Category Archives: ダイビング

再び2000kmを飛んで…

夕べは泊まり客が亭主一人だけだったから、宿のご夫婦に誘われて、市内の焼き肉屋に夕食を食べに出掛けたのです。奥様が厨房で調理をしなくても済む日を作ってやろうとするのは、船長の人知れぬ労りでもあるのでしょう。辺りには新しいカフェテラス形式の居酒屋もオープンしていました。「昭和の雰囲気が残る店」と聞いてはいたけれど「東京亭」と書かれた看板の下の狭い階段を登ると、20席ほどの落ち着いた店に到着しました。 好物の日本酒があったので、珍しく焼き肉を沢山食べた亭主。テーブルには灰皿まで置いてあるから、全席喫煙可のところが、やはり昭和風なのか。宿に帰った頃にはもう8時をとうに過ぎていたから、そのまま部屋に戻ってバタンギューなのでした。夜中に起き出して帰る荷物のパッキングを済ませ、ブログを書き終えたのです。朝までウトウトしながら朝日の昇った頃にやっと起き出す。石垣島も朝はかなり冷えて、長袖長ズボンで階下へ。 4泊5日でも長いようであっという間。お客が少なかったから、一回り以上若いご夫婦といろいろな話が出来ました。時代遅れのままでもいいと老いを受け入れる亭主と、まだまだ人生の真っ盛りのお二人と、通じ合うところもあるのが面白い。宿で出す食事の料金が安すぎると船長が言うから、奥様に原価率を尋ねれば、6割を優に超えているのだとか。それでは亭主の蕎麦屋と同じだと、お互いに少し値上げを検討することになるのでした。 今朝はもう新しいダイビングの客が到着して、船長は客を乗せて港に出発する。一仕事終えた奥様が、空港まで車で送ってくれました。蒼いサンゴ礁の島を後にして2000kmを、3時間かけて羽田に戻る。館山湾にさしかかる頃、遠くに半分だけ雪化粧をした富士が見えた。昨日の大雨で川の氾濫した様子が上空からもよく判る。遅い昼食には、例によって空港の立ち食いの寿司屋と石臼挽きの蕎麦屋を梯子する。帰りの電車でひと眠りの亭主。 団地の駅に着いて、2kmの道程を歩く気力はなかったけれど、いくら待ってもタクシーが来る気配がない。仕方がないからとぼとぼと国道沿いを歩いて近道を行くのでしたが、背負った荷物がやけに重く感じる。石垣島も佐倉も気温があまり変わらないのは、やはり季節が移り変わったからなのか。やっと家にたどり着けば、台所には昨日の奮闘の跡が残っていた。peko が水を掻き出した床下収納庫の中に落ちたとか、いろいろ報告を受ける。

Posted in ダイビング | コメントは受け付けていません。

ダイビング最終日…

午前6時前の東の朝焼け空には、細い月が昇っていました。いつもの習慣から早くに目が覚めて、満天の星を眺めている亭主。北に面する伊原間湾の真上には、北斗七星がひしゃくを縦にした形でくっきりと見える。御者座の隣には牡牛座の顔の部分のV字が見え、視力の悪い亭主にもかすかにスバル座の連星が発見できるのです。昨夜も船長と奥様はこの星空の撮影に夢中だった。春に再訪するという北欧でのオーロラを撮る練習なのだとか。 コンパクトに皿に並べられた朝食は、彩りも綺麗で亭主のお気に入りです。焼きたてのパンの分量もちょうど好い。スープとマンゴージュースがついて、さらに食べ終えるとコーヒーが出てくるから嬉しいのです。目で見て楽しんで、食べて美味しければ、料理はもう言うことがない。家庭でもこのくらいの手間をかけても好いのかもしれない。白地の大皿があれば好いと思うことが多々あるけれど、どうしても色や模様入りの皿が多いのです。 今朝も早めに宿を出て、船長と港に向かいました。今日も亭主一人が客で、ボートを貸し切っての豪華なダイビングなのです。三日目連続のダイビングとあって、身体の方も疲労が蓄積してくるから、楽な場所がいいと思っていたら、船長も察してくれたらしく、近場のサンゴ礁を潜る。天候がずっと好かったのは珍しいから、陽の光を浴びた浅瀬を潜るのが楽しみでした。何度も来ているポイントのはずなのに、陽があるだけで違うのです。 あまり動き回らずに、じっくりと写真が撮れるのは有り難い。水没したEM-5 を持っていないから、両腕のストレスがない。あとはいつも水中では撮り慣れていないTG-3 の操作の問題なのです。フラッシュがレンズの傍に着いているから、どうしても画角の中に塵や埃を写してしまって、せっかくの写真が台無しになることが多い。船長がアンカーを見に行っている間、船の下で体勢を整える亭主。水は綺麗に澄んで絶好のコンディション。 途中の岩場のイソギンチャクでは、ニモでお馴染みのカクレクマノミが元気に動き回っていました。潮の動きがあるからイソギンチャクの触手がたなびいて、そのたびにちょこまかと動き回るから、二匹が揃うのを撮るのはとても難しいのです。今日のような浅場で時間をかけてじっくりと狙うのが一番好い。他に一緒に潜るお客がいるとどうしても移動するタイミングが迫ってくるから、短い時間でシャッターチャンスを捕えられないのです。 このポイントはキンメモドキの大群が大きな岩場に着いているので、ここでもじっくりと時間をかけて写真を撮る事が出来ました。小さなコンパクトカメラでも、陸上では毎日写真を撮っているから、海の中でも使い慣れてくればこのぐらいの写真は撮れる。群れは先頭を入れて撮るのがポイントと、亡くなったダイビングの師匠がよく言っていた。岩場から離れることのない大群は常に動き回っているから、時間をかければチャンスは来る。 1本目のダイビングから戻って、船の上で休息をとったら、場所を移動していよいよ最後のダイビングのポイント。ここでもじっくりと一人で写真を撮る事が出来ました。大きなハマサンゴの根にびっしりと小魚が着いているので、動き回らずにシャッターチャンスを待つことが出来るのでした。深さも三日間で一番浅く、船のほとんど真下でクールダウンという感覚なのです。港まで5分ほどだから、静かな海の上でお弁当をいただきました。 昼過ぎには宿に帰って、シャワーを浴びたら生ビールを飲みながら、パソコンに向かって今日撮った写真の整理をするのです。家の女将に電話をかけたら、千葉は大雨らしく、高台にある自宅の台所の床下に水が溜まって大変だと言う。床下収納のケースが水で持ち上がったとかで、バケツで水を掻き出しているのだとか。業者が来て見てくれたらしいけれど、他に打つ手はない様子なのでした。明日の帰宅後の段取りが心配になる亭主でした。

