Category Archives: 日常

警戒の朝…

大型の台風が接近して朝から雨が降り続けている。亭主は夕べの晩から気象庁のホームページで、高解像度降水ナウキャストの画面を1時間毎に繰り返し見ている。時折、激しい雨が降って、またしばらくは小止みになる。昨日のうちに二階の雨戸を閉めたり、庭の植木鉢を避難させたり、出来ることは済ませてあるけれど、ウッドデッキの屋根や前回の台風で飛んだ二階の瓦の状態が心配でならないのです。割れて取り除ける瓦は外したが。 これは恐らく二階の瓦が剥がれて一階部分の屋根瓦に当たった跡なのです。庇の部分だから、雨漏りの心配はなさそうだけれど、割れ残ったところは漆喰に釘で固定されていて、動かすことは出来ないのです。素人の出来る範囲はここまでだろうと、この破片の飛んだお隣の小母さんにも説明をしておきました。業者に依頼したけれど、皆が順番待ちと言うことで、今回の台風を迎える結果となったから、夜も眠れないほど心配だったのです。 まだ台風本体は八丈島の西だから、佐倉辺りはこれからが本番なのです。当初よりは台風のコースは西側にずれてきたお蔭で、雨はより内陸の方が激しいようだけれど、進行方向の右側であることには変わりがないから、どれだけ強い風が吹くかが心配されるのです。居間に戻れば、朝食を食べ終えたpekoがいつものように、亭主の椅子にごろんと寝っ転がっているから、人の気も知らずに暢気なものだと、束の間のほほえましさを取り戻す。 昼は昨日蕎麦屋で残った蕎麦を茹でて女将と二人で食べる。亭主は朝も同じ蕎麦だった。埼玉に住む下の娘から、実家の台風の様子を心配して電話が入ったようだけれど、雨雲の流れる内陸の方がこれから酷い降りになるのを知っているのだろうか。亭主はお袋様の家に電話をして様子を聴いてみる。女将は「ここら辺の避難所は○○小学校よ」と言うけれど避難するほど酷ければ、団地の他の家も壊れるだろうし、到底たどり着けないのです。 メディアの発達は、より細かな情報を提供してくれるけれど、被害の大きな所ばかり放送しているから、水害や倒壊の恐れのない場所に住んでいる人々にまで、心理的不安を与え続けるから困ったものなのです。万が一の場合は、我が家は蕎麦屋に避難するしかないのでしょう。店は「台風のため臨時休業」と言う看板を窓辺に出して、この間の台風で千切れた日除け暖簾も外してきた。停電の際の懐中電灯などのありかを確認しておくのです。 何処にも出られないからと、女将は台所や稽古場の掃除を始めた。亭主は書斎のパソコンを点けたままにして、気象情報を見続けている。居間のテレビで映画を観ながら、時折、ニュースの台風情報を見る。台風の通り道が少し西にずれたから、佐倉は雨も風も当初に予想された激しさ程ではなくなったのです。夕刻に埼玉の息子から電話があって、直ぐ近くの川が氾濫したから、近くの嫁さんの実家に避難しているのだという。どこも大変だ。 時折二階の部屋を点検して歩いて、雨漏りはないか、天窓の扉はちゃんと締まっているかなどと、チェックをしておく。階段の長く細いガラス窓は、パッキンが古くなって多少水が染み出ている。女将に言ってタオルを置いて水を吸い取ってもらうのです。ウッドデッキも手作りの長椅子やテーブルを端に寄せて、大風にも飛ばされないようにしてあるのでした。夕刻から、近くを通る高圧線が風に鳴る音が強くなる。毎度のことだけれど緊張。 台風の抜ける明日は、果たして蕎麦屋の営業は再開出来るのか。店を開けたとしてもお客が来るのか。蕎麦はどれだけ打てば好いのか。と、台風の影響でどれだけ被害があったかを確かめることも必要だし、心配事は尽きないのです。夜は残り物の野菜と肉で亭主が中華鍋を振って回鍋肉を作る。辛いのが嫌いな女将のために砂糖を隠し味で入れて、食べるときに亭主は山椒の辣油をかけて酒の肴にするのです。酢の物とピクルスを添えて満足。

