Category Archives: ダイビング

最終日も最高の海の状況で…

朝、目覚めたらもう全開の快晴だと分かる明るさで、海もべた凪だった。日の出は午前7時前。船長は早くから街に泊まっているお客たちを迎えに行く。今日はまた新しいダイバーたちと一緒に船に乗る。初心者はいないらしいから、今日はまた違ったポイントに連れて行ってもらえそうなので楽しみだった。昨日、一緒だった静岡の女性も、亭主と同じく今日が最終日だと言う。定刻よりも早く準備を終え、9時前には港を出発するのでした。スタッフを入れて総勢8名。 1本目のポイントは、若いサンゴがとても綺麗な丘の続く風景で、水が澄んでいたから遠くまで見渡せるのが素敵なのでした。深さもあるから魚の群れも型が大きくなって、ウメイロモドキやグルクンの大群が回遊しているのには大喜び。岩陰に隠れて、じっとこちらに向かってくるのを待つ亭主。小魚よりもスピードがあるから、これもなかなかカメラに収めるのが難しいのです。追いかけてしまうと、後ろ姿しか撮る事が出来ないので、何とか正面か脇から狙いたいところ。 カメラ派のダイバーが多い海メロだから、船長も亭主の動きをよく見ていてくれる。ただどんどん海の中を進んでいくようなガイドの仕方では、じっくりと写真は撮れないのです。こちらも皆がどのように動いているのかと気にしながら、他のダイバーたちのタンクのエアーが昇る岩場の向こうまですぐに追いつくのです。透明度の好い海だからこそ出来ることではある。ただ、以前と違ってフィンキックが随分と疲れるように感じる。やはり年齢と共に体力が落ちてきたか。 2本目はカメの住む丘を探索する。サンゴは台風か何かでかなり壊れたがラバだったけれど、幾つもの丘陵を巡ってカメが休んでいそうな場所を見つけていくのですが、これは普通のダイバーではなかなか見つけることが出来ない。船長の指さす方角を見れば、遠くになにやらカメらしい影が見えてくる。視力の良さもあるのでしょうが、やはり経験でしょうか。皆でカメの周りを遠くから囲んでじっと眺めているのです。7匹ほどのカメを見つけて船に戻ったら昼食です。 昼食の時間は、またダイバーたちの会話も弾み、お互いを紹介し合う。自分の子供たちの年齢のアメリカ人カップルに話しかけられた亭主。流暢な日本語で、アメリカの大学の学生募集の仕事をしていると言うから驚いた。ダイビングのインストラクターの資格も持って自分でショップもやっていたという話でした。外国のダイバーが決まって聞くのは、世界はどこを潜ったかという話で、どこが好かったかというから、結局は、歳を取ったら沖縄が好いと応えるのでした。 最終日の最終ダイビングは、マンタのポイントへ連れて行ってくれた。一度に5隻しか入れない決まりだと言うそのエリアには、沢山の船が順番待ちをしている。船長の後について、深い海底の渓谷を縫って進めば、マンタが旋回するステーションに到着しましたが、今日は現れる方向が違うらしくて、遠くに2匹の影が見えたかと思ったら、今度はいきなり私たちの真ん前に現れたのでした。何匹も繰り返し旋回して、間近でカメラのシャッターを切ることが出来ました。 あっという間に時間が過ぎて、ボンベの空気の残圧も残り少なく、船に帰る時刻になりました。皆が感動した表情で船に上がるのでした。久しぶりにマンタのポイント潜って、今回も沢山のマンタを見られたのはラッキーなダイビング。天気も良かったし、海況も穏やかで、毎日楽しく海に出られたのは、幸せなことでした。ショップに戻ってまた皆でビールで乾杯。また、お会いしましょうと言って皆はそれぞれの宿に帰っていく。今夜も亭主一人が泊まり客なのでした。

