真夏の陽射しは今日も続いて…

朝のpekoの散歩の時には、上着を着ないと少し涼しかったのに、朝食を終えて蕎麦屋に出掛ける頃には、半袖シャツ一枚でもまだ暑いくらいなのでした。青い空には雲一つなく、これは今日も更に暑くなるという予感がするのです。家のご近所に咲くラベンダーも蕎麦屋の前のバス通りに咲く千鳥草も今朝の青空に映えていたのでした。蕎麦屋に着いたら、まずは外回りの仕事を済ませ、両手に8㍑の如雨露をぶら下げて、東と南側のミニ菜園の水撒きをするのです。

米を研いで炊飯器にかけたら、カウンターに干してある盆や蕎麦皿を片付け、蕎麦打ち室に入って蕎麦粉を計量する。定休日明けの今日は750g を二回打って16食分を用意するつもりなのでした。湿度が少し低かったので加水率は42%。この天気では、まさかお客が少ないと言うことはないだろうから、万が一にも、早い時間に売り切れにならないように、少し多めに用意しておくのです。デザートには昨日仕込んでおいた水羊羹を切って和風の小皿に盛り付ける。

スタッフが自宅の庭から、一輪挿しの花瓶に多すぎるほどの花を持ってきてくれて、店の中が急に華やいで見えるから不思議。しばらく寝かせておいた蕎麦玉を伸し広げて、今日も短時間での伸しを心がける亭主。丸出し、四つ出しを終えたら、そのまま80cm幅で本伸しに入っていけば、生地が若干柔らかいからすんなりと伸びて、これを今度は伸し棒に巻いて、90度回転させるのです。奥行きが90cm 近くになるまで伸し広げれば、幅は75cm になる計算なのです。

二つの蕎麦玉を伸して畳んで包丁切りまで終わらせると、ちょうど10時半近くになるから、野菜サラダの具材を刻めば11時で、葱切りも既に終えているので、上手くすると開店前に賄い蕎麦が食べられるかも知れない。と、パイナップルを切ろうと思ったら、家の冷蔵庫に忘れて来たのに気が付いた。恐らくは、この時間、稽古場に入っている女将に、急いで電話をして届けてもらうのでした。お蔭で賄い蕎麦はなしになり、おまけに早々とお客がご来店なのでした。

工事用のトラックに乗って職人さんがいらっしたかと思ったら、先に年長者らしい老人が席について、後三人来るからとおっしゃる。四人分は一度に作れないからと、先に注文をお聞きしたら鴨せいろのご注文だったので、言ってみて好かった。冷凍の鴨肉を解凍している間に、残りの三人もいらっして、せいろ蕎麦の並と大盛りとぶっかけ蕎麦のご注文。四人ともそれほど時間を違えずにお出しすることが出来て好かったのです。その間に、ご夫婦のお客様のご来店。

12時前にこれだけお客が入るということは、やはり今日は混んでできそうな気配なのでした。カウンターにもお客が座って、駐車場は既に満杯。蕎麦は平日にしては、十分に用意したとは思っていたけれど、最近は、少しお客の方が多いこともあるので、ちょっと不安なのでした。それでも、洗い物をする余裕はあって、生舟の二箱目に入ったのは1時過ぎだったから、なんとか間に合いそうなのです。今日の小鉢はもずくと胡瓜の酢の物で針生姜を添えてお出しした。

万が一、足りなくなったら困ると、胡瓜と蕪の浅漬けを作っておいたのが正解で、その後にいらっしたお客がノンアルコールのビールと鴨せいろをご注文なのでした。付け出しに同じ小鉢は使えないから、手を替え品を替えての対応をする。人に聞いて霊犀亭を訪ねていらっしたとかで、ご自分で経営なさっているお店でも、お客が話題にするのだとおっしゃるのでした。かなりゆっくりとなさって「ご馳走様」と笑顔で帰って行かれたのが好かった。やっと閉店の時刻。