Posted in 日常 | コメントは受け付けていません。

終日、雲一つない晴天で…

台風で飛ばされた屋根瓦を直してもらわないうちに、もう次の台風が来ると言うから、昨夜は夜中に一度目が覚めたらいろいろと心配で寝付けなかった。今の台風情報では、前回の15号とほとんど同じコースを通りそうなのです。明け方にもう一度床に就くまで、亭主に付き合ったpekoも、今朝は7時半に散歩に出掛け、朝食を食べたらもう眠そうなのです。あっさりと亭主の椅子を明け渡して、女将が珈琲を入れてくれるのを待っている。 来週の店舗検査の前に店の床磨きをしようと、今朝は休日出勤のスタッフと9時に待ち合わせをしたのです。いつもなら、亭主一人で二日をかけてワックスがけまで終わらせるのですが、グリストラップの掃除もあったし、月末には長い秋休みを取るつもりだから、来週はその準備でも忙しい。快く定休日の午前中に出て来てくれたスタッフには感謝するばかりなのです。洗剤で床を磨いて拭いていくだけで、二人とももう汗が噴き出してくる。 厨房のレンジ周りの床は、毎日のように揚げる油で汚れるし、客がレジやトイレに土足で歩く通路は、「おのづからなる細道」ではないけれど、黒く土の跡が付いているのです。「林檎畑の樹の下に  おのづからなる細道は 誰が踏みそめしかたみぞと 問ひたまふこそこひしけれ」とは昔よく暗唱した藤村の詩の一節です。約2時間の奮闘で厨房も客席の床も随分と綺麗になったのでした。スタッフを帰してグリストラップの掃除にかかる。 外は朝から雲一つない晴天。こんな陽気には何処かに散策に出掛けたらさぞ気持ちが好いだろうなと思いながら、女将がスポーツクラブから帰る前に、昼の用意に家に戻る亭主なのでした。この数年間の亭主の生活は、家と蕎麦屋の僅か400m 足らずをを往復するのが亭主の壺中の天地。一日で歩く距離はpekoの散歩を含めても4000歩。それが好いのか悪いのか。違う生き方もあったのだろうけれど、一度始まれば止められない人生。 先週、蕎麦屋で残した野菜類を同じ大きさに刻み、肉を炒めて卵を和えて、今日もカレー炒飯の出来上がり。スープも蕎麦屋のかき揚げの具材の残り物を海老とコンソメ味で仕上げる。ちょうど女将が玄関の扉を開けて帰ってくる。絶妙なタイミングで、二人でテレビのニュースを見ながら食卓に付くのでした。午前中の奮闘で疲れた亭主は食後の昼寝で、目覚めればもう午後の仕込みに出掛ける時間。昼寝の出来るだけ幸せな定休日なのです。 青空の広がる午後の陽射しを浴びながら、明日の蕎麦豆腐とデザートの水羊羹を仕込んだら、天麩羅の具材を切り分けて容器に入れる。冷蔵庫の野菜室を開けながら、生椎茸の量は5日間の営業に足りるだろうか、茄子やピーマンは大丈夫かと仕入れた野菜の量を心配するのです。最後に茄子と胡瓜を糠床に漬けて、今日の仕込みは終了なのでした。洗い物を済ませて、火元を確認したら、今日一日の疲れをほぐすためにプールに出掛けて泳ぐ。 とっくに4時を過ぎているから、子どもたちのスイミング教室が4コースと賑やか。一般の人が泳げるコースはウォーキングコース以外の1コースだけだけれど、4人ほど先客が泳いでいる。準備運動を丹念に済ませて、邪魔にならないように間を開けて泳ぎ始めるのです。最近、バタフライを意識して泳ぐせいか、後で筋肉痛が出るので、今日はしっかりとクールダウンをして上がるのでした。帰りには一階の魚屋とスーパーに寄って買い物。 夕刻のpekoの散歩を終えた女将が、食事の支度をして亭主を待っていてくれる。今日は昨日買ってきた生サンマの塩焼きと聞いていたから、酢橘を買って帰った。タンパク質はしっかりと身体に吸収させるためにも柑橘類とは相性が好いのです。それにしても、朝から晩まで、空は雲ひとつない晴天で、台風の前の静けさなのか。明朝は冷え込むと言うけれど、これが例年の陽気なのだと女将に言われて、厚手の寝間着を着込む亭主なのです。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