Posted in ダイビング | コメントは受け付けていません。

快晴の続く喜び…

夜はぐっすり眠って目覚める朝。日の出は関東よりも1時間は遅いから、ちょっと戸惑うのです。今日の朝食は純粋な和食で、普段の亭主の朝よりもボリュームがあるから大変。今朝は、食事が終わったらすぐにダイビングに出掛ける支度を始めて、船に同乗する他のお客の到着を待つのでした。迎えに行った船長の車が到着すると、早速、器材を車に載せて、港への出発を待つのです。「お久しぶりです」と、到着した女性客が亭主に声をかけるから、びっくりする。 昨日もそうだったのですが、長年、同じショップに通っていると、いつか一緒に潜ったという人は結構多いもの。それだけリピーターのお客が多いと言うことなのか。ところが、声をかけられた当の亭主は、挨拶こそ返すものの、いっこうに誰だったか思い出せないでいるから困るのです。「年を取ると反応が遅いからね」と言って、しばらく話を聞いているうちに、ああそうだったと思い出してくる。今日のお客は岩手・静岡・福岡からそれぞれやって来たと言うから全国的だ。 体験ダイビングや初心者の人もいるから、浅場でじっくりと写真を撮る事が出来た。キンメモドキの群れやカクレクマノミなど、小さな魚たちが被写体だけれど、角度を決めてシャッターを切る瞬間を待つのがわくわくする時なのです。動き回るし、じっとしていないのが彼らの習性だから、なかなかチャンスが到来しないのです。かといって、クマノミはイソギンチャクの中に隠れてしまうし、待っている間に移動してしまう魚もいるから、気長に待てばいいというわけではない。 クマノミの親子が揃って顔を出すその瞬間を待ち受けるのです。1時間足らずの水中での撮影を終了したら、船に戻って休憩をする。ダイバーたちの会話が始まるのはこのひと時で、旧知の友達のように話をするから面白い。今朝方、声をかけられた女性の記憶も少しずつ戻って、去年の同じ時期に、海メロで一緒に潜った事を思い出すのでした。天気がいいので海から上がっても寒くはないのが何よりなのです。船長が船を移動して次のポイントに向かうのでした。 サンゴの綺麗なこのポイントでは、キンギョハナダイやスズメダイなどの沢山の小魚たちが群れ遊ぶ。この小魚の群れを撮るのもまた一苦労。遠景では魚の顔つきが見えないし、近くで撮ろうにも、気ぜわしく動き回るからぴたっとピントを合わせるのが難しい。やはり、じっと岩にへばりついて、その瞬間を待つしかないのです。あの群れがこちらに動いて、あの魚が画角の中央に来るその時がチャンス…。などと思いながら、じっとカメラを持って身構えているのです。 一日のダイビングが終わって、やっと宿に戻るのは遅い午後。器材を洗って、シャワーを浴びたら、普段はビールを飲まない亭主も、他のダイバーと一緒になって生ビールのジョッキを傾けるのが最近の楽しみ。船長の解説を聞きながら皆でログブックをつける。テラスの長椅子に寝そべって伊原間湾を眺める。今日から、宿は亭主一人になるというので、奥様に言って船長と三人で街に出掛けて食事をしようと言うことになり、ホルモン焼きの美味しい店に出掛ける。

