Category Archives: 日常

晴れたり曇ったり…

この秋一番の涼しい朝でした。長袖の上着を羽織って庭に出れば、少し色の濃い大輪のヘブンリーブルーが咲いているのです。やはりこの夏は暑すぎたから、なかなか本来の持ち味が出せなかったのかも知れません。それにしても一本の蔓から、随分と長い期間にわたって沢山の花を付け、目を楽しませてくれました。毎朝のように女将が「今日は幾つ咲いた」と亭主に知らせに来るので、今朝は「今までで一番素敵だわよ」と喜んでいました。 枝を落としすぎて枯れたのかと思っていたカッシアも、やはり涼しい秋になって黄色い花を咲かせました。蕎麦屋の玄関脇に植えたカッシアは、店の前を通るお客さんたちの眼を惹いていたのだけれど、大きな木になり過ぎたので枝を落としたら、そのまま枯れてしまったのです。アンデスの乙女と言うだけあって、どうも神経質な樹のようなのです。というより、剪定のイロハもあまりよく判っていなかった亭主の思い切りが好すぎたのかも。 定休日も二日目になると、やっと身体の調子が戻ってくる。歳を取るに従って回復するのにも時間がかかるのでしょう。昨日は一日髭も剃らなかったから、今朝になって洗面所で鏡を覗けば、やはり窶(やつ)れた顔つきをしているのでした。平素、歳を取ってからの無精髭やシャツをズボンから出して歩く老人にはなりたくないと思っている亭主だから、髭を剃ってさっぱりして、今朝も元気に蕎麦屋へ出掛けるのです。週七日の蕎麦屋通い。 まずは最初に明日のデザートの水羊羹を作っておかないと、固まって冷蔵庫に入れるまでに時間がかかるのです。豊缶に流し込んだ羊羹を両手で持って運ぶから、わずか2m 程の距離でも、固まらないとこぼれてしまう。次に蕎麦豆腐を仕込んでおきます。どちらも火に付いていなければならないので、 他の事は出来ないのです。先週は、一回で 6 人分取れる水羊羹を二回作ったけれど、後半は日曜日があったにもかかわらず一つも出なかった。 次はいよいよ今日の仕込みのメインで、小鉢の二品目として、従姉妹煮の小豆を茹でながら、隣の鍋ではカボチャを出汁で煮込んで味つけをする。弱火でじっくり煮ると煮崩れない。その後ろのレンジでは、5㍑の鍋に湯を沸かして、小松菜を茹でる準備をしておきます。そして、同時進行で明日の天麩羅の具材を切り分けていく。時計は 10 時半を回っている。仕込みを終えたら、午前中にプールへ出掛けて泳ぎたいものだから気持ちは焦る。 最近では、煮物や切り物など幾つか同時に出来るものを違う火口で扱えるようになったから、二日の定休日も半日ずつは時間が空くようになったのです。ただ、一日の仕込みは出汁を取っても2時間半ほどが限度で、疲れてしまうのでそれ以上は無理をしないようにしている。洗い物を入れても 3 時間。いかに要領よくこなすかが、疲れないポイントかも知れません。ただ、今日も業者の来る夕刻にはまた蕎麦屋へ戻り、お新香を漬けて来る。 11 時過ぎには店を出てプールに向かう。空は晴れたり曇ったりで、昼間になって湿気が出て来たのか蒸し暑かった。人間の身体も移り変わる季節の気候に順応していくらしく、真夏よりも10度も気温が低いのに、暑い暑いと汗をかくから不思議なのです。少し遅れてプールサイドに着けば、ちょうどベビースイムが終わったところで、コースは空いていました。センターコースを一人で気持ちよく泳いで、帰りに昼食の材料を買って帰宅です。 運動をしたばかりで汗をかくほどの暑さだったけれど、女将と朝から昼はラーメン・餃子と話していたから、亭主が残ったキャベツや他の野菜を肉と炒めてチャンポン麺。手作り餃子は冷凍してあるから、女将が焼き方担当。顔中に汗を流しながら美味しく頂く。食後はテレビで映画を観て、ゆっくりとしてからひと眠り。夕刻に蕎麦屋に出掛けて、蕎麦汁を徳利に詰め、お新香を漬けたら業者が到着。夜は防犯パトロールでまた汗だくになる。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, , 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

