風の強い一日で…

今朝は塀際のフェンスに誘引した朝顔が随分と沢山咲いていました。花の色も本来のスカイブルーで、ウッドデッキに立派に伸びた蔓に、花が咲かないのとは対照的なので不思議です。梅雨が長かったせいで、日照時間の違いなのか、地植えとポットの差なのかと、女将も首をかしげるのでした。蕎麦屋で採れた茄子とピーマンの味噌炒めと、サワラの西京漬けとで朝食を済ませた夫婦。亭主は食後にまたひと眠りして、9時半には蕎麦屋へ出掛けていくのでした。

売り物のアイスコーヒーを失敬して、今朝の仕込みの段取りを復唱すれば、二時間もあれば終わる簡単な仕込みなのです。韃靼蕎麦茶を湧かして、冷たい蕎麦茶の準備をしている間に、蕎麦豆腐を仕込んで、デザートの水羊羹を煮始める。蕎麦茶は直ぐに冷やさないと綠色が出ないから手間がかかる。さらに、水羊羹は氷水で冷やして固めてから豊缶に流さないと、餡と水分が分離してしまうから、これも結構気を遣うのです。目が離せないのが大変なところ。

でも、その間に、後ろのレンジで大釜に湯を沸かして、小松菜を茹でておく。鴨せいろや鴨南蛮にしか使わないけれど、なければないで彩りに欠けるから、冷凍して保存しておくのです。次いで天麩羅の具材の切り分けに入り、南瓜の端を切って形を整えたら、従姉妹煮に使うから冷凍しておく。明日使う分だけはレンジで蒸して容器に入れ、残りはラップを掛けて野菜室に入れておくのです。そして、いよいよ生椎茸とピーマンとナスを切り分けて、容器に保存する。

それから、ニンジンを3cmの短冊切りにして、玉葱を刻んだら、三ツ葉を別の容器に切り分けて、かき揚げの材料の準備が終わる。生ものだから、それぞれラップで密閉して急速冷蔵をかけた冷蔵庫に保存。今日の仕込みは後は夕刻に糠漬けを漬けに来れば好い。女将と昼を食べて、午後にスポーツクラブに出掛けてプールで泳ぎに行く前に、もう一度蕎麦屋に来れば好いだろうと昼の準備に家に戻るのです。女将は稽古場で作品の仕上げに追われていました。

車に乗り込む前に、ミニ菜園の様子を見て、台風の影響で強い風が吹くと言うから、茄子やピーマンの支柱を強化して、胡瓜にもたっぷりと水遣りをしておく。今日もオクラは5,6本収穫して、小蕪が少し大きくなったので抜いて、どうも大きくなりきらないピーマンや茄子や胡瓜と共に、一緒に家に持って帰る。子どもや孫たちも帰って来ないお盆休みには、夫婦二人だけだったから、蕎麦屋の残り物とミニ菜園の野菜だけで、すべての食事を賄っているから有り難い。

昼も、蕎麦屋で作って冷凍してあるカレーを一袋だけ持ち帰って、女将と二人でカレーライスを食べる。スープは分葱と卵にとろみを付けてコンソメ味。茹でたばかりの小松菜に鰹節を掛けた小鉢を添えて、まずまずの栄養バランス。暑いのと辛いのとで亭主は汗だくだから、汗拭きタオルもびっしより。食後にはやっぱり寝転んでひと眠りなのでした。3時過ぎには目が覚め、珈琲を一杯飲んだら蕎麦屋へ出掛ける。茄子と胡瓜を糠味噌に漬けたらプールへ向かう。

お盆休みで子ども達のスクールがないのも今日までと、年配の男女が全コースで泳いでいる。一番好いていたのがセンターコースの速く泳ぐコースだから、準備運動を終えて、アップを開始するのでした。25m ずつ泳いでいた老人が上がったので、あとは亭主一人で存分に泳ぐのでした。水面を叩くようにクイックターンを繰り返し、バックからブレストへのターンもクイックターン。明日からの土曜と日曜は蕎麦屋の営業で泳ぎに来られないから、久々に楽しんだ。

帰りには地階のスーパーに寄って、夜のおかずを見繕う。蕎麦屋の残り物ばかり食べていたからと、女将の好きな刺身を買って、ついでにワンランク上の種なし巨峰。シャインマスカットも美味しそうだったけれど、帰って女将によけいな文句を言われるかも知れないと、さすがにちょっと手が出なかった。明日からの営業の準備は万端。暑くなるらしいから、どれだけお客が来るのか判らない。お盆の休みも人も来なくて長すぎると、何故かダラダラとしていけない。

終戦記念日に想うこと…

盆の休みのお蔭で今朝もゆっくりと寝られました。pekoの散歩は女将に任せて、亭主は7時過ぎにゆっくりと起床。女将の用意する朝食の時間は7時半が普通だから、これに合わせて洗面や着替えを済ませるのです。盆休みで蕎麦屋の営業がないと、女将のペースでも十分なのでした。和室から庭を覗けば、アオイやモミジアオイに交じって、フェンスに誘引した朝顔がまだ咲いているのでした。台風の影響もそれほどではないけれど、上陸した地方の様子が心配。

