Category Archives: 日常

風の冷たい晴れた一日…

一緒に寝ていた peko が早く目を覚ましたので、お茶も飲まずに散歩に出る亭主。団地の東の外れまで来て、三日月が木々の枝先に見えていた。家に戻って煙草を買いに出て、子ども会の廃品回収に出す段ボールや古新聞を蕎麦屋まで取りに行ったり、ガソリンスタンドに灯油を買いに行ったりと、朝飯前から忙しいのでした。いつもの時間に朝食を取って朝ドラを見たら、お袋様のところに昨日の蕎麦やデザートを届け、一緒に仕入れに出る。 空は抜けるように青いのだけれど、風は冷たいのでした。農産物直売所で白菜や大根、里芋、牛蒡、人参や葉物野菜など冬場の食材を仕入れて、そのまま隣町のスーパーに出掛ければ、寒い朝のせいか今日はいつもよりレジが空いていた。仕入れ一覧のメモの食材は揃ったけれど、レタスとパプリカが今ひとつ新鮮ではなかったのが心残りでした。お袋様を家まで送ったら蕎麦屋に戻り、仕入れた品々を冷蔵庫に収納したら、白菜を漬け込む。 今朝の白菜は、軽トラックで朝採ったものを運んで来た農家の親父さんが、「好きな物を選べよ。120 円でいいかい」と言って随分と安く分けてくれたのでした。一把で漬けると水も直ぐに上がるし、新鮮だとやはり美味しく漬かるので、嬉しいのです。11 時過ぎには、なた漬けの大根も塩で漬け込んで、白菜も漬けて、西の町のスーパーにひとっ走り。暮れからずっと品物が出ていなかった、豚のハラミを仕入れるのが一番の目的なのです。 ついでに、やはり気になっていたパプリカやミニトマトを買い込んで、女将の帰る前には家に戻りたかったので少し急ぐ。家に帰れば一足違いで女将が帰ったらしく、昼の蕎麦を茹でる湯を沸かして待っていてくれた。蕎麦屋から揚げ玉を持ち帰っていたから、蕎麦汁に入れて食べれば、コクが出てなかなかの味わいなのでした。あまり美味しいから、お替わりを茹でて食べようかと思ったけれど、女将に諭されて一枚で我慢をする亭主でした。 蕎麦屋でも、天せいろを頼まれたのに、蕎麦があまりに美味しいと蕎麦をお替わりするお客がたまにいる。この間などは、天せいろの大盛りに加えて、親子丼を単品で注文した若者がいたのです。亭主も昔は大食いの方だったけれど、今は気持ちだけで満足できるようになったのかも。居間で休んでいたら、悪いと思ってか女将がお茶と蜜柑を持って来てくれた。食欲のあることは元気な証拠だけれど、歳を取っての食べ過ぎはやはり要注意か。 午後の仕込みのメインは出汁取りだったけれど、昼前に昆布と干し椎茸を水を張った鍋に浸したばかりだから、食後は陽の当たる書斎で横になって昼寝をすることにしました。朝早くから忙しかったからか、随分ゆっくりと眠れたのです。3 時過ぎに目を覚まして、今日何度目かの蕎麦屋に出掛け、まずは糠床に胡瓜と蕪と人参を漬けておく。明日の朝までは時間が長くなるから少し塩は少なめにして、昆布と唐辛子を新しいものに替えておく。 新鮮な大根はもう水が上がっていたから、甘酒の素と砂糖を加え、唐辛子と柚子を入れて、ビニール袋で好く揉んでおく。白菜はやはり一日経たないと十分に水は上がらない。3㍑の一番出汁を取ったら、返しを加えて蕎麦汁を仕込み、鍋を大きな物に替えて、追い鰹で5㍑の二番出汁を取る。1.5㍑は返しを加えて温かい蕎麦の汁と天つゆを作り、残りは容器に入れて、水で冷やして冷蔵庫に。二番出汁だけれど、追い鰹で色と香りが好い。 酒を入れた蕎麦打ち室の冷蔵庫を調べたら、司牡丹がもう残り少なかったので、家に持ち帰って大相撲を見ながら晩酌をする。夜のうちに新しく発注を掛けて置かなければならない。女将がpeko の散歩から戻るまでに、トマトと炙り蛸を切り、里芋の煮物で一献。里芋の煮物も蕎麦屋の残り物だけれど、やはり、人参、牛蒡、里芋と冬の野菜は味わいがあるのでした。目新しいメニューではなくても、季節季節の野菜の調理方法で十分戦える。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 星・月 | コメントは受け付けていません。