太陽が戻ったら秋の日…

やっと秋の日が訪れたというような朝です。涼しいからか今朝はpekoも自分から家の前の坂道を下って行きました。幾分、寝不足の亭主は、まだ疲れが取れていない気がするけれど、朝食後も眠らずに蕎麦屋へ出掛けていくのでした。お袋様に届ける昨日残った蕎麦と蕎麦汁と水羊羹を持って、車でマンションに向かい、そのまま二人で農産物直売所に出掛ける。沢山のナスやキュウリが棚に並べられて、夏野菜もいよいよ最後の時期なのです。 その足で隣町のスーパーに行って、ほとんどの仕入れを済ませる。蕎麦屋に戻って卵や生ものは最初に冷蔵庫にしまい、野菜を調理台に並べて順番に片付けていく。先週は週末が混んで食材が底をついたから、今日はナスやキュウリや茗荷は少し多めに買っておいたのです。浅漬けの素も二本仕入れて、足りなくなった場合に使おうと考えるのでした。取りあえずすべての野菜を片付けたら、コーヒー豆を挽いて、次の段取りを考えながら一服。 昨日のうちに干し椎茸と昆布を水に浸けておいた鍋を火にかけて、最初に出汁を取る。同時に隣の火口で、先週の残りの二番出汁に返しを加えて、天つゆを作っておくのです。3㍑の出汁を先週は二回取ったから、2㍑の容器に一つ分ほどの二番出汁が残っていた。天つゆに1.5㍑使い、残りは筑前煮の根菜類を煮るときに用いるのです。週のお客が30人を越えると、蕎麦汁は二回作ってもほとんどなくなってしまうから、一番出汁は残らない。 コロナ以前のように週のお客が40人を越える時は、5㍑の大鍋で出汁を取っていたものです。秋口から寒くなるに従って、温かい蕎麦が出るようになるから、今度は二番出汁で作る温かい蕎麦汁がどんどん必要になる。季節によって出汁の出方も変わってくるのです。女将がスポーツクラブから帰るのが今日は 1 時だから、筑前煮を仕込む時間はある。根菜類を切り分けて、鶏肉を細かく切ったら片栗粉をまぶして温めておいた中華鍋で炒める。 鍋と油が十分に温まっていないと、炒めた具材が焦げる原因になるとは、基本中の基本だけれど、急いでいるとつい犯してしまう間違い。少し焦げ色が付いたくらいの鶏肉を取り出したら、今度は根菜類を炒める。重たい鉄の中華鍋を振って、食材に火をまんべんなく通せるのも、いつまで出来ることだろうか。慣れとは言うけれど、家庭用のガスレンジでは、あまり乱暴に扱えないのからちょっと怖い。隣の火口では蓮根の残りを茹でておく。 今日は少し多めに野菜を刻んだから、先ほど出汁を取った 3㍑の鍋で根菜類を煮ました。落とし蓋をして20分ほど強火で煮込み、出汁醤油と砂糖で味つけをしたら、今度は炒めた鶏肉を入れて中火で 5分煮るのです。今日は少し鶏肉も多めにしておいたから、週末まで持つかも知れない。小鉢にして出すのは勿体ないようだけれど、蕎麦屋だから他に出しようがないのです。これにお新香を漬けておけば、小鉢二種類で週の前半は乗り切れる。 明日はカボチャと小豆でも煮ておいて、従姉妹煮の準備をしておこうか。石垣島から送ってもらったモズクももう一二回分はあるのだけれど、涼しい時期が続くだろうから、もう少し暑さの戻る頃に酢の物にすれば好い。12時半に家に戻り、女将が帰ったらキャベツを刻んで、彼女の希望の久しぶりにゆで麺を使ってソース焼きそばを作る。先週残ったキャベツやピーマンや生椎茸が半分ほど消化できるので、二人して喜んでいる始末なのです。 雲は出て来たけれど、今日は終日陽の光が見られて好かった。食後の昼寝をしたら、店の消耗品を買いに西の町のホームセンターに出掛ける亭主。ついでに隣のスーパーで筑前煮に添える青森産のインゲンを、少量なのにちょっと高いけれど買って帰るのでした。蕎麦屋に荷物を置きながら、試食用にと、昨日仕入れた新鮮な訳ありナスと曲がりキュウリと茗荷を刻んで浅漬けを作り、夜の食卓一品で出してみた。茗荷の香りが何とも言えない。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, | コメントは受け付けていません。

