Monthly Archives: 5月 2016

夜まで盛況だった一日…

夜のプールで泳いだ翌朝は、ぐっすりと眠れるから目覚めも爽快。ただ、早朝の気温が低いから、なかなか寝床から起き上がれない。朝飯を食べたら亭主が動き出すまで、じっと膝の上で待っているpekoが不憫だから、こちらもお茶を一杯飲んで、否応なしに外に出るのです。おかみがやっと雨戸を開ける音がする。連休に播いた朝顔も双葉に育って、植え替えを待っている。自然と共に暮らす生活は、こんなところでも元気をもらうから、頑張らなくてはいけない。 塀際のサツキもやっと咲く前の準備に入ったようです。素人目には躑躅とどこが違うのかと思ってしまうけれど、これだけ開花の時期がずれると自ずと違う花だと分かるのです。女将が朝ドラを見る時分には、もう家を出る亭主。今日の蕎麦打ちは1.35kgといつもより100g多いから、電卓で加水率を算出する。左右の掌で十分に練って、丸出しも四つ出しも大きめに。肉わけを済ませれば、結構、いい形で、ここまでくれば今日は上手く打てそうだと自信が出てくる。 丁寧に伸して、蕎麦打ち台一杯に広げて、八つに畳んでいく。やはり、八つ折りならこの大きさが限度で、1.5kgを打つには最初の畳みで三枚に重ねなければ無理だと分かっている。名人級の腕前になるには、まだまだ気の遠くなるような修練が必要なのです。それでもお客が増えたから、最近は1.25kgで打ち続けているので、均等な厚味で伸すことが出来るようになって、集中力さえ持続させれば、細い蕎麦が仕上がるようになったから嬉しい限りなのでした。 1.35kgだと14人分が優に取れるから、平日はこの量で打つのが一番危なげがないかも知れない。12時半に蕎麦か売り切れというのは、ちょっと恥ずかしいし、かといって平日の朝に二回打って、沢山余った日には、二日目にお客に出せるかどうかを見極めなければならないので、リスクが大きいのです。乾燥しない状態で保存できれば、次の日にコシも出て、長さも変わらずにお客に出せるけれど、生舟の蓋がきちんとしまっていなかったりすると大変なのです。 昼のお客は普段の土曜日よりは少なかったけれど、今日は夜に四人で来るからと常連さんに言われていたので、早めに蕎麦屋へ出掛けて仕込みを始めました。いつマグロ丼に使う鮪の切り落としを、刺身で出して欲しいと言うご夫婦なので、昨夜のうちに魚屋スーパーで生きのいい大鰺と鮪を仕入れておきました。ツマの大根を千切りにして、刺身用の若布を水で戻したら、久しぶりに出刃や柳刃を使って、大きな鰺を捌いて、鮪は角が出るように斜め切りです。 夜のお客が帰ったのは閉店時刻を30分も過ぎてからでした。帰りがけに「今度はお料理をお任せにして6人でお願いしたい」と奥様が言って帰られる。夜の営業は次の日もあるから大変だろうけれどと言ってくださるのは、さすがに常連さん。亭主一人の小さな蕎麦屋。買い出しや仕込む時間と片付ける手間がかかるのが悩みの種ですが、美味しかったと言ってもらえるのが何より。女将が片付けを手伝いに来てくれる時刻になって、二人で夜道を帰るのでした。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