Posted in ダイビング | コメントは受け付けていません。

心静かな一日…

さわやかな目覚め、さわやかな朝です。朝食の前に宿の周りを歩いて、木々を渡り飛び交う鳥たちの声を聞く。朝日を浴びながら奥様の用意する朝食は、白のプレートに色鮮やかな一品。三種類のパンも多すぎずに亭主にはちょうどいい量なのでした。今日のダイビングは珍しくお客が多いらしく、飛行機で到着するお客と一緒に2本目から潜ればいいと船長に言われて、10時過ぎまで海を眺めてのんびりと過ごすことが出来ました。これぞ、癒やしのひと時なのです。 やはり家にいれば定休日の二日目も蕎麦屋へ出掛けて、翌日の仕込みをしているだろうから、常に時間に追われて暮らしているのかも知れない。それも日々の生活には大切なことなのだろうけれど、休みなしの毎日では徐々に疲れはたまってくるから、家を離れて南の島に来るのも一つのストレス解消なのだと考えている。10時半に到着した新しいお客と共に港に向けて出発。今日は自分の子供たちよりも若そうな若い女性のダイバーたちばかりで、賑やかです。 海の中も、相変わらずの魚たちの群れでやはり賑わっていました。サンゴの綺麗なポイントで、ゆっくりと海中の景色を堪能したら、船に上がって皆でお昼を食べる。スタッフの女性も朝から潜っている女性も、長い間に海メロに通って顔見知りの人たちです。新しいお客たちともすぐに打ち解けて話をするようになるから楽しいのです。水族館の飼育係や看護師、ホテルのエステシャンなど、働く女性たちは皆さん生気に満ちあふれているから、こちらも元気をもらう。 一日のダイビングを終えて港に帰れば、身体はまったりと心地よい疲れで、宿に戻って部屋の風呂に入って生ビールを一杯いただく。午後の伊原間湾の景色がまた素晴らしく、サンゴの海の独特な青さが心を和ませるのでした。ダイブコンピュータを見ながらログブックをつけたら、今日撮った写真の整理を始める亭主。夕食までの2時間を、部屋のベッドに横になりなって、写真をノートパソコンに取り込みながら、ウトウトと昼寝をするひと時もまた心地よいのです。 風は終日東北東から吹いて、気温29℃とはいってもさわやかな暑さ。水温は26℃と長く潜ってもストレスがない。10年以上もこの島に通って、晴天に恵まれるのは半分ほどだろうか、島内に住んで仕事に就いているという女性たちは、天気好い日を選んで潜りに来るのだと言うから羨ましい限り。でも、台風の多かった今年の秋は、次の台風がやって来るまでの間の、絶好のダイビング日和に恵まれたのかも知れぬ。明日はどのポイントに連れて行ってもらえるのか。 夕食は例によって先付けの三点盛りが用意されて、亭主は泡盛の炭酸割りにシーカーサーを絞って一献。同宿の若者もラウンジに降りてきて、今日は竹富島を観光してきたと言う。外国人が多かったと言うから、日本全国で海外からの客が増えているらしい。昼間の海で見慣れない魚の写真を撮ったので、船長に尋ねるとノドグロベラだと教えてくれた。体型からベラの仲間だろうとは思っていたけど、全身に黄色い経帷子を纏ったような姿には驚かされたのです。 今宵は十四日の月か。向かいのハンナ岳から登って雲間を進む。時間が経つにつれて雲がなくなって月の光がやけに明るい晩なのでした。星の綺麗なこの島の夜空も、今夜ばかりは月の光に星たちがかき消えて、カシオペアだけがくっきりと見えていました。静かな夜です。サンゴ礁に囲まれた島の海岸線は、打ち寄せる波の音は聞こえずに、ただ海沿いの森を渡る風の音が聞こえてくるだけです。夕刻に女将に電話をしたら、佐倉も明日は天気が好いらしい…。