秋風も昼の強い陽射しには勝てずに…

pekoの散歩に出ようと門の扉を開けたら、取っ手の上に雨蛙。ひんやりとした鉄の感触を好んで暑さを凌ごうというのか。朝から暑くなった通りを睨むように見据えているから可笑しいのです。今朝はあまり歩きたがらないから、騙し騙し1 ブロックを回って家に戻るのでした。早めに朝食を終えて、またひと眠りする亭主。昨日も早く休んだのにどうも定休日も二日目となると気が緩んでくるらしい。女将が出掛ける前に蕎麦屋に向かう。 塀際の朝顔はもう小さな花しか咲かなくなってきた。今年は陽が強すぎたのか、水遣りも足らなかったのか、例年のようには長く楽しめなかったのは残念です。今朝は蕎麦豆腐を仕込んで、明日のデザートの水羊羹を豊缶に流し込んだら、天麩羅の具材を切り分けるだけ。夕方に業者が荷物を運んでくる時にまた蕎麦屋に来て、明日の漬け物を漬ければ好いと思っていました。昼に家で食べるおかずがなくなったと言うので浅漬けを作ってやる。 先週はお客が少なかったから、中長ナスも二本ほど残ったのでした。昨日、農家の奥さんにもらった丸オクラを切って、出来損ないのキュウリも混ぜ、ビニール袋に入れて浅漬けの素を150cc。30分も漬けておけば美味しく食べられるから凄いのです。滅多に使わないのだけれど、小鉢の切れたとっさの場合にとこの液体を買ってある。豊缶に流し込んだ水羊羹は、少し固まるまで待って冷蔵庫に入れないと、動かす時に中身がこぼれてしまう。 午前中の仕込みと洗い物を終えて、女将の帰る昼までにはまだ時間があったから、プールでひと泳ぎをしようとスポーツクラブに出掛けて行く亭主。車外温度は35℃もあるから今日も相当な暑さなのです。吹く風は日影では涼しい秋の風なのに、陽射しが強いので熱風に変わる。昼前の更衣室はかなり混んでいて、おしゃべりをする老人たちが気になるのでした。プールは二コースがベビースイムの時間で、速く泳ぐコースも3 人泳いでいた。 年配の人ばかりだったから、距離を保って自分のペースでゆっくりとアップ。25m をダッシュで泳いでくる人もいるけれど、皆さん若くはないので息を整えるのにすぐ休憩をするから、亭主は相変わらずのマイペース。速く泳ぐコースは 「50m 単位で泳ぐげる人」とコースの案内板には書いてあるけれど、「マスクをつけないプールでは会話禁止」という掲示と同じで、あまり気にする人はいないらしい。家に帰れば女将はもう戻っていた。 猛暑の中を歩いて帰ってくるので、「暑い暑い」と最近は亭主の真似をしているようでちょっと可笑しい。蕎麦屋から持ち帰った浅漬けと夏の筑前煮を小鉢で出して、残り物のキャベツを茹でたものと、これも蕎麦屋で残った焼売とを蒸し器で蒸して、結構、ボリュームのある昼食になりました。腹が膨れたら例によってひと眠り。今日は暇だからか寝てばかりいるような気がする。目が覚めてもなかなか起き上がれないのは pekoよりも酷い。 3 時を回ったので、歩いて蕎麦屋まで出掛けようかと外に出れば、陽射しが強すぎて猛烈な暑さなのでした。軟弱だけれどすぐに妥協してガレージの扉を開けて車に乗り込む。ところが、書斎の下にあるガレージに置いてある車の車外温度が 36℃ になっているから驚きました。一日で一番暑い時間帯なのかも知れないと、日頃あまり信用していない天気予報を思い出すのです。洗い物を片付け、洗濯物を畳み、コーヒー豆を挽いて業者を待つ。 ぬか漬けを漬けるにはまだ時間が早いので、大釜二つに水を汲んだり、包丁を研いだりして時間を潰すのでした。一時間待っても業者が来ないので、もしかして頼んだ辛味大根が手に入らなかったのではと、心配になって電話をしたら「連絡遅れてご免なさい。4時半には着けると思います」という返答でした。果たして 4 時 40 分にはトラックが店の前に止まり目当ての品が届く。20cm ほどの大根が一箱 1800 円弱だったからこれは嬉しい。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

涼しい秋風も強い陽射しで熱風に…

今朝は 4 時半に目が覚めたので、涼しいうちにと蕎麦屋へ出掛けて出汁取りの作業をする亭主。やっと夜更かしの習慣を抜け出て、エアコンのタイマーをセットして早めに床に就いたのが正解でした。蕎麦汁と天汁まで仕込んで家に帰れば、peko が起き出して玄関を眺めているから、散歩に連れ出して近所をうろうろ。朝から蒸し暑い今日はあまり歩きたくないらしいのです。朝食後にひと眠り30分。お袋様を家まで迎えに行くのでした。 もう陽は高く昇ってジリジリと陽射しが照りつける。農産物直売所で顔見知りの農家の奥さんが野菜を運んで来ていたから、「丸オクラが天麩羅にしたら甘くて美味しいと評判です」と言えば、「ぬか漬けにしても色が落ちないで美味しいよ」と言われて目から鱗。隣町のスーパーに行けば蓮根が季節で安く売っていたので、お袋様も亭主も買い求めてくるのです。蕎麦屋に戻って検品をすれば、里芋といんげんを買うのをすっかり忘れていた。 今日の午前中は好評の夏の筑前煮をまた作ろうと思っていたから、これから季節の根菜である里芋がなくては全体の食感が変わると、西の町のスーパーに出掛けて行くのでした。蓮根もゴボウも旬の食材だし、季節感溢れる知る人ぞ知る一品。鶏肉も仕入れてあるから、ついでに親子丼の具材を同時に煮込んでおこうと思ったのです。インゲンはもう時期が過ぎているから少し値が高かったけれど、根菜類に綠を添えてやろうという心意気。 そんなことをしているから、今日も仕入れの金額が予定をオーバーしてしまう。肉や野菜を毎週一万円以上仕入れてしまうと月に換算して約五万円。その他に値段の高い蕎麦粉や天麩羅油などが月に数万円単位でかかるから、食材費は十万円をくだらないのです。月の食材費/売り上げが 50% 以下ならなんとか黒字になるのだけれど、お客の数が少なくて月の売り上げが落ち込んでいる今年は、45%でも黒字にはなっていないのが実情です。 だから調理師学校では、メニューの原価率は30%以下と教えてくれたのでしょう。それでも「うちは五分の一じゃないと店で出せませんよ」と言う店長の話を聞いた事がある。個人経営の小さな店では、原価率三割というのはなかなか難しいらしく、酒を出して儲けるという店も少なくないのだとか。食材も安く仕入れて美味しいものが出来れば言うことはないけれど、夏場は毎日、キュウリやナスの漬け物ばかりを出すのもいかがなものか。 美味しい蕎麦を打つことは勿論ですが、それ以外に何かこれは美味しいと言われる物が欲しいのです。蕎麦屋のメニューは定番が多いから、霊犀亭では野菜サラダとデザートの甘い物を毎日作っている。それはメニューにあるからお金を頂くけれど、小鉢はセットで出すものだから単品でお金をもらわないのです。「お金を取って単品で出せば好いのに」と言ってくれるお客もいるけれど、それではただの食堂になってしまうような気がする。 かくして、今日も根菜類を一口大に刻んで、片栗粉をまぶした小さく切った鶏肉を炒め、根菜を炒め、根菜を強火で煮込んだ後で鶏肉を加えて中火でもう少し煮詰める。干し椎茸を入れ忘れたので後から追加した。時計を見たらもう12時半を回っていました。1 時に女将がスポーツクラブから帰ってくるから、家に戻って昼食の用意をしなければ。調理する者の勝手で、今日も性懲りもなく冷やし中華。朝食べた卵は使えないのがちょっと残念。 炎天下を歩いて1km 帰ってくる女将も汗だくだから、美味しいと言って食べてくれるのが嬉しい。結局、美味しい料理を作る事が好きなだけで、それは所詮、趣味の延長でしかないのかも知れない。コロナ禍の中をいつまで続けられるのか不安だけれど、好きな事は案外続くのかも知れないと思う。午後はまたひと眠りして、夕刻に女将と一緒に peko を病院に連れて行きました。定期のケアとドライアイの眼の様子を見てもらうのでした。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 経営 | コメントは受け付けていません。

