Category Archives: ブログ作成

平日も少しずつ…

女将が横浜の娘のところから戻った後も、一週間の独身生活に慣れてしまった亭主は、前の晩も9時過ぎに床に就いて朝は4時には目が覚める。書きためたブログの記事を書いたら、やっと外も明るくなってpekoの散歩。日の出も遅くなったから、蕎麦屋に着く頃に東の森から太陽が昇ってくるのでした。今日の営業の合図の幟を立てて、昨日の洗い物の片付けをし終えたら、家に戻って朝食をとる。二人で仕事を分担するというのは本当に素晴らしいと感じる。女将の見る朝ドラの時間に洗面と着替えを済ませた亭主は、「行ってきまぁす」と玄関を出て、庭の金柑が少しずつ色づいてきた写真を撮る。蕎麦屋に着いたら庭の野菜に水遣りをして、ラデッシュの収穫。二十日大根と言うだけあって、放っておくと大きな株に成長するのだと今頃気づいたから暢気なもの。沸騰したお湯でゆがいて酢漬けにすれば、綺麗なピンク色に染まるから美味しそう。明日が定休日の月曜日の朝は、余分な仕事はせずにまずは蕎麦打ち…。昨日の昼には古い蕎麦粉がなくなってきたので、今朝はいよいよ秋の新蕎麦の粉だけで蕎麦を打つ。水分含有量が多いからか、捏ね鉢で捏ねていくにしたがって、しっとりとした感触が両の掌に伝わってくるのです。打ちやすいと言えば分かる人には判るのでしょうが、食べてみれば一目瞭然。弾力のある蕎麦の感触が、昨日の午後に打った蕎麦と合わせて14人分の蕎麦を用意して、今日の営業に入るのです。幸いに昼前に三人連れのお客がご来店なのでした。 「いらっしゃしませ」と、元気よく迎えたのは好いけれど、初めてのお客でメニューをじっくりと読んで注文までに随分と時間がかかる。休日ではないから、次のお客が来る気配もないので、こちらもじっくりと鍋の湯を沸かしたり、天麩羅の油を温めたり、準備には余念がないのでしたが、いきなり天丼セットと鴨南蛮蕎麦の大盛りと普通盛りだから、火口がなくってさあ大変です。天丼セットを出すまでの間に鴨肉を解凍して、じっくりと焼き上げていたらもう次のお客様。 今週は随分とお客が増えた気がするのだけれど、トータルして考えてみるとやはり去年の半分だから、まだまだ予断は許さないのですが、あちらこちらで蕎麦を召し上がるという常連さんがいらっしてやはり新蕎麦は美味しいねと言ってくださったのがせめてもの救い。蕎麦汁もここのは美味いと言いながら、老舗なのに蕎麦が美味いのに蕎麦汁の不味い店は、代替わりで受け継いでいないのかなと独り言のようにおっしゃる。蕎麦好きのお客の言葉は勉強になる。 恐らくは蕎麦打ちも調理も、慣れてくれば来るほど上手にこなすことは覚えても、どこか雑になる部分があるのではないだろうか。常にもっと美味しくするためにはどうしたらいいだろうかと、研究心をもって臨まなければ、お客もいつかは飽きてくるはず。その点、毎日が修行の霊犀亭は、亭主もまだまだ探求心の固まりだから、大いに期待が持てるのかも知れない。今日は単品メニューに載せたばかりの厚揚げ田楽の注文が入ったのに、昨夜家に持ち帰ってしまった。 折角の注文に応えられなかったのが残念だったけれど、代わりに蕎麦豆腐と焼売を頼まれたから、こちらは自信を持ってお出ししたのでした。「鴨南蛮の鴨肉が随分大きいのですね」と褒められて、「儲けはあまりないですけれどね」と、鴨ロースの肉の解説を始める亭主は嬉しそう。儲かればいいというスタンスではなく、地域の人に安く美味しく食べて頂きたいという店の経営方針を判ってもらえれば、少しずつでもお客は増えてくるのではないだろうかと思う…。 ひとしきりお客の途絶えた午後に、スタッフと賄い飯で新蕎麦をぶっかけにして食べたら、やはり今までの蕎麦とはひと味違うのでした。これからしばらくの間は、新蕎麦が店の話題になりそうです。11月も半ばで、今日は鴨肉や胡麻油の発注をしました。来月はいよいよ年の瀬で、また、蕎麦屋も少しは賑わうだろうか。夕刻にプールに泳ぎに出掛け、女将と蕎麦屋の残りもので夕食を済ませる。明日の定休日には久しぶりに城址公園にでも出掛けようと話すのでした。

