Monthly Archives: 5月 2016

自転車に乗って…

定休日は一週間のうちで唯一どうしても車を使わなければならない日なのに、ディーラーに預けてあちらの店の開店時刻にしか車を受け取れないのでした。仕方がないからというより、面白そうだと興味半分で、pekoの散歩を終えて朝食に蕎麦を食べ、二台ある自転車の折りたたみ型に乗って蕎麦屋へ出掛けて一仕事。そのまま隣町のディーラーまで写真を撮りながらぶらぶらとサイクリングをする亭主なのでした。ところが、思ったよりも距離はあるのだと実感…。 5月も末だけれどまだ紫陽花は早いのではと思ったけれど咲いている。昔は地域のガーデンセンターだった所が、今はメガソーラの発電所。自然に優しい繋がりで、志向は分かるけれどやはり景観が壊れたという感じは免れない。大都市近郊の郊外は大体こんなものか。経済が優先するから、景観などは二の次なのでしょう。パリやブリュッセルの裏路地でさえも、長い歴史は人々の美的感覚を支えている。何をどう変えれば、日本の都市近郊も変わるのだろう? 隣町との境の水田の風景も、ごしゃごしゃっと立て込んだ建て売り住宅の丘陵との狭間で、日本の原風景とは言いがたい。蕎麦屋の前の畑と森の風景は、実に稀少なものだと再認識するのでした。大気汚染に悩む隣国の風景は、数十年前の東京の姿。豊かさを求めて人々はいったい何をどうしたいと願ったのだろう。自分の子ども時代に育った風景の中で、我が子を育てたいと願った霊犀亭主人の若かりし頃は、この辺りはまだ本当に美しい野辺だったのです…。 その昔、憧れの東横線に乗って横浜まで行く途中で、丘の上まで家が建ち並ぶ風景を見たことがある。日本では草分け的な存在だった不動産会社も所詮はその当時以前のアメリカの真似だけで、国の広さの違うことには頓着しなかったのだろうか。確かに、豊かにはなったけれど…。大都市近郊の日本人が何を失っていったのかは、後の時代の子どもたちには知る術もない。その時代をリードしていた若者が、歳を取って皆家庭菜園などに夢中になっている…。 亭のある団地の高層マンションを眺めながら、ディーラーまでの小一時間のサイクリングが、思わぬ景色の撮影会となった。点検修理を終えた車に乗って、魚屋スーパーへ寄ったら、生きのいい鰹が出ていたから買って帰ると、早速、昼のサラダに盛り合わせて、ざる蕎麦とのコラボ。鰹好きの女将も至極満座そうで、昨日残った蕎麦とサラダはこれで完食。蕎麦を食べ続けると、便通もよくなるからまったく健康にはいい。腸の中が綺麗に掃除されるような感覚です。 昼前に、女将をお稽古に送って、帰り道にホームセンターに寄って店で足りない品々を買いそろえる。生きのいい野菜は努めて買って帰るようにしている。蕎麦屋へ戻って、野菜の保存と出汁取りの作業をしながら、来週分の返しを仕込んでおく亭主。そして、蕎麦汁の仕込みとふりかけ作成の作業に入った頃に、お迎えお願いの電話が入るのです。夏の書法展の出品を控えて、女将もかなりナーバスになっている。今日は果たして師匠に何と言われたのか…。 蕎麦屋のミニ菜園で、水遣りをしながら草取りをして、蕪の間引きをしながら次の営業日のシュミレーションをする亭主。ナスもキュウリも順調に育っているし、九条葱もここに来て急に大きくなった。紫蘇の葉も虫に食われないうちに摘んで、冷蔵庫で保存する。定休日明けのデザートの仕込みは何にしようか、蕗の葉も大きくなって、収穫を待っているかのようだし、季節と共に移り変わる霊犀亭の野菜の数々は、実に頼もしい。火星の大接近する夕べは曇り空。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 未分類, | コメントは受け付けていません。