今朝はお袋様を連れて隣町のスーパーまで仕入れに出掛ける予定だったから、早めに蕎麦屋へ行って、出汁取りの準備だけは済ませ、今日の段取りを考えるのです。今週は、土日月だけの営業だから、仕入れも普段よりは少なくて済む。店内はお盆のお客でごった返していたけれど、一軒の店で一回の仕入れだけでほぼすべての食材が揃うのも嬉しい。早速店に戻って、午前中の仕込みにかかるのでした。まずは最初に、残り少なくなった返しを作って冷ます。

次に、親子丼の具材がなくなったから、買って来た玉葱と鶏肉を煮込んで味漬けをする。そして、厚揚げ田楽の味噌も切れたから、挽肉を酒と味醂と砂糖と自家製味噌で煮込んで、小さな容器に入れて急速冷凍しておくのです。盆の休みで二日ゆっくり休んだせいか、仕込みをするのにも、次の営業日には頑張ろうと、張り合いが出るから不思議です。これ以上休みが続くと、ちょと退屈になるかも知れない。隠居生活もやることがあるから充実するものなのかも。

最後に流水で解凍して置いた石垣島のもずくを、沸騰した鍋で火傷させて、ミニ菜園で取ったばかりの胡瓜をピーラーで掃除してスライスして鮨酢に浸ける。これだけでは酸っぱすぎて食べられないから、出す直前に出汁で割って小鉢に盛り付けるのです。保存を考えて美味しく食べる工夫をしたつもり。包丁を使って食材を切るのは明日の仕込みで、今日は生ものを切るまな板だけを使って、最後に消毒しておく。帰り際にミニ菜園の野菜にたっぷり水を遣っておく。

昼食の支度をしなければと、家に戻って玄関の鍵を開けようとしたら、女将が家にいるようなので驚いた亭主。「お盆で今日はスポーツクラブが休みだって朝も言ったでしょ」と、言われて思い出す。二人で昼の用意をして、例によって亭主が中華鍋を振ってカレー炒飯を、女将がコンソメスープを作って汗をかきながら二人で美味しい昼飯。ニンジン、玉葱、葱に豚肉、卵を塩とカレー粉と仕上げにオイスターソースを少々。若布と分葱のチキンスープで栄養価は十分。

終戦記念日の式典をテレビで見ながら、戦後生まれの自分たちは、幼い頃に祖父母や父や母から戦争の記憶を聞かされたと、二人で話をするのでした。海から5kmも離れた家の前に艦砲射撃の砲弾が飛んできたのだとか、大空襲で焼夷弾が落とされた後の街の、生活が大変だったとか言う話を、直接体験した大人たちから聞かされたのです。この体験談を、自分の子供や孫に話して聞かせる機会がない。74年という年月が、記憶を風化させていくのかも。

食後のひと眠りをして、亭主はプールに泳ぎに出掛ける。盆休みは子どもたちのスイミングもお休みだから、6コースがすべて自由遊泳なのですが、元気な小母さんたちがスタートの壁際に立ってまた立ち話。速く泳ぐコースなのに他の人が誰も入れないでいるから、ご免なさいと準備運動を終えた亭主がアップを開始する。クイックターンを済ませて50mを戻る頃には、誰もいなくなっているから一安心。その分、スピードを落とせないから、今日は少し疲れたかな。

みずき通りを登り切って、蕎麦屋へ寄ったら出汁取りと蕎麦汁の仕込みをして帰る。約一時間の作業だから、ちょうど早い夕食の時間になる計算。運動の後に食べたいチーズ揚げと、トマトとオクラの生ぽん酢和えを作ってくれていた女将に感謝。日本酒が切れていたのだけれど、昨夜も夕食時の酒を抜いたから、今夜は焼酎の炭酸割りで我慢する。蕎麦屋の売り上げがない日は、酒も買えないのが少し寂しいか。でも、身体には好いことだろうと納得している亭主。

超大型台風10号の影響で…

午前中から雨の予報だったので、雨が降り出す前にと早朝のpekoの散歩に出る。ところが、午前5時の空は青く晴れ渡って、一向に雨の気配などないから不思議でした。例によって、あまり時間が早いので、女将の起き出す前に残った三日目の蕎麦を茹でて食べるのです。女将がスポーツクラブに出掛ける時分には、天気は急変して土砂降りの雨で、普段は歩いて出掛ける女将も、郵便局に暑中見舞いの葉書を買いに出る亭主の車に乗って行くと言うのでした。

ところが亭主が急いで着替えをする間に、もう雨は止んでいるではありませんか。「やっぱり歩いて行くわ」と、女将も急変。亭主はそのまま車で郵便局に行ったのはいいけれど、暑中見舞いの葉書には、写真用の葉書はないのだと説明される。仕方がないので、切手だけもらって外に出れば、自転車のお袋様が自分の名を呼ぶから驚いた。隣の整形院から帰るところだったようで、先ほどの大雨には遭わなかったのだと言う。まったく、めまぐるしい天気なのでした。

朝のうちに暑中見舞いの原稿は出来上がっていたから、親戚と友人と子どもたちの宛名を印刷して、今度はプールに出掛けながら葉書を出しに行ったのです。止んでいた雨がまた突然激しく降り出して、道路は雨しぶきで前も見えない状態。これが超大型の台風10号の影響なのかと、随分と離れたところにあるのにその威力に驚かされるのでした。いつもは駐車場から外の階段を使って歩いて行くのを、雨の日は二階の殺風景な通路を歩いて建物を突っ切る。

