暁の道を…

南の島から戻って2日目、向こうでも続けていた夜明け時のジョギングを今朝から再開しました。まだ陽の昇らぬ薄明かりの中を、pekoの散歩でウォーミングアップを済ませると、ストレッチをして軽く走り始める。今朝からは、ウォーキングシューズに代えて新しいランニングシュースを履いて坂道を下れば、あら不思議、身体が前へ前へと押し出される感じなのです。片刃の和包丁と両刃の牛刀を使い分ける思いで、静かに家々の間を歩いたり走ったりするのでした。

調整池の畔の直線からお袋様の住むマンション群までは少し力を入れて走るのでしたが、いつの間にこんなに寒くなったのか、吐く息も少し白いし、両手が冷たくてならないのです。蕎麦屋まで歩いて坂を登れば、温まっていた身体は汗をかくでもなくまた冷えてくるのでした。お隣の農家の入口にはまだ秋桜が沢山咲き乱れて、遠く駅前の高層マンション群が見渡せる。気持ちのいい夜明けのひととき、今日も天気がいい。蕎麦屋へ寄って幟を立てて帰る亭主…。

朝飯前のひとときを居間の椅子にもたれていたら、「ご飯ですよ」という女将の声にハッと目覚める。早起きをして動いた後は暖かい部屋で座るとたちまち眠くなるのです。女将の朝ドラタイムが始まる前に「行ってきます」と蕎麦屋へ出掛け、新しく仕入れた秋のコーヒー豆を挽いて試飲するのでした。今朝はまず米を研いで炊飯器にかけ、750g8人分の蕎麦を打つ。平日だから、昨日残った蕎麦と合わせて、何とか間に合いそうな量なのでした。加水は40%強で十分。

打ち粉もほとんど使わずに丸出しから四つ出しに入り、75cmの幅に広げたら奥行き90cm弱になるまで本伸しをする。これが近ごろでは一番打ちやすい方法なのですが、内心では、早くもっと多くの蕎麦を打つ日が来ることを願ってやまないのです。八つに畳んで蕎麦切り台に乗せた生地の幅をメジャーで測れば36cm。一人前130gを越える量で切っても十分8人分は取れる計算だけれど、今朝は少し薄く伸したか切りべら23~25程の細い仕上がりとなりました。

10時前には蕎麦打ちを終え、ナスとキュウリの浅漬けを漬けて、いつもなら、2時間続けて動いたら一休みするのに、そのまま天麩羅の具材を仕込み、サラダの野菜を切り始めたから、身体の調子が相当にいいと感じる。ダイビング遠征の疲れも少し取れてきたのだろうか。晴れた空が広がっているだけで、気分は爽快。月曜日だけれど、もしかして、少しはお客が増えるかなどと夢想しながら、温かい蕎麦が出る時のために出汁に返しを合わせて火を入れておく。

昨日今日の営業だけで野菜は使い終わらないから、葉物は傷みも早いので、近ごろ高値のレタスもたっぷりめに使って大盛りのサラダを作る。今日のお客はサラダを頼めばラッキーなのにな。と、思っていたら、昼過ぎに最初のお客がいらっして、ヘルシーランチセットのAとBのご注文。サラダと蕎麦豆腐にせいろか天せいろ、そしてデザートのつくお得メニューがいきなり出たから、嬉しいこと限りなし。作った料理がどんどん出るのが調理人にとっては一番嬉しい…。

品のいいお婆様の話を聞けば、札幌からこの団地に越してきたという。「北海道の方は珍しいですね。うちも父方の親戚はほとんど北海道で…」などとやりとりをして居る間に、次のお客がカウンターに二組座ったと思ったら、天せいろの大盛りとぶっかけ蕎麦の温かいのと冷たいのと注文が入る。ぶっかけ蕎麦もかき揚げを揚げるだけだから、何のことはない。蕎麦屋にとって天麩羅は作る側も慣れてくればそう難しくはないのです。熱いうちに蕎麦を茹でてお出しする。

お客の来ない間にスタッフと端切れの蕎麦でぶっかけを食べたし、今日は庭の水まきのついでに、カブと春菊の間引きをして、間引いた苗を耕しておいた空き地に植える作業も終えたから、明日やろうと思っていた作業も短時間で簡単に終えることが出来た。何事も暇を見つけてどんどんこなしておくことが大切。身体の調子がよくないと、すぐに休みたくなるし、面倒になる。昨日は夜まで一日怠かったのだけれど、睡眠と食事と運動がリズムを回復させたのか…。