Posted in ダイビング | コメントは受け付けていません。

陽の光に照らされて…

午前7時、東の水平線から朝日が昇る。今日も快晴の一日らしく、この時期の石垣島は朝方は半袖・短パンでは涼しく感じるのです。それでも陽が昇るにつれて、暖かくなっていく。真夏のようにジリジリと照りつける暑さではないから、とても心地よいのです。風は北風で涼しいから、とても過ごしやすい気候なのです。今日の朝食は和食の定番、古代米の入ったご飯がなぜか美味しかった。食後1時間で出発だから、朝は結構忙しいのです。 いつも蕎麦屋に出掛ける時間には、港に向かって出発する。船に乗ったらすぐに器材をセッティングしてポイントに向かうのです。蕎麦屋について朝の仕事を終えたら、コーヒーを一杯飲んで今朝の段取りを考えるというのとは、かなりペースが違います。隠居仕事の蕎麦屋はかなりマイペースで動けるのが楽なのでしょう。今日のポイントまでは、約25分。昨日の場所に近いけれど、今朝は少し波があったから、余分に時間がかかった。 晴れた日にはサンゴ礁の浅場にも太陽の光が届くので、最近若いサンゴが復活してきたというポイントに案内してくれたらしい。昨日水没してしまったEM-5 の大きなハウジングを持たずに水に入ると、器材のない分だけ軽くなるのを忘れていたから大変。なかなか潜行出来ないでいると、それを見ていた船長が予備に持っていた重りを手渡してくれた。無事に着底すると、確かに辺りは沢山の種類の若いサンゴがびっしりと育っているのです。 水深は6mほどだから、海面の波が打ち寄せるのもよく見える。キンギョハナダイの赤が陽の光に鮮やかに映える。紫色のハナゴイが実に美しく見える。陽を浴びるというのは、まさにそれぞれの持つ個性をはっきりと際立たせるものなのでしょう。小魚たちは沢山群れを作って、潮の流れに向きをそろえ、いっ時としてとどまることがない。そっと近づいてみれば、その一匹一匹の魚たちの目が、しっかりとこちらを見ているのが判るのです。 少し深場に行けば、今度は若いウメイロモドキの大群が自由自在に泳ぎ回っている。薄いブルーの体表に背中から尾びれにかけてのラインが黄色いから、とても優美で好きな魚の一つ。もっと近くまで寄りたいけれど、近づけば群れが拡散して逃げてしまうのが常。こんな時、EM-5 ならもう少し望遠を効かせられるのだけれどと、あまり慣れていない予備のコンパクトカメラで狙うのでした。慣れた船長はいつも素晴らしい写真を撮っている。 この辺りの海を熟知しているから、魚の群れの先の動きが読めるのだという。もう、足かけ30年も潜っている亭主にも、魚の群れを追わずに待って写真を撮るというのは、十分に分かっていることなのだけれど、そのポイントの地形や潮の流れが頭に入っていないのです。遠くから船長が追って、亭主のいるこちらに向かわせてくれたウメイロモドキの群れを撮る。その場では確認しないから、好い写真が撮れているかと思いながら船に戻る。 今日も同じ場所に船を泊めて、2本潜った。少し離れた浅場では他のショップの客たちがシュノーケリングを楽しんでいた。この辺りは島のサンゴ礁が外洋と接する場所なので、魚も多いのでしょう。少し波が出てきたので、帰りは大きなボートが波を乗り越える度にぴょんぴょん跳ねる。デッキの床にしっかり捕まって座っていないと腰を打つ。今日の昼のお弁当は、船酔い気味の亭主を気遣ってくれて、宿に戻ってから、ゆっくりと食べる。 潮の満ち引きの加減か、伊原間湾の色は一日に何度も様相を変える。午後はゆっくりと生ビールを飲みながら、パソコンにデータを取り込んで、今日撮った写真の整理なのですが、なかなかいいものはない。そして、しばしの昼寝。夕刻になって近くの村の食堂に連れて行ってもらった。いつも混んでいるので行列が出来る店で、お客が多すぎるからと、営業を夕刻から始めるようになったのだとか。なにか、身にしみて店主の苦労が分かる。

