Category Archives: ダイビング

何故か疲れた臨時休業…

三泊四日の石垣島ダイビング遠征も、中二日のダイビングで今日はもう帰りの移動日です。行きと帰りの移動にまるまる二日かけるのは、修学旅行の生徒よりもピンポイントの旅行です。今朝も5時過ぎにはもう目が覚めて、短い休暇だから普段の日常と同じ生活習慣時間なのです。それが好いのか悪いのか、疲れが溜まりすぎないから好いという考え方もあるし、満喫できないという不満もあるかも知れないけれど、朝食前に宿の外に散歩に出る亭主です。 宿の入口の坂道を登った道路からの入口に、海のメロディーと宿の野空海(のぞみ)の看板が白く綺麗に描かれていました。昨日、奥様がペンキで書いていたのを思い出す。この朝早くから、船長が今日のダイビングの器材を積んで、港へ向かっていく。坂の下には、伊原間湾とその向こうに太平洋が見える。島の天気は予報通りにはならないから、今朝も暗く曇っていたかと思えば、段々と青空が見えてくるのでした。関東よりは1時間も遅い夜明けだからまだ暗い。 宿の厨房では、夜が明けた頃から、奥様とスタッフの光恵さんが宿泊客の朝食と、今日のダイビングのお客の昼の弁当の準備をしているのです。大型連休が終わっても、休みがないから大変な仕事なのです。結婚したばかりの光恵さんも週末には帰っていくと言うから、生計を立てる仕事とは言え、霊犀亭の亭主の忙しさなど物の数ではないのかも知れない。いつも、家の女将が用意する朝食の時間と、同じ7時半には食事が始まる。夜明けが遅い分だけ忙しい。 昨日到着した元気なお客さんもラウンジに降りてきて、今朝の天気を喜んでいる。同じ船に乗る今日のダイビング客も到着して、にわかに賑やかな朝になる。皆さん亭主と同世代なのに、少しも疲れた素振りを見せないのが素晴らしい。二日潜っただけで、もう疲れてしまった亭主とは随分と違う気がするから、休みの取り方が拙かったのかと反省するのです。やはり、それが長年続けてきた仕事をしている強みなのかも知れない。蕎麦屋の亭主はまだ駆け出しの域。 今日のお客が皆出掛けた後で、隙間時間に忙しく仕事をこなす奥様が、亭主を空港まで送ってくれました。いつ来てもよく働きますねと褒めたら、子供が家にいなくなっただけでも楽になったのだと言うから、人生、それぞれの年代でやはり忙しさは違うものなのだろう。家の女将なども、若いうちはそれこそ毎日7人家族の世話をして大変だったに違いない。それが段々と家族の人数が減って、今はすっかり亭主と二人きりの生活に慣れてきた。その分歳も取ったのか。 空港の待合室で1時間待って、飛行機に乗って3時間、電車に乗って家まで2時間弱だから、遠い所まで出掛けてきたのです。それでも、大好きなダイビングを続けられるのは、海のメロディーの存在が大きい。週に四日もプールで泳ぐことが嫌にならないのも、水の澄んだ南の島の海の中を満喫できるから。決して儲かることのない蕎麦屋が嫌にならないのも、お客が来て喜んで食べてくれるからなのでしょう。今の亭主には、それが生き甲斐なのかも知れない…。 今回は行きも帰りもJ シートの窓際の席が取れたので、広い座席でゆったりと景色を眺めながら往復できました。以前になくなったはずの成田からの直行便も新しく出来たというので、次回は考えてみよう。でも、せっかく、羽田に好い寿司屋を見つけたから、今日も帰りに立ち食いでマグロ三昧。鮨職人の手際の好さが胸の好く思い。蕎麦屋の亭主の夢は何時かは鮨を握ることだと、最近つくづく考えることがあるのです。そして、隣の蕎麦屋で天麩羅と盛り蕎麦を食う。 さすがに、空港のカウンターで若い娘が天麩羅を揚げて、茹でる蕎麦は、霊犀亭のそれと格段に違うのですが、格段に違うというところを更に追求しなければと思うのです。団地の駅に着いたら、タクシーに乗って家まで帰り、家には入らずにそのまま明日の仕入れに出掛ける。お袋様に電話をしたら、一緒に行くと言うから、お土産を渡して今回の旅の話をするのでした。久し振りに女将と夕食を食べ、蕎麦屋に出掛けて明日の仕込み。やる気が湧いてくるのです。