寒かった日曜日…

夜に仕入れた食材を店に置きに行った時に、出汁取りの準備をしてきたから、蕎麦汁を早い時間に作らなければと午前3時に目覚めて蕎麦屋へ出掛ける。土曜日に帰って日曜日に営業をするというのは、やはり、かなり大変なことなのです。それでも休日はお客さんも多いから、少しでも店を開けたいというのが亭主の本音。今回の遠征を定休日を除けば3日間だけの秋休みにしたのも、そうした配慮があったからなのでした。眠い目をこすりながら暗い道を歩く。

日中は35度もある石垣島から帰って、気温8度の朝を迎えるとまるで真冬の寒さ。店の暖房を入れて3㍑の出汁を火に掛ける。その間に蕎麦豆腐を仕込んで、型に流して冷蔵庫に入れておく。今日のデザートは南蛮屋から仕入れた栗のバウンドケーキを出せばいい。1本700円もする代物だから、四つに切って一人分を出しても150円では元は取れない。それでも日替わりのデザートを用意しなければランチセットも出せないから、緊急用に用意をしておいたのです。

寒い日には温かい蕎麦の汁も必要だろうと、二番出汁を4㍑取って味噌汁用の鍋に今日の分を入れて、別な鍋に返しと合わせて1㍑ちょっとの汁を作り、残りは容器に入れて保存しておくのです。水で冷やしておいた蕎麦汁は蕎麦猪口に小分けして冷蔵庫に入れる。二番出汁も少し冷えたところで、鍋や容器ごと冷蔵庫に入れてやっと夜明け前の仕込みを終える。約2時間の作業を済ませたら、まだ暗い道を家まで戻って、あまり寒いからもう一度床に入るのでした。

目覚めたらもう7時過ぎ。pekoの散歩に出掛けなければと起き出すと、台所の女将が「疲れているようだからもう散歩に行ってきましたよ」と、有り難い言葉。ゆっくり朝食をとって8時前にはまた蕎麦屋へ向かう亭主。今朝は40%強の加水で1kg11人分の蕎麦を打ち、温かい蕎麦も出るだろうからと少し硬めに仕上げて生舟に入れる。小鉢も仕込んでいないから、天麩羅の具材を切る間にカボチャのいとこ煮を作り、ナスとキュウリを浅漬けを仕込んでおくのでした。

休日だからと野菜サラダは4人分皿に盛って、新しい胡麻油を天麩羅の鍋に入れて温めておく。大鍋の湯もチンチンと沸いて蕎麦茶の準備を終えたら、いよいよ開店の時刻。休日の助っ人の女将も店の掃除を終えて、味噌汁を作ったり、大根や生姜をおろしたりと準備に余念がない。日中も15度という寒さだから、果たしてお客は来るのだろうかと二人して心配するのでしたが、昼過ぎに隣町からいらっしたという老夫婦が、ランチセットと鍋焼きうどんのご注文でした。

鍋焼きうどんは11月からと思っていたから、奥の戸棚から鍋を出したり材料を用意したりと、ひやひやものでしたが、やはり寒いから、温かい物を注文したいのがお客様の心理。今日はカレーうどんのご注文もあって、新しいうどんの発注をしなければなりませんでした。休日はやはりご飯物とのセットメニューも随分と出て、有り難いことにこの寒い日にしてはお客は多い方なのでした。さすがに夜の営業は人影もなく、店のパソコンでひとりブログの続きを打つ亭主…。

南の島に別れを告げて…

帰る日の朝はいつも物憂いのです。今朝は雨が降っていたのを好いことにジョギングもお休みにして、朝食の時間まで床の中で過ごしました。身体に蓄積した疲労は若い頃と違ってなかなか取れるものではないのです。全身が筋肉痛の状態でストレッチをするのもやっとのこと。新しいお客がやって来て、船長は今日も朝早くから港に出掛けていました。朝食を終えたラウンジの窓から昨日までお世話になったアルカディア号がポイントに向かうのを見送った亭主。

他の帰り客もいるのに、奥様に車を出してもらって空港まで送って頂いた。外は雨、昨日までの奇跡のような晴天は、この10年で何度あっただろうか。半分は台風にぶつかって荒れた海に出るか、飛行機が欠航したり、南の島ならではの物語。島では海を渡って前線が通過するのが見えるのです。ちょうど本降りになってきた時刻に飛行機は定刻に離陸する。満席だと言うから、週末に帰る人々も多いのでしょう。亭主は明日の蕎麦屋の営業のために帰るだけ…。

