Monthly Archives: 3月 2016

霊犀亭一年目の最後の日は…

暖かな朝でした。上着も羽織らずにジャージ姿でpekoの散歩に出て、蕎麦屋の朝の準備を終える亭主。咲き始めていた調整池沿いのソメイヨシノも、朝は花を閉じているように見えるのでした。日曜と木曜に開かれる農家のお婆さんたちの朝市も、消防団の火の見櫓の下で、焚き火をする寒さではなくなったようで、今朝は机を出してもう皆さんが集まっている。蕎麦屋の周りには、春の色をした森と菜の花の咲く畑に囲まれたのどかな景色が広がっているのでした。 女将が朝ドラに夢中になっている間に、家を出た亭主は定休日明けの二回の蕎麦打ちに精を出す。室温16度、湿度は50%なので、加水率46%で1kgと750gの蕎麦を打つ。不思議なことに、昨日までと同じ蕎麦粉を使っているのに、蕎麦粉を捏ねている間にどんどん生地が柔らかくなるのでした。捏ね方が変わるわけでもなく、しっとりと手になじんでちょうど好い硬さになるから、四つだし、肉わけ、本伸しも順調に、20人分強の蕎麦を打ち上げることが出来ました。 蕎麦打ちを終えたら今日のデザートには抹茶小豆を仕込み、蕎麦豆腐を型に流し込んでそれぞれ冷蔵庫に入れる。サラダの野菜を切る頃に、車が店の駐車場に入ってきたけれど、さすがに開店30分前だから…。そのすぐ後に、ご婦人が玄関口で、「1時半にはバスで帰って来るんだけど、お蕎麦なくなっちゃうといけないから予約できない?二人なんだけど」とおっしゃる。「予約はやってないんですけど、二人分は取っておきますよ。空いてるから」と応える亭主。 木曜日はお客が少ないことが多いのでしたが、天気もよく暖かくなったからか、テーブル席にもカウンター席にもお客が続いたから驚きです。森と田んぼを越えた隣町の丘の上から、お孫さんを連れていらっしたというご夫婦は、ご主人が大盛りの蕎麦を頼まれたのに、食べ終えて「もう一杯ください」と再びせいろをご注文。奥様がおっしゃるには「どこへ行っても蕎麦を食べるのよ、この人は」と、相当な蕎麦好きらしいのでした。「美味い蕎麦屋が出来てよかった」 と、帰りがけにご主人が呟く。今年小学校に入るという京都弁でしゃべるお孫さんも、カウンターに置いたカクレクマノミの写真を見て、魚の生態を話し出すから驚きでした。帰る時も、「お蕎麦おいしかったわ~。また来たときにはな、寄らしてもらいます」と、一人前の愛想を言うからたいしたもの。聞けば、どこへ連れて行くときも蕎麦を食べさせているのだとか。11時に車でいらっしたのは、ご主人が一人で様子を見に来たのだと分かって、納得する亭主なのでした。 女性のお客たちの昼食後には、デザートを注文なさる方が多い。今日も抹茶小豆の他に蕎麦饅頭が出て、ご年配の方だからか、昔懐かしい手作りの饅頭を褒めたと思ったら、饅頭を載せた小皿を手にとって「これはなかなか素敵だわねぇ」と、厨房の亭主に話しかけるのでした。陶器の好きな方らしく、自分でもあちこち出掛けては買い込んでくるらしいのです。「友人の陶芸家が開店記念にと焼いてくれたのです」と言うと、「何皿あるの?」と、随分と気に入った様子。 ちょうど一年前だったか、これだけ沢山作るのはさぞ大変だったろうと、古い友人に感謝したのを思い出しながら、名古屋まで出掛けて和風の洋食器を買い求めたとか、今は小鉢が人気なのだとか、お客の女性の話を聞く亭主。歳を取ると目でも料理を楽しむようになるものらしい。今日はそんなお客が続けていらっして、骨董が趣味で古民家を買って美術館を開こうと思うのだと言うから話が大きい。「こんな店にぴったりの器ばかりなんだよ」と、また皿談義…。 閉店間際に隣町の会社の常連さんグループがいらっして、例のごとく、サラダとマグロ丼セット。「明日から値上げですよね」と社長が言うから、「すみませんね」と応える亭主。「赤字じゃしょうがないよ」と、励ましてくれる。暖簾をしまって残った洗い物を済ませたら、スタッフと明日からの新しいメニューに差し替え作業。粗品の箸置きもラッピングして準備を済ませ、明日の分の蕎麦汁を作って、一年目の最後の営業日を終えるのでした。緩やかに二年目の開始…。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

