Category Archives: 日常

予報とは裏腹に終日の冷たい雨…

「雨が降っているじゃない」と洗濯を終えた女将が愚痴をこぼすから、「予報だから仕方がないよ」と曇りでなかったのを取りなす亭主。いつもの時間より少し遅れて蕎麦屋に着いたら、まずは忘れないようにと蕎麦豆腐を仕込んで、今朝は二週間ぶりにレンジ周りの掃除を始めるのでした。掃除をしなければならない所は沢山あるけれど、完璧は求めずに出来ることだけをやっておくのです。今日は昼前にプールに出掛けたいから時間がない。 筑前煮の具材を刻んで、綺麗な里芋を六方に剥いたら、酢水で煮立てた蓮根を最後に入れて、中華鍋で炒める。これを出し汁で煮込んでいる間に玉葱を刻み、鶏肉を切って、半分は親子丼の仕込みの鍋で煮ながら、残りを片栗粉にまぶして中華鍋で焦げ目が付くまで炒めるのです。このところ毎週のように作っているから、身体が自然と段取りを覚えているのが嬉しい。今が旬の根菜類は今が一番の食べ時で、筑前煮の小鉢はお客にも好評です。 油で炒めるのも一手間だけれど、薄口の出汁醤油で煮込んで砂糖を加えるのがポイントかも知れない。使った鍋類を洗って、親子丼の具材と筑前煮をタッパに詰めたら、冷めないうちに冷蔵庫に入れておく。レンジの火が消えていることを確認して、念のためにロックをかける。午前中 2時間の仕込みはこれで終わり。外は朝から降りしきる雨で道路も濡れているのです。女将に頼まれたトイレットペーパーを買ってスポーツクラブの駐車場へ。 冷たい雨のせいか、ロッカールームもいつになく空いているのでした。プールサイドに出れば、ベビースイムの教室も終わるところで、コースには人も疎らなのでした。月曜が祝日営業で夜は閉まっていたし、昨日はスポーツクラブが定休日だから、久しぶりの水泳なので入念に準備運動をして、ゆっくりとアップを始める。気持ちの好いひと時です。今の亭主にとっては、これが唯一の気分転換なのかも知れない。家の買い物をして帰宅です。 最近は、プールの帰りに肉や魚を亭主が買って帰ることが多い。歩いてスポーツクラブに行く女将は、昼までに買い物を済ませるのも難しいし、荷物が沢山ある時には持って帰れないのです。12時を少し過ぎていたから、女将の方が先に帰っていました。急いで台所に入り、肉野菜炒めとスープを作りながら、昨日作った餃子を焼きます。餃子以外はすべて蕎麦屋の残り物を使っての料理なのです。これであらかた先週の残飯整理が済んだかな。 今までなら食後は横になってひと眠りをするのですが、最近は午後に昼寝をしないことが習慣になったから、時間をもてあましてしまう。夕刻に業者が頼んだ食材を持って来るまでには、随分と時間があったけれど、家でテレビを観るのにも飽きたから、また蕎麦屋に出掛けて行く亭主。エリック・クラプトンのアンプラグドの歌を聴きながら、天麩羅の具材を切り分けて容器に詰めていく。茄子と胡瓜と蕪のお新香を漬けるにはまだ早い時間。 冷蔵庫から金柑を取り出して、蔕を切って半分に切り、一つずつ竹串で種を取っていく。出始めの先週に買ったものはひとパック400円だったのに 4パックも仕入れてしまった。昨日買った物は同じ物でも300円で粒も大きくなっているのです。やはり何事も慌ててはいけないのでしょう。酢水で煮てから氷糖蜜で煮直す。前のひと瓶がまだ半分以上残っているから、これで年明けまでは持ちそう。夕べ大手亡豆も年明け分まで発注しておいた。 寒い日には蕎麦饅頭を作りながら、間に金柑大福を包んでデザートは当分安泰なのです。それでもまだ時間があるから、昨日、四つも仕入れた大粒の柚子の皮を剥いて、中身は女将の柚子ジャムの材料に家に持って帰る。皮は外側の黄色い部分だけを包丁で削いで、千切りにしていく。パットに並べてラップをかけて冷凍しておけば、霜が降りて甘くなる頃の白菜の漬け物の時期まで使えそうです。3 時間の仕込みを終えたらやっと荷物が届く。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