涼しすぎる一日…

夜明けと共に目覚める習慣は、なかなか素晴らしいのだけれど、今朝はちょっと涼しかったから、いつもの女将を見習って、起き出すまでに寝床の中でストレッチをして、身体に言うことをきかせる亭主なのでした。ペコも起き出して朝食の催促。誰が教えたのかぐるぐると床の上を回り続けるから、「おすわり。待てよ」と仕切り直してカップ八分目のダイエットフードを与える。「バグは食べるのが好きだから、家族の皆がいろいろ食べさせて、早死にしてしまったのよ」と、ご近所のバグ好きの小母さんが言っていた。腹一杯食べて早く死ぬのが幸か不幸か…。 木曜日が混むと金曜日は空いているというのが、このところのパターンで、今日は昼前から閉店過ぎまでお客はいたのでしたが、ゆっくりと寛いでいただいたという感じ。外は涼しいので、今日はカレーうどんやカレー蕎麦が出て、天丼セットも「蕎麦を暖かいのに出来ませんか」と、男性客でも温かい蕎麦。カウンターに座った若い女性が、「綺麗なお店ですね」と、天せいろを美味しそうに食べるから、「お若いのにお蕎麦が好きなんですね」と言えば、「前はうどん派だったのですけれど、主人が蕎麦が好きで…」と、会話が弾む。こんな日は皆に大サービス。 店を閉めていつもの酒屋にビールを仕入れに出掛けたら、ご主人が「暖かくなるとビールもでますよね。今日みたいな日は、お客もさっぱりですよ」と、併設している蕎麦カフェの方を見ながら言っていた。「うちみたいな団地の外れは特にそうですよ」と言えば、「うちも駅からは離れているから、分かりにくいと言われます」と、客商売は、どこもそれぞれの悩みを抱えているのだろうか。まあ、新米の蕎麦屋の亭主は蕎麦打ちも経営もまだまだなのだから、いろいろな人の話に耳を傾けておく必要がありそうで、見るもの聞くものすべてが勉強になるから嬉しい。 家に戻って遅い昼食を食べたら、もう眠くなってきたのでしたが、今日は大相撲が全勝力士同士の対戦とかで、じっと瞼を開けてテレビの画面を見据える亭主。仕方がないから蕎麦屋へ出掛け、糠味噌にキュウリとナスと自家製の小蕪を漬けて、そのまま夜のプールに出掛けるのでした。金曜日の夜は何時も空いているはずなのに、時間が早すぎたのか、今日は各コースとも二人も泳いでいる。例によってのんびりゆったりと400mを泳いで、今夜は明日の仕入れに出掛けなければと、隣町のスーパーまで出掛けるのでした。女将には好きな果物のお土産。 昼食が遅かったから、8時過ぎに家に帰ってから夕食。鰺の刺身とそら豆の茹でたのが用意されていたから、パソコンに向かいながら新しく仕入れた司牡丹の試飲です。石垣に行くときにいつも立ち寄る羽田の寿司屋で教わった純米酒。東京ではこれを1000円で出しているのだから、やはり土地柄なのか。味は好いけれど、冷たく冷やさないと切れが悪いような気がする。明日の夜に何人かでいらっしゃるというお客のために、大鰺と鮪を仕入れてきたけれど、ビールも日本酒も用意したし、昼がどれだけ混むのかで、また疲れの具合も違うのだろうと思う。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, | コメントは受け付けていません。

定休日明けは今週もお蕎麦売り切れで…

朝夕の涼しさに比べると、昼は気温も上がって、爽やかな陽気の今日この頃です。湿気がないから尚更そう感じるのかも知れません。今朝の蕎麦打ちは定休日明けの平日だからと、1.25kgを一回打ったきりでしたが、13人分ではやはり足りなかった。最後の二人連れのお客が入って、1時前には売り切れてしまう有様。うどんやガレット、丼物は出せるけれど、蕎麦を食べにいらっしたお客には、大変申し訳ないことをしました。この難問の解決は実に難しい。 平日でもいつも売り切れと言うなら、もう一度打っておくだけの時間は十分にあるのですが、まだまだ、平日のお客は少ない日が多いのです。「二の矢を持たない」という言葉通り、一回だけ打つから、全神経を集中して薄く均一に伸せるというメリットもある。未熟な蕎麦屋の亭主にとっては、それが今出来る一番の仕事。今朝は、四つ出しの段階で、伸し棒の長さを超えるまで広げたら、本伸しに入っても自然と薄く伸せたので、思い通りの細い蕎麦が仕上がった。 包丁切りの段階でも、八つに畳んだ生地の厚味が薄いと、自然と駒板の送り幅が狭くなるような気がするのです。結果として、切りべら23~25回という細さで130g台になって、茹で上がる蕎麦は、確かにいつもより細いコシのある蕎麦となる。この感覚を大切にして、明日も慎重に蕎麦を打とうと思うところに、一日の進歩があると思える。気候がよくなったからか、今日は天せいろの注文が多かった。途中で用意した具材が切れたから、野菜を切り足す一コマも…。 ご新規のお客さんに交じって、「今日も美味しくいただいたわ」と、リピーターのお客の励ましの言葉。今週も来週も、友達と何人かでいらっしゃるからと、あらかじめ連絡をいただいている常連のお客さんもある。予約は受けていないから、開店の時刻前に来て下さるというお心遣いのおかげで、なんとか凌いでいる。町内のボランティアグループの懇親会をと言う話も伺っている。蕎麦打ちだけではなく、酒の肴や料理の腕も試される時期。ワクワクするのが楽しい…。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

