Category Archives: 日常

風もなく穏やかに晴れた一日…

寒くて部屋の暖房を入れてもなかなか暖かくならない朝でした。亭主はファンヒーターの前から離れられずに、椅子に座って外の景色を眺めている。何軒か先のお宅の屋根に霜が降りて真っ白になっているのを、いつもなら陽が差して直ぐに溶けてしまうのに、今朝は8時を過ぎてもまだ白いままなのでした。蕎麦屋に寄って暖房を入れたら、お袋様を迎えに行く。今年最後の仕入れなのでした。空には雲が出ているのですが陽が差して暖かい。 先週はいつもの週の三分の一ほどしかお客が来なかったので、仕込んだ小鉢も煮物や漬け物がどっさり残ってしまいました。「東京では飲食店での感染が多い」と言うニュースが全国放送で流れたから、もしかすると年末の最後の週も、お客は少ないかも知れないと、今日は農産物直売所で白菜や大根をもらって、隣町のスーパーでもいつもより少ない量だけ仕入れて来ました。買い足すことは出来ても残り物を正月までは食べられないのです。 さすがの亭主も先週で懲りたという感じなのでした。それでも、まだ店頭に並んでいない食材があったので、野菜を冷蔵庫に収納したら、店の消耗品を買いに西の町のホームセンターに出掛けるついでに、隣のスーパーで見てこようと車を走らせたのです。団地の中央に昔のまま残っている村落を横切った途中、風もなく穏やかに晴れた陽気でのどかな風景が広がっていました。車を停めて駅前のタワーマンション群を背景に写真に収めておく。 割り箸や年越し蕎麦や天麩羅を入れるビニールパックや業務用の消毒液などを買い込んで、隣のスーパーを覗けば、朝の仕入で手に入らなかったブロッコリーとインゲンを見つけた。大根のコーナーには見覚えのある大きさの辛味大根が出ていたので、少しまとめて買っておく。なんと一本 60円ほどで、今年はいつもの年の五分の一の値段なのです。これなら100円で半分出しても利益が出ると亭主は大喜び。野菜が豊作だとは聞くけれど。 一週間ぶりにあちこち買い物に出掛けたら何だか疲れてしまって、白菜だけを少し塩で漬けて漬けもの器で押し漬けにしたら、家に帰って今日の仕入れのデータをパソコンに入力しておく。ついでに年賀状用の写真がやっと決まったので、いよいよ印刷を始めました。女将が帰るまでに大根の葉を茹でてお浸しに使えるようにしておく。テーブルを綺麗に拭いて昼の支度をしたら、筑前煮を温め、とろろを擦って、薬味を用意し、蕎麦を茹でる。 ぴったり 1 時に女将は帰ってくるから、着替えて食卓に付くまでに蕎麦は出来上がるのです。四日目の蕎麦になるけれど、長さは打ったときのままだし、締まってなかなかコシがあるのでした。家庭の大きな釜で一人分ずつ茹でるのが美味しく食べる秘訣なのです。食休みは居間の椅子に座って、火を点けずに煙草をくわえたまま、少し眠っていたのか。業者に電話をして、明日の夕刻に届けてもらう海老と正月用の飾り蒲鉾とを頼んでおく。 年賀状の印刷をしながら、今日の写真を取り込んでブログを書き始める亭主。蕎麦屋に行けばやることは沢山あるのだけれど、何故か気が乗らずにずるずると時間ばかりが過ぎていく。やっと重い腰を上げて出掛けたのはもう夕刻。白菜の水が上がってきたから、小さな漬けもの器に移してさらに重しをかけておく。蕎麦汁を蕎麦徳利に詰めて、冷蔵庫に入れる。昼の短いこの時期はもう夕陽が最後の光を向かいの森に投げかけているのでした。 家に戻れば夜はまた鴨鍋。蕎麦屋で解凍しておいた鴨が、先週はとうとう一つも出なかったから、これも残飯整理の一つなのです。仕上げに小豆島の手延べうどんを入れてくれたのだけれど、亭主はもう腹が苦しくて食べられなかった。少しずつ先週の店の残り物を消化していくのも、思ったよりも大変なのです。明朝は恐らくこの鍋の残りにご飯を入れて雑炊になるのでしょう。残り物を嫌がらずに何でも食べてくれる女将が本当に有り難い。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