この高層マンションの立ち並ぶ巨大な施設には、創業当時は、大型のデパートが入っていたのに、時が経つに従ってスーパーの大型店に変わり、終には二階部分だけが何もテナントが入らないまま、駅に抜ける通路だけとなった。この施設の直ぐ裏手には、大型のショッピングモールが出来て、一階にはスーパーや小売店が並んでいるけれど、昔からこの団地に住んでいる者から見たら、やはり、さびれたという感覚は拭いきれないのです。街も歳を取るのです。

それでも、この地域のデベロッパーが三階部分に広い住宅展示場を設け、市役所の出張所や地域の包括支援センターなどが入って、新しい街づくりの拠点として活動が始まっている。ただ、ここに本屋があったのに、文房具売り場があったのにと、亭主などは、昔から通い慣れた場所が、他に移ってしまうと、なかなかその変化に適応できなくなっている。結果として、経営は何社か変わったけれど、三階、四階にあるスポーツクラブだけに通うようになったのです。

40年という歳月は、人間で言えば若者時代から老年の時代。街も若い世代で溢れていた賑やかな時代から、何処に行っても老人ばかりがやたらと目に付くような印象は免れないのです。プールにも老人が随分多いけれど、亭主のように昔からずっと泳ぎに来ていた人は、どれくらいいるのだろうか。老後の健康維持にと、仕事を辞めてから通うようになった人たちが、案外と多いのではないだろうか。今日もゆっくりと泳ぎ終わって、プールから出れば外は晴れている。

高校野球の二回戦は、かつての職場の近くにあった習志野高校の試合があるので、少しは応援してみたかった。家に戻ってテレビを点けたら、まさかの点差で負けているから、相手も相当に強いチーム。昼食には残っていた最後の蕎麦を茹でて、とろろ芋をすってとろろ蕎麦。午後の試合では、確か、都大会で亭主の母校の野球部を決勝で破って甲子園に行ったチーム。夢中になって野球を見ない年齢にはなったけれど、縁のあるチームなどは少し気になるのです。

今日は道路が雨で何度も濡れては晴れて乾いた。仕入れや仕込みのない分、随分と身体が休んだから、プールで泳いだ午後も眠くならない。夕刻までに一度蕎麦屋へ出掛けて、ミニ菜園の様子を見たり、片付け物をしたりして来よう。盆の休みになって、やっと家中のストーブも掃除して押し入れにしまったから、ほんの少しずつでも家の中が片付いてきた。若い頃のように、一気に何事も片付けられないのを知っているから、女将も亭主もゆっくりのんびりです。

盆休みの墓参…

昨夜も前日の習慣で10時過ぎに眠りに就いたが、あまり疲れていなかったから3時前には目が覚めてしまう。やはり、夕方に買い物がてら散歩に出掛けた女将は正解なのでした。規則正しい生活を日々心がける女将と、眠くなったら横になって爆睡してしまう亭主と、考えたら、長い間、外で働いてきた亭主と家を守ってきた女将との、若い頃からの対照的な生活なのです。空が白んでくるのを書斎の窓から眺めながら、自分の来し方行く末をしみじみと思うのでした。

どうせまたひと眠りしてしまうだろうからと、pekoを散歩に連れ出して近所を歩けば、通りに面して色とりどりのランタナを植えたお宅の前で一休み。暑さのせいか、最近のpekoは本当に歩かなくなったのです。家に戻って朝食を取ったら、居間の床に転がって目を開けたまま眠っているけれど、犬でも夢を見るのだろうか。時々、宙に浮かせた足をぴくぴくと動かしているのです。亭主は早い時間に蕎麦を茹で、天麩羅の残りをグリルで焼いて、一人、朝食を済ませる。

今朝は花を売るスーパーが開く時間に、お袋様と女将とを車に乗せて花を買い、そのまま家の裏手の霊園まで墓参に出掛ける予定でした。お盆の入りとあって、外で花を売るコーナーも行列が出来ていたから、女将とお袋様が並んでいる間に、亭主は店の中に入って盆休みの間に家で食べる果物を買ってくる。開店下ばかりだから、レジにも人が並んでいない。霊園の駐車場も続々と墓参に集まる人々がやって来る。水の桶に給水するにも人の列が出来るほど。

先日、弟がきて綺麗に草取りをして、女将が来て花入れの器を全部洗ってくれたから、花を入れて線香を焚いて、ゆっくりと三つの墓を代わる代わるお参りする三人なのでした。本家で暮らした祖母からもらったギボウシと鈴蘭が親父様の墓を飾る。他の墓参りに来る人々も高齢で、最近は我が家でもなかなか子どもたちが集まれない。自分たちを育ててくれた親や祖先の墓を参る習慣も、この先いつまで受け継がれていくのだろうかと、少し寂しい気もするのです。

午前中に降っていた雨も上がって、帰りは古くからある部落の丘を登って蕎麦屋の前に出る。途中の台地にある見渡す限りの畑も、昔は農家が綺麗に耕していたものなのに、ここにも高齢化の波が押し寄せているのだろうか。今では、家庭菜園として貸し出しているところが多くなった様子で、その家庭菜園を借りる人たちも、定年を過ぎてから始める人が多く、皆、亭主などよりは歳を取っているのを知っているから、高齢化は農家だけの出来事ではないのです。

