Category Archives: ブログ作成

昼も夜もで疲れ果て…

午後10時ちょっと前、風呂から出てやっとブログを書き始められる夜。今日は昼も夜も有り難いことに蕎麦屋は賑わったのですが、とうとう昼食を食べる暇もなく、夕刻の仕込みに再び蕎麦屋へ出掛けた亭主は、入浴前の計量で最近初めての大減量。昼間、下着を何枚も取り替えたから、汗を沢山かいたのがその主な原因だとは思うのだけれど、規則正しい食事を摂らないのは、身体にはあまり好くないのかも知れない。夜になって一度には食べられないのです。 亭主の唯一の気がかりは、せっかくの新蕎麦を美味しくお客に出すことで、今朝はこのところの反省から、40%の加水にして、実にしっとりとした蕎麦が打てたと喜んだのでした。切りべらは29~31本とかなりの細さで、昼のうちに生舟二箱の蕎麦が完全になくなったから凄い。大盛りのお客もかなり多かったけれど、ヘルシーランチセットもあっという間に売り切れて、お蕎麦売り切れの看板を出したのが午後の1時でした。後からいらっしたお客様にはご免なさい。 いつもの週末なら、20食近くの蕎麦を用意するから、それほど早くなくなることはないのだけれど、今日は昼前に「予約できますか」という電話が何件か入った。女将が予約はやっていないと応えると、今度は開店前に駐車場に車で乗り付ける有様。いつも日曜日は、ご家族でいらっしゃるお客が多いのだけれど、今日は一度に五人、四人と席を占領してしまうから、有り難いけれど、ちょっと困った。その間にお一人のお客や、ご夫婦らしいお客もいらっしたのです。 最近流行の何処ぞのSNSで、早く行かないと蕎麦がなくなるというようなコメントが載って、それを見たお客がドカドカッとやって来るというのでなければ好いけれど。霊犀亭はファミレスでもなければ、その種のお店ではないのですが…。とは言っても、それはお客の勝手で、何回も来てくださるお客様は、そうした店の雰囲気を察して静かに蕎麦を啜るのだけれど、大勢でいらっして狭い店の中を我が物顔で席を取り合う姿には、本音を言えばちょっと幻滅なのです。 そういうお客様に限って、他のお客のことを考えずに、自分の注文ばかりを優先させようとするもの。大きな規模の店舗なら、そうしたお客にも柔軟に対応するだけの人員が配置されているから、お客は自分の主張が通る喜びを味わえるのです。ところが、どんな店でもそれが通用すると思って、亭主一人の小さな蕎麦屋にいらっしゃると、大変なことになるというわけ。お客が店を選ぶのか、店がお客を選ぶのかは、考えてみると、結構、奥の深い難しさがあるのです。 それでも今日は半分ぐらいは常連さんのご家族だったので、女将も亭主もお客様に救われました。日本で一番早いと言う新蕎麦の味わいをどれだけ感じてくださったか。薄綠色をした蕎麦湯の入れ物を洗うときに、どれだけ綺麗に飲み干してあるかで一目瞭然。お客様のひと組ずつ、新蕎麦の粉を溶いて鍋を火に掛ける蕎麦湯なのですが、蕎麦湯など意に介さないお客様もいれば、綺麗に飲み味わってくださる方もいる。皿や器の味わいなどは、言うまでもない。 亭主の気がかりと蕎麦屋にいらっしゃるお客気の関心事が一致してこそ、「心に霊犀一点の通ずる有り」 なのですが。「難しい店の名前だね」と言われては、返す言葉もありません。洗い物に一時間余りを費やして女将と二人で家路につけば、外は夏空が広がってむーっとした陽気なのでした。家の庭の金柑の小さな花も、今年は随分と早くに満開になっている。売り上げと今日の写真のデータとをパソコンに入れて、一休みしたらまた蕎麦屋へ出掛けていく亭主。 大釜に水を入れて火に掛け、蕎麦の追い打ちにかかる。蕎麦打ち室は31℃もあったけれど、やはり加水は40%でちょうど好い。朝と同じく切りべらは29~31本とかなりの細さの仕上がり。蕎麦豆腐にデザートと明日の仕込みをしていたら、上の娘と同じ年頃の女先生がまたいらっして、「今日はご飯物が食べたい」とおっしゃるから、カレーライスを勧めた。その間、ご家族連れもご近所のご夫婦もご来店で、夜まで賑わった霊犀亭なのでした。家の女将にSOS。

