一年の集大成の日…

今朝は7時前に家を出て、朝から蕎麦を二回打つ。去年なら毎度のことだったけれど、今年はなかなか二度打つことはなかった。昨日の夕方にも打ったから、これで30数食分。まさかとは思ったけれど、今日は午後からも二回追い打ちをかけて、全部で50食以上も蕎麦が出たのでした。お持ち帰り用の年越し蕎麦が30食だから、店で出たのは20食の計算。途中、「満席」「お蕎麦売り切れ」の看板を出したけれど、追い打ちをかけた後も続々とお客が入ったのです。

日に四回の蕎麦を打っても、44%の加水率で、いずれもしっかりと打ち上げたから、蕎麦打ちの方も随分と安定してきたと言える。一人前130g強で切りべら23~25本だから、細めの蕎麦の仕上がりです。蕎麦が打ち上がると、平常のサラダの野菜切りの前に、午前中にお持ち帰りの蕎麦を取りに来るお客のために、天麩羅を15人前揚げて、午後からまた15人前の天麩羅を揚げる。店も天せいろや天丼セットが随分と出たから、天麩羅の具材も底をつくありさま…。

去年の大晦日に比べても、かなり大勢のお客が来たことになります。常連さんよりも、ご新規のお客が多かったから、少しずつ地域の人たちに知られてきたのかなという実感がありました。スタッフと女将と3人体制で、かなり忙しい一日でした。亭主は、入ったオーダーに従って黙々と調理をこなすだけなのだけれど、天麩羅蕎麦の汁がぬるいと言ったクレームが入って、「ご免なさい」と、すぐに作り直す場面もあったりで、まあ、反省もしきりな一日ではありました。

とにかく色々なお客さんがいるものだから、カウンターの隅で静かにお客のいなくなるのを待ってくれている常連さんがいたりで、まったく有り難い限りです。普段でも20人のお客はちょっと多すぎるくらいなのですが、お持ち帰り用の蕎麦や天麩羅の用意もあったので、さすがに今日は余裕がなかったかも知れない。それでも、営業時間を1時間延長してあったから、一度にそれほどお客が続いたわけではないのです。むしろ追い打ちをかけた午後の方がが混んだ…。

お休みだからか、ご家族でいらっしゃるお客も多くて、一組の人数が3人4人と増えていった感があるのです。年に一度だから何とかこなせたけれど、毎日がこんなに沢山のお客の数だと、今のメニューの種類の多さでは、二人態勢ではちょっと対応が出来ないのかも知れません。それでも、鍋焼きうどんと丼物をぺろっと平らげたお子様連れのご家族には、亭主が出ていって「いい食べっぷりだね」と声をかける。小学3年生だと言うから、末恐ろしい大食漢なのです。

午後の3時を回っても、亭主は昼飯を食べる暇がなかった。洗い物や片付けは女将とスタッフに任せて、奥の座敷でやっと一息を入れる。これから、娘家族の来る夕刻までに、また一仕事しなければならない。お袋様に電話をかけて、早めに来て料理の手伝いをしてくれるように頼むのでした。スタッフを帰した後は、お袋様に残った野菜で天麩羅を揚げて、蟹や刺身を盛り漬けてもらう。小皿やグラスを並べるのも亭主の仕事。女将は家に戻って夕刻の一仕事…。

日暮れる頃にやっと娘の家族が到着して、久しぶりに婿殿を交えて乾杯をする亭主。孫娘が持っていたインスタントカメラで記念写真を撮ってもらったら、ご丁寧に日付とコメントを書いてくれた。今年の大晦日は、まずはこれにて目出度し目出度し。明日一日ゆっくりとしたら、二日はまた一族大集合だから霊犀亭も大忙し。夜になって息子からも電話が入って、二日に家族で出掛けてくると言う。年に何回かの皆の集合場所に蕎麦屋を使ってもらうのも嬉しい亭主。

 