一日中、晴れて青空だったけれど、風は冷たく…

今朝はいつもより遅く家を出たのですが、玄関のドアを開けると大きなヒヨドリが二羽、金柑の木から飛び立つのでした。『もう食べに来ているのか』と癪に障る亭主。今年は大きな実が沢山付いているから、甘露煮にして店の金柑大福に使おうと思っていたのに、あんな大きな鳥に食べられたのでは、すぐになくなってしまう。女将に話せば、「早めに採ったらいいじゃない。私も甘露煮にして喉の薬を作るわよ」とやはり狙っていたのです。 寒いけれど、見える限りの空が澄み渡った青なので、気持ちの好い朝なのでした。今日も前日の蕎麦が生舟に随分と残っていたので、蕎麦は打たないと決めていました。蕎麦を打たない朝はすることがあまりないから、早く蕎麦屋に着いても、寒さで震えているだけなのです。室温 5℃の店内でエアコンのスイッチを入れて、大釜を火にかけておきます。朝の仕事を終えたら、仕込んである具材を確認して、さて何をしようかと一休みなのです。 そうしているうちに女将がやって来て、今日は小鉢も盛り付けてあるから、ゆっくりと新聞を読んできたと言う。陽の当たる稽古場で、新聞を広げている彼女の姿を想像すると、お互いにのんびりと暮らしているのだと思うのでした。亭主もタブレットでメールとニュースを見たら、フェイスブックを覗いて、昨日のブログを読み直す。誤字・脱字があればこの時間で直しておくのです。野菜サラダの具材を刻むのも早すぎると好くないのです。 10時になったら具材を冷蔵庫から取り出して、鍋に湯を沸かしたら、まずはブロッコリーとアスパラを塩茹でしておく。ブロッコリーは芯が硬いから、1 分ほど先に茹で始めて、細いアスパラはすぐに柔らかくなるから後で入れる。その週に仕入れた野菜の状態にもよるから、時間を見計らって竹串で刺して茹で加減を見るのです。これを怠って他の作業に夢中になっていると、ブロッコリーは茹ですぎて崩れてしまうから要注意なのです。 女将が早いお昼を食べて帰る前に、亭主もかき揚げを揚げて、昨日の蕎麦を茹でてぶっかけ蕎麦を食べておきます。今朝も持ち帰った蕎麦を温かい汁で肉蕎麦にして食べたから、二食続けて蕎麦という贅沢な生活。きちんと打てている蕎麦は、保存の状態が好いので、三日経っても四日経っても美味しく食べられる。短く切れてしまうのは蕎麦を乾燥させるからだと判っているので、キッチンペーパーでくるんだ蕎麦をビニール袋に入れておく。 開店前の野菜サラダを仕込んでいる時間に、車が駐車場に入ってきたけれど、まだ 11時だったのでそのまま帰って行くのを見ていたら、暖簾を出す時間にまた同じ車が入ってきたので、「いらっしゃいませ」と出迎える。蕎麦が大好きだと言うお婆様が、娘さんと孫を連れてのご来店なのでした。小さなお子さんが蕎麦は食べられないとおっしゃるので、うどんもありますよと言えば喜んで、ゆっくりと昼の一時を過ごしていかれたのです。 それから一時間はお客がなくて、昨日と同じかと心配したけれど、1 時を過ぎて蕎麦好きの常連さんがご来店で、カウンターのいつもの席でいつものヘルシーランチセット。やはりこの時期は、本当に蕎麦の好きなお客しか来ないという状況なのです。寒さもあるけれど、コロナの感染拡大の影響も否めないでしょう。ラストオーダーの時間にはもう洗い物も済ませて、女将と早く蕎麦屋を出て家路につくのでした。太陽が低く輝いていました。 女将が美容院に出掛けている間に、亭主は庭に出て金柑を採る。3cm~4cmもある大きなものだけでも、黄色くなっているのを採ったら 30個ほどになった。小さなものは黄色くなっていても女将の甘露煮に譲るのです。ひと眠りしてまた蕎麦屋に出掛ける亭主。夜はこのところめっきりお客が来なくなったから、柚子の皮を削いで千切りにして白菜用に冷凍しておくのです。霜の降りてきたこの時期はそろそろ白菜を漬け始める時期なのです。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

氷点下の朝…

とても寒い朝でした。今年は12月に入っても例年よりは気温が高かったのか、霜の降りるような朝の寒さにはなかなか慣れないのです。煙草と珈琲を買いにコンビニまで車を走らせれば、見える限りの彼方まで青空が広がっていました。いつも坂の上から眺めているみずき通りも、その青空に向かう道のようで心も晴れるのでした。あの坂の上の突き当たりを左に曲がれば、すぐそこがもう蕎麦屋なのです。定休日でも毎朝、出掛けて行く場所。 隣の畑のクローバーも今朝は霜で真っ白。大雨が多かった夏場に畑の土が流れ出てしまうからと、お隣の息子さんが苦労して植えたものです。今ではしっかりと根を張って、蕎麦屋の小径の素敵な景観になっている。90 歳の親父様ではなかなかここまでは出来なかったのでしょう。蕎麦屋の駐車場のモミジが散って、また落ち葉が散らかっているのが気になったから、店の暖房を入れて室内が暖まるまでと、箒とちりとりを持って掃きに出る。 見上げれば、紅葉の木はすっかり丸坊主になっていました。枝の上の方には、なにやら鳥の巣のような物が見えた。雀たちが今年は随分と頻繁に紅葉の木に来ていたのは、雛を育てるためだったのかも知れません。今朝は 4℃という寒さだった厨房も、暖房を入れて使わないのに大釜に火を入れ、やっと 11 ℃くらいまで上がってきたので、亭主は包丁を取り出して、冷蔵庫から明日の天麩羅やかき揚げの具材にする野菜を出して並べるのです。 カボチャを切り分けたらレンジにかけて、その間に玉葱をスライスして三ツ葉と人参を刻んだら、容器に入れてラップをする。生椎茸は石づきから軸の部分を切り落として、傘の部分だけを残して、二パック分を飾り切りにして容器に詰めていく。ピーマンは半分に縦に切って白い種を取り出して容器に入れる。茄子を最後に切り分けるのは、長い時間空気に触れると、種が黒く酸化してみっともなくなるからです。直ぐにラップをかけておく。 冷蔵庫で保存しておけば、新鮮なものならば次の日くらいまでは、不思議と種は黒くならないのです。たったこれだけの作業だから、ものの 30 分もあれば終わってしまう。後は夕刻にまた店に来て明日のお新香を糠床に漬けるだけ。昨日出汁まで取っておいたから、今日は随分と楽なのです。プールにそのまま出掛けるにはちょっと時間が早すぎるので、一旦、家に戻ってゆっくり。ひと足先に女将はもうスポーツクラブに出掛けていた。 庭の金柑が陽を浴びて黄色く輝いていました。今年は通り側の枝を剪定しすぎたせいか、結果的に摘果したことになったのか、大きな実が随分と沢山なっているのです。鳥が食べに来る前に、甘露煮を作りたいものだと見るたびに思う。11時前にプールに着いたのは好かったけれど、ちょっと時間が早すぎたのかベビースイムも終わるまでには時間がある。一般のコースはひとコースに 5人も泳いでいるのでした。ゆっくりと準備運動をする。 4人に減ったコースに入ってアップを始めたのは好いけれど、いくらゆっくりと泳ぐコースだとは言え、歩くよりも遅いスピードの親父様が、悠然と立ち泳ぎをしているから困った。隣の50mを続けて速く泳ぐコースが少し空いたので、コースを移って冷えた身体を温めるのでした。帰りには地階のスーパーによって、肉や果物を買って家に帰る。夜の水泳の後では、肉も好いものがなくなっているから、昼前の水泳の後が一番好いようです。 昼食は蕎麦屋の残り物の野菜を総動員して、スープとカレー炒飯を作る。定休日の昼食はいつも変わり映えしないけれど、亭主は中華鍋を振れるし、女将も普段と違った食べ物を嫌がらないから有り難い。泳いで満腹になった午後はやはりひと眠りなのでした。3 時過ぎに気持ちよく目が覚めて、珈琲を一杯飲んだら再び蕎麦屋へ、今度は歩いて出掛ける。昼の時間があるからブログも早めに終わらせて、夜は年賀状の写真を選ぶのにひと苦労。