一眠りしたらもう那覇の上空で、先年まで同じ倶楽部で一緒に潜っていたS夫妻の住む宜野湾が上空から見えました。ヨットハーバーの近くの高級マンションのペントハウスに住んでいるから、石垣島で再会ダイビングを楽しんだ日々も、娘とお宅を訪ねてご馳走になった日々も、台風で足止めを食らった那覇で一緒に食事をしたことも、今となっては懐かしい思い出です。先日、奥様からメールをいただいて、ご夫婦そろってのダイビングはそろそろ卒業なのだとか。

幾つまで潜れるのかとよく話題になる事があります。海メロにいらっしゃる常連さんの中には、亭主よりも歳の上の人も結構いる。サンゴ礁の中の流れのないところで写真を撮るくらいなら、ジョギングよりも楽ちんのような気がするけれど、日に何本も潜るのは気持ちが飽きてくるのかも知れません。カメラを持って潜るから、常に新しい被写体を求めていい写真を撮りたいと探求する気持ちが湧いてくる。蕎麦屋で常に旨い蕎麦を打とうとするのにどこか似ている。

いつもは下から眺める鱗雲を今日は下に眺めて、一路、飛行機羽田に向かう。近ごろの羽田空港は飛行機の数も多く、同時に違う滑走路に着陸する飛行機が見えるほど。預けた荷物もないのに、カウンターに寄って往きに持って行けなかったターボライターを受け取る亭主。空港内の例の寿司屋に顔を出して遅い昼食を取る。隣の席には白髪の品のいい老人がやはり一人でビールを飲んでいるのでした。店長を交えて酒の話から四方山話になって名刺交換…。

徳島からいらっした産婦人科の偉い方だった。色々なところで色々な人に出会うから旅は面白いのかも知れない。隠居仕事の蕎麦屋の亭主になって、人の話もじっくりと聞けるような年齢になってきたのかも知れない。「隠居仕事じゃ駄目だよ」と80歳になるというその老人が言っていた。医者は定年がないのだと言うけれど、蕎麦屋も自分が止めると言うまでやり続けられる仕事ではある。電車の中で2時間も眠って、車検の車を取りに行った帰りに仕入れを済ます。

晴れて波穏やかな最終日ダイビング…

いよいよダイビングも最終日となって、夜明け前のジョギングは今朝は往復5キロを走ったり歩いたり、港までは片道4キロほどだと言うから、あと少しなのですが、朝食の時間には間に合わなくなる。伊原間の交差点まで600mという標識の場所で折り返して、坂道を上って宿に帰るのでした。心地よい汗をシャワーで流して、食事を終えたら今度は器材をそろえてダイビングの準備です。頼もしいのは昨日から同世代の男性ダイバーが加わったことなのです。

若い人の体力ペースは参考にならないから、慣れたダイバーなら同世代のほうが何かと気が楽というもの。それでも、器材のセッティングや船から潜行する早さは、若い連中にはまだまだ負けないという感じで、船のデッキで「他のお客が準備を終えるまでもう少し待っていてくださいね」と船長から言われるのでした。要するに、歳を取るとせっかちにもなるということ。今日も朝から、若い夫婦が「今日も3本潜ります。休暇はフルに楽しまなくては」と言っていたけれど。

宮城からいらっしたと言う常連さんは気さくでユーモアのある同世代ダイバー。「二日間マンタに行ったら、今日は北端の平野でしょうね」と、亭主と同じ事を考えていました。確かに港を出た船は北部に向かって、途中のビックポイントでまずは1本目。透明度は抜群で見えるところでは30mは視程があったのではないかと思われます。ハナゴイやタカサゴ、ウメイロモドキなどの大群が海の中で大運動会。北部の海は他のダイビングボートにも出会わずに独り占め…。

大きなフグの後を追いかけるようにウメイロモドキの子供たちが列をなして群れていくではありませんか。とても滑稽な風景。これは不思議な光景だと後から船長に聞いたら、群れる魚たちの習性として変わった姿の魚がいるとまずは様子を見に集まってくるのだとか。そういえば、私たちが潜って移動し始めると、あちらこちらから大群が寄ってくるようなのでした。人間の姿を見て「どんな奴らが来たのだろう」と好奇心を駆り立てて近づいてきたのかも知れません。

根の向こう側を進んでいく他のダイバーたちの姿が見えなくなるほどの魚の数なのです。みんな私たちを珍しがって見に来るのか。魚を見ていると思っていたら、実はこちらが魚たちに見られていたなんて傑作です。おかげて、その群れの中に入って沢山の写真を撮ることが出来ました。カメラの設定をし直す暇などないから、予備のカメラも使ってとにかく好いアングルでナイスショットをと息をつく暇もないのです。見ても見ても見飽きないほどの魚たちの群泳でした。