ソメイヨシノが咲いた日…

開店一周年もさることながら、4月から一部メニューの価格改定をさせて頂くための準備もあるから、夕べも夜なべ仕事。三月にご来店のお客様には、店のスタンドメニューにその旨お知らせしているけれど、新しいメニュー表にもきちんとその趣旨を書いておかなくてはならない。「原価に近いお値段でお出ししていた一部メニューの価格改定」というのがそのものずばりなのですが、それはこちらの都合だから、お客様にとっては単なる値上げと映るかも知れない。 「他で食べているから、値段が安すぎると皆知ってるよ」と、言ってくださる方もいるけれど、価格決定は店主の責任だから、甘んじて非難も受ける覚悟。格安だから人気メニューになっているのか、本当のところは分からない。ただ、出れば出るほど仕入れが増えるから赤字が出るのだけは、そろそろお終いにしたいのです。メニューの種類を減らせばいいとお袋様などもそれとなく言うけれど、「いろいろ出してくださいね」と言うのも開店当初のお客様の声なのです。 ちなみに、売上額に対して今月の仕入れ額は90%を越えている。少ない月で約50%だから、儲けるための営業でないのは明らか。それでも、光熱費などの経費は除いて、人件費と仕入れ額の合計が売り上げ額を下回っていなければ、そもそも営業は成り立たない。一年前の開店当初は、その計算が上手くいっていた筈なのに、どんどんメニューが増えて、盛り付けも派手になってきたから、品数を減らすか価格の見直しをするかしか方法はなかったのです。 食材は出来るだけ捨てるところがないように工夫をして使っているし、自家栽培の野菜も少しずつ増やしている。原価率(仕入れ値÷メニュー価格)が6割を越えるような一部メニューを改訂して、二年目の今年は質を落とさずに価格を上げて、営業を続けてみようと考えたのです。それが良かったかどうかはこれからの結果次第。好意的なご意見を下さる常連のお客様たちの言葉に、素直に従ったという結果です。続けることが最大の目標。頑張るしかありません。 今日も仕入れを終えて夕刻まで仕込みにかかる亭主。自分の好きな事をしているから、休みを潰しても苦にはならない。女将も休んだことのないスポーツクラブを休んで、締め切りの過ぎた次の展覧会の作品を書き直している。蕎麦屋の前の菜の花畑を眺めながら、遠い昔を思い出したり、会いたい古い友人のことを考えてみたり、様々な思いを蘇らせながら、次から次へと仕込みを終わらせる。蕎麦屋のミニ菜園に植えた春菊がちょうど食べ頃で、旬の柔らかさ…。 今日は夜の防犯パトロールがあったので、出汁や蕎麦汁を作った後は、3時間かけて作ったかつお節のふりかけをパックに詰めて仕込みは終了。帰り道、調整池の畔のソメイヨシノは三分咲き。今週中にはもう満開になるに違いない。そして、葉が出る頃には、今年も葛桜を作ってデザートに出すのだろうなあと、熱々の手の感触を思い出す。今日も好い一日なのでした。家に戻れば、今年は6人目の孫が生まれそうだという嬉しい知らせ。みんな元気だろうか…。 汗をかきながら5kmの道のりを歩く夜のパトロールを終えて家に戻れば、亭主の希望で昨日に引き続き鰯の刺身。生きのいいときが食べ頃で、新生姜の季節もすぐそこ。冷や奴とホウレン草がぴったりの添え物で、こんな食事をお客に提供したいものだとまた夢を見る。暖まるだけの風呂を出て、四月からの新しいメニュー表を印刷し終えたら、もう明日の段取りを考えているのでした。明日は部屋で咲き始めている君子蘭を店に飾ってみようと思うのです…。

