Category Archives: 日常

朝から雨交じりの風が強い一日で…

5 時半に一度目覚めたときには、道路が雨で濡れていたからpekoの散歩は断念して、もうひと眠りする亭主。ところが、8時前に女将に起こされて、「pekoの散歩は行って来ましたよ」と言われて外を見ればもう道路は白く乾いていました。べっとりと汗をかいて眠りから覚めたので、今朝は湿気が多いらしい。夕べもよく眠ったはずなのに、なぜか身体が怠いのは、この蒸し暑さのためなのか。庭の金柑の花を眺めながら蕎麦屋に出掛ける。 早く蕎麦屋に着いたのは好いけれど、どうも身体が重くて動き出したくないのです。休みだと思うと尚更ゆっくりとしたい気分で、厨房の椅子に座って今朝の段取りをもう一度考えてみる。とにかく蕎麦豆腐を作ったら、それから筑前煮を仕込んで、最後に明日の天麩羅の具材を切り分ければ好い。それが午前中の仕事だったから、わけもないことなのですが、実際に取りかかるまでじーっと座ったまま。BGMを流したら少しは気分が変わる。 そう思って動き始めれば、もう次々と食材を刻み、蓮根は酢水に浸けて、ゴボウは水に浸けて、鶏肉を小さめに刻んで片栗粉をまぶす。後は中華鍋で順番に炒めていくだけ。まずは鶏肉を炒めて、ジャーレンに上げて油を切っておく。次に水切りした蓮根とゴボウを含めて切った野菜を炒め、3㍑の鍋に入れて出汁で煮込んでいきます。沸騰したら、鶏肉を入れて中火で20分ほど煮詰めては、灰汁を取って出汁醤油と砂糖で味付けするのです。 例によって醤油の色を見ながら味見をして、砂糖も甘過ぎないように適量を入れます。人参やゴボウに火が通ったのを確かめて、キッチンペーパーで落とし蓋をして弱火で更に煮詰めます。その間に、手に入りにくくなったインゲンを 5 cm 程に切って塩茹でします。綠色が鮮やかになったら笊に採って冷ます。調理を始めたら一挙に元気になって、手際よく身体が動くから不思議なものです。先ほどまでの気だるさは一体何だったのだろうか。 昨日、一緒に仕入れに出掛けたお袋様が、「今日は餃子を作ろうと思って材料を買ってきたんだよ」と言っていたけれど、80歳の後半になって、毎日の食事を素材から作っていくその元気さは、やはり調理をすることの楽しさから来るものなのかも知れない。何十年も大勢の人に様々な食事を作ってきたから、自分一人のためにでも作ることが一つも苦ではない様子。今でも料理の話題になると亭主と楽しく話をするのです。学ぶことも多い。 筑前煮を冷ましている間に、カボチャを切り分けて天麩羅に出す形に揃える。端切れは四角く切って冷凍しておきます。カレーの具材にも使えるし、小豆との従姉妹煮にも使えて大変便利なのです。生椎茸、ピーマン、茄子、オクラと、それぞれ切り分けたら、容器に入れて冷蔵庫で保存します。最後は玉葱と人参、三ツ葉を刻んでかき揚げの具材を仕込んで終わりです。使った鍋やボールを洗ってまな板を消毒したら、筑前煮を容器に詰める。 ジャガイモや鶏肉の入った分、量がいつもより増えたので、試食用として少し家に持ち帰って女将に渡す。昼は一年ぶりで亭主が冷やし中華を作りました。卵は朝食べたので、キュウリと茹でたモヤシに、薄切りの肩ロースを茹でて天かすと共に添えました。亭主の皿には氷を一面に敷いてその上に麺と具を載せるから、大盛りのように見えるけれど、実際には女将と同じ一人分。暑い昼に酢の利いたタレが美味しかった。豆板醤を加えて満足。 夜のパトロールは雨ならば中止なのですが、今日の天気ではちょっと予測がつかないのです。その前に、業者が食材を運んで来るから、電話を待って蕎麦屋に出掛けなければいけない。4時過ぎに「5 時頃に伺います」と電話が入って、仕方がないから早めに出掛けて明日のお新香を漬けたり、冷たい蕎麦茶を作るために、鍋に湯を沸かして冷やしておく。明日は暑いと言うけれど、天気予報も複数を見ると情報がまちまちなので安心できない。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, | コメントは受け付けていません。