真夏の太陽…

昨夜は珍しく夜の7時には床に就いていたから自分でも驚きました。それで夜明け前のいつもの時刻まで眠ったから、9時間近くは寝ていたことになる。夕飯に食べた銚子のイワシの刺身が美味かったので、至極満足してそのまま眠りに就いたらしい。涼しすぎるからと朝方はストーブを焚いたというのに、蕎麦屋に出掛ける頃にはもう上着もいらないほどの暖かさなのでした。昨日できなかった庭仕事とグリストラップの掃除が今日のメインで、まずは庭の草取り。 お袋様との仕入れの前に庭の草取るついでに、花の咲いた春菊を全部と小蕪を半分ほど引き抜いて、新しく種を蒔く場所を確保しておく。堆肥を混ぜて土をならした後に、いざ種を蒔こうと思ったら、残しておいたはずの野菜の種が見当たらない。一体どこへしまい込んでしまったらのやら。間引かずに大きくならなかった辛味大根も、もう一度夏場に挑戦してみたかったのです。動き出したらとたんに暑くなって、汗をかきながらあちこち探すけれど見つからない…。 仕方がないから、仕入れのついでに種を見て、夏場の野菜の種を何種類か買って帰った。肥料をやったら本当は何日か土をそのままにしておいておくのがいいのだろうけれど、気の短い亭主は、今朝耕したばかりの空いた土地にまで、早速、種まきをしてしまう。それから、店の椅子を片付けて、床を洗剤をつけてデッキブラシで磨き始める。モップで何遍か拭いたら、随分と綺麗になったから嬉しい。野菜類を保存して、蕎麦豆腐やピーナッツプリンを仕込んでおく。 昼に家に戻るとまた来なくてはならないので、昼食は店の冷蔵庫に作ってあった餃子とラーメンで簡単に済ませる。食後は奥の座敷でごろりと寝転んで一休み。外は相当に暑くなっているようなのでした。夏の暑い時期に、ひんやりとした家の中で、こうやって寝転んでいたのは、何時の時代だったっけ。心が伸びやかになって、いつか女将と二人、この場所で暮らす日が来るのを楽しみにするのでした。もっともっと身軽になって、蕎麦屋に専念できるのかも知れない。 草いきれの真夏の陽射しの中で、フェンネルとイタリアンパセリの花が開こうとしています。花だけ見るとどちらも同じようなのが不思議。今日の仕事を終えて最後にいよいよグリストラップの掃除。始めてしまえば訳もないことなのだけれど、さすがに3週間放って置いたからヘドロ状態。丁寧に柄杓で組み上げて、網で油を取り除き、厨房の二つのシンクにお湯を一杯溜めて、一挙に洗い流すのでした。わりとまめに掃除をしているだけあって、ものの20分ほどで終了。    