Posted in ブログ作成, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

最近、ますます蕎麦打ちが楽しい…

今日の月曜日は、先週の満員御礼とはほど遠いお客の入りでしたが、年配の常連さんが開店直後にいらっして、新蕎麦大盛りで天せいろのご注文。新蕎麦が出てからは、週に一度ぐらいだったのが夏の暑さも手伝ってか、週に二度のペースでいらっしゃるようになったから、よほどお蕎麦がお好きとみえる。有り難いことです。今日は「天麩羅があっさりしていて美味しいね」と、おろしたての胡麻油の味を分かっていただけた。よく考えたら8月に入っているのでした。 お客がいる昼時に店の電話のベルが鳴る。忙しいときは出られないことが多いけれど、最近は暇なので丁寧な受け答えの亭主。「○○の○○ですけれど、今日はお蕎麦ありますか?」と、少し遠い町のリピーターさん。先週の月曜日に奥様と最後にいらっして、蕎麦が売り切れていたのでうどんとガレットを食べていただいたお客さんなのでした。「大丈夫ですよ。今日は空いていますので…」と応えると、「私はガレットをお願いします」と、これも意外な事なのでワクワク。 店には静かなBGMの流れる昼のひととき、ゆっくりと寛いで蕎麦を食べていただくお客のいる幸せを感じている亭主。自分のイメージ通りの品の良い店の雰囲気になっているのが嬉しいのでした。カウンター越しの会話で、奥様はお蕎麦なのに、「どうしてまたガレットなのです?」と尋ねると、「私はピザが好きなんですよ」とおっしゃるから、何か通じるものがあるのかと目から鱗。「いろんなピザがあるけれど、もっちり感があって表面はカリッとが好い…」とおっしゃる。 これは亭主の感じているピザの美味しさと同じだったので、その趣向で開発した亭のガレットが気になったのか知らん。野菜たっぷりでベーコンとチーズのトッピング。なにか波長が合ったという感じで、食べ物についての話が弾む。お話を伺っているうちに、年齢の割には油の多いお食事が多いのがちょっと気になったけれど、エクストラバージンオイルで焼いている亭のガレットなら、カロリーも少なめで栄養のバランスもいいのではと、ついつい話が長くなりました。 客の少ない店だから、蕎麦湯もその日に打った蕎麦の端切れを溶いて作ってお出しすることが出来る。開店直後の混んだ時期には、その余裕がなかったのが残念でなりません。蕎麦好きのお客は、たっぷりと器に入れた蕎麦湯をすべて飲み尽くしてくださるから嬉しい限り。一つ一つ丁寧な仕事をする事が、将来に繋がると信じて疑わないから救いようのない馬鹿?今日も沢山の残りものを持ち帰らなければならなかったけれど、帰る亭主を女将は優しく迎える。 小鉢も沢山作りすぎるから、残ると月曜日は大変なのです。家で残りを食べなければならないから、自分が美味しいと思うものしか作らない亭主。胡瓜と紫蘇の葉、茗荷の梅紫蘇和えは、この夏の傑作と自負しているけれど、主役ではないから所詮付け合わせの小鉢の悲しさ。今朝野菜を刻んで作ったサラダも予備を含めてすべて破棄しなければならない悲しさ。先月は家のガス代が随分減ったと女将が言っていたのを思い出す。残りものを食べて暮らす日々。 明日の定休日は、夏休みに入った女将のお稽古もお休みで、朝から裏庭の雑草取りを頼まれた亭主。昼に知り合いの奥様がやっている千葉のコーヒー屋さんに行ってみようと提案すると、意外にも「この間は休みだったからね」と久しぶりの外出を楽しみにする様子。二日ある定休日の使い方も、蕎麦屋へ行くばかりではなく、少しは考えないといけないと思うのでした。夜のプールで泳いで汗をかき、珍しくウイスキーを飲んでこのブログを書く亭主。ほろ酔い気分。    

