらいました」と笑顔で握手をして別れたのでしたが、元気をもらったのは亭主の方だったかも…。夜の営業もリピーターさんがご家族のご来店で賑わい、雨の日でも盛況な霊犀亭なのでした。

今日は午後の追い打ちを含めて三回も蕎麦を打ったから、確実にお客は増えているような気がします。「小さなうちのお蕎麦屋さん」と名付けた願いが少しずつ叶い始めているのでしょうか。夜も8時まで仕事をし続けて、今日はずいぶんと腰が痛かったけれど、店に来るお客が皆さん笑顔で帰ってくださるのが何よりのご褒美。昔の趣味の蕎麦打ちではなく、相手のいる蕎麦屋の仕事は、苦労も多いけれどこちらが生き生きとさせてもらえるのはやはり食の効果か。

久しぶりに魚を仕入れて盛った皿もほとんど出尽くし、野菜サラダも蕎麦豆腐も全部売り切れた晩。焼売が美味しいと褒めて頂いて嬉しい夕べなのでした。駆け出しの蕎麦屋の修行はまだまだこれから。土日の晩は、あらかじめ連絡をもらっておくと魚類も仕入れられるから、やはり予約を受けた方がいいのかも知れない。蕎麦打ちも好きなのだけれど、元来、釣り好きな亭主は、どちらかというと、フレンチや中華よりも和食の魚料理がやってみたいとまた夢を見る。

ダイビング最終日は天候に恵まれて…

待望していた日の出がやっと見られた朝なのでした。関東地方から比べると一時間近く陽が昇るのが遅いから、朝食の時間はもうすぐでした。奥様がラウンジの大型テレビのスイッチを入れてくれてBSで朝ドラを見る亭主。家にいるのと同じ時間帯での生活なので身体が随分と楽なのですが、三日続けて潜るのは、年齢を重ねるにつれてだんだんと疲れがたまってくる。器材を背負ってうつ伏せの姿勢で、首を挙げて海中を進むのが腰に相当な負担かがかかる。

そんな亭主を労るかのように、今朝は出発を遅らせてくれた船長は、大きな黒船を出して島の中程まで走らせる。リーフの切れるところから、一旦、外洋に出るからうねりと風波が凄い。どうやらこの風の収まるのを待っていたらしいのですが、昨日までの朝とは違って日差しがあるから心強い。珊瑚の綺麗なポイントは、以前にも何度も連れてきてもらったから、今日はいい写真を撮らなければと、気合いを入れて潜り始めたのでした。太陽の光があるのが嬉しい。

キンギョハナダイやデバスズメダイの無数の子供たちが、枝珊瑚の上を縦横無尽に駆け抜けていく。彼らにとってはこの珊瑚の畑はまさに揺りかごのようなもの。じっと珊瑚の縁に陣取って、彼らが一斉に向きを変えて泳ぐ姿をなんとかカメラに収めようと待ち続ける亭主。果たしてどれだけの写真が撮れたのだろうか。家に戻ってからじっくりと検証するのが楽しみでもある。きらきらと光り輝く水面辺りには、ひときわ大きなユメウメイロの群れがてんでに戯れている。

2本目も同じポイントに船を泊めて、今度は岩場の小洞窟を訪ねるのでした。水深は5mほどだから、のんびりゆっくり潜って魚たちを眺める。近い水面が鏡のように反射して、明るさはストロボがいらないくらい。ハゼの仲間や色とりどりの小魚たちが、波で砕けた珊瑚の瓦礫の中で生活をしているのでした。タンクのエアーを半分ほど残して船に戻り、昼の日を浴びながら昼食にする。船長の予想通り、リーフ内の波はすっかりなくなって静かな海になっているのです。