Posted in ダイビング, 料理, 星・月 | コメントは受け付けていません。

南の島へ…

昨日は蕎麦屋の営業を終えてから夕刻までに、出発前に心配を払拭しておこうと三軒の医者を回ったけれど、心配なのは右手の化膿した親指の痛みだけで、眼科でも治ってきていると言うことだったし、歯医者では虫歯も歯周病も何もないという診断でした。疲れたときに歯の痛みを感じるらしく、「あなたの歯はしっかりしていて健康です」と言われてほっとした。今朝は早くからpekoeの散歩に蕎麦屋へ出掛け、昨日の片付けと洗濯物を干して、家に戻って朝食に。 飛行機の時間は午後からだから、朝一番で床屋へ出掛けてゆっくりと親父様と話をしながら散髪をしてもらったのです。女将がスポーツクラブに出掛ける前に家を出て、特急を乗り換えて羽田までの直通電車に乗れば、随分早く着いたから便利になったものです。チェックインカウンターで搭乗手続きを済ませて、昼飯を食べようとしたら、昼時だからどこも人で一杯だったけれど、ラーメンとカツカレーのある店を見つけ、腰を下ろして腹ごしらえをする事が出来ました。 満腹になったら急に眠気に襲われて、離陸したのにも気づかずに、目的の石垣島までの3時間あまりを、ほとんどをぐっすりと眠っていた亭主。空港には船長が迎えに来てくれていて、5ヶ月ぶりの懐かしの宿に到着すれば、今度は奥様が出迎えてくれるのでした。6時を過ぎてもまだ明るいから、夕食までのひとときを伊原間湾に昇る月を眺めながらゆっくりとするのです。女将に電話をすれば佐倉は寒いくらいだと言うから、半袖に半ズボン姿の亭主は幸せな気分。 夕食は例によってフルコースだから、付け出しの三点盛りで泡盛の炭酸割りにシーカーサーを絞って一献。イカの刺身にかかっていた辛子味噌が美味しいと言ったら、お土産に売っていると言うから、早速、予約をしておくのでした。山盛りのサラダを食べると、煮物・焼き物と続くのですが、赤いヒメフエダイの煮物は関東辺りで言えば、沖メバル食感だろうかこれがとても美味しい。量を控える亭主には、一番小さなものをと出されたけれど、食べ応えがありました。 続けて石垣牛のソテーが出たところで、ちょっと考えたけれど、ニンニクバターの香りに誘われてつい食べ過ぎる。締めは島蕎麦だから是非食べなければと、さすがにデザートのアイスはノーサンキューなのでした。食後のコーヒーを飲みながら、また月を眺めて一服する。明日はダイバーが多いと言うことでしたが、船長の計らいで2本目からの参加で好いと言うことになり、部屋に戻って撮影機材のセッティング。初日はやはり緊張するから、今夜も早く休もう。

Posted in ダイビング, 日常 | コメントは受け付けていません。

帰る日…

最後の晩は亭主のリクエストに応えて、野空海(のぞみ)の奥様がソーキ蕎麦を作ってくれた。子供の頃は母親がソーメンやうどんをよく作ってくれた。東京に住んでいた若い頃はラーメンが大好きで、家族でよく近所のラーメン屋に食べに出掛けた。歳を取って蕎麦屋を始めたから、麺好きは変わらないらしい。ところが、沖縄で島蕎麦に出会って、違う麺の美味しさを知ったのです。暑い環境の中でもあっさりと食べられるコクのある旨味が、何とも言えないのです。 海のメロディーの朝食は、和食と洋食が交互に出るから飽きない。今朝は最後の朝食だから、しっかりと味わっていただいた。ご飯もおかずも歳を取った亭主には多すぎるのだけれど、栄養のバランスは好い。食後にコーヒーを入れてくれるから、外の喫煙所にコーヒーカップを持って一服しに出掛けることもある。そんな遠征の日々も今日で終わり。今回のダイビング遠征は4日間で10本を潜って、体力的にはかなり限界。いつもなら中一日は休日にするのです。 朝食を終えて9時前には港に向かって器材のセッティングを済ませる。暖かくて浅いポイントに潜ることが多いので、1本の潜水時間はどうしても50分前後になる。5月のこの時期は初めてなのでしたが、船長の話では、梅雨入りとは言っても、初めに雨がどっと降るだけで、比較的天気の多い日が続くのだそうな。4日間のダイビングはすべて快晴でした。朝夕が涼しく、海にいる昼は真夏の暑さ。水温は24、5℃だから、何本も潜るに従って身体は冷えてくるのです。 1本潜っては船の上で約1時間半、身体の中の残留窒素が抜けるのを待つ。昼食は船の上で奥様の作った弁当をいただいて、午後にもう一本潜るから、港に帰るのは遅い午後になるのです。潜水のログを記録して、その日の写真を整理したら、もう夕食の時間なのです。ベッドに横になってウトウトとすることもあるけれど、観光も何もせずに毎日この繰り返しだから、今でも「ダイビング遠征」と言っている。日に日に疲れてくるから、果たしてこれは遊びなのだろうか。 「旅行」と呼ぶのも何かそぐわないのです。年に何度かのこれらの日々のために、毎週プールに通って泳ぎ続けているけれど、今回は、今までになく疲労が蓄積した気がするのは、歳を取って体力が落ちてきたからかも知れない。一緒に潜った他のお客が、皆さん若い人ばかりだったこともある。空港まで送ってくれた宿の奥様も、冬場以外は休みのない忙しい毎日を過ごしているから、歳を重ねる先々は、宿の営業の仕方も見直さなければとおっしゃっていた。 亭主が始めたばかりの蕎麦屋も、いつまで今の形で続けていけるだろうかと、ふと思う。こちらは年に何度かのダイビング遠征とは違うけれど、二日ある定休日も毎日蕎麦屋へ出掛けて仕入れや仕込みをするのは、身体が休まらないといつも思っている。仕入れの日も午前中だけ仕込みをして、仕込みの日も午前中だけで終わらせるようにするのも一つの方法か。仕事と休日の切り替えが上手く出来ないと、やはり疲れて次の週の営業日が始まるような気がする。 南の島を後にして、房総半島の上空にさしかかるまで約2時間。そんなことを考えながらウトウトとしていた。羽田についてもいつものように寿司屋で一杯という元気がなかったから、ラーメンの専門店に入って、ゴムのような固い麺を食う。これは失敗。電車で早く家に戻って、女将と買い物に出かける。夜はやはり鮨と酢の物にした。立ち上がれば頭がクラクラとするのは、やはりかなり疲れている証拠。ゆっくりと眠って、また明日考えよう。佐倉も石垣島の暑さでした。