27℃の熱帯夜が明ければ真夏の太陽が復活…

寝苦しい夜が明けて、今朝も6 時前から起き出してお茶と梅干しで一服です。pekoがもうスタンバイしているから、亭主も玄関に出て素足のままウォーキングシューズを履く。雪駄をひっかけて出掛けないのは、昨日に続けて蕎麦屋まで行ってみようと思っていたからです。門を出て右に曲がれば締めたもので、どんどん歩いて行くからこれは行けるかなと思ったけれど、忘れてしまった道にさしかかると嫌々をするように座り込んでしまった。 仕方がないからみずき通りは peko を抱いて渡って、突き当たりの階段の近くまで来たら記憶が戻ったらしいのです。ここは知っているぞとばかり自分から登って行く。それだけでも来た甲斐があるというもの。郵便受けから新聞を取って、玄関に peko を待たせたまま店の中に入って昨日の洗い物の片付けをする。蕎麦皿と盆はよく乾いてからでないと片付けられないのです。6時半にもならないのに日の出はまだ早い。雲一つない青空です。 亭主と peko の帰りが遅いから、今日も蕎麦屋まで行っているのだろうと、家で女将も考えたらしい。7 時のニュースを見ながら早い朝食を終えたらお茶が出て、洗面と着替えを済ませたら今度は珈琲が出てくるから嬉しい。peko が元気でいてくれることを願う母心か。お蔭でいつもより早く家を出て、亭主は蕎麦屋に向かうのでした。週の二日目は余りすることがないのだけれど、早朝にエアコンは入れておいたから、快適に動けるのです。 蕎麦打ち室は27℃で48%の湿度。まずは蕎麦打ちと、今朝は500g だけ打って、昨日の残りの蕎麦と合わせて10食ちょっとを用意しておきます。加水率はほとんど42%で捏ね始めました。時間が合ったから伸し棒を洗って乾かしておいたら、これがまた伸し易くて、綺麗に蕎麦が打てました。外はまだ青空でぽつりぽつりと雲は出て来たけれど、今日は強い陽射しが翳(かげ)りそうもないのです。風は湿気を含んだ南西の風で蒸し暑い陽気。 時間に余裕があるからなのか、サラダの具材を刻むのにもいつもより丁寧になる。キャベツもニンジンもイメージ通りに刻んで、今日もサラダは三皿を用意しました。用意した甲斐があって、今日は「サラダが美味しいわ」と言ってくださったお客様もいた。今週は好いパイナップルが手に入ったので、あとはブロッコリーとアスパラの茹で方次第。どうも余熱で中まで柔らかくするより、十分に茹でて水で冷やす方が美味しいような気がする。 暖簾を出したらすぐに歩いていらっしゃる蕎麦好きの常連さんの姿が見えた。カウンターの奥に座って、「やっと開放されたわ」とおっしゃるから聞けば、大きなお孫さんたちが家にいる夏休みは、昼の支度をしなければならなかったから大変だったのだとか。まだ随分と若そうには見えるけれど、主婦を卒業してしまうと誰しも自分の時間を持ちたいと思うのでしょうね。「天麩羅が好きなのだけれどもうあまりたくさんは食べられないから」 と、おっしゃるから、「単品で頼んでいただければ揚げますよ」と応える亭主。同世代だから、離しも弾んでゆっくりとなさって行かれるのでした。昼を過ぎて暑さの真っ盛りに駐車場に車が入ってきたから、見ればやはり蕎麦好きのリピーターさんでした。今日いらっしたお客様は皆、コロナで大変でしょうと言ってくれた。どこどこの店も閉まったと、新しい情報を持って来てくれるのでした。家賃を払う蕎麦屋なら、とうに閉店したかも。 それにしても、8月に一度はお客が戻ったかと喜んだものの、猛暑も手伝ってこのところめっきりお客が減っている。今日もなんとか昨日の蕎麦は消化したけれど、明日からの週末にどれだけ蕎麦を打てば好いのか悩ましいのです。遅い午後にはエアコンを効かせてまたひと眠り。冷蔵庫の中の残り物も少なかったから、早い夕食に久しぶりにパスタを茹でて残った野菜やきのこ類やチーズを入れて食べ、夜のプールに出掛けてひと泳ぎです。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 経営, 蕎麦打ち, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