晦日の空も恙(つつが)なく…

寒い朝の続く年の瀬ですが、日中は陽射しものどかな小春日和。今朝は少し早めに家を出て、晦日の仕込みに専念する亭主なのでした。蕎麦豆腐、栗羊羹を仕込んだら、早速、蕎麦打ちにかかる。今日は、朝と夕に一回ずつ蕎麦を打ち、2㍑ずつの蕎麦汁を二回作る予定で、明日の大晦日のお持ち帰りの年越し蕎麦の準備に余念がない。既に予約をいただいている30人分の年越し蕎麦は、昼の営業の分を含めると、なかなか一度には打てない数なのです。

加水率は43%~44%。大分乾燥しているから、これでも最近はまだ硬いと感じることが多いのです。切りべらは23~25本と、このところ蕎麦もかなり細く仕上がるようになりました。出足の遅いお客さんたちが来る前に、スタッフと今日の蕎麦をぶっかけにして試食したのですが、大釜で40秒茹でても、洗って氷で締めるとかなりコシがあるので満足な仕上がりなのでした。昼を過ぎて今日は蕎麦好きの女性のお客ばかり。忙しい家事の合間に寄って下さる常連さん。

「ここのお蕎麦は本当に美味しい」と、年越し蕎麦と天麩羅を8人分も予約して帰られた女性もいるから驚きで、明日は朝から天麩羅を揚げるのが一仕事のようです。海老と南瓜とかき揚げの天麩羅を200円でお出しすることにしたら、ほとんど全員のお客が天麩羅を予約なさったから、これは新しい発見なのでした。店で熱々の天麩羅を食べていただきたいから、これまでお持ち帰りという発想はなかったのですが、冷めてもやはり蕎麦には天麩羅という人が多い。

お客のいない合間を見計らって、明日の小鉢にするぬか漬けに蕪を漬けたり、蕎麦汁をプラスティックの容器に詰めたり、やることは沢山あるのでした。午後の蕎麦を打ち終えて、天麩羅の具材を切り終え、暖簾を下ろしても、スタッフを帰した後は、また出汁を取り蕎麦汁を作る。大晦日は、出る蕎麦の数にしても、蕎麦屋にとっては一年の集大成とでも言える一日だから、今日のうちに出来ることは出来るだけやっておかないと心配でなりません。4時過ぎに帰宅。

帰りの空も雲一つない青空で、考えたら年の瀬だというのに今日も8時間、よく働いた。こうした地道な仕事が、きっといつか報われる日が来ると信じて、とぼとぼと歩く日暮れ時の道…。今年は、大晦日だけが蕎麦屋の手伝いの女将は、家でゆっくりとお節の仕上げにかかっていました。晩になって、娘の所から連絡があったらしく、実家の近い婿さんがたまには亭主と飲みたいと、家族と5人全員で泊まっていくという。久々に賑やかな大晦日になりそうで嬉しい。

 

年の瀬の賑わい…

夕べは日の暮れ時の防犯パトロールで疲れていたはずなのに、夜になって懐かしい調理師学校時代の”Canard àl’órange”のレシピを見直したりして、鴨肉の料理について考えていたら、つい遅くなってしまいました。蕎麦屋の鴨肉も、去年は珍しがられたせいか、鴨せいろや鴨葱の塩焼きなどの注文が随分あったのですが、今年は、それほどでもない。新しいメニューを考えておかないと、5kg単位で仕入れている鴨肉も宝の持ち腐れになってしまうと焦りがある…。

去年の冬は鴨鍋うどんをメニューに入れて見たけれど、値段も高いせいか、ほとんど出なかったのでした。デビューが少し早すぎたのか。もっと、鴨の美味しさを宣伝してからでないと、やはり、お客の側からすると、注文する気にはならないのでしょう。たまに賄い飯に愛嬌で作る鴨ラーメン・餃子もなども、まだまだ、デビューには早すぎる。大勢の常連さんたちが、蕎麦以外に何かできないのかと、思うようになって初めて効果を発揮するのだろうと、思案を巡らす…。

