Category Archives: ミニ菜園

暑い中をお客の来ぬ間に草むしり…

ひんやりとした朝だったけれど、空はいつもの夏の空。今朝は何とか公園まで peko を連れて行くことができたので、まずはほっと一息なのです。新緑の鮮やかだった木々の緑が色濃くなって、季節の移ろいを肌で感じる。コロナコロナで気の重い毎日ですが、自然はいつものように時を刻んでいるのでしょう。右手の空き地には深紅のバラが今年も見事に咲いていました。ここまで歩くと peko も観念したと見えて、3ブロックを周って帰る。 昨日もお客が少なかったから、今朝は蕎麦屋には出掛けてもあまりすることがない。それでも、頼んだ荷物の来る日だからと、いつもよりも早く家を出る亭主。朝の仕事を終え、厨房の椅子に座って珈琲を一杯飲んだら、とりあえず蕎麦を打たなければと蕎麦打ち室に入るのです。室温25℃ 、湿度は40%だったから、加水率は42%弱で蕎麦粉を捏ね始めたのですが、これが絶妙の柔らかさで、どうしていつもこの硬さにならないのかと考える。 蕎麦玉をビニール袋に入れて寝かせている間に、厨房に戻って豚のハラミの仕込みを済ませる。出る時にはよく出るのですが、このお客の少なさでは期待もできないけれど、週末に向けては用意をしておかなければならない一品なのです。冷凍庫のストックが底を付いたから、来週には仕入れておかなくては。売れない週は、亭主が自宅に持ち帰って酒の肴にする。もともと、家で美味しく食べていたから、蕎麦屋でも出そうと考えたのでした。 酒飲みの気持ちは酒飲みにしかわからない。たくさん飲んで酔えば好かった若い頃とは違って、酒も料理も少ししかいらないので、少量の美味しい肴が酒を更に美味しくさせるもの。まだ歯ごたえも欲しい年齢だから、食感もほどほどにあるものが欲しいのです。今日の蕎麦は切りべら28 本で135g 。包丁を打つときに、トントントンと乾いた包丁の音が響くくらいの方が、やはり生地の硬さはちょうど好いのかも知れぬ。今朝はこの音だった。 天気も好いし、暑さもそれほどでもなかったから、もしかしてお客が来るかと思ったけれど、暖簾を出して一時間経っても一向にお客の姿は見えないのでした。天婦羅鍋の油を温めて、蓮根とかき揚げを揚げて気を紛らわす。それでもお客は来ないから、蕎麦を茹でてスタッフと賄い蕎麦をぶっかけで食べる。この時だけは、お客が来なくても、蕎麦屋であることの有難味を痛感するのです。揚げたての天婦羅、蕎麦、汁の美味しさは限りなし。 昨日の反省から、スタッフと二人揃って店番をしていても時間が無駄だからと、今日は亭主が店に出ている間に、奥の座敷を掃除機をかけてもらった。几帳面なスタッフは畳まで拭いてくれた。そして、彼女が店に戻ったら今度は亭主が外に出て、東側のミニ菜園の草取りをする。あんなに億劫だったのに、やり始めればわけもないのでした。これで蕎麦屋の建物の周りの草取りは終わり。何か野菜でも植えないと、またすぐに草が生えてくる。 結局、今日はお客がなかったから、お袋様に電話をして残った蕎麦を取りに来ないかと話をする。彼女も家にいるばかりでいい運動になるかと思って、天婦羅を揚げて、野菜サラダやデザートのイチゴ大福を一緒に持たせるのでした。早めに家に帰ってひと眠りしたら、涼しくなる夕刻に、蕎麦屋に戻って明日の糠漬けを漬けておく。そして、その足で煙草を買いに1km 先のコンビニまで歩いて出かける。みずき通りの緑も濃くなっていた。

Posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

すでにこれは炎天下…

朝からやけに暑いから、庭の芍薬ももうすっかり花を開いている。玄関先で女将が pekoの散歩に出ようとしていたので、亭主が代わって外に出たのです。ところが女将がリードの着け方を間違えたのか、いつの間にか peko の身体がすっぽ抜けて、一人で家の前の通りを歩いている。近場で用を足したらもう門の中に入ってしまった。その後始末をしていた亭主は追いかけるように階段を昇るのでした。ミニバラが今朝も元気でお出迎えです。 朝食に銀ダラを焼いてくれたのは嬉しかったけれど、味噌汁も糠漬けもすべて極端に味が薄過ぎるので、文句を言いたくなる前に切り上げて洗面に行く。「珈琲を入れましたよ」と言われて、やっと居間で一休み。今朝は昨日の続きで、蕎麦屋の庭の草取りから始めようと心に決めていた。暑くならないうちにと、70 ㍑のビニール袋と剪定ばさみに鎌とミニ鋤鍬をもって西側の狭い庭に向かう。玄関前の柊南天は昨日のうちに刈り込んである。 これで紫陽花と馬酔木にも陽が当たるのです。昨日切ったジャスミンの蔦や槿の枝をどんどんビニール袋に詰めていけば、地面を這うジャスミンの蔦がまだたくさん残っている。剪定バサミで次々と切って、鋤と鍬で地面を耕しておく。根を切らないと雑草はまたは生えてくるのです。脇の小道に出て、枝の伸びた槿や蔦を切りそろえ、地面の隅に生えた雑草を片っ端から鎌で掘り抜いていく。ビニール袋が一杯になる頃にはもう汗だくでした。昨日の草取りの成果に加えてもう一袋を並べて約一時間。例年のことながら、慣れてくればわけもないことなのだけれど、やり始めるのが億劫なだけ。残るは東側の野菜ポットとミニ菜園のみですが、今日の午後にでも終えられるか。二週間ぐらいかけて定休日ごとに全部草を取り終えるころには、また生えてくるのが雑草で、耕して何か植えないといけないのです。不要不急でホームセンターにも出かけていないから、苗を買ってこなくては。 やっと店の中に戻ってエアコンを入れる。厨房の温度計は25℃を表示していました。外はもっと暑いということ。蕎麦豆腐を仕込んだら、例によって天婦羅の具材を切り分けて、カボチャはレンジでチーンする。蓮根はピーラーで皮を剥き、3mm ほどの厚さで輪切りにして酢水に浸ける。鍋のまま火にかけて約10分。一個300円もするようになったからから、そろそろ終わりにしたいのだけれど、お客は少ないし、次の野菜が決まらない。 先週は二個も買って蓮根だけ大量に残ってしまったのです。インゲンがだいぶ美味しくなったから、天婦羅にもちょうど好いのだけれど、蓮根の存在感にはちょっと負ける。いっそのことキスかメゴチを付けて見ようか。季節的にもちょうど好いのかもしれない。房総の海に船出してキス釣りに出掛けた夏を思い出す。ただ、キスやメゴチは蓮根よりも更に値が張るのです。天せいろを値上げしたのは好いけれど、お客が少ないから効果は不明。 早めに家に戻って、昼は久しぶりに女将とスパゲッティーのミートソースを食べる。パスタは好い具合に茹でたけれど、出来合いのソースではやはり物足りないのでした。むしろ肉やピーマンや玉ねぎを入れて、ナポリタンにした方がいいようなソースだった。相当にカロリーがあるから、運動不足の最近はあまり食べていなかったけれど、身体をもっと動かして、いろいろなものを食べる方が健康的なのかもしれない。眠くならない午後です。 一緒に昼を食べた peko は亭主のフットレストに大の字になって眠り出す。午後はまた暑くなるから、夕方になってからお新香を漬けに行こう。出入りの業者が海老を持ってくるはずだった。書斎の障子を開ければまるで真夏の陽射し。この炎天下でミニ菜園の草取りができるだろうか。エアコンを入れては涼しくなってまた消す。本当の夏には書斎の屋根が熱くなって部屋の温度が下がらないからこんなものではない。暑さはこれからなのか。

Posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, 日常, | コメントは受け付けていません。

朝から蒸した一日でした…

定休日だというのに、いつもの時間に目が覚めたから、6 時に車で家を出て蕎麦屋へ出かける。昨日、水に浸けてあった干し椎茸と昆布の鍋を火にかけて出汁を取るのです。蕎麦は残ったけれど、蕎麦汁がなくなったので家で蕎麦も食べられないから、朝のうちに仕込んでおこうとちょっと頑張った。2㍑の鍋に一番出汁を濾して、返しを加えて約20人分の蕎麦汁を作ったら、水で鍋ごと冷やして蕎麦徳利に詰める。残りは瓶に入れて保存する。 その間に二番出汁を仕込んで、天つゆ用に1.5㍑、予備の器に2㍑入れ、これも冷やして冷蔵庫で保存する。鍋類を洗って、ちょうど7 時前でした。タケコプターのようなモミジの種が赤く色づいて、今にも飛んでいきそうだった。家に戻って peko の散歩に出れば、今日は 1 ブロックを周っただけで帰宅する。朝食を終えて朝ドラの時間にまた蕎麦屋へ出かけ、珈琲を飲みながらネットで今朝のニュースを見ながら、仕入れのリストを確認する。 9 時前にお袋様に電話を入れて、出かける準備は整っているというので、車で迎えに行ってそのまま農産物直売所に行くのでした。何故かこのところ開店時間の前だというのに車が多い。中に入ると買い物リストを片手に団地のご主人たちが狭い店内を回っている。これも外出自粛の影響だろうか。今日はトマトとキャベツと葉の付いた蕗と蕪、そしてレタスが新鮮そうで目を惹いた。それでも野菜ばかり2000 円ほど買い込んで隣町へ向かう。 こちらのスーパーも広い駐車場には車がいっぱいで、この界隈では人気の店なのです。今日はパプリカは好かったけれど、生シイタケが古いものしかなかったので、選びに選んで少しだけ買っておく。大根が70cm もあろうかという大根が127 円だったから二本も買った。まだ酒粕と柚子皮の千切りが蕎麦屋の冷凍庫に残っていたので、なた漬けを仕込んでおこうという考え。店のお客は半減したけれど、それでも仕入れは二割ほど少ないだけ。 やはり店のメニューの多さが、用意する野菜の種類の多さにもつながっている。小鉢の材料にしても、種類が少なくては足りなくなるのではないかと、つい余分に買ってしまうのです。お袋様を家まで送ったら、蕎麦屋に戻って、早速、検品。午前中に仕込みのできるものだけ残して冷蔵庫に入れたら、大根を切って漬物器で塩漬けにする。蕪と蕗の葉を落として、蕗は塩で板摺りにして大鍋で葉とともに湯がいて、一番面倒な皮むきを始める。 皮を剥いた茎の部分は5cm ほどに切って、出汁醤油と砂糖で煮詰める。葉の部分は何度も水にさらして、水を絞ったら細かく千切りにしておく。フライパンに味噌とみりんと胡麻油に砂糖を加え、煮立ったところで千切りの葉を入れてよく絡めるのです。最後に白ごまをまぶして完成。さすがに葉が新鮮なので柔らかく苦みもすく少ない。春の山野菜は、ほろ苦さが好い。これは酒の肴に絶品だと嬉しくなってしまう。昼は女将と蕎麦を食う。 いつもなら、食後のひと眠りの時間だけれど、今日は横になっても寝付けなかったから、三度、蕎麦屋に出掛けて駐車場の草取りを始める。二週間前にしっかり根の部分から取ったばかりなのに、もう草が伸びているから凄い。モミジの種が飛んであちこちに芽が出でいたから、今日こそはと小さなポットに植えてみた。育ったとしても、大きな木になる前に、こちらの寿命が尽きるだろうとは思うけれど、生命の愛おしさについ唆かされた。 店の西側の狭い部分まで草取りを進めて、その先はジャスミンのツタが生い茂る一角。綺麗に花が咲いて、脇の小径を通る人に香りを届けたいと思って植えたのが運の尽きで、切っても切っても建物の隙間まで入って来る有様。 1 時間ほど頑張ったけれど、暑くなって休憩にしました。酒粕を煮詰めて砂糖を入れて、なた漬けを漬け込んでいたら、ゴミ回収の業者の若者がやって来て、ゴミ袋を見て「ずいぶん頑張りましたね」としばしの会話。 ゴミ袋がいっぱいになったので、後はツタを切り落とし、草を抜いて明日に望みをつなぐ。今日はよく身体を動かしたから、晩酌が美味かった。つまみに出るインゲンと蕪の葉も、先ほど作った蕗の葉の味噌和えも、後から出てきたみつせ鶏の団子焼きも厚揚げの焼き物も、すべて蕎麦屋の残り物。女将には苦労を掛けるけれど、それでなくてはこの難局は乗り切れぬ。早く持続化給付金が支給されないものかと、心待ちにする毎日なのです。

Posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 日常, | コメントは受け付けていません。

清々しい蕎麦日和だったけれど…

庭で洗濯物を干していた女将が「行ってらっしゃい」と亭主を見送る。芍薬の花がまた今日も少し開いているのでした。朝はどうしても涼しいのが最近の陽気で、ジャンバーを着込んで蕎麦屋まで歩けば、近くの会社に出勤する顔見知りの奥さんとすれ違って挨拶をする。息子さんと一緒に蕎麦屋にも来てくれたことがあるから、マスクをしていてもその人だと分かった。今日も青空の広がる暑くなりそうな天気だけれど朝はまだひんやりです。 朝の仕事を終えて珈琲を一杯飲んだら、蕎麦打ち室に入って温湿度計を見るのも仕事。今朝は17℃ といつになく涼しく、湿度も37%と乾燥していたから、加水率は45%にして蕎麦粉を捏ね始めたのです。わずか10cc に満たない水の量の違いなのに、少し柔らかめだった。蕎麦玉を寝かせている間に、厨房に戻って次の仕込みの準備をしたら、また蕎麦打ち室に入って打ち粉を少し多めに振りながら生地を伸していく。切りべら26本で135g。 生地が柔らかいと、どうしても奥行き一杯まで伸すから、切った蕎麦一本の重さが増えるのです。白玉粉を氷糖蜜で溶いてあったから、すぐに火にかけて求肥を作り、抹茶きな粉大福を包み始める。漉し餡の新しい袋を開けるまでもなく、今日は三皿だけにしておく。野菜サラダの具材を取り出して、ブロッコリーとアスパラを茹で、いつもと同じくキャベツやニンジンを刻み始める。11 時には仕込みが済んだけれどまだ大釜の湯が沸かない。 仕込みをしている間は忘れているけれど、外出自粛だからあまりお客は見込めないのだと我に返るのです。今年はまだなにも植えていない東側のミニ菜園には、種が飛んだ春菊が育って花を咲かせていた。上手くすればこの花から種が取れるだろうか。わざわざ買いに行くのも面倒だから、調べてみる価値はありそうだ。今週の三種類目の小鉢は、椎茸とニンジンと蒟蒻と蓮根の煮物に絹さやを彩りで添えてみた。果たして今日は出番があるか。 賄い蕎麦でも食べておこうと思ったのだけれど、湯が沸かないから、豚のハラミの串刺しを仕込んでおくことにする。ハラミとは横隔膜の筋肉だそうだけれど、豚の横隔膜がどんなものなのかは知る由もない。売っているスーパーを見つけたから、長いこと自宅で食べていた。比較的柔らかい歯ごたえとしつこくない脂の乗り具合、カロリーも低めだし、酒の肴にはちょうどいいのです。グリルで焦げ目がつくまで8分ほど焼けばいい感じです。 今日もまた長い時間お客を待つのかと思っていたら、暖簾を出して10分ほどしたら植木屋さんらしい軽トラックが駐車場に停まった。中年のご夫婦と思われる二人がテーブル席に座って、天せいろととろろ蕎麦のご注文でした。やはりお客が来るとやる気が出るもので、スタッフの動きも好い。天婦羅を揚げて蕎麦を茹でていたら、もう次のお客がご来店なのでした。今度は天せいろとせいろ蕎麦二枚のご注文だったから、時間差で二枚出す。 皆さん初めてのご来店と見えて、帰りには店置きのパンフレットをお持ち帰りになるのでした。「蕎麦が美味しいわ」とおっしゃる奥様には「打ち立てですから」と応える亭主。いつもなら、こんな清々しい空の蕎麦日和には、これを何回か繰り返すのだけれど、外出自粛の最中だからか、その後はもうお客が来ない。来ない合間を見計らい、インゲンを天婦羅にして、スタッフとぶっかけで賄い蕎麦を食べておく。コゴミもタラの芽も終わり。 季節の野菜もほんのひと時が旬。竹の子も、コゴミもタラの芽もひと月足らずの期間しか出せないのが、名残惜しくもある。次はインゲンや絹さやだけれど、蓮根もそろそろ値が上がっているので終わりになる。早めに洗い物と片づけを終えて、スタッフと店を出るのです。帰り道、長く空き家だったところに越してきた家族がいるらしく、奥さんが掃き掃除をしてたから「こんにちは」とお互いにご挨拶。庭の芍薬はまた花が開いていました。

Posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

朝からむーっとした暑さの一日で…

時計が 6 時半を回ったので、居間に行って peko を散歩に連れ出す亭主。夕べは一緒に遅くまで映画を観ていたから、どうかと思ったけれど、居間のドアを開ければもう本人は行く気十分で、公園まで歩いてさらに 3 ブロックも回ったので今朝は優秀。台所に入った女将が朝食を与えていた。亭主の朝飯も7 時には用意されている。居間の椅子に座って食休みをしていたら、もう peko がやって来て膝の上に乗る。女将が珈琲を入れてくれた。 膝に乗ったらすぐに眠るのが peko の習慣で、ポカポカと暖かいから、こちらもつい眠気を催すのです。仕事がなければ自分もまた床に入って眠るのだろうか。そんなことを考えながら、8 時前には家を出て蕎麦屋に向かうのでした。朝からやけに暖かいのです。昔、オーストラリアのダンク島に滞在した折に、何枚か土産に買った半袖のポロシャツが着心地が好いのでいまだに着ている。Mサイズでも大きすぎたから、家では誰も着なかった。 蕎麦屋に着いて幟を出してチェーンポールを降ろしたら、モミジの花が気になったので近くに寄って見たら、もう種が出来ているではありませんか。小さなタケコプターのような羽が花の跡に生えて、こんな早くから飛んでいく準備をしているから驚いたのです。自然が持つ種の保存の先見性と洞察力は実に素晴らしい。幾世代にもわたって進化し続けた結果なのでしょうが、人間にはそうした生命力を遺伝的に受け継ぐ能力があるのだろうか。 蕎麦打ち室に入れば室温23℃ 、湿度が57 %もあったから、やはり今朝はむっとする暖かさだったのです。加水率は44 % に抑えて、今朝は蕎麦粉を捏ね始めるのでした。それでもまだ生地は柔らかい仕上がりで、打ち粉をたっぷりと振って、何とかいつもと同じように包丁打ちまでこぎつける。昨日残った蕎麦と合わせて、今日は14食の蕎麦を用意する。連休の日曜日だからと、外出自粛でも万が一のためにと少し多めに用意しておくのです。 蕎麦を打ち終えたら、イチゴ大福を包んで、野菜サラダの具材を刻む。夕べ包丁を研いだので、今朝は本当に気持ちよくキャベツやニンジンを刻むことが出来ました。やはり、包丁は調理人の命かも知れない。切れなくなったとは言っても、家庭などにある包丁に比べたらとんでもなくよく切れるのですが、研ぎを入れたばかりの包丁は、野菜などを細く刻んだり薄くスライスしたりする工程で、イメージ通りの切れ味になるから嬉しいのです。 11 時には開店前の仕込みをすべて終えたので、かき揚げを揚げてぶっかけで蕎麦を食べておく。天婦羅粉の溶き具合、天婦羅の揚げ具合、蕎麦の茹で具合をこうした折に確認しておくのです。早お昼から戻った女将が竹の子の若竹煮を盛り付けてくれた。暖簾を出して間もなく、先日電話があった昔の教え子が女性連れで現れた。30周年の同窓会の折に亭主が蕎麦屋を営むと彼に伝えたのは彼女なのだとか。そう言えば皆優秀な学年だった。 昔話に花が咲き、現在の話になって、時代遅れの亭主の生活は、隠居仕事の蕎麦屋なのだと皆で大笑い。その昔、フィリピンのバリカサ島に潜りに出かけた時も彼は一緒だった。海軍特殊部隊の軍人だったというガイドの男性が、無数の島のある自国で、ダイバーたちを案内するのは “spirit of adventure” だと言ったのを思い出す。他のお客もぽつりぽつりとご来店で、外出自粛の時世だけれど、彼らが帰ってからもまだお客がいらっしゃる。 後片付けの合間にミニ菜園に出てみれば、コゴミもタラの芽ももう終わりの時期になっていた。彼らの成長の速さに収穫が追い付かないのです。亭主が久しぶりによく喋って楽しそうだったからか、女将も機嫌よく二人で家に戻る。ひと眠りして夜の営業に出掛ければ黄昏てからお客がご来店。カルビー丼と天丼とせいろ蕎麦の注文だったから、慌てて竹の子のお吸い物を作る。竹の子を今年は初めて食べると喜ばれ、次に若竹煮を出してやる。

Posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

急に夏日になって…

玄関わきのミニバラがまた新しい花を咲かせていました。よく見ればその周囲にも沢山のつぼみが付いているではありませんか。今朝は昨日にもまして暖かい朝だったから、亭主は半袖のポロシャツを着て蕎麦屋に出掛けるのでした。店の中はまだ朝の 8 時だというのに 23℃ もあるから、奥の座敷や洗面所を含めてすべての窓を開け放って風を入れるのです。急な気温の変化にはなかなかすぐには適応できないのが、歳を取った証拠なのか。 昨日の蕎麦は売り切れたから、今朝は二回の蕎麦打ちをしなければならない。夕べ、どれだけ打てばいいだろうかと女将と話をしていたから、今朝は朝食も早い時間に用意してくれたのです。蕎麦打ち室の室温も23℃ 、湿度は46% だったから、今朝も加水率は44%強で蕎麦粉を捏ね始める。蕎麦を二玉仕上げたら、ビニール袋に入れてしばらく寝かせておく。その間に厨房に戻って葱切りを済ませ、糠床からキュウリとカブを取り出すのです。 糠床は冷蔵庫に入れてちょうど16 時間。この時間が絶妙の仕上がりで、漬けている時間が長すぎても駄目だし、短すぎても美味しくできない。昆布や干し椎茸を入れて糠床の手入れをしっかりしているから、旨味成分が染み出ているのかも知れない。安上がりな小鉢なのですが、美味しく出すためには漬け込む時間の調整が難しいのです。竹の子の若竹煮も作ってあるけれど、今日はこのお新香と大根の鉈漬けを先に出すことにするのでした。 蕎麦打ち室に戻って、二玉の蕎麦を伸して畳んで包丁切り。切りべら28 本で135g の蕎麦の束を包み、二箱の生舟に分けて冷蔵庫で保存する。蕎麦打ちを始めたのが早かったお蔭で、9 時40 分には打ち台の片付けまで終えて、玄関先に出てエプロンに付いた打ち粉を払う亭主。いつになく暖かい朝なので、蕎麦打ちを終えたばかりの身体には、ちょっと熱いと感じるほどなのです。向かいの畑を見ればこの辺りに住み着いている雉が出ていた。 よちよちと歩き回るのは色の綺麗な雄の方で、雌はだいたい少し離れた木の上とか藪の中にいることが多い。のんびり歩くのはこの暖かさで警戒心が緩んでいるからで、人が近づくと早い動きで遠ざかっていくのが常なのです。今日はカメラを持って電信柱の陰から近くに寄って、更にデジタルズームでシャッターを切った。鳥はすこぶる目が好いから、こちらの姿が視界に入ったら、もう逃げられてしまうのです。のどかな光景だけれど大変。 撮影タイムが終わったら厨房に戻り、白玉粉と氷糖蜜を計量して溶かす間に、イチゴのヘタの部分を切って白餡で包んでおく。早めに火を止めたら熱々の求肥を練って、これを包んでいくのですが、このところ毎日包んでいるから自然と同じ大きさになるのが嬉しい。ちょっと残った求肥で見本のイチゴ大福を包み、半分に切ってお客に見えるようにしておく。あとで女将と二人でこれを食べたけれど、確かにイチゴの爽やかな酸味が美味しい。 短い旬の果物の味わいです。今日は暖簾を出す前に窓の外にお客が姿を見せて、「早くてすみません」と店に入って来た。見れば隣町から歩いて来るリピーターのお二人でした。運動不足になるからと歩いて来ては、何本もビールを飲んで串焼きを頼み、天せいろの大盛りを二人で注文なさるから、元気な老人たちなのです。今日はイチゴ大福を全部お持ち帰りになった。大きな声で話をしながら、1 時間以上も座っていたから丁度いい食休み。 お客のいない時間を見計らって、亭主はぶっかけ蕎麦を食べておく。それでもまだお客が来ないから、ミニ菜園に出てコゴミとタラの芽を採って来る。閉店間際に隣町の蕎麦好きの常連さんがいらっして、野菜サラダと天せいろのご注文。夜は明日と明後日の連休に備えて、出汁を取って蕎麦汁を仕込んでおく。店の中の気温は26℃ だから、冷房を入れて窓を開けていた。これもコロナ対策のひとつ。明日も朝から暑そうで真夏日は続きそう。

Posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

初夏の陽気で…

朝食を食べ終えて亭主の膝の上で眠り始めた peko を置いて、今朝も9時前には車でお袋様を迎えに行く。団地の北の外れにある農産物直売所までは約 2 km 、若葉の並木道を走って、躑躅の咲く通りを抜けたら旧道で団地が途切れる。その道の向かい側に百坪たらずのプレハブの店舗と、広い駐車場があるのです。農家の人たちが各自開店間際に野菜を持ち寄って、忙しそうにバーコードと生産者の名前を印刷した値札を貼っているのでした。 最近はいつも新鮮なトマトをここで仕入れている。ハウス栽培だから暖房費がかかって、小振りのものが 6 個で 330 円だから、決して安くはないけれど、品が好いので毎日の野菜サラダには欠かせないのです。今朝は、傷のない採れたてのレタスとブロッコリーももらっておく。スーパーよりは少し安いし、採れたてというのが新鮮で好いのです。ただ、すべて地元で採れるから、その時期だけというものもあって、なかなか難しいのです。 そこから東へ 5km ほど車を走らせて、隣町のスーパーへ出かけるのですが、今朝も駐車場はもう一杯でした。自分一人なら遠い奥の駐車場に停めて歩くのですが、年老いたお袋様がいるので、いつもなるべく店に近い場所を捜すのです。開店と同時に来ている客が帰る時間帯がチャンスで、店の入り口に近い場所が案外と空くものなのです。満杯の駐車場の割にレジが混んでいないのは、お袋様に言わせると他の店よりレジ係が速いのだとか。 今日はパプリカもアスパラも丁度いいのが手に入った。キャベツはもう新キャベツになっているので、玉が小さいから二つ買っておく。総じて野菜が安いから多くの客で賑わうのだけれど、先週に続いて強力粉の棚が空っぽ。外出自粛で家にいる時間が多いから、皆パンでも焼いているのだろうか。団地のスーパーに買い物に出かけている女将に電話をして何とか手に入れてもらった。お袋様を家まで送ったら、蕎麦屋で野菜を冷蔵庫にしまう。 そして、昼までの時間、今日は月に一度の床屋へ行く日なのでした。珍しく先客がいたので、親父様の手が空くまでソファーに座って四方山話。昼前に家に戻って昨日持って帰った蕎麦を茹で、天婦羅はグリルで焼いて、女将と二人で天せいろ蕎麦。いつもなら、食後にひと眠りするのだけれど、午前中は仕入れと床屋で終わってしまったので、蕎麦屋へ戻って出汁取りをしながら一休みするのです。一番出汁は3 ㍑、二番出汁は追い鰹で 5 ㍑。 鰹節は月初めに営業で回って来た鰹節専門店の若者から、大袋で買ってみたのだけれど、これがなかなか好い削り節だった。スーパーで売っている大袋と値段は変わらないのだけれど、送料を考えると少し割高になる。それでも、香りと味わいが違うから、使い続けてみる価値はあるかも知れない。蕎麦汁を仕込んで冷ましたら、蕎麦徳利に詰めて、二番出汁は天つゆを鍋に一杯作って、残りは容器に入れて冷蔵庫に保管する。これで一時間だ。 気分転換に干したままの洗濯物を畳んで、洗濯機に入ったままの昨日の洗い物を干したら、次は、残り少なくなった返しの仕込みにかかる。それでも、最近はお客が少ないから返しも長持ちしたほうかも知れない。大きな鍋に仕込んだ返しが冷めるまでの間、いよいよ南側のミニ菜園の草刈りを始める。耕してある土だから、生えた草も鎌で刈ればわけもないことなのだけれど、わずか40分ほどの作業でもう腰が痛くなった。袋詰めは明日。 漬物用に買った新鮮な蕪の葉を持って家にも戻れば、公園の辺りに女将とpeko の姿が見えた。昔は「peko ! 来い ! 」と亭主が呼べば、一目散に駆けてきたものだけれど、聞こえたのか聞こえなかったのか、すたすたと歩いて家の方にやって来る。夕食後に出入りの業者の若者から電話が入って、来週は休みなのですけれど明日持って行くものはありますかとのこと。仕方がないから鴨肉だけ頼み、来る時間にまた連絡をしてもらうことにした。