Posted in ダイビング, ミニ菜園, 仕込み, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

三日目は海も凪いで…

今朝も5時には一度目が覚めました。習慣とは恐ろしいので、身体にはいいのだけれど、何せ時差があるからまだ真っ暗なのです。もう一眠りと思って横になれば、うつらうつらと微睡んで7時になってしまう。ラウンジに降りていけば、「今日は早く食べますか」と、こんな日に限って朝食も早そうです。「用意が出来たら出掛けます」と言われて、食べ慣れた和食の味わいもそこそこに、洗面を済ませてカメラのセッティングをする。まだ、身体が目覚めていないのです。 今日は他にダイビングの客はいなかったので、船長と二人で港に出かけ、凪いだ海に出たのです。ポイントに着いて、今朝はどうして急いだのかがやっと分かった。波が出てきてからはなかなか潜りにくい浅場のサンゴ礁なのでした。最後の日のダイビングにと、船長が案内してくれたのは、復活してきた若いサンゴの森。昔はこんな景色がどこにでもあったような気がしましたが、今は石垣島北部でもとても珍しい光景のようです。写真を撮るには絶好の場所です。 海底を這うように伸びる山並みは、根と呼ばれる丘なのですが、どの根にもびっしりとサンゴが育っているから驚きです。船長の話では復活したサンゴだと言うことなのでしたが、どうしてこの場所にサンゴが復活できたのかを聞くのを忘れた。おそらくは、陽の光が差し込んで、潮通しもいい場所だからだろうと思うのですが、浅場だから台風が来ればかなりダメージを受けるのではないか。それにしても、自然の営みの不思議さを感じないではいられないのでした。 ただ、根の上部が2~3mという浅場なので、多少うねりが残っているから上下左右に身体が揺られるので、さすがに波酔いをした。おまけに、やたらとウミヘビが多くて、何匹もこちらに向かって近づいてくるのが恐ろしい。光る物に興味を持つのが彼らの好奇心なのだとは、分かってはいても気が気ではないのです。いつもの半分くらいの潜水時間でギブアップする亭主なのでした。3本潜った昨日の疲れと加齢が原因かとは思うけれど、下戸の船長はお酒だと言う。 しばらく休憩をとって、船長が亭主の体調を心配しながら最後に連れて行ってくれたのは、以前にも潜ったことがあるシーストリーというリーフエッジのポイント。ここも波が高い日には潜りにくい場所だから、早く出発してきて正解だったのでしょう。経験が豊富で、いつも先見の明がある船長に感謝なのです。グルクンの大群が見上げる海を泳ぎ回り、群れたカスミチョウチョウウオやアマミスズメダイが霞んでしまうくらい。イソマグロも回遊し、ホワイトチップまで出現。 海の中の山並みは雄大な景色で、誰が名付けたのかシーストーリーという名にふさわしい。若い頃なら、近くで撮影しようと魚の群れを追いかけて行ったものだけれど、年を取ったらじっと眺めて群れが近づいて来るのを待つようになったから、好いのか悪いのか。エアーの消費が少なくて済む分、長く景色を眺めていられるのかも知れない。短かった二日間だけのダイビングもこれでお仕舞い。今日は他にお客がなかったから、じっくりと堪能させてもらったのでした。 今日は早い時間に2本だけだったので、宿に戻って奥様の作った弁当をいただく。カメラの中の写真データをノートパソコンに写したところで一眠りする亭主。ところが二階の部屋の近くでミャーオミャーオと猫の鳴き声がするようだったから、階下に降りて奥様に話せば、二階には上がれないからクジャクの声じゃないかしらと一緒に見に来てくれたのです。ベランダに出て、向かいの森の辺りを眺めていると、隣の庭から鮮やかな根の色をした大きなクジャクが走る。 最後の晩の食事は、新しくいらしたお客と一緒で、聞けば亭主より少し年上のダイバー。50代から潜り始めたという体育会系だとご本人がおっしゃる。親の仕事を継いだという実業家だというから、まだまだ元気なご様子で、少し疲れ気味の亭主は早めに晩酌と食事を終えて、部屋に引き上げるのでした。明日の荷物の整理はとうに終えて、夜は帰ってからの仕込みの品を考えているのです。小鉢も出汁もすべて明日の夕刻からの仕込みになるから、大変そうです。