昼には雪に変わった今朝の雨は冷たく…

今朝は一風変わった出来事があった。朝食を終えて例の如くpekoを膝に載せて、居間で寛ぐ亭主の視界にスーッと何やら黒い影が。視線の先には 6、7cm ほどのハツカネズミがいるのです。書斎に通じる扉が閉まっているから戻れないらしく、居間や食堂をウロウロしてテレビのケーブルを昇っているのを見つけて、台所の女将に言うと、彼女ははえたたきで見事にKOする。テリトリーを守った彼女は方法をテレビの朝ドラで見たのだとか。 そう言えば先日も、夜中にpeko があらぬ方角を向いて吠えていたのです。異変に気が付いてはいるものの、猫と違って招かれざる侵入者を捕まえることは出来ない。亭主の仕掛けたねずみ取りや薬は、既に学習されてしまったらしいのです。朝ドラを見終えて蕎麦屋に向かえば、今朝は冷たい雨。頬を刺すような冷たい風が、またしても週末の蕎麦屋の苦難を予告するようなのでした。それでも蕎麦は打つのが蕎麦屋。決してめげないのです。 今朝も500g の辛抱のちょいう打ちで、昨日の反省から60cm と90cm の伸し棒を使い分けて、均等な厚味に心がけて四つ出しから本伸しをこなすのでした。八つに畳めば綺麗な仕上がりで、切りべら29本ほどで135g になる。蕎麦打ちの前に白菜のお新香を漬けもの器から出し、切り分けて小鉢に盛り付けたのですが、さすがに白菜一把は量が多いから、小さなタッパに家に持ち帰る分をあらかじめ分けておく。今日明日が一番美味しい時期。 漬け物の容器も冷蔵庫に入る小さな容器に変えて、明日と明後日の分を確保しておく。小鉢に盛り付けてから柚子の千切りを添えることにしたのは大正解で、ぷ~んと柚子の香りが鼻を刺激するのでした。蕎麦打ちの量が少ないから、打ち終えてもまだ10 時前で、葱切りを済ませて、野菜サラダの具材を刻む。デザートの金柑大福は昨日作ったものが、今日までは十分に出せるから時間が余るのです。外は雨がしぐれに変わって雪模様の天気。 今週仕入れたキャベツは、小振りだったけれど中まで葉が薄く、柔らかだったから、くるくると丸めて千切りにはちょうど好かった。先週は研がなかった包丁が切れなくなってきているから、刃の切る場所を変えて細い仕上がりにする。毎週のように研いでも、実は、包丁の鋼部分を少しずつすり減らすことになるのです。万単位のステンレスと鋼を合わせた包丁だから、大切に使わなくてはならない。細く薄く切るのは、食べやすくするため。 女将が早お昼を食べに家に戻っている間に、亭主も昨日今日の蕎麦の端切れを合わせて、人参の千切りと笹掻き牛蒡の天麩羅を揚げて賄い蕎麦をぶっかけで食べておく。揚げ方も天ぷら粉の溶き方を変えたりして工夫をしてはいるのだけれど、味の問題よりも、どうも見栄えが好くないのが気になるところ。やはり、冬の野菜では蓮根の天麩羅が一番かも知れない。女将の戻る頃には、外はみぞれが雪に変わり、強い北風が吹き始めていました。 暖簾を出した頃には激しい吹雪の様相で、これは今日もお客が来ないかと思っていたら、昼前に車が駐車場に入って、リピーターのご夫婦がご来店。奥様がカレーうどん、ご主人は天丼とせいろ蕎麦のセットをご注文で、その他に、前回来た時に食べた蕎麦豆腐が美味しかったと、お二人とも蕎麦豆腐を単品で頼まれるのでした。分からないもので、こんな寒い天気の中を、蕎麦を食べに来るお客もいるのです。雨でも雪でも店は開けるべきか。 閉店間際にもう片付けを始めていたら、やはりリピーターの男性客がいらっして、天せいろをご注文でした。お客が少ないから、家に戻っても昼寝をせずに4 時にはまた蕎麦屋に戻る。大釜の湯を沸かして、少なくなっていた返しを作り。里芋と人参と干し椎茸と牛蒡で煮物を作る。BGM を聴きながら夜のお客を待つのではなく、明日の仕込みをすると思えば、時間はあっという間に過ぎていく。昼の雪は雨に変わったけれど止む気配はない。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