一路港へ船を走らせ、静かな海を堪能しました。宿に帰って器材を洗い、風呂で身体を温める。部屋のベランダから見る湾の色は鮮やかなコバルトブルーで、青い空をそのまま映しているのでした。夕食までのゆったりとした時間を部屋で寝転んで、ブログに写真を掲載しておく。明日はいよいよ帰宅の途につく日だから、荷物の整理をしやすいようにパッキングの準備も抜かりはない。夕食は炊き込みご飯と島蕎麦だったので、久しぶりに完食したら苦しすぎる…。

波の寄せる音に目覚める朝…

ザザーッと風の音なのかと思ったけれど、繰り返し聞こえるから、あれはサンゴ礁の外海から寄せてくる波の音ではないかと目が覚めた。リーフエッジは随分と遠いはずなのに風向きのせいだろうか。昨夜は星空が綺麗に見えていたから、今朝の天気はどうなのだろうと、明るくなった宿の庭に出てみれば、湾の向こうの山は霧に隠れているのでした。みるみると海面も霧に覆われてくる。今朝は早めに海に出ましょうと夕べ船長が言ってけれど、この天気故なのか。

今朝は亭主好みの純和風の食事だったから、綺麗に完食して食後のコーヒーをいただく。朝の洗面もせずに早め早めに海に出る準備を済ませ、船長の予定よりも早く出発して、港へと車を走らせる。歳のせいもあるけれど、この南の島に来て、気温が23度もあるというのに、風が冷たいと感じるから不思議なのです。今朝も客は亭主一人だけだから船長と二人、小舟でリーフエッジ近くまで出掛けて、いつものポイントに潜るのでした。昨日よりは海は波がある。

波に揺れる小舟からのエントリーは、15kgもあるタンクと器材を背負うのも辛いから、船長に助けられてやっとのことで海の中に入るのでした。自分自身の身体能力の低下はこんな時に如実に分かるものなのでした。いつも潜っているポイントなのでしたが、今日はなぜか感覚が違った。逆に、キンメモドキの大群もいつもとは違うアングルで撮ったから新鮮だったのです。寒いから、1本目が終わるとまた港に戻って、お湯をウェットスーツの中に入れて暖をとる。

2本目は船長に頼んで昨日最初に潜ったリーフの中の珊瑚の綺麗な場所に連れて行ってもらいました。昨日は、メインのカメラの調子が悪くてうまく写真が撮れなかった場所なのでした。ところが、狙っていたウメイロモドキの群れには出会えなかったので、ユビエダハマサンゴの間を縫うようにして沢山の魚たちを撮って回りました。昨日も出会ったワニゴチも違う珊瑚の間の砂地に、じっと横たわっていたのです。見るからに美味しそうな体つきだから、じっと見つめる。

体長は80cmはあるかという大物で、このあたりの海で漁業権を持つ船長は、銛を持っていれば突いたのにと言う。確か、以前にもこの魚を料理して刺身で食べさせてもらったことがある。白身のコリコリとした食感は忘れられないのでした。冬場は夜に海に出てこうした高級食材の魚を捕まえていたという船長の話は、ダイビングではなく、どこまでも漁師の仕事だから、釣り好きの亭主にはとても興味のある内容なのでした。それにしても見てくれはとてもグロテスク。

2本目のダイブが終わると不思議なことに晴れ間さえ見えて、波は高いけれど日差しが暖かかった。小さなボートの上では波で揺れるから立って歩くのもやっとで、亭主は操縦席の前に腰を下ろして、じっと港に着くのを待っているのでした。海上を吹く風で身体の温度がどんどんと奪われていくから、厚い6mmのスーツを着ていてもボートコートがないと寒くて堪らないのです。港に着いて手桶に汲んだお湯をスーツの中に入れると生き返るような暖かさなのでした。

朝が少し早かった分、2本潜って宿に戻ったのも早く、昼食を済ませて1時過ぎには部屋へ戻れたので、身体も楽なのでした。ベッドに腰を下ろしながら今日撮った写真の整理をして、ブログに掲載する写真を選ぶ。そのうち瞼が重くなってうとうととするから心地よいのです。そのうち目が覚めて、階下に水を飲みに行く。ついでに庭に出て午後の湾の風景をまたカメラに収める。陽の具合や潮の満ち引きで海の色がどんどんと変化するから、見ていて飽きない光景。