寒い朝、今日も切りべら23~25本で細い蕎麦を打ちながら、亭主の胸中は穏やかではない。じっと我慢の日々なのです。有り難いことに、年の瀬の慌ただしい日だというのに、今日も早くから常連さんがご来店くださった。遠路はるばる訪ねてくれた昔の職場の友人もいたりで、ほぼ満席になった昼過ぎには、酒を飲むお客もいらっしゃって、去年の同じ時期よりはお客も増えたかと思える賑わい。ご新規さんも半分近くはいらっしたのでしたが、皆さん冷たい蕎麦…。

「お客が付くのには、時間がかかるんだよ」と、かつてご商売をなさっていたと言うお客様に励まされて、午後の3時までの営業を終える。明日の蕎麦汁を仕込み、新しい出汁を取る準備をして自宅に戻った。昼飯を食べたのがなんと午後の4時。夕食には女将が珍しくおでんを煮ていたから、夜はお気に入りの備前の徳利で熱燗で一献。いよいよあと二日だけれど、お持ち帰りの年越し蕎麦と天麩羅の予約が30人を越えたから、最終日は相当に忙しくなりそうです。

今年最後の仕入れと仕込み…

さすがに暮れも押し迫った定休日2日目は、亭主も朝から忙しい。蕎麦屋と自宅の8次元での作業をこなすために、今朝も日の出と共にpekoの散歩に出掛けて、朝飯前に女将の稽古場の障子を張り替える準備をする。最新式の障子紙の丈夫なのを好いことに、最近は2、3年に一度くらいしか張り替えないけれど、やはり男手の必要な暮れの一仕事なのです。朝ドラを見終えたら、お袋様と女将を車に乗せて隣町のスーパーまで暮れの最後の仕入れに出掛ける。

帰りに農産物直売所によって、帰省する子どもたちに蕎麦屋の常連さんが作っている落花生の美味しいのを買い、ついでに小松菜や〆飾りの松の枝を購入してくる。蕎麦屋の冷蔵庫に生ものを入れ、今日仕込む野菜類は出したままにして、家に戻って障子張りを始める。始めてしまえば訳のない仕事で、ウッドデッキのテーブルや長椅子を元合った場所に置いたら、昼食に広東麺と餃子を作る。天気は好いけれど気温の低い今日は、温かいあんかけが美味しい。

夜は、今年最後の防犯パトロールがあるので、食休みをする暇もなく蕎麦屋に戻って、明日の仕込みを始めるのでした。黒豆は三日目の仕上げの作業。天麩羅の具材のカボチャを切り分けて、端切れで小鉢用のいとこ煮を作りながら、出汁を取って蕎麦汁を4㍑も作る。お持ち帰り用の蕎麦汁もあるから、三日間で通常の四日分の蕎麦汁が出る計算なのです。小鉢はカボチャと小豆のいとこ煮と、昨日のうちに仕込んであるなた漬けがあるから、ほぼ足りるはず…。

午後の仕込みも段々と疲れてくるから、正月料理の仕込みをしながら、蕎麦汁の冷めるのを待つ。「鱠はお父さんの方が細く切れるから美味しいわ」と、去年、女将が亭主の包丁の腕を認める発言をしたので、つい調子に乗って引き受けた大根一本分の分量。赤い人参は5分の1ほどと少なめにするのがバランスがいいと調理師学校でも教わった。あとは、料亭田村の親爺様のレシピに習って柚子の千切りです。柚子は砂糖で柔らかくしておくのがポイントらしい。