Posted in 仕込み, 季節, 日常, | コメントは受け付けていません。

うららかな一日…

夕べ泳いだプールの水が、本当に久しぶりに暖かいと感じました。400mのアップ練習に加えて、フィンキック、四種目泳など、春のダイビング遠征前から、筋力・持久力強化のために少しずつ距離を伸ばしているのですが、水から上がるともう汗が出るほど。やはり、外気温もかなり上がってきたのです。今日も朝から青空が広がって、pekoとの散歩で通る道々に春の景色が広がっているのでした。我が家の庭にも雪柳や連翹の花が春らしい趣を添えています。 お隣の家との間に植えた二本のスモモの木にも可愛らしい花が開いて、今朝の青空に映えています。定休日の一日目の予定は、まずは女将をお稽古に送る前に床屋へ出掛けること。ひと月振りに店の親爺様と世間話をしながら、例によって商売の秘訣のあれこれを示唆してもらう。若い頃から職場の年上の先輩たちが多い環境に育ったせいか、年長の人の言葉はすんなりと心に響くから不思議です。蕎麦屋の店置きのパンフレットが床屋の壁に貼ってあった。 床屋に来る常連さんが、親爺様のところに持って来たのだと笑いながら話してくれました。有り難いことで、世間は狭いものです。床屋の帰りに銀行へ寄って、その帰り道、隣町のスーパーまで車を走らせる。お袋様と出かける仕入れは明日なのですが、いつも沢山あって買い忘れるから、少しでも事前に買えるものは揃えておくのです。天麩羅の具材の生椎茸なども、新鮮な物が出ている時はその日に買っておくのがいいと、食材を選ぶ目付きも大分できました。 昼前に女将を送り届けて、蕎麦屋へ戻る帰り道には、道ばたの桜をカメラに収めておくのでした。ソメイヨシノはまだ早いけれど、種類の違う早咲きのものが、春の雰囲気を醸し出しているのです。遠くの森の木々も新芽が出て柔らかな春の色、女将を迎えに行くまでの間に、買った野菜類の収納、ミニ菜園の辛味大根やラディッシュの新芽の間引きや水遣り、来週分の返しを作り終え、天麩羅油を凝固剤で固めて捨てる準備をしたら、開店祝いの粗品をラッピング。 隠居生活というものは、毎日毎日、その日の予定があるからこそ、退屈もせずに暮らせるのかも知れないと、つくづく思う。何やりたいことがあって、自分で思い描く通りの日常を送ることができるのが、隠居の醍醐味なのか。相手のある蕎麦屋の仕事は、その日常に変化を与えてくれるから、じっとしていられないタイプの亭主には、ちょうどいい刺激なのかも知れない。それでも、まだ時間が足りないと思うのは、段々と自分が老いてスローモーになってきたからか…。

