Category Archives: 日常

暖かいけれど予報は外れて…

冬の朝なのに、沢山着込んで寝たせいか、今朝は暑くて目が覚めたのです。隣にはそれでなくても体温の高い peko が寝ているから尚更のこと。7 時前に散歩に出掛ければ、青空が見えているのに、東の方に湧いた筋雲に朝日が反射して、幻想的な朝焼けなのでした。出がけに、「今夜は防犯パトロールがありますから」と、女将に言われて「えっ」と驚いた亭主。先週に引き続いてだから年末は変則的な日程らしい。時間に追われるのは辛い。 蕎麦屋に着いて、剪定途中のモミジを見ながら、今日は続きに取りかかれないかも知れないと、まだ手を付けていない隣のヤマボウシの枝が、伸び放題なのをしみじみと眺める。年を取ったせいか、今日はこれとこれをしようと思っているところに他の予定が入ると、とてもやりこなせないと、もう気が遠くなってしまうのです。何事にも無理をしなくなったからで、それはそれで好いのかも知れないけれど、終わらないからストレスは溜まる。 とにかく、最初にレンジ周りの掃除を始めながら、夕べ寝しなに考えていた今朝の段取りを復唱しておく。午前中の仕込みは、蕎麦豆腐を作って使った鍋を洗いやすくお湯に浸けておいて、カレーの具材を煮込んでいる間に焼売を作ればいいと思っていたのです。そして、残った時間で天麩羅の具材を切り分ければ午前中に終わり。と思っていたけれど、カレーは具材が早く煮えてしまい、ルーを加えたら火を止める。煮込みすぎてはいけない。 具材が溶けてしまっては、カレー蕎麦、カレーうどんで出す際に、見栄えが宜しくないのです。余熱で十分火が入るから、その脇で焼売を作る準備をする。玉葱を大きめにみじん切りにしたら、真っ白くなるまで片栗粉をまぶして、ボールに入れた挽肉 400g にみじん切りの生姜30g 、醤油大さじ2 杯、酒、胡麻油、オイスターソース、砂糖をそれぞれ大さじ1 杯。卵一個を挽肉に入れて捏ねていく。玉葱と混ぜて焼売の具の準備は終わりです。 これを大さじに山盛り一杯ずつ、焼売の皮で包んでいくのですが、ここで饅頭を包む要領が役に立つ。皮に入り切らないかと思うほどの量の具を、大さじで押さえたら、大さじの反対側の先をへら代わりにして、焼売の皮で四隅から包んでいくのです。具が多いから当然包みきれないけれど、後は具材のとろみで形を整え、トレイに綺麗に並べていく。ラップをかけてこのまま急速冷凍室に入れてしまう。これで昼前の仕込みは終了なのでした。 冷凍室に少し残っていた古いカレーは、家に持って帰ってカレーライスにして昼に女将と二人で食べる。辛口の苦手な女将も久々のカレーだから嫌がらずに食べるけれど、いつも亭主がご飯の量を増やして 1.5 人分食べる。冷凍してから 1 ヶ月ほど経っているけれど、まだまだ美味しく食べられる。冷凍期間が長いと、解凍するのに時間がかかるので、店ではなかなか使いにくくなるのです。昼食後はまた peko が膝に乗って来るからひと休み。 それでも今日は予定が押しているので、昼寝もせずに 1 時前にはまた蕎麦屋に出掛けて、残った仕込みをし続けるのでした。明日使う天麩羅の具材を切り分けるのはわけもない。ところが、いきなり玄関の扉を開いて、「今日はお休みなの?」と小母さんが顔を出す。「定休日なのですよ」「月火だったのに変わったの?」「開業以来、同じです。また宜しくお願いします」と、店置きのパンフレットを渡すのです。2 時前にはプールに向かう。 子ども達の水泳教室の前はいつも空いているから、今日もセンターコースで二人で泳いだ。50m を速く泳ぐコースだから、一緒のコースの小母様は、50m で一休み。ノンストップの亭主は、先頭に立てば25m だけでもバタフライで泳げるので、ゆっくりとアップが出来たのでした。再度、店に戻って糠漬けを漬けたら、家に帰って早めの夕食に蕎麦を茹でる。夜のパトロールまでひと眠りして出掛けたら、途中で大粒の雨が降りだした。