お袋様を家まで送り、蕎麦屋の前の通りに車を停めて、雨も上がって青空と夏らしい白い雲が広がっていたから、久しぶりに持って来たEM-5を取り出して、景色の写真を何枚か撮る。最近は、いつも海の中でしか使わないから、たまには陸上でも撮る練習をしておかないと、操作を忘れてしまうのです。駅前の高層マンション群と、こちら側の台地のバス通りにある蕎麦屋とを入れて、ひまわり畑を撮してみたのです。今年は人の背丈よりも高いひまわりが随分とある。

いろいろと撮影のモードを替えて撮って見るけれど、なかなか人の目に見えるような色の具合は出ないもの。もっとじっくりとシャッタースピードやレンズのしぼりを替えて試さないと、なかなか好い写真にはなりそうにない。海の中では尚更のことで、一瞬で出会う魚たちを画角に入れて、イメージ通りの写真を撮るためには、よほど使い方に慣れないと難しいのです。カメラの機能が好くなって、取り扱いが複雑になったから、シーン毎に撮り分ける技術が追いつかない。

昼は女将と昨日残った蕎麦を茹で、天麩羅をグリルで焼いて、天せいろ。早朝には、温かい汁の天麩羅蕎麦を食べた亭主だけれど、自分で打って売り残しているのだから、文句を言える立場ではない。新蕎麦の弾力とほのかな味わいを噛みしめながら、大盛りを平らげる。蕎麦屋のミニ菜園も気になっていたけれど、プールも定休日だし、今日は何処にも出ないで、女将だけが暑い中をスポーツクラブに出掛けた。夕刻に蕎麦屋に行って水遣りと新聞取りをしよう。

夜明け前に起き出して…

夜明け前の目覚めがまだ続いている亭主。というよりは、その時間近くになって、いつの間にかエアコンのスイッチを入れているのだけれど、それでも汗をかいて目が覚めるのです。このところずっと熱帯夜が続いているから、これがいつもの夏だったろうかと思うのです。今朝も、あたりがまだ薄暗いうちに、しっかりと目覚めてしまう。日の出前の太陽が、南西の空に光を投げかけて、紫色に染まる。午前4時半の書斎から見る景色は、どこか詩的で美しいのです。

5時近くになってpekoも目覚めるから、「散歩に行くか?」と主人が聞けば、玄関へのドアの前に進み出るから、亭主も仕方なく支度をして通りに出るのです。まだ涼しいというのか、朝からもう暑いというのか、誰もいない通りを二人して寝ぼけ眼で徘徊してくる。pekoに餌を遣りながら、亭主も冷蔵庫に入っていた冷えたスイカをむさぼり食うのでした。朝食の時間までは、まだ1時間以上もあるし、テレビを見るのもつまらない。再び、床に入って、浅き夢見し酔ひもせず。

昨日の晩に、明日のデザートの仕込みを考えていたら、粉寒天の袋がもうなくなっているのを思い出したのです。4g の分包を売っているのは、駅前の大型ショッピングモールの食料品コーナーだけ。女将に、「何時から開いているの?」と尋ねれば、「私はほとんど行かないから知らないわよ」と、別棟の建物のスポーツクラブに通っている割には素っ気ない。あまりにも広すぎて、ちょっと寄るには面倒な場所なのです。悪いと思ったのか、新聞広告を調べてくれた。

他の店は10時開店なのだけれど、食料品コーナーは朝の8時からやっていると聞いて、今日一日の流れが決まった。女将の夢中な朝ドラの始まる時間に家を出れば、普段は駐車場も満配だからつい行きそびれるのに、入口近くでもガラガラで、これは好いことを学んだと、仕入れ切れなかった物を手に入れる方法を知るのでした。分包の寒天粉は割高だけれど、1回500gの液体に溶かすには、使い勝手がいいからやはり手放せない。早速、蕎麦屋で抹茶小豆…。

その間に、隣の火口で蕎麦茶を沸かして、鍋ごと水に浸けて冷ましておく。冷蔵庫に入れておけば、よく冷えるし、翌日になっても綠色と香りがなくならないから便利なのです。年配のお客は暑い夏でも熱い蕎麦茶で好いのだけれど、若い方はやはり冷たい水をと頼まれることが多いので、手間はかかるけれど、冷たい蕎麦茶も用意しておく。次に明日の天麩羅の具材を切り分けて、容器に入れて冷蔵庫に保存する。今週の季節のサービスの野菜はオクラにした。

蕎麦豆腐も仕込んだし、ここまで終えれば後は夕刻に糠漬けを漬けるだけ。家に戻って女将の帰る前に昼食の用意をしたら、二人で昼を食べて午後の昼寝。そして、子どもたちのスイミング教室の始まる前に、プールでひと泳ぎをすれば、夜の防犯パトロールに出掛けるだけ。昼は麻婆茄子のアレンジで、冷蔵庫に残った玉葱やピーマン、バラ肉、葱を使って、大蒜、生姜を刻むところから、本格的な中華。甜麺醤と豆板醤に米酢を入れて味は抜群の筈なのです。

食後にひと眠りしたら、クラクラとするような昼の熱い陽射しの中を、駅前の高層マンション群まで車を走らせる。その四階部分に亭主の通うスポーツクラブがあって、その一画の3階4階部分がプールになっているのです。この暑さだから客も少ないかと思いきや、直前のアクアプログラムの終わった小母さんたちが、群れをなして水の中で涼んでいるものだから、いつになく混雑しているのでした。一番人の少ない「速く泳ぐコース」に入っても、十分について行けた。