Posted in 季節, 日常, | コメントは受け付けていません。

平日の営業も再開して…

昨日の日曜は夜までお客が入ったから、蕎麦も蕎麦汁もすっかり足らなくなって、デザートまで出尽くしたのでした。ご家族連れでのお客のご来店は、いちどきに全部違う注文のことが多いから、厨房は大忙しで、一緒に出来る調理をどう組み合わせるかが勝負。お酒を召し上がる方がいれば、単品での注文も次々と入るから、夜の亭主一人の厨房は昼以上にきついのです。それでも焦らずに料理を仕上げて出すのがプロなのだろうと、黙々と作業を続ける亭主。 それでも「ご馳走様でした。近所なのでまた伺います」と、亭主と同年代らしい奥様が笑顔でおっしゃるから、ほっとするのです。蕎麦豆腐も新玉葱と豚肉の串焼きや、お土産用のふりかけとデザートの蕎麦羊羹まで持ち帰りたいとあれこれご注文されるものだから、夜だけで平日なみの賑やかさなのでした。まったく有り難いことです。女将が片付け物の手伝いに来てくれなかったら、疲れた身体はしばらく動けない程の仕事量でした。夜の営業はやはり難しい。 南の島から帰って間もないのに、急に10時間以上も立ち仕事をしたら、もう夜は食事もそこそこに床に就く有様。今朝は定休日前の一日だからと、また蕎麦を打つ亭主。天気も悪そうだったから、蕎麦は少なめに用意して、加水率を47%にしたけれどまだ心持ち柔らかい気がする。46%というのが平均的な加水率らしいのですが、夏場と冬場では随分と違うから、一年間蕎麦を打ち続けたわりに、まだ、これでいいという答えは見つけられないでいる亭主なのでした。 今日は平日でしかも外は雨だったから、あまり期待はしていなかったけれど、なんと11時過ぎから店の前に停まる車が…。さすがに11時では準備も出来ていなかったので、開店の10分前に暖簾を出したら、いつの間にか姿を消した先ほどの車が駐車場に入ってきたのでした。続いて珍しく早々と、ご近所の会社の常連さんがいらっして、車の女性とお二人で、それぞれカウンターで蕎麦を召し上がる。じきにテーブル席も埋まり、平日の割りにはお客が入ったのです。 最後は例によって隣町の会社の方々がご来店で、昨日と同じサラダとマグロ丼のご注文。ご新規さんの多くが、「このお店いつからやっているのですか?」と尋ねられるから、もうすぐ一年になるというのに、まだまだ、知られていないと実感するのです。蕎麦の産地をお尋ねになるお客や、初めてなのに丼物を注文されるお客もいらっしゃるから、打ち立ての蕎麦をしっかり水洗いしてお出しする。蕎麦湯も一つ一つ別鍋で作って差し上げる気の使いようなのでした。 客の来る気配がなくなった頃、早めに暖簾をしまって今日は天麩羅蕎麦と鴨南蛮のメニュー写真を撮影しました。本当は、ちゃんとストロボを焚いて一眼レフで撮ればいいのだけれど、小さなメニューの写真だからと、そこまで準備は出来なかったのが残念。明日からの定休日の間に4月からの新しいメニューや注文票をつくり、お客様に配る記念品を袋詰めして…、やることは沢山あるので、すべて自分でこなすのは楽しいのだけれど、やはり、仕事量が多すぎる。 蕎麦屋の玄関口に咲くアセビが満開になりました。堀辰雄の文章の中に、確か、夕暮れの奈良公園でこの花を見てほっとする場面があったなあと、昔を思い出す。姪の野結婚式の折に、お袋様と女将と訪ねた軽井沢の記念館にもやはりアセビが咲いていたことまで思い出して、疲れた身体を引きずるように家路につくのでした。今夜はプールへ出掛ける日なのですが、家で酒を飲むよりも、身体を動かした方が疲労は回復するのだろうか…。女将ならきっとそう言う。