冷たい雨の降る一日…

バッテリーの交換と定期点検で車を預けていたディーラーから電話が入って、明日の朝一番で車を引き取ることが出来ると言う。分かってはいたけれど、今夜のプールには自転車で出掛ける亭主。駅前のスポーツクラブまで歩いて2kmを往復するには、水泳は激しすぎる運動なのです。日中は4月の気温だという冷たい雨の降った後で、夜のプールもガラ空きだったから、いつもの400mよりも多くアップをして、個人メドレーで何本かを泳ぐ。最近は距離が伸びてきた。 昨日の蕎麦屋もガラ空きだったけれど、不思議なことに夜になってお客が増えたから、今日は身体は疲れていたので、冷たい雨のお蔭で日中は随分と暇で助かった。商売人らしい男女のお客に尋ねられて、「趣味の延長でやっているんですよ」と言えば、「(昼だけの)営業時間で分かりますよ」と言われた。稼ごうと思えば、もっと長い時間店を開けて頑張るとでも言うのでしょう。そんな気が毛頭ない亭主は、笑って応えるだけ。今月もまた赤字が確定する夕べ…。 家に戻って早速データの集計を済ませると、今月だけで200人のお客が来店しているのが分かる。客単価は値上げをさせてもらった分、以前よりも確実に伸びてはいるのです。食材の購入費がまだ売上の60%を上回るから、当然赤字になる。月末になって蕎麦粉が足りなくなったのが大きい。家賃は払わなくてもいいけれど、光熱費と店の維持管理の費用が馬鹿にならない。2、3分で駆けつけてくれるセキュリティーの契約も建築条件だし、経営は調理とは別物。 蕎麦だけ出していれば、いくら高い蕎麦粉を使っているとは言え、食材の比率はそれほどにはならないから、やはり、メニューの多さが一番の原因なのは明らか。一番人気の天せいろが、全体の40%を占めるのも、高価な胡麻油の使用で食材の購入費を押し上げている。海老の質も、これ以上は落としたくないし、マグロ丼も根強い人気があるからなくしたくない。全体を少しずつ削って無駄を出さないようにしていくしかないのだけど、やはり、調理と経営は別物…。 店置きの新聞や雑誌も無駄な出費と言えばきりが無い。霊犀亭そのものの文化水準を下げてまで利益を追求するつもりは毛頭ないから始末に負えないのです。あとは、ひっきりなしにお客が入るようになるまで、地道にこのスタンスを貫くしかない。お客が少ない日が続くと、店の宣伝も考えないではないけれど、これはこれでまだ時期尚早だと思っている。「美味しい」と言ってくれるお客がもっと多くなるまで、やはり、ここは踏ん張らなければならないと思う…。 雨の降る日はいろいろと考えさせられることが多い。店の経営はもっと長いスパンで考えるべきで、目先の利益にとらわれてはいけないのだと、つくづくと思う。ただ、蕎麦打ちの技術はどこまでやったらこれだというものに行き着くのか。そんなことさえもまだまだ暗中模索なのだから、駆け出しの蕎麦屋の原点に戻って、黙々と蕎麦を打つべし。天麩羅も去年に比べれば、随分まともに揚げられるようになってきたと思うし、反省しながら場数を踏むことが一番でしょう。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, | コメントは受け付けていません。