Posted in 仕込み, 季節, | コメントは受け付けていません。

雨の定休日…

朝から雨の予報でしたが、降り出す前にpekoの散歩に出掛け、蕎麦屋へ寄って今日一日の予定を考える亭主。グリストラップの掃除や店の回りの草取りをしようと思っていたのに、一日中、雨が降りそうなので、その他に今日できることを済ませておこうと考えるのでした。今日のうちに仕入れられるものだけでも買い出しておこうと、隣町のスーパーまで車を走らせる頃には、雨は本降りになってきました。昼に女将を送る時間まで今日の仕込みに費やすのでした。 休みの日でも、する事があるのは幸せなのか。送られてくる蕎麦粉や食材の段ボールを束ねたり、毎日溜まる新聞紙を袋に詰めたり、今日は子ども会の廃品回収の日だから、朝からする事は多かったのです。買い込んで来た新鮮な野菜類をラッピングして冷蔵庫に保存して、煮物を作っておくのは今日できる仕事。まったく、変な話だけれど、雨降りの日も亭主にとっては蕎麦屋は恰好の遊び場のようで、退屈するということがない。味見をしながらの仕込みも楽しい。 「どうしたらこんなにカボチャの色が綺麗になるのかしら」と、女性のお客に南瓜の煮物の作り方を尋ねられたことがあるけれど、砂糖と薄口の出汁醤油を入れて落とし蓋をして、ただ少し時間を掛けて弱火で煮るだけ。それは案外と、忙しい主婦の日常からは考えられない調理の仕方なのかも知れない。昨日干しておいたの洗濯物や盆や蕎麦皿などを片付けながら、昼飯までの一時間ほどの間に、午前中の仕込みを終え、午後の出汁取りの準備をして帰宅する。 コンビニに行って自動車税の納付を済ませる。隠居の身の生活では、ハイオクガソリンを入れる大きな車を維持するのも大変な出費のはずなのですが、買い換えるにも先立つものが必要だから、じっと我慢の亭主なのです。よく、収入の激減する退職後の生活レベルを、どこまで落とせるのかという話を聞くけれど、所詮、それはお金に換算する生活の話。生活のレベルをあまりお金で計ろうとしない霊犀亭の生活は、自然に囲まれてのんびりと過ごすのをよしとする。 店に置いてある今月号の料理雑誌には、店を開業したら「3年5年が難関の壁」などという特集が組まれていました。「原価率にこだわると失敗する」と言うような記事も載っていた。どちらも人ごとではない話なのですが、生活を賭けて店を開業する努力は並大抵ではないのでしょう。家賃もなしの代わりに利益もなしの現在の霊犀亭は、まだまだ未熟な調理人の修行の場。休日も店に出向いて、調理の腕を磨く毎日が、楽しいと思えるだけで佳しとするのが一番…。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

涼しい朝でした…

暑い日が続いたから、朝の気温が10℃台前半になると一挙に涼しく感じます。今朝もpekoと共に4時起きで、日の出前には上着を羽織って蕎麦屋まで散歩に出るのでした。店の窓際に植えた常緑ヤマボウシが花を咲かせています。昨日の晩にいらっしたお客に「これは何という花ですか」と聞かれたのに、思い出せなくて困ったのでしたが、写真に撮ってよく見るとなんだヤマボウシだったという次第。白く開いている葉の中にある綠の部分が花なのは有名な話…。 昨日打った蕎麦で家に持ち帰ったものを茹でて朝飯に食べる。最後の端の部分を切って行くうちに駒板が上手く滑らずに、太さや長さが揃わなくなるから、お客には出せないけれど、美味しさに変わりはないのです。食休みにBSで朝ドラを見て、コーヒーを入れてもらったら、今朝三度目の蕎麦屋参り。蕎麦は6時に打ってあるから、庭の野菜に水遣りをしながら、少しだけ草取りをする。ついでに花の咲いてしまった辛味大根を抜いてみたら、なんと可愛らしいこと。 フェンネルの株が去年と同じように大きくなりすぎて、とうとう花が咲き始める。洋物の香草は蕎麦屋ではサラダやカレー以外になかなか使う機会がないけれど、去年はオリーブオイルにみじん切りにしたフェンネルを漬けて、塩・コショウのソースで海老やキスを出したことがある。本当なら、単に鴨葱の塩焼きではなく、フェンネルを添えて香ばしさを出したいところ。若い人ならいざ知らず、蕎麦好きの年配のお客にはどうか。先日、若い客にこれを指摘されたっけ。 たまにはフレンチの夢を見ているから、亭の東側のミニ菜園には沢山の香草がある。去年は鴨肉を丸ごとグリルで焼いたっけ。こんな時はフェンネルも使えるかも知れないけれど、オレンジソースを作って洋皿に出すわけにもいかない。蕎麦を売るのが根本だから、せめてガレットに使って見ようか。明日から定休日だから、今日の小鉢は無難なところで切り干し大根に人参と朝採りの絹さやを添えてみた。切り干し大根は戻しすぎないのが秘訣。歯ごたえがなくなる。 間引きの足りなかった辛味大根は花が咲いて大きくならなかった。春菊も花が咲いている。今日はお客も少なかったけれど、週末から夜や平日に大勢でいらっしゃると言うお客さんたちの連絡がいくつかある。予約は受け付けていないので、開店の少し前に来て頂いて席を確保してもらうことにしてある。10人を超えればもう満杯だから、貸し切りでもいいのだけれど、他のお客のためにも、やはり、原則の方針はぶれてはいけないと思う。今日の賄い飯は豪華…。 夜のプールは空いていたので、びっしょりと汗をかくまで泳いだから、久しぶりに気持ちがいい。400mのアップの後で、やはり四種目の個人メドレーが変化があって楽しい。汗をかくまで泳げば、体力の維持ではなくて増強に繋がると分かっているのだけれど、定休日の前夜でもなければ、余り疲れたくないというのが本音。帰りに、焼き鳥屋を覗いたら、珍しくカシラが残っていたので買って帰って泡盛で一献。久米島の久米仙も昔懐かしいダイビングの思い出…。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, | コメントは受け付けていません。