女将に頼まれた肉や魚のタンパク質類を買い求めて、家に荷物を置いたら直ぐに蕎麦屋へ出掛けて今日の仕込みの締めくくりです。ミニ菜園に出て、茄子や胡瓜を収穫して家に持って帰る。早い夕食にざるラーメンを茹でて、女将に餃子を焼いてもらう。香ばしい四川風の辣油を入れて、今日は中華三昧なのでした。西の空が真っ赤に染まる時分に、夜のパトロールは始まる。「夕空晴れて秋風吹く」の歌の文句のように、空気が少し涼しくなってきた。明日は立秋。

真夏の空は…

一週間の疲れが出たのか、今朝はなかなか起きられなかった。夕べのプールも好い運動だったから尚更なのでしょう。夕食後に少し眠ってしまう時もあるけれど、風呂の時間までには起き出して、風呂上がりの寝酒をちびりちびり飲みながら、蕎麦屋のブログを書くのがほぼ毎日の日課となっています。早めに終われば、再び居間でテレビを見ることもあるけれど、なかなか面白い番組はないから、昔の教え子がキャスターを務めるBSを見たりして、教えられている。

今朝は広島の平和記念日だから、朝ドラの時間も少し遅かったらしく、「先に洗濯物を干しちゃおう。次の予定があるのよね」とは女将の言。お袋様もきっと朝ドラを見ているだろうと、今日は少し遅れて電話をする。見渡す限りの青空の下を車を走らせ、農産物直売所に出掛ければ、ホースを持った店の親父様が入口に打ち水をしていた。陽はだいぶ高くなって、車から降りたお袋様が、「暑いわねぇ。お早うございます」と挨拶をする。胡瓜や茄子やピーマンを買う。

それから、隣町のスーパーに向かえば、開店前に並んだお客たちが帰る頃なので、駐車場も店に近い所が空いているという寸法。農産物直売所で朝採りの野菜を仕入れているから、少しでも古い野菜類は直ぐに見分けがつく。今日はブロッコリーと生椎茸、パプリカがひどかった。手に入らなかった食材は、昼に女将をお稽古に送った帰りに、西の町のスーパーで仕入れるしかないのです。蕎麦屋に戻って冷蔵庫に食材を詰め込んだら、家に帰って西瓜を食う。

昼飯には久し振りに亭主が中華鍋を振って、カレー炒飯を作る。蕎麦屋のかき揚げの具材の残りを、台所で女将がみじん切りにしたところで、居間で涼んでいた亭主の登場。ポタージュスープに、胡瓜の糠漬けを添えて、肉と卵を使うから、栄養的にはバランスも好いけれど、この暑いのにカレー味で最後に甜麺醤を垂らすから、食べるそばからもう汗がしたたり落ちるのです。昼を過ぎたら女将を車に乗せて、空の青すぎる今日の国道を一路北に向かうのでした。

ところが、帰り道は何処かで事故でもあったのか、西の町のホームセンターに着くまでに1時間以上もかかる大渋滞。車外温度は38℃ともの凄い暑さ。早く家に戻って昼寝でもしようと思っていたのに、蕎麦屋で出汁を取って、従姉妹煮にする南瓜を煮ていたら、もうあまり時間がなくなってきた。4時になって女将から電話がなければ、迎えに出ることになっているから、今日もだいぶ時間がかかっているらしいのです。読売書法典の当落もたしか今日判るはず。

果たして、迎えに行った亭主の車に乗り込んだ女将が言うには、今回は出品者が少なかったと言うお師匠さんのお弟子さんの中から、入選した人が随分いたのだそうな。女将も7回目の入選で、ちょっと安心した様子なのでした。こんなこともあろうかと、西の町のスーパーで今日は鮨を買って帰った亭主。「ここのお寿司は美味しい」と本マグロの三種にぎりが入った鮨を食べるのが、我が家の夏の風物詩。祝賀会やら見学会やらと、八月の終わりもまた忙しくなる。

そう言えば、昨日は、羽田空港にある行きつけの寿司屋の店長から、人事異動で銀座に移ったと挨拶状が届いていた。常連と言うほどでもなかったのに、年に何度か石垣島に行くたびに、カウンターに座っていろいろ勉強をさせていただいたのでした。食の世界で食べて行くには、それ相応の下積みが必要で、仕事も大変なのでしょうが、隠居仕事の蕎麦屋の亭主は、毎日が孤軍奮闘。「サラリーマンが楽だと判ったでしょ」とは、昨日の床屋の親父様の言葉。

いよいよ夏も本番か…

暑くて目の覚める朝でした。タオルで汗を拭って、pekoの散歩に出掛ければ、今朝も青空が日広がって、真夏の陽射しなのです。人も犬も同じで、急激な暑さに慣れないうちは、身体もなかなか適応できないとみえて、pekoも公園まで歩いたかと思ったら、もう家の方角に逆戻りなのでした。長年、夏になると食欲も出て元気が出る亭主も、このところの暑さには少しめげている。佐倉は昨日も34℃まで気温が上がったと言うから、一昔前とはちょっと違う暑さなのです。

昨夜は週末の貸し切り昼食会のレシピ表を完成させて、お品書きまで印刷しておいたのです。季節の野菜類とタンパク質を旨く取り混ぜて、お客の希望の値段で提供しなければならないから難しい。前菜、先付け、サラダ、煮物に焼き物、箸休め、揚げ物に天麩羅を出して、最後は蕎麦を茹でる。それでデザートまで出すから、どうしても原価率は6割になる。そんな値段でどうして引き受けるのかと、先日も調理師学校の担任に言われたのですが、そこが地元の妙。