菊の秋 寒さが戻って曇り空…

夕べは 5 時間ほど眠って寒さで目が覚めたから、エアコンを入れてまた 2時間寝続けた。最近はこんな調子で夜は 7時間も眠っているので、身体の調子も好いのです。いつもの時間よりは少し遅れて蕎麦屋に出掛ければ、玄関先の植木鉢にに菊が一輪咲いているのでした。車庫の上のポットにもピンクの菊が咲いて、やっと菊の秋なのです。蕎麦屋に着いたら昨日の洗い物を片付けて、お袋様に電話を入れる。定休日一日目の仕入の始まりです。 空はどんよりと曇って、昨日に比べたら随分と寒い朝なのです。団地の中にある隣の地区に続く橋を渡って、農産物直売所へでかければ、今日は農家の人たちが沢山野菜を運んでいて、顔見知りの農家の奥さんや親父様に挨拶をして、採れたばかりの大根や蕪や里芋をもらっていくのです。「また、筑前煮ですね」と奥さんに言われて「根菜類は今が旬だからね。いつも美味しい野菜を有り難うございます」と応える亭主。柚子も10個で300円。 これは女将のジャム作りと亭主の風呂の友になる。店で使う柚子はスーパーで大粒で皮の綺麗な物を買うのだけれど、この時期は一つ100円だからまだまだ安いのです。葉物野菜を含めて、今朝は随分と沢山の野菜が出ていたのでした。葉の付いた新鮮で大きな大根が一本100円だから、なた漬けの季節なので2本もらってくる。隣町のスーパーでも、気に入ったものがなかったのが生椎茸で、これは後で何処かに買いに行かなければならない。 店に戻って野菜を冷蔵庫に収納したら、なた漬け用に切り分けた大根を、塩漬けにして漬け物器で押し漬けにしておく。そして、月末だからと床屋に出掛けて、月に一度の親父様との会話。今日は暇そうにベートーベンの映画を観ていたから、付き合いながら髪を刈ってもらうのでした。明日は世間では給料日だから銀行も混むからと帰りに銀行に寄って、女将とスタッフに払う月々の金を下ろして新札に替えておく。これは持ち出しになる。 売り上げの中から銀行に金を入れない限り、店の赤字は解消されないのは道理。いつかそんな日が来るのを夢見て、コロナの時期なのに今月は去年よりも売り上げが伸びそうだと喜んでいるから世話はないのです。女将がスポーツクラブから戻る前に、蕪の葉を茹でてタッパに入れたら、豚肉と海老と烏賊を炒めて、先週の野菜サラダの残りを入れてあんかけのスープを作っておく。今日は寒くなるから湯麺にしようと朝のうちに話していた。 定休日は特に、蕎麦屋で残った食材を消化しなければならないので、昼は何にするとか夜は何にしようかと女将と相談をして、いろいろな工夫をして食事を楽しむのです。ニラも大蒜も生姜もあるし、残ったキャベツを使って餃子を作ろうと、挽肉を買って来たのは好いけれど、餃子の皮を買うのを忘れたから、これは午後の仕事に回した。昼食の後は一休みして、蕎麦屋に出掛けて午後の仕込みに入る。最近は食後に眠らなくなったのが進歩。 その分、夜がぐっすりと眠れているような気がするのです。蕎麦屋の駐車場のモミジが下の方だけ紅葉していた。全体が真っ赤になるのはいつ頃なのだろうか、それともそのまま枯れてしまうのか、ちょっと気になるところです。午後は出汁を取りながら、なた漬けに使う柚子の皮を削いで千切りにしておく。冷凍しておけるから、今日も大きな柚子を四つほど買って来たのです。一番出汁を取ったら蕎麦汁を作って、二番出汁は大鍋で追い鰹。 その間に、なた漬けを漬け込んで、出汁や蕎麦汁は容器に入れて冷やしたら冷蔵庫に入れる。使った鍋をすべて洗ったらもう 4 時近かった。近所のスーパーに餃子の皮を買いに行ったら、生椎茸の立派なのが安く出ていたから6パックも買って帰る。家に戻って、早速、夕食前に餃子の具材を刻んで、40個ほど包んでしまう。わずか 30分の亭主の早技。夕食はまた蕎麦屋の残り物だけれど、鴨肉を長葱と焼いて一献。蕪の葉もなかなかの味。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

今日もまた筑前煮…

定休日二日目の朝も7 時間の睡眠から目覚めて朝食の席に着く亭主。7 時前には女将も台所に現れないから、居間の椅子に座ってお茶を飲んでいるのですが、「ご飯が出来ましたよ」と言われてやっと重い腰を上げるのです。洗い物を済ませて洗濯物を干したら、女将は朝ドラの時間で、亭主はそれまでに洗面と着替えを済ませて蕎麦屋に行く準備をする。休みの日もそうでない日もそれが同じ時間だから面白い。気の早い庭の金柑が色づいた。 昨日にもまして暖かい朝だったけれど、天つゆと蕎麦豆腐を仕込んだら、大手亡豆を水に浸けておきます。時間があればだけれど、夕刻に業者が食材を運んで来る頃には、煮立てて皮を剥くことが出来るかも知れないと思っているのです。筑前煮の材料を並べたところで、まずは今朝の珈琲を入れて飲む。午前中は筑前煮を仕込んだところで、プールに行く時間になるだろうと、亭主の頭の中では定休日の過ごし方を一応は算段しているのです。 先週は大根が安かったし、柚子の皮を千切りにして冷凍したものがあったから、思わずなた漬けを作ったのですが、前の週に比べてお客の数も増えなかったから、結局、筑前煮が大量に残ってしまった。ぬか漬けのお新香を毎日漬けるから、他の小鉢の食材が量が多いとどうしても何かしら残ってしまうのです。そんな反省をしながら、今日は筑前煮の量も材料を少し減らしたつもり。でも、牛蒡は一本、蒟蒻も一袋使うから減らすのは大変。 さすがに里芋だけは袋の半分だけを剥いて入れたのです。レンコンは太い部分は天麩羅の具材にして、細い部分を筑前煮にと、酢水で茹でて使い分けました。例によって、根菜類を中華鍋で炒めて鍋を振る亭主。鍋の中のすべての具材がひっくり返る、この感覚が堪らなく楽しいのです。調理師学校では中華鍋に塩を入れて鍋を振る練習をしたものでした。蕎麦屋では中華鍋はあまり使う機会がないから、家で野菜炒めや炒飯を作るときに生る。 確か、鍋振りの試験もあった気がするけれど、女の子たちがよくあの重い大きな中華鍋を振ったものだと、いまだに感心するのです。根菜類が十分に炒められたら、鍋に移して後ろのレンジの火口を使って出汁で煮始めます。灰汁を取りながら、薄口の出汁醤油と砂糖で味つけをして、中華鍋を洗ったら今度は片栗粉をまぶした鶏肉を炒めるのです。十分に火が通ったところで、根菜類の鍋に加えて落とし蓋をする。やはりここまで二時間弱か。 洗い物を片付けて、プールに出掛けたのは11時前なのでした。少し雲は出ていたけれど、暖かいので上着も脱いだまま外の階段を昇ってスポーツクラブまで歩く。暖かいからか、昼前だというのにロッカールームは空いているロッカーが少なかった。着替えてプーサイドに行けば、プールはそれほど混んではいないのです。まだ幼児スイムは終わっていなかったので、「速く泳ぐコース」に入れてもらってゆっくりとアップをする亭主なのです。 その姿を見たからなのか、同じコースでいきなりバタフライを泳いで見せるいつもの中年の男性。どうせ25mを泳いだらお終いだから、こちらはマイペスーで400mの個人メドレーを泳ぐのです。他の泳者もいるから、邪魔にならないようにバタフライはキックだけにする。水に乗る感覚が蘇って、いつもより早い時間にプールから上がるのでした。帰りには地階のスーパーに寄り、家で使う食材と果物を買って帰る。今日は女将が先に帰った。 急いで亭主が湯麺を作って二人で昼食を食べる。店で残った野菜サラダを肉と海老を入れて炒めるだけだから、ものの10分もかからないのです。お互いに半日の出来事を話して、テレビのニュースを見て昼食の時間は終わり。食後のひと眠りをして、g時前には蕎麦屋に出掛ける亭主。東側の庭の草取りをして、90㍑の袋が一杯になったところで、厨房に戻って午後の仕込み。業者が荷物を届けに来たら、後は夜の防犯パトロールなのでした。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