爽やかな晴天の一日…

昨日までの暑さと違って、今日は陽射しは強くても、空気が乾いて涼しい一日でした。風呂に入りながら眠り込んでしまった昨夜の疲れで、やはり朝は起きられなかった亭主は、7時過ぎにpekoの散歩に出掛け、女将と共に朝食を食べて、8時半には再び蕎麦屋へ出勤するのでした。まずは、蕎麦打ち。少し気温が低いので、加水率は43%にして、今日も1.25kgを無事に打ち終えました。このところ蕎麦はかなり出来栄えがよく、捏ね鉢も綺麗に、打ち粉も使わず…。 二年目を迎えた霊犀亭の糠床も、ナスやキュウリの漬け物が結構好い味に仕上がっている。この時期の糠漬けの時間は約12時間。ナスは真ん中から割って、キュウリの仕上がりと時間が同じになるように工夫している。もちろん、ミョウバンをしっかり塗りつけて、色落ちがしないように注意。朝の散歩の折に、糠床から出して冷蔵庫に入れておくのがポイントです。「ナスの色が随分と綺麗に出ているわね」とか「味も好いよ」と、お客さんにに褒められるのが嬉しい。 今日も休日だというのに、開店と同時にぞろぞろっとお客が入って、厨房でハラハラしながら注文を聞いていると、一組はまずはビールと蕎麦豆腐、天麩羅にとろろ蕎麦、もう一組は天丼セットと、うまく別れてくれたので、天麩羅を揚げながら、とろろを卸し、蕎麦を茹でる。ビールや蕎麦豆腐はすぐに出せるから、お客様を待たせないのでラッキーなのでした。デザートに蕎麦饅頭やマンゴープリンが出て、ふりかけのお持ち帰りまであったから有り難いことなのです。 同じお客の数があっても、少しでも時間帯がずれると洗い物が片付けられるから随分と楽なのです。結果的には満席になっても、調理する時間がずれていることで、お待たせしなくても済むので一安心。お茶出し、注文、配膳、会計と女将のペースも二日目だから息が合って、蕎麦湯もすべて別鍋で作って味見をしながらお出ししている。「よし」と一声掛けて、暖めた器に熱々の蕎麦湯を注ぎ、全部飲み干して頂ければ、蕎麦屋としてこの上のない喜びなのです。 夜は常連さんのご夫婦がみえて、ビールと日本酒、蕎麦豆腐に丼鮪の刺身に天せいろ。ゆったりとしたムードの中で、料理をしながらお客と会話の出来るのも、オープンキッチンの好いところで、閉店の時間を守ってくれる気遣いも有り難い。「今週の土曜の夜は四人で来るから…」と、予約を受けない霊犀亭の使い方を心得た気配り。蕎麦だけを余分に打っておけばいいから、こちらも本当に助かっているのです。片付けの時間には、女将が駆けつけてくれました。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