 

休暇の始まりは…

三連休の賑わいを終えた蕎麦屋の亭主は、半年ぶりで休暇を取って南の島へと出掛けて行くのでしたが、普段の生活が数百メートルの距離を行き来するだけの毎日だから、移動日の疲れは尋常ではない。羽田まで2時間近くの電車の移動と飛行機で3時間半の移動で座っているだけの姿勢が骨身に応える。いつも寄る寿司屋が連休最後の昨日の混雑でネタを切らしたとかで、カウンター席は閉鎖。違う寿司屋に入って飲んだ酒が回って、足取りもおぼつかない。

おまけに飛行機の機内整備で到着が遅れて、宿に着いたのはもう夕食前の時間なのでした。若い船長夫婦も連休の昨日までは宿も満室だったとかで、ほっと一息をついた一日のようでした。いつものようには晩酌もせずに、8時半には床についた亭主。そのまま撮影機材の準備もせずに、朝まで眠ったからやはり相当に疲労がたまっていたらしい。いつものように6時には目覚め、今日のダイビングの準備を始めるのでした。朝食は素敵な洋食でこれが一日の始まり。

ふわふわのオムレツは今までにない味わいで、奥様に言ったら、最近は卵の料理方法を変えてみているのだとか。客は亭主一人だけだからと、朝もゆっくりの出発にしてくれて、小舟で波もないリーフ内のポイントでチェックダイブを兼ねてじっくりと潜らせてもらいました。外の気温は19℃で水温が23度だから、水の中の方が温かい。魚たちの群れがのびのびと泳ぎ回っているのを見れば、こちらの心も寛ぐというもの。静かな海の中をじっくりと探訪させてもらった。

ウメイロモドキの若い連中の群れが目にも鮮やかな青色で通り過ぎていく。ひょろひょろとウミヘビが近づいてきそうだったから、横目でにらみながら珊瑚の陰に隠れて、小魚たちの群れを撮る。船長に呼ばれて枝珊瑚の茂みの中を覗けば、70cmを越える大きなワニゴチがじっと地面にひれ伏していた。白化したイソギンチャクの中にクマノミが隠れていたり、海の中の生活は我々人間には計り知れない。自分がいったい何ものであるのかを問い直す瞬間でもある。

それにしてもタマイタダキイソギンチャクの真っ白な姿は痛々しいはずなのに美しかった。約40分ほどのファーストダイブは、エアーを半分ほど残して終了。船長のアシストで器材を小舟に揚げてもらって、年寄りは風の冷たさに震えるのでした。一度港に戻って、用意してくれていたお湯をかぶって身体を温める。陽が出れば随分と違うのですが、やっと太陽が顔を出したのは、2本目のダイブが終わってから。波がほとんどなかったので初日にしては十分に満足…。

キンギョハナダイの群れる根では、昨日の夜に食べさせていただいた高級魚のハタが現れて、暖かい海でもあれだけ身の締まった魚になるのかと感心する亭主。小魚たちの中を堂々と泳いでいるから、泳力には相当な自信があるのだろう。他のお客もいないから、写真も撮り飽きたので、2本目も40分ほどで舟に上がる。このポイントはリーフの切れる湾の外だというのでしたが、波も穏やかで薄日が差してきていたので、舟の上は温かくなってきていたのでした。

宿に戻って部屋の半露天風呂に入りながら目の前の湾の海の色を眺める。日に何度も海の色が変わるから素晴らしいのです。遅い昼食は普段は舟の上で食べる奥様お手製のお弁当。温かい味噌汁が身体に優しいのでした。午後は無理をせずにベッドに寝転んで居眠りをしながら写真の整理をする亭主。他に潜るお客いないときは、一日2本のダイビングで、午後はゆっくりと休養させてもらえるから有り難い。一日中潜りまくっていた若い頃とは違う楽しみ…。