曇りのちずっと雨の一日…

玄関前に咲き乱れる木槿に励まされるように、7 時前にpekoの散歩に出掛ける。今朝は2ブロックを回って家に戻りました。朝食を終えるともうフットレストの上で眠り込んでいる。同じく食事を終えた亭主が椅子に座っていると、トントンと前足で主人の足を叩いて上に載せてくれと言うのです。くっついていると暑苦しいから、眠ったなと思ったら、亭主は向かいの椅子に移って、女将の入れてくれたコーヒーを飲んで食休みをするのです。 人のいるところでしか眠れないのもこの犬の性格なのか。亭主が食事をしている時も、食堂に来て足元に寝そべっているのです。女将は「家来だからしょうがないわね」と言うけれど、亭主のいない時には、食堂でテレビを見る女将の膝に乗って眠っているから、やはり、人の傍が好いのです。今朝も早めに蕎麦屋に出掛けて、昨日の洗い物を片付ける前に残り少なくなった返しを5㍑鍋で仕込んでおく。洗濯物を干したらお袋様を迎えに出る。 二人で世間話をしながら、農産物直売所に出掛ければ、今朝はまだ届いていない野菜が多かったのです。ナスやキュウリが沢山安く出ていたから、いよいよ夏らしくなってきたと感じる。インゲンは終わってモロッコインゲンガ並んでいたけれど、天麩羅にはどうか。会計を済ませて外に出れば、野菜を運んで来た農家の親父様が、袋に沢山買い込んで来た亭主を見て、「店でもやってるの ? 」と、煮物用のジャガイモと胡瓜をくれるのでした。 なんでもまずは挨拶をするのが大事だねとお袋様と話をしながら、隣町のスーパーまで車を走らせれば、少し時間が遅かったからか、今日は駐車場もかなり混んでいるのでした。パイナップルは一つもなかったから、代わりにゴールデンキウイを買って、また、夏の筑前煮を作ろうと鶏肉を仕入れておく。里芋の代わりに頂いた煮物用のジャガイモを使ってみようと思うのです。今日は西の町のホームセンターに消耗品を買いにも行かなければ。 筑前煮を作るには蓮根を買い忘れたのに気が付いて、やはり午前中にホームセンターへ行って隣接するスーパーで買ってこようと車を急がせるのでした。塩素系の消毒液は棚に並んでいたけれど、アルコール除菌液はまだ売り切れのまま。ペーパータオルも沢山あるのにひと家族一個と厳しい制限がかかっている。ラップや割り箸、キッチンペーパーなどを買い込んで、隣のスーパーで蓮根とインゲンを手に入れました。女将には果物を買った。 蕎麦屋に荷物を置きに帰っても、女将の帰る時間には間に合って家に戻り、定休日の昼の用意はいつしか亭主の仕事になっている。今日は店の残りのとろろと蕎麦と、やはり売れ残ったみつせ鶏の旨搾り団子、そして野菜サラダを使って一皿分のタンパク質と野菜を用意する。だいたい定休日は、残り物でなんとか美味しい食事を作るというのが定番なのです。午後は出汁取りの作業があるから、果たして筑前煮の仕込みまでこぎ着けられるか。 pekoと同じで昼を食べたらすぐに寝るのが定休日の亭主の日常です。昼からずっと雨が降り続く天気で、蕎麦屋の仕入れと仕込みとパソコンとブログで一日が終わるから、女将に言わせれば「蕎麦屋のことしか頭にない」という状態。ひと眠りがふた眠りになり、朦朧とした意識の中から3時過ぎにやっと目覚めて、降りしきる雨の中をまた蕎麦屋に出掛けていくのです。27℃と暑い店内でしたが、エアコンも入れずに出汁取りを始めるのです。 返しを作ってワインビネガーが切れたから、家に戻って注文をしておかなければ。いろいろな次の算段を考えながら、約一時間。天つゆを仕込んで、蕎麦汁を冷やして蕎麦徳利に詰め、冷蔵庫に入れたら、鍋やボールを洗って 5 時前には家に戻る。今日買って帰ったトウモロコシが茹でられて食卓に載っている。枝豆を茹でてもらってハラミの串焼きで一献の晩。今年の初物づくしで全部美味しいのです。水泳も一ヶ月、体重も戻りつつある。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 未分類, | コメントは受け付けていません。

気温は低いのに蒸し暑い一日…

今朝も早くから目が覚めたので、雨の降っていないのを確認してpekoの散歩に出かけたのです。家の前の坂道を下っていけば、すぐ近所のお宅にもクチナシの花が咲いていました。家のクチナシよりも随分と大きな花で立派でした。そう言えば、最近、奥さんが豆に手入れをしている姿を見かけるのを思い出す。玄関口にクチナシは香が好いのでなかなか素敵なのです。気品があって亭主の好きな花の一つだけれど、花の終わりが宜しくない。 アガパンサスもいつの頃からか、あちらこちらで見かけるけれど、紫色の花にハッとするのがインパクト。金糸梅の黄色い花の前に植えられて、色鮮やかなのでした。和洋折衷というところでしょうか。今朝はpekoも元気に2ブロックほど歩いて、これならまだ大丈夫とひと安心するのです。門からの階段を登れば、赤紫色の木槿が沢山花を付けていました。最初に咲いた薄紫の木槿も花の数が凄いから、今年はやはり随分と暖かいのですね。 例年、花の咲く前に枝を切ったりはしないものだけれど、今年はこのままだと相当にぼさぼさの状態になってしまいそうなのです。今朝は蕎麦屋に出掛ける前に、銀行に行ってスタッフに支払う給与の準備をしておかなければいけなかった。時間のある時には新券に替えて、今月も有り難うございましたと手渡すのが好いと思う。女将にもほぼ同額の金を渡すのだけれど、家族への給与支払いは認められていないから、生活費を渡す形になるか。 店の売り上げは依然として例年の半分程度だから、亭主の懐からすべて出さなければならないのが大変。今年の目標は、年間の営業利益の黒字化だったけれど、4月5月は新型コロナの影響をもろに被った形だったから、回復するのにどれだけ時間がかかるのか分からない。お客の数は徐々に戻っているようにも思えるから、見通しが暗いとまでは考えないようにしているのです。街には人も車の数も増え、皆マスクをしながら活動をしている。 それから蕎麦屋に出掛けて、明日の仕込みにかかるのでしたが、まずは、蕎麦豆腐を仕込んで、昨日のうちに仕入れておいた食材で、久し振りに筑前煮を作ることにしたのです。今回は、親子丼の具材を仕込んでおこうと鶏肉を買ったので、筑前煮にも入れてみようと思いました。冷えるとどうしても硬くなるから、敬遠していたのですが、小さく切ってよく煮込んでおけば、却って出汁が出て好いかも知れない。里芋だけは季節外だからなし。 親子丼の具材と筑前煮の具材を煮込んで落とし蓋をしたら、今度は明日の天麩羅の具材を切り分けます。時計を見たらもう11 時で、今日はゆっくりとしすぎたかな。鍋やボールを洗って、まな板を消毒したら、製氷室の氷を幾つも袋に詰めて冷凍庫に入れておきます。暑くなると茹でた蕎麦を洗って冷やすのに氷は欠かせないのです。勿論、新蕎麦の季節にはあまり冷やすと香りがなくなるからこれもまた難しい。昼前に家の買い物に出掛ける。 着いた先のスーパーが水曜日が定休日とはつゆ知らず、仕方がないから駅前まで戻っていつものスーパーで買い物をしました。帰り道に、女将が向こう側の歩道を歩いているのを見かけたから、手を振って合図をしたけれど、どうせ「歩いて帰るから」と言うに決まっているので、先に家に戻って昼飯の準備に取りかかるのでした。先週の店の残り物を総ざらえして、カレー炒飯と野菜スープを作り、食べたらpekoと同じで食後のひと眠りです。 夕刻は、鴨肉と海老の配達があったから、テレビ映画を観ながら業者から電話が入るのを待っていました。「あと10 分ほどで着きます」と電話が入ってから、車で蕎麦屋に出掛け、明日の小鉢の糠漬けを漬けて、アイスコーヒーを入れて待っているのです。「暑くて喉が渇いていたので嬉しいです」と、いつも一息で飲んで帰る若者なのです。早い夕飯には今日はざるラーメン餃子を作って食べる。ひと眠りして夜のプールに出掛けたのです。