今日も暑い一日でした…

今朝も4時半起きで、コーヒーを一般飲んだら、5時にはpekoの散歩で蕎麦屋へ出掛け、朝のお仕事の第一弾。家に戻って着替えをしたら、再び蕎麦屋で朝の蕎麦打ちに入る亭主。朝飯前の蕎麦打ちはやはり集中できるから上手く仕上がる。蕎麦打ち室の室温は26度近いから、加水率を42%にして少し硬めでも十分に練り込んでいくと、しっとりと生地が仕上がっていくのです。集中の度合いが高まるほど、包丁切りも同じ太さで一人前130g強で切りべら20~23回。 今朝は更に余裕があったので、切った蕎麦の先端を切りそろえてみました。茹でたときの仕上がりも綺麗だから、本当はこの方がいいのですが、蕎麦が均一に伸されていないと、なかなか出来るものではないのです。そして、家に帰って女将の用意した朝飯を食べるのですが、動いた後だから今朝はは珍しくグリンピースご飯を二膳もお代わりをしました。渓流釣りの宿での朝食をふと思い出す。5月は山女魚も瀬に出始める頃なのです。もう1年も出掛けていない。 女将と一緒に朝ドラを見て、今朝、三度目の蕎麦屋通い。蕎麦が打ち上がっているから、仕込みにも余裕があるのです。ミニ菜園の草取りや水まきを済ませて、サラダの具材を切り終えても、時間が余るから、明日のデザートにとマンゴーとサクランボとキウイの寒天寄せを仕込んで、開店の10分前にいらっしたお客も店内にお通しする。今日も暑かったので天せいろが随分と出ました。油は新しく替えたばかりだから、天麩羅も綺麗に揚がる。順調な滑り出しです。 ぱらぱらと二人連れのお客が続いて、店はいつもの休日の賑わいだけれど、洗い物をする暇があるから楽ちんなのでした。もう終わりかと思うと、ご近所からまた歩いていらっしゃるお客が来るので、こんな日もあると持久戦。お客の来る合間に奥座敷に入って、休憩を取りながらストレッチをする亭主。立ち仕事に腰痛は付きものだから、十分に腰のケアをする。蕎麦打ちから厨房まで、前屈みの姿勢が続くから、肩胛骨周りのストレッチをしてリフレッシュをする。 夕刻もお客の来る前に再来週分の返しを作り、明日の小鉢の煮物をしたり、久しぶりに包丁を研いで、ついでに癖の付いた砥石も砥石直しで削っておく。そろそろ店を閉めようかと思った頃に、「いいですか?」とお客が入るから堪らない。結局、7時を過ぎてもお客がいたから、スポーツクラブから帰った女将が、片付けを手伝いに来てくれた。やはり、このところ決まって週末はお客が多い。季候もいいし、明日の日曜もどれだけ混むのか、楽しみだけれど、疲れそう…。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

真夏の陽射し…

今朝も4時半起きで、5時前にはpekoと散歩に出掛けました。蕎麦屋に寄って、幟を立てたり、駐車場のチェーンポールを降ろしたり、昨日洗って干しておいた盆や蕎麦皿をしまい、干し椎茸や昆布を鍋に入れて出汁を取る準備を済ませてから家に帰る。再び6時には蕎麦屋へ戻り、今度は米を研ぎ、ぬか漬けを取り出して、蕎麦を打つ。やはり、朝飯前に蕎麦を打つのは、なかなかいい考えなのでした。それだけに集中できるから、いつも上手く仕上がるのです。 勤めているときも、長年、朝の早い生活をしてきたからか、自分の中には、朝型の生活パターンが出来上がっているらしいのです。二往復しても1km足らずの距離だから、大して運動にはならないけれど、蕎麦打ちで力を入れるから、朝ご飯が美味しく食べられるというもの。今朝は、1.25kgを42%強の加水率で打つ。気温が高くなるにつれて、やはり、加水は減ってくるようなのです。畳む時まではほとんど打ち粉も使わず、綺麗に伸せるし、包丁切りもまずまず。 昨日の賑わいが嘘のように、今日はお客もぱらぱらでした。やはり、平日に混みすぎた昨日が例外なのでしょう。それでも、ご近所のお婆さんが娘さんに連れられてやって来たり、外回りの会社員たちが、営業の途中で昼を食べに寄ったり、この地域に蕎麦屋が一軒あることが、人々の役に立っているかも知れないと思えて嬉しくなるのです。サラダは全く出なかったから、小鉢で残ったぬか漬けと共に家に持って帰る。真夏のようなジリジリとした陽射しがまぶしい。 何と言っても今日のトピックスは、夏に向けて鰻重を出そうと購入しておいた容器と椀を使っての鰻重試作。冷凍物だけれど、大きくて型が好いので見栄えがするのでした。フライパンに入れて酒蒸しにすればはいでき上がり。ふわふわのとろーっとした仕上がりが、ご飯には合う。特別メニューとしてホワイトボードに書いて、一人分1350円で出そうかと思うのだけれど、果たしてどれだけ注文があるだろうか。暑い時期に蕎麦屋で鰻とせいろでも食べたら贅沢なはず。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, | コメントは受け付けていません。