Posted in ミニ菜園, 季節, 料理, 日常, | コメントは受け付けていません。

外出自粛の月曜日か…

昨夜もpeko が寝室の入り口で待ち構えているのを、「ハウスで寝てくれ」と居間に置き去りにして、朝まで7時間ほどぐっすりと眠って目覚めた亭主。6 時過ぎには一緒に散歩に出掛け、ラベンダーの咲き始めたご近所の前を通って、芝桜の咲き乱れるお宅を曲がったから、今日は2 ブロックを回って帰れたのです。何が彼女の老いを早めるのかは分からないけれど、動き回ってよく食べていればまだまだ大丈夫というのが、夫婦の考えです。 家に戻るのがいつもより遅いから、今朝は頑張って歩いていると女将にも分かったのか、朝食はやけに豪華な品揃えでした。筍ご飯になめこのみそ汁、大豆と昆布と人参の煮物に亭主が漬けた蕪と胡瓜のお新香とシラスおろし。メインは小葱と竹輪の卵とじで、すべて蕎麦屋の残り物だけれど、よくぞここまでアレンジしたものと感心。彩りも好いのです。栄養のバランスも考えた高たんぱく低脂肪の素材に、亭主も頭が下がる思いなのでした。 定休日前の今日は蕎麦を打つまいと、昨日の晩から決めていたので、食後に煙草と珈琲を買いに出て、女将が朝ドラに夢中になっている間に、ドリップパックのキリマンジャロを自分で入れて飲む亭主。9 時前に終わる映画を見て、気分を一新させるのでした。蕎麦屋に向かう道すがら、みずき通りを渡ればハナミズキの並木が一面に花を咲かせていたので清々しかった。蕎麦屋のご近所の奥様が掃き掃除に出ていたので「おはようございます」 と挨拶をすれば、「まったく嫌な世の中ですね」と言うから、「どうしたのです ?  」と声を掛けたら、「コロナで…」と笑っておっしゃるのでした。片田舎にある団地の中でも年配の人々は、普段、様々な活動に参加しているから、外出制限や公共施設の閉鎖などで何もすることがなくなってしまうのかも知れない。その点、亭主は、プールへも行けずにダイビング旅行もキャンセルしたけれど、客の来ない蕎麦屋へ毎日出かけているのです。 向かいの畑の親父様もいつもの朝のように早くから野良に出て仕事をしている。朝の仕事を終えたら、今朝はいきなり野菜サラダの具材を刻む亭主。レタスをちぎって切りづらい新キャベツの葉をそろえて千切りにしたら、アーリーレッドをスライスして、パプリカと人参を刻んで皿に盛り付ける。これだけでも十分に彩りは好いのですが、キュウリにトマト、パナップルを添えて、ブロッコリーとアスパラガスを加えるから贅沢なサラダです。 サラダの盛り付けを終えたら、念のために蕎麦打ち室の冷蔵庫を開いて、昨日の蕎麦を確認しておく。生舟ひと箱分がそのままの状態で保存されているから、今日はこれで営業をする。外出自粛になってからというもの、蕎麦はやはり普段の半分の量で充分なのです。時間が余っていたので、南側のミニ菜園にタラの芽やコゴミの様子を見に出れば、もう新しい芽が出て収穫の時期。お客が少ないので、山菜の方が余る状態というのも珍しい年。 天婦羅に揚げても味が美味しいというのではなく、旬の食材を食べて季節を感じる喜びを味わうだけなのでしょうが、今年はそんなお客もめっきりと少ないのです。暖簾を出してもお客が来る気配がなかったから、スタッフと道路際の雑草を取ったり、モミジの赤い花を写真に撮ったりして時間を潰すのでした。散歩やジョギングで店の前を通る人は普段よりも多いのですが、皆さん蕎麦屋を見ながら通り過ぎていく。1 時を過ぎたら賄い蕎麦。 1 時半になったら、大釜の火はつけたまま、幟と暖簾をしまって残った天婦羅の具材を揚げ始める。お袋様にも電話をして天婦羅と蕎麦を取りに来いと言えば、「今日はどこにも出ていないから歩いていく」と言っていた。女将に持って帰ってもらう残り物を袋に詰めて準備をしていたら、ちょうど二人が同じ時間に現れた。風は少し強く、冷たく感じたけれど、昨日が暖かすぎただけ。さて、来週はいよいよ大型連休だけれど普段通りの営業。

Posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, 日常, | コメントは受け付けていません。

今日も心を込めて蕎麦を打った…

ぐっすりと8時間は眠った朝。peko の散歩を女将に任せて、亭主は一杯のヨーグルトを飲んで目を覚ます。いつもの時間に家を出て、いつもの時間に蕎麦屋に着く。朝の仕事を終えたら、玄関わきの馬酔木を眺めて、そういえば駐車場の奥にも馬酔木があったのを思い出す。同じように赤い新芽が出て今年は二本とも元気に育っている。後から植えた紫陽花も、去年は綺麗に剪定したから、同じ背丈で伸びているのです。今年の季節が楽しみ。 厨房に入ってまずは珈琲豆を挽いて、その間に大鍋に水を足す。昨日は客がなかったから、洗い物の片付けはないのです。蕎麦打ちも一回だけだから、時間は十分にある。珈琲を飲みながら、タブレットで昨日のブログを読み返す亭主。寝酒を飲みながら書いた記事は、とかく間違いが多いものだから、朝の頭でもう一度見直してみるのです。向かいの畑では、柿木の奥の家から親父様が畑に出てもう野良仕事を始めている。見習わなくては。 蕎麦打ち室に入って、小麦粉と蕎麦粉を 2 : 8 で計量したら、計量カップに水を入れて計っておく。篩にかけた粉は真っ白で、水回しを始めると少しだけ薄い茶緑がかってくる。45 %の加水でぴったりの水加減。最近は晴れた日には湿度が40 %ほどだから、気温も大して変わらないので、だいたいこの加水率で、しっとりとした生地が出来上がるのです。菊練りまで終えたら、でっち上げて蕎麦玉に仕上げ、ポリ袋に入れてしばらく寝かせる。 捏ね鉢を厨房まで運んでお湯で洗ったら、丁寧に水けを拭きとって蕎麦打ち室に戻す。それでもまだ時間があるから、野菜サラダの具材を冷蔵庫から取り出して、次の作業が始められるようにしておきます。一休みして、再び蕎麦打ち室に入って、今度は地伸し、丸出し、四つ出しと、今日一回限りの蕎麦打ちのチャンスを慎重にこなしていくのです。普段は二回打つのは負担だったのに、客が来なくなったら逆に蕎麦打ちが出来るのが嬉しい。 蕎麦屋が蕎麦を打てない日があるのは、やはり、とても歯痒いのです。だから、日に一回だけの蕎麦打ちも、自然と気合が入って来るというもの。今朝も生地の均等な厚みに十分に気を付けて、八つに畳んでの包丁打ちも、切りべら28 本で130g 越えと、いつになく上出来な仕上がりなのでした。切りムラもほとんどなく、最後まで綺麗に仕上げて生舟に詰めていく。こんなに上出来の蕎麦を、お客には是非とも食べてもらいたいと思うのです。 昨日の今日だから、やはり開店して 30 分はかなり緊張してお客を待つ。以前は、日に15食限定だからと、平日でも開店前からお客が来たものですが、この二週間は、昼を過ぎたころから、やっとお客が来ればいいという具合。今日も昼過ぎになって年配のご夫婦がいらっして、ぶっかけ蕎麦を暖かい汁で注文。小鉢の大根とイカの煮付けが味が染みて美味しいと奥様が褒めてくださる。ご主人は、「さすがに蕎麦が美味い」と言って帰られる。 タラの芽とコゴミがたくさん採れる時期だから、かき揚げと蓮根に添えて天婦羅で載せれば、これは珍しいと喜んでくださったのは、やはりぶっかけ蕎麦を頼まれた次のお客様。実は開店前にスタッフと、コゴミとタラの芽だけを天婦羅にして、ぶっかけ蕎麦を食べていたのです。「ゼンマイとは違うのですか」とは、若いお母さん。採ったばかりのタラの芽とコゴミを笊に入れたまま、席に持って行って見てもらった。今が旬の食材なのです。 お客は少なかったけれどなんとか去年並み。ぶっかけ蕎麦ばかりが随分出たと家に帰って女将に話せば、「今日はあまり暖かくなかったわよ」と言うから、厨房で動いていたから寒く感じなかったのでしょう。夕刻にキャベツを買いに出かけて蕎麦屋へ行って、明日のお新香を漬けていたら、近所に住むスタッフが自転車に乗って、掘ったばかりの竹の子と蕗を持って来てくれた。明日の小鉢を何にしようと考えていたので、とても有難かった。

Posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。

穏やかに晴れた蕎麦日和だったけれど…

雨上がりの朝、家の周りしか歩こうとしない peko を抱いて、公園の先まで連れて行ったら、何を勘違いしたのかあらぬ方向へ歩き出すから、認知症気味なのかと心配になった。暖かくなってきたのに、自分の家からあまり離れると、戻れなくなるから歩かないのか。元気がないわけでもないから、まだまだ老け込んでいるようには見えないのだけれど、毎日のように蕎麦屋と家を往復しているだけの亭主も、他人ごとではないと感じるのです。 蕎麦屋に出掛けるころには青空が広がって、今日は暖かくなりそうな朝なのでした。ゴミ出しに店の前を通る近所の小母さんに挨拶をしたら、「風が冷たいわね」と言っていたけれど、亭主にはそれほど冷たい風とは思えなかった。朝の仕事で動き始めるとすぐに身体が暖まるのは、少しは筋肉が活動している証拠なのか。休館になっているプールでも泳げないから、このところ蕎麦屋の仕事以外に動くことがないのは、実は心配の種なのです。 このところ、お客の数が激減しているから、定休日明けだけれど今日は蕎麦を一回しか打たなかった。生舟にいつもの半分ほどの蕎麦を並べて、夕べ見た夢を思い出す。店の電話が鳴って「今から 6 名で行きますから」と言われ、やはり足りなかったと焦る自分。脅迫観念が無意識の中で働いていたのだろうか。実際には、早い時間ならすぐに追い打ちを掛ければいいのだから、それほど心配することはないのです。これまでにもあったこと。 デザートの金柑大福と野菜サラダはいつもの数だけ用意して、小鉢にはキュウリとカブの漬物と、大根とイカの煮物。「幾つよそいましょうか」と尋ねるスタッフに、「蕎麦が八つしかないのだから、そんなに用意してもしょうがないだろ」とイラつく亭主。女将に言われて、今日からは店ではマスクを着けて営業をすることにしたのだけれど、風邪のはやった年でも、マスクなど着けたことのない亭主には、息苦しく気分が悪くなるのでした。 向かいのは畑ではトラクターで畑を耕している親父様が、いつもは違うのにマスクをして運転しているから驚いたのです。やはり、昨日の報道をみんなよく見ているのだと感心するばかり。今朝も店の前をぞろぞろと散歩の人たちがマスクをして通り過ぎて行った。そのうち二組の方々は蕎麦屋を覗いて、玄関前の看板を見ているから、店置きのパンフレットを差し上げる。のんびりと歩いて、初めて蕎麦屋があったと気が付いた風なのでした。 暖簾を出して 30 分は、いつお客が来るかと亭主もスタッフも緊張して待っているのでしたが、「外食を自粛」という昨日のニュースを皆が見ているわけだから、そうそうお客が来るはずもない。それでいて、亭のような個人営業の店は、休業要請があるわけでもないから店を開けるしかない。営業時間の短縮などと言っても、もともと平日は昼しか営業していない。蕎麦や小鉢の数だけは減らして、普段と同じように営業するしかないのです。 テーブルも椅子もアルコール消毒液で拭いて、ドアの取っ手やトイレも次亜塩素酸除菌液で消毒して、レジの前には手指消毒のスプレーも用意して、窓は半開きにして暖房を入れているけれど、ウイルスブロックのおしぼりを出すお客が来ない。1 時を過ぎたところで天婦羅を揚げ、朝打ったばかりの蕎麦を茹で、ぶっかけで賄い蕎麦をスタッフと食べる。こんなに暖かく晴れた蕎麦日和にお客が来ないのは、開業以来初めてのことなのでした。 自分たちが食べた分だけ洗い物をして、今日は閉店時刻前に蕎麦屋を出るのでした。お隣の玄関の軒下に今年も巣を作ったらしい燕が、電線に泊まって気持ちよさそう。スタッフと別れる道に差し掛かるころ、向こうからやって来たミニパトカーが、大音量でアナウンス。「…外出しないようにしましょう…」嘘のような本当の話。家に戻って今日の写真をパソコンに読み込んだら、石垣島往復の飛行機のチケットを払い戻しする手続きを取る。

Posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち | コメントは受け付けていません。