Posted in ブログ作成, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

朝から雨そして風の定休日2日目は…

昨夜は風呂を出たら居間で寛ぐのを我慢して、書斎に入って昨日買い残した食材と、今日の仕込みの一覧とをメモにしながら、YouTubeで「人を恋ふる歌」や「遙かな友に」などの昔懐かしい歌を聴く。そのまま10時過ぎに床に就いたのです。居間でテレビでも見ようものなら、またpekoが膝に乗って、挙げ句の果てにはそのまま寝室まで付いてくるから、またゆっくりと眠れない。お蔭で、今朝は睡眠十分で、8時過ぎには蕎麦屋へ出掛けていくことが出来たのです。 定休日なのにそんなに早く蕎麦屋へ出掛けても、コーヒー豆は明日の配送予定だし、いきなり仕込みを開始する元気もない。仕方がないから、気になっていたレンジ周りの掃除から始めて気分を変える。空になった返しの甕に、新しい返しを仕込んだら、冷蔵庫の挽き肉を使って厚揚げ田楽の味噌ダレを作っておく。酒・味醂・砂糖と自家製の味噌を小さな鍋で煮込むだけだから、わけはないのですが、2日目の仕込みはこうした細かな作業が多いから面倒と言える。 蕎麦豆腐を仕込みながら、昨日漬けた蕪と胡瓜と春キャベツの仕上がり具合を見て、京唐辛子を刻んで入れておく。明日のデザートには抹茶小豆を仕込んで豊缶に流し込み、常温で少し固まるまで待つ。フルーツの寒天寄せの場合は400ccの分量だけれど、あらかじめ豊缶に敷くのは自分で煮た小豆だけだから、500ccの抹茶蜜が入る。氷糖蜜の分量はどちらも100ccで、抹茶の量は小さじ二杯と決めている。抹茶は暖かい湯で溶くと、綺麗に仕上がるのです。 ここまで仕込みを続けたら、後は包丁を使う作業なので一休み。鍋や釜を洗ってシンク周りを片付けたら、厨房から出てカウンターで昨日の洗濯物を畳むのです。まだ10時前だから、気の長い話。昼までに残りの仕込みが終わるのだろうか。外が雨なのが気の晴れない原因か。今日は午後にプールへ出掛け、その帰りに買い残した食材を仕入れてこよう。あれこれと考えながら、再び厨房に戻る亭主。農産物直売所で買い求めた蕗の処理もちょっと面倒な作業。 包丁を使い始めたら、続けて次の仕込みにかかるのですが、天麩羅の具材の生椎茸の飾り切りを済ませて、ピーマンや茄子を切って、陽気をラップで密封する。その間にカボチャを薄く切り分けてレンジにかけておくのです。かき揚げの材料の玉葱を刻んだら水に浸してザルに採る。三ツ葉を刻んで…、とここまで来て人参がないのに気が付いた。昨日、買い忘れた食材の一つなのでした。蕗は湯がいて5cmの長さに切り、密封容器に入れて冷蔵庫で保存する。 葉の付いた新鮮な蕗だったから、葉の部分は湯がいて水気を絞ったらごま油で炒めるのです。その間に、油揚げを湯引きしてこちらも一緒に炒める。砂糖と酒と出汁醤油で味付けしたら、立派なご飯のおかずになりました。さすがに、これは店では出せないから、昼のおかずとして家に持ち帰るのでした。今日の唯一の失敗は、一度に沢山の食材を火にかけて、ブロッコリーを茹でたのを忘れて、湯で過ぎてしまった。そろそろ疲れて来た証拠。これも昼のおかず。 亭主は、キャベツや赤玉葱、人参、ピーマンを入れて、トロ豚の肉を加えてコンソメスープを作り、女将と二人でサラダと蕗の煮物で簡単に昼食を終えたら、また一眠り。女将が書斎にお茶を運んでくれた頃には、瞼が重くてダウンなのでした。1時間ほど眠ったら、プールの支度をしてひと泳ぎに出掛ける亭主。帰りがけに西の町のスーパーとホームセンターを回って、やっと新鮮な生椎茸を手に入れる。消毒液や割り箸などの消耗品も馬鹿にならない出費なのです。 ただ、何が無駄な出費なのかは十分に検証を重ねないといけない。亭主の望む清潔で衛生的な蕎麦屋の環境と、お客様をもてなすために、敷居が低くて気品のある店のイメージを追求する精神は忘れたくない。亭主が夕食を終えたころに、女将がスポーツクラブから戻って、夕刻のpekoの散歩に行ってくれた。風呂までの時間が暇だったから、思い立ったようにまた蕎麦屋へ出掛けて、出汁に浸けてあった黒豆を煮てくる。しばらくは黒豆大福が続きそうなのです。