料理を嗜む親父様たちの暑気払いだと言うから、蕎麦屋の霊犀亭ではこのくらいの品をお出ししますと言いたい。いつも定番の同じ料理ばかり出している蕎麦屋だから、たまには調理師としての腕を振るってみたいのです。美味しく楽しく料理をするのが基本です。今朝も蕎麦屋へ行く出がけに、庭の金柑の花が満開になっているのを見た。これが冬場にまた金色の実を付けて、金柑大福の材料になるのかと思うと、季節の移り変わりが本当に愛おしく感じます。

今朝は、午前中に返しを作りながら、蕎麦豆腐と練り羊羹を仕込んだら、買い残した食材を仕入れに隣町のスーパーまで出掛けて行く亭主。スーパーの広い駐車場の片隅に、琉球朝顔が元気に咲いていました。毎年同じ場所に咲くから、もしかして多年草なのかしら。オーシャンブルーという園芸種で、亭主が自宅で植えたら、蔓が二階の出窓まで伸びて大変だった覚えがある生命力が強い花なのです。日本朝顔は朝の8時にはもう萎んでしまうから儚い美しさ。

蕎麦屋に戻ってミニ菜園の様子を見たら、オクラが花を咲かせていたから嬉しい。今年は日照不足のせいか、茎が大きくならないで花を付けている。果たして、どれだけの収穫が出来るのか。女将がスポーツクラブから戻る時間までにと、冷凍してあったもずくを塩抜きしたら、沸騰したお湯で湯がいて、ミニ菜園での朝採りの胡瓜を掃除(ピーラーで皮を削る)して、鮨酢に浸けこむ。これに茹で蛸を入れてモズクと蛸の酢の物の仕込みは完了です。箸休めに出そう。

もずくは春先に石垣島の海メロから、前の海で採ったものを大量に送って頂いたもので、自宅で少しだけ食べたら、残りは蕎麦屋では大事に使っている。これから暑くなる時期には、さっぱりとした小鉢として出すのだけれど、食材の仕入れ費用のかさむこういう時に、上手に使わせてもらうのです。今日も一番小さな容器に自宅用の酢の物を入れて家に持ち帰り、昼に帰って来た女将と一緒に、最後の蕎麦を茹でて、美味しく頂きました。我が家では夏の風物詩です。

蕎麦屋の厨房はエアコンを入れていても34℃と異様な暑さだったから、今日も相当な暑さなのです。駐車場に停めて置いた車の車外温度は40℃。昼飯を食べたら、エアコンを効かせた書斎で横になるのですが、頭の中は、明日の仕込みと週末の準備のことで一杯一杯。まあ、これが楽しいと言えばそれまでなのですが、30分ほどウトウトとしたら、もう蕎麦屋に出掛けて糠漬けをする時刻。明日の天麩羅の具材を切り分けたら、高野豆腐に添える煮物を仕上げる。

結局、プールに出掛ける時間が取れなくて、夕刻の防犯パトロールに備え、早めに夕食を食べておくのです。町内の半分ずつの通りを二手に分かれて網羅して歩く5キロ近い巡回は、この暑さの中だから汗だくだく。70歳をとうに越えた老人たちの元気なのには頭が下がります。10数名の今日のメンバーが二手に分かれて小一時間の行軍です。家に戻っても身体が熱すぎて、風呂に入ることも出来ずに、シャワーを浴びながら身体を洗う始末で、寝酒が美味い。

定休日にはたまには寝坊も好い…

暑すぎて汗だくになりながら、4時過ぎから何度も目を覚ましていた亭主も、寝直しを繰り返して女将の朝ドラの始まる時間まで起きられなかった。定休日だからと安心はしていたけれど、お袋様と仕入に出かける時間には間に合わせなければならない。昨夜も、夜食に蕎麦を茹でて食べたばかりなのに、朝もまた蕎麦を茹でる亭主。定休日前日にお客が少ないと、三食蕎麦を食べることを覚悟しなければならないのです。モミジアオイが綺麗に咲いた朝なのでした。

梅雨明けで急に暑くなったから、あまりクーラーを使いたがらないお袋様も心配だったけれど、暑かった昨日は一日外に出なかったと言うから、まずは安心。一週間の出来事をお互いに話しながら、農産物直売所へ行って、新鮮な野菜を仕入れる。荷物を運んでくる若者が、昨日の朝採った卵ですよと言うので、少し値が張ったけれど買い求めておく。その足で、隣町のスーはパーまで掛けて、沢山の食材を仕入れるのでした。今週末は、暑気払いの昼食会がある。

昨日の夜が遅かったのは、この昼食会のレシピ表を作っていたから。高齢の親父様たちが集う料理の会の暑気払いの昼食会だというので、前例のない格安の値段でどれだけの料理が出せるものなのかと、思案を繰り返していたのです。店を貸し切りにして他の客も来ないのに、その値段ではお受けできないと言えば、それで話は終わりなのですが、幹事を務める常連さんの気苦労もあるからと、なんとか形だけは、ミニ蕎麦懐石ということにして、実現させたい。