暑すぎる午後…

昨夜も、ウォッカマティーニをシェイクして、四杯飲んだら夢の中。ジェームズ・ボンドは映画の中でどれだけ飲んでいたのやら…。5時間近く深く眠ったと思ったら、支離滅裂な夢をみて目覚める。床の中でストレッチをしながら、いつものように再び眠りについて6時過ぎに目が覚める。pekoの散歩に出掛けようと思ったら、外は肌寒かったので、上着を着て行く。蕎麦屋へ寄って朝の一仕事。何故かこれが最近のパターンになってきたけれど、好いのか悪いのか。 朝ドラがないから、時間に縛られないのが爽快で、女将も早くから食事の支度をして、二人揃って朝食を取る。8時前にはまた蕎麦屋へ出掛け、米を研いだら早速蕎麦打ちにかかる。蕎麦粉と一緒に注文したうどん粉が、何故かすべてパン用の強力粉だったので、昨日電話で追加の注文をして、今朝はまだ届いていないから、残ったうどん粉の分量だけ蕎麦を打つことにした。計量したうどん粉は290gだから、290+290÷2×8=1450といつもより多い分量だった。 これは大変と慎重に練ったのはいいけれど、四つ出しをし始めたら、大きすぎて打ち台に広げきらない状態なのでした。一計を案じて、幅を90cmにして縦に伸し、そのまま三つに畳んで、横に四つに畳む。これで12折なのでしたが、包丁切りがいつもと厚さが違うので、なかなか上手く均等に駒板をずらせない。16人分取れる筈の分量を、端の部分で大分ロスをして、14人分と半分ぐらいしか取ることが出来なかった。それでも、女将の来るまでには打ち終えた。 デザートの水羊羹を仕込んで、野菜サラダを作り、今日は早めに準備を終えたので、開店時刻の10分前には暖簾を出したのです。昼前に男性客が一人いらっしたと思ったら、その後が続かず、なにか何時もの日曜日と違う。いつも満席状態の中で立ち働いている女将も、初めての経験で、「こんな暇なことのあるの?」と、割箸の袋詰めを始めた。奥座敷に積み上げた段ボールを整理したり、仕事は幾らでもあるのだが、肝心の店が開店休業状態なので困った。 駅前の大型スーパーが今日で閉店して、6月からはすぐ近くの巨大モールがオープンするのだという。「大安売りだからとみんな出掛けて行ったのかしら…」と、女将は不思議でならない様子。かく言う彼女も夕刻には買い物がてらいってみる気でいるから、案外、そんな理由もあったのかも知れない。早めに家に帰って、郵便局まで自転車に乗って、蕎麦粉の支払いを済ませて来る亭主。あまりに暑いので、コンビニによってアイスクリームを買って食べる。 夕刻になって風が涼しくなってきたので、今宵の営業はどうだろうか。蕎麦汁も出なかったから、今日できる明日の仕込みはほとんどないけれど、再来週分の返しでも作りながら、和包丁の練習に、酒の肴でも作ってみよう。昨日上手く出来た出汁巻き卵も焼いてみよう。ラストオーダーの6時半になってお客が来なければ、そのまま家に持って帰って、またまた、豪華な夕食と洒落てみよう。ディーラーに預けて車もないし、今夜はプールもない。果たしてどうなるのか。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

車に乗らない日々…

今朝も亭主の床に潜り込んでいたpekoに4時過ぎに起こされて、二度寝をする朝でした。ぐっすり眠ったから気分は爽快なのですが、なかなか床から出られない。寝しなに飲むウォッカマティーニが効いているのだろうか。朝の7時前だというのに、もう太陽は大分高いところに昇っているから、季節はみるみる過ぎて行くのが分かる。蕎麦屋の片付けをして、幟を出したら、また家に戻って朝食を食べる。8時半には蕎麦屋へ再び出掛け、蕎麦打ちに集中するのです。 先週も土日はそれほど混まなかったから、夜の営業分も含めて蕎麦だけは数を打ったのでしたが、サラダも蕎麦豆腐も数を減らして、お客の来るのを女将と二人でじっと待つ。休日は出足が遅いと分かってはいても、12時を過ぎてもお客が来ないので、粒餡と葛粉が残っていたので、先日採って保存してあった桜の葉を取り出して、葛桜を作る。一年ぶりに作ったから、餡の分量が多すぎて巨大な葛桜が完成したから、我ながら笑ってしまう。味は甘すぎずに美味。 糠床の手入れをしたので、昨夜プールへ行く前に漬けておいたキュウリとナスはなかなか好い味を出していました。ミョウバンでナスの色落ちを防いでいるから、早めにラッピングをして冷蔵庫に入れておくと、一日はきれいな色で出せるのです。そう言えば、昨夜はプールに行こうと車に乗ったら、バッテリーが上がってしまって動かないから一苦労。結局、2kmの道のりを歩いて往復して、それで疲れたというのも、なかなか起きられなかった理由かも知れない…。 昼過ぎに一度に大勢のお客が来て、今日は第一波だけでもう人の気配もなかった。夕刻からまた蕎麦屋へ出掛けて、夜のお客の酒の肴を作りながら、料理の試作。和包丁の練習がてら大根の桂剥きをして、出汁巻き卵を焼き、刺身の皿と、鮪の酒蒸しとを作ってみるけれど、ラストオーダーの時間までお客は現れず、結局、試作品は全部家に持ち帰る。今夜は随分とご馳走だ。ディーラから連絡があって、仕事を終えた夜の時間帯に車を取りに来てくれると言う。 夕食も食べずに、バッテリーの上がった車を引き取りに来てくれると言うものだから、蕎麦屋での試食品を出して、夕食を食べていってもらった。若い二人には少し足りなかったかも知れないけれど、サラダと鮪と鰻と餃子を出したら、綺麗に完食してくれたので気持ちがいい。料理は食べてくれる人がいるから作る元気が湧いてくるというもの。ちょうど定期点検で車を預けなければならなかったので、一石二鳥で片が付いたのは好いけれど、車に乗れない日々が続く。 女将の送迎と蕎麦屋の仕入れに行く以外は、これといって車の必要性がないのが現在の亭主の生活。それでも、車を走らせたいと新車購入の夢を見るのは、長年の習慣なのだろうか。取りあえず2、3日は車のない生活をしなければならない。完全装備の快適な車も、ちょっとの間なら、なければないで何とか暮らせるものなのです。今となっては、いつか遠出をしてみたいという夢が大きな車をもつ理由なのだろうか。蕎麦屋の夢はそれ以上に壮大だから困った。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