Posted in ダイビング | コメントは受け付けていません。

アクシデントにもめげず、カメ三昧の一日…

朝の6時過ぎのこと、綺麗な朝焼けでした。昨夜は9時には休んだので、今朝は4時過ぎからもう目が覚めていたけれど、昨日のブログを書き終えて、宿の外の喫煙所で一服したら、もう一眠りするのです。こちらは、関東よりも1時間ほど夜明けが遅いから、朝の6時でこのくらいの明るさなのです。天候に恵まれて、今日も一日快晴の予報です。宿泊客は他にもいたのですが、ダイビングは亭主一人のようで、嬉しいような寂しいような…。 宿の奥様の手料理は、毎朝、一日おきに和食と洋食。今朝は洋食の番らしく、トーストとスープとワンプレートのお総菜。これにマンゴージューと仕上げにコーヒーが出る。白の皿が朝日に映えて、食材が綺麗で美味しく見えるのです。いつもなら7時半の朝食なのだけれど、ダイビングの客は亭主一人だからと早めに食べさせてくれたので助かった。洗面やトイレを済ませる時間に余裕があるのは、何にでも時間のかかる年齢になると嬉しい。 宿から港までは、車でものの5分ほどだけれど、他にお客もいないので、荷物を積んだ軽トラで船長と向かうのでした。大きなボートを一人で占領するのは気が引けるけれど、船長の指示に従って、器材のセッティングを済ませ、ウエットスーツを着るのです。天気も好くて海は穏やか、船の向かう方向から考えて、今朝のダイビングポイントはどこだろうかと想像をするのも楽しい。10年以上も通っていれば、大体は潜ったことのある場所。 ただ、何度も同じ場所に潜っているのに、それぞれに新しい発見があるのが海の中で、今日はやたらとカメが多かったのです。中型のアオウミガメや小型のものなど何匹も遭遇したので、後で船長に言ったら「昔からカメが多いポイントなのです」と言う。それにしては、これまで何度も同じポイントに潜っていて出会ったことがないのは不思議なのです。1mほどに近づいても逃げないカメもいるから、年齢なのでしょうかと船長に尋ねる。 意外にも答えはNOで、ここのカメは人に慣れていないのに、海面まで行って息を継ぐ動作をしたくないから、岩陰でじっとしているのだとか。亭主などは他の動物をみると、どうしても人間と同じではないかと、自分と引き比べて考えてしまうきらいがあるのです。次の動作までの時間が長くなるのは、年齢のせいだと自分でも感じることが多いから、何十年も生きると言われるカメも、年を取ると動くのが億劫になるのではと見えてしまう。 その証拠に、身体の小さな若いカメは、人が近づくとじっとしていないですぐに泳ぎ出すのです。同じポイントにボートを泊めたまま、休憩をしたら2本目のダイビング、天気も好いし、何ヶ月かぶりの1本目で慣れたからと思って、カメラを受け取って船の下に潜ったら、カメラのハウジングの蓋が開いているのに気づく。ロックされているはずの蓋が開くことは普通考えられないけれど、急いで浮上してカメラを出すけれどもう遅いのです。 フィルムカメラのニコノスでは何度も水没の経験があるけれど、ハウジングに入れたカメラでは初めての経験。今までで一番気に入っていたEM-5もこれで終わりか。レンズを合わせてどれだけの損害なのか、その金額をとっさには思い出せなかった。1本目のダイビングで撮った写真のデータは使えるのだろうかと、心配しながら水の中で待っている船長と共に2本目を潜る。先ほどの反対側に向かって進めば、また何匹もカメと遭遇する。 今日のダイビングはカメ三昧。奥様の作ってくれたお弁当を食べたら、ボートを反転させて一路港へ戻るのでした。他の客がいないときは、2本だけのダイビングと決めているから、宿に帰ってゆっくりと午後を楽しむ。水没したカメラのデータカードが無事だったのは不幸中の幸い。写真をパソコンに取り込んだら、昼寝をしても3時過ぎ。何か蕎麦屋での生活とパターンが似ているから可笑しい。テラスから見る伊原間湾は素敵な色でした。