Posted in ブログ作成, 仕込み, 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

西風の強い一日だったけれど…

夕べは9時半に床に就いて、今朝は4時半に目を覚ます。健康そのものの早寝早起き。テレビで5時のニュースを見ながらお茶を飲んで明るくなるのを待ったけれど、夜明けはまだまだ。pekoも亭主の布団に潜ったまま起きてくる気配もないから、6時前に家を出て一人で蕎麦屋に向かう亭主。女将に声を掛けたら、「暖房を入れてこないと寒いからね」と、自分は稽古場のエアコンを入れて朝の体操をしている。外へ出ればブルブルッと身震いするほどの寒い朝です。 蕎麦屋の暖房を点けたら、大釜に水を張って少しの間でも火に掛けておく。コーヒーの豆を挽いているうちに、昨日の洗い物を片付けて、温かい蕎麦の汁を作り足しておくのは、寒い今日の営業を考えてのこと。東の空が白んでくる頃に家に戻って、今度はpekoを連れて散歩に出ようとするのだけけど、外の冷たさを感じて尻込みするから、犬もこの寒さには閉口している様子なのでした。仕方がないから騙し騙し公園まで行って、後は彼女の意思に任せて帰宅する。 今日はまた蕎麦を1kg打った。最近は、最後まで綺麗に包丁切りが出来るから、切りべら29本で、約130g、ぴったり12人分の蕎麦が取れる。本伸しの時に、つい力を入れて伸してしまうから、奥行き90cmで幅が110cmほどに広がってしまうのですが、これが案外功を奏して、薄く伸せるから畳んだ時に横幅が取れるのです。すると、細く切れるので、ますます好い具合。駒板の送りは生地を畳んだ時の厚味によって随分と違ってくるから、その分蕎麦は細く仕上がる。 でも、本当はもう少し太めの方が好い。本伸しで100cm幅というのが、やはり、順当なのでしょう。切りべら26本ぐらいでちょうど1.5mmぐらいの蕎麦が仕上がるのでしょう。盛り付けるにも食べるにもこのくらいの方が好いような気がする。調子に乗って薄く薄く伸すのは止めなければ。昨日残った蕎麦は、亭主が開店前にぶっかけ蕎麦にして食べる。葱切り、サラダの野菜切り、天麩羅の具材切りを終えて、今日の朝の仕込みは終わり。お新香を盛り付けて終了。 開店して間もなく、男性客が一人いらっしたかと思ったら、続けてぞろぞろとお客が入る。皆さんご新規のお客だから、女将がお茶をお出ししても、メニューを眺めて考えている時間が長いので、次のお客が来る前に決めてもらえると好いなぁと厨房で密かに願っている亭主。カレー蕎麦に鍋焼きうどん、鴨せいろと、例によって複雑な組み合わせで、火口が足りない。早い注文の方から順に調理していくのだけれど、IHを使って女将と同時進行で鍋焼きうどんを作る。 カレー蕎麦は少し早く出来上がっていたので、サラダをお出ししている間に汁を温め、蕎麦を茹でれば出来上がり。鍋焼きうどんは、二つ同時に鍋を沸かして大鍋で茹でておいたうどんを入れて、後は具材を煮込んで卵を落とし、かき揚げが仕上がったらもう出来上がり。鴨せいろは汁も鴨肉も仕込んであるから出来上がりは早い。フライパンで鴨肉と葱を焼く間に汁を沸かしておく。温かい汁の器はおあらかじめ湯で温めてあるから、熱い汁でお出しできるのです。 ご家族でいらっしたお客様は、お袋様と同じマンションに住んでいるとかで、ゆっくりとなさっていろいろと話をして行かれた。お客の話の相手をしていると、時間の経つのは早いもの。皆さんが引き上げた後は洗い物。奥の座敷で一服したいと思うけれど、そんな時にはお客は続けて来るものなのです。若いご夫婦のリピーターらしく、座るとすぐに奥様が「鴨せいろをお願いします」と言う。気さくそうなご主人は天せいろを海老の2本追加で頼まれたから驚きでした。 後から女将に聞けば、奥様の分も頼んだから、天つゆを二人分お出ししたのだとか。このお二人もゆっくりと寛がれて、話題はもうすぐ開通する市のコミュニティバスの話。一時間に一本だけれど、霊犀亭のある辺りでは停留所でなくても何処でも停まってくれるらしい。お年寄りが多いからか、便利な乗り物が出来たものだと感心する。定刻に暖簾をしまって夜の営業まで家で一休み。一人で留守番だったpekoがすぐに書斎にやって来て、日向ぼっこを始めたのでした。

Posted in ブログ作成, 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

暖かい一日だったけれど…

夕べも遅くまで蕎麦屋の「お品書き」を作り替えていたので、今朝は目覚めたのがもう7時半なのでした。それでも7時間以上は眠っているから、健康と言えば健康で、プールで泳いだお蔭だと、日々の運動の大切さを痛感する。ところが、女将の朝ドラの時間に朝食を食べて、コーヒーを一杯飲んでいるうちに、時間はどんどん過ぎて家を出たのが9時。のんびりしているつもりでも、やはりどこか慌てていたのでしょうか、今日はブログ用のカメラを忘れてしまいました。 やっとカメラを持って出掛けたのは夕刻のプールで、団地の中央にある抜け道を通って、田んぼのある風景を撮ろうと思ったら、カメラのモードダイヤルがずれていたので、ちょっとアーティスティックな写真が撮れてしまいました。駅前のマンション群に垂れ込める雲が強調されて、暖かく晴れた午後の天気は、どんよりと曇ってきたのです。プールの駐車場もいつもより空いていて、プールそのものはがら空き状態。ゆっくりと身体を伸ばして泳ぐことが出来たのでした。 夕陽がゴミ焼却場の彼方に沈み始める頃にプールを出て、二日続けての運動で身体はびっしょりと汗ばんでいる。いつもなら、売上伝票のデータ入力に続けて、ブログの写真を取り込んだり、文章を考えたりと時間のかかる作業がなかったのが幸いなのでした。考えたら、蕎麦屋の仕事の次に時間をかけているのがブログ作成で、プールに出掛けてから夜の暇な時間にブログを書いた方が、時間を有効に使えるのかも知れないと、新しい発見。いつまで続くか…。 蕎麦屋の風景は、仕方がないのでiPadで撮った写真を載せようと思ったら、メールアドレスには送れないし、ブログにログインするキーワードが思いつかずに家に持って帰れば、家のパソコンはケーブルで繋いでいるので、今度は無線LANが使えないから困りました。それでも何とか写真だけは少し取り込んで、開店準備の風景を掲載出来たのです。今日は開店前からお客がいらっして、団地の中の人なのに近くに蕎麦屋がないかとネットで調べて来たのだとか。 それまでは、隣の市までわざわざ蕎麦を食べに出掛けていたというから、かなりの蕎麦好きの母娘。お蕎麦が美味しいと喜んでくださって、蕎麦湯を飲み干し、デザートの金柑大福が美味しいと、今日作った残りの全部をお持ち帰りになったのでした。作ったばかりの野菜サラダも蕎麦豆腐も出たから、亭主もスタッフも嬉しい限りでした。久しぶりに近所の会社の社長さんが見えて、天せいろを食べながら季節の話をして行かれる。裏の住宅工事の職人さんもみえて…。 近ごろの家の作りについていろいろと話を聞かせてくれました。今日は暖かくて天気がいいのに、お客が少なかったのは意外。それでも皆さん話をしながら、ゆっくりと寛いでくださったから、暇をもてあそぶこともなく、あっという間に閉店の時刻になるのでした。家に戻れば、女将はまだ稽古場に籠もったままだったから、プールへ出掛ける準備をして、亭主は夕刻までひと泳ぎなのです。蕎麦屋が混んだ平日なら、そんな元気はないのでしょうが、難しいところです。 夕食はテレビの相撲を見ながら女将の作る手料理で一献。運動の後にはしっかりとチーズを取ることにしているから、肉料理にもとろけるチーズを載せてもらった。明日も天気は好いようだけれど、蕎麦日和のはずの今日がこんな具合だから、今月後半はいったいどうなるのだかと心配になる。冬の間に少し体重が増えているから、明日もプールへ行って泳ごうという目標を持って今日を終える。自分ではどうにもならないのが、蕎麦屋のお客の入り具合なのです。 体力を付けて蕎麦屋の混んだ時に備えるのが一番。毎日の蕎麦打ちは順調な仕上がりだし、その他の仕込みの時間もかなり短縮されてはいる。自分で出来る努力は惜しまずに、じっとお客の増えるのを待つのが今の霊犀亭。最近はアントニオ・カルロス・ジョビンのボサノバの曲をBGMで流している。社長の話ではメジロが飛んできていると言うから、春もそう遠くはなさそうです。この冬は早くから寒かったから、春も早く来るだろうかと淡い期待をする暖かな宵です。  