朝から雨模様で…

このところ毎日8時間近く睡眠を取っているから、身体の調子はとてもいい。ただ、変な習慣が付いて、朝になってもなかなか床から起きられないのが不思議なのです。疲れているという感じではなく、とても気持ちのいいけだるさで、頭の中でいろいろ考えているのか、夢を見ているのか、きっと気候のせいなのだろうと、BSで朝ドラの始まる時間にやっと起き出していく亭主なのでした。今朝も雨の中を女将がpekoの散歩に出てくれました。こんな日もあるのだなあ。 雨の降る日はお客も少ないのがいつものことだから、思い切って今朝は蕎麦を打つ量を減らしてみました。1kgで打てば、最近は間違いなく上手く細い蕎麦が出来るという自信があるので、残っても生舟に入れて冷蔵庫で寝かせておけば、明日の朝打った蕎麦と同等にお客に出せる。果たして、お客は昼過ぎに何組かいらっしたきり。車で通りかかったらしいご新規さんたちが天せいろや天丼セット、親子丼セットなどを注文してくれました。後は、常連さんたちだけ。 それでも、サラダやデザートは用意しておかなくてはならないから、残ってもいいように今日は蕎麦饅頭を蒸かしておきました。出来たての饅頭を召し上がったご夫婦もいらっしゃいましたが、残りはすべてラップで包んで急速冷凍しておく。サラダが出たのはお一人だけだから、残りはすべて家に持ち帰る。早めに暖簾をしまって、今日は、スタッフと二人、冷やしたぬき蕎麦の試作品を写真に撮って試食しました。やはり、ごま油でかりっと揚げた天かすは香ばしい。 洗い物を済ませて雨が上がった午後にミニ菜園に出て、野菜類の様子を見たら、ブルーベリーの大型の実がずいぶんとなっていたから楽しみです。紫蘇の葉を何枚も採って、冷蔵庫で保管しておく。暑い日が続いたから、今日は野菜たちにもちょうど好いお湿りだった。8㍑の如雨露に何回も水を汲んで水遣りをする手間も省けて、亭主も楽ちん。まあ、お客が少なかったから、あと3日の営業で今月の赤字分をクリアすることは出来そうにないのが、少し残念です。 家に戻ってパソコンの前に座りながら、今日の売上伝票を入力して、ブログ用の写真のデータを取り込みながら、またウトウトとして夕刻になるのがいつものこと。今宵はプールへ出掛けるつもりだから、酒を飲むわけにもいかず、冷やしたぬきをメニュー化したら、マグロ丼や親子丼とのセットで出して欲しいと言われたらどうしようかと、新しい悩みを抱えて皮算用をする亭主なのでした。値段の付け方は、他のメニューの売れ行きに影響するからとても難しいのです。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, | コメントは受け付けていません。