めまぐるしい天気の一日で…満月の夜

南風のせいか、涼しいけれど何故か蒸す朝なのでした。それでもpekoは今朝は調子がよくて、4ブロックも歩いてちょうど蕎麦屋往復の距離なのでした。これならもう一度蕎麦屋まで歩いて行けるだろうかと、かすかな希望を持つのです。庭の朝顔も少しだけヘブンリーブルーの面影を残して、細い蔓に花を咲かせています。ポイント予報では昼前から午後まで雨だよと亭主が言えば、天気予報の当たる確率がCだからと女将が笑って応える。 珍しく朝食の食卓に沢山のおかずが並んだと思えば、三ツ葉や筑前煮など蕎麦屋の残り物が少しずつ盛られて、決して使い残さないという女将の決意のようなものが感じられたので、有り難く完食する亭主。後は昼に二人で蕎麦を食べれば、キャベツと長葱を残して先週の残り物を全部食べたことになるのだろうか。定休日は亭主が三食とも家で食べるからチャンスなのだけれど、手を変え品を変え飽きないようにするのも工夫の一つなのです。 書斎の窓辺のミソハギが風に揺られて涼しそう。内側から窓を開ければゆらゆらと先端の花が見えるので、なかなか風情があるのです。定休日は、机の脇で時折この花を眺めながら、昼に少しずつブログを書く亭主も、疲れては peko のいる居間に行って休憩をする。今朝は蕎麦豆腐、デザート、揚げ浸し、金平と呪文を唱えながら、車で蕎麦屋に出掛けました。午前中の仕込みが早く終われば、そのままプールに行って泳ごうと思ったのです。 新型コロナ以後の最近のお客の少なさから学んだことは、小鉢の野菜類も沢山作りすぎては、結局、家に持ち帰って食べなければならないということでした。少しずつ種類を作った方が、作り手からしても楽しく調理できるし、お客の方も新鮮なうちに食べることが出来るのです。週の途中で仕入れに行かなくてはならないとしても、美味しいものという考えが優先するから、面倒ということはない。明日は揚げ浸しと金平で営業を開始しよう。 お客の多いときは、それでも種類が足りなくなるから、お新香を毎日漬けるようになったのですが、このところお客が少ないからどうしても小鉢が残る。今日は、夕刻に出入りの業者の配達があるから、いつもなら糠漬けを漬けるのだけれどじっと我慢をするのです。最初に蕎麦豆腐とデザートの水羊羹を仕込んで、揚げ浸しを作って金平を作りおえたところで、時計はまだ10時半だったので、これはプールに行けると洗い物を急ぐのでした。 外に出れば車の車外温度は32℃。それなのに南の空に雨雲がもくもくと湧いて、今にも雨の降りそうな様子なのです。かと思えば、北の空には青空と入道雲が見えるのです。昼前の時間は買い物客も多く、スカイプラザとの連絡通路のある二階の駐車場は一番遠い端しか空いていない。これが亭主の狙い目で、歩く距離を伸ばすために空いていても端に停めることが多いから、歳を取ると随分と考え方が変わるもの。ロッカールームも満杯。 会話をする老人たちの話を聞けば「昼前から頑張りますね」「暇でしようがないんだよ」ですって。自分もその老人の一人なのだけれど、暇なのは蕎麦屋のお客が来ない時間だけで、店の赤字に苦しみながらも何とか毎日食べて忙しくしているのが、好いのかどうか。昼前に家に戻って、女将が帰るのを待って蕎麦を茹でて二人で食べるのです。三日目の蕎麦も十分に美味しいし、蕎麦汁も好し。夏場は大根おろしを添えるのがひと工夫と知る。 結局、雨は降ったり止んだり晴れたりで、温暖化の影響で日本が亜熱帯化していると思わずにはいられない。ひと眠りして午後の仕込みに出掛け、今日は早めに業者も来たし、珈琲を出して話を聞けば、どこの蕎麦屋も今週は客がなかったらしい。家に戻って夕食にやっと冷やし中華を食べて、夜の防犯パトロールに備えるのでした。キャッシュカード詐欺が増えているという。皆で団地を回る頃には東の空に綺麗な満月が昇ってくるのでした。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, | コメントは受け付けていません。