Posted in 料理, 未分類, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

営業再開の日…

今日の蕎麦屋の営業に備えて、昨夜も10時前に床に就いた亭主。未明には目が覚めて身体もすっきり、昨日届いた遠征の荷物をほどいて、まずは洗濯物を出す。留守中に届いた店の荷物は次の定休日まで玄関に置いたままでもいいけれど、書斎に器材やバック類が転がっているのは、足の踏み場所がないのです。世話になったカメラもドライキャビネットに戻して、外が明るくなってきたら、眠そうなpekoを連れて早めの散歩に蕎麦屋まで出掛けるのでした。 今朝は蕎麦豆腐やデザートの仕込みもあったから、女将も驚く8時前に家を出て、気持ちを切り替えて営業準備。休み明けは蕎麦打ちも1kgを二回打ち、腕がなまっていないかを確かめる。案の定、一回目は加水が多すぎてやや柔らかめ。一週間で気候も随分と変わってしまうのかと、驚きながら厚味にややむらができた蕎麦を騙し騙し包丁切り。二回目はちょうど好い水加減で、これを最初にお客に出せば、納得して頂けるだろうという腹づもりなのでした。 蕎麦を打ち終わる頃に女将が現れて、店の掃除を始めてくれる。昨日の疲れも見せないから、さすがはヨーガの達人。最近では、最後は体力勝負になってしまう亭主よりも、健康管理のしっかりしている女将の方が、体調を崩すことが少ないのでした。遠征に行って毎日海に出て潜っていたにもかかわらず、体重が2kgも増えたと言えば、「それは食べ過ぎだからでしょう」と手厳しい。今回は夕食にビールを飲んだので、これが案外と曲者なのかも知れないと反省。 サラダの野菜を切り終えたら、昨日仕込んだカボチャのいとこ煮だけでは足りないといけないからと、大根と胡瓜の浅漬けを作って紫蘇と柚子をまぶしておく。大根と胡瓜を薄く切った塩もみを羽田の寿司屋でご馳走になったので、ちょっとだけ香りを加えてアレンジしてみたのです。甘く煮た小鉢もいいけれど、あっさりしているものも欲しいのが男性の目線かも。日曜日だから、お客の出足は遅いかと思っていたら、早くからちらほらとご新規さんたちがご来店でした。 上手い具合に、満席になる前に食べ終わるお客が帰るから、洗い物を片付けながら次のお客の料理にかかる暇があって、生舟が一箱空になるまで続いたのでした。閉店間際の最後には、常連さんの会社の人たちがいらっして、「ずっと休みだったから、昼飯を食えませんでしたよ」と笑って挨拶をされるから、恐縮至極なのでした。まずは野菜サラダに天麩羅単品と、いつものコースで仕上げの鮪丼セット。営業を再開するとすぐいらっしてくれて有り難いことです。 片付けを終え、最後の洗い物を女将に任せて、亭主は店で軽く蕎麦を食う。「コシがあって美味しかったわ」と、帰られたご夫婦の言葉を確かめてみたかったのもあったけれど、今日は夜の営業もあるので、早めに昼を食べておきたかったのです。蕎麦も美味かったけれど、昨日作った蕎麦汁はコクがあってなかなかの味。これが薄味だというお客には、慣れてもらうほかはない。早めに家に戻ってコーヒーを一杯飲みながら、この日記を書き終えておくのでした。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

休養と仕込みと…