暖かい日は続く…

今朝は農産物直売所で2,500円も野菜を仕入れてしまった。市内で作る蒟蒻を含めて15種類だけれど、隣町のスーパーの方が安い物もあった。新聞の広告を見る習慣がないから、時として「しまった」と思うことがある。スーパーで85円で出ていた大根も、農産物直売所のものは、新鮮な葉が付いているから110円でも安いのでしょう。ブロッコリーも大きいから50円高くても仕方がない。里芋も採れたてでないと中が悪いものもあるのです。 生もの以外は今朝仕入れたすべての食材を調理台に並べて、今日と明日の仕込みの段取りを考える亭主。すぐに仕込めるもの以外は冷蔵庫に収納して、長葱をラップで一本ずつくるみ、大根の葉を切り落として重い野菜からから下にして、野菜籠に入れるのです。そして中華鍋を取り出して、鶏肉を細かく切ったら、玉葱、人参、茄子、カボチャと刻んで順番に炒めていく。鍋に移して水を入れて軽く煮込んで灰汁を取り、ルーを入れるのです。 冷ました8皿分のカレーの具材を、5 等分に分けて密封の袋に詰めて冷凍する。それでも残った分は家に持って帰り、味見を兼ねて昼のおかずにするのです。女将がスポーツクラブから帰るまでに、昨日の野菜サラダの残りをスープにして、やはり残り物の筑前煮を温めておきます。定休日はだいたい蕎麦屋の残飯整理なのだけれど、美味しく食べるためにいろいろと工夫をするのがまた楽しい。帰った女将が玄関を入るなり「カレーの匂いね」 珍しく食後は昼寝をせずに、西の町のホームセンターに出掛ける。家の裏手の雑草が伸びているというので、いつも大変だから除草剤を撒くことにしたのです。亭主一人では、もう蕎麦屋と自宅の庭の面倒を見切れなくなったのです。最近は家は女将が少しずつ草取りをしてくれるけれど、どうしても最後は亭主に頼る。年を追うごとにそれが大変になってきたので、タラの木もコゴミも店の庭に移したから、除草剤を撒くことにしたのでした。 団地の中央の道を突っ切ると西の町までは近いから、薄の原の見える辺りで車を停めて写真を撮っておく。何時の間にか黄色いセイタカアワダチソウは枯れた時期なのかなくなっている。空は雲一つなく何処までも青く、暖かな午後なのでした。隣町との境にある工業団地を抜けて裏道を走れば、公団住宅の外れにある公園の銀杏が散り始めていました。駐車場に車を止めて園内を少し回ってみれば、大モミジはまだ少し綠が残っているのです。 散り落ちた銀杏が一面に敷かれた絨毯のようで、心を和ませてくれる。こんなに暖かくて天気が好いのに、広い園内を歩く人影がほとんどなかったので不思議なのでした。やっと人の歩けるほどの小径が続いている。公園の北東側の外れにある銀杏の林は、まだ綠色をした葉を付けたままで、南側の陽の当たる側が黄色く色づき始めている様子だったから、小径を外れて落ち葉を踏みしめながら、亭主はその林の入口の方角へと向かうのです。 モミジの大木から20mほど進んだところで、ふと足を止めて目を見張るのです。シャボン玉の七色の光が午後の陽に照らされて、綺麗に銀杏の林の中を漂っているではありませんか。誰が吹いているのだろうと銀杏の木の下を見れば、お洒落をした若い女性が周りにいる子どもたちに向けてシャボン玉を飛ばしているのでした。それが、子供たちも他所行きの恰好だから不思議なのです。よく見ると他にも着飾ったお母さんらしき若い女性が…。 真っ白な冬のコートを着た女性は少し離れて子供を見守っている様子。黒のコートを着込んだ女性は目の前の子供に寄り添っている。でも、走り回る子供たちの数はかなり多いのです。近所から遊びに来た親子連れという雰囲気ではないのが不思議なのでした。銀杏の林を出れば、公園のバラの園が広がっている。遠くから青空と林の入口の銀杏を撮してその場を立ち去る亭主。蕎麦屋に寄って荷物を置いたら、家に戻ってブログを書き始める。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