三連休の最後の日は…

お客が来ても来なくても夜まで店を開ける土日の翌朝は、やはり身体がだるくて起きるのが辛い。お客の出足の遅い週末は、閉店時間を過ぎても蕎麦屋へ来るお客がいるから、夜の営業を止めて土日祝日は午後の3時までの営業にしたらどうだろうかと、前から考えてはいるのでした。まだ、そんな歳ではないだろうとという思いと、長く続けるためには昼の営業に徹した方が身体にもいいのではないかという思いが、亭主の脳裏で交錯しているのが現状なのです。

夏場は確かに夜のお客もけっこういらっして、営業的にもメリットがあるし、元来、酒好きの亭主は、客に出す酒の肴を用意するのが楽しみではある。ただ、土日を、一度、3時までにすると、片付けを終えるのが4時だから、夜の営業を5時から始めるのは難しい。夏冬で営業の時間帯を変えるというのも、お客からすれば分かりづらい店になる。もっと亭主が若ければ、夜は5時半から8時の営業にして、年間を通してすんなりといくのだけれど、果たして可能か…。

そんなことを考えながら、今朝もまた蕎麦を打つ亭主。最近の課題は、肉分けをして四つ出しに進むときに、四隅の肉が中央の厚さと均等になるかどうか。伸し棒をこまめに動かして綺麗な四角形にするところまでは好いのだけれど、包丁切りをしてみると蕎麦の先端の方が真ん中よりも細くなりがちなのです。それを意識して蕎麦打ちをした今朝の仕上がりは上々でしたが、今度は切りべら23本で計量すると130gに達しない。1、2回包丁を入れて何とかクリア。

これが完璧にこなせると、名人級になれるのかも知れないと思うと道は遠いのが分かる。先日の女性のお客が「最近は、皆さんが蕎麦打ちをするようになったから…」と、亭主に向かって言ったのは、果たしてどんな意味だったのか。「こだわりのあるお蕎麦屋さんて好きですよ」と、言い残して帰られたから、また来て下されば亭の蕎麦が好かったと言うことか。蕎麦だけに余り固執していても、店ではいろいろな料理を出すわけだけれど、やはり蕎麦が基本なのです。

連休三日目の今日のお客は、すべてご夫婦出のご来店で、しかも年齢は相当に若い世代のお客様。ヘルシーランチセットはすぐに売り切れて、せいろ蕎麦の大盛りを頼まれたご主人は、「蕎麦が美味かったです。この辺りは蕎麦屋さんが多いけど…」とおっしゃって帰られたけれど、半径2km以内に蕎麦屋があるとは余り聞かないのです。若い方は行動範囲が広いから、この辺りと言うのが随分と広いのだと分かる。でも、美味いと言う言葉に勇気づけられる。

昨日ほどの混みようではなかったけれど、明日から5日間休むことを考えると、女将と二人で片付け物をする時間が出来てよかった。大釜の火を落として、暖簾をしまった後でも、お客が二組ほど来たけれど、閉店の時間を過ぎていたから申し訳ない。休憩時間に奥の座敷から窓の外を眺めれば、蕎麦屋の下の団地の中では、連休のせいか子どもたちや若いご夫婦が家の前の道路に出て春の陽射しを浴びている。車に乗って出掛ける家族もある。懐かしい光景。

女将と二人で沢山の荷物を持ち帰った午後は、随分と暖かい春の陽気なのでした。祝日の営業の手伝いでスポーツクラブを休んだ女将は、運動不足だとpekoを連れて散歩に出掛け、亭主は売り上げデータをパソコンに入れたら、蕎麦屋に戻って明日のゴミ出しの始末をする。明日から定休日を含めて五日間の休業。折角、お客も増えてきたこの時期に、申し訳ないけれど春のダイビング遠征に出掛けます。疲れた身体をリフレッシュして、3年目の春を迎えたい。