仕込みの合間に店で作った黒豆や鱠を大きなタッパに入れて家に持って帰ったら、「柚子の香りがいいわね」と、女将も納得の様子なので一安心。今年最後の夜回りからかえってまずは女将の部屋の障子張りの仕上げ。真新しい障子の割りには障子の桟が古すぎるのだけれど、夫婦二人でする大掃除も、出来るところだけというのはご近所も同じらしい。お節を二人で手分けして作る家庭も今ではどれほどあるのか。万全ではないけれど、せめてもの一年のけじめ。

夜のパトロールに出掛ける時刻には、南の空に煌々と輝く一等星が…。「あれは何という星なのですか」と、いつしか星空に詳しいと思われているらしく、尋ねられて、「わし座のアルタイルだと思うのですが…」と、うる覚えて応える亭主。この彦星と乙姫座のベガ、白鳥座のデネブは夏の三角形だけれど、この時期にも早い時間には見られるようなのです。団地の東側の森からは、オリオン座が昇ってくる。おうし座と今日はスバルもはっきりと見える寒い夜なのでした。

地表が結露した日…

南の風が強く吹いて、湿った暖かな朝でした。地面が濡れているからもう雨が降り始めたのかと思ったら、蕎麦屋の玄関前までびっしょりだったから、なんと結露なのでした。珍しくpekoも早起きで日の出前の6時には散歩に出掛けたのですが、冬至を過ぎたとは言え、まだまだ外は真っ暗。蕎麦屋で昨日の洗い物の片付けを済ませる頃に、やっと森の向こうの東の空が明るくなってきたのでした。朝食の後、今朝は、一番でまずは床屋に行くと決めていた亭主です。

帰りがけに地元の農産物直売所を訪ねたら、品物を運び込んでいる人たちの中に、蕎麦屋の常連さんの小母さんを発見して、「こんにちは、精が出ますね」と挨拶をすれば、「あら、今日はお蕎麦屋さんやってるの?」と尋ねられたから、「今日と明日は定休日で、仕入れと仕込みなのですよ」と、大根や小松菜と共に、彼女が並べていたピーナツを一袋、買って帰ったのです。地域に知った顔の人がいて、会えば話をするような人間関係が出来るのは嬉しいことです。

これも、地元で蕎麦屋をやっているから広がる人間関係の輪なのでした。地道にコツコツと仕事をする人間がお互いに認め合っていくという、本当に地に足の着いた生活なのです。野菜を作る農家は地域の人たちに美味しく食べてもらえるようにと新鮮な野菜作りを心がけ、開店して二年目の蕎麦屋は、毎日美味しい蕎麦を打ち、日々新しい料理を作る事を考えている。食材の仕入れも仕込みも、休日返上で研鑽を重ねているから、いつかものになる日が来る…。

今日は正月のお節作りの手伝いを兼ねて、蕎麦屋の厨房でこのところ凝っている豆の煮込みに専念する。昨日、3㍑の鍋に出し汁で浸けておいた黒豆を煮始め、同じく水に浸けておいた白いんげんを煮立たせて水で冷やし、例によって、一粒一粒気の遠くなるような皮むきを始める。北海道からキロ単位で取り寄せた大手亡豆のつやつやとした輝きが、作る側のやる気を出させてくれるのです。これを軟らかく煮たら、今度は篩を裏返して宮島で漉していく作業…。

さすがに、家庭の主婦はこれをやらないから、かなりの時間を短縮できるのです。しかも、漉した豆は綺麗でよどみないから、すぐに鍋に入れて再び氷糖蜜で煮込んでいく。その間に、薩摩芋をkgほど輪切りにして、厚く皮を剥いたら、ミョウバンを入れて大きなボールに水で晒すのです。クチナシの実を割って、コーヒーのフィルターで包み、火口の三つ目を使って、栗きんとんの準備。煮込む時間は10分ちょっとで竹串が通れば、こちらも篩の裏で漉してから煮込む…。