朝から雨模様だったけれど…

オリオン座を眺めながら、夜の防犯パトロールから汗だくになって帰って来た。今日は夕刻から蕎麦屋で牛蒡と蓮根と人参の天麩羅を揚げたので、出掛ける前にご飯を温めて夕飯を食べたのです。何とか冬の野菜を天麩羅で出せないかと、試行錯誤したのだけれど、どれも見た目がパッとしない。人参も甘くて、牛蒡も香るし、味はなかなか好いのですが、千切りにしたり、ピーラーで薄く削ったりと工夫をしてみたのです。食材の保存が問題。 朝から雨模様だったから、小振りになった合間を見計らって、peko の散歩に行ったけれど、やはり公園までもたどり着けない。蕎麦屋で午前中の仕込みをしていた頃が一番雨が激しかった。今朝は、まず、大樽に漬けた白菜の水が上がってきたので、漬けもの器に移し替えて軽く塩を振りかけ、昆布と唐辛子を間に挟んで漬け直す。あの大きな白菜一把から沢山の水が出て、こんなに小さな漬けもの器に入ってしまうのかと驚かされるのです。 作業の間に一晩浸けておいた大手亡豆の鍋を火にかけて、吹きこぼれそうになったら水にさらして皮を剥く準備。左手でひとつかみした豆を、右手で一粒ずつツルンと皮を剥いていく。この動作を立ったままで、BGM を聞きながらでも30 分もやっていれば飽きてくるから、蕎麦豆腐を仕込む準備をしたり、洗濯物を畳んだりと気分を変えてみる。更に30分の作業を続け、全部皮を剥き終えたら豆を煮ながら、隣で蕎麦豆腐をこしらえていく。 固まってきた蕎麦豆腐は、十分に火を入れて、水で濡らしたステンレスの容器に流し込み、ラップをかけて冷蔵庫で冷やす。隣の大手亡豆はなかなか柔らかくならないから、差し水をしながら、濾し網やボールを用意して、気長に待つのです。タブレットでメールのチェックを済ませて、気になる Web ニュースを一つずつ読んでいく。最近では、あまり新聞を読むことのない亭主は、世間の情報収集もこれで十分なのです。まさに隠居老人。 夜のパトロールに集まる老人たちの中には、一日中テレビを見ているのではないかと思うほど、最新のニュースを話題にする人もいる。右から左へと受け売りでそれを語ってどうするのかとは思うけれど、それが彼の世間の情報収集の仕方なのでしょう。やはりそれが隠居老人の生活なのか。こんな事件があったと言う、彼の話を聞いているだけで、亭主は電車のつり革広告を見る気分。それで世間の出来事が分かると言った老教師がいたっけ。 漉し終えた大手亡豆は、鍋に入れて水と氷糖蜜を加えて弱火で煮込んでいく。トロトロの状態から、どろどろの状態、そしてポタリポタリの状態まで、鍋が焦げないように時間をかけて煮詰めていくのです。これには目を離せないけれど、とにかく時間がかかるので、隣でまな板を出して天麩羅の具材を切り分け始めるのです。たった250 の豆で作る白餡は、これほど手間のかかるものだから、今年はデザートを200円に値上げをしたのです。 白餡を使った金柑大福は冬の一番人気だけれど、先週の苺大福もかなり人気があったのです。女性客の多い霊犀亭は、これで案外お客を呼んでいるのかも知れない。だから、毎週のように豆を煮て皮を剥く作業が続く。売り上げても何十円かの利益なのですが、地味に同じものを作り続けて、「蕎麦以外にもあの店はこれが美味しい」と言われるようになれば嬉しいのです。「全部美味しかったわ」と言われるお客の嬉しそうな顔が目に浮かぶ。 女将がスポーツクラブから帰る時間に間に合うように、家に戻って昼の支度をする亭主。今日は最後の蕎麦を茹でて、揚げて帰った天麩羅の残りをグリルで焼いて、二人で天せいろを食べるのでした。カボチャの従姉妹煮も蕪と胡瓜のお新香もすべて先週の蕎麦屋の残り物。お客の少ない週は、2日ある定休日は残り物の処分で明け暮れるのです。文句も言わずに食べてくれる女将には感謝。明日は誕生日だから、果物と花でも買って帰ろうか。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

のどかな定休日でしたが、課題は山積…

寝起きのせいか暖かい朝だったような気がする。日暮れの時刻が少し遅くなったのに対して、日の出の時間はほとんど変わらないのがこの時期なのか。朝の7 時では、まだ朝日が空の雲を赤く染めているだけ。公園まで歩いたpeko も、早々に家路をたどる有様なのでしたみ。三日連続で蕎麦屋を手伝った女将も、このところ朝はゆっくりで、7 時を過ぎてもまだ台所に現れないから、亭主は一人で鍋に湯を沸かして蕎麦を茹でる準備をする。 年寄り夫婦の朝というものはこんなものかも知れないと、近所の若い世代のご主人が、朝の早くから仕事に出掛けているのに後から気が付くのでした。自分たちも10 年ほど前まではそんな生活をしていたのだから、まさに老境なのです。それでも、蕎麦屋の定休日一日目は、お袋様と仕入に出かけるので、9 時前には彼女のマンションに迎えに行く。そして農産物直売所に顔を出せば、親父様が「今朝は沢山入荷してますよ」と挨拶を交わす。 空は青く晴れて朝方の雲は何処かに消えていました。農家がその日の朝に持ってくる野菜類を見て回れば、最後の時期の里芋や取れたての小松菜やホウレン草、白菜などが目に付くのです。大根もスーパーよりは少し値が高いけれど、青い葉の付いた新鮮なものだったから籠に入れる。今が旬だから、塩で漬けても直ぐに水が上がってくるのです。隣町のスーパーにも足を伸ばして、今朝買い込んだ野菜類を厨房に広げて段取りを考える亭主。 白菜と大根は塩をして漬け込んでおくのが最初の仕込み。先週は白菜の漬け物が美味しいとお客に言われて、気をよくしたものだから一把を買い込んで大きな樽で漬ける。家庭で漬けるときは、旨味成分の豊富な昆布や唐辛子を切って漬け直すということをなかなかしないだろうから、蕎麦屋ならではの味を出せているのかも知れない。大根のなた漬けの方は、いつも定休日前まで残ってしまうので、量を少なめにして塩をまぶして押し漬けに。 朝の 9 時から出掛けて、仕入れを済ませたら10 時には蕎麦屋に戻って約一時間の仕込みで11 時。女将がスポーツクラブから帰るのは12 時近くだからまだ時間がある。午後に回してしまうと全体の仕事が遅れるからと、西の町のホームセンターとスーパーに出掛けて、厨房関係の消耗品類や足りない食材を買い込んで来る。店の方針が変わったのか、目当ての豚のハラミは今日も出ていない。せっかくメニューに追加したのに考えなくては。 女将が帰るのと同時に家について、昨日上げて帰った天麩羅の残りをグリルで焼きながら、鍋に湯を沸かして蕎麦を茹でる準備をする亭主。家で使う肉類や果物を女将に渡して、店の荷物は午後から持って行くことにする。昼食を終えて居間で一休みしていると、またpeko が膝に乗りたがるのです。テーブルの上には潜水倶楽部の代表から贈られて来た、今年の水中写真のカレンダーが置かれたままになっている。もう休眠状態の倶楽部。 ホームページの担当は亭主なのだけれど、活動がないから新しく更新も出来ない状態で、皆が忙しいから昔のようには集まれない。好い加減に解散しても好いのではないか言ってやりたいけれど、若い人たちに無理強いは出来ないとそのままにしてある。償却資産の申請の時期だから、書類も調えておかなければならない。蕎麦屋の忙しさにかまけているといろいろな事が積み重なってくる。午後には調理師学校の若い旧担任から電話があった。 同窓会の総会を3 月には開催したいと言う。ちょうど自分が四年目で会長の任期を終える年なのです。少しだけ昼寝をしたら、夕刻にまた蕎麦屋に戻り、一番出汁を出汁を取って蕎麦汁を仕込んだら、今回は少し多めに大鍋で追い鰹をして二番出汁を取る。水の上がった大根のなた漬けを仕込んで、大樽の中の白菜をひっくり返してまた漬けておく。5 時のニュースに間に合うように家に帰ったら、女将と二人で夕食を食べながら大相撲を見る。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