Posted in 仕込み, 季節, 日常, 経営, | コメントは受け付けていません。

朝はストーブを焚いて昼はクーラーを点けた一日…

朝方まで雨が降って寒い陽気だったから、朝からストーブを焚いて暖を取りました。いつもの時間に蕎麦屋に出掛けたときにも、まだ小降りの雨が続いていたのです。ミニ菜園の入口に置いてあるモミジの苗木が、また少し大きくなったから楽しみなのです。もう一回り大きな植木鉢に植え替えるのはいつになるのだろうか。玄関脇の紫陽花も段々と色が濃くなって、本来の姿に育ってきています。ぐっすり眠って亭主も元気を取り戻しました。 駐車場の山帽子も花が終わって、ほの赤い新芽が伸びて来ています。隣のモミジも元気な新しい枝が、先の方を赤く染めながら伸びてきている。そんな自然の命の勢いに元気を貰いながら、お袋様と仕入れに行く前に、鍋に干し椎茸や昆布を浸して、昨日の洗い物を片付ける亭主なのでした。家の庭にあるすももの木も、そろそろ伸びた枝を切らなければ行けないし、店のモミジの伸びた新しい枝もいつも夏場に少し切って木の形を整えている。 今年は何も植えていないミニ菜園も、また雑草に覆われてきたから、草取りもしなければならない。石垣の工事が入るはずだった家の裏手も、そのままになっているから、草や木が生い茂っているのです。何とかしなければいけないとは思いながら、やることは沢山あるのに、雨や暑さを理由にしてずるずると日にちが経ってしまうのです。もしかして、これも少しずつ老化現象の表れなのではないだろうかと、ふと心配になることがあります。 仕入れに行く道々、お袋様にそんな話をすれば、歳を取ってくると、一年一年、気力と体力が衰えるのだと言うから、さすがに年長者。「だけどあんたの歳じゃまだ若い」と言われて、やはり疲れているのかと、今朝も食事の後にひと眠りしたのを思い出す。気力と体力は表裏一体のものだから、週に四日の水泳も四週目に入ったのに期待したい。隠居の蕎麦屋の生活にも、蕎麦打ちや調理以外に目標がないといけないのかも知れないと思った。 雨も上がって青空が見えてきたら、急に今度は蒸し暑くなるのでした。車の暖房を冷房に替えて、農産物直売所から隣町のスーパーに移動する。ブロッコリーだけがまだ入荷していなかったから、明日にでも家の買い物のついでに買ってこよう。今日は大根の大ぶりな物が手に入ったから、早速、なた漬けの準備をして塩で漬けておきます。野菜類を冷蔵庫にしまったら、月に一度の床屋に出掛ける。ところが、先客がパーマを始めたばかりで。 近くの息子の床屋に応援に来られるかと電話をしてくれたけれど、向こうも忙しくなってきたらしく、また午後にでも来ますよと言って家に戻るのでした。このところ滅多に他の客とかち合わなかったけれど、やっと床屋にも客が戻ってきているのだろうか。仕入れのデータをパソコンに入力して、昼の準備にはまだ早すぎるから、テレビで映画を観るのでした。昼食は蕎麦を茹でて、昨日揚げて帰った天麩羅を焼いて天せいろの予定なのです。 亭主は朝もぶっかけで蕎麦を食べたのだけれど、さすがに蕎麦屋の主人だけあって飽きることはない。明日の定休日は違う料理を作れると思うからかも知れない。食後にあまりゆっくりしていると、また眠くなってしまいそうだったから、気を取り直して再び床屋に出掛ける。先客がいたけれど、また電話をしてくれて、奥さんが手伝いに来てくれることになったらしい。「少し太ったんじゃない ? 」「コロナ太りですよ。髪も伸びているしね」 頭を刈ったら気持ちまでさっぱりとして、そのまま蕎麦屋に戻って午後の仕込みにかかるのでした。酒粕を煮詰めて砂糖を加えて冷やしたら、唐辛子と柚子を混ぜてなた漬けを漬け終える。そして、今日のメインイベントは、一番出汁と二番出汁を取り、蕎麦汁と天つゆを仕込むこと。どんなに急いでも一時間はかかるから、窓を開けてBGMを聴きながら気長に作業を続けるのでした。相当な蒸し暑さで、家に帰ってもエアコンで涼む晩です。