Posted in ダイビング | コメントは受け付けていません。

夕陽に向かって2000km…

即位の儀式のテレビ中継を途中まで見て、団地の駅に向かった亭主。調べておいた電車の時刻も、休日であるのを忘れていたお蔭で、少し早めの電車に乗れた。1時間半で着いた空港もチェックインカウンターが特別警戒とかで、長蛇の列なのでした。昼を過ぎていたので、いつもの立ち食い寿司屋で鮪三昧と日本酒を一杯。それから、隣の石臼挽きという蕎麦屋によって、今度は天せいろと日本酒を一杯。これが長旅での楽しみの始まりです。 極限まで計算されたような狭いスペースで、寿司屋は男性のスタッフばかりだし、蕎麦屋は若い女性のスタッフばかり。蕎麦を茹でる担当と天麩羅を揚げる担当、そしてそれをまとめて客に提供する担当と、とても合理的に出来ているのが面白いのでした。その昔、蕎麦も寿司も往来で立ち食いをしたと言うから、古くて新しいスタイルなのかも知れません。石臼挽きと看板にあるけれど、つなぎはどうも強力粉だけらしく固い蕎麦なのです。 「最近はつなぎに中力粉ではなくて、強力粉で打つのがはやりなんですよ」と、霊犀亭にも蕎麦粉の営業に長野から業者が何回かやって来たことがある。試供品に送ってくれた北海道産の蕎麦粉と強力粉で試し打ちをしてみたけれど、加水率は確か40%をかなり越えていたのを覚えている。いつも使う粉と比べると、ぱさぱさの粉の感じがしたのです。値段は三分の二ほどだから、安いことは安い。その時の蕎麦がまさにこの食感なのでした。 普通の立ち食い蕎麦屋の蕎麦と比べれば、多少は味が違うかも知れないけれど、空港のロビーでこれだけのものが食べられれば文句は言えない。大葉と海老とマイタケの天麩羅を載せた皿の隅には、ちゃあんと塩が盛ってあるから気が利いているのです。天せいろと同じくらいの値段の日本酒はなかなかの味だった。これで客単価2千円を越える程度だから、お客も納得する。さすがは国際空港なのか。寿司屋と合わせて四千円の昼食でした。 後は、飛行機に乗り込んでぐっすりと食後の昼寝をすれば、3時間のフライトの半分は終わるのです。陽が傾くのが早いせいか、夕陽を受けた雲の影から、飛行機が西に向かって飛んでいるのがよくわかる。熱帯低気圧に変わった台風の連れた雲が残っていたのか、海は沖縄本島の先まで雲に覆われていました。宮古島あたりから眼下の雲が晴れて、飛行機は着陸の態勢に入る。少し遅れて到着した空港には、もう船長が迎えに来てくれていた。 「暑さもピークが過ぎて、石垣島はちょうど過ごしやすい季節です」とは、機内での最後のアナウンス。例によって宿の奥様の作る豪華な夕食は、亭主には少し種類も量も多かったけれど、前菜の海鮮ソースで食べる生野菜、船長が獲ってきたという高級魚ハタの煮物ともずくのしゃぶしゃぶ、そしてチーズの入ったとても柔らかいジューシーハンバーグ、最後にもずくと卵の雑炊まで、ゆっくりと時間をかけて満喫したのです。9時には就寝。