Posted in 仕込み, 季節, 日常 | コメントは受け付けていません。

今日は晴れて暖かい一日…

定休日だというのに今朝も早く目覚めたけれど、床の中でまだ寝息を立てている peko ともうひと眠り。暖かい朝だったから、身体は自然と元気を取り戻して、朝食前の散歩に出るのでした。雲は多かったけれど青空も覗いて、夜中まで振っていた雨は上がっていた。昨日届いた新しい水中カメラのCOOLPIX を、早速、試し撮り。昔はよく使っていたシリーズなのですが、ニコノスが水没して以来、しばらくは Nikon 離れしていたのです。 水深 30m でもハウジングが要らないというのと、思ったよりも価格が安くなっていたので、今回思い切って買い換えてみました。予備のカメラとして使っていたOLYMPUS のToughシリーズも何時の間にかTG-6まで進化して、値段が高くなっていたので、今回水没したEM-5 を買い換えられないのなら、大きなカメラを持って潜ることもないと考えたのでした。所詮、写真展に出すような大きく引き延ばした写真は、もう、夢のまた夢…。 今日は10 時から、裏の石垣の工事の業者が来るというので、お袋様と早めに仕入れに出掛けて、店の厨房に野菜を並べたまま、急いで家に戻る。女将はスポーツクラブに出掛けてしまうし、結局は、亭主でないと細かなことは分からないから仕方がない。PC 擁壁を入れるところまでは見積もりも出たけれど、台所やトイレ、風呂場の排水溝を一旦取り外さなければいけないというので、今後の雨水対策についていろいろと聞いておくのです。 裏の様子を見ながら、新しい見積もりを立てると言うことで、30分ほどで話は終わったから、また、蕎麦屋に戻って午前中の仕込みにかかるのでした。野菜類をすべて冷蔵庫に収納して、大根を切り分けて漬けもの器に塩漬けにして、なた漬けの準備をしたら、出汁取りの準備をして、少なくなった返しを3㍑ほど仕込んで沸かしたところで、昼の時間に間に合うように家に戻るのでした。例によって残り物でカレー炒飯とスープと焼き餃子。 午後の仕込みは出汁取りから始まるから、鍋に浸けた昆布と干し椎茸が水に馴染むまでには時間がある。先日、居間のエアコンの掃除をしたら、調子が悪くなったので、もう一度フィルターを取り外してセッティングをし直したら、あら不思議、ちゃんと動くではありませんか。書斎に入って、次の段取りをあれこれと考えながら、午後の窓辺の暖かな陽射しを浴びて、のんびりとひと眠りする。昼間は青空が広がって、気温もだいぶ上がった。 夕刻になって、女将がpeko を月に一度の病院に連れて行くというので、歩けなくなったから往きだけは、車で送ってやって、その足で蕎麦屋に戻って午後の仕込みを始めるのでした。出汁を取りながら、大根のなた漬けを漬け込んで、一番出汁を取ったら、返しと合わせて蕎麦汁を仕込む。二番出汁を取りながら、蕎麦汁の沸くのを待って、一休み。蕎麦がスローフードだと言われるのは、この出汁取りから始まるからなのではないだろうか。 5 時過ぎに家に戻れば、女将はもう帰って来ていた。蕎麦屋から持ち帰った鴨肉や一番出汁の残りを手渡しながら、今日の工事の打合せについて話をする。排水管を掘り出して、PC 擁壁を埋めた後にまた設置する作業に、2 週間かかるというのが実は大変なことで、家の水回り関係を一切使えないから、その間、蕎麦屋で暮らすしかないだろうと二人で話すのです。暮らすところがない家庭ならば、ホテルででも過ごすのだろうかと苦笑い…。 夜は女将と二人で鴨鍋を突いて一献の亭主。テレビでは首都圏直下地震対策の特集を報じている。蕎麦屋の大釜の水は、普段から満杯にしておかなければいけないと言う亭主に対して、女将は、「2 週間の間、peko は連れて行けないわよね」と違う心配をしている。近いのだから、毎日、朝昼晩と今の家に通ってくるしかないと応える亭主。ちょうど今と逆方向の生活で、朝の散歩に亭主が家に戻ってpeko を連れ出すという具合になるのか。