暑さが戻った一日…

今日が定休日だと思うとつい気が緩んで、昨夜も深夜までテレビで洋画を観てしまった。7時前に起き出してpekoの散歩に出掛ければ、昨日よりは少し暖かい陽気なのでした。お袋様を迎えに行って今日の仕入れに出掛ける前に、蕎麦屋へ行って昨日の洗い物の片付けをしておこうと思ったけれど、ゆっくり朝ドラを見てしまったら、店に寄って出汁取りの準備をするだけで精一杯。休みの日なのに、どうしてこんなに忙しいのだろうと思う。 農産物直売所へ寄って、新鮮な茄子や胡瓜やおくら、トマト、大根などを買って、隣町のスーパーに出掛ければ、とっくに開店時刻の9時を過ぎていたから、駐車場はもう満杯なのです。幸いにも、早い時刻に来たお客が帰るから、入口近くの場所が空いて、脚の痛いお袋様を歩かせなくて済むのでした。自分を始めとして仕入れに来る商売人も多いから、品物はいつも新鮮なのですが、品切れになることもあって、幾つかは手に入らなかった。 買い集めた野菜を蕎麦屋の厨房に広げて、何をどう冷蔵庫に収納しようかと考える。今日はびきり上等の長葱が一本50円でした。生椎茸も安くてまずまずの品物が入っていたので、それだけでもう満足。長野県産というブロッコリーは小さいのに、200円近い値段だっから二つ買って400円。これは他のスーパーの方が安いのではと思うけれど、全部が全部上手く仕入れられるわけではない。短時間で仕入れる数は約30種類だから大変。 昨日出たらしいスルメイカの中サイズが値引きで出ていたから、今日は大根とイカの煮物を作っておくことにしました。大根と米一握りを鍋に入れて灰汁抜きの下茹でをしている間に、イカを開いて網の目に隠し包丁を入れたら、短冊切りにして出汁醤油で煮ておく。これに火の通った大根を入れて落とし蓋をしたら、弱火にして味を染み込ませるのです。大根とスルメイカと出汁と調味料を使い、10鉢ほど取れるけれど食材費は一鉢50円。 美味しい小鉢を安く作るのは難しい。美味しい茄子や胡瓜の糠漬けには、到底、敵わないのです。まあ、食材の値段が何十円というのはたまに考える程度で、趣味の蕎麦屋は、出来るだけ安く美味しく食べていただくのが目標だから、それで好いと思っているのです。朝が暖かかった分、昼になったらますます気温が上がったらしい。青空も少しだけ覗いたけれど、強い南風の影響なのだろうか。長袖のシャツも上着も脱いで家に戻るのでした。 昼は久しぶりに残った蕎麦を茹でて、女将と二人で天せいろを食べる。天麩羅も昨日揚げて帰ったのをグリルでカリッと焼いて、熱々の状態で食べられるから美味しいのでした。食後は仕入れのデータをパソコンに入力して、ごろりと横になったらひと眠りです。亭主が1時間ほど眠っている間に、女将はpekoを風呂に入れたらしい。ゆっくりと起き出したけれど、午後は更に沢山やることがあるので気が滅入る。まずはやはり出汁取りから。 透き通った一番出汁を取ったら、週末までの蕎麦汁を仕込んで、二番出汁では営業初日の天つゆや暖かい蕎麦の汁を仕込んでおく。残った二番出汁は味噌汁の出汁にする。小一時間の作業を終えて、夕刻になって混まないうちに、西の町のホームセンターとスーパーに出掛けるのです。割り箸や洗剤、キッチンペーパーなどの消耗品を両手に一杯買い込んで一度車に戻れば、今度はスーパーで午前中に手に入らなかった食材を見て回るのでした。 アスパラが見当たらないので、若い店員さんに尋ねれば、わざわざ案内をしてくれました。品物が残り僅かだったから、「ちょっと待っていてください」と言って倉庫に取りに行ってくれる。とても親切な娘さんなので却ってこちらが恐縮する。レジの新顔の娘さんも、酒や寿司や果物を用途別の袋に入れてくれる。帰り道、車道を渡ろうとする小学生の前で車を停めれば、渡り終えて並んでお辞儀をしてくれた。世も捨てたものではないか。

Posted in 仕込み, 季節, 日常, 経営 | コメントは受け付けていません。

霧の深い朝でした…

7時前にpekoの散歩に出れば、高さが100mあるという送電線の鉄塔が、途中から見えないほどの深い霧でした。公園の森まではどのくらい離れているだろうか。こちらもぼんやりと霞んでいる。こんな日は、日中、晴れて暑くなるのが常だから、午前中に明日の仕込みを片付けておきたいものです。家に戻って女将の用意してくれた朝の食卓に着く。今朝は秋茄子を焼いてくれたから嬉しい。納豆とオクラに高野豆腐と厚揚げ焼きに味噌汁…。 昨日に引き続いて朝ドラを観るのでしたが、蕎麦屋へ出掛けようとする亭主のテンポの速さとは合わずに、珈琲は蕎麦屋へ行ってから飲むことにするのでした。表回りはグリストラップの掃除が残っていたけれど、厨房で珈琲を飲みながら出来るのは、昨日のうちに準備をして置いた出汁取りと、もうすぐ甕が空になる返しの仕込み。5㍑の鍋に味醂とワインビネガーを入れて沸いたら醤油類を入れていく。塩を加えて沸騰する前に火を止める。 出汁の鍋は3㍑。わき出す前に細かな泡が出てくるところで、昆布と干し椎茸を取り出して、削り節を一袋入れる。静かに灰汁を取りながら沸騰するのを待つ感じ。一番出汁は沸く直前に火を止めて、削り節が沈むまで待つのです。黄金色に澄んだ出汁が取れれば大成功。灰汁を取るのに削り節を動かしすぎたり、沸騰させてしまうと濁った一番出汁になってしまう。別の鍋に漉して、返しを10分の3の分量で加えたら、もう一度火を入れる。 今使った3㍑の鍋に再び水を張り、取りだしておいた昆布と干し椎茸と、一番出汁を取った削り節を入れて、今度は沸騰するまで煮立てる。また火を止めて削り節が沈んだら、二番出汁を漉すのです。時計は10時を回っているから、ここで一休み。蕎麦豆腐や水羊羹を仕込まなければならないし、明日の天麩羅の具材も切り分けなければ。終わりにしてしまうと、午後がまた忙しくなる。プールにも行きたいし、今夜は防犯パトロールもある。 女将がスポーツクラブから帰る12時前まで、朝から約3時間をかけてやっと今日の仕込みが終わりました。午後にプールで泳いだ後で明日の小鉢に糠漬けを漬けに来ればいい。家に戻れば、昼飯前にまだやることがあった。来週は90歳をとうに越えた伯母さんが従兄たちと一緒に蕎麦を食べに来ると言うので、店で他のお客と一緒というわけにも行かないから、家で昔使っていた大きなお膳を蕎麦屋に運ぶのです。これがまた一苦労でした。 7人家族で使っていた食堂のテーブルの脚を、座卓用に切りそろえた年代物で、とにかく大きくて重いから、亭主一人では持ち上げるのがやっと。ちょうど女将が帰ってきたので手伝ってもらって、後部座席を倒してなんとか車に積み込むのでした。昼は亭主がまた中華鍋を振って、今日は豚肉とキャベツの回鍋肉(ホイゴウロウ)を作る。豆板醤とオイスターソースで味つけをして、辛いのが苦手な女将のために、砂糖を隠し味で入れておく。 ゆっくりと食休みをして1時半。女将と一緒に車で蕎麦屋までテーブルを運んで、何とか奥座敷に入れるのでした。停めておいた車外温度は37℃になっていたから、外は相当な暑さなのです。女将を家まで送ったら、そのまま亭主はプールに出掛ける。3時になると子どもたちのスイミング教室が始まるので、その前に泳ぐのがちょうど好いのです。果たしてプールは空いていましたが、どのコースも二人ほど泳いでいました。さてどうする。 前を泳ぐ人のスピードを見極めて、片手バタフライで100mを泳いだら、後の三種目も前の人に追いつくところでUターンして、泳ぎ続けるのでした。蕎麦屋に戻って糠漬けを漬けたら、昼に運び込んだテーブルを置いた奥座敷を眺める。何も荷物が置いていないから好いけれど、畳一畳分はある大きさだから大変。早めに夕食を終えて、6時半にパトロールの集合場所に向かえば、6時スタートの冬時間に変わっていて間に合わなかった。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 未分類, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