秋らしい涼しい一日で…

今朝も涼しい朝で、やっと一息つける9月の始めです。定休日だというのに5時半に目覚めてしまったから、お茶を一杯飲んで一服したら、pekoの散歩に出掛ける亭主。家の前の坂を降りる途中までは嫌がって地べたに座り込んでいたけれど、リードで持ち上げるようにして騙し騙し歩かせれば、観念したのか自分から歩き始めるのです。歩かなければますます後ろ足も弱ってくるから、最初の20mが勝負所なのです。これも介護なのかしら。 二つ目のブロックを通りすぎて、どちらに行くのかと様子を見ていたら、やはり左に曲がろうとする。まっすぐ家の前の通りに向かって坂を登るのかと思えば、また右折して三つ目のブロックに向かう。何処を歩いているのか本人も分かっていないのかも知れない。公園まで行けば、自分の家がこの通りの先にあるのを知っているのか、緩やかな上り坂をとぼとぼと歩いて行くのです。僅か数百メートルの距離を30分もかけてやっと家に戻る。 門を這い上がって階段をよちよち昇り、玄関のドアの前で亭主が鍵を開けるののを待っている。散歩が終われば朝食の時間だということはよく分かっているらしく、食堂のいつもの場所まで行ってじっと待っているのです。まだ 6 時半だから女将は台所に入っていない。亭主はpekoに餌をやったら、またお茶を一杯飲んでテレビのニュースを見るのです。それでもいつもより早く朝食の用意が終わって、いつもの時間には蕎麦屋に出掛ける。 昨日の洗い物を片付けたら、お袋様に電話をして家まで迎えに行く。随分と涼しくなったと話をしながら、農産物直売所へ出掛ければ、地元のトマトやキュウリもそろそろ終わりらしく、品物をよく選んで買わなければならない。知り合いの農家で作った中長ナスや丸オクラは新鮮でなかなか好かった。いつもの半分ほどの買い物をしたら、隣の町のスーパーに向かう。ところが月初めの特価日とあって道路まで車が溢れていたから大変だった。 レタスに 87円の正札が付いていたけれど、開店30分後なのにもう残り僅かなのでした。亭主は値段はそれほどよく見ないで、必要な物だけを買い物リストに従って揃えていくのですが、一般のお客は新聞広告をよく見て来ているらしく、密を避けるのが大変な状態。お袋様も広告を見て来ているらしく、手際よくあちこちを回っている。蕎麦屋に戻って野菜を収納したら、西の町のホームセンターまで行って台所用の業務用消毒液を購入する。 手に入らなかった野菜類も隣のスーパーで捜して買いそろえてくるのです。女将の帰るまでに家に戻って、昼は蕎麦と天麩羅の残りで好いということだったから、大根をおろしてちょうど帰る時間に合わせて準備をしておく。蕎麦は彼女にもう茹でて好いかと断ってから茹で始める。やはり、夏場のおろし蕎麦はさっぱりとしていて美味しい。グリルで焼いた昨日の天麩羅も野菜がなかなか甘くて旨いのでした。食後は例によってひと眠りです。 夕刻に目が覚めたら、女将はpekoの餌や牛乳を買いにまた出掛けたらしい。1キロちょっとの距離を歩いて日に二回も往復するのは、今日の涼しさでなければなかなか出来ない。道路が濡れているから雨も降っているらしいのです。亭主は蕎麦屋に出掛けて出汁を取って蕎麦汁を仕込んでくる。本当は野菜の揚げ浸しも作っておきたかったけれど、今日は午後の昼寝の時間が長すぎた。あまり「やらねば」と思うと疲れるから自然に任せている。 夕食は「野菜炒めをお願いします」と女将が言うので台所に入れば、野菜サラダの残りとキャベツや赤玉葱の残りと豚肉が刻まれて用意されている。中華鍋を振るのは亭主に任せようと思っているのか、今週は残り物の処理が早く終わっているのかも知れない。買い足したのは肉だけだから、かなりの倹約だろう。その分、毎日のように果物が食べられる。食後に次の食事には何を食べるのかを女将に聞きに行くのが、亭主の日課になっている。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, | コメントは受け付けていません。

秋風も酷暑の中を吹く…

空色の濃いルリマツリの咲くお宅の前をのんびりと peko と歩いて行く。昨日にも増して涼しい朝なのです。ところが家に帰って女将に話せば、炊事洗濯と朝から動いているから「暑い暑い」と騒いでいる。やはり起きたての亭主の身体はまだ十分に血が巡っていないと見えるのです。朝の一時間、目覚めのヨーガで身体を温めてから動き出す女将の方が、効率的ではあるのかも知れない。朝食も亭主よりもひと品くらい多く食べるから凄い。 歳を取るに従って食事の量も減る代わりに、動く量も減ってきている亭主は、秋の訪れを感じながら朝の気分を味わうのを好しとして、スローモーな動きで活動を開始するのです。昔の秋とは違って、風は涼しくても陽射しがやけに強い亜熱帯のような気候。古くからの日本の四季とは随分と様変わりしているように感じるのです。みずき通りを渡って蕎麦屋に着いたら、ひまわりとポットのモミジに水遣りをして、店の幟を立てるのが最初。 今朝は、お隣のお爺さんが道路の向かいの畑にひまわりの種を撒いたのが、随分と大きくなって花を咲かせていたから、ズームで写真に撮ったのだけれど、ミニひまわりだから見応えがない。子どもの頃には、洋花は勿論のこと、ひまわりなどと言う花はあまり見かけなかったものだが。省線の線路際に住んでいた中学の頃には、親にも内緒で自分で大きなひまわりや西瓜を線路の敷地に植えて育てたっけ。ひまわりの花は見事に咲いたけれど。 西瓜は田舎で祖母の育てる西瓜のようには食べられなかった覚えがある。今朝の呪文は糠漬け、葱切り、蕎麦打ち、デザートで、夕べから何度も繰り返し唱えていたから、早速、冷蔵庫から糠床を取り出して、お新香を切り分けて盛り付けるのでした。15 時間でちょうど好い味に仕上がっていました。厨房は29℃、蕎麦打ち室も31℃と昨日よりは幾分涼しいのです。湿度は50%だったから、加水率は40%強で蕎麦粉を捏ね始めるのでした。 日に日に変化する季節の移ろいに、昼の暑さばかりを気にする人間がついて行けない感じなのです。蕎麦粉も気候に応じてしっかりと生きているから、打ち方を変えていかないと美味い蕎麦に仕上がらない。柔らかすぎないかと心配したけれど、これが案外しっとりと伸せて、畳んでも包丁切りにも影響がない硬さで、今朝も切りべら28本で 130g の束を作っていく。蕎麦が上手く打てた日は気持ちが好いので、ますますやる気が湧いてきます。 厨房に戻って抹茶きな粉大福を包むのにも、その勢いが影響する。掌に載せる求肥の熱さにもめげずに、餡に絡めて一つずつ包んでいくのです。野菜サラダの具材を刻むのにも、幾分なまってきた包丁の先端を使ってキャベツやニンジンを細く刻んでいく。ブロッコリーの茹で時間は 2 分。1 分茹でたらアスパラを同じ鍋に入れて茹でていく。時間になったら少し硬くても笊に上げて余熱で柔らかくするのです。これで開店前の仕込みは終了。 暖簾を出したらすぐに仕事の途中らしい女性の一人客がいらっして、ヘルシーランチセットのご注文。ボリュームがあると言いながらもすべて完食で、蕎麦湯も綺麗に飲んで帰られたから嬉しいのでした。その後は 1 時過ぎまでお客がなくて、女将も亭主も暇をもてあましていましたが、分からないものでその後が駐車場は満杯になるし、大盛りはどんどん出るしで、閉店間際には続けて常連さんがやって来て、ゆっくりと話をするのでした。 昨日よりは少しは気温も低いのかも知れないけれど、日中の暑さにあまり変わりはなさそうでした。雲が少し多かったぐらいで、昨日と今日の違いが分からない。家に帰って女将がスポーツクラブに出掛けてしまったから、ひと眠りしていた亭主は土日設定の携帯の目覚ましで目を覚ます。急いで蕎麦屋に戻って大鍋の湯を沸かし、昼の洗い物の片付けをして、夜のお客を待ったけれどなかなか。昨日の蕎麦と蕎麦汁を持ち帰たらpekoの散歩。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