Posted in 仕込み, 季節, 日常, , 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

霜の降りた寒い朝…

寒い朝でしたが、今朝も 7 時間睡眠からすっきりと目覚めました。朝食は夕べうどんを入れて食べ終えた鴨鍋の残りを、女将が雑炊にしてくれたので身体が暖まったのです。お袋様と仕入に出かける前に出汁を取ってしまおうと、8時には蕎麦屋に出掛けたのですが、前の畑はびっしりと霜が降りていました。蕎麦屋の店内は8℃、蕎麦打ち室は6℃の寒さだったから、やはり相当に冷え込んだ様子なのでした。いよいよ冬将軍がやって来たか。 予定通りに小一時間をかけて出汁を取り、容器に入れて大鍋や洗い桶に入れた水で冷やしておく。お袋様に電話をして迎えに行けば、もう 9時だというのに車外温度はまだ 5℃なのです。車の中では陽射しが暖かく感じるけれど、車内の暖房ではなかなか暖まらない。農産物直売所では、冬の葉物野菜がずらりと並び、葉の付いたままの見事な大根が一本 100円。同じく葉の付いたままの蕪も6個で100円。持ちきれないほどの野菜を買い込む。 ちょうどお客がいなかったから、店の小父さんが車まで大きな大根二本を運んでくれたのでした。印刷した買い物リストを家に忘れて来たので取りに寄り、隣町のスーパーに出掛けたら、不思議なことに今日はレジに並ぶ人の姿がないほど空いている。レジの女の子に「珍しく空いていますね」と言えば、「15日は年金の支給日だから、皆さん銀行へ行ってからいらっしゃるのですよ」と言われてハッとした。店の先輩達に教えられたのだとか。 亭主は銀行でお金を下ろさなくても、先週の売り上げで蕎麦粉の代金を支払い、なんとか今日の仕入れが出来たのでした。レタスと三つ葉がまだ出ていなかったので、お袋様を送って店に戻り、買って帰った沢山の食材や、朝のうちに冷やしておいた出汁や蕎麦汁を片付けてから、団地の中の安売りスーパーに行ってみたのです。確かにこの時期は野菜が驚くほど安いのです。レタスだけ 60円で買ったけれど、三ツ葉は置いていないのでした。 昼の支度にはまだ早かったから、家に戻って湯麺を買うのを忘れたことに気が付いて、駅前のスーパーまで車を走らせる。残っている野菜サラダの最終処分は肉と海老とイカとを煮込んで、うま煮風の湯麺にしようと女将と話していたのです。ついでに三ツ葉を捜したけれど、今日は三ツ葉が入らなかったと野菜の担当者が言うのでした。やっとシマダヤの湯麺を手に入れて、大きめの冷凍むきえびとイカとを買って、家に戻って台所に入る。 女将の帰るまでにはまだ時間があったので、蕎麦屋から持ち帰った大根の葉と蕪の葉を茹でて、水で洗って切りそろえておく。先に太い茎の部分から長めに茹でたら、今度は葉も鍋の中に入れてゆっくりと茹でる。新鮮な葉は上手く茹でるとホウレン草のように柔らかいのです。栄養価はホウレン草の何倍もあるから、お浸しにしたり、味噌汁に入れたりと冬場の野菜としては大活躍なのです。時間を見計らってうま煮の汁を作り、麺を茹でる。 時間通りに女将が戻って、二人であんかけの湯麺を食べるのでした。中華の好きな亭主は中華丼でも好かったのだけれど、女将は食べつけた湯麺の方が好きらしい。餃子も作って冷凍してあるのだけれど、歳を取って亭主もそんなに沢山は食べられなくなったのです。青空に覆われた一日かと思ったのに、午後の空模様はまた南から崩れ始めました。上空では寒気と暖気とがぶつかり合っているのかも知れない。食休みがてらテレビ映画を観る。 ヒュー・グラント主演の「アバウト・ア・ボーイ」という映画でしたけれど、初めてだったので最後まで一気に観てしまった。気が付けばもう蕎麦屋に戻らなければならない時間なのです。午後は筑前煮となた漬け、そして親子丼の具材を煮込まなければ。里芋だとばかり思って買った農家の袋には八つ頭と書いてあった。小さな子芋だから同じようにして使ってみた。少しで好いのに、やはり材料を使い切ろうと思うと量が多くなりました。 冬場の小鉢としてすっかり定着した一品です。お客にも人気があるので、つい力を入れてしまうけれど、原価計算をしたら 20鉢分とっても、ひと鉢分の値段が 87円になった。今日も朝から晩まで作る料理の事ばかり考えていたような気がする。夕べはプールにも行かずにしっかりと夕食と夜食を食べたから、今夜は体重がぐっと増えていたのです。女将に言わせると、定休日は昼もしっかりと食べるから、亭主にとっては要注意日なのだとか。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