秋晴れの日はこんなに寒かったかしら…

今朝も寒くて4時には目が覚めたのです。暖房を入れて少しウトウトはしたけれど、10時半には床に就いたから、寝るのが早すぎたのだろうか。最近はよくこの朝の浅い眠りの中で沢山の夢を見る。いつも誘われたようにどこかに電車で行って、大勢の人の中で誰かを捜している夢なのです。寝る少し前まで映画を観ているからか、楽しさ半分で自分は心をときめかせているから世話はない。目覚めて現実に戻っても、毎日が夢の続きなのかも。 一番出汁が随分と残ったので、家に持って帰ったから、朝は亭主が三つ葉の卵とじを作る。塩と砂糖で味付けして、ふわっとした触感になるように仕上げるのがポイント。女将が夕べ漬けたお新香も、糠床がだいぶ好くなったらしく、美味しい出来栄えなのでした。それとみそ汁だけで質素な朝食だけれど、亭主はこれで十分に満足なのでした。女将は更に納豆と海苔でご飯を食べるのが習慣で、朝食は亭主よりも沢山のおかずを食べている。 peko が死んで、沢山買いだめしてあった高齢犬用の缶詰を、女将が老犬を飼うご近所の奥さんにあげたとは聞いていた。何匹も犬を飼い続けてきたその奥さんが、慰めにと花を持って来てくれたらしい。食堂のテーブルの上に飾って、食事のたびに優しさに触れる。今朝は朝も早くから、亭主が粗大ごみに出すものを前の通りの塀際に並べておくのでした。乗らない自転車、オイルヒーター、pekoのゲージ、息子のエレキギターで 3500円。 いつもの時間に家を出て、寒い空気の中を蕎麦屋に出掛ける亭主。晴れて陽も出ているけれど、動いていないと足元から冷えてくるのが近頃の陽気。午前中の仕込みが終わったらプールに行こうと思っているから、車で出掛けたけれど、蕎麦屋に着いても厨房は12℃だから、かなり冷えているのです。暖房を入れて16℃になるまでタブレットでニュースを読んだりしながら、じっと暖まるのを待つのでした。今日は最初に筑前煮を作る予定です。 いつもと同じ手順で根菜類を刻み、中華鍋でよく炒めたら出汁で煮込んで灰汁を取る。ここで出汁醤油と砂糖で味付けをしておきます。次に鶏肉を小さく切って片栗粉をまぶしたら、先ほどの中華鍋で炒めて根菜の鍋に入れるのです。鶏肉が少し多いから、半分は玉ねぎと出汁で煮込んで親子丼の具材を仕込んでおく。二つの鍋を冷ましているうちに、明日の天婦羅の具材を切り分けて容器に詰めていきます。ナスがつやつやと新鮮なのでした。 10時半を過ぎた頃に片づけを終えて、少し早いけれど駅前に向かう。まずは銀行へ行って、車検の費用を口座に振り込んでおく。安い中古の軽自動車なら買えそうな金額ですが、新車を買う余力はない。生涯最後の車と思って10年も乗り続けているから、なぜか愛着があって乗り換えられないのです。11時前にプールに着いて、まだ幼児スイムが終わっていなかったから、早く泳ぐコースに入れてもらってゆっくりとアップをするのです。 帰りに家の買い物をしようと地階のスーパーに寄ったら、宮崎産の金柑がもう出ていました。抹茶きな粉もあと一袋になったし、大手亡豆もあと三袋ほど残っていたから、そろそろ金柑大福の準備をしても好いと考える。例年よりは少し早いかも知れない。ライムサワーのために店に常備してあるライムが古くなったから、買い替えて前のものは家で使おう。昼は肉野菜炒めと蕪の葉のお浸しで、女将と二人ニュースを見ながら食べたのです。 午後はひと眠りしてからまた蕎麦屋に出掛け、西日の差して暖かいうちに、懸案だったグリストラップの掃除をするのでした。夕刻に業者が海老や牛カルビの食材を運んで来るから、それを待ちながら糠床にお新香を漬けたり、洗濯物を畳んだりと出来ることをやっておく。やっと荷物が届いて、家に帰ったのはもう夕暮れ時なのでした。相撲の最後の方を見ながら、夕食に女将とサンマを焼いて食べた。明日も天気は好いらしいけれど、寒い。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, | コメントは受け付けていません。