よく眠った今朝も秋晴れで…

一週間の営業と夕べプールで泳いだ疲れとで、今朝もゆっくりと目覚めた亭主でした。女将に起こされてpeko の散歩に出れば、空は晴れて今日も秋晴れ。「誕生日おめでとう」と言われて、いつもより遅い朝食を食べ、珍しく女将と新しくなったと言う朝ドラを見る。オープニングの歌の流れる場面で、轆轤の回る映像が出ていたから、「今度は陶芸の話なの?」と尋ねればそうなのだと言う。時代は団塊の世代向けで、子役の演技もなかなか。 今日は蕎麦屋も休みだから、食後の珈琲を自分で入れて、お袋様との仕入れに出掛ける時間を気にかけながら、足元に寄って来るpeko との会話。農産物直売所に寄ってから隣町のスーパーに行けば、いつになく大混雑なのでした。パプリカを見ていたら、見事に小さなものばかりで、「なんだこれは…」と呟けば、隣にいた若いお姉さんが店員に聞きに言ったらしく、「国産だからなんですって。この大きさでは高すぎますよね」と言うのでした。 偶然にも、レジに並んだ時に彼女が亭主の後ろに並んで、肉やジュースをカート一杯に積んでいたので、「何屋さんですか?」と思わず聞いたのです。「パン屋です」「私は蕎麦屋」とお互いに笑ったら、「消費税が上がって、メニューの値上げをしないのですか」と聞いてくるのでした。この時期に値上げしないとチャンスを逃すのではと心配らしいのでした。若い人たちの商売に掛ける意気込みみたいなものを感じて、羨ましくも思う亭主。 午前中の仕込みの最後に、小豆を煮始めてしまったから、少し柔らかくなるまで砂糖は入れられないので困った。女将をお稽古に送る時間があるから、電話をすれば、ギリギリの時間で大丈夫だという。野菜だけ刻んで、スープまで女将に作ってもらって、家に戻った亭主がいつものように中華鍋を振って飽きもせずにカレー炒飯。スーパーでの話をすれば、食料品は増税されないのに、便乗して値上げをするのだろうかと二人して首を捻る。 食後に友人から誕生日を祝うメールが届いているのに気が付いて、しみじみと読み返すのでした。今日は鎌倉へ散策に出掛けると言うので、女将に話せば、少しは気晴らしをした方がいいと言いながら、羨ましそうなのでした。このところ、ご近所やお師匠さんのところでも、皆さんご主人が入院したり、施設に入ったりで、毎日、面会に行く老婦人たちは大変だねと話をしているのです。両親を自宅で介護した女将には、苦労が分かるらしい。 女将を送る午後は、月始めのせいか、国道はやけに混んでいました。帰り道もいつもの西の町のショッピングセンターには寄らず、真っ直ぐ団地に帰って、駅前のショッピングモールに車を入れるのでした。午前中に仕入れられなかったパプリカが、野菜の日の今日は100円で出るという新聞広告を見ていたから、西の町のスーパーの半額なので買いに寄ったのです。オランダ産の小振りのものでしたが、低温保存で届いたのか新鮮でした。 今年は梅雨も長く、夏は暑すぎたせいか、蕎麦屋もお客が少なかったけれど、9月になってやっと去年並のお客の数に戻ったのです。昨日の月の決算では、4ヶ月振りの黒字になりました。食材費の売り上げに対する比率が50%ぐらいになると、なんとか黒字になるというのがやっと分かってきた感じです。光熱費が19%というのも、水道代のない月だから。人件費が18%というのも祝日が多かったから。100円のパプリカに拘る理由。 午後は女将を迎えに行くまで、友人のメールに心からの感謝の返信をしてから、小豆の煮込みの続きと南瓜の切り分けと従姉妹煮の準備をするのです。それでもまだ女将から電話はかかってこないから、天つゆを作って、蕎麦汁を蕎麦徳利に詰める。それでもまだ時間があったから、洗濯機の中に忘れていた洗い物を干しているところに待っていた電話。直ぐに車を出して夕刻の混んだ国道をひた走る。今日は不思議と昼寝をしなかったのです。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 経営 | コメントは受け付けていません。