Posted in ダイビング, 日常 | コメントは受け付けていません。

最終日、カメとナポレオン…

今日も眩しい朝の陽の光。港から出る小さな漁船の航跡を眺めていた亭主。ふと、「Sittin’ in the mornin’ sun」と口ずさんでしまう。 「I’ll be sittin’ when the evening come」までスムーズに歌い出して、「 Watchin’ the ships roll in. And then I’ll watch ‘em roll away again, I’m sittin’ on the dock of the bay wasting time」の一番で歌詞がが怪しくなるのだけれど、要するにこれは海を眺める隠居老人の歌かと、一人で笑い出す。でも、時を越えて名曲なのです。 今日は海の状況が好くて、リーフエッジにも波が立っていないから、外海に出てスケールの大きなポイントに連れて行ってもらいました。グルクンの群れやアマミスズメダイの群れが、行く手を遮る。透明度は40mはあるかと見えた。ダイビングのボートが42フィート約12mだから、軽くその3倍以上は見えていると言って好いのです。先を行くガイドの船長たちをあとから追いかけながら、亭主は陽の差す根の上に陣取ってじっくりと魚たちの写真を撮っているのでした。 40分あまり潜ったら、船に上がって体内の窒素を排出する休憩時間。その間に20分ほど移動して米原の海岸を越える。波はないからリーフエッジもスムーズに越えていけるのです。陸地から大きな岩がごろごろと山肌に見える場所は、海岸の中も岩の群れ。大きな岩と岩の間の洞窟を潜っていくのが、2本目のダイビングなのでした。ところどころ太陽の日が差し込んでスポットライトを照らしたように見える。ロタホールやブルーホールのミニミニ判というところか。 岩場を離れて砂地に出れば、水中16mに生息するカクレクマノミの親子も、カメラを近づけると興味津々だから可愛いのです。エアーの残りが少なくなって、ボートの下で安全停止をしていたら、砂地の上にグルクマの大群が集まっているではありませんか。出来る範囲で近づいて写真に収めたけれど、見慣れない魚の撮影は難しいのです。船長の話では、グルクマは顎を外してプランクトンを捕食するのだそうな。これはさすがに亭主も初めて見る光景なのでした。 船に上がれば、昼の太陽の陽射しは強く、静かな海に光が反射してきらきらと光る。それでも海から出たばかりの時には身体が冷えているから、クーラーボックスに一杯入っているバスクリンのお湯をかぶるのです。全員が揃ってお昼ご飯のひととき。食後は船の日陰に入ってしばしのまどろみなのでした。潮が引いてきてサンゴ礁が陸地と地続きになってきました。釣り竿を持ったおじさんが、リーフエッジまで歩いきて釣り糸を垂れている。のどかな光景なのでした。  1時間半ほど休憩をして、やっと残留窒素が少なくなる。ダイビングコンピュータのゲージを確認して、3本目のダイビングに向かうのでした。身体はかなり疲れているのだけれど、照りつける太陽の光から逃れるように、海の中に入っていくのです。海の中に岩山の広がる風景。水深13mほどの山の頂で、先を行く船長が私たちを手招きして呼んでいました。ウミガメが二頭岩の上で昼寝をしていたのです。他の場所と違って人間が近づいても逃げないから不思議。 … Continue reading