Posted in 仕込み, 季節, 日常, | コメントは受け付けていません。

寒い雨の一日…

夜まで営業のある週末は久しぶりに忙しかったからか、二日続けて peko のいる居間に戻らずに床に就きました。夕食は豚のハラミの串焼き二本と野菜サラダと日本酒一合弱だけ。空腹感よりも眠気が勝ったのでしょう。だから、今朝は 5 時過ぎに目覚めて、雨の降り出す前に peko の散歩に出掛けられたのです。清涼感のあるアガパンサスの咲くお宅を過ぎて、やっと自宅の前の通りに出れば、涼しいからかここからがうろうろして長い。 5 時には目覚めて寝床で目覚めのヨーガをしている女将も、亭主が早く起き出したから、今朝は台所に早く入って朝の支度をしてくれました。昨夜床に就く前に「明日の朝は何を食べるの ? 」と聞いたら、「そろそろ銀ダラを焼こうかしら」と言っていたので、買って来た亭主は楽しみにしていたのです。40年も前に亡くなった親父様が好きだった魚で、近ごろはだいぶ値の高い魚になっているけれど、子どもの頃の味覚はまだ健在なのです。 いつもの時間に傘を差して蕎麦屋に出掛け、朝の仕事を終えたら、今朝は夕べ仕込んでおいた返しを鍋から甕に移しておくのです。そして、小鉢に使う浅漬けを漬けたら、冷えた蕎麦茶を飲みながら、窓の外の雨を眺めて、今日の算段を考える亭主。夕べの女将の話では、去年のこの週の月曜はお客がなかったと言うのです。彼女の三年日記は天気やお客の数まで記録しているから凄い。風まで出て来たから、今日はどうなのかと思案に暮れる。 それでも、昨日の夕刻に追い打ちをかけた分だけでは足りないので、今朝も500g だけ打ち足すことにしました。蕎麦打ち室の温度は22℃、湿度は80%。これも難しい数字だったけれど、昨日到着したばかりの蕎麦粉の新鮮さを信じて、今日も39%弱の加水で蕎麦粉を捏ね始めたのです。涼しかったから長袖の上に前掛けをして亭主も、やっと身体が温まって元気が戻る。商売だからと言うのではなく、やはり、蕎麦打ちは楽しいのですね。 蕎麦打ち室の窓の外には、雨に打たれた紫陽花が綺麗な姿を見せてくれている。石垣島の海メロで、伊原間湾を眺めながらその日のダイビングに思いを馳せるのと同じ気持ちだ。新型コロナ感染の第二派の行方を見定めないと、遠出は出来ないと思ってはいるけれど、ワクチンが出来れば一安心なのではないかというのが、女将と亭主の考え方。特に、若いときに過誤腫で肺の手術をした亭主にとっては、まだ大きなリスクは避けたいのが本音。 厨房に戻って野菜サラダの具材を刻んだら、月曜日だからと二皿だけ盛り付けて、今朝漬けたばかりの浅漬けを小鉢に盛り付ける。雨と風はますます酷くなるばかりで、今日は到底お客は見込めまいと、外の様子を見に玄関を出たら、年配の女性がちょうど店の前で立ち止まっているではありませんか。「ラベンダー畑まではまだ随分ありますか」と尋ねられて「この雨では歩いては遠いですよ」と応える亭主。「蕎麦でも食べていこうかしら」 遠い町からいらっしたらしく、帰りのバスの時間まで調べているらしかったのです。横浜に住む古い友人もこんな出歩き方をするのかしらとふと心配をする。もうラベンターの季節も終わりなのに、雨の中を駅から2キロも歩いて来たらしいのです。すると、降りしきる雨の中を駐車場に車が入って、リピーターの若いご夫婦がご来店。隣町からわざわざ霊犀亭の蕎麦を食べにいらっしたのだとおっしゃるから嬉しかったのです。人はそれぞれ。 月曜日は帰りの後片付けが大変なので、開店前にスタッフと賄い蕎麦を食べておきます。今日も雨の中を女将が残り物を取りに来てくれました。新型コロナのお蔭で、仕入れも少なくなったから、残り物は亭主と女将で一袋ずつ。後ははスタッフに持って帰ってもらうのでした。家に戻ってひと眠りをしたら、早い夕食を食べてまたひと眠り。7時前にプールに出掛けてひと泳ぎする亭主でしたが、疲れていたのか今日は身体が重かったのです。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, , 蕎麦打ち, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