平日なのに大盛況で…

いつの間にか夜明けが早くなって、4時過ぎにはもう外が明るくなっていました。亭主の布団に潜り込んでちゃっかり眠っていたpekoと一緒に目覚めて、日の出前に蕎麦屋回りの散歩に出掛けたのが4時30分。当然、女将は夢の中だから、一人でテレビのニュースを見ながらお茶を入れて飲んでも、これでは早すぎると6時まで我慢をして、再び蕎麦屋へ出掛けて、蕎麦を打つことにしました。時間に余裕があるのでじっくりと丁寧に今日の1.25kgを打ち上げました。 朝から陽の光がなぜかジリジリと夏の陽射しで、今日は暑くなるという予感がします。家の裏庭で摘んだコゴミとタラの芽を洗って、今日の天麩羅の具材にしよう。三ツ葉は親子丼の添え物や味噌汁の具にするのが常。蕎麦屋のミニ菜園ではサラダの具材を揃えるから、このところ毎日、新鮮な野菜には事欠かない。小蕪も随分と育ってきたので、糠味噌に漬けるとちょうど好い柔らかさ。種を蒔いた九条葱の苗はなかなか大きくならないが、大葉は沢山出てきた。 森や畑に囲まれて、自然と共にあるような生活が、とても愛おしく感じる季節。もう10年以上も前に、植えた芍薬もどんどん株を増やして、今年も立派に咲いてくれた。切り花にしても何日かはもつから、店に持って行って入口に飾ってみました。今日はあらかじめ連絡のあった四人が開店の時間からご来店。そして、すぐ後に、ご近所の小母さん連中が四人でいらっしゃる。 テーブル席が一杯になったところで、更に、カウンターにお客が入るから、12時半には、もう生舟に蕎麦が残り少なくなっていました。「ただ今満席です」の看板を出して、亭主は次々と注文の料理を仕上げていくのでしたが、暖かくなったからか、天せいろが随分と沢山出たのです。その合間にも、お酒を頼まれた最初のお客には、一品料理を出し続けるから、スタッフも会計をしたりで相当に忙しい。平日なのに、まるで、土日並みのお客の入りで、店の中は賑わう。 そんな日に限って、またまた四人づれで歩いていらっしたお客様が…。「お蕎麦は二人分しか残ってないのですけれど…」と言えば、男性陣が天丼とマグロ丼を単品でのご注文。下げた盆や皿を洗う暇がないから、奥座敷への廊下に洗い物がどんどん溜まる。多めに作ったサラダも早い時間にすべて売り切れ、明日のために準備してあった煮物や酢の物の小鉢もどんどん出動する。気持ちのいいくらいに冷蔵庫の中が空になっていくから驚きです。こんな日もある。 閉店30分ほど前に、更にまた、車でお二人さんでリピーターのご来店でしたが、さすがに亭主が外に出て、「お蕎麦は売り切りましたが、ご飯物とうどんならあります」と言うと、親子丼と天せいろうどんのご注文。「お蕎麦売り切れ」の看板を出してあるのに、最後にお一人でいらっしたお客は、スタッフにそれを聞いて帰って行かれた。申し訳のないことですが、平日にしては混んだ一日。気を張っているからか、朝が早かったのに昼飯も食わずによく疲れないものです。 洗い物が終わったのが4時前で、いつもより一時間は余計に時間がかかりました。スタッフを帰して、亭主はそれからまた一仕事。家に戻ったら女将があんまり遅いのでと心配していた。蕎麦もご飯も売り切れで、明日の仕込みも大変そう。また、朝のうちに蕎麦を打ちに出掛けようか。出汁は取ってあるから、蕎麦汁も仕込まなければいけない。デザートも小鉢も…と、けっこう仕事はある。2時間半の営業のために8時間の仕込みと片付けは、楽しさを通り越すか。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, | コメントは受け付けていません。