選別をして仕入れた生椎茸を店の厨房でもう一度選別し直して、早く使った方が好いものとそうでないものとを選り分ける。市場から直送の高級食材だけを扱う店なら、こんな苦労はないのだろうけれど、小さな蕎麦屋ではそうは行かないから大変なのです。最初に仕入れる段階で、古そうなものと新鮮なものとを見極めなければならないし、多少古いものがあっても、店にに文句を言いに行く暇もないのが実情なのです。悪くなりやすい食材は避けるのが正解です。

冷凍した柚子の皮の千切りを使い切るのはこの時期と、大根のなた漬けを仕込むのでした。夏場の大根は、いいものに当たらないとなた漬けも美味しく出来ないから、その選別も亭主の目利きにかかってくる。幸いにも、今日は割りといい大根が出ていたので、余分に買って帰ったのです。塩揉みにして水が上がってきたら、甘酒の素と砂糖を入れて、柚子と京唐辛子を加えて、更に漬け込むのです。時間を掛けないとなかなか美味しいものは出来ないと知るべし。

昼は家に戻って、女将と昨日の残りの蕎麦を茹でて食べる。蕎麦屋の駐車場に停めて置いた車の車外温度は40℃になっていたから、今日の暑さは相当なものなのです。食休みのひとときに、女将か先日来スマホの調子がおかしいと言うので、サポートセンターに電話をすれば、近くのドコモショップに行けというので、午後の暑い時間帯に女将と出かけて小一時間待ったのです。結局は、古い端末はもう寿命とかで、新しい携帯を買わせられるハメになるのでした。

暑い日中は外出を避けて、夕食を終えたところで蕎麦屋へ出掛けて出汁取りを始める。出汁を取っている間に、後ろのコンロで湯を沸かし、小松菜を茹でておくのです。鴨せいろや鴨南蛮用にしか使わないから、切り分けて冷凍しておくのですが、忘れてしまうと困るのから、日々のチェックは欠かせない。今週は、週末に貸し切りの会食が入っているから、確実に蕎麦汁も必要になる。途中で出汁を取る暇があるかどうか分からないので、多めに作って置きました。

5㍑の出汁を一番、二番と取っていると、どうしても1時間以上は時間がかかるのです。蕎麦徳利に蕎麦汁を詰め終えたところで、返しが底をついたから、明日は返しを作らなければならない。家に戻ればちょうど風呂の時間で、pekoのいる居間はエアコンが効いていて快適なのでした。二階部分のない亭主の書斎は、一旦エアコンを止めてしまうと、蒸し風呂のようになるので、涼しくなるまでは中には入れない。最近は夜も、寝苦しい暑さが続いて、身体に応えます。

もういいかい?これは梅雨明けでしょ…

定休日二日目の朝は青空も覗いて陽が差したから、pekoの散歩を終えたら、まずは駅前のドラッグストアで、虫よけスプレーを買って来る。昨日出来なかった家の裏手の草刈りと枝払いを終わらせようと、意を決して準備する亭主なのでした。女将の朝ドラが終わったら、早速、電動バリカンのコードを延ばして、ジャングル状態だった上の畑の石垣から、我が家の地面まで綺麗に刈り取ったのです。ところが、草に埋もれていた湯沸かし器のコードまで切ってしまう。

これは大失敗で、直ぐに応急措置をするのでしたが、給湯器具の会社に電話をして、きちんと直してもらうことにするのでした。虫よけスプレーのお蔭で、蚊には一つも刺されなかったのですが、久し振りの家の手伝いも却って高い物についた。汗を拭って今度は昨日行けなかった床屋に出掛け、また、駅前の通りを車で走る。昨日までのように空を雲が覆い尽くさないから、陽射しがとても熱いのです。まだ少し、不安はあるけれど、梅雨もそろそろ終わるのでしょう。

昨日休みだった理由を親父様に尋ねれば、親戚に不幸があって臨時休業だったのだとか。隠居仕事の身としては、遠い世界の話ではない。医療技術の進歩も目覚ましいらしいけれど、携帯電話をスマホに替えようともしない亭主のような人間は、昔のままの生活で静かに生きられればいいと思っている。平均寿命はあくまで平均で、個人差はあるのだから、来るものは拒まず、受け入れる生き方が自然なのではないかと考えるのです。女将ともよくそんな話をする。

床屋の帰りに隣町のスーパーまで足を伸ばして、昨日入荷していなかった黄色のパプリカを手に入れ、ついでに塩や砂糖と冷やし中華にざるラーメンと、女将には福島産の桃を土産に買って帰る。女将がスポーツクラブから帰る前に、餃子を焼いて、冷やし中華を二食分も作って一人で食べるのでした。一年ぶりに食う冷やし中華は、久々で美味しかった。朝からカレーライスも食べたし、今日の暑さが、身体に辛いものや酸っぱいものを欲しがらせるのでした。

朝からいろいろと忙しく動き回ったものだから、pekoじゃないけれど満腹になればもう起きてはいられない。1時間ほど昼寝をしたら、午後はプールと蕎麦屋の仕込みの予定だったから、まずはアイスコーヒーを飲みながら一服して目を覚ます。プールで泳ぐのが好きで堪らなかった時代は、とうの昔に過ぎたので、今は健康維持の義務感と単なる生活習慣に過ぎないかも。それでも水に入れば自然と身体が動くから不思議で、また海に潜る日を夢見て泳ぐのです。