Posted in 仕込み, 季節, 日常 | コメントは受け付けていません。

クラス会の日…

今朝もびっしりと白い霜が降りて、昨日よりも寒い朝でした。蕎麦打ち室の室温は8℃。湿度は50%。加水率43%で蕎麦を捏ね始める。これで行けるという確信を持って、硬めの生地を何度も捏ねていけば、いつもと同じにしっとりとした感じになって、無事に丸出しまで進むのでした。水回しが上手くいって、生地の硬さが的確ならば、四つ出しも本伸しも均等な厚さで仕上がって、まず間違いなく成功するのです。八つに畳んだら包丁打ち。 今朝も切りべら28本で130g 越え。生舟一箱の蕎麦を仕上げて一休みです。抹茶きな粉の大福を包んで、野菜サラダの具材を刻めば、開店前の仕込みは終わりでしたが、ちょっと早めにお客さんの車が駐車場に入ってくる。外は寒いから、「まだ準備が終わっていないのですよ」と断って、店の中で待ってもらうのでしたが、店に入れば「注文いいですか」と言うから、お客の身勝手なのはいつも同じ。女将も味噌汁を作っている途中なのです。 注文の品を仕上げてお出ししているところに、開店時刻をご存じの蕎麦屋の裏手に住むご家族が4 人でご来店。週末の土曜日は、日曜日に比べてお客が少ないのが常なのですが、今朝は早くからテーブル席が埋まったのでした。天せいろが多いから、用意していた天麩羅の具材がみるみるなくなっていく。蕎麦は沢山用意してあったから、心配はないのですが、今日は夕刻から都内で高校時代のクラス会があるので、早めに店を閉めたいところ。 次々と来店するお客に、どんどん料理を作ってはお出しするので、亭主も女将も休む暇がなかった。ご飯物や温かい天麩羅蕎麦の注文もあれば、鴨せいろの注文もあって、厨房は楽しくてならない忙しさ。お客の数が10人を超えたのは12時半になる前なのでした。これはどこか区切りの好いところで終わりにしないと、片付け物を終える頃には、遅い時間になってしまうと、ひやひやものなのでした。1 時を過ぎた頃にやっとお客が途絶えた。 「お蕎麦売り切れ」の看板を出して、閉店時刻の間際にいらっしたお客には女将が出てお断りをする。亭主は流しで洗い物に専念している。明日の仕込みもしておかなければならないから、女将が片付け物をする間に、亭主がまた天麩羅の具材を切り分けておくのでした。家に戻ったのは2 時半で、焼いてもらった餅を食べながらパソコンに向かう。女将にタクシーを呼んでもらったけれど、予定していた時刻の電車には乗れなかったのです。 運良く特急に乗れたので、日暮里まで一本で山手線に乗り換える。午後の昼寝も出来なかったから、身体は疲れているのでしたが、一年振りで昔の級友たちと会うのを楽しみにしながら、夕暮れの迫る日比谷公園を夕食会場に向かうのでした。新しいビルが建ち並び、多くの人が行き交う街はさすがに土曜日の夜。園内のあちこちで結婚式の披露宴が行われている。ギリギリ間に合ったかなと宴会場に入れば、まだ幹事しか来ていなかった。 今夜はフランス料理だというので、どんな料理が出てくるのか楽しみにしていたのです。蟹料理にコクのあるスープと肉料理とワインで、思ったよりもあっさりと量も少なくて助かった。集まった級友たちは皆それぞれに楽しく語らっている様子。顔つきを見れば、皆年齢を重ねているから可笑しくなる。自分もそのうちの一人なのだと考えると、人生はあっという間だという思いがしきり。デザートとコーヒーで約2 時間の宴席はお開き…。 二次会は少し人数が減って、駅の近くまで繰り出して恒例のカラオケなのでした。通りを歩きながら回りを見れば、自分たち以外は皆若者たちばかりなので驚いた。普段は年寄りの多い街に住んでいるから、こんなに沢山の若い人たちを見るのも久しぶりなのでした。誰が注文するのか、夜になってもまだ料理が次々と運ばれてくる。ウイスキーをロックで飲みながら、一年ぶりでマイクを握る亭主。明日の営業があるからと早めに電車に乗る。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

群時雨(むらしぐれ)…

pekoの散歩道で出会った真っ赤に紅葉した満天星(どうだん)と、黄色く色づいた蜜柑がとても綺麗なのでした。夜のうちに雨が降った今朝も寒い朝です。少し目を離しているうちにまた降り出すから、この時期の空模様は油断がならない。「今日も天気予報に騙されたわ」と女将が呟くけれど、亭主はなぜか寒さの方がこたえるのでした。お袋様が編んでくれたレッグウォーマーを履いて、いつもの時間に今日も蕎麦屋に出掛けるのです。 厨房もすっかり冷えているから、店のエアコンを効かせて、5 ㍑の大釜で出汁取りを始める。返しを加えて火を入れる蕎麦汁は、それほど必要ないから、3 ㍑の鍋で沸騰直前に火を止めて、残った一番出汁は500cc の容器に入れて出汁巻き卵用に取っておく。そのまた残りは、瓶に入れて家の女将に持って帰る。これがあの美味しい茶碗蒸しの秘密なのです。寒くなったから、天つゆや暖かい蕎麦の汁に二番出汁を多めに作っておくのです。 味噌汁にもこの二番出汁を使うから、冬場は五日間で5 ㍑でも足らないくらいなのです。だから最近は週に二度ほど出汁を取っている。前の晩に昆布と干し椎茸を、水を張った鍋に浸けておかなければならないから、出汁取りのタイミングを忘れると大変なことになるのです。一番出汁と二番出汁とを作るのに、量が多ければたっぷり1 時間はかかるから、今朝も天麩羅の具材を切り分けたり、洗い物を済ませて、たっぷり2 時間の仕込みです。 そもそもが定休日だから、だいたい2 時間も厨房にいると飽きてくる。雨が降っていなければ、モミジの剪定やら他にすることは幾らでもあるのですが、外は冷たい雨が思い出したように降りしきる。女将の帰る昼前には家に戻って昼食の用意。冷蔵庫に残った食材で亭主が作るのは大体が中華風。今日も人参、玉葱、ピーマンを刻んだら、豚肉、海老、イカを炒めて、大鍋を振って炒飯を作り、晒し玉葱と若芽と水餃子でスープの出来上がり。 食後の一休みに横になってみたけれど、今日はどういうわけか眠れそうにないので、早い時間にプールに出掛けることにしました。相変わらず細かな雨が降り続いている。車に乗ろうとしたところに、外構の工事の担当者が通りかかって、裏の石垣の修復工事の見積もりを持って来た。石垣はすべて取り外してプレキャストの擁壁を並べるという手法らしいのですが、考えただけでも大変な工事で、見積額も半端ではないので頭が痛いのでした。 問題はその工事で、今回のような裏の畑からの流土・流水を防げるのかと言うこと。擁壁の向こうに水が溜まったり、隣の家などに雨水が流れ込むようなことになってもいけないから、十分に施工業者と相談をしなければ。昼過ぎのプールは空いていた。速く泳ぐコースには年配の女性が一人だったので、準備運動を済ませて400m をノンストップで 3 種目半。ゆっくりと泳いでスカーリングでダウンをする。買い物を済ませたら一度家に戻る。 いつになく時間が早かったから、すぐに蕎麦屋に出掛けてもまだ糠漬けを漬けられないのでした。漬けものは気温と時間と塩梅だから、室温はこのところ15 度前後だからいいとしても、3 時に漬けてしまうと、この時期では朝の 6 時か 7 時には取り出さなくてはならない計算。自宅で漬けるのならば簡単だけれど、近いとは言えその時間にわざわざ蕎麦屋に来るのも大変です。妙案として、発酵の速度を落とそうと糠床を冷蔵庫に入れておく。 やっと店頭に出始めた高い金柑を仕入れたから、今日は半分だけ甘露煮にする。金柑の種を一つずつ細い串で取り出すのも手間だけれど、隣の鍋には大手亡豆を水に浸けてある。こちらは明日煮て一粒一粒皮を剥き、濾して白餡にするのだからもっと大変。今年の初物だから、ひと瓶女将に持って帰り、夜はプールの帰りに買って帰った豚のカシラを串に刺して塩焼き。トマトとホウレン草を添えて一献。これが亭主のささやかな夕食なのです。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