朝から雨の降り続く一日で…

夜明け時から雨が降っていたので、7 時前でもこの暗さでした。雨の合間にpekoを散歩に連れ出したけれど、家の周りをウロウロするばかりで、用を足したら直ぐに玄関に戻る。寒くはなかったけれど、犬でも天気が悪いと分かるのだろうか。今朝は早くからpekoに起こされて、彼女のペースに振り回される亭主。女将の起き出す前に、餅を焼いて簡単に朝食を済ませたら、どうせ眠れないのならと蕎麦屋に出掛けて出汁を取り、白豆を煮る。 出汁取りと大手亡豆の皮を剥くのと、同時進行で出来るだろうと始めたのだけれど、やはり250g でも豆の皮を剥く方が時間がかかった。一番出汁、二番出汁と鍋や容器に入れて蕎麦汁と温かい蕎麦用の汁を作ったけれど、このところ寒い日が続いたから、どうしても温かい汁が足りなくなるのです。いつもなら出汁取りだけで 1 時間はかかるから、今朝はちょっと蕎麦屋でひと仕事をしてから、帰ってまた寝ようと言うわけにはいかなかった。 豆を剥くのに一時間かけて、剥いた豆を柔らかくなるまで茹でてから、濾し網と宮島で細かく濾していくのです。これに水と氷糖蜜を加えて、トロトロの状態からポタリポタリ、ボタリの硬さまで手を休めずに煮詰めていくこと30 分。鍋やボールを洗ったら、お袋様のところに昨日届け忘れた蕎麦と金柑大福を持っていく。これで家に戻ればちょうど昼食の用意を始める頃だから、今日は掻き揚げ用の玉葱と人参と豚肉を炒めておかずにする。 ちょうど女将がスポーツクラブから戻って、今日も蕎麦を茹でて二人で食べるのです。また営業を開始する前に、やっと残りの蕎麦が食べ終わったから助かった。眠くなる前に、正月に子どもや孫たちが来た時の写真を印刷して、封筒を添えて女将に送ってくれるように頼んでおく。やっとひと眠りしようかと思ったところに、年末に屋根瓦を直してもらった業者が請求書を持ってくる。1月は金の入らぬ代わりに出費が嵩むのは例年のことか。 時間ばかりが残り少なくなる定休日二日目も、午後の仕込みが待っているのでした。再び蕎麦屋に出掛けて、昨日樽に浸けておいた白菜の水が上がっていたから、漬けもの器に移し替えて昆布と唐辛子を入れて漬け直す。大根のなた漬けも水を絞ったら、甘酒の素と砂糖と柚子を加えて漬け直して容器に入れる。美味しくなるまでには、もう一日二日は必要なので、明日は里芋の煮物から小鉢にして出そう。デザートには苺大福を包もうと思う。 昨日のうちに大きさのちょうど好い二種類の苺を仕入れておいたけれど、甘さが今ひとつなので、美味しく出来るかどうかは求肥で包んでみないと分からない。一度に沢山を作るわけではないので、苺の鮮度がちょっと心配ではある。人の多い週末まで持ってくれれば好いけれど。蕎麦豆腐を仕込んだら、天麩羅の具材切り。今週、仕入れた野菜は大根も白菜もみずみずしくて直ぐ水が上がったし、生椎茸もピーマンもナスも新鮮だったのです。 切り分けた具材に容器ごとラップをかけて、冷蔵庫にしまったら、これですべて終了かともう一度点検をしてみる。やはり確認は大事で、明日の味噌汁の具を何にするか決めていなかった。緊急の場合にとなめこは冷凍室に入れてあるけれど、いつもなめこと豆腐ではお客にも失礼だし、結局、割高になるのです。だから、今日は若布を戻して湯通しした。刺身若布の高級品だから、そのまま塩抜きしても食べられるけれど、やはり火を通す。 一日の終わりに近くのコンビニまで車を走らせて、明日の分の煙草を一箱だけ買って帰る。いつもなら、週末までの分だからと、三、四箱とまとめて買うのだけれど、あればあるだけ吸ってしまうのです。最近は、口にくわえたままでいる事が多くなったから、案外節煙になっているかも知れぬ。蕎麦屋の赤字補填以外には、酒代と同様に煙草代も亭主の唯一の出費だけれど、諸物価高騰の折から馬鹿に出来ないのが現実なのかも知れません。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