蒸し暑い一日でした…

5月に入って、有り難いことですが、なぜか木曜日のお客が増えました。3週連続で今日もお蕎麦は早い時間に売り切れで、炊いたご飯も用意したサラダも、デザートもすべて綺麗になくなったから気持ちがいいのです。歩くだけで汗をかくような蒸し暑い日だというのに、常連さんとご新規のお客様とが半々ぐらい。開店からお蕎麦のなくなった1時過ぎまで、お客が途切れることがなく、毎回、変わったメニューを注文する常連さんのカレーライスのご注文が最後…。 結局、うどんやガレットしか出せないので、お蕎麦を食べにいらっしたお客は帰られる方もいて、店は早じまい。午後の2時半過ぎには片付けを終えて、家に戻る亭主なのでした。お客の数が土日に並ぶ勢いだから、女将も聞いてびっくりするのでした。あとは、月曜と金曜にもう少しお客が増えれば、霊犀亭もいよいよ次の段階に入るのかも知れません。蕎麦粉の注文数もこのところ随分と多くなっているから、明るい兆しではあるのです。赤字解消の日は来るか…。 何度も蕎麦屋に来て下さるお客から、「今日もお蕎麦は美味かったわ」と言われるのは、とても嬉しい。毎週のようにいらっしゃるご常連も「やっぱりここの蕎麦汁は美味いね」とお褒めの言葉。どちらも「有り難うございます。まだまだこれからです」と応えて、頑張らねばと思うのです。夕刻から少し青空も見えて、夕刻にはやっと涼しさが戻ったので、女将に付き合ってpekoの散歩に出掛けました。いろいろな花の咲き乱れる通りを眺めながら、ご近所の坂道を巡り歩く。 紫蘇の葉も店で使える程に育ち、今日もマグロ丼には自家製の大葉。サラダのリーフレタスも、毎朝、蕎麦屋のミニ菜園に摘みに行く。コゴミやタラの芽は家の裏庭から採ってきて、今日も天麩羅に添えた。新しく播いた蕪の芽が出て、双葉が育ってきている。キュウリやピーマンも、少しずつ大きくなって、ナスはもう収穫の出来そうな木もある。一番気の長いのが九条葱で肥料をやってもなかなか大きくならない。早いもので、5月も残る4日の営業日となりました。  

Posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

晴れのち曇り涼しい風…

有り明けの月の残る暁方に、何故か遠い昔の夢を見て、ハッと目覚める。何がこれまでの人生を形作ってきたのかと、物心ついた頃の自分の根源的な存在を深く問うような物語だった。それも邯鄲の夢なのか。それとも人生そのものが邯鄲の夢の一部なのか。かつて文京区の本駒込に「三百人劇場」と言う小さな新劇の劇場があった。福田恒存や小林秀雄に傾倒していた年頃で、毎月のように友人と出掛けて行っては劇を観た。まだ劇団「雲」という時代…。 『じゃじゃ馬ならし』や『真夏の夜の夢』など、福田恒存の翻訳したシェークスピアの作品も多かったけれど、そんな中で、たしか、『もしもあの時』という作品があった。その頃は、イギリス映画にも『if…』があったじゃないかと思っていたのですけれど、内容は全く違っていたと言う記憶だけが残っている。まあ、何故か遠い昔の夢を見て、自分の中の記憶がフラッシュバックして、なかなか床から起き出せなかったのです。リビングに行くとpekoがもうスタンバイしてる。 ミニ菜園に水遣りをして、片付け物を済ませたら、今朝はもう仕入れに行かないと何も出来ない。家に戻って朝食を済ませて、朝ドラが終わる時間に蕎麦屋へ出掛け、宅急便の配達を待って、いつもものようにお袋様を連れて隣町まで出掛ける。今月最後の仕入れだからと、赤字を気にして必要最低限の買い物をすれば、新鮮な野菜を買い物袋五つでなんと4000円台だから、安くて助かるのです。最近、どうもストレスで頭痛がするというお袋様の話を聞いた。 高血圧が原因ではなさそうなので、友達付き合いもほどほどにと…。午前中に蕎麦屋で仕込みを始めたら、昼過ぎにはすべて完了。女将のいない家に戻って一人で昼食に昨夜の残りものの牛皿を食べ、それでもまだ時間が早かったから、嬉しくなって昼のプールでひと泳ぎ…。思ったよりも空いていたので、小母さんたちが大音量で踊る水中エアロの隣のコースで、黙々とアップをしたら、ゆったりと個人メドレーまで泳ぎ切る。遠い昔の夢のことはすっかり忘れた。 帰りがけに焼き鳥屋に寄ってカシラを買い求め、高知の酒『酔鯨』の純米酒を買って帰って、店で出している司牡丹の純米酒とどう違うかと飲み比べてみたのです。司牡丹はやはり酒飲みの好きそうな重たいお酒。吟醸ではないので、よく冷やさないと切れは悪いけれど、羽田の寿司屋の店長は、さすがに偉いと見直した。久々に蕎麦屋を離れた午後は、心のたゆたうひとときで、開店から6人でお客が来ると言っていた明日の支度も何とかなるさと、いい気分…。