20mほどの深さの透明度の好いポイントを、2本潜ったところで若いご夫婦が満足したのか、「3本目は潜らなくてもいいですか」と言い出したものだから、老人ダイバーたちは内心ほっとしてのんびりと船の上で昼ご飯。三日間の蓄積疲労もさることながら、タンクの空気を吸って蓄積する身体の中の窒素を抜くためにも、本当は飛行機に乗る20~24時間前にはダイビングを切り上げたい。宿に帰った午後はゆっくりとシャワーを浴びてログ付けをする亭主なのでした。

10月の末にしては珍しいと思うのだけれど、宿のお客は一組が帰ると次の日にはまたお客が来る。週末を利用して来る客もいるのか、昨日今日共に満室だから、奥様の手料理を並べた夜のラウンジも和やかな会話で満ちあふれているのでした。高知からいらっしたというお医者さんご夫婦とも二日間一緒に潜ったから、自然と口数も多くなる。亭主はお料理の量を減らしてもらいながら、泡盛のお湯割りをお代わりする。信楽焼きの湯飲みがまたなんとも美しい。

皆が食事をし終えた頃に、やっと締めの八重山蕎麦が出て、今日の宴も幕を閉じるのでした。休暇を楽しむ若いご夫婦たちに別れを告げ、部屋に戻ってブログの続きを書くのですが、いつの間にか明かりを点けたまま夢の中。秋休みという名目で臨時休業をした蕎麦屋は明後日の日曜日から営業。仕入れも仕込みもしない久しぶりの休暇は、亭主にとっていったい何だったのでしょうか。やはり、「ダイビング遠征」以外の何ものでもないと言う気がするのだけれど…。

今日もダイビング日和で…

今朝も夜明け前の薄明かりの中を港までの道をジョギングに出ました。ちょうど1.5kmほど走った橋の上で日の出の時刻。今日はここで引き返すことにする。帰り道はずっと上り坂だから、ゆっくりと歩いて、少し下りなったところだけは軽く走って往復3kmちょっと。シャワーを浴びたら朝食の時間になるのでした。海メロのラウンジから眺める海は今日も穏やかで快晴の天気。短い休暇を終えて帰る人、新しく来る人。ペンション「野空海」の客の別れと出会いの時。

水深20mの海の中から青空に輝く太陽を見上げるとこんな風に見えるのです。水も澄んでいるから、今日は潮が流れて見えるところでは30m近い視程がありました。宿に昨日いらっしたお客様のリクエストだとかで、幸か不幸か今日もマンタシィティに出掛けていく。亭主の世代の乗船客は他にも一人。午前中2本のダイビングで終わるはずが、マンタが見られるならと最後まで付き合うことになったのでした。亭主も船で待っているのだけは嫌だから潜る準備をする。

今日も大勢のダイバーたちに見守られながら、マンタ劇場の開幕なのでした。私たちがマンタを見るために岩場に身を潜めると、どこからともなく一枚のマンタが悠々と様子を窺うように現れて、次々と根の上を旋回し始めるのです。マンタシィティーやマンタスクランブルでは、マンタに触れてはいけない、マンタの通り道に立ってはいけない、マンタの旋回する根には顔を出してはいけないなどと、沢山のルールがあるから、撮影に夢中になるとガイドに叱られます…。

このポイントでは、一回に潜れるダイバーの数がだいたい決まっているから、いつも海上でダイビングボートは順番待ちをするのだそうですが、今日はダイバーの数が少なかったせいか、身体を固定する岩場も昨日よりも空いていたし、ガイドの昌子さんが背中を押して私を特等席に案内してくれるではありませんか。これでナイスショットが撮れなければ申し訳ないと、じっと息をこらえる亭主なのでした。その後ろ姿をちゃっかりと写してくれたのは船長でした。さすが。

今日も3本のダイビングを終えて、くたくたになって宿に戻ると、器材を洗ってシャワーを浴びたら、もう3時近いのです。このブログの記事が遅れて掲載されるのは、夕食までの時間に3台のカメラで撮った1000枚もの写真をパソコンに取り込んで、どれを掲載しようかと選定してサイズを縮小する作業までしか進めないからなのです。午前中に2本のダイビングなら、疲れ方も違うし、時間があるから昼寝をしてもブログを書いて夕飯のひとときを迎えるのですが。

夕食はいつも酒の肴のオンパレードだから、どうしても一杯飲んでしまう。するともう瞼は重りをぶら下げたように重くなってくるのです。夜中に目が覚めればまだしも、3本潜った日は、やはり朝まで目が覚めません。朝は日の出前にジョギングに出るから、また、次の日のダイビングが始まって…という具合に、「南の島に旅行ですか?」と言われるとちょっと違和感があるのです。宿と海との往復だけ。半魚人潜水倶楽部の「ダイビング遠征」という言葉がふさわしい。