寒い曇り空の日…

身体が休養を必要とするからか、昨夜の 11 時から今朝の 6 時まで、途中で目覚めることもなくぐっすりと眠ったのです。鼻風邪も五日目だから、そろそろ自然の治癒力が働いてくれる頃。休養と栄養とは好く言うけれど、この定休日の間にしっかりと直さなければと思うのでした。pekoも目覚めたので夜明け前に散歩に出掛ける。予報では朝のうちは晴れるらしいけれど、今日青空を見たのはこれが最後。霜こそ降りていなかったが寒い朝。 朝食を終えた時分にお袋様から電話が入って、近所の人から野菜を沢山もらったから、今日は一緒に仕入れに行かないという。気兼ねのない人柄のせいか、歳を取って友だちの多いのも嬉しいもの。近くで家庭菜園をしている友だちも多いのです。座骨神経痛もだいぶ好くなっているようだから、肉や魚の食材は買い物に出られるらしい。何時までに迎えに行かなくてはと急かされないから、亭主も気が楽で一人隣町のスーパーに向かうのです。 帰りに農産物直売所に寄って、新年の挨拶をしたら、今日はお目当ての里芋を買って帰る。スーパーに珍しくピーマンが出ていなかったので、一個40円もするピーマンを仕方なく10何個か買った。小さめのトマトとホウレン草もハウスものだから、安くはないけれどもらってくる。「灯油代が上がっているので高いのですよ」と、店の若い衆が言っていた。考えたら、天麩羅の具材と胡麻油、高級な天ぷら粉で、ほとんど儲けはない計算。 春には値上げをしようと考えているけれど、全体のバランスを考えて、メニューの写真を撮ったり、幟の発注をしたりとやることが多すぎて、なかな先に進まないのが現状です。オープンして6 年目、今年はなんとか赤字脱却の年にしたいと思うのですが、毎日の忙しさに追われて準備もままならない。買って帰った食材を冷蔵庫に収納したら、まずは小豆と南瓜を弱火で煮始めて、従姉妹煮の準備。その間に大根を切ってなた漬けの準備です。 白菜も塩漬けして樽に漬けて、明日ぐらいに水の上がるのを待つ。そして、買って来た里芋を人参と出汁を取り終えた干し椎茸で煮込んで、小鉢の準備は終了。小鉢としては多すぎるだろうけれど、春に値上げをして天せいろにも小鉢を付けるようになると、毎週、このぐらいの量は用意しておかなくてはならないだろうと、自分自身を追い込んでいる。午前中の仕込みはここまでにして、西の町スーパーまで豚のハラミを買いに出掛けました。 ところが、出掛けて見ると入荷すると言われていたのに、見事に目当ての品だけがなく、家の買い物を済ませて帰る有様なのでした。ついでに店の消耗品類を買い込んで、蕎麦屋に戻ったのがもう12時過ぎで、家に帰れば女将が蕎麦を茹でる湯を沸かして待っていた。午前中に煮付けた里芋の煮物を試食して、とろろ芋を擦ってもらって、昨日の残りの蕎麦を茹でて二人で食べる。食後は風邪を治すために、素直に床に入ってゆっくりと眠った。 夕刻に目覚めてみれば、鼻水が止まっていたから、休養の効果はあったらしい。明日の仕込みの準備が終わっていたなかったから、夕刻に、もう一度蕎麦屋に出掛けて、出汁取りの昆布と干し椎茸と大手亡豆とを水を張った鍋に浸けてくる。明日の仕込みはここから始まる。家に戻ればもう夕食の時間。正月の残り物を皿に盛り、ミニトマトもみつせ鶏の旨搾り団子も女将がじゃこ煮にしたピーマンもすべて蕎麦屋の残り物だけれど、美味しい。 これに野菜サラダの残りに豚のロース厚切り肉を載せて蒸し焼きにした土鍋が出て、今夜の夕食もなかなか豪華でした。女将も亭主も残った食材を廃棄することには、かなりの抵抗があるのです。これが蕎麦屋の赤字分をなんとかクリアしている秘訣なのかも知れない。夕食後、亭主はまた床に入ってひたすら眠る。やはり身体が消耗しているせいか、二時間ほど眠って、風呂の時間に間に合って目覚めるのでした。明日のプールはまだ無理。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