Posted in ダイビング, 料理 | コメントは受け付けていません。

何故か疲れた臨時休業…

三泊四日の石垣島ダイビング遠征も、中二日のダイビングで今日はもう帰りの移動日です。行きと帰りの移動にまるまる二日かけるのは、修学旅行の生徒よりもピンポイントの旅行です。今朝も5時過ぎにはもう目が覚めて、短い休暇だから普段の日常と同じ生活習慣時間なのです。それが好いのか悪いのか、疲れが溜まりすぎないから好いという考え方もあるし、満喫できないという不満もあるかも知れないけれど、朝食前に宿の外に散歩に出る亭主です。 宿の入口の坂道を登った道路からの入口に、海のメロディーと宿の野空海(のぞみ)の看板が白く綺麗に描かれていました。昨日、奥様がペンキで書いていたのを思い出す。この朝早くから、船長が今日のダイビングの器材を積んで、港へ向かっていく。坂の下には、伊原間湾とその向こうに太平洋が見える。島の天気は予報通りにはならないから、今朝も暗く曇っていたかと思えば、段々と青空が見えてくるのでした。関東よりは1時間も遅い夜明けだからまだ暗い。 宿の厨房では、夜が明けた頃から、奥様とスタッフの光恵さんが宿泊客の朝食と、今日のダイビングのお客の昼の弁当の準備をしているのです。大型連休が終わっても、休みがないから大変な仕事なのです。結婚したばかりの光恵さんも週末には帰っていくと言うから、生計を立てる仕事とは言え、霊犀亭の亭主の忙しさなど物の数ではないのかも知れない。いつも、家の女将が用意する朝食の時間と、同じ7時半には食事が始まる。夜明けが遅い分だけ忙しい。 昨日到着した元気なお客さんもラウンジに降りてきて、今朝の天気を喜んでいる。同じ船に乗る今日のダイビング客も到着して、にわかに賑やかな朝になる。皆さん亭主と同世代なのに、少しも疲れた素振りを見せないのが素晴らしい。二日潜っただけで、もう疲れてしまった亭主とは随分と違う気がするから、休みの取り方が拙かったのかと反省するのです。やはり、それが長年続けてきた仕事をしている強みなのかも知れない。蕎麦屋の亭主はまだ駆け出しの域。 今日のお客が皆出掛けた後で、隙間時間に忙しく仕事をこなす奥様が、亭主を空港まで送ってくれました。いつ来てもよく働きますねと褒めたら、子供が家にいなくなっただけでも楽になったのだと言うから、人生、それぞれの年代でやはり忙しさは違うものなのだろう。家の女将なども、若いうちはそれこそ毎日7人家族の世話をして大変だったに違いない。それが段々と家族の人数が減って、今はすっかり亭主と二人きりの生活に慣れてきた。その分歳も取ったのか。 空港の待合室で1時間待って、飛行機に乗って3時間、電車に乗って家まで2時間弱だから、遠い所まで出掛けてきたのです。それでも、大好きなダイビングを続けられるのは、海のメロディーの存在が大きい。週に四日もプールで泳ぐことが嫌にならないのも、水の澄んだ南の島の海の中を満喫できるから。決して儲かることのない蕎麦屋が嫌にならないのも、お客が来て喜んで食べてくれるからなのでしょう。今の亭主には、それが生き甲斐なのかも知れない…。 今回は行きも帰りもJ シートの窓際の席が取れたので、広い座席でゆったりと景色を眺めながら往復できました。以前になくなったはずの成田からの直行便も新しく出来たというので、次回は考えてみよう。でも、せっかく、羽田に好い寿司屋を見つけたから、今日も帰りに立ち食いでマグロ三昧。鮨職人の手際の好さが胸の好く思い。蕎麦屋の亭主の夢は何時かは鮨を握ることだと、最近つくづく考えることがあるのです。そして、隣の蕎麦屋で天麩羅と盛り蕎麦を食う。 さすがに、空港のカウンターで若い娘が天麩羅を揚げて、茹でる蕎麦は、霊犀亭のそれと格段に違うのですが、格段に違うというところを更に追求しなければと思うのです。団地の駅に着いたら、タクシーに乗って家まで帰り、家には入らずにそのまま明日の仕入れに出掛ける。お袋様に電話をしたら、一緒に行くと言うから、お土産を渡して今回の旅の話をするのでした。久し振りに女将と夕食を食べ、蕎麦屋に出掛けて明日の仕込み。やる気が湧いてくるのです。