Posted in 仕込み, 日常 | コメントは受け付けていません。

車外温度34度の日…

昨夜は夕刻に仮眠を取ったので、冷やしたぬき蕎麦や新しいバージョンになったこのブログのリンク方法など、いろいろと調べ物をしていたらつい夜更かし。それでも、何時もの時刻には目が覚めて、床の中でなかなか起き出せずにいると、リビングでpekoが鳴き出すから、仕方なく散歩に出掛ける亭主でした。蕎麦屋へ寄って昨日の片付けや庭の野菜の水遣りを済ませて、家に戻ればもう朝食の時間なのでした。女将の生活は普段とまくったく変わらないから凄い。 つくづくと考えたら、家庭の主婦には休みというものがないから、長い年月の間に、自分の生活のペースをしっかりと作って、体調を管理する習慣が出来るのかも知れない。そんな女将に敬意を表して、なにか彼女が喜びそうなことをと、朝食後に床屋へ行くまでの間に、双葉の育った朝顔の苗を、ウッドデッキの南側と今年もフェンスを立てる予定の庭の隅に植えて水遣りをする。ついでに君子蘭の鉢に、店へ持って行ければと、やはり「お銀」の苗を植えておく。 我が家では本当のところ花の好きなのは女将で、亭主は女将が喜ぶのを見たいから庭仕事に精を出すのです。最近は、土日に蕎麦屋を手伝ってもらっているから、そんな彼女も庭仕事をする時間がなかなかないのでした。花の話をするのが二人の共通の話題にもなるから、いつのまにか亭主も園芸の初心者になっている。この時期、亭主の専らの関心は、裏庭のタラの木に伸びるタラの芽や、コゴミの若い芽、三ツ葉と、店で出せる季節の食材なのです。 昨日はお客が少なかったので、店から持ち帰った天麩羅の具材を、家の小さな天麩羅鍋で少しずつ上げながら、昼は二人で野菜天麩羅蕎麦と洒落てみた。「テンプラの揚げ方が上手くなったわね」と、文句も言わずに残りものを食べてくれる女将に感謝。胡麻油で揚げる蕎麦屋の天麩羅はもっと美味しいはずなのだけれど、家のサラダオイルでも結構好い味。店に来るお客と同じで、やはり、こう暑くなるとさくさくっとした天麩羅に冷たい蕎麦が食べたくなるのか。 女将をお稽古に送るまでの時間に、例の「お銀」専用のフェンスを立てて、帰り道は、隣町のホームセンターに寄って、厨房の洗剤やラップなどを買い込んで、蕎麦屋に帰って一仕事。隣接したスーパーを覗いて新鮮な野菜があれば仕入れておくのが常だから、一度にいろいろな買い物。冷凍してある使用済みのかつお節を戻して煮詰めながら、隣で生胡麻を煎っておく。ここれがまた延々と時間のかかる仕事だから、迎えの電話が入るまで気長に水気を取る…。 車外温度34度の国道をひた走り、女将を迎えに行って家に戻れば、まだ夕飯までには時間があるから、植木鉢に植えた朝顔のために支柱を立ててやる。連休前に蕎麦屋でお客に朝顔の種を配ったから、夏場になって、こんな花が咲きましたかと、店の玄関前にでも置いてやろうと気の長い計画なのです。夕食は昨日持ち帰った長葱や春菊、舞茸を消化するために、糸コンと牛肉を買ってきたので、久しぶりにすき焼き鍋。日が落ちると急速に冷えてくるから不思議。 そして、一休みすると、昼の仕込みの続きをするために、本日三度目の蕎麦屋通い。出汁を取りながら大鍋でかつお節を乾燥させ続ける。2時間ほどねばって、完成したふりかけを秤で量りながら容器に詰める。蕎麦汁を20個以上の徳利に入れて冷蔵庫で寝かせ、使った沢山の鍋を洗ってやっと今日一日の仕込みが終わるのでした。夜空に星が瞬く時間、昼の暑さは嘘のように涼しい風が吹いていました。定休日は営業が休みなだけで、随分と働いたかな…。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, | コメントは受け付けていません。