Posted in ブログ作成, 季節, 料理, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

これはもう梅雨明けでしょう…

お袋様を連れて農産物の直売所を訪ねたら、レジの近くに西瓜が並べられていました。形のいい西瓜を叩いて懐かしそうに音を聴くお袋様が、「半分ずつ食べようか」と言うから、珍しく丸ごと一つを買って帰る。子どもの頃は夏になるとよく食べたものだけれど、家族も少なくなった今は、食べる機会も少ないのでした。普段は自転車に乗って買い物に出掛ける彼女は、「切り売りした西瓜を買う気にはならないんだよね」と言う。連日の暑さが古い夏の記憶を蘇らせた。 「雨宿りをしてたら止むくらいの雨がにわか雨なのよね」と、連日の天気予報に文句を付ける女将。そう言えば今朝も小雨の中をpekoの散歩に出掛けたのはいいけれど、蕎麦屋で出汁を取っている間に止むだろうと思ったら、ひとしきり強く降ってきたから閉口した。散歩から帰ったpekoはいつもの肘掛けに乗ってふて寝をしている。朝食に最後の蕎麦を終えた亭主が腰を下ろそうとすれば、今度は亭主の座る椅子でぐったりとしているから、やはり今朝も朝から暑い。 朝ドラが終わって、再び蕎麦屋へ出掛ければ、隣の工事現場では地面を堀り起こして、いよいよ基礎工事の始まりなのでした。朝の水遣りをしながら挨拶をして、続々と大きくなるキュウリと紫蘇の葉を収穫してくる。今週は、スーパーで古いキュウリを買わなくて済む。形の悪いキュウリは掃除をして乱切りにしたら塩で揉む。少し虫に食われたような紫蘇の葉を刻んで叩いた梅干しで和えれば、もう梅じそ和えの出来上がり。新鮮なキュウリはすぐに水が出るのです。 午前中は、親子丼の具材を仕込んで野菜を保存したらもう昼飯の時刻。外はうだるような暑さだったから、ちょうど休憩に入っていたお隣の職人さんたちに店で出してるサワーテイストを差し入れた。まだ、水場の工事が始まっていなかったから、土仕事で暑くても手や顔を洗う場所もないのでした。明日からは店の営業中に工事が進むので、気は心というつもり。天気予報などとは無関係に、これはもう今年の梅雨は明けただろうと勝手に夏を迎えている亭主でした。 廃棄処分の蕎麦をやっと食べ終えたので、昼のメニューは久々にざるラーメン・餃子。エアコンの効いた涼しい部屋で、元気を取り戻したpekoがなんで私にも昼飯をくれないのかと不満げな様子。こんな時は、決まって、しまいには吠え出すから、亭主は書斎に逃げ込んで食後の昼寝を決め込むのです。まったく、犬と人間の関係は難しい。犬という種族は食べ物を与えたらどれだけ食べ続けるのだろうか。「早死にさせないで」と言われているから逃げるが勝ち…。 午後は荷物もないので歩いて蕎麦屋へ出掛けたけれど、暑さは尋常ではないから、やはり梅雨は明けていると感じるのでした。麦わら帽子を吹く風が涼しく感じるから昔ながらの生活の知恵だと一人で感心する亭主。店のエアコンを全開にして、早速午後の仕込みに入る前に、朝買ってきた西瓜を切って一人で食べる。子どもの頃は、クーラーもなかったから、夏になると祖母の作る西瓜を苦しくなるほどたらふく食べたものだ。それにしても随分と甘い西瓜でした。 デザートの抹茶小豆や蕎麦豆腐を仕込んだら、一晩寝かせた蕎麦汁を蕎麦猪口に入れて冷蔵庫に戻す。天麩羅の具材を揃えて、これも冷蔵庫に戻し、後は、鍋釜の洗い物とまな板の消毒。毎日、毎日、こうした作業の繰り返しだけれど、よく飽きないものだと自分でも感心する。昨夜のことだけれど、梅雨が明けたら暑中見舞いでも出そうと、去年の文章を読み直してみたら、今年の生活と変わらない近況報告をしているから、一年も同じ生活の繰り返しか…。 夕食を終えて夜のパトロールの時刻を待つ間にこのブログを書いている。雨でも降り出しそうな雲行きだけれど、幾分涼しくなってきたのが唯一の救い。固定リンクの「霊犀亭のメニュー」を7月21日付で更新しました。最近、このブログを訪れる人の数が増えているので、こまめにチェックをしなければと思うのです。明日はどんなお客が来るのだろうかと、案外、このワクワクとした気持ちがマンネリ化を防いでくれているのかも知れません。また、新しい週が始まる。