女将が授賞式で上京するというので、蕎麦屋も休みをいただいた忙しない朝だったけれども、留守番の亭主は昨夜から目覚める度にめまいに悩まされているのでした。やっと朝食を済ませたものの、立ちくらみが治まらないので、居間のソファーでぐったりと横になっていると、心配そうにpekoが主人を見守っている。昨夜は途切れ途切れだけれど十分に眠ったはずなのに、やはり疲れが出たのだろうか。明日の準備で仕入れと仕込みがあるのに困ったものでした。 昼近くになってやっと回復してきたので、車を出して隣町まで仕入れに出掛ける。朝方、曇っていた空もやっと青空が覗いて、春らしい風景画が心を和ませるのでした。生ものを冷蔵庫に入れ、3㍑の鍋に水を張って昆布と干し椎茸を浸けたら、一旦、家に戻って昼食にザルラーメンを作って食べ、一休みしていると、昨日、石垣島から送ってもらったはずの撮影機材が早くも到着。朝のうちに送り出してくれたのか、丸一日で着いてしまうとは随分と早いから驚きでした。 午後は歩いて蕎麦屋へ出掛け、いよいよ明日の仕込みに入る。出汁を取りながら野菜をラッピングしたり、天麩羅の具材を仕込んですべて冷蔵庫に入れる。蕎麦汁、天つゆを作って冷水で冷まして容器に詰める。小鉢用にカボチャを煮込んだり、親子丼の具材を煮込んだり、小松菜を茹でたりと、いつも繰り返している作業を終えたら、ミニ菜園の様子を見に庭に出る。ラディッシュや辛味大根も育ってそろそろ間引く時期になり、葱の芽も出てきているのでした。 ブロッコリーの花が満開で、サラダにも随分と使ったのに、食べきらないうちにもう春が来たという感じで、もっと計画的に食材を利用しなければ勿体ないと反省するのでした。イタリアンパセリやフェンネルなどの洋物は、あまり出番がなかったけれど、もう少し工夫をしなければと、石垣島の奥様の料理を思い出す。薄い紫色の花を咲かせているローズマリーも、新玉ねぎと骨付き豚肉を仕入れてきたので、塩焼きに添えてもいいとあれこれ思い描く亭主なのでした。 南の島から戻って、向こうで食べさせてもらったモズクのしゃぶしゃぶや島らっきょうの天麩羅などを思い出しながら、やはり季節を感じさせる旬の食材が一番美味しいと、まだまだ工夫が足りないのを反省するのでした。これから、春の野菜や山草が続々と芽を出してくるのが楽しみな季節です。そう言えば、家の裏手に大きくなったタラの木を切って、挿し木をしておいたら、根付いて新芽が出てきたから、今年は、店でも天麩羅の具材に使えそうな量が取れそう。 夕刻になってやっと今日の仕込みを終えて家に戻れば、ずっと留守番のpekoが退屈そうにふて寝をしているから、近くの公園まで散歩に連れて行く。辛夷の花が咲き乱れて、真紅の椿も枝一杯に花を咲かせているのでした。自然の草花に元気をもらって、やっと遠征の疲れも回復してきたと感じる夕べ。朝出たきりの女将は、日が暮れてもまだ戻らないから、冷蔵庫の中を物色して、肉を食べる元気はなかったから、お腹に優しい食べものをグリルで焼いて食う。 7時過ぎにやっと戻った女将の第一声は「ただ今戻りました。pekoの散歩行った?」去年はこの時間に女将が帰ってから散歩に連れ出したのだと言う。自分の日記を読み直しているのだろうか、一年も前のことをよく覚えているものだ。長かった彼女の一日の話を聞きながら、早めに風呂に入って床に就く亭主。明日、明後日と二日の営業をこなせば次の定休日だから、十分な体調で日常に復帰しなければ。明日の段取りを思い描きながらいつの間にか夢の中…。