Posted in ダイビング, 料理, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

久々に3本も潜って疲れて…

旅先にいても、いつもと同じ時間に寝るから、いつもと同じ時間に目が覚めるのです。しかし、石垣島は関東に比べたら時差が約1時間あるので、5時ではまだ外が明るくならない。もうしばらく眠り直したら、6時過ぎには宿のテラスに出て全身のストレッチ。朝食は7時半だから、朝の散歩に出掛ける亭主。海はそれほど荒れているわけではなかったけれど、空は雲にすっかり覆われて、天気予報通りの天候でした。雨に降られないだけでも幸運と言うべきなのでしょう。 雲の切れ間から青空も覗いていると思ったら、朝食の時間には陽も差して、まったく島の天気は分からない。今朝は洋食の朝でした。サラダや肉やポテトにスクランブルエッグなど、少しずつ盛りつけてあるのが食べやすくて嬉しい。焼きたてのパンも種類が豊富だけれど少量ずつなので飽きない。スープにマンゴージュースとコーヒーを飲んだらもうお腹は一杯なのです。部屋に戻って洗面を済ませ、水着に着替えて器材を準備したら、船長と一緒に先に港へ出発。 船に乗るお客は、昨日の夜から一緒だった同世代らしいご夫婦と亭主だけなので、少しほっとするのでした。若いダイバーだと元気があるから、動き回るからこちらも疲れることが多い。じっくり写真を撮るには、やはり、あまり動くよりも魚を待ってカメラを構える方が失敗が少ないのです。耳の調子が悪いという奥様が、今日はシュノーケリングをするというので、お手伝いのスタッフが面倒を見るらしい。何度も潜っているサンゴの綺麗な浅場だから一安心でした。 ボートの下で集合というから、先に潜って船長とご主人を待っていたら、いきなりモンガラカワハギが挨拶に来てくれた。動きが速いからなかなか近くでは写真に撮れないので、やはり、待ち構えているのが正解。水温は高く25℃もあるから、ストレスも少ない。ただ、群れている小魚はいつものようになかなか撮るのが難しいのです。潮の流れが来たときに一斉に同じ方向を向いて泳ぐときがあるから、これを待つのだけれどいつも同じようには揃ってくれないのです。 海面をシュノーケリングしている奥様が手を振ってこちらを見ている。ご主人は気がついているのだろうか。ご夫婦の共通の趣味が唯一ダイビングだとおっしゃっていたから、幸せなお二人です。ダイビングをする場所まで一緒に行動を共にして、同じ出会いを共有できるから。振り返って、我が家の老夫婦を考えてみれば、女将の手伝いに来てくれる週末だけは蕎麦屋で時間を共有しているけれど、他はお互い別々の趣味を楽しんでいる。それはそれで気楽なもの。 若い頃から家族を連れてあちこちと動き回った亭主だけれど、最近は蕎麦屋一筋で旅行にも出掛けなくなった。peko がいるの理由の一つだけれど、お互いに身近な季節の推移を見て楽しんでいるといった感じ。スポーツクラブに通う道すがら、ご近所の藤が綺麗だったわよと女将が言えば、亭主もちょっと歩いて見に行ったりする。限りなく行動範囲が等身大の生活だから、お互いの思いを想像しやすいのです。女将のお稽古通いと亭主のダイビングだけが例外か。 船で一緒のご夫婦は、見かけによらず3本目を潜るのだと言う。体力がありますねと言えば、ご主人は潜った日には夜の8時には眠ってしまうのだとか。サンゴ礁の中の海でも多少うねりがあるから、船の上で待つのも辛い。いつもの自然な流れでよっこらしょと水に入れば、ラッキーなことにユメウメイロの群れが通りかかる。追いかけると逃げていくからと、じっと待っていたら再び現れたので、写真に収めることが出来ました。ウメイロモドキより少し青色が薄い。 今夜から市内のホテルに移るというご夫婦が帰って、夜は亭主一人の夕食でした。宿の奥様が、酒の肴をいろいろと作ってくださって、メインディッシュはゴーヤを皿にした肉料理。今日はゴーヤの日だからと聞いて納得する亭主なのでした。最後は果物やケーキをトッピングしたアイスのデザートとコーヒー。お互いに仕事が料理の作り手同士だから、いろいろと料理の話をするのも楽しいのです。芋焼酎を勧められたけれど、今日もお酒は控えめで明日に備えます。