その間、黒豆の落とし蓋を空けて、いつになったら柔らかくなるのだろうかと何度も食べてみる。鍋の大きさと水の量の多さのせいか、あちこちのレシピに書いてあるような長い時間ではなくて、わずか3時間でとろけるような柔らかさになっている。重曹を入れて煮込んだのが好かったのか、アントシアニンの色を定着させるために入れた鉄の塊は効果を発揮してくれるだろうか。日の暮れる頃には、三つの火口の鍋が一斉に仕上げを待っている状態なのでした。

昨日のうちに煮込んでおいた花白豆を白餡に入れて霊犀亭風の特上豆きんとん。容器に入りきれない豆と白餡は、蕎麦屋で大福に包んでデザートにしよう。大粒の栗の甘露煮と薩摩芋で作ったきんとんを合わせて約1.5kg。お袋様に電話をしたら、豆類はいつも市販の物を買っていると言うから、帰りに届けてやろう。明日の出汁取りの準備をして、塩で押し漬けしてあった大根を京唐辛子と柚子皮の千切り、酒粕で漬けたら、いよいよ今日の仕事は終わりです。

リピーターのお客がずらりと…

今日も一段と寒い霜の朝でした。霜柱が立つなどというレベルではなく、そのまま地表が凍っているような白さなのです。札幌も記録的な大雪だと言うけれど、部屋に小さなストーブかエアコン一台、防寒の衣類も完備していないような我が家では、この年の瀬の寒さはこたえるのでした。昨夜の営業の疲れが祟ってか、夜の食事もろくに食べずに早く休んだのは好いけれど、今度は朝の散歩に出掛けてもお腹が空かないから困ったものです。再び、体調不良の一日。

風邪をひいた予後は十分に気をつけなければならない年齢なのに、若い頃の感覚で、熱さへ下がれば元の身体に戻ると思ったら大間違い。夕べ食べたチーズ揚げ、寝しなに飲んだカナディアンウィスキーのオンザロック、どれもこれも今の身体では受け付けないものばかり。朝から背中が痛くて差し込みが起きたから、急いでブスコパンを服用したのでした。やはり同じような症状で、若い頃、医者に急性膵炎と言われたことがあったのを、ふと、思い出したのです。

寒さの中をじっと我慢して蕎麦屋の玄関口で待つpekoも、亭主が夕べの洗い物の片付けをして幟を出す頃には耐えきれずに吠え始めました。女将が出掛ける時間になっても、亭主は朝食を食べられずに、とうとうそのまま出勤。とにかく店の中を温かくして、コーヒーを一杯飲んだら、いつもより一時間遅れで蕎麦を打つ。今日は力を入れないように43%で少し柔らかめに捏ねて、ぴったり1kg11人分の蕎麦を仕上げる。切りべらは23本、細めのいい感じの仕上がり。

それでも、体調の悪さは治らないから、スタッフの手を借りながら何とか小鉢にする小松菜の白和えは用意できたけれど、サラダの野菜を刻む余裕はなかったのです。地元の直売所で買ったブロッコリーを茹でて、トマトや胡瓜を添えて簡単なサラダを作り、デザートは冷凍してある蕎麦饅頭だけ。蕎麦豆腐も今日は作る暇がなかった。こんな調子で開店できるのかと思ったけれど、お客が入る頃には、緊張もあるのか元気に、「いらっしゃいませ。まいど~」

週末がクリスマスの後の月曜日にしてはお客が入った方でしょうか。皆さん、リピーターの方ばかりで、先日、来年のカレンダーを持って自宅にまで来て下さった、業者の方たちもご来店でした。「本格的な蕎麦屋は久しぶりだなぁ」と、せいろの大盛りをご注文のお客様には、こってりとした蕎麦湯を作って差し上げた。近所のタクシー会社の運転手さんも気に入ってくれたのか昼飯時に二度目のご来店。学校が休みになったご家族連れもいつもと同じご注文です。