曇り空の寒い一日…

家の門の植え込みに今年も赤いミニバラが咲きました。今年は背の高い水仙が何時の間にか陽を遮っていたから、もう咲かないかと思っていたら、しぶとく命を長らえてくれたのでした。この場所に水仙を植えた覚えのない亭主は、もしかしてと女将に嫌疑をかけるけれど、二人とも長い年月の間に、とっくに忘れていることが多いものなのです。今朝は少し遅く蕎麦屋に出掛けて、寒い厨房でまず蕎麦豆腐を仕込み、夕べ準備した出汁を取る。 冬場は温かい汁の蕎麦が多く出るので、一番出汁は3㍑の鍋で取り、二番出汁は5㍑の鍋で追い鰹をして取ることにしているのです。先週も、最後になって二番出汁が足りなくなったので、一週間で二回も出汁を取ったのですが、結局、一番出汁で作った蕎麦汁が随分と残ってしまうのです。お客の入り具合にも寄るけれど、天せいろが出ないと天つゆが捌けないし、暖かい蕎麦ばかり出ると蕎麦汁が残るという悪循環に陥ってしまったらしい。 残ってしまった蕎麦汁は冷蔵庫に入れて次の週に使うのだけれど、大体、蕎麦汁は蕎麦の数と同じだけ徳利に詰めておくから、本来は残らないはずのものなのです。蕎麦汁を作るには返しと一番出汁を 3:10 ぐらいの割合で合わせて火にかけるのですが、今日は作る蕎麦汁の量を少し減らして、一回り小さな鍋で作ってみた。いつもより多く残った半分の量の一番出汁は、瓶に詰めて予備として冷蔵庫に取っておき、使わなければ家に持ち帰る。 蕎麦汁を多めに作ってしまうのと、温かい蕎麦の汁を作るのとで、このところ甕の返しが随分と減ってしまったのです。二番出汁まで取り終えたら、今度は返しを仕込んでおきます。長崎や奈良から取り寄せる特級の減塩醤油や減塩の再仕込み醤油は、それ自体が値段が高いので、あまり頻繁に返しを作るのも大変なのです。とは言え、こればかりは亭主のある種のこだわりだから、安上がりの返しで済まそうという気にはなれないから辛い。 返しが出来上がったら、甕に入れるまで冷まさなければならないので、その間に店の西側の小径に散ったモミジを掃き集めておきます。気温が下がって蕎麦屋のモミジも随分と綺麗に紅葉したけれど、眺める人は散った葉を掃き集める苦労を知らないかも知れない。11時前に蕎麦屋を出て、今日は早めにプールに出掛けられました。ロッカールームは一杯で換気の悪そうな奥の一角で着替える。それでもプールはそんなに混んではいなかった。 どのコースも3人ほどの人が泳いでいるから、準備運動を済ませて、センターコースの速く泳ぐコースに入ってアップをする。バタフライは出来ないから、キックだけドルフィンを打って両手はクロールで泳ぐ。他の人の邪魔にならないように、休まずに四種目を終えて上がろうとしたら、「もう終わりですか」と休みながら泳いでいた男性が声をかける。「私は四個メ一本のアップで十分なのです」と応えてロッカールームに戻るのでした。 今日は女将が12時には家に戻る日だから、早く帰って蕎麦を茹でなければと、買い物もせずに家に帰れば、女将の方が先に帰っていました。台所に入れば、もう蕎麦を茹でる鍋を火にかけてあるし、亭主は天麩羅をグリルに入れて沸いた鍋で蕎麦を茹でるだけ。天麩羅が焼き上がるまで待てないから、蕎麦汁を蕎麦猪口に入れて茹でたの蕎麦を啜れば、自分で言うのもおこがましいけれど、やはり亭の蕎麦は美味しい。二日目の蕎麦なのでした。 午後はさすがにプールで泳いで腹も一杯になったので30分ほどひと眠り。それでも、珈琲を一杯飲んでから、3時を過ぎたらまた蕎麦屋に出掛けて、午後の仕込みを始めるのでした。一日中曇っているかと思った空も青空が覗き、モミジの葉に夕陽が差して色鮮やかなのでした。モミジの木の形の全体が風情がないので、来年は剪定をもう少し勉強しようと思うのでした。暖房も入れないで厨房に入って、明日の天麩羅の具材を切り分けます。 やっと4時を回って、ぬか漬けを漬ける時間帯。茄子に焼きミョウバンをこすりつけて、胡瓜と蕪にも塩をまぶして、「美味く漬かってくれよ」と糠床を閉じる。家に戻って残り物で軽い夕食を食べたら、暗くなった 6 時前には、夜の防犯パトロールに出掛けるのでした。部会長の話では、近隣の地区でも、警察を名乗ってアポ電を使った巧妙な手口の詐欺被害が多くなったのだとか。明日も寒い一日になりそうだから、蕎麦屋も大変なのか。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, | コメントは受け付けていません。