Posted in ダイビング, 料理, , 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

臨時休業の一日目は移動日で…

休みの日だというのに、朝の5時からpekoeが亭主を起こすから、散歩に連れ出して2ブロックほどを回ってくるのでした。もう一度、眠るためには朝食を着くって食べてしまわないといけない。女将は起きてはいるけれど、朝のヨーガの時間なので、仕方がなく冷蔵庫の中にある野菜と肉とで、ナスとピーマンの肉炒めを豆板醤味で作り、卵が沢山あったから、ふんわり卵焼きを焼いて朝食を摂るのです。食後のコーヒーまで自分で入れて、再び床に入るのでした。 2時間ほど眠ったらそろそろ出掛ける支度をする時間だと、今度は女将に起こされて、急いで洗面と着替えを済ませる。いつもならお袋様と仕入れに出かける曜日だから、もしかして待っていたらいけないと電話をすれば、「聞いてなかった」というものだから事情を話して謝った。駅までは写真を撮りながらぶらぶらと歩く亭主だから、40分ほど前に出たのだけれど、お目当ての電車にちょうど間に合って、羽田までのアクセス特急の乗換駅まで楽ちんな旅なのでした。 平日の10時過ぎだから電車は空いている。乗換駅のホームに着いたらもう11時近くだったから、朝食が早かったからもう空腹を覚えたのです。ちょうどホームに昔ながらの立ち食い蕎麦屋があったので、懐かしそうに暖簾をくぐる。天麩羅蕎麦を注文すれば、麺はもう小さなどんぶりに入っているから、さっと湯通しするだけ。汁を入れて揚げてある例の丸い天麩羅と刻みネギを載せれば、はい出来上がりなのです。学生時代はこれで簡単に済ませたものなのです。 アクセス特急に乗り換えて更に1時間ほどで、羽田の国内線ターミナルに着く。さすがにミニどんぶりの蕎麦だけでは物足りなくって、今日の宿への土産を探しながら、前回、見つけておいた食堂街に足を運んだのです。大型連休の平日だからか、どの店もいつもよりはずっと空いていました。前回は石臼挽きが売りの蕎麦屋で天ざるを食べたから、今日はその二軒隣のカウンターで食べられる寿司屋に行くことに。店の前にはテーブルと椅子のコーナーもありました。 マグロづくしの一皿とビールを頼んだら、速い速い。セットメニューの寿司を注文する他の客は整理券をもらって待つのに、亭主の頼んだ頃合いが好かったのか、すぐに盆に握ったばかりの寿司を載せた皿とビールを出してくれました。テーブル席でゆっくりと食べれば、寿司の一貫が亭主好みでかなり小さめで、大トロ、中トロ、赤身に血合い、たたきで巻物と、これはすべて美味しい。ついつい、シマアジ、金目、ホタルイカの握りと、光り物の刺身を追加で注文する。 今度来るときは、ここで寿司を食べて、二軒隣の蕎麦屋でしめとするのも好いかも知れないなどと、美味しい和食の食べられる日本の空港のありがたさを、しみじみと感じるのでした。考えたら、若い頃から洋食よりはやはり和食が好きだったのか、年を取ったら尚更のこと、嫌いではないのだけれど、ピザやパスタという気になれない。美味しい昼飯のお蔭で、3時間の飛行機もゆっくりと休めて、苦にならなかったのです。ふと目を覚ましたら、機長のアナウンスが。 右手前方に白山が見えるとか、今日は気流の関係で静岡から愛知の陸側を飛んで、浜名湖の上を通るとか。そういえば高校時代の同級生は、この浜名湖にボートを持っていると言っていたっけ。上空からは初めて見たのだけど、随分と広い湖なのには驚きでした。確かにすぐ傍が海だけれど、水戸の涸沼とは規模が違う。昔は釣りに来いよと言われていたけれど、暇になる頃には、そんな遠くまでは行けなくなったから不思議です。それなのに石垣島には通う…。 ダイビングは年に何度かだから好いのかも知れない。釣りだと海が近いから、若い頃のようにしょっちゅう行きたくなってしまうだろう。それではなかなか蕎麦屋は務まらないから、ちょうど好い。沖縄はそろそろ梅雨に入るのか、低い雲が垂れ込める中を飛行機は空港に着陸するのでした。空港を出て、降車場付近で待っていたら、この3月末に結婚したはずの海メロのスタッフが車で迎えに来てくれました。ダイビングをしに来ていたご主人は昨日帰ったのだとか。

Posted in ダイビング | コメントは受け付けていません。

帰路に就く長かった一日…

昨夜も宿泊客は私一人だったので、前日の約束通り奥様が「今夜も出掛けますか」と聞きに来てくれた。酒の肴だけしか食べない夜の食事を、わざわざ厨房で作ってもらうのも気が引けるから、疲れているところを「お願いします」と応えたのでしたが、ダイビングの客を送って帰った船長は、とんぼ返りでまた運転手を務めてくれました。夕刻の食事場所は寂しい野中の一軒家で、締めにラーメンが食べられるイタリアンのお店。最初の一皿目で人気の程が分かった。 今朝は未明から起き出して帰りの荷造りを始める亭主。朝風呂に入ってから、昨日までのブログの本分を記入してまた一眠りする。今日はサンゴ礁の外海も波が高そうで、天候は荒れ模様だったから、ダイバーたちは難儀だと思った。昨日までの晴天と穏やかな海況は嘘のようでつくづく自分は運に恵まれていたと、誰にともなく感謝するのでした。昨日一緒に潜った若いアメリカ人夫婦たちが、海に出発する前に海メロに集合したので、最後の別れをするのでした。 空港まで奥様に送ってもらい、定刻の飛行機に乗って一路羽田へと向かう。今日は夕刻から渋谷で高校時代のクラス会があると言うので、40年以上も続けて参加してきたから参加の返事をしておいた。しかし、時間が中途半端だったから一度家に帰ることも出来ずに、遅い昼に空港で軽く蕎麦を食べて、そのまま渋谷へ向かうのでした。ハロウィン前の道玄坂は沢山の人でごった返していたけれど、無事に会場を見つけて時計を見ればまだ2時間も時間がある。 仕方がないので、少しゆっくりと休みたいと、隣にあった映画館に入ってゆっくりと寛いだのです。少しは眠れるかと思ったら、大画面のスクリーンは明るいし、邦画だったからどうしてもストーリーを追ってしまう。クラス会の始まる少し前に映画館を出て、会場の中華料理店に入っていくのでした。広い店内には、年配のグループが集まって会食をしていました。自分たちの会場は別室で、懐かしい顔ぶれが半分ほど集まっていたのでした。一年ぶりの再会でした。 こんなに長く続いているクラス会というのも珍しい。みんな毎年参加するから、顔を出さないと何処か身体でも悪いのではないかということになる。自分の外見はしみじみと眺めたことがないから、他のみんなが去年にも増して随分と歳を取ったように見える。宴もたけなわを過ぎた頃に、輪番の幹事の指示で近況報告が始まる。定年を迎えた話や、孫の話、夫婦で旅行に行った話など、ありふれた事だけれど、それがみんなの現在なのでした。二次会まで参加。