空気は冷たいけれど快晴の一日…

寒い朝でしたが、雲一つない青空が広がって気持ちが好いのでした。お袋様を乗せて農産物直売所に行く途中、紅葉した並木道がとても綺麗に空の蒼に映えているのです。いつもの農家のご夫婦が野菜を運んで来ていたから挨拶をすれば、奥さんに「小松菜は今朝採ったから替えて上げるよ」言われて新鮮なものを頂いた。マスク姿のご主人が「車がいつもと違うじゃない」と声をかけてくれたので「車検なんですよ」と言葉を交わすのでした。 それから隣町のスーパーに出掛けて残りの食材を揃える。今朝は女将の見ていた新聞の広告を脇から覗いていたので、安売りのアスパラガスやレタス、三ツ葉などを手早く籠に入れて、大根は形の好いものを二本貰って蕎麦屋に帰った。ビニール袋に 5つ分の食材を冷蔵庫に収納したら、早速、大根を塩漬けにして、なた漬けを作る準備。昆布と干し椎茸を鍋に入れて戻しておくことも忘れない。そして今度は西の町に消耗品を買いに出掛ける。 消毒液や洗剤、ラップ、キッチンペーパー、割箸などを買い込んで店に戻れば、陽が高くなっからか、室温は18度まで上がって、暖房を入れなくても作業が出来る状態でした。塩で漬けておいた大根から水が出ているので、柚子と唐辛子、甘酒の素と砂糖を入れて、今度は本格的に漬け込むのです。まだ12時前だったから女将の帰る1時までには時間があるので、少なくなった返しを作ったら家に戻る。ぽかぽかと暖かい陽射しが有り難い。 返しを作った鍋はそのまま冷やして、昼を終えてまた来たときに甕に移すのです。外は昼になっても 何処までも青い空が広がって、これぞ本当の秋晴れだと気分も好くなるのでした。昼は昨日持ち帰った新蕎麦を茹でて、天麩羅をグリルでカリッと焼いて天せいろ。今日買った蕪の葉っぱを切って持って来たから、早速、大鍋で湯がいて入れ物に入れておく。農産物直売所のものは新鮮過ぎるから、女将も小松菜だと思って食べたのだとか。 ちょうどグリルに天麩羅を並べている頃に、玄関のドアが開いて女将が帰ってきた。女将には大根おろしを用意して、自分は辛味大根を擦ってテーブルに蕎麦猪口や薬味と一緒に並べるのです。蕎麦を茹でるのはわずか40秒だから一番最後で、女将は出来上がる頃に台所に現れて、焼けた天麩羅を皿に盛り付けて席に着く。蕎麦を茹でて笊に盛ったら、やはり新蕎麦は少し綠色をしていたのが初々しい。ほんのりと甘い新蕎麦の香りを楽しむ。 黙ってお客に出しても食べ慣れている人は新蕎麦だと分かるでしょう。本当に蕎麦の好きなお客は、せいろの大盛りを注文するから分かるのです。少し色を付けても辛味大根のおろし蕎麦。そうでないと折角の蕎麦の味わいが消えてしまうのです。天麩羅を食べ始めたら、もう、蕎麦の香りもどこへやら、 天麩羅の味が勝ってしまうから、食べる順番もあるのかも知れない。蕎麦湯までしっかりと飲んで、亭主は居間で満足そうに寛ぐのでした。 腹が一杯になったら、書斎に行ってひと眠り。午前中はあれこれと忙しいのだけれど、食べたらすぐに横になれるのは、定休日ならではの密かな愉しみなのです。書斎の障子を開け放って、午後の陽射しを一杯に浴びながら、しばしの眠りに落ちていく。目覚めればもうだいぶ陽も傾いていました。「蕎麦屋に行ってきます」と稽古場で新しい条幅の漢字を調べていた女将に言って、歩いて蕎麦屋まで出掛けて行く。今日はまだ運動が足りない。 朝のうちに準備しておいた出汁取りの鍋を沸かして、小一時間かけて一番出汁と二番出汁を追い鰹で多めに作り、蕎麦汁と暖かい蕎麦の汁とを仕込んでおくのです。帰る頃には陽も暮れて、明日も晴れそうな空の様子。相撲を見ながら、蕎麦屋の残り物の厚揚げを焼いてサラダの野菜に肉を入れて炒めたら、カレー味のあんかけ煮して厚揚げの上にかける。今日は夕食を作るのも亭主なのでした。蕎麦屋の草取りと排水溝の掃除がまだなのです。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