当てにならない天気予報…

終日曇りだとの予報も外れて、冷たい雨の降る朝でした。pekoの散歩もほんの少しの距離だけで、いつもの時間には蕎麦屋へ出掛ける亭主。昨日の洗い物を片付けて、洗濯物を干したら、お袋様を迎えに行って、団地の西の外れにある農産物直売所まで車を走らせるのです。開店の時刻には、近所の農家が新鮮な野菜を運んで来ているのでした。大根、玉葱、キャベツ、人参など嵩張るものはここで仕入れて、隣町のスーパーまで足を伸ばす。 今日は買い物リストの約 40 品目がすべて手に入ったので、早速、蕎麦屋に帰って冷蔵庫や戸棚の中に収納するのです。月末だから午前中に、床屋に散髪に行こうと決めていたから、今日の仕込みは午後からということになる。雨の降る中、隣町のいつもの床屋に出掛ければ、親父様が一人で暇そうにしていた。亭主よりも一回り近く年上なのに、いつも元気で話題が豊富なのが嬉しい。年を取ると少年に戻ったように気持ちが澄んでくるのか。 女将がスポーツクラブから帰る前に家に戻って、朝のうちに昼のメニューを話し合っておいたから、亭主が餃子を焼いて中華鍋で残り物の野菜を肉と炒めてあんかけを作る。女将が帰る時間には、ラーメンを茹でてうま煮ラーメンの出来上がり。三つ口のガスレンジが新品になったので、全部の火口を一斉に使い、一度にいろいろ出来るから楽しいのです。外は気温10℃の寒さだったけれど、身体が温まり、額から汗まで出てくる始末でした。 食後にひと眠りしてそろそろ午後の仕込みに出掛けようと思っていたら、9月の台風で飛んだ屋根の瓦の修理の再見積もりが出来たと業者が書類を持ってやって来た。保険屋が応急修理の代金は保証の対象ではないと行って来たから、そのまま業者伝えておいたのですが、なんと前回よりも30万円も安い値段で見積もりを持って来たから驚きです。床屋の親父様は、自分で二階の屋根を直したと言っていたけれど、今の亭主には出来ないこと。 直ぐに蕎麦屋に出掛けて、なた漬けをつけたり親子丼の具材を煮込んだり、今日のうちに出来る仕事を片付けておく。終日曇りの天気予報だったのに、雨はまだ止みそうにない。帰りがけに、家と店のトイレットペーパーを買いに駅前の雑貨店を回って、ついでに夜は湯豆腐だというので生ぽん酢を買って帰る。蕎麦屋で残った一番出汁を使って、最近はよく茶碗蒸しを作る女将。今夜は店の昆布をもらえないかと言うので、日高昆布を一枚…。 亭主は昨日買って帰った豚のてっぽうを生姜と一緒に茹でて、串に刺し、モツ焼きにして一献。大根のなた漬けの先週の残りもあったから、質素だけれど見事な冬の味わいなのでした。それにしても、茶碗蒸しの味が好いから、蕎麦屋の出汁は馬鹿に出来ない。もっと他の料理にも活用しなければと反省するのでした。書斎に入ってブログを書き始める亭主と、食堂でpekoを膝に載せてうたた寝する女将。一息入れて亭主がお茶を入れてやる。 夕食後に一休みしたら、風呂の時間までにはまだ時間があったから、また蕎麦屋へ出掛ける亭主。昼の間にやり残したのは、出汁取りの準備をしてこなかったこと、5㍑の大鍋に水を汲んで昆布と干し椎茸を浸けたら、昼に塩で押し漬けしておいた大根の水を絞って、なた漬けの仕上げの仕込みを済ませる。甘酒の素、砂糖、柚子、唐辛子を入れ、十分に揉んでまた押し漬けしておく。厚揚げ田楽の味噌ダレも作ったままになっていたので収納。 金柑が手に入ったから、大手亡豆を一晩水に浸しておかなければと、行くときには覚えていたのに、家に戻ってそれを思い出す。まったく最近は物忘れが激しい。他の事を考えているともうその前に考えていたことを忘れてしまうから、今夜も帰る段になって店の玄関の戸締まりをしたのに、『いま鍵をかけたかしら』とまた戻って確かめる始末。頭がちゃんと活動している時と休んでいる時との境目が、段々と怪しくなっているようで怖い。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