Posted in ダイビング | コメントは受け付けていません。

梅雨入り後のダイビング二日目も晴天で…

早く休んだらやはり早い時間に目が覚めた。朝の5時でも石垣島ではこの明るさ。仕方がないからもう少し眠ろうと横になるのですが、ふと気がつくともう明るくなっている。6時過ぎにやっと日の出前。梅雨入りとは言っても、今日も青空が広がりそうなのでした。今朝はいつものパターンで朝食を終えて一休みしたら、8時40分には港に向けて出発です。もう一人の客が明日には帰るという若い男性だったので、今日は3本潜ると言われていたから、少々心配でした。 若い頃は、何本でも潜れそうな体力があったけれど、歳と共にそれがだんだんと辛くなってきたのです。体調は十分だったけれど、海の中では何が起こるか分からない。今日は波もなく穏やかな海かと思っていたら、リーフの外に出たら結構なうねりがあった。30分ほど船を走らせて、サンゴの綺麗な海岸沿いのポイントに着く。この場所はあまり深くもないし、動かずに写真を撮ればいいと思っていたのですが、今日は潮の流れがあって、予想外の移動なのでした。 2本目は動かずに写真の撮れるポイントに船を移動して、ゆっくりとサンゴ畑の魚たちを堪能させてもらいました。海の中も新しい命の生まれる季節らしく、小魚たちが群れ泳ぐ姿があちらこちらで見られたのです。どんな風に撮れば綺麗な写真になるかと、いろいろと考えるのだけれど、水の中でダイヤルやボタンを操作してカメラの設定を調節するのは、老眼の亭主にはなかなか難しい。陽の光が明るいのが唯一の救いで、シャッターチャンスをじっと待つのでした…。 水温は24℃と、6.5mmのウエットスーツを着ているから、それほど冷たくはないのだけれど、やはり長い時間水の中にいると身体が冷えてくる。潮が流れているせいか、浅場なのに昨日の海よりも水温は低いのでした。40分以上潜って、タンクに半分エアーを残したまま、早めに上がらせてもらう。皆が船に上がったら、宿のお手製のお弁当をいただく。冷えた身体もじきに温まって、昼の太陽はじりじりと肌を焼く暑さなのです。船上で皆で会話をするひとときです。 午後の3本目は、かなりの距離を移動した。魚たちの数は今日一番のポイントを巡ってくれたのはいいけれど、フィンキックをこなして50分以上潜っていたから、やはり亭主にはきつかった。最後にボートの下に来て安全停止をしていたら両方の足が痙攣しているではありませんか。海ガメにも出会えたし、写真も沢山撮らせてもらったけれど、子供の年齢の若者と一緒だから、こちらの体力がもたなかったのです。慌てず焦らず船に上がって、帰路に就くのでした。