絶好のダイビング日和…

今回の遠征は天気に恵まれそうだと期待して来たのでしたが、果たしてダイビング初日から快晴の空。夏の遠征で毎晩のように海メロの奥様の美味しい手料理を食べ過ぎたせいか、体重が増えたのを反省して、今回は一週間ほど前から早朝のジョギングを始めた亭主でした。島に着いてからも、せっかくのいい習慣を途切れさせるのはもったいないと、日の出前、うっすら赤く東の空が染まる頃に宿を出て、歩いたり走ったり。目標は港までの5キロなのですが…。

往復すると10キロになるから、これはフルで走らないと7時30分の朝食タイムまでには戻れない。しかも、海メロのある高台から港まではアップダウンの繰り返しながら降りていく一本道なのです。初日は往復3kmほどでやめておきました。それでも気温が高いから汗びっしょりだから、宿に戻ったら、即、シャワー室へ駆け込む朝でした。今朝は洋食バージョンのパンの出る日で、さわやかな朝日の当たるラウンジで、同宿のお客さんと話をしながらの和やかな朝食。

体験ダイビングのお客さんが一緒だったからか、綺麗なサンゴ畑でゆったりとした時間を過ごした1本目。残念ながら、この夏の海水温の上昇で、サンゴの褐虫藻(かっちゅうそう)が逃げ出して、白化したサンゴが所々に見られた。魚たちはそんな温暖化の影響もどこ吹く風なのでしたが、長い期間には魚の生態系そのものにも影響は出てくるかも知れません。地球規模での取り組みが急がれる問題なのですが、ダイバーほどには関心を持つ人はまだ少ないかも。

この時期はマンタが多く飛来する時期とあってか、私たちを乗せたボートはマンタポイントへ。果たして、何枚ものマンタがホバーリングをする根の周りには沢山のダイバーたちがカメラを構えているのでした。ちょうど9年前だったか、パラオから帰って、石垣島にマンタの写真を撮りに来るようになって、ニコノスのフィルムカメラでその姿を撮ったのを覚えています。それが今では、皆がデジタルカメラで簡単に写真を撮れる時代になって、隔世の感のある亭主でした。

お腹の辺りに何匹ものコバンザメを引き連れて、勇壮な姿で泳ぐマンタはやはり近くで眺めると圧巻です。大きな両翼を羽ばたくようにして、水中を進む姿がとても優美なのです。多くのダイバーたちがこの姿を見るために集まるのも無理はない。しばらく根の上を旋回したかと思うと、今度は近くの根を行ったり来たり、カメラを構えて見上げる私たちの頭上を通り過ぎるときの興奮は、言葉に表しようもないほどです。皆、息をこらえてエアーの上がるのを防いでいる。

船上で昼食を取った後はしばらく休憩して、午後のポイントに向かいます。何遍も来ている場所なのに、その時その時で海の表情は違う。今日はウメイロモドキやユメウメイロなどの色鮮やかな多くの魚の群れが行き交って、すっかり私たちを魅了させてくれるのでした。海の中に広がる小高い丘や入り組んだ谷をぐるりと回りながら、今日最後のひとときを楽しむ。船長にお願いして新しく購入してもらったフィンが少し長めで、負荷がかかりすぎるためか足が攣る。

一蹴り一蹴りでぐんと進む距離は嬉しいのだけれど、もう少し脚力を付けなければいけない。さすがに日に3本のダイビングは疲れるから、帰りの船の中では皆言葉少なになる。宿に帰ってシャワーを浴びたら、夕食の前に一日一緒に潜って仲良くなった皆で祝杯を挙げるのでした。夕刻までのわずかなひとときにログ付けをして、その日撮った写真のデータをパソコンに取り込む。夜はこのブログに掲載する写真を選んで、そのまま深い眠りについてしまう…。

秋休みは…

久しぶりにお稽古がお休みの女将は横浜の娘に会いに、秋休みの亭主は石垣島へダイビングに出掛ける朝。どうせなら二人で羽田まで一緒に出掛けて、空港の美味い寿司屋で昼を食べないかと亭主が誘うと、寄り道の上に途中下車して珍しく女将が付いてきたのです。カウンターの奥にいる店長に女将を紹介すると、「今日は本気で握りますから…」と、江戸前のネタを幾つも出してくれた。亭主の酒の肴もからすみや鯛の酒盗などと確かに今日は気張っていた。