穏やかに晴れて暖かい一日…

蕎麦屋が休みの日は、どうも早くから目が覚める。寒い朝でしたが、空は青く晴れ渡り、昼の暖かさを予感するのです。お袋様を迎えに行きながら、昨日残った蕎麦や金柑大福を届ければ、調整池の畔になった柿の実の向こうに、駅前の高層マンション群が見えるのでした。こんな日は年末の大掃除日和なのだろうと思うけれど、昔とは違って網戸の掃除もしなくなった。蕎麦屋のガラス窓も随分と汚れてきたから、少しは掃除をしなければ。 団地の外れの農産物直売所では、今朝はまだ農家の人たちが野菜を運んで来ていないらしく、大根や市内産の蓮根などを買って、隣町のスーパーへと急ぐのでした。今週は筑前煮の代わりにカボチャの従姉妹煮を作ろうと思っていたから、材料を買わずに済んだので、いつもの買い出しの時よりもお金を使わなかった。仕入れはちょっと意識して数を減らすと、すぐに二、三千円は減るのです。足らなくてはいけないと、いつも多く買いすぎる。 蕎麦屋に戻って、野菜を冷蔵庫に収納したら、今日は保健所に新しい営業許可証を取りに行かなくてはならなかったから、取りあえず大根を刻んでなた漬けの準備だけしておく。塩をまぶして漬けもの器に漬けておけば、午後にはもう漬け込めるのです。団地を出て国道を走ると、保健所への新しい道は知っているはずなのに、つい昔から通り慣れた国道を走ってしまうから困った。ナビで渋滞状況を確認して混雑する旧道を避けて走るのです。 合同庁舎に着けば、どうしてこんなに混んでいるのかと思うほど、駐車場が車で一杯だった。相変わらず保健所の階は沢山の若い女性たちがそれぞれのデスクに向かい、全員がマスクをしているとは言え、こんなに密集していて大丈夫なのかと思ってしまうのでした。忙しそうに動き回る男性職員が親切に担当の女性を呼んでくれて、古い営業許可証を出して、新しい六年間の許可証を受け取ったら、受け取り票に判を押してお終いなのでした。 わずか10kmほどの距離で道が空いていれば20分もかからない所なのに、近所へ仕入れや団地の中のスポーツクラブへしか行かない亭主にとっては、随分と遠く感じたのでした。帰り道は、広い水田の中の新しい道路を通って、ドライブを楽しむようにのんびりと走れば、クルーズコントロールのスイッチの入れ方も忘れてしまう有様。使わない物は日に日に疎くなるもので、前の車に近づいて本当に自動ブレーキが効くのか不安なのでした。 女将がスポーツクラブから帰る昼過ぎの時間よりもだいぶ早く家に着いて、台所に立つ前に冷蔵庫に残った食材を確認しておく。蕎麦屋の野菜サラダの残りが二パックあるから、赤玉葱とレタスはコンソメスープにして、その他の野菜は塩とコショウで肉と海鮮ミックスで炒めて、砂糖を少々隠し味で入れて水で煮るのです。中華鍋が沸騰してきたら、片栗粉を水で溶いて加えれば、とろーりとろける海鮮中華丼の具材の出来上がりなのです。 調理している間に急に腹が減ってきたので、女将の帰る5分前には、自分の食べる分を盛り付けて、ひと足先に食べてしまうのでした。味が好いから帰った女将も美味しいと言って食べてくれました。朝が早かったから久しぶりに食後の昼寝をして、3時過ぎに蕎麦屋に戻って午後の仕込みをするのでした。親子丼の具材とカボチャの従姉妹煮を鍋に入れて出汁で弱火で煮込む。その間に塩で漬けておいた大根の水気を絞ってなた漬けを漬ける。 冷凍しておいた柚子が香るのです。唐辛子はやはり京唐辛子が美味しいと、二袋も買ってきた。これで明日の夕刻にお新香を漬ければ、今週の小鉢の仕込みは完了です。冬の夕暮れは早く、5時前にはもう黄昏れてきました。コンビニに寄って、夜に飲む焼酎とつまみと禁断の夜食に新製品のカップ麺を買って帰る。夕食には亭主は蕎麦屋で残ったモツの煮込みを温め、女将はキャベツと豆腐の残りを使ってちゃんこ鍋を作った。食べ過ぎた晩。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