夏はまだ遠いはずなのに…

蕎麦屋のモミジの実生の苗がまた少し大きくなりました。6 鉢だけ植えたのですが、皆それぞれに元気に根付いたようだから嬉しい。鉢の大きさや肥料などを調べたら、鉢はちょうど好い大きさでした。肥料も家で女将が使っているのを分けてもらって、後は朝晩水遣りをするだけです。今朝は 6 時前に peko の散歩に出掛けたから、朝食後にまたひと眠りして、洗面をしたら髭を剃って蕎麦屋に出掛けてきました。冷たい蕎麦茶で目を覚ます。 定休日二日目の水曜日の仕込みは、たいして時間もかからずに終わるから、ゆっくりとあれこれ算段をしてから立ち上がる亭主。まずは蕎麦豆腐を仕込んでしまう。鍋を洗うのに水でこびり付いた蕎麦粉を水でふやかす時間が必要なので、早めに作って型に流し込んだら、鍋に水を入れてシンクに置いておきます。それから明日の天麩羅の具材を切り分けておきます。今週も季節の添え物はインゲン。存在感のあった蓮根がなくなった分、長いままで揚げて出すようにしているのです。揚げても噛むと香りが残って季節を感じられる。 玉葱と人参を刻んで、三ツ葉を別の容器に切って入れたら、かき揚げの準備も終了です。少し時間が早かったけれど、今日の昼飯には、一年ぶりに冷やし中華を作ると女将に言った手前、彼女が戻る前に家に戻っていろいろと準備をしなければならないのです。モヤシやカニかまがあれば好いのだけれどと思いながら、いやいやまずは冷蔵庫の中の残り物を使い切ってしまわなければと、蕎麦屋で冷凍してあった天かすを持ち帰って、昼の支度。 最初に野菜サラダの残り物に豚の細切れを入れて、コンソメ味のスープを作る。次に冷凍してある手作りの餃子を焼きながら時計を見る。今日は peko の餌を買ってくると言っていたから、少し女将の帰宅が遅いだろうと、蕎麦屋で残ったキュウリや蒲鉾を刻んで、後はサラダのパフリカや赤玉葱やトマトを用意して、麺を茹でる大鍋の湯を沸かしながら、女将の帰りを待つのでした。「暑い暑い、汗びっしょりだわ」と言いながら女将が帰る。 亭主としては、家の冷蔵庫に練り辛子がないのに気づいたのがちょっと遅かった。辛いものの嫌いな女将は香辛料には無頓着でマイペースだから、あらかじめ言っておかないと買って来てくれないのです。辛子のない冷やし中華や五目焼きそばは、亭主にとっては、辣油のない餃子と同じように、考えられないことなのですが、美味しさ半減のまま作った昼飯を食べる。女将のスポーツクラブの新しいプログラムのお蔭で遅い昼を食べた結果は。 午後の亭主のプールに出掛ける時間が押してくるのです。昼寝もせずに、午後の青空が広がる街をスポーツクラブへ向かえば、車も人もだいぶ多くなっていました。市内では随分と長い間、感染者も出ていないけれども、皆、マスクをして車を運転している。駐車場に車を入れて、マスクをして歩く亭主の顔面は汗だらけ。スポーツクラブの入口で、手指の消毒をしてカメラの前で立ち止まれば、スクリーンに自分の体温が出る仕組みなのです。 水曜日の午後のプールガ空いている時間帯だったから、準備運動をして一人しか泳いでいないコースに入って、ゆっくりとアップを始めた亭主でした。途中で何人かコースに入ってきたけれど、皆のスピードに合わせて泳いでいたら、プールの監視員に呼び止められ、「あなたは速すぎるから、向こうのコースに移って下さい」と言われるのでした。顔見知りの監視員だったのだけれど、途中で泳ぎを止められたのがちょっと不愉快なのでした。 家に戻れば女将は歯医者の定期検診に出掛け、亭主はやっと午後のひと眠りです。早い夕飯の時刻に起こされて、夜の防犯パトロールに出掛ける準備。7時出発になっているのだけれど、まだ陽は暮れていなかった。70代の元気な老人達が集合場所に集まって、最近の犯罪状況の報告を聞く。いつものように二手に分かれて、町内を隈無く歩いて行くのでした。みずき通り沿いに墨田の花火が黄昏時に白く咲いて、なるほど花火のようだった。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, | コメントは受け付けていません。