正月休みの最終日も朝から初仕入れで忙しい…

夕べは下の娘のところで連れてきたmocha が居間で一人で寝られずに、深夜まで吠えていたので眠れなかった。終いには亭主の寝床に入っていたpeko まで吠え出す有様で、好い加減にいろと言いたくなる。寝込んだと思ったら、3 時過ぎに緊急地震速報のけたたましいベルが鳴って、少し揺れたかと思ったけれど、千葉県東方沖と言いながら佐倉の揺れは軽微だったのです。そして、いつもの時間に目覚めて孫娘たちと犬の散歩に出掛ける。 公園の隣の農家の畑も真っ白な霜が降りて、大根や大きくなった小松菜の葉も凍っていた。今年中学生になる上の孫娘がmochaを連れ、今年小学生になる下の孫娘がpekoに引かれて、家の前の通りをゆっくりと歩いて帰るのでした。7人分の朝食は、亭主が昨日の残りの蟹を土鍋でほぐして蟹雑炊を作り、女将が雑煮を作るけれど、どちらも完売でさすがは育ち盛りの孫たち。お節料理も亭主の作った黒豆や栗金団がだいぶ売れたらしい。 食後のコーヒーを一杯飲んだら、亭主は明日からの営業に備え、今朝もお袋様に電話をして、一緒に隣町のスーパーまで仕入れに行くのでした。今日は明日の仕入れと仕込みとを、一日で終わらせなければならないから、かなりのハードスケジュールなのです。昼は孫たちにラーメンと餃子を食べたいとリクエストされていたから、家に戻って皆の昼食を用意するのは亭主の仕事。買って帰った野菜類を冷蔵庫に入れ、大根のなた漬けの準備。 その間に昨日準備しておいた出汁を取る。一番出汁で蕎麦汁を作り、二番出汁で暖かい蕎麦の汁を鍋に一杯作っておくのです。残りは明日の味噌汁の出汁にするのに容器に入れて冷蔵庫で保存する。出汁取りは週に二度ほどするのですが、どんなに素早く動いても、小一時間はかかるから、11 時半になったら出汁を水で冷やしたまま、家に戻って台所に立つのでした。外は雲一つない晴天で、風もなく陽射しは暖かい。朝と昼の温度差が凄い。 フライパンで30個ほどの大きな餃子を三回に分けて焼き、皿に載せて出すと間もなく、空の皿を孫娘が持ってくるから、みんな大変な食欲。ラーメンを茹でて丼に入れれば、隣で女将が具材を載せていく。これも家の鍋が小さいので一度に三人分しかできないから、孫たちの分を先に出して、大人には二回目に茹でたものを出す。結局、自分の食べる分は一番最後になるから、チャーシューも卵もなくなっている。餃子も最後に残った分だけ。 娘一家は昼から近くの旦那の実家に行くはずだったけれど、向こうの母親がインフルエンザに罹ったらしいからと、そのまま自宅に戻ることにしたらしい。大きな車に荷物を積み込んで、手を振りながら帰って行くのを女将と二人で見送る。午後は少しゆっくりしていたかったが、肝心の明日の仕込みを始めたばかりだから、再び蕎麦屋に戻って冷めた蕎麦汁を蕎麦徳利に詰め、鴨せいろの汁まで作っておく。返しが切れたから作らなければ…。 年末に減塩醤油を発注し忘れたから、後一回分だけの返しを作って、大きな甕は洗って、傍豆腐を仕込み、天麩羅の具材を切り分ける。明日から三日間だけの営業だから、新年早々の営業としては、少し楽な気分なのです。歩いて大型ショッピングセンターまで買い物に出掛けた女将が、午前中の仕入れで手に入らなかったパプリカと小葱を買って届けてくれた。途中で近所の奥さんに会って、先日、お袋様に借りた100円を返されたとか。 何でも無人の野菜を買うのに小銭がなくて困っていたところに、お袋様が通りかかって100円玉を融通したと今朝本人から聞いた。息子が蕎麦屋をやっていると言って向こうもお袋様の素性が分かったらしい。地域の繋がりで助け合うというのもいい話だ。お袋様のところに100円を届けると言うから、ついでに借りたアイロンを持って行ってもらう。夕刻までに糠味噌を漬け、なた漬けを漬け込んで、夜はまた二人でお節の残りを食べる。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