Posted in 仕込み, 季節, 日常 | コメントは受け付けていません。

疲れた身体を引きづって…

いつもなら、二日潜って一日休むというパターンで、疲れを溜めないようにしているのだけれど、中三日での連続ダイビングは、年齢のせいか随分と堪えました。普段のプール練習を増やして体力作りをしたとは言え、島での遠征の日々は、ダイビング以外に、パソコンに向かって撮った写真の整理をしてブログに載せるだけの生活だから、尚更、休日がないと辛いのです。今回はノートパソコンのトラブルもあって、とうとう帰る日の朝までアップが出来なかった。 料理関係での収穫は、結構、あったような気がしますが、行きと帰りに寄った空港の寿司屋の店長にも随分といろいろと教え励まされました。船長には三年後のショップの二十周年記念にメキシコで潜らないかと言われたけれど、蕎麦屋もダイビングもあと三年先を考えるのにはまだ実感が湧かないというのが本音。空港から乗った電車が横浜行きだったのも忘れ、途中で乗り換えて戻る有様だから、やはり疲れている。帰宅後は夕飯も食べずに床に就くのでした。

Posted in ダイビング, ブログ作成 | コメントは受け付けていません。

最終日のダイビング…

夕べのうちに強い雨風になって、今朝は伊原間湾の入り口も白く波立っているのでした。長年の撮影データを沢山詰め込んだ携帯用のノートパソコンが、重たくなって機嫌が悪い。ブログの更新にも随分と時間がかかるのはそのためなのです。三台のカメラで一日に撮る写真の枚数が多すぎるから、整理をするのにも相当の時間がかかるというのに、仕方がないから、他の作業をしながら様子を見てはパソコンに向かうのです。パソコンと向き合いながらの昼寝…。最終日の今朝の天気のように、ぐずぐずと埒のあかないまま、今日は街に出て石垣港から乗り合いで潜れるよう船長が手配をしてくれました。 いつもより一時間早くに宿を出て、島の北部から南の端まで約30分のドライブです。「乗り合いだと2本で終わりというわけにはいかない」と言われていたので、今日は午後までしっかりと頑張らねばと気合いを入れるのです。気温は19度、北の風7m、波の高さは4mと、警報の出る天候だから、内心は不安なのですが…。それでも海をよく知るダイバーたちは、北風を避けて島の南側で潜ろうとあつまっているのでした。去年の遠征でも一度乗せていただいたアルカディア号よりはずっと大きな船で、街の港からすぐのポイントへ向かいました。 海の中は穏やかなもので、潮の流れもいいのか、沢山の魚たちが群れているのでした。岩礁地帯には無数の若いサンゴが育ち、海中の地形の面白さも堪能させてもらったポイントです。海から上がったときだけは、さすがに寒いのが辛い…。規模は小さいけれど、ロタホールを思わせるような海底洞窟。どこまでも続く海底の山並み。市街地の近くの海で、こんな景色が見られるのも有り難い体験です。2本目を潜り終えてドライルームで皆で昼食。この船の船長がキッチンで温めてくれた温かい味噌汁といい、海メロの奥様のお手製弁当といい、ホットするひとときでした。風や波が少し収まったから、午後の3本目はサンゴ礁の外の風も波のないポイントへ向かう。ドロップオフの縁はさすがに魚影が濃い。大小のグルクンがもの凄い数で群れて、海の中を縦横無尽に駆け回っていました。その一角ではカスミチョウチョウウオの群れやハナゴイの群れにもお目にかかる。岩場の隙間から時折冷たい潮の流れが通って、ここが魚たちの餌の豊富な潮目なのだというのが体感されました。最終日のダイビングに相応しいダイナミックな海の醍醐味を味わって、一人でいい気になっていたら、同行のダイバーたちは、岩肌に張り付いてミクロの世界に没入している様子でした。 船長に促されるままに、海中での顕微鏡モードを使ってミリサイズののウミウシを撮っては見ましたが、そもそもが肉眼ではゴミにしか見えていないから、頭も尻尾も区別が付かない。それでも、カメラのモニターで確認すると、この小ささな身体で宝石のようなきらびやかさを持っているから驚きです。自然の不思議さを教えられた気がしました。船に上がってどうしてあの小ささが見えるのかを尋ねて見たら、懐から虫眼鏡を取り出して見せるから驚きなのでした。 最終日の夜に相応しく、晩の料理はブダイのムニエルのバジルソース添えに、宿のお隣さんの料理人が自家製で燻製にした島豚の肉のサラダなど、季節の料理の話で話題は持ちきり。お客に出すにはそれなりの周到な試作が必要と意見が一致するのもまた楽しいのです。アラカルト方式の定番料理ばかりの蕎麦屋でも、何か新しいものを作ってみたいという思いは同じ。季節の旬の食材が出る時期こそがチャレンジの時だと、つくづく勉強させられるのでした。        