梅雨の中休みにはちょっと早い青空が広がって……

火曜日の朝はお袋様と仕入に行きます。まずは 9 時から始まる農産物直売所に出掛けて、旬の野菜を仕入れてきます。ハウスものなのでしょうが、茄子も胡瓜も地元のものが安く出始めて、インゲン、ジャガイモ、ズッキーニと、何を作ろうかと考えるのが楽しみなのです。それから隣町のスーパーに足を伸ばして、足らない野菜類を買い求めます。先週は親子丼のセットメニューが随分と出たから、鶏肉や玉葱の具材を買いそろえておきます。 店に戻って昨日の沢山の洗い物を片付け終えたら、今朝買ってきた食材を冷蔵庫に収納します。そして、いよいよ親子丼の仕込みの開始。玉根は大きめにスライスして、鶏肉と合わせて出汁醤油で煮込み、砂糖を加えて甘辛く仕上げます。朝一番で昆布と干し椎茸を水に戻した鍋は、午後の出汁取りの下準備です。女将がスポーツクラブから戻るまでの時間に、午前中に夏野菜の揚げ浸しの仕込みが出来るかどうか。時計を見ながら野菜を刻む。 先週は、小鉢に盛り付けることを優先したばかりに、野菜を細かく刻みすぎたので、結果としてあまりパッとしない仕上がりになった。やはり、野菜の形が見えた方が、夏の野菜の料理という気がすると思ったから、今日は茄子もオクラも茗荷も縦に切り分けて姿を残したのです。盛り付けは少し口の広い三つ足の皿にとようと考えていました。カボチャを入れると実は仲間のズッキーニと被ってしまうから、敢えてカボチャを外して見ました。 農産物直売所で顔馴染みの農家の親父様が、今日は赤と黄色のアイコと言う名のミニトマトを持って来ていたから、これを入れれば彩りはいいのではないかと考える。考えていないのは材料費だけで、夜になってレシートを見ながら計算したら、野菜だけで900円近い値段になるのでした。10皿は取れないだろうけれど、取れたとしても一皿の食材費が90円にもなってしまう。これでは、メニューの料理に添える小鉢としては値段が高すぎる。 一品料理として出すならまだしも、美味しく仕上がっても割安なメニューの価格では回復できないのです。本来なら、露地ものの茄子やトマトやミョウガが出て、もっと安くなってから、夏野菜の揚げ浸しとして出すべきものなのかも知れない。こういうところが、気持ちばかり先行して、調理をすることにばかり気を取られ、経営と言うことを後回しにする亭主の弱点なのかも知れない。コロナ渦で思い知ったはずなのに一事が万事なのです。 女将が家に帰る時間に間に合うように家に戻り、冷蔵庫の中の残り物を捜して、勿体ないと文句を言われないように、美味しい昼のおかずやスープを作るのでした。それでも、近所のスーパーであまりにも美味そうな鰯の刺身が出ていたので、昼のおかずにとに買って来てしまった。デザートの西瓜も朝の仕入れで買っておいたし、銀ダラや鮪の冷凍物も買ってしまったから、とてもじゃないけれど、全額は女将に請求できないのが辛いところ。 夕刻に外耳炎を患った peko の病院の予約を入れていたので、午後の仕込みに昼寝もしないでまた蕎麦屋に出掛ける亭主。一番出汁二番出汁を取って、蕎麦汁と天つゆを仕込むのが主な仕事でした。このところ割安な 500g の大袋の削り節を買って使っていたけれど、その都度計量して使うのが煩わしくて、さすがに今日は 1 回分 80g ずつの袋に戻したのです。冷蔵庫で保存できるとは言っても、風味が飛んでしまうのだからどちらが好いか。 かなり割安の 23kg 入りの大袋で蕎麦粉を頼まなくなったのも、蕎麦粉の風味が飛んでしまうだろうと考えたから。儲けを優先すればあり得ない事なのでしょうが、隠居仕事の蕎麦屋を始めて以来、何が大切なのかを考え続けてきた亭主にとっては、譲れない一線があるのです。趣味の蕎麦屋だと言われても好いから、美味しかったと笑顔で帰るお客の姿を見送りたい。だいぶお客の数も戻って来たので、これから夏に向けて楽しみな毎日です。