木枯らし一番かと思ったけれど…

「寒い朝だわ。木枯らしが吹くんですって」と女将が言っていたけれど、寝起きのpekoの散歩には、靴下も履かずに雪駄をつっかけて出掛けた亭主なのでした。公園の森の向こうから太陽の光が漏れて、空は雲一つない青空だから、それほど寒いとは感じなかったのです。それにしても日の出の時間が随分と遅くなったもので、7 時過ぎだと言うのにまだ太陽は低い位置にあるのです。昇る場所も北から随分と東にずれたからやはり冬なのか。 家に戻って朝食に最後の蕎麦を茹でて食べる亭主。一緒に食事を終えたpekoも亭主の膝の上で眠りこけている。さあて今朝は何から始めようかと、今日の段取りを考えるのでしたが、風が強くなるとすれば、蕎麦屋の駐車場のモミジの剪定は出来ないだろう。夕べ女将に、台所の布巾の新しいのを買って来てやると言った手前、西の町のホームセンターには行かなくては。ついでに壊れてしまった塵取りと箒や、昨日買い残した食材を買おう。 洗面と着替えを済ませて、善は急げと車に乗り込む。通る道々の景色もすっかりと秋の装いで、今年は秋になるのが遅く、しかも随分と短かったのだとつくづく思うのでした。団地の中央にある田んぼの休耕地には、今ごろ薄が風に揺れている。薄の穂を見るのも久しぶりなのです。確か40 年近く昔にはこの辺りに螢がいて、子どもたちと見に来た覚えがある。いや、見に来ようと思って自分だけ下見に来たのだったか。遙か遠い昔の記憶…。 蕎麦屋に戻って早速の出汁取り。寒くなったから温かい汁がよく出るようになったので、今日は5 ㍑の大鍋で出汁を取る。蕎麦汁は一昨日に作ったばかりだったから、一番出汁は4 ㍑、二番出汁は5 ㍑、これで週末まで足りる計算です。入れておく容器が足りなくなるので、それ以上は作っても保存出来ない。連休だからお客が沢山来れば、また作り足すほかはない。外は風が強くなったけれど、晴れているから冷たい風には感じないのでした。 使った鍋を洗い終えたら昼の支度をする時間でした。昨日のうちに半分だけ包んでおいた餃子を焼いて、隣で中華鍋を振ってカレー炒飯を作る亭主。やはり、調理をしているときが一番楽しい。女将が帰ってきたのでスープだけは作ってもらって、二人で昼食にしました。やはり、自分で包んだ餃子は美味しい。「カリッと焼けているから美味しいわ」と、珍しく女将も餃子を半分食べたのでした。亭主のつけダレは米酢と四川辣油入りです。 食後に書斎で休んでいたら、女将が電話を持ってやって来た。台風被害の申請をした保険会社からの電話で、仮補修の費用は対象外だけれど、その代わり災害見舞金が出るというのでした。一週間ぐらいで指定の口座に保険金を振り込むと言うので。早速、見積もりをしてもらった地元の業者の担当に連絡をする。今回の一連の台風で、団地の内外で 700 件もの工事を請け負っていると言うから、資金繰りが出来た順に工事を始めるのだとか。 昼寝をする間もなく、女将が美容院に出掛けると言うから、亭主もプールの支度をして午後のひと泳ぎ。子どもたちの水泳教室が始まる前なら、全コース利用できる時間帯に行くのが好いと最近分かってきたのです。準備運動を終えたら、ゆっくりとアップをこなして心地よい午後のひとときを過ごすのでした。そのまま、また蕎麦屋に出掛けて、午後の仕込みにかかる亭主。夜は防犯パトロールがあるので、時間に追われるのが辛いところ…。 明日の天麩羅の具材を切り分けて保存したら、小松菜を茹でて冷凍する。鴨せいろや鴨南蛮、鍋焼きうどんに使うから、馴染みの農家の新鮮なものを急速冷凍しておくのです。安くて良い柚子が手に入ったけれど、置いておくと傷むのでこちらも皮を薄く削って千切りにして冷凍しておく。糠漬けを漬けたら家に戻って相撲を見る時間。5 時半前には家を出て、夜のパトロールに向かうのです。亭主よりも年長の人ばかりなのに皆さん元気です。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