朝は涼しいのだけれど…

今朝も涼しい高原の風が吹いていました。夕べは突然の 睡魔に襲われて10時前に床に入ったのに、今朝は6時過ぎまで眠っていたから、我ながら驚きました。朝の散歩を待っていたpekoを連れて3ブロックを歩いて回りました。途中、頭上の電線で何やら鳩が煩く鳴いていたので、見ればつがいのようでもあるし、喧嘩をしているわけではなさそうなのでした。公園にさしかかって朝日が木の間から漏れるのが見えた。今日も暑くなるのか。 女将の作る朝飯は、お新香とナスとピーマンとニンジン、玉葱に肉を入れて味噌焼き。蕎麦屋の残りの天麩羅の具材も上手に味噌汁に入れてあった。これで半膳ほどのご飯を食べて、亭主の朝食は終わりです。居間で一服していると女将が小さな湯飲みに珈琲を入れてくれる。外もかなり涼しいから、久しぶりに居間の大きな窓を開けて、蚊取り線香を焚く。大きすぎて壊れた網戸はとうの昔になくなってしまったから、豚さんが活躍する。 何十年も前に買ったものなのに、書斎の本箱の棚に置いたままだったのです。単純な作りの物ほど長持ちするようだ。豚の口から蚊取り線香の煙がもやもやっと出て、のんびりとした風情があってなかなか好いではありませんか。実は同じ形の子豚もまだ本箱の棚にあるのですよ。まだ若くて忙しかった時代に、生活に何か癒やしを求めたのだったろうか。暑すぎる真夏は過ぎたような気分だけれど、朝から動いている女将は今朝も暑いと言う。 いつもより早く8時過ぎには家を出て、蕎麦屋に向かえば今日も仕事が待っているのでした。夕べ5㍑の鍋に出汁取りの準備をしておいたから、一番出汁、二番出汁と時間をかけて出汁を取る。蕎麦汁を作って水で冷やし、冷めたら蕎麦徳利に詰めていきます。小一時間かけて出汁取りを済ませたところで再仕込み醤油が届いたから、今度は同じ鍋で返しを仕込んでおくのでした。これで二週間は大丈夫。二時間近くも火の傍にいて疲れて来た。 気分転換に駅前の銀行まで車を走らせ、今月分のスタッフの給料を引き出して新券に替えてくる。今月は祝日があったり、スタッフが急の休みだったりで、女将が 12日も手伝いに来てくれたから、少し多めに支払わなければ。白色申告の霊犀亭は、家族への給与は認められていないから、店の経理には元来無関係。ただ、実際には女将も働いているから、家計の足しにと同じ月末に金を渡すのです。それでなくても人件費分は毎月赤字になる。 銀行に行ったらそのまま家に戻って、pekoのいる居間で涼むのです。昼飯の準備にはまだ早かったから、冷蔵庫の中の冷えた西瓜を塩を振りながらむさぼり食う。やはり昼間はまだ暑いのです。女将がスポーツクラブから帰る前に、冷蔵庫にあった蕎麦屋の残り物を取り出して、スープとカレー炒飯を作る準備をする。野菜サラダの具材や鶏団子、かき揚げ用の玉葱と人参、豚肉だけが家用の食材として買って来たもので、亭主が中華鍋を振る。 今日は夕べしっかりと眠れたので、食後に眠くならなかった。一休みしたらプールに出掛け、またまた気分転換の定休日。家に戻ったら、今度は車を置いて蕎麦屋に出掛け、午後の仕込みをするのでした。夏の筑前煮の根菜類を刻み、出始めの里芋は八方剥き。新蓮根と鶏肉まで加えて、今回も豪華な小鉢の出来上がり。ちょうど煮詰まったところで海老と鴨肉を持って業者の青年が来たので、小鉢に盛った一鉢と冷えた蕎麦茶をサービスする。 「これは美味しいです。料理屋ならメニューに載せる酒の肴のひと品ですよ」と礼を言いながら、あと一軒回って今日は終わりだと言う。女将から電話が入って「この間、蕎麦屋で残った海老を天麩羅にするから、天ぷら粉を少し頂戴」と言う。夕食に家の狭い食堂で天麩羅の海老を見たら、随分と大きいので驚いた。「やっぱり揚げたては美味しいわ」と久々に家で天麩羅を揚げた喜びに浸る女将。やっと先週の蕎麦屋の残り物も尽きたかな。