Posted in ダイビング | コメントは受け付けていません。

ダイビング初日は午後からの船出…

今朝はダイビング遠征のいつもの朝のように、朝食後1時間で出発というベースではなかったから、歳をとった亭主には嬉しいのでした。ゆっくりと朝食を食べて、食後のコーヒーを味わったら、部屋に戻って洗面を済ませる。そして、いつもなら、到着したばかりの前の晩に済ませておく、撮影機材の組み立てを一つ一つ時間をかけて終わらせるのでした。それでもまだ時間があるから、昨日のブログを書き終え、ベッドでうとうと。心が洗われるような休日の朝なのです。 朝から眩しいほどの陽の光の中で、珍しくテラスの長椅子に寝そべって伊原間湾を眺める。これまでの亭主なら、この長椅子に寝そべることなど滅多になかったのですが、他に人もいなかったし、遅い朝の日差しと風がちょうどいい具合だったのです。しばらく横になっていると、やはりジリジリと肌が焼けてくるのが分かるのでした。今日お帰りになるという女性の常連客は、ラウンジの中で読書をしている。mitueさんは台所で洗い物。奥様は二階の部屋の掃除…。 船長はもう今朝用意したダイビングの器材を港の船まで運んでくれたらしい。戻ってきてじっと海を眺めて、「結構、風がありますね。北東の風です」と言う。どうして風向きが分かるのかと尋ねれば、風で立つ波の向きを見るのだと教えてくれました。勿論、相当に目がいい。ぼうっと見ている亭主には、風波がどちらに向かっているのかを見るまでに随分と時間がかかった。どこかのショップの小さな舟がお客を乗せて港から湾の中央を横切っていく。のどかな景色…。 昼少し前に港へ出掛け、船に乗り込めば、空港から直接来たのか若い男性客をmitueさんが乗せてきた。梅雨入りしたとは言え、天気は上々で日差しも強く、水中の視程もかなり好かった。小魚たちが産卵の時期と見えて、口の中に沢山の卵を咥(くわ)えて群れているのでした。重い器材も水の中に入れば無重力だから、後はゆっくりと進むだけ。5月の石垣島の海は初めてなので、どんな風景に出会えるのかと楽しみにしていたら、やはり生命の芽吹く季節。 白い海底の砂地では、あちらこちらで若いダテハゼの姿を見かけるのでした。しかも、同じ穴に共生している鉄砲海老まで、大きなはさみを振りかざしながら穴の外まで出てくるではありませんか。見張り役のダテハゼと穴を掘る鉄砲海老とのツーショットを今日は何枚も撮る事が出来ました。こちらの動きには敏感に反応するから、じっと海底でカメラを構えたまま、彼らの動きをファインダー越しに眺めている亭主なのでした。呼吸をすることも忘れてしまいそう…。 遅い午後に宿まで戻って、海を見ながら部屋の風呂に入る。夏場と違って、まだこの時期は潜った後に身体が冷えるのです。パソコンに今日撮った写真を取り込んでいたら、mitueさんが米原の花城さんまで車で送ってくれると言うので、何年かぶりで親父様と小母さんを訪ねた。花城さんは海メロが今の場所に移る前の常宿で、亭主と同世代のご夫婦には随分とお世話になったのでした。考えてみたら、もう10年以上も石垣島に潜りに来ていることになる…。