Posted in 仕込み, 季節, 日常, 経営, | コメントは受け付けていません。

梅雨入り前の真夏日和で…

蕎麦屋に出掛けたのは、いつもと同じ時間だったけれど、今朝は特に暑いと感じた。店の中でも28℃もあるから、奥座敷や廊下まで窓を開け放って風を入れてから、エアコンを入れる。それでも26℃以下には下がらないから、やはり暑さが違うのです。厨房の椅子に座ってコーヒーを入れて飲む。BGMには元気が出るかと、最近購入した中島みゆきの曲を流してみたのですが、歌い手と年代が近いはずなのに亭主には激しすぎて疲れてくる。 今朝の仕込みの段取りは、夕べから繰り返しシュミレーションしていたから、最初に蕎麦豆腐と水羊羹を型に流し込んで冷蔵庫で冷やす。次に小さめに切った夏野菜を、中華鍋で揚げて、冷たく冷やした出し汁に浸けていく。焼き浸しを小鉢に盛り付けるために、大き過ぎると種類が全部は入らなくなるのです。水羊羹もそうだけれど、一年ぶりだから上手く出来るのかがちょっと心配。何回か作っていくうちに、好みの味になってくるのです。 最初に作った頃に参考にしたレシピは、バインダーにとじて厨房の引き出しに入れてあるのだけれど、最近は取り出して見ることもなくなった。なんでも慣れてくると雑になるというのか、大体の要領が分かってくると、いちいちレシピを見るのが面倒になるのです。家の女将などはたまに作る料理は、必ずと言って好いほど古い昔のレシピを取り出して熟読しているから大したものです。大きな容器に汁ごと入れたら、冷蔵庫で冷やしておく。 後は、明日の分の天麩羅の具材を切り分け、カボチャはレンジで温めて、すべて容器に入れて冷蔵庫に入れる。まな板を洗って消毒したら、午前中の仕込みは終了です。夕刻にはぬか漬けを漬けに来なければいけないけれど、今日は業者の来る日だからその時でいい。11 時過ぎだから、これから西の町のホームセンターに出掛けて、台所用の洗剤やペーパータオルなどを買って、隣のスーパーで女将に約束した鮨と鰻を買って帰らなければ。 この店の鮨は、近隣のどのスーパーや回転寿司よりもネタが好いので、女将も亭主も美味しいと言って食べるのです。本マグロの大トロ、トロと赤身が入って、他の魚もみな新鮮だから好い。ついでに店で出す豚のハラミや昨日買い損ねた細葱を仕入れ、果物に林檎を四つ買って帰る。女将が帰る時間までまだ少し時間があったから、亭主は書斎に入ってパソコンに向かうのでした。pekoはもう昼食と言わんばかりに食堂で食事を待っていた。 「美味しかったわ」と、亭主の買って来た鮨を食べ終えて女将も満足そう。いつも蕎麦屋の残り物ばかり料理してくれるから、せめてものご褒美。いつもなら一休みしてプールに出掛けるのだけれど、今日は店の出入りの業者が食材を届けに来るので、亭主はブログを書きながら電話を待っている。4時を過ぎても連絡がないから、先に蕎麦屋に行き、明日のぬか漬けを漬けておく。今週は初めの日に三種類の小鉢があるから、まずは安心です。 やっと荷物が届き、「どこのお店でも少しずつお客が戻っていますね」と、注文が増えたのを喜んでいる業者の若者。それでも、まだ宴会は入らないから大口の注文がないのだと言う。アイスコーヒーを一杯出して労う亭主。家に夕飯の野菜をと午前中に作った煮浸しとカブの葉と鰻重の器を持ち帰り、そのままやっとプールへ出掛ける。子ども達のスイミングも人が戻ったようで賑やか。片隅のコースで今日もゆっくりとアップするのでした。 5 時半には家に帰って、女将と二人で久々に鰻重を食べた。さすがの亭主も重箱にご飯を敷いてもらって、酒の肴にするのでした。今日は昼からかなり贅沢な食事だった。暑さも厳しかったから、少し精を付けておかなければ。それにしても、考えたら定休日は人との会話が少ない。お客は少なくても、店をやっていれば「いらっしゃしませ」と大きな声も出すし、自然と会話も生まれるからそれが好いのかも知れない。明日は曇り空だと言う。

Posted in 仕込み, 季節, 日常 | コメントは受け付けていません。

朝から暑い暑い…

お袋様を迎えにマンションまで車で行けば、紫陽花の花が綺麗に咲き始めていました。もうすぐ梅雨だというのに、今朝は早い時間からジリジリと日が照って、真夏のような陽気なのです。「暑いねぇ」とお袋様は車に乗り込んで買い出しに出掛ければ、農産物直売所には農家の人たちが野菜を運んで来ていた。地元で採れるナスやキュウリがやっと安くなり始めている。今日はズッキーニを手に入れて、そろそろ揚げ浸しを作ろうかと考える。 採れたてのトマトやインゲンももらって、隣町のスーパーまで車を走らせる。相変わらず広い駐車場は開店時間から満杯で、地域の人々には人気のある店なのです。さすがに、レンコンはもう出ていなかったから、揚げ浸しの材料にとオクラやミョウガを買って、今週の天麩羅は、季節の野菜にインゲンを添えるだけにしようと考えるのでした。カボチャも国産のものが出始めたから、値段的に余り変わらないかも知れない。それにしても暑い。 蕎麦屋に戻って検品をすれば、細葱が売っていなかったのに気が付いた。サラダの皿数も減らしているから、キャベツやレタスは使い切れるように小さめのものを選んだけれど、ブロッコリーはカルビ丼にも添えるので、小さなものが二つ必要だった。野菜類を冷蔵庫に収納したら、ひと品目の小鉢はカボチャと小豆の従姉妹煮にしようと、冷凍してあるカボチャの端切れを薄口の出汁醤油と砂糖で煮込んでおく。昼前には家に戻って昼の準備。 ガレージに車を入れて空を見上げれば、太陽はもう真上を通る季節なのかと驚いた。玄関脇の団扇サボテンが、この暑さで次々と花を咲かせている。庭に洗濯物を干しに出る女将は、普段はサボテンの棘を嫌がっているのだけれど、さすがにこの時期は花が一斉に咲き出すので嬉しそうなのでした。締め切った居間の部屋は30℃もあったから、peko は床に伏せたままぐたっとして眠っていました。エアコンを入れて部屋の空気を冷やしてやる。 女将がスポーツクラブから帰る時間を見計らって、蕎麦屋の残り物の野菜をみつくろって、スープを作りカレー炒飯を作って簡単に昼食を済ませる。今日は夕刻からpekoの狂犬病の予防注射の予約を取っていたから、午後はゆっくりと昼寝をする亭主。昨夜はまたYouTube を見ながら遅くまで起きていたから、眠ろうと思えば幾らでも寝られそうなのです。ネット予約をしているのに、早く言った方が好いと女将に言われ、車を出す亭主。 なるほど動物病院に着いてみれば、次から次へと駐車場に車が入ってくる。二番目に入っていった女将とpekoは30分ほどで戻って来たけれど、こんなに混んでいるのもなのだと亭主は驚くばかりなのでした。以前は、家から女将がpekoと歩いて来ていたらしいのですが、年老いて歩けなくなったから、最近は亭主が車で送り迎えをしている。家に戻って午後の仕込みに蕎麦屋まで出掛けたけれど、午前中に準備した出汁を取って夕刻になる。 揚げ浸しの材料は、ボールに入れたまま冷蔵庫で保管した。出汁に使う鰹節を、前回は500gの大袋で購入したのですが、3㍑の出汁を取るのに、一度に使うのは 80g ずつなので、大袋だと割安だけれどどちらが好いのか。一度封を切ってしまうと、風味が落ちるだろうから、80g の小袋で購入した方が無難かも知れない。蕎麦粉もそうだけれど、23kg 入りの大袋だとかなり割安。ただ使い切るまでに風味が落ちるからと5kg ずつ仕入れる。 夕陽を浴びて削り節が黄金色に輝く。一番出汁と二番出汁を3㍑ずつ取って、今日の仕込みは終わりにするのでした。鍋やボールを洗い終えて、家に帰ったら5 時半を回っていた。冷蔵庫の中が空っぽに近い状態で、女将が何を食べようかと言うものだから、蕎麦屋の残り物を総ざらえ。鴨葱の塩焼きと、茄子とピーマンの新焼、賞味期限が切れた蒲鉾とを酒の肴にして、一献の晩なのでした。明日は鮨と鰻を食わせてやるからと励ます亭主。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, | コメントは受け付けていません。