Posted in ダイビング, 日常 | コメントは受け付けていません。

最終日も最高の海の状況で…

朝、目覚めたらもう全開の快晴だと分かる明るさで、海もべた凪だった。日の出は午前7時前。船長は早くから街に泊まっているお客たちを迎えに行く。今日はまた新しいダイバーたちと一緒に船に乗る。初心者はいないらしいから、今日はまた違ったポイントに連れて行ってもらえそうなので楽しみだった。昨日、一緒だった静岡の女性も、亭主と同じく今日が最終日だと言う。定刻よりも早く準備を終え、9時前には港を出発するのでした。スタッフを入れて総勢8名。 1本目のポイントは、若いサンゴがとても綺麗な丘の続く風景で、水が澄んでいたから遠くまで見渡せるのが素敵なのでした。深さもあるから魚の群れも型が大きくなって、ウメイロモドキやグルクンの大群が回遊しているのには大喜び。岩陰に隠れて、じっとこちらに向かってくるのを待つ亭主。小魚よりもスピードがあるから、これもなかなかカメラに収めるのが難しいのです。追いかけてしまうと、後ろ姿しか撮る事が出来ないので、何とか正面か脇から狙いたいところ。 カメラ派のダイバーが多い海メロだから、船長も亭主の動きをよく見ていてくれる。ただどんどん海の中を進んでいくようなガイドの仕方では、じっくりと写真は撮れないのです。こちらも皆がどのように動いているのかと気にしながら、他のダイバーたちのタンクのエアーが昇る岩場の向こうまですぐに追いつくのです。透明度の好い海だからこそ出来ることではある。ただ、以前と違ってフィンキックが随分と疲れるように感じる。やはり年齢と共に体力が落ちてきたか。 2本目はカメの住む丘を探索する。サンゴは台風か何かでかなり壊れたがラバだったけれど、幾つもの丘陵を巡ってカメが休んでいそうな場所を見つけていくのですが、これは普通のダイバーではなかなか見つけることが出来ない。船長の指さす方角を見れば、遠くになにやらカメらしい影が見えてくる。視力の良さもあるのでしょうが、やはり経験でしょうか。皆でカメの周りを遠くから囲んでじっと眺めているのです。7匹ほどのカメを見つけて船に戻ったら昼食です。 昼食の時間は、またダイバーたちの会話も弾み、お互いを紹介し合う。自分の子供たちの年齢のアメリカ人カップルに話しかけられた亭主。流暢な日本語で、アメリカの大学の学生募集の仕事をしていると言うから驚いた。ダイビングのインストラクターの資格も持って自分でショップもやっていたという話でした。外国のダイバーが決まって聞くのは、世界はどこを潜ったかという話で、どこが好かったかというから、結局は、歳を取ったら沖縄が好いと応えるのでした。 最終日の最終ダイビングは、マンタのポイントへ連れて行ってくれた。一度に5隻しか入れない決まりだと言うそのエリアには、沢山の船が順番待ちをしている。船長の後について、深い海底の渓谷を縫って進めば、マンタが旋回するステーションに到着しましたが、今日は現れる方向が違うらしくて、遠くに2匹の影が見えたかと思ったら、今度はいきなり私たちの真ん前に現れたのでした。何匹も繰り返し旋回して、間近でカメラのシャッターを切ることが出来ました。 あっという間に時間が過ぎて、ボンベの空気の残圧も残り少なく、船に帰る時刻になりました。皆が感動した表情で船に上がるのでした。久しぶりにマンタのポイント潜って、今回も沢山のマンタを見られたのはラッキーなダイビング。天気も良かったし、海況も穏やかで、毎日楽しく海に出られたのは、幸せなことでした。ショップに戻ってまた皆でビールで乾杯。また、お会いしましょうと言って皆はそれぞれの宿に帰っていく。今夜も亭主一人が泊まり客なのでした。