朝から雨の寒い一日…

今朝は品薄状態が続いているVB(ウィルス・ブロック)のおしぼりが届くと言うので、早くから蕎麦屋に出掛けたのです。コンクリートにタイルを貼った床は冷たく、室温は10℃とまだ寒くて活動も出来ないので、暖房を入れて大釜に火を点けて、厨房のタブレットでメールを確認して天気予報を見たら、昨日のブログの点検をする。そして、フェイスブックやニュースを見て、少し室温が上がったからと、午前中の仕込みを開始するのでした。 買ってあった大粒の金柑の実を半分に切って、一つずつ竹串で種を取り出すのが最初の仕事。金柑大福を毎日作ったとして二週間分ぐらいの量だろうか、酢水で少し煮沸したら、氷糖蜜で静かに煮込む。その間に、昨日から皮を剥き始めた大手亡豆の皮を剥き終えて、今度は水から柔らかくなるまで煮立てるのですが、これがまた時間がかかるのです。音楽を流しながら、気持ちをリラックスして作業を続けるのだけれど、やはり飽きて疲れる。 金柑は余り強火で煮詰めると、皮から中身が飛び出してしまうので、弱火でじっくりと柔らかくなるまで煮るのがポイント。先日、金柑大福を注文なさった奥さんが、「皮が柔らかくて美味しいわ」と、自分でも作ったことのあるような言い方をしていた。酢水で一度湯がいてあるのと氷糖蜜でじっくりと火にかけているから、ちょっと家庭で作るのとは違うかも知れない。砂糖を使わないからその分の値段も高くなるし、手間もかかるのです。 女将が家の庭の金柑を煮る時などは、種も取らずに水から煮立てて砂糖を入れるだけ。風邪の予防に好いからと、鳥に食べられる前に黄色くなった金柑を採るのですが、粒の大きなものは亭主が蕎麦屋で煮て金柑大福に使う。例年、庭の金柑は年が明けないと黄色くならないから、それまでは高い金柑を買って使っているけれど、今年は暖かかったから色づくのが早そうです。もともとは庭で出来た実を使った遊び心がいつの間にか人気が出た。 金柑を包む白餡は、いつも行くスーパーでも冷凍で売っているのですが、これを使えば労力は圧倒的に減るのは分かっている。しかし、大手亡豆の原産地や添加物の有無など、不安な要素が沢山ある。そして、何よりも味が良いのか悪いのか。無糖の白餡もあるようだけれど、それでは二度手間になる。そうした事をいろいろ考えて、自分で北海道の大手亡豆を取り寄せて、皮を剥き、煮てから濾して、という現在の方法に辿り着いたのでした。 と言えば、もっともらしいのですが、実は隠居の蕎麦屋だから暇があるのかも知れない。ちょうど好い具合に柔らかくなった豆を濾し網に乗せたら、左手で宮島を上から押さえ、右手で柄の部分を引いて、力を入れて濾していく。その時は頭の中は空っぽなのです。蕎麦打ちの時も同じです。集中している時は頭ではなく身体が自然と動いていくもの。これを延々と10回ほど繰り返し、250gの豆がやっと綺麗な白い粉になるのでした。疲れる。 後は氷糖蜜を加えて、鍋でとろ火でこれも延々と煮詰めていく。その間に洗い物を済ませて、今日のお昼は何にしようかと買い物を頼まれた亭主は考える。11時をとっくに回っていたから、もう午前中にプールに行って泳ぐ時間はない。肉や魚の買い物を済ませて、モヤシとシラタキだけ買って、うどんやキャベツはあるから、夜は寒いからちゃんこ鍋だろうと、家に戻って昼食の用意を始めるのです。寒い昼は湯麺のうま煮風。身体が暖まる。 宅配の荷物が届くかと、午後も早めに蕎麦屋に出掛け、明日の天麩羅の具材を切り分けたり、糠味噌に茄子や胡瓜や蕪を漬けて、明日の仕込みはほぼ終了です。昼の買い物でアスパラを買い忘れたから、その分はインゲンで代用するとして、さあて、明日はどれだけ蕎麦を打とうか。結局、宅配の荷物は届かずに、夕刻になって、業者が海老や鴨肉、山葵、鱚を持って来たのです。夜まで雨が止まなかったので、防犯パトロールは中止でした。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