皆さんに、「良いお年をお迎え下さい。らいねんもまた宜しくお願いします」と年の瀬のご挨拶をして、今日の営業もなんとか無事に終了。寒いからと温かい蕎麦の汁も用意したけれど、全員が冷たい蕎麦のご注文で、年越し蕎麦と天麩羅の予約をされて帰る方もいらっしゃった。営業時間中、火口を一つ使って、昨日水に浸けてあった白花豆を煮込んで、白豆きんとんの準備。スタッフを帰した後も、黒豆のあく取りと白いんげんを水に浸ける。いよいよ年の瀬です。

5日も休んだ年の瀬の営業再開は…

この4日間というもの、床に入っている時間の方が長かったから、夜中に何度も目が覚めて、その度に今朝の蕎麦屋での仕事の段取りをシュミレーションした亭主。ところが、現実はもっと意外な感触で、熱を出していた3日間で体重が2kgも落ちたせいか、1kgの蕎麦を打つのに一苦労。元気な身体なら訳もないはずなのに、今朝はなぜか力が入らないのでした。加水率も42%だからそれほど硬い蕎麦ではないのに、蕎麦打ちがこんなに力がいったのかと再認識。

幸いに、日中のお客はそれほど多くはなかったのですが、閉店直後に常連さんからの電話があって、「今年も最後だから、夜に伺いたいのですが…」と言われると、断るわけにもいかずに二つ返事で引き受けてしまう。夜は休むはずだったのにと心配した女将が、手伝いに来てくれると言うから、自宅で遅い昼飯に餅を二つ食べて一眠りしたら、また、蕎麦屋へ出掛けていくのでした。大根の桂剥き、ツマ切り、切り落としの鮪の刺身を二皿作って、暖簾を出して待つ。

ところが、暖簾を出せば当然のことながら、他のお客もいらっしゃるから、一挙にテーブル席は一杯になって、今日の蕎麦はこれで売り切れ。ちょうど女将が来てくれたので助かったのでした。夜は歩いていらっしゃるお客ばかりだったから、ビールや日本酒、酒の肴が随分と出て、昼と同じほどの人数だったけれど、売り上げは倍近くもあったのです。今日用意した料理がすべてなくなったのが嬉しい。やはり年の瀬の日曜日。去年も確かそうだったような気がします。

8時前に家に戻って、蕎麦屋の残りもので夕食を取る亭主。そう言えば今日は、水泳部のOGから連絡があって、来春早々に40周年の記念パーティーを開くのだという話。考えたら、亭主ももう40年もの間、泳ぎ続けているのです。また、蕎麦屋を臨時休業にして出掛けなければなりませんが、それも人生の一区切り。40年前に発声した”enjoy swimming,enjoy your life” の言葉通り、皆さん元気で集まれると好いのですが。明日はまた一からの仕込みが楽しみ…。

亭主が体調不良につき3日間の臨時休業で…

ちょっと寝れば治るだろうと思っていたら、なんと今日で3日間も店を休んでしまいました。その間に蕎麦屋を訪ねてくださったお客様達には大変申し訳ないことをしました。連日、ご来店してくださったご近所の方やお世話になっている会社の方々が、わざわざ自宅までお見舞いに来て下さったらしく、恐縮至極です。本日昼過ぎから、やっと平熱に下がって、普通の食べ物が食べられるようになりました。寒さの中をちょっと根を詰めて仕事をしすぎたのかと反省しきり。
それにしても、熱を出してこんなに長い間寝込んだのは、もう10年以上も経験がないので、体力が落ちたというのか、やはり年齢には勝てませんな。来週はいよいよ年の瀬だというのに、あまり無理をせずに乗り切らなければと、おっかなびっくり庭に出てみる。金柑の実がやっと黄金色になってきたから、そろそろ鳥たちが囓りにやって来る時期。もう、二つ三つと囓られた跡がある。まだ外出は控えたいところですが、家で年賀状を印刷して今日のうちに出しておこう。