Posted in ダイビング | コメントは受け付けていません。

半年ぶりで…

今朝は膝に載せてくれない亭主を、不服そうに見つめるpekoe。出発前のひとときで、女将が先に「行ってきます。気をつけて行ってくださいね」と、スポーツクラブへ出掛ける。コーヒーを一杯飲み終えたら、タクシーを呼んで駅まで雨の中を走ってもらう。いつもより一時間遅く家を出ても、午後の飛行機には十分に間に合うから、今回は慌てず焦らず。あまり早く空港に着くものだから、鮨屋で気持ちよく酒を飲んで眠ってしまい、飛行機に乗り遅れたりするのです。 電車はスムーズに乗り換えも出来て、空港までは一時間半ほどで着いた。途中の電車待ちで駅蕎麦を一杯、空港についてラーメンを一杯食べて、味わいはやはりこんなものだろうと、腹だけ一杯になった。宿へのお土産を買うついでに万世のカツサンドとお茶を買って、飛行機に乗り込んだのでした。新しい機体なのか、リニューアルしたのか、シートもスリムになって、機内の雰囲気や設備もスマートなものに変わっているので驚きました。乗客は案外少なかった。 翼の先端にイリオモテヤマネコの絵が描いてあるのも目新しいのでした。羽田から石垣島までずっと雲が出ていたから、前線はかなりの距離に渡っているのが分かる。梅雨に入った沖縄でなくても、天気が悪いわけです。大型連休明けのこの時期は、年配の乗客の方たちがかなりの割合で、亭主の後ろの席に陣取った小母様たちは元気いっぱい。しゃべり疲れたらしくて、島に着く頃には妙に静かになっていたのでした。専務?のmitueさんが迎えに来てくれた。 天候が悪かったせいか、今日は飛行機がかなり揺れて、初めて飛行機酔いを経験したのです。夕飯時に泡盛を飲むにつれて、体調が戻ったから久々に懐かしい宿の皆さんとの会話。明日のダイビングは、午後に到着するお客を待っての出発だと聞いて、夜は器材のセットもせずに10時過ぎには床に就いたのでした。目覚めたのは朝の4時過ぎだったか、ブログの写真を取り込んだところで、また眠りに落ちたのでした。よく眠れるのが休暇の最大の魅力です。

Posted in ダイビング | コメントは受け付けていません。

台風を越えて…

結局、初日の時差ぼけがそのまま最終日まで続いて、今朝も4時起きで帰りの荷物をパッキングした。一難去ってまた一難で、最後のダイビングを無事に終えたと思ったら、今度は帰りの飛行機が台風のために飛ばないのではないかという心配をする。部屋にある大画面のテレビを点けたら、那覇空港関連の便はすべて欠航。沖縄本島では避難準備の指示まで出ているのだとか。石垣島も影響を受けないはずがないから、気が気ではないののが亭主の胸中…。 朝食の時に船長が「10時に臨時便が出る」と、いち早く運行状況を調べてくれて言ってくれたのが頼みの綱。亭主の乗るはずの便は、手前の宮古島へ着陸するかも知れないという航空会社の案内なのでした。早めに宿を出て空港に着けば、台風のために前便に振替が可能と言うことで、無事に搭乗手続きを済ませたのです。時間が早かったから、座席も「1のA」と最前列の窓際の席を取れたので、台風の様子を見ながら予定より早く羽田に着くことが出来る。 不幸中の幸いとはまさにこのこと。土産物を見て歩く暇もなく、搭乗口前の椅子に座って飛行機に乗り込む時間を待つのでした。変更前の便は予定時刻には空港に到着していなかったから、遅れているのか宮古島に向かったのか。ハラハラした疲れで、座席に着いたらもう眠くなるのでした。秋雨前線と台風本体の引き連れた雲で、日本列島の大半が雲に覆われているのが、目で見て分かるのが凄い。自然の営みに思わず畏敬の念を抱きながら、一路羽田へ…。 出発して小一時間、どうやら左手前方で雲が渦を巻いているのが台風本体のようだった。とすると、台風中心付近の雲はそれほど大きくはなさそうなので驚いた。そこから更に1時間以上も飛んでも、雲が切れないのだから驚きです。途中、飛行機よりも高いところに雲の壁が長く立ちはだかっているのを見た。海でもそうだけれど、きっとあれが秋雨前線なのに違いない。羽田は小雨の状態で、飛行機を換えたお蔭で早めに家に戻れた。早速、仕入れに出掛ける。 明日と明後日の二日間の営業だけれど、出汁を取って蕎麦汁や天汁を作り、小鉢の煮物をしておかなければなりません。久しぶりに女将と二人で、早めに夕食を終えてから、雨の中を蕎麦屋へ出掛けて、二時間ほど仕込みに集中するのでした。長い移動でかなり疲れていたから、蕎麦豆腐を仕込むのも、デザートを仕込むのも、天麩羅の具材を切るのもすべて明日の朝の仕事とすることにして、今日はこれまで。明日は一日雨だと言うけれど、お客は来るか。  

Posted in ダイビング, 仕込み | コメントは受け付けていません。