青く晴れた空と冷たい風…

今朝も8時間の睡眠から目覚めて、居間の椅子に座れば、peko のいたゲイジが片付けられて、広々としているのに改めて気が付くのでした。若い息子の手早い片付けに触発されてすぐにワックスを掛けていた女将のお蔭。ウッドデッキには、粗大ゴミで捨てるゲイジが立てかけられている。それに比べて亭主の折りたたみ式の自転車は、一年前から置いたままだし、夏に出した蚊取り線香の豚の置物や、窓拭き用の道具はそのままになっている。 何を勘違いしたのか、木曜日の朝だとばかり思っていた亭主は、コーヒーも飲まずに釣り銭を持って蕎麦屋に出掛けようとしたら、女将に「今日は水曜日よ。夜のパトロールもあるでしょ」と言われて、ゆっくりと椅子に座り直してコーヒーを入れてもらうのでした。まだ休みの日なのだと、なんか一日得をした気分だったけれど、あとから考えれば認知症の第一歩ではないだろうなと、不安になるのでした。空の青さだけが妙に印象に残る朝。 午前中の仕込みが終わったらプールに行こうと、水着とタオルをバックに入れて車で蕎麦屋へ出掛ける亭主。まずは昨日のうちに出汁取りの準備をした釜に火を入れて、隣の火口で蕎麦豆腐を仕込んでおきます。一番出汁を3㍑作ったら、二番出汁を5㍑追い鰹で仕込んでおく。寒くなったから温かい汁が沢山出ても好いようにと準備に余念がないのです。ここまでで約一時間、残る時間で筑前煮を仕込めばプールに行けると、気が急くのでした。 先週残った出汁を鍋に開けて、切り分けた根菜類や干し椎茸、蒟蒻を刻んで鍋に火を入れる。ここで油で炒めていないのに気が付いたけれど、もう後の祭り。どれだけ味が違うのだろうかと少し楽しみではある。根菜類を煮ている間に鶏肉を細かく切って、片栗粉をまぶし、中華鍋で焦げ目が付くまでよく炒める。隣の火口で灰汁を取って薄口の出汁醤油と砂糖で味付けした鍋に、鶏肉を加えて落とし蓋。弱火で更に5分ほど煮込めば完成です。 11時に蕎麦屋を出てプールに着けば、まだ幼児スイムが終わらずに、隣で大人たちが泳いでいる状態でした。どのコースに入ろうかと準備体操をして待てば、昼食の時間だからか速く泳ぐコースの一人が上がったので、代わりに入れてもらう。二人だけだったから、前の泳者が着いたところで、ゆっくりと個人メドレーで100mを二本アップする亭主。久々に気分爽快なのでした。三ツ葉と小葱とライムと反芻しながらロッカールームに向かう。 地階のスーパーで昨日手に入らなかった食材を買って、ちょうど昼前に家に着く。女将も帰ったばかりと見えて、手伝ってもらいながら、急いで鍋に麺を茹でる湯を沸かして、中華鍋で野菜のあんかけスープを作る。野菜サラダの残りはすべて使い尽くして、肉と海老とモヤシを足したから、野菜たっぷりで熱々の湯麺を二人で食べるのです。満腹になったところで、午後の陽射しが差し込む書斎で、例によって、ひと眠りする亭主なのでした。 運動と食事と睡眠と、これが亭主の健康な生活の基軸かもしれません。昼寝をしても夜にまた8時間も眠れるのだから、健康以外の何ものでもないのです。今日は粗大ゴミに出すpeko のゲージや畳マットを紐で括ったり、書斎を掃除機で掃除したりと、少しは家の手伝いもしているつもり。3 時半過ぎになって、今度は蕎麦屋に出掛けて午後の仕込みを始めます。明日の天麩羅の具材を切り分け、糠床にお新香を漬けたりと結構忙しいのです。 陽が沈む頃に家に戻って、西の空が赤く染まるのを写真に撮っておきました。今日の仕事はこれで終わりではなくて、暗くなった 6時半過ぎには家を出て、夜の防犯パトロールの集合場所に向かうのです。いつものメンバーが集まって、話題はアメリカの大統領選挙なのでした。天頂にはカシオペア座がうっすらと見えて、吐く息も白くなる時間帯です。団地の中を歩き回ってている間に身体が温かくなり、家に帰る頃にはもう汗だくなのです。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 星・月, 未分類, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

文化の日も縁遠くなって 曇り空……

今朝も8時間の睡眠から目覚めて、お袋様と仕入れに出かける。農産物直売所では、知り合いの農家の奥さんが葉物を棚に並べていたから、挨拶をして小松菜が美味しかったと言えば、種を蒔く間隔が狭いと細い茎の小松菜が出来るのだという。今朝はホウレン草をもらって、どうやって食べるのと聞かれたから、「寒くなったら常夜鍋にするのですよ」と言えば、隣にいた若い女性が「私の家でもそうなのよ」と話に加わるから思わず立ち話。 いつもそうだけれど、詳しく作り方を尋ねる農家の奥さんは探求心がある。今日は筑前煮の材料とトマトやキャベツも好いものがあったからここで仕入れる。小雨の降る中を隣町のスーパーまで行けば、今日は県内産の生椎茸がとても好い。大根も一本 120円だから二本買っておく。細葱と三つ葉はまだ出ていなかったから、明日もう一度来なければならないのでした。店に戻って検品を済ませたら、冷蔵庫に収納して、今日の仕込みにかかる。 大根の半分は切り分けて、なた漬けを作るために塩で押し漬けにしておきます。残りの一本半が五日間のおろしの材料になる計算。次に日曜日に作った蕎麦汁を蕎麦徳利に詰めて、冷蔵庫に入れておく。筑前煮を仕込みたいのだけれど、先週は沢山作りすぎて余ったから、買っておいた新生姜を使って炊き込みご飯を作ってみようと考えた。蒟蒻も干し椎茸もニンジンも筑前煮の材料を流用できるのです。出汁もあるし薄口の出汁醤油もある。 蕎麦屋で炊き込みご飯を作っても、蕎麦が売れなくなるから、実際にはお客に出せないのが辛いところですが、調理人としては既存のレシピを越えるひと品に挑戦してみたい。露地ものの新生姜は今が旬だけれど、レシピを検索するとどれも生姜と揚げだけを入れたような素朴な炊き込みご飯なのです。身体が温まるから好いと紅茶に生姜を入れて飲んでいる女将も、これなら家で食べられるかも知れないと思ったのです。ちょっと具材が多い。 ご飯を炊いている間に、明日の筑前煮と明後日の天麩羅に使うレンコンを酢水で湯がいておく。いつも天つゆを温める小さな鍋が茶色くなってきたので、酢水をつかって煮ればこの色も落ちてくれるはず。これは調理師学校で習った知識。レンコンも酢が酸化を防ぐから白い色を保つのです。その間に塩で押し漬けした大根に酒粕を煮て冷やしたタレを入れて、砂糖と柚子皮の千切りと唐辛子の輪切りをいれて、なた漬けを漬け込んでおきます。 さすがにご飯が炊けるまでには時間がかかるので、洗い物を済ませて雨の上がった駐車場に出て、玄関前の柊南天の葉に溜まった雨の雫を眺めていました。とりわけ元気の好い植物だから、いつも隣に植えてある馬酔木や紫陽花の花に陽が当たらずに被害を受ける。この時期には小さな黄色い花が沢山咲くから、大きな蜂が飛んできては、花びらを散らすのです。雨で濡れているから、毎週のように気になっているミニ菜園の草取りも出来ない。 12時半過ぎには生姜の香りをぷんぷんさせた蒸気を出してご飯が炊けたから、ラップにくるんで家に持ち帰る準備をするのでした。女将が家に帰っても暖かいうちに食べることが出来る。それまでに、今日の仕入れのデータをパソコンに打ち込んで、台所に戻って昨日の天麩羅の残りをグリルで焼いて、大根おろしを擦っておきます。先週の筑前煮をレンジで温め、味噌汁を作ったらちょうど女将が帰ってくる。ほんのり出汁醤油と生姜の香り。 満腹になったら、急に眠くなって横になる亭主。女将には「よく眠るわね」と呆れられるけれど、眠くなったら寝られるのが隠居老人の特権か。夕刻になって蕎麦屋に歩いて出掛け、明日の出汁取りの準備を済ませておく。今日はまだ1000歩も歩いていなかったのです。帰り道、犬の散歩のご近所に住む親父様と出会って立ち話。今日は文化の日だったと夕食前のひと時、ギターを取り出して昔覚えた曲を爪弾いてみる。忘れ難い遠い日々…。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