「お粥を作ったり、うどんを作ったり、まったく面倒なんだから…」と、文句を言っていた女将も亭主の復活した姿を見届けたかと思うと、さっさとスポーツクラブへ出掛けてしまった。明日の日曜日は久しぶりに蕎麦を打って、昼の営業だけはしようと思う。夜はまだ体調が不十分だからお休みさせてもらうことにして、師走最後の週に向けて、頑張らなければ。栗きんとんや豆きんとんを作るのも亭主の仕事だから、無理のないようにリハビリしながら準備するつもりです…。

何年ぶりかで急に熱を出して…

終わらなかった昨日の仕込みを片付けてしまおうと、今朝は6時に車で煙草を買いにコンビニに行ったその足で、蕎麦屋へ出掛けたのです。出汁を取り、鰹節のふりかけを煎って、金柑の甘露煮の味を調整する。店のエアコンはなかなか暖まらなかったけれど、幾つも火口を使っているから、厨房はそれほど寒いとは感じませんでした。約1時間の調理で、かなりの仕込みを済ませたけれど、先週、沢山の種類の料理が出た分だけ、まだまだ仕込んでおかなくては…。

やっと東の空が明るくなって、見れば周囲の畑には一面の霜が降りていました。一旦、家に戻って朝食を済ませ、女将の朝ドラに付き合ったら、洗面・着替えを済ませてお袋様を連れて仕入れに出掛ける。この間、農家の親爺様に「農産物直売所行ってるかい?」と言われて、「野菜の端境期に品数が少なくなってからは言っていない」と言うと、「行ってみなよ。冬のものが今は随分あるよ」と言われたので、今朝はまず直売所へ寄ってみようということになった。

果たして、新鮮な大根や長葱、小松菜など、さすがは地元の利。しかも、随分と安いから、お袋様もしっかりと買い物をして車に乗り込んだのでした。それから隣町の魚屋スーパーに出掛け、足りない物を買い足して、いつもの元気なお姉さんのレジで精算する。「元気な声が聞こえてくるので、つい、こちらに並んでしまうんですよ」と言えば、「普段から声が大きいんですよ」と笑って言うものだから、「元気をもらえるから好いですね。声の大きな人に悪い人はいない」

蕎麦屋へ帰って蕎麦汁を蕎麦徳利に詰めたり、金柑を瓶詰めにしたり、親子丼の具材を煮込んみながら、サワラの西京漬けや、厚揚げ田楽の味噌を仕込んで、次々と仕事をこなしていく亭主。昼近くになって、少し休んだ方が好かろうと、陽の当たる奥の座敷に寝転んだのはいいいのですが、なんだか身体中の節々が痛い。ストレッチを始めてみるのだけれど、珍しく頭も痛くなってきたから、おかしいとは思っていたのです。ぞくぞくと寒気が全身を襲うのでした。

蕎麦豆腐や天麩羅の具材切りは明日に延ばすことにして、片付けを済ませて早めに家に帰ったのです。遅い昼飯を食べてどうやら熱が出てきそうだと、遙か昔の記憶を蘇らせたのだけれど、既に遅し。ビタミンCを飲んで、床に就いたらそのまま夕刻まで目が覚めなかった。身体が燃えるように熱くて、何年も使っていないから、体温計を探したけれど見つからない。ひたすら眠って、夕食は豚鍋とおじやで済ませ、明日の営業は大丈夫だろうか。これからまた寝ます。

朝からペンキ塗りの日は…

定休日前夜の昨日は、久しぶりにpekoを亭主の布団に入れて眠ったのは好いけれど、パグは鼻の構造上いびきをかくので、これがうるさくて眠れなかった。夕刻の合同パトロールがあったので、プールをお休みをしたから身体が疲れていなかったのだろうか。結局、起き出して、居間でテレビ映画を見始めて、眠りに就いたのは明け方の3時。女将の朝ドラの時刻に朝食を食べて、「ペンキ塗りは今日明日じゃないと雨が降るらしいわよ」と女将に急かされる亭主。