Posted in ブログ作成, 仕込み, 季節, 料理, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

2018年の新年明けましておめでとうございます

蕎麦屋の前の畑にも、びっしりと霜が降りていたから、寒い朝なのでしょうが、手袋もしないで早朝のpekoの散歩に出掛ける亭主。久しぶりに雨戸を閉めた蕎麦屋の建物も、近隣に新築の家が建ち並び、時の流れを感じさせるのです。昨年中も、いろいろな方に励まされ、このブログを見て蕎麦屋を訪ねてくださったお客も多かったから、本当に有り難いことと感謝しています。宣伝というよりは、日々の備忘録という性格の強いHPですが、今年も宜しくお願いします。 新年の新たかな気持ちは、幾つになっても変わらず、今年は大晦日の朝に6人目の孫が生まれたという連絡が入って、女将と二人でつくづく子どもたちや孫たちの幸せを願うのでした。昨夜は、下の娘が長男を連れて蕎麦屋へ到着して、送ってきた旦那は娘たちを連れて近くの実家に里帰り。お袋様共々、皆で年越し蕎麦を食べ、迎えた元旦の朝は、静かに晴れ渡った空なのでした。亭主の床に潜り込んだpekoもぐっすりと眠って、普段より人の多い居間で元気。 去年もこのみずき通りを何遍渡ったことか。元旦の朝の静けさとやっと昇った朝日の神々しさが身に沁みる朝でした。遅い朝食にお節と雑煮を食べ終えて、娘と孫は駅前のショッピングモールに出掛け、その後を追うように、「身体が冷えるから散歩がてらに」と、女将まで出掛けて行ったから驚いた。元日くらいは家でゆっくりとしていたいのが亭主の休日。郵便配達のお姉さんのバイクの音が聞こえたと思えば、年賀状の配達なのでした。元日からご苦労様です。 午前中は沢山の年賀状をじっくりと読みながら、遠く離れた懐かしい人々のことを思うのが楽しみなのです。買い物から帰った女将が、モールで会った娘に旦那の親御さんが挨拶に見えるそうだと言う。そして亭主の手元から持って行った年賀状の束を、稽古場の陽の当たるところでしみじみと読み返している。今日来ると言っていた息子から新年早々の電話が入って、来られないという連絡が入る。忙しい若い世代に合わせるのが年寄りだから、昼は女将と二人。 誰もいない家の中で、居間の部屋に取り残されたpekoが吠えるから、書斎への二カ所のドアを開けてやれば、いつもの出窓に乗って日向ぼっこ。そのうち気持ちの好さそうな鼾を掻いて寝始めるからのどかなのです。と、娘たちも家に戻って、大きな車が止まったと思ったら、向こうのご夫婦と旦那と娘たちが現れたのでした。「ご無沙汰しています」とお互いに挨拶を交わして、これからあちらのお婆様の家に一族が集まるのだとか。明日が我が家の番なのでした。 旦那に明日は何を食べたいと尋ねたら、「蕎麦が食べたい」と言うものだから、二日の事始めに蕎麦を打つ気になるから因果なものです。買い物に出掛けた女将には、去年も二日はラーメンを作って食べたから、餃子の皮と具材を買って来てと頼んでおいたのでした。女将と二人だけの昼飯は、昔ながらの焼き餅とお節。大勢家族がいた頃は、一度に全部並べて食べたものですが、二人だと食べきれないから、朝と違うものを少々。亭主は小鰭とお煮しめで一献。 朝昼と餅を食べたら動かないものだからお腹がもたれて、午後は年賀状を出していなかった人への返信を作製して、孫のお手製の年賀状には、海の中のジージとマンタの写真に可愛らしいパグのイラストを添えて印刷してやった。郵便局までは歩いて1kmほどだろうか。みずき通りから中央通りに出て、中央公園を過ぎたらすぐそこなのです。元日にしては随分と走っている車の量が多いので驚きました。元日早々、みんなショッピングモールへでも出掛けるのか。 帰り道、4時前だというのにもう陽が沈み始める。やはり年賀状を手に持ったご近所のご主人とすれ違ったから新年のご挨拶。家に戻れば、昼に隣町のお婆様の家に集まった娘と孫から夕飯は実家で食べると連絡があったという。さすがに夜はもう餅を食べる気にはならないのでこの春には中学生になる孫と二人でラーメンを作ろう。女将と娘のためは、蕎麦屋の残った具材で親子丼でも作ってやろうか。その前に孫の大好きなはずの餃子を包んでおかなくては…。