Posted in ブログ作成, 仕込み, 季節, 日常, 未分類, | コメントは受け付けていません。

疲れた身体を引きづって…

いつもなら、二日潜って一日休むというパターンで、疲れを溜めないようにしているのだけれど、中三日での連続ダイビングは、年齢のせいか随分と堪えました。普段のプール練習を増やして体力作りをしたとは言え、島での遠征の日々は、ダイビング以外に、パソコンに向かって撮った写真の整理をしてブログに載せるだけの生活だから、尚更、休日がないと辛いのです。今回はノートパソコンのトラブルもあって、とうとう帰る日の朝までアップが出来なかった。 料理関係での収穫は、結構、あったような気がしますが、行きと帰りに寄った空港の寿司屋の店長にも随分といろいろと教え励まされました。船長には三年後のショップの二十周年記念にメキシコで潜らないかと言われたけれど、蕎麦屋もダイビングもあと三年先を考えるのにはまだ実感が湧かないというのが本音。空港から乗った電車が横浜行きだったのも忘れ、途中で乗り換えて戻る有様だから、やはり疲れている。帰宅後は夕飯も食べずに床に就くのでした。

Posted in ダイビング, ブログ作成 | コメントは受け付けていません。

最終日のダイビング…

夕べのうちに強い雨風になって、今朝は伊原間湾の入り口も白く波立っているのでした。長年の撮影データを沢山詰め込んだ携帯用のノートパソコンが、重たくなって機嫌が悪い。ブログの更新にも随分と時間がかかるのはそのためなのです。三台のカメラで一日に撮る写真の枚数が多すぎるから、整理をするのにも相当の時間がかかるというのに、仕方がないから、他の作業をしながら様子を見てはパソコンに向かうのです。パソコンと向き合いながらの昼寝…。最終日の今朝の天気のように、ぐずぐずと埒のあかないまま、今日は街に出て石垣港から乗り合いで潜れるよう船長が手配をしてくれました。 いつもより一時間早くに宿を出て、島の北部から南の端まで約30分のドライブです。「乗り合いだと2本で終わりというわけにはいかない」と言われていたので、今日は午後までしっかりと頑張らねばと気合いを入れるのです。気温は19度、北の風7m、波の高さは4mと、警報の出る天候だから、内心は不安なのですが…。それでも海をよく知るダイバーたちは、北風を避けて島の南側で潜ろうとあつまっているのでした。去年の遠征でも一度乗せていただいたアルカディア号よりはずっと大きな船で、街の港からすぐのポイントへ向かいました。 海の中は穏やかなもので、潮の流れもいいのか、沢山の魚たちが群れているのでした。岩礁地帯には無数の若いサンゴが育ち、海中の地形の面白さも堪能させてもらったポイントです。海から上がったときだけは、さすがに寒いのが辛い…。規模は小さいけれど、ロタホールを思わせるような海底洞窟。どこまでも続く海底の山並み。市街地の近くの海で、こんな景色が見られるのも有り難い体験です。2本目を潜り終えてドライルームで皆で昼食。この船の船長がキッチンで温めてくれた温かい味噌汁といい、海メロの奥様のお手製弁当といい、ホットするひとときでした。風や波が少し収まったから、午後の3本目はサンゴ礁の外の風も波のないポイントへ向かう。ドロップオフの縁はさすがに魚影が濃い。大小のグルクンがもの凄い数で群れて、海の中を縦横無尽に駆け回っていました。その一角ではカスミチョウチョウウオの群れやハナゴイの群れにもお目にかかる。岩場の隙間から時折冷たい潮の流れが通って、ここが魚たちの餌の豊富な潮目なのだというのが体感されました。最終日のダイビングに相応しいダイナミックな海の醍醐味を味わって、一人でいい気になっていたら、同行のダイバーたちは、岩肌に張り付いてミクロの世界に没入している様子でした。 船長に促されるままに、海中での顕微鏡モードを使ってミリサイズののウミウシを撮っては見ましたが、そもそもが肉眼ではゴミにしか見えていないから、頭も尻尾も区別が付かない。それでも、カメラのモニターで確認すると、この小ささな身体で宝石のようなきらびやかさを持っているから驚きです。自然の不思議さを教えられた気がしました。船に上がってどうしてあの小ささが見えるのかを尋ねて見たら、懐から虫眼鏡を取り出して見せるから驚きなのでした。 最終日の夜に相応しく、晩の料理はブダイのムニエルのバジルソース添えに、宿のお隣さんの料理人が自家製で燻製にした島豚の肉のサラダなど、季節の料理の話で話題は持ちきり。お客に出すにはそれなりの周到な試作が必要と意見が一致するのもまた楽しいのです。アラカルト方式の定番料理ばかりの蕎麦屋でも、何か新しいものを作ってみたいという思いは同じ。季節の旬の食材が出る時期こそがチャレンジの時だと、つくづく勉強させられるのでした。        

Posted in ダイビング, ブログ作成 | コメントは受け付けていません。