5月の猛暑…

朝から暑い一日でした。午後は恐らく30℃は越えていた。糠味噌を慌てて冷蔵庫にしまう午後なのでした。土日の混みようからして、月曜の今日はそれほどお客が入るとは思えなかったのですが、先週、男性の老人客が「7~8人で来たい」とわざわざ店に尋ねて来て、おっしゃっていたので、「予約は受けていないけれど、開店の時間にいらっしてください」と言って、それきりだったから、蕎麦とサービスのサラダやデザートを用意はしていました。でも、一切連絡なし。 結局、用意した食材はすべて無駄になったから、もっときちんと会話をしなければいけないと反省しきりなのでした。来ないなら、来ないと連絡をしてくれるのが普通と思うのと、予約じゃないのだからと考えるのと、どちらもコミュニケーション不足なのです。もっとも、よくいらっしゃる常連さんになると、そんな事はないのですが、初めてのお客さんには要注意と言うことなのでしょうか。近所の皆さんに、蕎麦屋を上手く使って頂きたいとは思うものの、伝わっていない。 お客の来ない合間を見て、今日は、冷やし狸の試作をしてみました。ごま油で揚げる天麩羅の天かすは、とても綺麗で香ばしいのだけれど、今まではすべて廃棄していたから、勿体ないと思うようになったのです。キュウリを刻んで、大根おろしや若布を添えて、蕎麦汁をぶっかけでお出しすれば、夏場はとても人気が出そう。さて、お値段ですが、他のメニューとの関係もあるから、やはり750円から小鉢をお付けして800円というところでしょうか。自分なら注文する。  

Posted in 仕込み, 季節, 料理, | コメントは受け付けていません。

ゆったりと日曜日…

夕べはさすがに疲れて、ブログを書いている途中で眠ってしまったらしい。その分、今朝は4時前から目覚めて、ブログの更新をしたらpekoの散歩。眠たそうな彼女も、朝食を食べても覚悟を決めたらしく伸びをして、元気に通りを歩いて行くのでした。家の門の脇にある木槿も伸び盛り。綺麗に通りに面した花壇を手入れするご近所も、この時期の花々を見事に咲かせているのでした。蕎麦屋に立ち寄って出汁を取る間、大人しく外で待つpekoも気持ちが好さそう…。 塀際に植えたサツキが、今にも花を開きそうで、今朝の青空に映えているのでした。今朝の蕎麦打ちはやはり休日だから1.25kg。蕎麦打ち室の湿度が高かったから、加水率を低めに設定したら、ちょっと固くなったのが今朝の失敗。伸した生地の縁のひび割れこそしなかったのですが、昨日の蕎麦よりはちょっと太めの仕上がりでした。それでもしっかりと13人分を取って、今日の蕎麦の用意も万全でした。朝から12時に行きたいのですがと電話が入ったのは嬉しい。 (ここまで書いたらまた爆睡で翌朝の記述)例によって、予約は受け付けていないのでと、開店の時刻に来て頂くように話したら、なんと11時過ぎには隣町から車でいらっしたから、暖簾は出さぬまま店の中に入ってもらったのでした。こちらは、女将と開店準備の真っ最中で、サラダを仕上げて、さあ、開店というところで、リピーターの女性が暖簾をくぐってカウンターに座る。今日も、休日にしてはそれほど多いお客の数ではなかったけれど、上手くばらけたお客の入り。 洗い物も全部終わらせ、最後のお客が帰って、2時過ぎには家に帰れたので、1時間ほど仮眠を取ることが出来ました。女将は予約してあった美容院の時刻を早めてもらって出掛けていくし始末。亭主は一人でコーヒーを入れて、4時前にはまた蕎麦屋へ戻る。さすがに二日続けてはお客も来ないだろうと、大鍋に湯を沸かして、お茶の準備も済ませておいて、頼まれた宴会用にと三点盛りの試作をしていたら、6時過ぎになってご家族でのお客のご来店なのでした。 天せいろにとろろ蕎麦、鴨せいろと、皆が別々のご注文なのに、ご主人はビールを注文して「蕎麦と同じ時間に出してくれよ」とおっしゃる。亭主一人の夜の営業は、これだから大変。野菜サラダをサービスでお出ししておいて、天麩羅を揚げながら、とろろを擦って、試作品の三点盛りとビールをお出しする。鴨せいろは汁から作って、最後に焼き上げるのでした。その合間に、お客たちの質問に次々と答え、和気藹々とした雰囲気の中で今宵も更けていく…。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, | コメントは受け付けていません。