Posted in ダイビング, ブログ作成 | コメントは受け付けていません。

束の間の晴天…

朝の伊原間湾の景色は今日一日の天気を予想させる。波はなく、雲の合間から少しだけ青空が見えるのが、唯一の希望。この時期は、海水温が22,3℃とはいえ、海からボートに上がったときに気化熱を奪われて相当に寒いのです。潜り慣れている船長でさえ、クーラーボックスに用意したお湯をウエットスーツの中に流し込んで暖を取っていた。私は新品の6mmのスーツが幸いして、エアーの消費も少なくなっている。身体を冷やすのは消耗するのです。 それでも、島に着いた当日とは打って変わって、23℃の気温も寒く感じるから人間の身体の適応性は不思議なものです。だから、朝食前には普段のpekoeの散歩の代わりに、宿の近辺を歩いて身体を温める。ストレッチをして今日のダイビングの準備を整えておく。朝食後に宿を出て、午前中いっぱい潜ったらボートの上で奥様のお手製弁当を食べて戻ってくる。そして、眠くならないうちに、ログ付けとその日に撮った写真の整理整理をしておくのです。 今朝は朝一番で、顔なじみのインストラクターのマサコさんもアルカディア号に同乗して、平久保の岬の先まで連れて行ってもらいました。客は私一人だというのに、海の状況の穏やかなうちにと、サンゴの綺麗な島の最北端のポイントを案内してくれたのでした。港から約30分、平久保灯台を回ったサンゴ礁の海はさすがに見事で、この時期は透明度も相当に好く、思う存分写真を撮ってと言われた割には、久しぶりの海でカメラの操作ももどかしかった。 びっしりと生い茂った枝サンゴの間には、無数の魚たちが隠れ住んでいます。目の覚めるような青や優しい黄色のスズメダイの仲間たちが所狭しと顔を覗かせていました。時折、さわやかな水色のデバスズメダイの群れが通り過ぎる。若いサンゴが砂地の間にまるで野菜の芽が出るように可愛らしい枝や触手を広げている。海メロで出会うお客さんにも人気のあるこのサンゴ礁も、いつもはもう少し濁っているのだけれど、今日はまるで別世界なのでした。 窒素の抜けるのを待って、船は岬を戻って灯台の向こう側のポイントに錨を下ろす。朝のうちの雲も晴れて、陽が差してきたのも幸運なのでした。確か、ここは深いポイントの筈なのに、船端から海の底が見えるから透明度が抜群の証拠。さすがはこの島の海を知り尽くした船長の粋な計らい。有り難いことだと、マサコさんと潜り始めるのでした。視程は軽く30m以上はある。海底に続くなだらかな丘の上には、無数のカスミチョウチョウウオの群れが…。 明るい紫色のハナゴイの群れも一斉に向きを変えて泳いでいく。グルクンの群れも一直線に連なるように視界を横切るのでした。とにかく今日は水が澄んでいて遠くまで見えるから、自分が海の中の断崖絶壁の上にいるのがはっきりと分かって怖いほどなのです。海面を見上げればきらきらと陽が差している。無数の魚たちのシルエットが見える。そんな丘の中腹にカクレクマノミの親子が、色鮮やかなイソギンチャクの中で暮らしているのでした…。 船の下6mで、窒素を抜くために安全停止をして、今日のダイビングは終了です。他のお客がいれば、昼食後にもう一本潜って帰るのですが、私一人なので贅沢なダイビングをさせてもらいました。束の間の晴れ間が幸いして暖かな午後。宿に戻れば、奥様の入れてくださるお茶とお菓子で寛ぐひととき。海から上がって眠くなる前に、ダイビングログを書き込んで、船長とマサコさんにそれぞれサインをもらうのです。今日は本当に好いダイビング日和。

Posted in ダイビング | コメントは受け付けていません。

柔らかな目覚め…

南の島の暖かな朝の目覚めが何よりのご馳走です。広い宿の庭に出て伊原間湾に広がる景色を眺めるひととき。穏やかな海の様子に安堵して、朝食後には、早速、器材をトラックに積んで、船長と二人、港へ向かうのでした。島の北部の静かな港は、市街地の朝とは違って人影もなく、二人分の荷物を積み込んだらすぐに出発。客は私一人なのに大きな方の船を出してくたので有り難い。今日のポイントまでは少し距離があるらしかった…。 去年の秋に船長に案内されて島の店で採寸してもらった6mmのウエットスーツの着心地はよく、気温23℃水温22℃の早春の海では抜群の性能を発揮するはずなのでした。ポイントに着くまでの時間は、十分にストレッチをして身体を柔らかくしておく。ちょっと汗ばむくらいの準備運動を済ませて、マスクの曇り止めをしたり、カメラの準備を整えたり、わくわくとするひととき。港の先の岬まで行くと、丘の上に白いコンクリートの宿の建物が見える。 二軒並んでいる右手がダイビングショップ海のメロディーの建物で、二階部分がペンション「野・空・海」の客室になっている。一番右の「海」が私のいる部屋。左手の建物は、海メロの船長の友人が自宅の二階でカフェレストランを営んでいる。一度伺ったことがあるのだけれど、なかなか凝った店内は霊犀亭と同じくらいの広さで、カウンターの向こうで店主が調理をする。以前は和食の料理人だったとか。島の魅力に憑かれた一人らしい…。 久しぶりに潜った海は、魚たちが舞い踊る春の海。若いサンゴが辺り一面に育っているのが見事なのでした。船長に案内されるままに、海の中の丘を幾つも越えながら、沢山の写真を撮る。途中、離れた場所から合図をくれた船長の指先を目で追ってみれば、大型のアオウミガメがふわりと地面から浮き上がる。若い頃なら猛ダッシュで追いかけていったものですが、さすがにこの歳になっては、海の中ではカメの早さには追いつけない…。

Posted in ダイビング | コメントは受け付けていません。