朝から温かい蕎麦の研究で…

今朝は蕎麦がひと束と長芋が残っていたので、朝から家の台所で卵の白身を 7 分間も攪拌する亭主。角が立ってきたらすり下ろした長芋を入れて、温かい汁に入れた蕎麦にかけて淡雪蕎麦を作ってみた。名人の蕎麦大全に載っていたレシピなのですが、これを本当に店で出していたのだろうか。女将は朝食のおかずにと三ツ葉の卵とじを作ったけれど、これを温かい汁の蕎麦に載せて卵とじ蕎麦でも好さそう。「普通の天麩羅蕎麦の方が好い」 確かに女将の言葉通りのような気がする。「コロナでお客が減っているから、飲食店ではレシピの数を絞っているそうよ」と言われて、これも頷けるのです。冬の寒い時期に向けて、新しいメニューを開発したいとは思うけれど、現在のぶっかけ蕎麦は温かい汁にも出来るし、鍋焼きうどんもあるから、それで十分なのかも知れない。どちらも野菜のかき揚げを揚げれば好いから、余分な仕込みは要らないのです。材料と手間は少ない方が好い。 季節のゴボウの天麩羅も試したけれど、見た目が宜しくない。今が旬のレンコンはインパクトがあるから、筑前煮に使うついでに酢水で茹でて天麩羅用にも保存しておく。今日はこの筑前煮を作る工程を短縮しようと、根菜類を先に炒めて出汁で 20 分煮込んでいる間に、鶏肉を切って片栗粉をまぶし、同じ中華鍋で焦げ色の付くまで炒める。そして根菜類を煮込んだ鍋に入れれば、ひと手間省くことが出来る。なぜ今まで気づかなかったのか。 作業の途中で息子から電話がかかって来た。昨日のブログを読んで peko の訃報を知ったらしく、週末に実家に帰るという。もともと結婚前に一人で向こうに住んでいた彼が飼っていた犬で、子供が出来て犬の匂いが嫌だと言われたとかで、実家に連れてきたのです。好く主人に懐いていた犬だから、彼が実家に戻る度に大喜びして駆け回っていた peko だったけれど、いつしか亭主に懐くようになった。人間がとても好きな犬種らしいのです。 それから10年になるのだろうか。もともと猫好きの女将と亭主だったから、まだ前の小次郎という白い猫が家にいた時期で、当初は戸惑いもあったのでした。そんなことを考えながら、鍋一杯の筑前煮を作って、とても店のお客だけでは食べきれないと、家に持って帰る分を分けておく。次に天麩羅の具材を切り分け、玉葱と三つ葉を刻んでかき揚げの材料も用意する。ニンジンは明日の朝、サラダに使う端切れが出るのでこれを利用する。 鍋類を洗って11時前だったから、いつもならプールに出掛けてひと泳ぎの時間なのです。でも今日は、あまり気乗りがしないから、家に戻って女将の帰るまでひと眠りするのでした。「具合でも悪いの?」と、女将が帰って亭主に言うものだから、起き出して台所で昼の支度を始める。昨日作った残りを持ち帰った少しのカレーを温め、一昨日残った野菜サラダの具材でスープを作り、足りないからと買い置きしてあるピザーをレンジで温める。 ものの10分で昼食を作り上げ、女将と二人で食べるのです。ゆっくりと休みを取ったら、午後は一番でやはりプールに泳ぎに出掛けた。プールは珍しく混んでいたけれど、そんな時は、同じコースの人の速度に合わせて泳ぐだけ。家に戻って一休みしたら、今度は蕎麦屋に出掛けて明日の仕込みの続きをするのでした。蕎麦豆腐を仕込み、糠床にお新香を漬けたら、昨日作った蕎麦汁を蕎麦徳利に詰め、塩漬けしてあった大根でなた漬けを作る。 後は業者が天麩羅油と鴨肉と海老を持ってくるのを、コーヒー豆を挽いて待つだけです。「いつもお待たせして済みません」と4時半過ぎにやって来た若者にコーヒーをサービスしながら、他の蕎麦店の様子を聞いてみるのも忘れない。夕暮れ時に家に戻って、新鮮な蕪の葉のお浸しで一献。その間に女将が茄子焼きを作り、先週店で残った鴨肉を焼いて二人きりの夕食なのです。「家が広くなった気がするわ」とpeko のいないのを寂しがる。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