朝の雨は上がって午後は晴れたけれど…

6 時過ぎに目覚めた時にはもう雨は上がっていました。pekoの散歩に出掛ければ、駅前の高層マンションは靄に包まれて、道路はしっとりと濡れているのです。室温も20℃を越えていたから、暖かい朝なのでした。定休日だから、もう少しゆっくりと眠っていたいのが亭主の本音でしたが、今朝は地域の子ども会の廃品回収に、蕎麦屋から段ボールや古新聞を持ってこなくてはいけない。全自動のコーヒーメーカーに豆をセットして家に戻る。 荷物を運んだら再び蕎麦屋に戻って、珈琲を一杯飲んでお袋様に電話をする亭主。農産物直売所で近所の農家が朝のうちに運んで来る新鮮な野菜を仕入れて、その足で隣町のスーパーに出掛けるのです。パイナップルや三ツ葉などまだ陳列棚に並んでいない食材もあったけれど、大方の仕入れを済ませてお袋様を家まで送る。彼女が随分と買い込んだ荷物は亭主が階段の上まで運んでやるのでした。今日は煮物もしなくてはと元気なのが嬉しい。 一週間ぶりで通る団地の中の通りも、銀杏がすっかり紅葉して、季節がこんなにも移り変わったのかと驚くばかりなのでした。年を取ると何事にも反応が遅くなると言うか、寒くなっているのに着る物をこまめに冬用に取り替えないと、やはり風邪をひいたりするのかも知れない。インフルエンザのウィルスも喉の粘膜から広がると言うから、手洗いやうがいの他に、水分をこまめにとって喉を潤しておかなければ。蕎麦屋に帰って食材の始末。 生椎茸を袋に詰め替えて、大根を切ったらなた漬けの準備に塩漬けをして、午前中の仕込みはもう終わり。昼はキャベツと豚肉で回鍋肉を作って、蕎麦を茹でて女将と食べる。午後は銀行に行って幾つも作った古い通帳の口座を解約する。現役時代のようには収入がなくなったから、口座が幾つもあっても使い切れないのです。ところが、銀行に行けば何十年も前に作った通帳の届け印が違うと言われ、散々な目に遭う。年は取りたくないもの。 帰りに蕎麦屋に寄って、昨日の洗濯物を干したり、大根のなた漬けを漬け込んだりして、相撲中継の中入り後の始まる時間には家に戻るのでした。今夕は女将と二人で湯豆腐を突いて亭主だけが一献。午後からは青空が広がって夕方には少し冷えてきたけれど、明日も天気は好いらしい。蕎麦屋の立木の剪定もしなければならないし、定休日にやることは結構多いのです。それだけ身体を動かす機会があるのが好いと思うべきなのかも知れない。 早い夕食の後はブログに専念して、それでも風呂の時間までは間があるから、今日買い込んで来た挽肉とキャベツとニラをみじん切りにして餃子を包む。隣では女将が夕食の皿を洗っているけれど、亭主は生姜と大蒜を刻んで、胡麻油、酒、醤油、片栗粉と順番に入れてボールの中で捏ねていく。ところが久しぶりに包んだので、餃子の皮が一袋足らないのに後で気が付いた。明日、女将が買い足してくれると言うけれど、これも老化の表れか。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