高級食材ばかりだったから値が張るだろうと、亭主は腹七分で店を出て女将を改札まで送ると、早速、手荷物検査場を通って待合室に向かったのですが、夕飯までには腹が減るだろうと「新蕎麦入荷」と看板の出ている蕎麦屋へ入ったのです。冷たい蕎麦はせいろ蕎麦と山菜蕎麦の2種類だったから、注文をしたのは好いけれど、やはりこういう場所で食べ比べても仕方がない。氷を敷いたぶっかけ蕎麦で、広口どんぶり一つ。値段はさすがに場所柄だけはある。

いい気持ちで酔いが回って飛行機の中では熟睡する亭主。気がつけばもう石垣島上空だから気楽な移動日です。いつものように空港まで船長が迎えに来てくれたけれど、今日は他に女性客が二人いて、ペンション野空海(のぞみ)は晩秋になっても賑わっているようなのでした。3ヶ月ぶりで訪ねた海メロは、つい昨日までのように変わりなく時が流れている。いつものように、伊原間湾の景色を撮ろうとしたら、今日は若いお二人が画角の一部に入ってくださった。

夕食時のラウンジはいつになく賑やかで、奥様の手料理もまた一段と磨きがかかっている。ヒメフエダイの煮付けは、関東で言えば金目鯛の煮付けのようなもの。身体にいいというモリンガの葉を添えて、亭主の好きな薄味でしっかりと煮付けられていました。一人で食べるには少し量が多いのでしたが、泡盛のオンザロックをお代わりして、綺麗に平らげてしまうからやはりカロリーオーバーなのでした。デザートにはパパイアのヨーグルト添えが出て舌鼓を打つ…。

夜は皆で満天の星を眺めて、船長が星座の解説をしてくれる。天の河にかかったカシオペアも他の無数の星々に埋もれてしまいそう。天頂付近には白鳥座がやはり天の河を渡るように瞬いている。都会では見ることの出来ない見事な星空なのです。家の女将に電話をすれば、無事に横浜から帰った様子で、娘ともゆっくりと話が出来て好かったと喜んでいるから一安心。明日はいよいよダイビング初日で、どこへ連れて行ってくれるのやら。それにしても暑い夜。

全身が心地よい筋肉痛の朝…

寒いと感じるほどの朝でした。pekoにも半纏を着せて朝の散歩に出る亭主。いつものように蕎麦屋へ寄ってまずは糠味噌を漬ける。今日も営業しますよと幟を出して、店の前の道を通る車にアピールする。朝夕は、結構、車の数が多いのが最近の傾向。「前から気になっていた」と言うお客もいるから、まんざら効果がないわけでもなさそうなのです。散歩の老人も天せいろの写真を見ていく。日の出がまた遅くなったのか、東の森に陽が昇ろうとする時刻は6時。

家に戻ってpekoの足を拭いて居間に入れたら、今度は5日目になるジョギングに出掛ける亭主。寒さのせいか、連日の疲れか、全身の筋肉がミシミシと音を立てるように感じる。家の前の通りに出て、準備運動をしたら、重い身体を引きずるように坂道をトコトコと駆け下りていくのです。身体が温まってきたところで、今度はウォーキング。いきなり連続で走るにはまだ準備が足りない。何処かの小母さんがやはり運動着姿で道を歩いている。これはお仲間ですな。

直線の続く道路はなるべく走って、曲がり角の続く道や坂道で歩くようにしている。お袋様の住むマンション群を抜けると、蕎麦屋のある高台に出るのです。ここで一気に蕎麦屋の駐車場まで走り出す。お隣の農家のお爺さんが植えた秋桜の向こうに駅前の高層マンションが見える。今日も爽やかな秋晴れです。陽が昇ったら少し寒さが和らいだけれど、汗をかくほどではないから、やはり暖かかった昨日とは違う。蕎麦屋の「手打そば」の幟が朝日を浴びてよく目立つ。

今朝も早くから蕎麦屋へ出勤したけれど、明日から秋休みなのであまり仕込むものがない。時間があったから庭に出て、草取りの仕上げ。明日はゴミ回収業者の来る日だから、70㍑のポリ袋3つ分の草木を出した。ナスやオクラの木も全部抜いて、次の種まきのために肥料をやって耕しておく。ピーマンだけがまだ実を付けて花も咲いているから不思議。このところ、ミニ菜園のピーマンだけで店で使う分は足りているから有り難い。九条葱は今日の分で終わり…。