ちょうど14歳と4ヶ月で、愛犬pekoの逝った日…

今日の昼過ぎに我が家の愛犬ペコが亡くなった。床屋の帰りに銀行に寄った亭主が家に帰って、いつもpekoの寝ている女将の稽古場を覗くと、定位置の座布団の上に横になっているから、「peko」と呼んだけれど反応がないのです。身体を揺するとまだ温かいけれど、口元の筋肉が緩んで息をしていなかった。昨日、女将と病院に連れて行ったら、心臓も悪くないし、筋肉もしっかりしているから、まだまだ元気と言われたばかりなのに…。 今朝も早く目覚めた亭主が夜明けを待って、pekoを散歩に連れ出したら、門を出て右に行くから付いて行けば、次のブロックの黄色くなった柿の木のお宅まで歩いて、やっぱりこっちじゃないと、家の前の通りを公園まですたすたと歩いたのです。家に戻っても門からの階段を自力で昇り、玄関を入って足を拭いたらいつものように朝食の時間。昨日からどうも食欲がなさそうだったのですが、今朝も少し残して亭主の椅子の前にやって来る。 最近は自力では足かけに乗れないから、抱いて乗せてやれば、いつもと違って亭主の方を見ながら静かに眠りに落ちていたのです。後から思えばこれが彼女が最期に亭主を見た瞬間だったのかも知れない。後で女将に聞けば、その後で稽古場に歩いて行って、庭に面した窓の傍で座っていたのだとか。最近は日向ぼっこが好きだった。いつものように身体を拭いてやって、女将はスポーツクラブに出掛けたと言う彼女もそれっきり会えなかった。 考えてみれば、同じ家でなくなった女将の両親も、昼寝をして居る間に息を引き取ったから、いつもの自分の寝場所で pekoも安らかに逝ったと言えるのかも知れない。ただ、最近は弱ってきたとは言え、今朝まで元気に歩いていたのにと惜しまれるのです。最期の務めと亭主の散歩に付き合ったのか、これが最期と亭主の膝の上で鼻を擦りつけて甘えて見せたのか、それが犬の性ならば悲しくもある。目を潤ませながらこのブログを書く亭主。 今朝もいつもの時間に蕎麦屋に出掛け、亭主は昨日の洗い物の片付けをして、出汁取りの準備を済ませたら、お袋様を迎えに行って仕入れに向かうのでした。先週はお客が多かったから、途中で買い足す日もあったけれど、週末は忙しいのでなかなか買い物に出られないのです。今日は少し多めに仕入れて、蕎麦粉と海老・鴨肉・天麩羅用の油も電話で注文しておく。月末からは秋の新蕎麦を発送できると言われ、取りあえず春蕎麦 5kgを発注。 蕎麦屋に戻って野菜類を冷蔵庫に収納したら、今朝はやることは多かったけれど、昼前に床屋と銀行にだけは行こうと思っていたから、後ろのレンジで小松菜を茹でる大釜の湯を沸かし、前の調理台でカレーの具材を刻みました。少し寒い日もあるからか、この二週間は随分とカレー蕎麦やカレーライスが出たのです。勿論、鴨せいろや鴨南蛮も出るので今週は長葱を少し多めに買っておいた。小松菜は茹でてパットに並べて冷凍しておきます。 カレーの具材は中華鍋で一度よく炒めてから煮込むと野菜の甘みが出る。一度に10人分ほどのルーが出来るけれど、6袋に分けて冷凍しておきます。これが具沢山の秘密です。最後に出汁醤油を入れるのも蕎麦屋ならではのひと技かな。洗い物をしたらひと月振りに床屋の親父様に会いにいく。11時を回っていたから、今日はお客が他にいなかった。無知なタレント女性たちの出る旅番組を揶揄しながら、例によって世間話に花が咲くのです。 そして銀行へ出掛ける亭主。家に戻ってpekoの亡骸を見つけ、帰る途中の女将に電話をしておきました。それでも帰って来た女将は気が動転して、埋葬してもらうペットの霊園に電話もかけられなかった。やっと連絡が取れ、女将を車に乗せて、亭主が pekoを座布団に寝せたまま隣町まで運んで行く。次々とペットの亡骸を運ぶ客が訪れる受付では、順番待ち。家に帰って遅い昼飯に蕎麦を茹でて食べた頃には、もう2 時を回っていました。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。