初霜の朝なのに、穏やかに晴れた冬の日…

夕べは10時に床に就いたから、今朝は5時過ぎには目が覚めたのでした。夜のプールが効いたのか、いつも寝酒に飲んでいる焼酎の冷たい炭酸割りから、お湯割りに替えたのが好かったのか、よく眠れたのです。お茶を一杯入れて飲んでもまだ早すぎるからと、蕎麦屋に出掛けて昨日の片付けをしようと思い立って車を出す。冬になって日の出が遅くなっているから、6時でもまだ陽が昇らない。向かいの畑の奥に住む小母さんが愛犬の散歩。 「お早うございます。今朝は寒いですね」と挨拶をすれば、まだ暗いのに「霜が降りてるよ」と教えてくれた。この冬初めての霜です。予報でも佐倉の気温は朝 6 時で 4℃だったから、もうそんな季節なのかと驚くばかり。店の暖房を入れたら厨房に入って、昨日の洗い物を戸棚に片付け、昨日のうちに水に浸けておいた大手亡豆を鍋に移して一煮立ち。空の蕎麦徳利に蕎麦汁を詰めて冷蔵庫に入れておく。これだけでも少しは後が楽なのです。 それでも家に戻ればまだ 7 時前だから、女将は食堂に現れない。珈琲を入れて BS のニュースを見る。10分間だけしかやらないので、コンパクトなところが好い。やっと女将が登場して、味噌汁を作る頃に亭主が台所に加わって三ツ葉の卵とじを作る。今朝ほど蕎麦屋から持ち帰った一番出汁の残りを使って、出汁巻き卵の要領で、塩と砂糖を入れてふっくらと焼き上げるのです。女将が漬けた茄子と胡瓜のお新香と納豆とが朝食のおかず。 いつもの時間に家を出て、お袋様を迎えに行く時間まで、蕎麦屋で大手亡豆の皮を剥く。「今日は寒いねぇ」とお袋様が車に乗って、まずは農産物直売所に出掛けるのです。車外温度は8℃。冷蔵庫の中と同じくらいの温度だから、陽射しがあってもまだ寒いのです。蕎麦屋の常連さんの農家で出している葉の付いた大根や蕪を買って、今日は筑前煮の根菜類がまだ冷蔵庫に残っていたから、いつもの半分ほどの値段で済む。たまには節約です。 それから隣町のスーパーに出掛け、一通りの食材を揃えたけれど、今日はアスパラが出ていなかった。月初めの安売りの日とあって駐車場は満杯。店に戻って野菜類を冷蔵庫に収納したら、大きな大根を半分ほど使ってなた漬けの準備をする。小松菜も常連さんのところで作ったもので、二把茹でてパットに並べて急速冷凍しておくのです。アスパラがないのが気になって、橋の向こうのスーパーに行ってみるのだけれど、置いていなかった。 帰り道、小学校の裏門の近くにモミジが綺麗に紅葉しているのを見つけたので、蕎麦屋に車を置いたら、今来た道を 5分ほど戻って歩いて近くまで行ってみる。校庭では体育の時間らしい子どもたちが、寒いのに元気に動き回っているのでした。店に帰って午前中に出汁を取って蕎麦汁と天つゆを作っておく。一緒に先週売り切れた親子丼の具材を煮込んでタッパに入れて急速冷凍しておく。女将の帰る前に家に帰って、大根と蕪の葉を茹でる。 昼は昨日の残りのかき揚げの材料と肉を炒めてカレー味で野菜炒め。なた漬けの残りと茹でたばかりの大根と蕪の葉におかかをかけて美味しく食べる。ものが新鮮だから、少し長い時間をかけて根元の方から茹でてやれば、小松菜と変わらない食感になるのです。栄養価もかなり高いから、我が家では捨てるところがないというわけ。食後に、珍しく女将が「午後の予定は?」と尋ねるので「何もない」と言えば木槿の枝を切って欲しいと言う。 今年は暖かかったせいか、夏場にも塀際の四本の木槿を剪定したのに、随分と背丈が伸びた。電動バリカンだと切った枝が散らかるので、剪定ばさみで一本一本胸の高さまで短く刈り込んだのです。葉が落ちたから切りやすい。ついでに南天の枝も切って、金柑に陽が当たりやすくしてやる。小一時間でゴミ袋 6杯分。女将が袋詰めをしてくれました。それから亭主はビールをケースで仕入に出掛けて、なた漬けと筑前煮を作ってから家に帰る。

Posted in 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

予報とは裏腹に終日の冷たい雨…

「雨が降っているじゃない」と洗濯を終えた女将が愚痴をこぼすから、「予報だから仕方がないよ」と曇りでなかったのを取りなす亭主。いつもの時間より少し遅れて蕎麦屋に着いたら、まずは忘れないようにと蕎麦豆腐を仕込んで、今朝は二週間ぶりにレンジ周りの掃除を始めるのでした。掃除をしなければならない所は沢山あるけれど、完璧は求めずに出来ることだけをやっておくのです。今日は昼前にプールに出掛けたいから時間がない。 筑前煮の具材を刻んで、綺麗な里芋を六方に剥いたら、酢水で煮立てた蓮根を最後に入れて、中華鍋で炒める。これを出し汁で煮込んでいる間に玉葱を刻み、鶏肉を切って、半分は親子丼の仕込みの鍋で煮ながら、残りを片栗粉にまぶして中華鍋で焦げ目が付くまで炒めるのです。このところ毎週のように作っているから、身体が自然と段取りを覚えているのが嬉しい。今が旬の根菜類は今が一番の食べ時で、筑前煮の小鉢はお客にも好評です。 油で炒めるのも一手間だけれど、薄口の出汁醤油で煮込んで砂糖を加えるのがポイントかも知れない。使った鍋類を洗って、親子丼の具材と筑前煮をタッパに詰めたら、冷めないうちに冷蔵庫に入れておく。レンジの火が消えていることを確認して、念のためにロックをかける。午前中 2時間の仕込みはこれで終わり。外は朝から降りしきる雨で道路も濡れているのです。女将に頼まれたトイレットペーパーを買ってスポーツクラブの駐車場へ。 冷たい雨のせいか、ロッカールームもいつになく空いているのでした。プールサイドに出れば、ベビースイムの教室も終わるところで、コースには人も疎らなのでした。月曜が祝日営業で夜は閉まっていたし、昨日はスポーツクラブが定休日だから、久しぶりの水泳なので入念に準備運動をして、ゆっくりとアップを始める。気持ちの好いひと時です。今の亭主にとっては、これが唯一の気分転換なのかも知れない。家の買い物をして帰宅です。 最近は、プールの帰りに肉や魚を亭主が買って帰ることが多い。歩いてスポーツクラブに行く女将は、昼までに買い物を済ませるのも難しいし、荷物が沢山ある時には持って帰れないのです。12時を少し過ぎていたから、女将の方が先に帰っていました。急いで台所に入り、肉野菜炒めとスープを作りながら、昨日作った餃子を焼きます。餃子以外はすべて蕎麦屋の残り物を使っての料理なのです。これであらかた先週の残飯整理が済んだかな。 今までなら食後は横になってひと眠りをするのですが、最近は午後に昼寝をしないことが習慣になったから、時間をもてあましてしまう。夕刻に業者が頼んだ食材を持って来るまでには、随分と時間があったけれど、家でテレビを観るのにも飽きたから、また蕎麦屋に出掛けて行く亭主。エリック・クラプトンのアンプラグドの歌を聴きながら、天麩羅の具材を切り分けて容器に詰めていく。茄子と胡瓜と蕪のお新香を漬けるにはまだ早い時間。 冷蔵庫から金柑を取り出して、蔕を切って半分に切り、一つずつ竹串で種を取っていく。出始めの先週に買ったものはひとパック400円だったのに 4パックも仕入れてしまった。昨日買った物は同じ物でも300円で粒も大きくなっているのです。やはり何事も慌ててはいけないのでしょう。酢水で煮てから氷糖蜜で煮直す。前のひと瓶がまだ半分以上残っているから、これで年明けまでは持ちそう。夕べ大手亡豆も年明け分まで発注しておいた。 寒い日には蕎麦饅頭を作りながら、間に金柑大福を包んでデザートは当分安泰なのです。それでもまだ時間があるから、昨日、四つも仕入れた大粒の柚子の皮を剥いて、中身は女将の柚子ジャムの材料に家に持って帰る。皮は外側の黄色い部分だけを包丁で削いで、千切りにしていく。パットに並べてラップをかけて冷凍しておけば、霜が降りて甘くなる頃の白菜の漬け物の時期まで使えそうです。3 時間の仕込みを終えたらやっと荷物が届く。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