Posted in ダイビング, ミニ菜園, 仕込み, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

三日目は海も凪いで…

今朝も5時には一度目が覚めました。習慣とは恐ろしいので、身体にはいいのだけれど、何せ時差があるからまだ真っ暗なのです。もう一眠りと思って横になれば、うつらうつらと微睡んで7時になってしまう。ラウンジに降りていけば、「今日は早く食べますか」と、こんな日に限って朝食も早そうです。「用意が出来たら出掛けます」と言われて、食べ慣れた和食の味わいもそこそこに、洗面を済ませてカメラのセッティングをする。まだ、身体が目覚めていないのです。 今日は他にダイビングの客はいなかったので、船長と二人で港に出かけ、凪いだ海に出たのです。ポイントに着いて、今朝はどうして急いだのかがやっと分かった。波が出てきてからはなかなか潜りにくい浅場のサンゴ礁なのでした。最後の日のダイビングにと、船長が案内してくれたのは、復活してきた若いサンゴの森。昔はこんな景色がどこにでもあったような気がしましたが、今は石垣島北部でもとても珍しい光景のようです。写真を撮るには絶好の場所です。 海底を這うように伸びる山並みは、根と呼ばれる丘なのですが、どの根にもびっしりとサンゴが育っているから驚きです。船長の話では復活したサンゴだと言うことなのでしたが、どうしてこの場所にサンゴが復活できたのかを聞くのを忘れた。おそらくは、陽の光が差し込んで、潮通しもいい場所だからだろうと思うのですが、浅場だから台風が来ればかなりダメージを受けるのではないか。それにしても、自然の営みの不思議さを感じないではいられないのでした。 ただ、根の上部が2~3mという浅場なので、多少うねりが残っているから上下左右に身体が揺られるので、さすがに波酔いをした。おまけに、やたらとウミヘビが多くて、何匹もこちらに向かって近づいてくるのが恐ろしい。光る物に興味を持つのが彼らの好奇心なのだとは、分かってはいても気が気ではないのです。いつもの半分くらいの潜水時間でギブアップする亭主なのでした。3本潜った昨日の疲れと加齢が原因かとは思うけれど、下戸の船長はお酒だと言う。 しばらく休憩をとって、船長が亭主の体調を心配しながら最後に連れて行ってくれたのは、以前にも潜ったことがあるシーストリーというリーフエッジのポイント。ここも波が高い日には潜りにくい場所だから、早く出発してきて正解だったのでしょう。経験が豊富で、いつも先見の明がある船長に感謝なのです。グルクンの大群が見上げる海を泳ぎ回り、群れたカスミチョウチョウウオやアマミスズメダイが霞んでしまうくらい。イソマグロも回遊し、ホワイトチップまで出現。 海の中の山並みは雄大な景色で、誰が名付けたのかシーストーリーという名にふさわしい。若い頃なら、近くで撮影しようと魚の群れを追いかけて行ったものだけれど、年を取ったらじっと眺めて群れが近づいて来るのを待つようになったから、好いのか悪いのか。エアーの消費が少なくて済む分、長く景色を眺めていられるのかも知れない。短かった二日間だけのダイビングもこれでお仕舞い。今日は他にお客がなかったから、じっくりと堪能させてもらったのでした。 今日は早い時間に2本だけだったので、宿に戻って奥様の作った弁当をいただく。カメラの中の写真データをノートパソコンに写したところで一眠りする亭主。ところが二階の部屋の近くでミャーオミャーオと猫の鳴き声がするようだったから、階下に降りて奥様に話せば、二階には上がれないからクジャクの声じゃないかしらと一緒に見に来てくれたのです。ベランダに出て、向かいの森の辺りを眺めていると、隣の庭から鮮やかな根の色をした大きなクジャクが走る。 最後の晩の食事は、新しくいらしたお客と一緒で、聞けば亭主より少し年上のダイバー。50代から潜り始めたという体育会系だとご本人がおっしゃる。親の仕事を継いだという実業家だというから、まだまだ元気なご様子で、少し疲れ気味の亭主は早めに晩酌と食事を終えて、部屋に引き上げるのでした。明日の荷物の整理はとうに終えて、夜は帰ってからの仕込みの品を考えているのです。小鉢も出汁もすべて明日の夕刻からの仕込みになるから、大変そうです。