Posted in ブログ作成, 季節, 日常 | コメントは受け付けていません。

定休日も仕込みに追われ…

眠り足りない定休日の朝も、気合いを入れてpekoの散歩と朝食を済ませたら、いつもと同じ時間に家を出て、団地の西の外れにある農産物直売所に新鮮な野菜を仕入れに出掛ける。昼には女将をお稽古に送らなければならぬから、仕入れと午前中の仕込みとで2時間が勝負。採れたての白菜と大根がまだ出ていたから、一番大きなものを選んで早速ゲット。ご近所の主婦たちも早い時間に買いに来るらしく、少し遅れるともういい品物がなくなることもあるのです。 蕎麦屋に戻って昨日の洗い物を片付けながら、午後の出汁取りに備えて、大鍋に水を汲んで昆布と干し椎茸を浸しておく。そして、ニンジンや小松菜を冷蔵庫に入れたら、白菜を切って荒塩をまぶしながら樽に漬けていく。もう慣れてきたから、塩の分量を量ったりはせずにすべて目分量。大根も丸ごと一本分を短冊切りにして、塩を振りながら漬けもの器に漬ける。さすがに新鮮だから、みるみるうちに水が出てくるではありませんか。これだけは他では買えない。 時計を見ながら午後の仕事の準備をしておいて、家に戻ってまた昨日の残りの蕎麦を食べる。朝に続いて辛味大根を摺り下ろし、額に汗をかきながらスルスルッと蕎麦を啜るのは、やはり気持ちがいい。食休みには書斎にpekoを連れて、陽の当たる窓辺に寝せたら、発注した食材がちゃんと受け付けられているかとメールチェック。最近は、このブログのコメント欄に海外からのスパムがやたらと多い。この間、タイトルに英語を使ったのがいけなかったのか…。 「モデレートしてください」とやたらに多くのメールが来るようになったから、さすがに設定をし直すことに。商業目的や悪意のあるコメントは相手をするのも労力を要するのです。友達を選べるSNSと違って、全世界に発信されてしまうから誰が見ているのかも分からない。コメントは亭主の承認がなければ外には出ないので、今まではスパムコメントを水際で削除していたのでした。そうしている間に女将を送る時刻になって、週に一度のロングドライブに出掛けるのです。 女将を送った帰りには例によって隣町のホームセンターとスーパーに寄って消耗品と食材の仕入れを済ませるのでした。混んだ翌週はないものだらけだから、いつもよりも沢山買い込んで仕分けと収納が大変なのです。椎茸と葱や胡瓜、パプリカ、キャベツ、レタスと、特売日なのかいろいろ新鮮なものが手に入ったし、なんと季節の終わる金柑が格安の見切り処分。再び蕎麦屋へ戻って、迎えに行くまでの2時間余りが午後の仕込みの制限時間はまた違う忙しさ。 出汁を取りながら柚子の皮を削いで、すっかり水の上がった大根を麹で浸けていく。味見をしながら塩と砂糖を加えたら、柚子皮の千切りと京唐辛子を混ぜて来週分の小鉢の出来上がり。定休日明けは暖かくなると言うから、蕎麦汁や暖かい汁は多めに取っておかなければならないし、返しの甕の一つが空になっているから、新しく返しを作らなければならないのでした。出汁を取っている最中に女将からの電話で、今日は珍しく早く終わったと言うからさあ大変。 二番出汁まで漉し終えたら、車を飛ばして30分。ちょうど女将が歩いて通りに出てくるところなのでした。夕食の用意を何もしていないと言うものだから、帰り道のスーパーに寄ってしゃぶしゃぶ用の肉を買い求め、午前中に買ってきたホウレン草とで今夜は簡単に常夜鍋にすることに。亭主は三度蕎麦屋へ戻って後片付けをして、女将はpekoの散歩に出掛ける。夕食後に満足そうに眠るpekoが大分歳を取ったように見えるのは、亭主の老いた眼に写るからか…。