Posted in ダイビング | コメントは受け付けていません。

快晴の続く喜び…

夜はぐっすり眠って目覚める朝。日の出は関東よりも1時間は遅いから、ちょっと戸惑うのです。今日の朝食は純粋な和食で、普段の亭主の朝よりもボリュームがあるから大変。今朝は、食事が終わったらすぐにダイビングに出掛ける支度を始めて、船に同乗する他のお客の到着を待つのでした。迎えに行った船長の車が到着すると、早速、器材を車に載せて、港への出発を待つのです。「お久しぶりです」と、到着した女性客が亭主に声をかけるから、びっくりする。 昨日もそうだったのですが、長年、同じショップに通っていると、いつか一緒に潜ったという人は結構多いもの。それだけリピーターのお客が多いと言うことなのか。ところが、声をかけられた当の亭主は、挨拶こそ返すものの、いっこうに誰だったか思い出せないでいるから困るのです。「年を取ると反応が遅いからね」と言って、しばらく話を聞いているうちに、ああそうだったと思い出してくる。今日のお客は岩手・静岡・福岡からそれぞれやって来たと言うから全国的だ。 体験ダイビングや初心者の人もいるから、浅場でじっくりと写真を撮る事が出来た。キンメモドキの群れやカクレクマノミなど、小さな魚たちが被写体だけれど、角度を決めてシャッターを切る瞬間を待つのがわくわくする時なのです。動き回るし、じっとしていないのが彼らの習性だから、なかなかチャンスが到来しないのです。かといって、クマノミはイソギンチャクの中に隠れてしまうし、待っている間に移動してしまう魚もいるから、気長に待てばいいというわけではない。 クマノミの親子が揃って顔を出すその瞬間を待ち受けるのです。1時間足らずの水中での撮影を終了したら、船に戻って休憩をする。ダイバーたちの会話が始まるのはこのひと時で、旧知の友達のように話をするから面白い。今朝方、声をかけられた女性の記憶も少しずつ戻って、去年の同じ時期に、海メロで一緒に潜った事を思い出すのでした。天気がいいので海から上がっても寒くはないのが何よりなのです。船長が船を移動して次のポイントに向かうのでした。 サンゴの綺麗なこのポイントでは、キンギョハナダイやスズメダイなどの沢山の小魚たちが群れ遊ぶ。この小魚の群れを撮るのもまた一苦労。遠景では魚の顔つきが見えないし、近くで撮ろうにも、気ぜわしく動き回るからぴたっとピントを合わせるのが難しい。やはり、じっと岩にへばりついて、その瞬間を待つしかないのです。あの群れがこちらに動いて、あの魚が画角の中央に来るその時がチャンス…。などと思いながら、じっとカメラを持って身構えているのです。 一日のダイビングが終わって、やっと宿に戻るのは遅い午後。器材を洗って、シャワーを浴びたら、普段はビールを飲まない亭主も、他のダイバーと一緒になって生ビールのジョッキを傾けるのが最近の楽しみ。船長の解説を聞きながら皆でログブックをつける。テラスの長椅子に寝そべって伊原間湾を眺める。今日から、宿は亭主一人になるというので、奥様に言って船長と三人で街に出掛けて食事をしようと言うことになり、ホルモン焼きの美味しい店に出掛ける。