隠居の蕎麦屋に一家全員集合で…

寒い朝でしたが、元旦の昨夜も早く床に就いたので、今朝も夜明け前に目覚めるのでした。一緒に眠った peko も起き出して、お茶を飲んで一服したら朝の散歩に出掛ける。枯れ葉まで凍っている公園まで行って、さすがにそれ以上は歩こうとしないから、用を足したら来た道を帰るのです。朝食を終えればもう眠くなるpeko。亭主と女将は蕎麦屋へ出掛けて今日の準備の段取りを決めて、隣町のスーパーに鮨を買いに出掛けるのでした。 そのまま蕎麦屋に戻って、今日の昼食会の支度をする。15 人分の昼の用意は、皿の数も大変な量だから、厨房に亭主が入ってどんどんと盛り付けて、女将が配膳をするのです。孫たちはカウンターに座ってもらうことにして、大人たちはテーブル席に酒の肴も用意しておく。今日は下の娘の五人家族は泊まりがけだから、旦那もゆっくりと酒を飲めるし、息子夫婦は奥さんが運転だから、亭主は正月の飲み仲間が増えて嬉しい限りなのでした。 横浜から早めに着いた長女の家族は、二歳になる孫が随分とものが分かるようになったらしくて、見ていても楽しい。奥の座敷でひと眠りかと思ったら、障子を開けて隣の畑を眺めていたらしい。障子を閉めようとして破ってしまったと言うから見に行けば、孫がこうして破ったと身振りに示して説明をするから可笑しかった。昼前には下の娘の家族五人も犬を連れてやって来た。息子の家族四人も少し遅れて到着して賑やかな昼食の開始です。 孫達の成長にはやはり目を見張るものがあって、しばらく会わないうちに随分と大人びて来たのです。中学二年生になって声変わりをした一番年上の孫は、身体も人一倍大きくなったのでした。亭主よりも背が高いというので、皆で並んで代わる代わる背比べをする始末。息子と並んだ亭主は、息子が自分よりも背が低いと思っていたのに、写真で見るとどうも亭主の方が小さく感じる。年を取ると背丈が縮むというけれど、本当なのかしら。 二時間ほどの楽しい昼餉。孫たちとも少しずつは話をしただろうか。全員の名前を思い出していたから好かった。いつも沢山食べるものが余るのに、孫が大きくなった分だけよく食べるようになったらしい。洗い物は女将を下の娘が手伝ったようだ。職場で100人を越える調理をしていると言うから、15 人分の洗い物などわけもないのだろう。今年は正月の三が日に続けて土日があるので、会社勤めの子どもたちもゆっくりと過ごせるらしい。 お袋様がそろそろ帰ると言うので、全員で揃って記念写真を撮る。毎年のことだけれど、狭い蕎麦屋では全員が並んで写真を撮れる場所も少ない。駐車場は子どもたちの大きな車で一杯だし、確か、去年などは向かいの畑の前に一列に並んで撮ったのだった。今日は家から三脚を持って来ていたから、亭主も皆の端に入っての撮影です。写真を見ると確かに中学二年生の孫が一番背が高いような気がする。亭主はやけに着ぶくれしているなあ? 駐車場に停めてあった車に乗って、ひと家族ふた家族と家路をたどる。残った皆で見送りながら、家に持ち帰る荷物をまとめるのでした。蕎麦屋から自宅までの300mの距離を、トイプードルのmochaを連れて下の娘の家族と一緒に歩いて帰るのでした。空は晴れて陽射しも暖か。pekoだけが大人しく家で待っていた。居間の椅子に腰を下ろして、亭主は眠り込んだらしい。その間に近所に住む弟がやってきたのだと言うけれど会えなかった。 久々に娘夫婦の家族と共に夕食の食卓を囲む晩。仕込んであった串焼きの残り物を蕎麦屋まで取りに亭主が出掛ける夕暮れ時。2㎞ 先の駅前にある高層マンション群が、夕闇の中にそびえ立っていました。朝早くから昼の準備に追われた一日だったけれど、みんな遠くからよく集まってくれたと女将と話す晩です。一緒に酒を飲む相手のいる夕食後も、皆が風呂に入る間にひと眠りする亭主。今日はかなり酒を飲んだから、身体が疲れたらしい。

Posted in 日常 | コメントは受け付けていません。

令和二年の元日の朝は…

昨日の晩は紅白を見ながら、歌合戦というよりは最新技術を駆使した映像とパフォーマンスに歌声が負けているのに呆れて、とうとう途中で眠くなる。歌というものは選び抜かれた言葉の歌詞があって、メロディーに載せた言葉を聞き味わいながら、聞く側もともに想像して楽しむものだと考える亭主には、変に刺激が強すぎたのでしょう。独自の世界を描いて見せるような歌が素晴らしいと思うのは、もう古い感性でしかないのかも知れない。 早く床に就いたお陰で、いつもと同じ夜明け前に寝覚め、一緒に床に入っていたペコが起きだすのを待って散歩に出かける。西から雲が東に流れて、ところどころに青空がのぞいている。西の空にはだいぶ青い空が広がってきているから、予報通りに今日はよく晴れるらしい。やっと陽が出たのだろうか、我が家の下の坂道を上るころには、雲を明るく照らしていた。今日の午前中いっぱいくらいは、何も考えずに正月の気分を味わいたいもの。 新聞を取って玄関に入れば、正月用にと備前の花瓶に女将の活けた花が飾られていた。壁にかけたロタホールの写真は、亭主がまだニコノスを使っていた頃の作品。番傘は息子が女将にどこかのお土産で買ってきてくれた物だったか。「楽」という字の書かれた皿をいつから置くようになったのかも、もう記憶にないほど長い年月が過ぎたのです。フィルムカメラのフィルムでさえも、手に入れるのが難しくなったから、やはり時代は変わった。 家の前の通りに人気のない正月の朝だから、庭の金柑の実をくわえて例の鳥がしきりに啄んでいる。近くでしみじみと見たことがなかったので、じっくりと窓越しに観察してみると、なんだヒヨドリではないか。灰色の羽に顔の頬のところに茶色い毛のあるのが特徴。足と嘴が黄色いとムクドリなのだけれど、それよりは一回り大きい体をしているのでした。いつもは飛び立つところしか見られなかったから、ずっと何の鳥かと思っていた。 女将に言わせると、毎朝、何羽か金柑の木にやってきて甘くなった実をかじるのだとか。web図鑑で調べてみると確かに果物の好きな鳥らしい。人間がとって食べるには、もう少し全体が黄色く色づくまで待たなければならないから、ちょっと心配なのだけれど、今年は金柑の実もびっしりとついているから、気長に待ってみようと思うのです。これって自然との共生か、鳥害とは違うのか。年末にできなかった書斎の障子の張替えを決意する。 元日の朝からどうかとも思ったけれど、思い立ったのが吉日とも言うから、障子紙を外して、折れていた骨の部分をボンドで着けて、タコ糸を巻いて補強しておく。いつかお袋様に勧められて、アイロンで張る障子紙を何年か前に買ってあったものを用意する。女将にアイロンを貸してと稽古場に行けば、「もう使わないから捨てました」と言われて愕然。隠居夫婦の生活にはアイロンは不要なのか。変なところで思い切りがいいから驚いた。 昼食には女将と二人でお節をつまみながら亭主は正月の一献。午後はもう明日の準備で蕎麦屋に食材をどっさり持って出かける。子供や孫たち15人分の取り皿や大皿を用意して、お袋様に電話をしてアイロンを蕎麦屋まで持ってきてもらった。三人で明日の用意の打ち合わせ。調理の仕事をしている下の娘のところもお節は作らないというから、今は皆それで済ませる時代なのか。家に戻ってやっと障子張りを終えたら、もう夕食前なのでした。 夜は午前中に届いた年賀状の整理をする。親父様が亡くなって喪中のはずの友人からも賀状が来ていたけれど、前年の記憶で亭主の勘違いかあるいは友人が勘違いしたのか。確かお袋様と二年続けて鬼籍に入ったと聞いたのだったが。書斎に女将がやってきて、懐かしそうに亭主の友人たちからの年賀状を眺めていた。みんな定年を過ぎているから、どんな生活をしているのだろうと関心があったのだろう。久しぶりにゆっくりと休んだ一日。