Posted in ブログ作成, 仕込み, 季節, 日常, | コメントは受け付けていません。

またしても満員御礼、お蕎麦売り切れで追い打ちをかける午後…

昨夜の記念パーティーで元気を貰ったからか、久しぶりに会った友人と夜も遅くまで盃を傾けていたのに、今朝も早くから目が覚めてpekoの散歩。蕎麦がすべて売り切れていたから、今日も昼と夜の分の蕎麦を打たなければと、元気に蕎麦屋へ向かう亭主。お客の多い日には、仕込んでおいた食材もほとんどなくなってしまうから、朝の仕込みが大変。今朝はデザートに金柑大福を作る予定だったから、尚更、スピードアップで厨房の中をかけずり回るのでした。 そう言えば、、パリのトゥール・ダルジャンで支配人が厨房を案内してくれたときに、大勢の料理人たちがまるで運動会のように動き回っていたのに驚いた。次は何をするのかと身体が覚えている感覚というのは、まさにこんな感じなのかとその光景のデジャブでも見ているように蕎麦打ち室と厨房を行き来する亭主。今日の蕎麦を無事に打ち終えて、大釜でお湯を沸かしながら、金柑を白餡で包み始めるのです。熱い求肥を木べらで掬って一つ一つ餡を包んでいく。 サラダの野菜を刻もうとしていたら、まだ11時だというのにもう車のお客が駐車場に入って来るではありませんか。「お急ぎですか?」「いや、急ぎません。開店前なのに済みません」と、若いカップルらしいお二人。「まだ、お湯が沸いていないので、ちょっとお待ち下さい」といいながら、注文の品を作り始めるのでした。こんな日は、案外、お客が殺到するんだよなぁと、緊張に胸を弾ませながら、天麩羅を揚げて蕎麦を出す。そして、サラダの野菜切りも超スピードで…。 それだもまだ開店時刻の前だったから、奥の座敷で一休みしていると、リピーターのご夫婦のご来店。「今度来る時はガレットを注文するから」とご主人がおっしゃっていたお客だと分かって、「ガレットははしばらくお休みにさせて貰っているんですよ」と、その経緯を話して差し上げる。チーズやベーコン、ワインもシードルも用意しなくていいから、仕入れの費用の大幅な節約になるのが本当のところだから、以前のようにお客が増えれば、また、始めるつもりではいる。 今度は、鉄の大きなフライパンを買って、本格的なガレットを焼いてみようかなどと、夢を見ている主人をよそに、ご主人は蕎麦屋に早々といらっして前回と同じ鍋焼きうどんのご注文。天せいろをご注文の奥様に「蕎麦屋なのに…」と言われたのは、確かこのお客さんだったかも知れない。昼の盛りを過ぎた頃に店の玄関を開けて、「2時まででしたよね」と常連さんの奥様がお見えになる。「これから用事を済ませて来たいと思うんですけれど…」「お待ちしています」 しばらくお客が途絶えたかと思ったら、先ほどのお客がいらっして、旦那様がにっこりと笑顔で暖簾をくぐってお見えになる。用事があるとは言え、東京から来てわざわざいつも霊犀亭を訪ねてくださる有り難いお客様なのです。「今度、一緒に飲みたいね」とえらく亭主を気に入ってくださるのが不思議で、儲けを気にせずに蕎麦屋を続けている姿勢を褒めてくれるものだから、前向きな老人の言葉にいつも励まされるのでした。金柑大福もとても気に入っていただけた。 暖簾を下ろす時間だったけれど、続けてどんどんお客が入るので終いそびれて、用意した蕎麦がなくなって閉店したのは3時過ぎでした。女将を先に返して、亭主はそれから蕎麦の追い打ちをかける。天麩羅の具材も尽きたので、女将に買い物を頼んでそのまま蕎麦屋に残って夜の営業を始めたのですが、こんな日にはお客は続くもので夜も大忙し。女将が心配して迎えに来たけれど、まだお客がいたので手伝って貰う。やっと家に戻ったのは8時過ぎでした。 9時近くにやっと夕食を終えて、ブログを書き始めたけれど、昨日のブログも途中で眠ってしまったのに、今日も最後までたどり着かない有様。この記事は翌日になって保存してあった下書きに付け足して、やっと書き終えたのでした。連休のせいもあったのかも知れないけれど、土日の客数が戻ったような週末。暖かくなるにつれて、蕎麦屋を訪ねてくれるお客が増えると有り難いのですが、メニューも整理し直して3年目はなんとか経営の合理化を計りたいもの。