定休日二日目も晴天、終わりのない挑戦か…

昨夜はたまにはゆっくりとしたいと、真夜中近くまでテレビで映画を観たのですが、朝はいつもの時間に目が覚めて、朝飯前に公園回りで peko の散歩に出掛ける亭主なのです。身体は疲れているのに、意識は現実世界にあるから、何度も今朝の段取りをシュミレーションしながら、いつもの時間に「行って来ます」と、車に草取りと剪定の道具を摘んで蕎麦屋に出掛ける。まずは西側の小径の草取りと木槿やジャスミンの蔦の剪定からです。 台風で被害のあったお隣の畑では、ひまわりの茎も綺麗に撤去されて、壊れたビニールハウスの骨組みや、ひっくり返った無人の野菜販売の小屋もなくなっていました。90歳になると言うお爺さんが一人でトラクターで耕した畑が、見事に復元されているから勇気をもらった。こんな小径の草や木ぐらいと、鎌と花切りばさみで小一時間奮闘したら、70リットルのビニール袋に二袋のゴミが出た。今朝はこれが手始めで、次に駐車場に移る。 金木犀の枝を刈って、背丈の高さに切りそろえたところで、エアコンを入れておいた蕎麦屋の厨房に戻って、コーヒーを飲みながらもう次の仕込みの段取りを考えている亭主。タブレットで明日の天気予報を見ながら、デザートに何を仕込もうかと作戦を練るのです。駐車場の柊南天や美央柳が、思ったよりも大きくなりすぎていて、車止めの直ぐ近くまで広がっているから、これではお客も車を停めるのに苦労をするわけだと、枝を切り込む。 実際に、自分の車で後ろから停めてみると、後方のセンサーが枝に反応してピッピーと鳴り続ける。最近、お客が車を以前よりも入口近くに停めるようになったのは、まさにこのせいなのだと、太い枝を根元からばっさりと切る。お蔭で、70リットルのビニール袋が4袋も必要だった。2時間半も戸外での草取りと剪定に時間を費やしたものだから、肝心の午前中の仕込みが何も終わっていない。少し焦って冷蔵庫から急いで具材を取り出す。 今日は午前中に、親子丼の具材を煮込んで、カレーを作る予定なのでした。時計は11時を回っていたけれど、大急ぎで生もの用のまな板を取り出して、鶏肉を切り分けたら、水を張った二つの鍋に次々と入れて火にかけていく。鶏の出汁が出るまでに、それぞれの具材を切り分けてどんどん煮ていくのです。親子丼は出汁醤油と砂糖を加えて、カレーの鍋にはミニ菜園から採ってきたベイリーフを入れて、灰汁を取りながらルーを加えていく。 そろそろ女将が帰ってくる時間だから、昼の支度に家に戻らなければいけない。厨房の火を止めて、エアコンを消したら、まだ駐車場に残っている切り落とした枝を、70リットルの袋にもう一杯詰め込んで、全部で5袋。家庭用のゴミ袋なら10袋分ぐらいはある計算です。これはすべて業者に頼む有料のゴミだから、きっと月の契約重量を超えている。午後は蕎麦豆腐とデザートを仕込み、天麩羅の具材わ切り分け、糠漬けも漬けなければ。 家に戻ったら、女将に野菜を刻んでもらいながら、亭主が中華鍋を振っていつものカレー炒飯とコンソメスープで昼を済ませる。スープの具材は茄子やピーマン、椎茸、オクラと蕎麦屋の天麩羅の具材の残りに、むきえびを入れたから、ひと味高級な風味なのでした。食休みにパソコンに向かいながらウトウトしたら、横になっても午後の段取りが気になって眠れない。思い切って、空いている時間にプールに出掛けて、まずは気分転換をする。 センターコースが一番空いていたから、話に夢中の小母さんたちを気にせずに、バタフライだけは遠慮して、ノンストップでどんどん泳ぐ。50mを休まずに速く泳ぐコースだから、クイックターンを決めながら、平泳ぎに移る頃にはコースに他の人はいなくなった。しかし、それからバタフライは泳げないのが悔しいところ。もっと体力を付けなければ。蕎麦屋へ戻って午後の仕込みを終える頃には、夕陽が森を赤く染めているのでした…。