薄日が差して真夏の陽気…

4 時過ぎだったろうか、カチャカチャと物音がするから、またネズミかと思ったらpekoが寝室にやって来たのでした。夕べは居間の椅子の上で寝たから、自分では降りられないはずなのに、腹が空いて飛び降りて来たのか。布団に入れてもうひと眠りしたら、やはり腹が空いているらしい。6 時になったから仕方なく食堂に行って朝飯をやる亭主。小雨が降って通りが濡れていたけれど、女将に言われて朝食前にpekoを散歩に連れ出したのです。 いつもよりは少しゆっくりと蕎麦屋に歩いて出掛ける亭主は、今朝の蒸し暑さにすっかり参ってしまうのでした。蕎麦屋のエアコンを入れて厨房に入っても、直ぐには動き出せない。空になった天麩羅油の缶や、昨日の返し作りに使った醤油の空き瓶をゴミに出して、ガスレンジの上に置いたままの鍋や、洗い籠に伏せておいたボールを片付ける。そして、新しい天麩羅油を床に置くために、包丁で段ボールを細工して受け皿と蓋を作るのです。 そして、いよいよ明日の仕込みにかかる。最初に、蕎麦豆腐を造って型に流し、ラップで蓋をして冷蔵庫に入れる。次は久しぶりに豊缶を取り出して、フルーツの寒天寄せの準備にかかります。確か、水 300cc に氷糖蜜 100cc だったかと、一年ぶりなのでうる覚えなのでした。寒天粉を溶いて沸騰させたら、粗熱を取ってから豊缶に並べたフルーツの上に注いでいく。冷める間にもうカボチャの種を取り、天麩羅の具材を切り分けていきます。 カボチャのスライスを電子レンジに掛けている間に、椎茸とピーマン、ナスを切り分けていく。今週の季節の添え物はインゲン豆で、一人二本ずつでも付けたら綠のアクセントになるだろうと考える。先週までのスナップエンドウもふっくらと甘くてなかなか好かったのですが、そら豆などと同じで時期が短いのが難点。地元の農家で採れる新鮮なものは、一年のうち二週間ぐらいしか食べられないから、儚くも心残りなのですね。季節は巡る。 女将がスポーツクラブから帰るのは今日も12時過ぎらしいから、昼前に片付け物を済ませて、後は夕刻、今日から再開するという夜の防犯パトロールに出掛ける前に、ぬか漬けを漬けにくればいい。蒸し暑い夏の陽気の中を家まで戻って、冷蔵庫の中の残り物をチェックするのでした。蕎麦屋でサラダに使うキャベツが、お客が少ないので毎週のように残るから、亭主のいる時に一挙に使ってしまわないと女将も困るだろうとメニューを考える。 ニンジンの切れ端やら、野菜サラダの残りやら、このところ新鮮なレタスを仕入れていたので、こちらも沢山残っている。中華鍋で回鍋肉を造って、コンソメスープで野菜サラダの具材とレタスとみつせ鶏の肉団子を食べれば、一度に多くの残り物が使えると考えた。これに先週の残りの筑前煮風の煮物を添えて、すべて蕎麦屋の残り物で昼食のおかずを造るのでした。冷蔵庫には、まだ蕎麦が一人分残っていたから、夕食で亭主が食べようか。 2 時になったら以前のように、プールに出掛ける支度をして、 3 時からのジュニアスイム教室の前に泳ぎ終わるつもりで出掛けて行く。なるべく人に会わないようにと、表の階段を使って四階まで昇るのだけれど、マスクを付けていると暑くて堪らないのです。スポーツクラブの入り口で、「アルコール消毒をお願いします」とスタッフに言われて手指の消毒をする。立ち止まって検温カメラでOKが出たら、いよいよ入場です。ものものしい。 プールは一コース 2,3 人の数だったから、ゆっくりとアップをするのでしたが、年配の女性達は、外出自粛以前のように、相変わらずコースの入口でペチャクチャと話をしている。隣のコースを見れば、夜のパトロールで一緒の話し好きな老人が、例によって人を捕まえては話をしているではありませんか。3 時過ぎにはプールから帰って、パトロールの前にひと眠りしようと、軽く晩酌をする亭主。6 時半まで眠って、汗だくの行進に出る。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。