Posted in ダイビング | コメントは受け付けていません。

心静かな一日…

さわやかな目覚め、さわやかな朝です。朝食の前に宿の周りを歩いて、木々を渡り飛び交う鳥たちの声を聞く。朝日を浴びながら奥様の用意する朝食は、白のプレートに色鮮やかな一品。三種類のパンも多すぎずに亭主にはちょうどいい量なのでした。今日のダイビングは珍しくお客が多いらしく、飛行機で到着するお客と一緒に2本目から潜ればいいと船長に言われて、10時過ぎまで海を眺めてのんびりと過ごすことが出来ました。これぞ、癒やしのひと時なのです。 やはり家にいれば定休日の二日目も蕎麦屋へ出掛けて、翌日の仕込みをしているだろうから、常に時間に追われて暮らしているのかも知れない。それも日々の生活には大切なことなのだろうけれど、休みなしの毎日では徐々に疲れはたまってくるから、家を離れて南の島に来るのも一つのストレス解消なのだと考えている。10時半に到着した新しいお客と共に港に向けて出発。今日は自分の子供たちよりも若そうな若い女性のダイバーたちばかりで、賑やかです。 海の中も、相変わらずの魚たちの群れでやはり賑わっていました。サンゴの綺麗なポイントで、ゆっくりと海中の景色を堪能したら、船に上がって皆でお昼を食べる。スタッフの女性も朝から潜っている女性も、長い間に海メロに通って顔見知りの人たちです。新しいお客たちともすぐに打ち解けて話をするようになるから楽しいのです。水族館の飼育係や看護師、ホテルのエステシャンなど、働く女性たちは皆さん生気に満ちあふれているから、こちらも元気をもらう。 一日のダイビングを終えて港に帰れば、身体はまったりと心地よい疲れで、宿に戻って部屋の風呂に入って生ビールを一杯いただく。午後の伊原間湾の景色がまた素晴らしく、サンゴの海の独特な青さが心を和ませるのでした。ダイブコンピュータを見ながらログブックをつけたら、今日撮った写真の整理を始める亭主。夕食までの2時間を、部屋のベッドに横になりなって、写真をノートパソコンに取り込みながら、ウトウトと昼寝をするひと時もまた心地よいのです。 風は終日東北東から吹いて、気温29℃とはいってもさわやかな暑さ。水温は26℃と長く潜ってもストレスがない。10年以上もこの島に通って、晴天に恵まれるのは半分ほどだろうか、島内に住んで仕事に就いているという女性たちは、天気好い日を選んで潜りに来るのだと言うから羨ましい限り。でも、台風の多かった今年の秋は、次の台風がやって来るまでの間の、絶好のダイビング日和に恵まれたのかも知れぬ。明日はどのポイントに連れて行ってもらえるのか。 夕食は例によって先付けの三点盛りが用意されて、亭主は泡盛の炭酸割りにシーカーサーを絞って一献。同宿の若者もラウンジに降りてきて、今日は竹富島を観光してきたと言う。外国人が多かったと言うから、日本全国で海外からの客が増えているらしい。昼間の海で見慣れない魚の写真を撮ったので、船長に尋ねるとノドグロベラだと教えてくれた。体型からベラの仲間だろうとは思っていたけど、全身に黄色い経帷子を纏ったような姿には驚かされたのです。 今宵は十四日の月か。向かいのハンナ岳から登って雲間を進む。時間が経つにつれて雲がなくなって月の光がやけに明るい晩なのでした。星の綺麗なこの島の夜空も、今夜ばかりは月の光に星たちがかき消えて、カシオペアだけがくっきりと見えていました。静かな夜です。サンゴ礁に囲まれた島の海岸線は、打ち寄せる波の音は聞こえずに、ただ海沿いの森を渡る風の音が聞こえてくるだけです。夕刻に女将に電話をしたら、佐倉も明日は天気が好いらしい…。

Posted in ダイビング, 料理, 星・月 | コメントは受け付けていません。

南の島へ…

昨日は蕎麦屋の営業を終えてから夕刻までに、出発前に心配を払拭しておこうと三軒の医者を回ったけれど、心配なのは右手の化膿した親指の痛みだけで、眼科でも治ってきていると言うことだったし、歯医者では虫歯も歯周病も何もないという診断でした。疲れたときに歯の痛みを感じるらしく、「あなたの歯はしっかりしていて健康です」と言われてほっとした。今朝は早くからpekoeの散歩に蕎麦屋へ出掛け、昨日の片付けと洗濯物を干して、家に戻って朝食に。 飛行機の時間は午後からだから、朝一番で床屋へ出掛けてゆっくりと親父様と話をしながら散髪をしてもらったのです。女将がスポーツクラブに出掛ける前に家を出て、特急を乗り換えて羽田までの直通電車に乗れば、随分早く着いたから便利になったものです。チェックインカウンターで搭乗手続きを済ませて、昼飯を食べようとしたら、昼時だからどこも人で一杯だったけれど、ラーメンとカツカレーのある店を見つけ、腰を下ろして腹ごしらえをする事が出来ました。 満腹になったら急に眠気に襲われて、離陸したのにも気づかずに、目的の石垣島までの3時間あまりを、ほとんどをぐっすりと眠っていた亭主。空港には船長が迎えに来てくれていて、5ヶ月ぶりの懐かしの宿に到着すれば、今度は奥様が出迎えてくれるのでした。6時を過ぎてもまだ明るいから、夕食までのひとときを伊原間湾に昇る月を眺めながらゆっくりとするのです。女将に電話をすれば佐倉は寒いくらいだと言うから、半袖に半ズボン姿の亭主は幸せな気分。 夕食は例によってフルコースだから、付け出しの三点盛りで泡盛の炭酸割りにシーカーサーを絞って一献。イカの刺身にかかっていた辛子味噌が美味しいと言ったら、お土産に売っていると言うから、早速、予約をしておくのでした。山盛りのサラダを食べると、煮物・焼き物と続くのですが、赤いヒメフエダイの煮物は関東辺りで言えば、沖メバル食感だろうかこれがとても美味しい。量を控える亭主には、一番小さなものをと出されたけれど、食べ応えがありました。 続けて石垣牛のソテーが出たところで、ちょっと考えたけれど、ニンニクバターの香りに誘われてつい食べ過ぎる。締めは島蕎麦だから是非食べなければと、さすがにデザートのアイスはノーサンキューなのでした。食後のコーヒーを飲みながら、また月を眺めて一服する。明日はダイバーが多いと言うことでしたが、船長の計らいで2本目からの参加で好いと言うことになり、部屋に戻って撮影機材のセッティング。初日はやはり緊張するから、今夜も早く休もう。