テレビ回線の工事で…

今朝は蕎麦屋に出掛けようと着替えて洗面を済ませたところで、ケーブルテレビの工事会社から連絡があって、今から回線工事に伺いますというので、亭主が家に残って立ち会うのでした。屋内の回線が古くなって信号が弱いというので、外から直接ケーブルを引き込んでの工事なのでした。二人の作業員が二時間ほどかけて丁寧に配線をしてくれたので、契約したチャンネルが居間でも食堂でも綺麗に映るようになりました。費用は2万円弱。 作業をする傍らでpeko が鼾を掻いて眠り続けているので、さすがに工事の人も驚いたらしい。やっと工事が終わって、亭主が珈琲を入れて出せば、居間の床に座ったまま閑談。女将がスポーツクラブから帰って、気を取り直した亭主は台所に立ってモヤシラーメンを作り始める。午後は回線を通した廊下の天井下に、沢山並べてあった昔の釣り竿を少し整理してゴミに出す準備。それからやっと明日の仕込みをしに蕎麦屋に出掛けるのでした。 ところが蕎麦屋に着いてみると、近所に住むスタッフが自宅の竹林から切ってきてくれた竹と棕櫚の皮が、そのままにしてあったのを思いだして、台風で少し傾いた駐車場のヤマボウシの木の支柱を補強する。少し枝を切り落として棕櫚の皮で木を傷つけないように保護したら、新しい竹をちょうど好い長さに切ってあてがい、棕櫚の縄でぐるぐると縛っていく。ものの30分もかからない仕事ですが、やり始めるまでが億劫なのは年齢のせい。 それから厨房に入ってなた漬けを漬け込む。昨日農家の奥さんにもらった赤芯大根を、一緒に漬けてみたけれど仕上がりはどうだろうか。一昼夜漬けておいた昆布と干し椎茸の鍋を沸かして削り節を加えて出汁を取り、削り節が鍋の底に沈むまでの間に、近所のコンビニまで車を走らせて、煙草と今夜の酒とつまみを買ってくる。今日は、午前中が仕込みに使えなかったので、夕食までの残り時間が少ないのでした。雲が出て今にも雨の空模様。 郵パックの宅配便が届いたから何かと思えば、頼んでおいた大手亡豆の 2 kg 詰めなのでした。土曜日の配送とメールが入っていたのに、随分とは早い到着なのでした。いつもの年なら、九州の金柑が最初にスーパーに並ぶのに、今年は金柑の出回るのが少し遅いような気がする。家の庭の金柑が大福に使えるように色づくのは、その次の季節なのです。まあ、白餡だけを先に作っておいて冷凍しておけば好いのですから、問題はないのでした。 今年はこの金柑大福の時期から、日替わりデザートの値段を一つ200円に上げようと考えている亭主。大手亡豆から濾して白餡を作ったり、金柑の甘露煮を作ったり、手間暇をかけて、しかも、材料費が結構かかるのです。実際に計算してみると、今の150円では原価率が70%近いのでした。過去のデータが示しているとおり、食材の購入費用が売り上げの50%を越える月は赤字が出るのです。これを繰り返すと赤字が蓄積してどうしても辛い。 だから、原価率の高いメニューから順次、値段を上げていこうというのが今回の一連の値上げの始めなのです。出汁巻き卵や蕎麦豆腐などは、原価率は低くても火に付きっきりで作らなければならないから、技術料として相応の値段を取っているつもり。それでもお客は注文してくれるから、これは納得されていると思うのです。出来上がってしまったものは、なかなか作る過程が見えないけれど、世間の相場よりは安ければいいのではないか。 そう考えられるようになったのも、まる5 年も蕎麦屋を経営して、亭主が少しは成長したからか。天麩羅の具材を切り分けて、明日の小鉢の漬けものを漬けたら、やっと今日の仕込みが終わりです。曇り空から雨になって、夕刻にはまた青空が見えてきました。家に戻ってブログを書き始めて、調子の良くなったテレビで相撲を見ながら、今日も一献。サンマの塩焼きと女将の作る久々の茶碗蒸しがとても美味しかった。明日はまた週の始め。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 経営 | コメントは受け付けていません。

快晴の朝、風が強くなる午後…

今朝は未明に寒さで目覚めて部屋の暖房を入れたら、そのまま暖かくなって8 時過ぎまで眠れたから嬉しい。9 時前にはお袋様を迎えに行って、農産物直売所に出掛ければ、ちょうど馴染みの農家の奥さんに出会って挨拶をする。「今、下げてきた物だけれど」と売れ残ったらしい赤芯の大根を戴いた。幸先が好いとはこのことなのか、今朝は野菜に恵まれ、柔らかなキャベツや大きな大根や綺麗な柚子、甘唐辛子が、安く手に入るのでした。 隣町のスーパーでも張りのある大きなパプリカや、新鮮な県内産の生椎茸や立派な長葱が出ていて、今日はすべての食材に満足な亭主。お袋様も珍しく沢山の買い物をしたので、重い荷物を階段を登った玄関口まで持って行ってやるのでした。早速、蕎麦屋に戻って生ものは直ぐに冷蔵庫に入れ、大量の野菜を並べて収納の段取りを考える。今日中に出来る仕込みは、大根のなた漬けの準備と柚子の皮剥ぎ、椎茸の処理ぐらいかと見当をつける。 大根の皮を剥き、切りそろえて漬けもの器に塩で漬け、冷蔵庫に取っておいた一番出汁を鍋に空けて、返しを加えて蕎麦汁を仕込んだところでもう昼の時間になるのでした。昼は昨日揚げて帰った天麩羅の具材をグリルでカリッと焼いて、沢山残った蕎麦を茹で、女将と二人で天せいろを食べる。亭主は朝食も蕎麦だった。これも蕎麦屋の宿命で、前日客の少ない日にはいつもこうなるのです。蕎麦三昧も贅沢な話だけれどまだ半分残っている。 それにしても今日の柚子は綺麗で皮を剥いでいても気持ちが好い。中型で一つ70 円だと言うから、六個ももらってきた。黄色い皮の部分だけを剥いだら、包丁で千切りにして、これを少しずつに分けて冷凍しておくのです。中身は家に持って帰れば、女将が喜んでジャムを作るから、無駄なところは一つもない。新鮮な大根の葉っぱも、家で湯がいて、いろいろな料理に使い道があるので、重宝しているのです。昔ながらの生活の知恵です。 今日の県内産の生椎茸も一つ30 円あまりで手に入れた。野菜サラダに使うミニトマトもよく計算したら一つ30 円。この時期に自分では作れないから、高くても買ってくるのだけれど、天麩羅の具材とは違って、季節に応じて野菜を替えると言うわけにもいかない。キュウリはバラ売りで大きくて新鮮なものを選んで一本50 円ちょっと。次の値上げの機会には、天せいろと野菜サラダとデザートはどうしても値段を上げたいと考えている。 今日は4 時から歯医者の定期検診二回目の予約があったから、二時半になったところで西の町のホームセンターとスーパーに出掛けました。ラップと割り箸、台所洗剤や消毒液、そして豚肉のハラミと唐辛子、店でサービスで出す子供用のお菓子などを買い込んで来る。空はどこまでも晴れて雲一つないのでしたが、風がだいぶ強くなってきた。店に戻って食材を冷蔵庫に入れたら、一度家に戻って荷物を置いて、歯医者に出掛ける亭主です。 上顎の歯を綺麗にしたら先生の診療で、前回、口腔癌の徴候かと脅かされた歯茎の傷は、歯磨きのしすぎだったらしい。歯茎の色が好いと今日も褒められた。家に帰ればちょうど夕食の時間で、今日のメイン料理は、蕎麦屋で残った野菜サラダを蒸したものに、同じく残り物のみつせ鶏の旨搾り団子を焼いたのを載せた女将の発明料理。これがしょっちゅう赤字でも蕎麦屋を続けられる有り難い秘訣と、酒をあおりながら相撲中継を観るのです。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