帰り道に蕎麦屋へ寄って、今日の仕込みを済ませてしまう。店の中は相当に温まっているから、エアコンを全開にして、まずは小豆を煮始める。蕎麦豆腐を仕込み、明日のデザートにはフルーツの寒天寄せを仕込んでおく。ちょっと頭がクラクラとするのは、熱中症気味だからか。水分を補給して、エアコンの風に当たってしばらく涼んだら、今度は、小鉢のお新香を糠床に漬ける。茄子も胡瓜も蕎麦屋のミニ菜園で採れたものばかりだから、新鮮さはこの上ない。

プールで泳いでもかなり汗を掻くから暑い日は要注意なのです。夕刻、家に戻っても、頭がクラクラと目が回る感覚は消えないので、夕食後にこのブログを書きながら、横になったり涼んだり。関東より西の地域は梅雨明けだとニュースで言っていたけれど、週間予報を観れば関東は来週までお預けなのか。今日の暑さはどう考えても梅雨明けなのだけれど。あまり梅雨明けが遅いと、直ぐに立秋になって暑中見舞いを書く暇もないから、とても困るのですよね。

梅雨の悪あがき…

朝の4時過ぎには目が覚めてしまう亭主。足元でpekoがまだ眠っているから、床の中で静かに今日一日の段取りを考えている。今朝は裏の木の枝を払って、草刈りをしようと思っていたのだけれど、ちょっと朝が早すぎて、電動バリカンの音が近所迷惑だろう。そこまで考えているうちに、蕎麦屋の出汁取りの準備をまだ終えていないのを思い出した。昆布と干し椎茸を水を張った鍋に浸け、最低でも4時間は置いておかなくてはならない。そっと起き出して蕎麦屋へ。

ウッドデッキの朝顔がまた一つ咲いていました。外は一面の霧で、晴れるのか雨になるのかちょっと分からない。こんな陽気の朝は、決まって木槿が元気に花を咲かせるのです。みずき通りも100m先まで見通せないほどの霧に覆われて、やけに涼しい空気なのでした。店の中に入ったかと思ったら、ザーッと雨が降り出した。雷鳴こそ聞こえなかったけれど、天気予報で言う、空気が冷たくなったら要注意ということなのかと驚いたのです。いよいよ梅雨の終わりか。

小雨になった頃に家に戻れば、やっとpekoが目を覚ましたので朝飯を遣る。まだ6時前だったから、朝食までには随分と時間があるのです。雨はまた激しくなって、これではとても散歩に出られない。仕方がないから書斎のパソコンに向かい、仕入れのリストを再点検して印刷しておく。それでもまだ時間があるので、映画チャンネルで「ヴィンセントが教えてくれたこと」をまた観てしまった。朝食を夾んで最後まで見終えたところで、満腹になったからと横になってひと眠り。

お袋様を迎えに行く頃には、雨も小降りになっていたけれど、蕎麦屋の隣の畑は今朝の豪雨で水浸しになっていた。まずは農産物直売所に行って、新鮮な茄子やピーマン、ニンジン、玉葱、ミニトマト等を買いそろえ、それから隣町のスーパーに向かうのです。今朝も店員が品出しの最中で、黄色のパプリカだけが入荷待ち。今日も大量の仕入れを済ませて蕎麦屋に戻り、午前中の仕込みの開始です。出汁を取りながら、カレーの具材を切って煮込んでいくのです。

暑いのにカレー蕎麦やカレーライスを注文するお客もいるので、冷凍室には残り少なくなってきた。新しく作ったものをまた冷凍保存して、古いパックは家に持ち帰って女将と食べる。二人ともたまにはカレーライスを食べたいと思うから、入れ替え期間もちょうど好いのです。蕎麦汁や出汁を後ろの流しで冷やしている間に、カウンター側の流しで使った鍋やボールを洗っていく。蕎麦汁を蕎麦徳利に詰め、ホイルで蓋をして冷蔵庫に入れたら、午前中の仕事は終わり。

午後の予定はまだ考えていなかったので、カレーは鍋毎冷蔵庫に入れておく。作ったばかりと油断をしていると、この時期有害な微生物は増殖しやすいと言うから、一挙に5℃以下まで冷やしておくのです。家庭用の冷蔵庫は10℃以下とよく言うけれど、蕎麦屋では冷蔵庫は5℃以下、冷凍庫は-30℃を目安に冷やしている。業務用ではないけれど、家庭用の最大サイズの冷蔵庫で、真空フリーザーや大型の製氷装置など、様々な機能が付いているから便利です。

昼食に家に戻って、またパソコンに向かい今日の仕入れや午前中の写真のデータ入力を済ませていたら、女将がスポーツクラブから帰った来ました。彼女のお稽古が休みだと、本人も身体を動かせるからいいのかも知れない。送り迎えのない亭主は、ちょっと手持ち無沙汰ではあるけれど、床屋にでも出掛けて久し振りに親爺様と世間話でもしてこようか。やっと雨は上がったけれど、今度はやけに蒸してきた。好い加減に梅雨が終わりでも好さそうなものだけれど。

床屋に出掛けて見ると、今日は休みではないはずなのに、入口のシャッターが降りていた。明日もう一度行って、営業していれば理由を聞いてみよう。こちらの勘違いであればいいのだけれど。蕎麦屋に寄ってカレーをジブロックの袋に詰めて、冷凍室に入れてくる。雨は相変わらず時折激しさを増しながら、とうとう夕刻まで降り続いているのでした。外に出られないpekoも退屈している様子だけど、亭主もスポーツクラブが休みだから暇をもてあましているのです。