Posted in ブログ作成, 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

新年明けましておめでとうございます。

pekoを連れて蕎麦屋回りの散歩に出掛け、東の森の向こうから昇る初日の出を眺める元日の朝です。夕べは蕎麦屋での集いを終えて家に戻り、孫と一緒に風呂に入って色々な話を聞いて、眠い目をこすりながらブログを書き終えた後は、しっかり8時間睡眠を取った亭主。皆に年越し蕎麦を茹でてやったものの、結局、自分は酒の肴に蟹をつまんだくらいだったから、あまりの空腹で目が覚めたのでした。真っ白な霜の降りた畑と雲一つない青空が清々しい…。 庭の金柑が朝日を浴びて黄金色に輝くのを正月らしいと何枚も写真に収める。日当たりのいい場所ではもう水仙の花も咲いているのでした。さすがの女将も一日の蕎麦屋の仕事と大勢の夕食準備で疲れたらしく、今朝はゆっくりと朝食の準備を始める。居間で寛ぐ娘たちに朝一番のお茶を入れながら、亭主はpekoを膝に載せて、ちょうどテレビでやっていた海の風景に見入っている。次の段取りを何も考えなくていい、随分と久しぶりの落ち着いた朝なのでした…。 朝の食卓に並んだお節は、女将の作った煮物と、亭主の作った栗や豆のきんとんと、黒豆の甘煮。雑煮は30年も前に亡くなった親爺様の古里の簡単な味付けで、皆が身体を温める。結婚以来、東京の雑煮は鶏肉や里芋を入れて餅は焼いてから汁に入れるものなのだと、長年言い張ってきた女将も、何時の間にか亭主の育った昔の味に戻して雑煮を作ってくれるから、不思議なものです。お互いに何にこだわるということもなくなった歳になって、簡素になった。 年末に風邪をひいたまま、色を塗り替える予定だったウッドデッキも、途中でペンキがなくなって、暇も金もなくなったからそのまま年を越してしまった。書斎の障子の張り替えも、道具を用意したままそれっきりで年を越したのでした。生活のすべての面で物事を完璧にこなさなければと思っていたのは、今となっては遠い昔の話。そう言えば、蕎麦屋の換気扇の掃除の途中で、最終日を終えてしまったのでした。人生も須くこんな感じでいつか終わるのかも知れない。 昨日ロサンゼルスの古い教え子から届いたグリーティングカードをしみじみと眺めて、家族で彼等の何軒目かの新居を訪ねたのは、大学生になったというお子さんがやっと生まれた頃のことなのだと、月日の経つのがあまりにも速いのにびっくりする。それでいて当の自分は少しも歳を取った気分ではない。家族と一緒に写真に写る彼女も少しも変わっていないような気がするのは、いったいどんな訳なのか。のどかな朝、女将は孫のお習字の宿題に付き合っている。 娘家族は元日の昼に旦那の一族の新年会に出掛け、家に残った亭主と女将は、今朝届いた年賀状を一枚一枚眺めながら、静かな正月の午後を過ごすのでした。喪中の連絡が来たはずの親戚からも何枚か年賀状が届いたのは、お互いに歳を取ったのか。明日集まる5人の孫たちの飲み物を仕入れがてら、蕎麦屋へ出掛けて昨日の沢山の洗い物の片付けをする。両方の実家で正月の料理を飽きた子どもや孫たちに、何を作ってやろうかと頭を悩ませる…。

Posted in ブログ作成, 料理, 日常, | コメントは受け付けていません。

昼は蕎麦屋で鴨ラーメン餃子…

昨日は随分と動いたから、早い夕食に一杯飲んだら、居間の椅子に座ったまま寝込んでしまったらしい。膝の上にいたはずのpekoがワンワン吠えていたと女将から聞いた。主人が長いこと意識を失っていたので、驚いて吠えていたのかも知れない。女将が寝込んでから風呂に入ってブログを仕上げ、0時を過ぎて床に就いたら、今朝は7時半まで目が覚めなかった。長く寝る習慣が出来て嬉しいような、今日が大変になるから辛いような一長一短なのです。 女将の朝ドラに付き合って朝食を済ませ、「2、3分で着くから…」と電話をして、お袋様を車で迎えに行って、水曜日恒例の仕入れに出掛ける。季節の果物や野菜は随分と安くなっていたけれど、大根のなた漬けをもう少し出したいので、白菜は諦めて金柑を2kgも買い込んだ。家の金柑もあと少しで収穫できるのでしたが、金柑大福を作るのと、風邪の予防のために金柑の甘酢漬けを作るつもり。正月に来る子ども達にも持たせてやりたいと思う亭主なのでした。 お袋様が午後からは体操教室に出掛けると言うので、金柑の甘露煮となた漬けを作り、餃子を包んで持って行ってやると言った手前、それまでに買ってきた野菜を保存して、出汁を取って蕎麦汁を作りながら、次々と作業を進める厨房はまるで戦場のようなのです。シンクににはどんどん洗い物が溜まっていくのです。二番出汁まで取って天つゆを仕込もうと思ったら、甕三つも作って置いたはずの返しが底をついたのに気が付いて、慌てて返しを作り始める亭主。 1週間は寝かせないと好い味が出ないのに、明日の天つゆはどうなることやら。それだけ先週はお客が入ったということなのです。お袋様に約束の品を届けて、家に昼を食べに帰る暇もなく、やっと2時過ぎに蕎麦屋で一人、鴨ラーメンと餃子を食べるのでした。お腹が一杯になるともう眠くなって奥の座敷に一休み。天麩羅と蕎麦豆腐、デザートの仕込みはは明日の朝か。このところ寒くなったから、夜中に来て次の日の仕込みをするのは、ちょっと勘弁なのでした。 片付け物を済ませて布巾類を洗濯したら、もう帰る気になって、今日の仕込みはここまでということに。お隣さんが少しずつ引っ越しをしてきているらしい。ツートンカラーのモダンな建物のガレージは霊犀亭と同じく道路に面して2、3台分のスペース。自宅に戻ってパソコンを点けたら、早速、ブログのサイトをチェック。久しぶりに気になる友人が訪ねてくれたようで嬉しかった。今日の写真を整理してブログを書き終えたら、プールへ出掛けてひと泳ぎの時間です。 雨の降った後の空気は澄み渡り、濡れたウッドデッキを雑巾で拭いて、いよいよペンキを塗るばかりなのですが、明日は閉店後の午後からその仕事が出来るかどうか。施設の閉鎖まであと十日ばかりとなったプールは随分と空いていました。近くのスポーツクラブへ移った人たちが多いとは話に聞いていましたが、その影響なのでしょうか。今プールで泳げることの喜びよりも将来を考えての行動なのでしょうが、変わり身の速さは、やはり世間は恐ろしく利に目ざとい。 歩いても行ける所だからと団地の中のスポーツクラブに長年通っている亭主は、利に疎いのか我れ関せずなのか、次の業者が入るまではジョギングでもやって過ごそうと思っている。夜のパトロールに集まったメンバーの中にも、一時退会で次にテナントに入る業者を待つ人もいるようなのでした。寒い夜でしたが満月が綺麗な夜の防犯パトロール。一緒に回る仲間の足の速さも自然と早くなる寒さのです。明日は晴れると言うから蕎麦屋とペンキ塗りが気がかり。