菊の秋 寒さが戻って曇り空…

夕べは 5 時間ほど眠って寒さで目が覚めたから、エアコンを入れてまた 2時間寝続けた。最近はこんな調子で夜は 7時間も眠っているので、身体の調子も好いのです。いつもの時間よりは少し遅れて蕎麦屋に出掛ければ、玄関先の植木鉢にに菊が一輪咲いているのでした。車庫の上のポットにもピンクの菊が咲いて、やっと菊の秋なのです。蕎麦屋に着いたら昨日の洗い物を片付けて、お袋様に電話を入れる。定休日一日目の仕入の始まりです。 空はどんよりと曇って、昨日に比べたら随分と寒い朝なのです。団地の中にある隣の地区に続く橋を渡って、農産物直売所へでかければ、今日は農家の人たちが沢山野菜を運んでいて、顔見知りの農家の奥さんや親父様に挨拶をして、採れたばかりの大根や蕪や里芋をもらっていくのです。「また、筑前煮ですね」と奥さんに言われて「根菜類は今が旬だからね。いつも美味しい野菜を有り難うございます」と応える亭主。柚子も10個で300円。 これは女将のジャム作りと亭主の風呂の友になる。店で使う柚子はスーパーで大粒で皮の綺麗な物を買うのだけれど、この時期は一つ100円だからまだまだ安いのです。葉物野菜を含めて、今朝は随分と沢山の野菜が出ていたのでした。葉の付いた新鮮で大きな大根が一本100円だから、なた漬けの季節なので2本もらってくる。隣町のスーパーでも、気に入ったものがなかったのが生椎茸で、これは後で何処かに買いに行かなければならない。 店に戻って野菜を冷蔵庫に収納したら、なた漬け用に切り分けた大根を、塩漬けにして漬け物器で押し漬けにしておく。そして、月末だからと床屋に出掛けて、月に一度の親父様との会話。今日は暇そうにベートーベンの映画を観ていたから、付き合いながら髪を刈ってもらうのでした。明日は世間では給料日だから銀行も混むからと帰りに銀行に寄って、女将とスタッフに払う月々の金を下ろして新札に替えておく。これは持ち出しになる。 売り上げの中から銀行に金を入れない限り、店の赤字は解消されないのは道理。いつかそんな日が来るのを夢見て、コロナの時期なのに今月は去年よりも売り上げが伸びそうだと喜んでいるから世話はないのです。女将がスポーツクラブから戻る前に、蕪の葉を茹でてタッパに入れたら、豚肉と海老と烏賊を炒めて、先週の野菜サラダの残りを入れてあんかけのスープを作っておく。今日は寒くなるから湯麺にしようと朝のうちに話していた。 定休日は特に、蕎麦屋で残った食材を消化しなければならないので、昼は何にするとか夜は何にしようかと女将と相談をして、いろいろな工夫をして食事を楽しむのです。ニラも大蒜も生姜もあるし、残ったキャベツを使って餃子を作ろうと、挽肉を買って来たのは好いけれど、餃子の皮を買うのを忘れたから、これは午後の仕事に回した。昼食の後は一休みして、蕎麦屋に出掛けて午後の仕込みに入る。最近は食後に眠らなくなったのが進歩。 その分、夜がぐっすりと眠れているような気がするのです。蕎麦屋の駐車場のモミジが下の方だけ紅葉していた。全体が真っ赤になるのはいつ頃なのだろうか、それともそのまま枯れてしまうのか、ちょっと気になるところです。午後は出汁を取りながら、なた漬けに使う柚子の皮を削いで千切りにしておく。冷凍しておけるから、今日も大きな柚子を四つほど買って来たのです。一番出汁を取ったら蕎麦汁を作って、二番出汁は大鍋で追い鰹。 その間に、なた漬けを漬け込んで、出汁や蕎麦汁は容器に入れて冷やしたら冷蔵庫に入れる。使った鍋をすべて洗ったらもう 4 時近かった。近所のスーパーに餃子の皮を買いに行ったら、生椎茸の立派なのが安く出ていたから6パックも買って帰る。家に戻って、早速、夕食前に餃子の具材を刻んで、40個ほど包んでしまう。わずか 30分の亭主の早技。夕食はまた蕎麦屋の残り物だけれど、鴨肉を長葱と焼いて一献。蕪の葉もなかなかの味。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。