Posted in ダイビング, 料理, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

久々に3本も潜って疲れて…

旅先にいても、いつもと同じ時間に寝るから、いつもと同じ時間に目が覚めるのです。しかし、石垣島は関東に比べたら時差が約1時間あるので、5時ではまだ外が明るくならない。もうしばらく眠り直したら、6時過ぎには宿のテラスに出て全身のストレッチ。朝食は7時半だから、朝の散歩に出掛ける亭主。海はそれほど荒れているわけではなかったけれど、空は雲にすっかり覆われて、天気予報通りの天候でした。雨に降られないだけでも幸運と言うべきなのでしょう。 雲の切れ間から青空も覗いていると思ったら、朝食の時間には陽も差して、まったく島の天気は分からない。今朝は洋食の朝でした。サラダや肉やポテトにスクランブルエッグなど、少しずつ盛りつけてあるのが食べやすくて嬉しい。焼きたてのパンも種類が豊富だけれど少量ずつなので飽きない。スープにマンゴージュースとコーヒーを飲んだらもうお腹は一杯なのです。部屋に戻って洗面を済ませ、水着に着替えて器材を準備したら、船長と一緒に先に港へ出発。 船に乗るお客は、昨日の夜から一緒だった同世代らしいご夫婦と亭主だけなので、少しほっとするのでした。若いダイバーだと元気があるから、動き回るからこちらも疲れることが多い。じっくり写真を撮るには、やはり、あまり動くよりも魚を待ってカメラを構える方が失敗が少ないのです。耳の調子が悪いという奥様が、今日はシュノーケリングをするというので、お手伝いのスタッフが面倒を見るらしい。何度も潜っているサンゴの綺麗な浅場だから一安心でした。 ボートの下で集合というから、先に潜って船長とご主人を待っていたら、いきなりモンガラカワハギが挨拶に来てくれた。動きが速いからなかなか近くでは写真に撮れないので、やはり、待ち構えているのが正解。水温は高く25℃もあるから、ストレスも少ない。ただ、群れている小魚はいつものようになかなか撮るのが難しいのです。潮の流れが来たときに一斉に同じ方向を向いて泳ぐときがあるから、これを待つのだけれどいつも同じようには揃ってくれないのです。 海面をシュノーケリングしている奥様が手を振ってこちらを見ている。ご主人は気がついているのだろうか。ご夫婦の共通の趣味が唯一ダイビングだとおっしゃっていたから、幸せなお二人です。ダイビングをする場所まで一緒に行動を共にして、同じ出会いを共有できるから。振り返って、我が家の老夫婦を考えてみれば、女将の手伝いに来てくれる週末だけは蕎麦屋で時間を共有しているけれど、他はお互い別々の趣味を楽しんでいる。それはそれで気楽なもの。 若い頃から家族を連れてあちこちと動き回った亭主だけれど、最近は蕎麦屋一筋で旅行にも出掛けなくなった。peko がいるの理由の一つだけれど、お互いに身近な季節の推移を見て楽しんでいるといった感じ。スポーツクラブに通う道すがら、ご近所の藤が綺麗だったわよと女将が言えば、亭主もちょっと歩いて見に行ったりする。限りなく行動範囲が等身大の生活だから、お互いの思いを想像しやすいのです。女将のお稽古通いと亭主のダイビングだけが例外か。 船で一緒のご夫婦は、見かけによらず3本目を潜るのだと言う。体力がありますねと言えば、ご主人は潜った日には夜の8時には眠ってしまうのだとか。サンゴ礁の中の海でも多少うねりがあるから、船の上で待つのも辛い。いつもの自然な流れでよっこらしょと水に入れば、ラッキーなことにユメウメイロの群れが通りかかる。追いかけると逃げていくからと、じっと待っていたら再び現れたので、写真に収めることが出来ました。ウメイロモドキより少し青色が薄い。 今夜から市内のホテルに移るというご夫婦が帰って、夜は亭主一人の夕食でした。宿の奥様が、酒の肴をいろいろと作ってくださって、メインディッシュはゴーヤを皿にした肉料理。今日はゴーヤの日だからと聞いて納得する亭主なのでした。最後は果物やケーキをトッピングしたアイスのデザートとコーヒー。お互いに仕事が料理の作り手同士だから、いろいろと料理の話をするのも楽しいのです。芋焼酎を勧められたけれど、今日もお酒は控えめで明日に備えます。

Posted in ダイビング, 料理, , 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

臨時休業の一日目は移動日で…

休みの日だというのに、朝の5時からpekoeが亭主を起こすから、散歩に連れ出して2ブロックほどを回ってくるのでした。もう一度、眠るためには朝食を着くって食べてしまわないといけない。女将は起きてはいるけれど、朝のヨーガの時間なので、仕方がなく冷蔵庫の中にある野菜と肉とで、ナスとピーマンの肉炒めを豆板醤味で作り、卵が沢山あったから、ふんわり卵焼きを焼いて朝食を摂るのです。食後のコーヒーまで自分で入れて、再び床に入るのでした。 2時間ほど眠ったらそろそろ出掛ける支度をする時間だと、今度は女将に起こされて、急いで洗面と着替えを済ませる。いつもならお袋様と仕入れに出かける曜日だから、もしかして待っていたらいけないと電話をすれば、「聞いてなかった」というものだから事情を話して謝った。駅までは写真を撮りながらぶらぶらと歩く亭主だから、40分ほど前に出たのだけれど、お目当ての電車にちょうど間に合って、羽田までのアクセス特急の乗換駅まで楽ちんな旅なのでした。 平日の10時過ぎだから電車は空いている。乗換駅のホームに着いたらもう11時近くだったから、朝食が早かったからもう空腹を覚えたのです。ちょうどホームに昔ながらの立ち食い蕎麦屋があったので、懐かしそうに暖簾をくぐる。天麩羅蕎麦を注文すれば、麺はもう小さなどんぶりに入っているから、さっと湯通しするだけ。汁を入れて揚げてある例の丸い天麩羅と刻みネギを載せれば、はい出来上がりなのです。学生時代はこれで簡単に済ませたものなのです。 アクセス特急に乗り換えて更に1時間ほどで、羽田の国内線ターミナルに着く。さすがにミニどんぶりの蕎麦だけでは物足りなくって、今日の宿への土産を探しながら、前回、見つけておいた食堂街に足を運んだのです。大型連休の平日だからか、どの店もいつもよりはずっと空いていました。前回は石臼挽きが売りの蕎麦屋で天ざるを食べたから、今日はその二軒隣のカウンターで食べられる寿司屋に行くことに。店の前にはテーブルと椅子のコーナーもありました。 マグロづくしの一皿とビールを頼んだら、速い速い。セットメニューの寿司を注文する他の客は整理券をもらって待つのに、亭主の頼んだ頃合いが好かったのか、すぐに盆に握ったばかりの寿司を載せた皿とビールを出してくれました。テーブル席でゆっくりと食べれば、寿司の一貫が亭主好みでかなり小さめで、大トロ、中トロ、赤身に血合い、たたきで巻物と、これはすべて美味しい。ついつい、シマアジ、金目、ホタルイカの握りと、光り物の刺身を追加で注文する。 今度来るときは、ここで寿司を食べて、二軒隣の蕎麦屋でしめとするのも好いかも知れないなどと、美味しい和食の食べられる日本の空港のありがたさを、しみじみと感じるのでした。考えたら、若い頃から洋食よりはやはり和食が好きだったのか、年を取ったら尚更のこと、嫌いではないのだけれど、ピザやパスタという気になれない。美味しい昼飯のお蔭で、3時間の飛行機もゆっくりと休めて、苦にならなかったのです。ふと目を覚ましたら、機長のアナウンスが。 右手前方に白山が見えるとか、今日は気流の関係で静岡から愛知の陸側を飛んで、浜名湖の上を通るとか。そういえば高校時代の同級生は、この浜名湖にボートを持っていると言っていたっけ。上空からは初めて見たのだけど、随分と広い湖なのには驚きでした。確かにすぐ傍が海だけれど、水戸の涸沼とは規模が違う。昔は釣りに来いよと言われていたけれど、暇になる頃には、そんな遠くまでは行けなくなったから不思議です。それなのに石垣島には通う…。 ダイビングは年に何度かだから好いのかも知れない。釣りだと海が近いから、若い頃のようにしょっちゅう行きたくなってしまうだろう。それではなかなか蕎麦屋は務まらないから、ちょうど好い。沖縄はそろそろ梅雨に入るのか、低い雲が垂れ込める中を飛行機は空港に着陸するのでした。空港を出て、降車場付近で待っていたら、この3月末に結婚したはずの海メロのスタッフが車で迎えに来てくれました。ダイビングをしに来ていたご主人は昨日帰ったのだとか。