Posted in ブログ作成, 仕込み, 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

平日も少しずつ…

女将が横浜の娘のところから戻った後も、一週間の独身生活に慣れてしまった亭主は、前の晩も9時過ぎに床に就いて朝は4時には目が覚める。書きためたブログの記事を書いたら、やっと外も明るくなってpekoの散歩。日の出も遅くなったから、蕎麦屋に着く頃に東の森から太陽が昇ってくるのでした。今日の営業の合図の幟を立てて、昨日の洗い物の片付けをし終えたら、家に戻って朝食をとる。二人で仕事を分担するというのは本当に素晴らしいと感じる。女将の見る朝ドラの時間に洗面と着替えを済ませた亭主は、「行ってきまぁす」と玄関を出て、庭の金柑が少しずつ色づいてきた写真を撮る。蕎麦屋に着いたら庭の野菜に水遣りをして、ラデッシュの収穫。二十日大根と言うだけあって、放っておくと大きな株に成長するのだと今頃気づいたから暢気なもの。沸騰したお湯でゆがいて酢漬けにすれば、綺麗なピンク色に染まるから美味しそう。明日が定休日の月曜日の朝は、余分な仕事はせずにまずは蕎麦打ち…。昨日の昼には古い蕎麦粉がなくなってきたので、今朝はいよいよ秋の新蕎麦の粉だけで蕎麦を打つ。水分含有量が多いからか、捏ね鉢で捏ねていくにしたがって、しっとりとした感触が両の掌に伝わってくるのです。打ちやすいと言えば分かる人には判るのでしょうが、食べてみれば一目瞭然。弾力のある蕎麦の感触が、昨日の午後に打った蕎麦と合わせて14人分の蕎麦を用意して、今日の営業に入るのです。幸いに昼前に三人連れのお客がご来店なのでした。 「いらっしゃしませ」と、元気よく迎えたのは好いけれど、初めてのお客でメニューをじっくりと読んで注文までに随分と時間がかかる。休日ではないから、次のお客が来る気配もないので、こちらもじっくりと鍋の湯を沸かしたり、天麩羅の油を温めたり、準備には余念がないのでしたが、いきなり天丼セットと鴨南蛮蕎麦の大盛りと普通盛りだから、火口がなくってさあ大変です。天丼セットを出すまでの間に鴨肉を解凍して、じっくりと焼き上げていたらもう次のお客様。 今週は随分とお客が増えた気がするのだけれど、トータルして考えてみるとやはり去年の半分だから、まだまだ予断は許さないのですが、あちらこちらで蕎麦を召し上がるという常連さんがいらっしてやはり新蕎麦は美味しいねと言ってくださったのがせめてもの救い。蕎麦汁もここのは美味いと言いながら、老舗なのに蕎麦が美味いのに蕎麦汁の不味い店は、代替わりで受け継いでいないのかなと独り言のようにおっしゃる。蕎麦好きのお客の言葉は勉強になる。 恐らくは蕎麦打ちも調理も、慣れてくれば来るほど上手にこなすことは覚えても、どこか雑になる部分があるのではないだろうか。常にもっと美味しくするためにはどうしたらいいだろうかと、研究心をもって臨まなければ、お客もいつかは飽きてくるはず。その点、毎日が修行の霊犀亭は、亭主もまだまだ探求心の固まりだから、大いに期待が持てるのかも知れない。今日は単品メニューに載せたばかりの厚揚げ田楽の注文が入ったのに、昨夜家に持ち帰ってしまった。 折角の注文に応えられなかったのが残念だったけれど、代わりに蕎麦豆腐と焼売を頼まれたから、こちらは自信を持ってお出ししたのでした。「鴨南蛮の鴨肉が随分大きいのですね」と褒められて、「儲けはあまりないですけれどね」と、鴨ロースの肉の解説を始める亭主は嬉しそう。儲かればいいというスタンスではなく、地域の人に安く美味しく食べて頂きたいという店の経営方針を判ってもらえれば、少しずつでもお客は増えてくるのではないだろうかと思う…。 ひとしきりお客の途絶えた午後に、スタッフと賄い飯で新蕎麦をぶっかけにして食べたら、やはり今までの蕎麦とはひと味違うのでした。これからしばらくの間は、新蕎麦が店の話題になりそうです。11月も半ばで、今日は鴨肉や胡麻油の発注をしました。来月はいよいよ年の瀬で、また、蕎麦屋も少しは賑わうだろうか。夕刻にプールに泳ぎに出掛け、女将と蕎麦屋の残りもので夕食を済ませる。明日の定休日には久しぶりに城址公園にでも出掛けようと話すのでした。

Posted in ブログ作成, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。