今日もひんやりとした快晴の一日…

夕べは夜中に焼きそばを食べて、10時半には床に就いたから、やはり今朝は早くから目が覚めてしまいました。人間の生活時間に合わせた生活というものは、少しでもずれると上手く機能しないものなのか、若い頃は感じなかったのに、歳を取ると切実にそれが分かるのです。毎日、規則正しい生活時間を過ごしている女将などは、だいぶ前から寝る時間と起きる時間に寸分の違いもなかったけれど、亭主が後を追うようにして実感している。 少し明るくなった頃にpekoと散歩に出掛けて、家に戻ってもまだ6 時前だったので、珈琲を一杯飲んだら床に潜ってもうひと眠り。7 時過ぎに女将に起こされて朝食を食べ、いつもの時間に蕎麦屋に向かうのでした。ひんやりとした晩秋の陽気で、空には雲がないから今日も昼は暖かな陽射しの一日になるだろうと、やる気が湧いてくるのでした。蕎麦打ち室の気温は14℃といつもより低く、湿度は50%。今朝も40%の加水で蕎麦を打ち始める。 気温の低い分だけもっと水が必要かと思ったけれど、水回しが上手く出来たからなのか、昨日の朝よりも心持ち柔らかい生地が仕上がったのです。少し寝かせてしっとりとしてきたところで、丸出し四つ出しも順調にこなす。こんな時は間違いなく綺麗に蕎麦が仕上がるのです。切りべら29本で130g 越えの束を切り分け、昨日の蕎麦と合わせて生舟二箱を用意した。これなら午後に追い打ちをかけなくても夜の営業までは持つはずなのでした。 蕎麦玉を寝かせている間に、白玉粉を氷糖蜜でふやかして、漉し餡を丸めてあったから、早速、大福を包む。今日は抹茶きな粉と普通のきな粉と二種類を作って、どちらがお客に喜ばれるかを試して見ることにしました。女将が一度家に戻って早お昼を食べている間に、野菜サラダの具材を刻んでアスパラとブロッコリーとを茹でて皿に盛り付けるのです。蕎麦打ちが一回だったから、11 時前に仕込みが終わり、大釜の湯が沸くのを待つ。 外履きに履き替え外に出て、今朝の青空を写真に撮っておきました。ひんやりとした北風もそれほど強くなかったから、陽射しがある分暖かく感じるのです。お客の出足が遅いはずの日曜日だというのに、今日はもう12 時前から駐車場に車でいらっしゃるお客が続いて、いつもカウンターに座る常連のご夫婦は、例によってヘルシーランチセットの天せいろをご注文。やはり天せいろの注文が多く、天麩羅を揚げて蕎麦を茹でるだけで楽ちん。 沢山用意してあったはずの天麩羅の具材がみるみるなくなっていくから、冷蔵庫から野菜や生椎茸を取り出して、仕込みながら天麩羅を揚げていく亭主。天麩羅が続くと油の温度が下がらないから、次の天麩羅を揚げるのには好都合なのです。常連のお客様がほとんどで、蕎麦好きのお客は寒い日でも冷たい蕎麦を食べてくれるから嬉しいのです。今日は随分と出たヘルシーランチセットのデザートには、やはり抹茶きな粉の大福が人気でした。 前半のお客が一段落して洗い物のを済ませた頃に、今度は後半のお客がいらっしゃる。年配の女性三人でいらっした顔を見れば、一人は地元のご近所の常連のお客様。いつもは近所の農家のお母さんたちと一緒に来るのだけれど、今日は違う繋がりらしいのです。「いつも来たいと思っていたのだけれど、今日はやっと○○子さんに誘われて来ましたよ」と元気な小母さんが亭主と会話をする。皆さん古くからの地元の方だから話題は尽きない。 サービスでお出ししたなた漬けが美味しいと言うので、レシピを教えて差し上げる。天麩羅の野菜は○○さんのところで出したのを農産物直売所で買っていると言えば、「私は家まで行ってもらってくるんだよ」とやはり古くからの地元付き合いです。畑や森の景色を眺めて「窓から見える景色がいいいよねえ」と、何百年も住み続けた家の人が言うのも印象深い。普段は挨拶を交わす程度のお客なのに、今日は随分といろいろ話をしたのです。

Posted in 季節, 料理, 日常, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。