Posted in ダイビング, 日常 | コメントは受け付けていません。

帰る日…

最後の晩は亭主のリクエストに応えて、野空海(のぞみ)の奥様がソーキ蕎麦を作ってくれた。子供の頃は母親がソーメンやうどんをよく作ってくれた。東京に住んでいた若い頃はラーメンが大好きで、家族でよく近所のラーメン屋に食べに出掛けた。歳を取って蕎麦屋を始めたから、麺好きは変わらないらしい。ところが、沖縄で島蕎麦に出会って、違う麺の美味しさを知ったのです。暑い環境の中でもあっさりと食べられるコクのある旨味が、何とも言えないのです。 海のメロディーの朝食は、和食と洋食が交互に出るから飽きない。今朝は最後の朝食だから、しっかりと味わっていただいた。ご飯もおかずも歳を取った亭主には多すぎるのだけれど、栄養のバランスは好い。食後にコーヒーを入れてくれるから、外の喫煙所にコーヒーカップを持って一服しに出掛けることもある。そんな遠征の日々も今日で終わり。今回のダイビング遠征は4日間で10本を潜って、体力的にはかなり限界。いつもなら中一日は休日にするのです。 朝食を終えて9時前には港に向かって器材のセッティングを済ませる。暖かくて浅いポイントに潜ることが多いので、1本の潜水時間はどうしても50分前後になる。5月のこの時期は初めてなのでしたが、船長の話では、梅雨入りとは言っても、初めに雨がどっと降るだけで、比較的天気の多い日が続くのだそうな。4日間のダイビングはすべて快晴でした。朝夕が涼しく、海にいる昼は真夏の暑さ。水温は24、5℃だから、何本も潜るに従って身体は冷えてくるのです。 1本潜っては船の上で約1時間半、身体の中の残留窒素が抜けるのを待つ。昼食は船の上で奥様の作った弁当をいただいて、午後にもう一本潜るから、港に帰るのは遅い午後になるのです。潜水のログを記録して、その日の写真を整理したら、もう夕食の時間なのです。ベッドに横になってウトウトとすることもあるけれど、観光も何もせずに毎日この繰り返しだから、今でも「ダイビング遠征」と言っている。日に日に疲れてくるから、果たしてこれは遊びなのだろうか。 「旅行」と呼ぶのも何かそぐわないのです。年に何度かのこれらの日々のために、毎週プールに通って泳ぎ続けているけれど、今回は、今までになく疲労が蓄積した気がするのは、歳を取って体力が落ちてきたからかも知れない。一緒に潜った他のお客が、皆さん若い人ばかりだったこともある。空港まで送ってくれた宿の奥様も、冬場以外は休みのない忙しい毎日を過ごしているから、歳を重ねる先々は、宿の営業の仕方も見直さなければとおっしゃっていた。 亭主が始めたばかりの蕎麦屋も、いつまで今の形で続けていけるだろうかと、ふと思う。こちらは年に何度かのダイビング遠征とは違うけれど、二日ある定休日も毎日蕎麦屋へ出掛けて仕入れや仕込みをするのは、身体が休まらないといつも思っている。仕入れの日も午前中だけ仕込みをして、仕込みの日も午前中だけで終わらせるようにするのも一つの方法か。仕事と休日の切り替えが上手く出来ないと、やはり疲れて次の週の営業日が始まるような気がする。 南の島を後にして、房総半島の上空にさしかかるまで約2時間。そんなことを考えながらウトウトとしていた。羽田についてもいつものように寿司屋で一杯という元気がなかったから、ラーメンの専門店に入って、ゴムのような固い麺を食う。これは失敗。電車で早く家に戻って、女将と買い物に出かける。夜はやはり鮨と酢の物にした。立ち上がれば頭がクラクラとするのは、やはりかなり疲れている証拠。ゆっくりと眠って、また明日考えよう。佐倉も石垣島の暑さでした。

Posted in ダイビング, 日常 | コメントは受け付けていません。