Posted in ダイビング | コメントは受け付けていません。

帰路に就く長かった一日…

昨夜も宿泊客は私一人だったので、前日の約束通り奥様が「今夜も出掛けますか」と聞きに来てくれた。酒の肴だけしか食べない夜の食事を、わざわざ厨房で作ってもらうのも気が引けるから、疲れているところを「お願いします」と応えたのでしたが、ダイビングの客を送って帰った船長は、とんぼ返りでまた運転手を務めてくれました。夕刻の食事場所は寂しい野中の一軒家で、締めにラーメンが食べられるイタリアンのお店。最初の一皿目で人気の程が分かった。 今朝は未明から起き出して帰りの荷造りを始める亭主。朝風呂に入ってから、昨日までのブログの本分を記入してまた一眠りする。今日はサンゴ礁の外海も波が高そうで、天候は荒れ模様だったから、ダイバーたちは難儀だと思った。昨日までの晴天と穏やかな海況は嘘のようでつくづく自分は運に恵まれていたと、誰にともなく感謝するのでした。昨日一緒に潜った若いアメリカ人夫婦たちが、海に出発する前に海メロに集合したので、最後の別れをするのでした。 空港まで奥様に送ってもらい、定刻の飛行機に乗って一路羽田へと向かう。今日は夕刻から渋谷で高校時代のクラス会があると言うので、40年以上も続けて参加してきたから参加の返事をしておいた。しかし、時間が中途半端だったから一度家に帰ることも出来ずに、遅い昼に空港で軽く蕎麦を食べて、そのまま渋谷へ向かうのでした。ハロウィン前の道玄坂は沢山の人でごった返していたけれど、無事に会場を見つけて時計を見ればまだ2時間も時間がある。 仕方がないので、少しゆっくりと休みたいと、隣にあった映画館に入ってゆっくりと寛いだのです。少しは眠れるかと思ったら、大画面のスクリーンは明るいし、邦画だったからどうしてもストーリーを追ってしまう。クラス会の始まる少し前に映画館を出て、会場の中華料理店に入っていくのでした。広い店内には、年配のグループが集まって会食をしていました。自分たちの会場は別室で、懐かしい顔ぶれが半分ほど集まっていたのでした。一年ぶりの再会でした。 こんなに長く続いているクラス会というのも珍しい。みんな毎年参加するから、顔を出さないと何処か身体でも悪いのではないかということになる。自分の外見はしみじみと眺めたことがないから、他のみんなが去年にも増して随分と歳を取ったように見える。宴もたけなわを過ぎた頃に、輪番の幹事の指示で近況報告が始まる。定年を迎えた話や、孫の話、夫婦で旅行に行った話など、ありふれた事だけれど、それがみんなの現在なのでした。二次会まで参加。

Posted in ダイビング, 日常 | コメントは受け付けていません。