Posted in 日常, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

台風17号の影響か、暑く湿った一日…

遙か彼方の日本海を北上したはずの台風17号は、昨日は佐倉にも大風を吹かせて、南の湿った空気を一挙に運んで来たものだから、今朝も朝から暑いのでした。5日間の営業が終わって、やっとゆっくり出来るはずの定休日なのだけれど、毎週のようにそうもいかないと疲れを溜めてしまうのは改善の余地がありそう。蕎麦屋の草取りや植木の剪定もグリストラップの掃除も懸案のまま。いつもの時間に出掛けて昨日の洗い物の片付けをする。 「主婦は何十年もずっとそんなことばかりやって来たのよ」と、女将に叱られてしまいそうだから、文句も言わずに「行って来ます」と家を出たのです。夕べの水泳で腰痛だけは解消されたから助かった。昨日、帰りがけに洗濯した布巾や手ぬぐいを干したら、やっと、お袋様を迎えに行って仕入れに出掛ける朝なのです。農産物直売所に行けば、立派な胡瓜が並んでいたから、糠漬け用に何本か買っておく。常連さんの農家のおくらもまだ健在。 隣町のスーパーでは、サラダに使う野菜が軒並み値段が高くなっていると感じる。季節が移り変わったのに、同じ食材を使おうとするとこういうことになるのです。今日明日で、親子丼の具材とカレーの具材を煮込まなければと、鶏肉を買い込んでおく。どっさりと仕入れた荷物を手際よく冷蔵庫にしまい込んだら、急いで床屋に出掛ける亭主。昼飯前に家に戻らなければ、今日は月の最後の週だというのに、女将をお稽古に送る日なのでした。 ひと月振りに親父様に頭を刈ってもらえば、先日の台風で停電になって店を一週間休んだのだとか、それでもお客は来るから、近くの息子さんと奥さんがやっている床屋で仕事をしたのだと言う。隣の美容室の屋根が剥がれて、ブルーシートで覆ってあるのも、自分で治せるというから、古稀を過ぎても元気な親父様なのです。昼前に家に戻って、店から古いカレーを持ち帰ったので、早速、女将と久々にカレーライスを食べる。さすがに旨い。 午前中を仕入れと床屋で終えたから、女将を送った午後は、西の町のホームセンターやスーパーに寄って、足らない台所洗剤や割り箸などの消耗品や食材を買って帰る。朝のうちに用意して置いた出汁を取って、週末までの蕎麦汁と天つゆを作っておく。鍋釜を洗って乾かしたら、今日買った生椎茸をビニールパックから取り出して、ストレスを開放してやります。値段が安くて、形の揃った新鮮なものを買いそろえるのは結構大変なのです。 3時には家に戻ってpekoに遅い昼飯をやる。最近は、夜になってまた腹が減ったと騒ぐから、量を減らして日に3度食事を与えるようにしているのです。人間の食生活を見ているから、自分も同じように食べたいのか知らん。4時前に女将を迎えに出れば、国道は時間が遅いからか随分と混んでいた。今日はお師匠の家の玄関前で、一時間も待たされたという女将でしたが、無事に稽古が出来て好かった。夜は三連休の仕事の礼にと鮨を食う。