Posted in 仕込み, 日常, 未分類, 経営 | コメントは受け付けていません。

涼しい朝と眩しい昼と…

定休日の今朝は朝寝坊をして、7 時前にpekoの散歩に出掛けました。「今日は綺麗に咲いているみたいよ」と女将の言う朝顔を見たら、本来のヘブンリーブルーの色に近づいて、蕾が見事に開いているのでした。やはり今朝は相当に涼しく、まるで高原の朝のようなのです。朝食には蕎麦がまだ残っていたけれど、女将の用意してくれた米のご飯を食べて、お袋様と仕入に出かける準備をするのでした。蕎麦屋に寄って洗い物を片付けたら出発。 地域の農産物直売所は団地の西の外れにある。今日はナスやキュウリやオクラなどの夏野菜がどっさりと運ばれてきていました。ナスは指で触って弾力のある柔らかな感触のものが一番好い。キュウリは糠味噌に漬けることを考えると細い物は避けるのです。オクラは蔕の部分の切り口が黒くなっているのは採ってから日にちが経っている。青いままのものが新鮮なのです。トマトはもう終わりになるのだろうか、値段が随分と高くなっていた。 季節も移ろうから地域で手に入らないものは、隣町のスーパーで県内や全国からの野菜を手に入れるのです。今日は入荷したばかりのものらしく、新鮮な野菜が多かったから嬉しい。お袋様を家まで送ったら蕎麦屋に戻って、冷蔵庫の野菜室に綺麗に並べて収納する。それから月末の定例で床屋の親父様の顔を見に出掛ける。先客が一人いたけれど、すぐに終わるから、また亭主と二人で四方山話が始まるのです。今日は日本円の価値について。 昼前に家に戻って、女将の帰宅が 1 時過ぎになるからと、亭主は再び蕎麦を茹でて食べるのです。5 日目の蕎麦でも決して不味くはなのだけれど、毎回、二人分ずつ茹でて食べるから、ちょっと食傷気味。今日は午後からケーブルテレビの修理屋が来るから、早めに一人で昼を済ませました。古くなったチューナーが言うことを聞かないので、取り替えてもらう予定なのでした。1 時過ぎに技術者が現れて、見違えるようになった居間のテレビ。 リモコンのボタン操作も使うものが限られているのに、機能が多すぎるので亭主にはうんざりなのでした。一日何軒も回って同じような作業をする技師も、亭主の使う好みに合わせて設定をしていってくれる。午後のひと眠りをして、夕刻にまた蕎麦屋に出掛け、明日の出汁を取る準備を済ませ、残っていた二番出汁で天つゆを作ってくる。小鉢の仕込みは暑い陽気だから出来れば明日の方が好いのです。宅配便も明日の午前中に再配達にする。 夕方の 5 時を過ぎたら夜の早い我が家はもう夕飯モードです。蕎麦屋で作った金平が残っていたから、突き出しにしてまずは一献。女将がグリルで豚のハラミの串焼きと鴨肉を焼き始める。次に賞味期限の豆腐が出て、テレビでニュースを見ながらもう一杯。亭主は明日の仕込みの段取りを考えながら、午前中にプールへ行けるのだろうかと、仕事の多さを思うのでした。出汁取りに蕎麦豆腐にデザート、筑前煮を仕込んで天麩羅の具材切り…。 再配達の追い仕込み醤油が届けば、返しも作っておかなくてはならない。そして夕刻には糠漬けを漬けにまた蕎麦屋に行くから、プールで泳ぐのは午後一番だろうか。やっと串焼きと鴨肉が焼けて、女将も夕食の食卓につくのでした。県内のコロナ感染の状況は一段落のようだけれど、「ピークが過ぎたなどと言われると街に人が出るのよ」とメディア漬けで情報通の女将が物知り顔で話をするのです。蕎麦屋としては給料後だし有り難いかな。 市の産業振興課から、小規模事業者応援給付金の決定通知書が届いたけれど、まだ銀行の口座には振り込まれていませんでした。明日は出入りの業者が鴨肉と海老を配達に来る。今週は蕎麦粉の支払いがあったから、今日の仕入れで先週の売り上げは使い切ったのです。その日その日の僅かな売り上げが、次の日の準備に必要なのは、まさに小規模事業者の宿命かも知れない。月末にスタッフに払う給料も用意しておかなければなりません。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 経営, | コメントは受け付けていません。