Posted in 季節, 料理, 日常 | コメントは受け付けていません。

晴れた大晦日はさすがに満員御礼で…

暖かな朝でした。蕎麦屋はいよいよ今日が今年の最後の営業だから、緊張して朝早くから目を覚まして、6 時過ぎには一人蕎麦を茹でて朝食を済ませる。pekoの散歩に出てから蕎麦屋に行こうと思ったけれど、朝飯を食べたらもうぐっすりと寝込んでいるので、そっとしておくことにしました。亭主も床に入ったらまた寝てしまいそうだったから、コーヒーを飲んで蕎麦屋に出掛ける。みずき通りを渡れば、夏蜜柑の実が色鮮やかなお宅が素敵。 毎年のことだけれど、大晦日は昼の営業で来店するお客と、持ち帰りの年越し蕎麦を注文しているお客の分の蕎麦を打たなければならないから、やはり大変。いつもより1 時間は早く蕎麦屋に着いて、朝の仕事を終わらせたら、早速、蕎麦打ち室に入って三回の蕎麦打ちをこなすのでした。昨日までの加水率では少し生地が硬くなると分かっていたから、今朝は最初から46%の水を計量カップに用意して、一回目は少し残して水回しを始めた。 途中でまだ硬いと気が付いて、カップに残した水を全部使って捏ねたら、これがちょうど好い。しかし、二回目もまったく同じ量の蕎麦粉と水で捏ね始めたら、なんと少し柔らかめだから驚いたのです。篩を振って捏ね鉢に入れておく時間の差か、それとも室内の暖房が効いてきたのか、蕎麦粉が息をしているとしか思えない。三回目は更に柔らかい感じがしたから、やはり温度の差なのだろうか。暖房が効いてくると湿度は下がるものだから。 丸出しをしたら打ち粉を多めに振ってから四つ出しに入れば、力を入れなくても伸し棒の動きに合わせて生地がスーッと伸びてくれるから、回数を打つには少し柔らかい方が好いのかも知れない。その代わり力を入れすぎて伸びすぎると、伸し棒に巻いて上下を入れ替えた時に長さが長くなりすぎるからと、同じ厚さまで片側が伸せなくなるから要注意なのです。今日が最後だから、サービスでひと束が140g になってもOKということにする。 1 時間半ほどで三回の蕎麦打ちを終えて、二箱の生舟には入りきれなくなったから、持ち帰り用の長さのあるパックにどんどん詰めて、大型のラップでくるんで冷蔵庫に入れる。休む間もなく厨房に戻って、今度は天麩羅を揚げ始める。海老と鱚と南瓜と掻き揚げを何度も揚げて、これもパックに詰めて蕎麦打ち室に並べておくのです。大体が二人分か三人分なのだけれど、多い人は六人分の蕎麦を頼むから、天麩羅を付けると大変な量になる。 やっと野菜サラダの具材を刻み始めたの 11 時前で、スタッフに抹茶きな粉大福の漉し餡を丸めてもらって、傍らで求肥を作る白玉粉を計って氷糖蜜と水とを入れて溶かしておくのです。求肥を捏ねて餡を包んでいるところで開店時間になって、駐車場にはもうお客様の車が止まっている。今日は 1 時前に店用の蕎麦の数が売り切れたから、看板を出して片付け物に入る。常連さんやリピーターの方がほとんどだったけれど、有り難いことです。 年に一度の大晦日は女将とスタッフと亭主の三人体制だから、なんとかこなせるのでしたが、去年よりもお客の数は増えているから嬉しい。しかも、一時間も早く蕎麦がなくなったので、後の片付けがスムーズなのでした。最後のお客は好くいらっしゃるご夫婦で、ご主人がいつものようにお酒を飲まれて、ゆっくりいろいろな話をされたから、楽しい。夜は北風が強くなったから、お袋様を車で迎えに行って、蕎麦屋で三人揃って年越し蕎麦を食べる。女将も久々に揚げたての天麩羅を食べて満足そうなのでした。今夜はゆっくり。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。