Posted in 日常 | コメントは受け付けていません。

今日も爽やかな蕎麦日和…

最近、蕎麦打ちをしていて気にしていることがあります。丸出しから四つ出しに移る段階で、四隅の生地が薄くなりすぎないようにすることです。それは、本伸しに入っても後からの修正がしづらいからなのですが、薄いままで生地を伸してしまうと、最後に右から左へ下から上に畳む時に、どうしても左上の部分に薄い生地が集まってしまうから、蕎麦切りをして、最後に切るひと束の蕎麦の太さにばらつきが出てしまうのです。今日は成功。 蕎麦打ちには、沢山の行程がある中で、どれ一つとして、手抜かりは許されないのだけれど、ある程度、こなせるようになると、あまりカリカリしないで、まずまずのところでいいのではないか、と思うこともあるのです。切り幅が多少違っても、それが手打ちの味わいだと考えることも大切なのかも知れない。ただ、たまになら愛嬌で済むけれど、スルスルッという喉越しの好さは、やはり同じ太さの蕎麦でなけれはという思いが強いのです。 野菜サラダ作りも毎日の仕事だけれど、昨日は赤のパプリカが手に入らずに、黄色のパプリカを増量して盛り付けてみたのです。まったく注文がなかったから、三皿すべてが廃棄処分だったけれど、野菜の値の上がるこの時期は、一皿当たりの食材の原価が150円もするから、随分と勿体ないのです。ドレッシングを掛けて原価率は6割以上になる計算。それでも、赤のパプリカがないとやはり彩りが悪いと思うのは、職人気質だからなのか。 今日は単品でのご注文とカレー蕎麦での付け合わせで二皿だけ出たけれど、どう考えても店の利益には結びつかないのです。しかし、毎日のように野菜を刻むのは亭主の包丁の腕を落とさないためだと、頑なにメニューから外すのを拒んでいる。ランチセットメニューで売り切れることも、蕎麦屋でサラダが食べられると喜ぶお客もあるから、それで好い。蕎麦切り包丁や西洋包丁を新しい砥石で研いだら、今日は蕎麦も野菜も切れが好かった。 昼前から一挙にお客が押し寄せて、あっという間にカウンター席まで満席になった午後。やはり今日は蕎麦日和なのでした。開店前にスタッフとぶっかけで賄い蕎麦を食べておいて好かった。常連さんの近所の社長がいらっして、先日、親子で店にいらっした社員の話をするから、もう、話が通じているのかと驚くのでした。今朝方、店の幟を出していたら出勤する当の若いお母さんに笑顔で挨拶をされたのです。うちの小さなお蕎麦屋さん…。 隣町からいらっしたという三人連れのお客様は、カウンターに座って、せいろの大盛り、天丼とせいろ蕎麦のセットと暖かい天麩羅蕎麦のご注文。どこで聞きつけていらっしゃるのか、蕎麦が美味しいと言って帰られたから好かったのです。あれよあれよと、平日なのにもう10人を越えて、ただ今満席ですの看板を出す。生舟に二箱用意した蕎麦も残り少なくなった午後、常連のお年寄り夫婦がご来店でいつものご注文。賑やかな一日でした。 家に戻って一休みしたら、彼岸の入りだからと、夕刻はお袋様と墓参りに行くことになっていたので電話をする。午後はスポーツクラブに出掛ける女将が、午前中に墓の草取りや掃除をしてくれたから、後は隣町のスーパーまで花を買いに行って、墓に供えて参ればいいだけなのでした。午後も遅い時間だったから、花はほとんど売り切れて、値段の高い花しか残っていないのには驚き。お袋様と二人で、三つの墓に線香を焚き、手を合わせる。 帰ろうと思って鈴蘭を植えた父の墓所の一角を見れば、盆の墓参りでなくしたという花切り鋏が落ちていた。昼に草取りをした時に気づかなかったのだろうかと、家に持って帰る。今朝方も、亭主に代わってpekoの散歩に出てくれたのは好いけれど、フライパンを火に掛けたまま出掛けて、料理が焦げていたと言う。いつも「大丈夫?お父さん?」と、亭主の呆けたのを笑う女将なのだけれど、老いは等しく忍び寄ってきているらしい…。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 経営, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

午後から夜まで雨が降り続き…

定休日二日目も5時に起床の亭主は、予報では朝から雨という話だったから、降り出す前にとpekoを散歩に連れ出したのです。まだ、陽が昇っていなかったけれど、どうも雨が降る気配ではなさそうだったので、朝飯前に蕎麦屋に出掛けて、明日の出汁を取っておこうと奮起する。今朝はお袋様を病院に送らなければならなかったから、家でもうひと眠りしている暇はなかったのです。蕎麦茶を沸かして冷やしたら、約1時間の出汁取り作業。 やっと朝日が昇って店の中も眩しいくらいでした。6時過ぎだったから随分と日の出も遅くなったものです。家に戻って改めて天気予報を見たら、今日は午後から夕刻にかけてが雨と変わったらしい。朝食に残り最後の蕎麦を茹でて、女将の朝ドラが終わる時間を見計らってお袋様を迎えに出る。駅前の高層マンション群の一画にある整形外科に、一番近い場所で車を降ろしたら、そのまま蕎麦屋に出掛けて、今日の仕込みを開始するのでした。 蕎麦豆腐を仕込み、デザートには抹茶小豆を作っておく。途中で、家で女将が修繕してくれた蕎麦屋の日除け暖簾を取り付け、これでなんとか格好が付いたのです。ゴミ回収の業者に電話をして、今月はまだ請求書が届いていないと言えば、先週は台風の影響で4日間も停電だったそうで、業務にも支障が出たらしい。天麩羅の具材を切り分け、容器に詰めたら、今日の仕込みも終わりで、お袋様から迎えの電話が入るまで、包丁を研いでいる。 お袋様を自宅まで送り届けたら、今度は家に戻って、女将の帰る前に昼の支度をする亭主なのです。今日は涼しいからと、昼は久しぶりに、あんかけ湯麺と自家製餃子で身体を温める。雨が降り出していたけれど、午後は女将と日本橋まで出掛ける予定だったから、休む暇がない。上の娘と同じ歳で、小さな頃から家族同士で親しくしていた職場の先輩の息子さんが、都心の画廊で個展を開くというのでわざわざ招待状を送ってくれたのでした。 芸術の秋だから、女将も都内に出掛けるのを嫌がらなかった。亭主は、送られてきた画集が、かなり洗練された作品ばかりだったのに驚いて、実際に見てみたいという気があったのです。雨の降りしきる中を車で駅前の駐車場まで行って、後は地下鉄に乗り換えれば濡れずに目的地まで到着。1時間も電車に揺られて出掛けるのは、先月の都美術館以来か。いつも都内で昼には美味しいものを食べるけれど、今日は二人とも午前中は忙しかった。 目的のデパートの本店は改装中ではあったけれど、地下鉄の通路から直接に入れるようになっていて、さすがに豪華な店内には、お客よりも多い従業員が、忙しそうに立ち働いているのでした。歴史のある古い建物のはずなのに古くさいという安っぽさがなく、巨大な吹き抜けと好い、1階から5階に届くようにそびえる壮大な天女の像は圧巻なのでした。エスカレーターで各階の様子を眺めながら、画廊に到着すれば、結構、人がいるのです。 残念ながら本人には会えませんでしたが、会場の入口には「蒼刻」と名付けられた海と森との神秘的な風景画が飾られていました。日本画とはいっても、かなり斬新な境地なのでしょう。画廊の中を女将としみじみと眺めて回ったら、やはり雨の中を来て好かったと思えたのでした。気迫に溢れる作品の数々に驚かされるばかり。それぞれの畑は違っても丹精を込めて仕事をすると言うのは、こういうことなのだと改めて思い知らされるのです。 帰りしなに、女将と和食器のフロアを見て回ったら、やはり超一流の品物ばかりで、亭主の目に留まったのは江戸切り子のグラス。霊犀亭で出している切り子のグラスも、船橋の百貨店で一番好いものをと、買い揃えたつもりでしたが、やはりその精緻さも値段も桁が違うのでした。何でも、一流のものを見るということはとても大切なことと、頭では判っているつもりでも目から鱗。蕎麦打ちの世界でも同じようなことがあるのかも知れない。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 芸術 | コメントは受け付けていません。