お客は少なかったけれど、丼物のセットが出てご飯ときのこの味噌汁は全部売り切れ。残った食材を持ち帰るのが一苦労なのですが。冷蔵庫を空にして綺麗に掃除をしていたら、いいタイミングで女将が来てくれてビニール袋二つ分の荷物を持って帰ってくれた。スタッフと一緒に蕎麦屋を出て、亭主は隣町のディーラーまで車検のために車を持っていく。帰り道の3kmを歩いて帰ったから、今日は朝から6km近く歩いたことになる。全身が筋肉痛で明日は遠征に出発。

ボブ・ディランを聴きながら…

昨夜は10時に就寝、今朝は5時起床。水分を補給して5時半にはジョギングに出掛ける。いつもと同じ2kmのコースを、歩く時間を減らして、少しだけスピードを上げて走って見たら、思ったよりも快調でした。蕎麦屋まで来てクールダウン。ついでに糠味噌にナスとキュウリを漬けて、コーヒーを一杯。家に戻って牛乳をコップ一杯飲んで、今度はpekoの散歩に出掛ける。万歩計はもう4000歩を越えて、涼しいのに汗びしょになっているから、朝の運動として素晴らしい。

再び蕎麦屋の厨房で一仕事して幟を立てたら、玄関脇の長椅子でコーヒーを飲みながら一服する亭主。快適な睡眠と快適な目覚めが新しい生活のリズムを作っているらしいのです。家に戻ってシャワーを浴びて髭を剃る。そして、出勤する服装に着替えて女将と一緒に朝食を食べる。うん、このペースなら夜の10時に寝ても満足。今朝は随分と気持ちがいいのです。今朝の朝食はサラダとベーコンエッグにお新香と納豆。摂取すべき栄養を考えたメニューが嬉しい。

いつもよりも早く8時前には蕎麦屋へ出掛け、建物中の窓を開け放って乾いた空気で換気する。ボブ・ディランの曲をいつもの倍の音量で流して爽快な気分でした。畑に囲まれて隣近所に家がないから、誰に気兼ねをすることもないのです。木曜日と日曜日の朝は、消防団の建物の影で地元の農家のお婆さんたちが朝市を開く。蕎麦屋の前を通って早くから野菜を買いに出るお年寄りがちらほらといるだけ。亭主は蕎麦打ち室に入って今日の蕎麦打ちを始める。

水回しを終えた蕎麦粉は色が変わるまで十分に捏(こ)ねる必要があるのですが、体重を掛けて蕎麦粉の中の水分を押し出していくというイメージ。色が変わって熟(こな)れてきたら菊練りに入るのですが、誰に教わったわけでもないのでこれはいい加減。蕎麦打ちの教本ほどにはこの意味を理解していないのではないかと思いますが、見よう見真似で地伸しに入る。今朝は生地の状態がよくて打ち粉もほとんど使わなかった。日ごとに思い通りに打てる気がする…。

750gの生地を75cmの幅で奥行き90cmで畳んで包丁切り。今朝は切った蕎麦に定規を当ててみたけれど、これでは太さは判りにくい。計算では、1.5mm強だから嬉しくなってしまう。当分、このパターンで蕎麦を打って腕を上げていくのが一番だと一人で納得しているのでした。日曜日だというのに、お客の数も先週より少なく、こればかりはどうにもならないから、手伝いに来てくれた女将と四方山話をする真昼時。明日は秋休み前の最後の一日だというのに…。

それでも、空いた時間には庭に出て、草取りをして歩くから身体は休まない。蕎麦屋の前の畑では、日曜日だというのにトラクターを出して畑を耕している。昨日も、お隣のお爺さんが蕎麦屋の脇にある畑の縁の草刈りをしていた。女将が「いつも綺麗に有り難うございます」と挨拶をしたそうだけれど、聞こえているのかいないのか、黙々と作業を続けるだけなのでした。農作業をする農家の人たちには、季節ごとに色々教えられるから本当に頭が下がる思いです。

今朝は開店一時間前にはサラダも小鉢も作り終えて、後はお客を待つばかりなのですが、これが一番難しい。昨日の賑わいはどこ吹く風。これが田舎の商売なのでしょう。今日のお客でマグロ丼セットを頼まれた若い方が、「マグロの色が悪いな」と呟いていたと女将に聞いて、その場にいれば説明したのにと残念がる亭主。市場から冷凍で送られたマグロを、注文を受けてから30度のお湯で解凍して、赤味を出すのだけれど、上手くいかないものもあるのです。

食材が古いのではなくマグロの肉の質なのだろうと思うのですが、綺麗に全部食べていただけたので、安心しました。小分けで袋詰めされているから、肉の部分部分で質の差があるのは如何ともし難い。バチマグロの切り落としだから食べて味が悪いはずはないのです。あんまり悔しかったから、同じ袋に入っていた肉を夜に家に帰って刺身で食べてみたのですが、色も赤身のその色だし、マグロを知らない人の言葉としか受け取りようがないと言うのが結論でした。