まだ、表は5℃という寒さなのに。「気温が上がらないとペンキがのびないんだよ」などと言い訳をしながら、仕方なくペンキ塗りの続きを始めたのでした。案の定、二缶目のペンキもウッドデッキの床を塗っただけでなくなってしまったのでした。昼に女将をお稽古に送った帰りにでも、ホームセンターで同じ色のペンキを購入してこようと思いながら、他に仕入れる物がいろいろとあったので、何時の間にか忘れてしまった。今日は他に蕎麦屋の仕込みもあったのです。

団地から環状線の国道に抜けるには、狭い裏道を通るのが一番早いのですが、昔は秘密の抜け道だったのに、昨今は何時の間にか皆が通るようになって、今日も沢山の車が田んぼの中の道を列になって走っていました。年の瀬の5、10日とあって、国道もかなり渋滞しているのでした。いつも25分あれば着くところを今日は30分以上かかって、お師匠さんの家に到着。仕入れを済ませて蕎麦屋に戻ったら、2時を回っていたから、結構忙しい仕込みとなりました。

出汁を取る準備をして、冷凍しておいた二週間分のかつお節を大鍋にかけて溶かし始める。先週、安いからと2kgも買い込んだ金柑の残りを、今日は一気に甘露煮に仕上げるつもりで、種を取り始めたらこれがまた根気のいる仕事。1kgの金柑の種を取るのに小1時間もかかるのでした。そして、お酢と氷糖蜜で30分ほど煮込んで冷ます。金柑大福を作るには多すぎる量だから、正月に帰省する子どもたちに冬場の風邪予防に持たせても好いと考えているのです。

金柑の尻の部分は切り落として糠床に入れる。柑橘類の皮を入れておくと糠が酸っぱくならないというのは近所の農家の小母さんから教わった知恵。金柑の甘酸っぱい香りがそこらじゅうに漂って、なんとも気分が好くなるから不思議。香りが人間の免疫力を高めるなどと言う話もまんざら嘘ではないのかも知れないと思うのでした。それにしても、金柑の種は取れども取れども終わらない。若い頃なら到底こんな作業はやってみようという気にならなかったのですが。

隠居の身では時間だけはあるのだからと、常日頃自分に言い聞かせている亭主。最近は、近所に出掛けるのには、ほとんど車は使わない。一昔前なら、車は下駄代わりなどと言って、どこに行くにも車に乗っていたけれど、今は自転車にも乗るのも億劫で、つい歩いてしまうのです。仕事場の蕎麦屋が近くだからと言うのもあるけれど、やはり、時間があるからと思うからなのでしょう。「緩急自在は観自在に通ず」などと、独り呟いて歩く日もあるから人生面白い…。

金柑を煮ながら、今度は鍋にかけて少し乾燥してきた削り節を、フードプロセッサーにかけて細かく砕く。そして、更になべて乾燥をし続けるのですが、これには3時間以上かかるのです。結局、金柑を煮終わった頃には女将から迎えの車の要請があって、親子丼の具材の仕込みも終わらなかった。当たり前のことだけれど、朝が遅いと遅い午後にまで影響するようです。明日は、削り節の再乾燥と金柑の瓶詰めから始まって、仕入れの前にどれだけ終えられるか。

このところ朝方と夕方に雲もがなく空気の冷えた空が広がることが多い。今日も綺麗な夕焼け色の空でした。夕飯には女将と二人で鴨鍋をつつき、最後にうどんを入れて身体中が暖まる。居間でpekoを膝に載せたまま小一時間ほど眠ったらしい。「いびきをかいて寝ていたわよ。だからpekoがわたしのところに来ちゃって…」と女将に言われた。昨夜の仕返しかと可笑しくなった。いよいよ今年もあと十日。そろそろ年賀状の宛名の印刷をして早めに投函しなければ…。