杖を買いにお袋様と…

一週間の仕事を終えて迎える定休日の朝は、ゆっくりと休めるはずなのに、5時に目が覚めてトイレに行けば、peko が玄関口へのドアの前で散歩の時間を待っているのでした。仕方がないから、寝ぼけ眼で玄関を出て2ブロックほどを回って来る。涼しくなったからか、あまり嫌がりもせずに歩いてくれるから助かるのですが、家に戻っても女将はまだ起き出して来ない。朝食を遣ったら亭主はまた寝床に戻る。女将は寝覚めのヨーガの最中。 それから2時間ほど眠ったら、女将の朝ドラが終わった頃に、鍋に湯を沸かして昨日残った蕎麦を茹でて食べる。昨日の夜食にも温かい汁で肉蕎麦を食べたばかりだったけれど、こんなに美味しいものはないと思っているから、大根おろしと天かすと葱と山葵で、スルスルッと搔き込むのです。女将がこれも残り物の野菜サラダを出してくれた。9時前にはお袋様に電話をして、今朝の仕入れに出掛ける。台風の後で品物が十分に揃っていない。 座骨神経痛が思うように好くならないと言うので、仕入れた食材を冷蔵庫に入れたら、お袋様を迎えに行って、駅前のショッピングモールに杖を買いに出掛ける。以前は、嫌がっていたけれど、何処にも出れないで家にばかり居るのはストレスが溜まるらしく、針治療にも見切りを付けて、明日は亭主が車で送って以前通っていた整形外科まで行くことにした。買い求めたばかりの折りたたみ式の杖を使って、広いモールの中を少し散策する。 昼は女将と二人でせいろ蕎麦を茹でて食べる。丁寧に仕上げた蕎麦だから、やはりせいろで食べるのが一番。お袋様を送った帰りに隣町のスーパーに寄って、買えなかった食材が入ってないかと見て回ったけれど、まだ入荷していない。仕方がないから、昼の蕎麦にと鰯と海老の天麩羅とカキフライを買って帰ったのが、ちょうど好いおかずになった。食後の一休みで、亭主は書斎で新しいエアコンのスイッチを入れて、ひと眠りするのでした。 遅い午後に目覚めたら、女将は蕎麦屋の日除け暖簾の修復にかかってくれていた。亭主は蕎麦屋に出掛けて、今日の分の仕込みを済ませる。南瓜を切り分けて、端切れを出し汁で煮込んで従姉妹煮を仕込んでおくのです。高野豆腐を煮込んだら、干し椎茸と人参は別のなべて少し甘めに煮て、これも小鉢の仕込みなのでした。帰りにトイレットーぺーパーやテッシュなど女将の持ちきれない買い物をして家に戻れば、pekoと女将を病院に送る。 月に一回の検診だけれど、最近は老犬が歩けないのが心配だからと、行きだけでも車に乗せてやるのでした。明日はお袋様の病院への送迎と仕込みとでまた朝から忙しい。午後は女将と日本橋まで知り合いの日本画の展示会を観に行く予定なのでした。そして、夜は防犯パトロールだから、結局、プールに出掛ける余裕はなさそう。雨の一日だと言うけれど、降ってくれれば、蕎麦屋のミニ菜園の水遣りや草取りが免除されるので、有り難い。

Posted in 仕込み, 季節, 日常 | コメントは受け付けていません。