夜の営業は先週とはうって変わってお客もなく、これが商売というものなのだろうと、田舎の蕎麦屋の亭主は手持ち無沙汰。秋休み中の新聞も止めてもらったし、冷蔵庫の中も明日は空っぽにしなければならないから、今日のうちに持ち帰れるものはすべて家に持って帰る。残念だけど、残った昨日打った蕎麦を二食持ち帰る。本当は十分に美味しく食べられるけれど、三日目の蕎麦は出さないと決めている。さて、明日の蕎麦打ちはどうしたものかと思案のしどころ。

懐かしい顔ぶれがお客様の週末…

昨日は、朝のジョギングから昼の蕎麦屋の営業をして、更に夕刻はプールで泳いだから、夕食の後は風呂に入って早々に床に就いた。と、いうよりもう起きていられないほど眠たかったのです。お蔭で今朝は3時過ぎから目が覚めて、水やお茶を飲んで一休みしたら、また夜明け前のジョギングに出掛ける亭主。一度始めたら続けなくてはという思いもあるけれど、身体が自然と走りたくなるから不思議なのです。帰り道に蕎麦屋へ寄って糠漬けを漬けて家に帰る。

さすがに、朝食まではだいぶ時間が合ったから、1時間ほど床に入って一眠り。そして、再び目覚めたらもうpekoの散歩の時刻なのでした。再び蕎麦屋へ出掛けて今度は出汁を取る準備をして、女将と二人で朝食を取る。亭主の要望が聞き入れられたのか、今朝はおかずに肉と野菜が出てきたから、元気いっぱい。8時過ぎには三度、蕎麦屋へ出掛けて朝の蕎麦打ちを開始するのでした。今朝も750g8人分の蕎麦を打ち、昨日打った蕎麦と合わせて昼まではもつ。

夜の分が足らなくなれば午後から追い打ちをする覚悟で、今朝も四つ出ししたときの角が薄くならないように丁寧に作業を始めました。蕎麦打ち台の75cmのマークを目安に、90cmの長さに生地を伸して畳めば、当然のことですが昨日と同じ幅の八つ折りが出来上がる。今日は切りべらを23本に増やして、昨日よりも少し細く仕上げてみました。これが、霊犀亭の蕎麦の理想の姿。計算上では1.6mmほどの太さになる。生地が均等な厚さになっているから成功…。

狭いながらも楽しい我が蕎麦打ち室。お客の少ない日が続くので、同じ750gで毎日蕎麦を打つから、コンパクトに仕上げが出来るようになってきた感じがする。これを1kgでも同じように仕上げられれば、二回打って日に20人分は蕎麦を打てる計算です。これが現在の霊犀亭の夢。去年並のお客が入れば、仕入れの工夫もしてきたから、何とか赤字経営から脱却できるのですが、これがなかなか難しい。今はただ、腕を磨くばかり。今日も30分前に仕込みが終わる。

あらかじめ連絡をもらっていた昔懐かしい顔ぶれのお客様は、11時過ぎにはタクシーで店の前まで乗り付けたのでした。二人だと聞いていたのに四人も来てくれたので、嬉しいやら仕込みの量が足りなかったかと心配するやらで、女将共々慌てて用意をする始末。皆さん好い年頃で働き盛りの人生を謳歌する年代に入っているではありませんか。何年ぶりかでお会いしても、名前を覚えていたからほっとする亭主。変わらないのはお互い様で昔のままの姿…。

皆さんの了解を得て厨房からのワンショット。40年の月日がまるで嘘のようなのです。40年前のあの頃と同じように、彼女たちが輝いて見えた。別れに店の玄関先で営業中に記念撮影。こんな素敵な日もあるのだと、女将と二人で嬉しくなっていたら、まだまだ営業中だから当然のようにお客は来る。涼しすぎる一日だったけれど、平日並みのお客の入りで、定刻には暖簾を下ろして、一旦家に戻って一眠りする。先週は夜もお客があったけれどいつも同じではない。

夜はお客の来ないことをいいことに、月末のダイビング遠征後の返しを5㍑の鍋でたっぷりと作って、天麩羅の具材を切って明日の仕込みを終える。それでも時間があるから、買ったばかりの牛刀と薄刃とベティーを砥石で研ぐ。これで小一時間は暇をつぶして、やっと今夜の営業も終了。帰り道、スポーツクラブから帰る女将にばったり出会って二人仲良く家に帰る。「皆さん楽しそうで好かったわね」と、女将も自分たちの昔を振り返る。元気をもらった一日でした。