明日は今日よりも暑くなると言うから、先週も金曜がかなり混んだので気が抜けないのです。家に戻って一休みしたら、買い物に出た女将に続いて、亭主もプールに出掛けるのでした。昼の疲れを取るためにも、ゆっくりと泳いで全身の筋肉をほぐす。例によってパリ空の下を口ずさみながら、今日は6行目までを諳んじたけれども、7、8 行目は発音が難しく、車の中で流れるグレコの歌もレロレロとしか聞き取れないのです。今夜は、また電子辞書で調べなければ…。

…そして、夜になって、Leur bonheur se construit sur un air fait pour eux.を調べれば、亭主の直訳は、「彼等の幸せはその雰囲気のもとで形作られる。」だけれど、「その」は曲の最初のフレーズのune chanson だろうから、少年の心の中から今日空に飛び立った歌が幸せを呼ぶという事になるわけか。ここまで理解しないと、歌の文句の一つも歌えないなんて、フランス人の頭はどんな作りになっているのか。それとも、あまりにも語学力がない自分のせいなのか。

 

定休日二日目も美術館通いで…

昨日の失敗にもめげずに、7年目で6回の入選を果たした女将に付き合って、今日も六本木まで出掛けると言うので、朝の5時から蕎麦屋へ行って仕込みを始める亭主なのでした。昨夜のうちに蕎麦汁を仕込んでおいたから、明日の分を蕎麦猪口に詰め終えたら、まずはコーヒーを一杯飲んで、今朝の段取りを考えるのです。実は、寝ぼけまなこでは包丁を使うのも心配なのですが、冬瓜を切って味が染み込むようにと塩擦りをしたら、下茹でをして次の準備に備える。

昨日仕入れたカボチャの種を取って切り分けをしたら、明日の天麩羅に使う分だけレンジで火を通しておきます。朝のうちに出来ることは、あとは冬瓜を海老と出汁醤油で煮ておくことぐらい。この間は、唐辛子を輪切りにして味つけをしたのだけれど、辛いのが苦手なお客様もいるかと、今回は塩味だけで出汁の風味を生かしたつもり。隣の畑のひまわりは、また今朝も沢山花を咲かせ、農家のお爺さんに見守られて、蕎麦屋の仕込みをしているような気がする亭主。

家に戻れば今度はpekoの散歩で、亭主は早朝から動きっぱなしだったから、朝食に蕎麦を茹でて食べたら、もう眠くなって横になるのでした。それでも朝ドラの終わった時刻には、朝食の後片付けを終え、さっさと洗濯物も終わらせて、着替えを済ませた女将がもう起こしに来る。彼女にしてみれば、国立の美術館に自分の作品が飾られるのは、一年に一度の晴れの舞台なのだから、亭主も必死で駅までの道のりを歩き続ける。昨日よりは涼しい朝だから心地よい。

弱冷房車の車両の位置も覚えたので、今日は快適に電車で移動が出来た。連日のお出かけとあってか、疲れているらしい女将は隣の席ですやすやと眠っている。朝食後の仮眠が功を奏したのか、亭主はまったく眠くないから困った。昨日来たばかりの乃木坂の駅で降りると、美術館への通路は何故かもの凄い人の数。朝刊を読んで来た女将が、「今日からルーブル展が始まるのよ」と、今ごろになって言うから面白い。人混みをかき分けて書法展の開場に辿り着く。

昨日が休館日だったからか、こちらも一階の入口はかなり混雑していて、展示場所を調べるコーナーも行列が出来ていました。社中の入選者の名前を二人で調べて、やっと展示場に向かえば、二階、三階の展示場に行くに従って人の数は減ってくるから不思議なのです。お目当ての作品をしみじみと眺めて、他の入選者のそれと比べて見るのだけれど、書体の種類も多く、最近では調和体という和漢混交のものまであるから、奥の深いのがこの世界なのか…。

一時間足らずで会場を出て、昨日は美味しい鮨を食べたからと、今日はトンカツを食べようと事前に亭主が調べておいたミッドタウンにあるトンカツ屋へ向かう。実は、有名なピザ屋も近くにあったので、ちょっと悩んだのだけれど、「いつもトンカツを食べたいと言っているのだから」と言う女将の一言で昼食場所を決めたのです。お目当ての店に着けば、運良くまだ昼の混雑前で空いていて、お勧めの料理を二人で注文する。亭主は珍しく生ビールを頼んだのでした。

ルーブル展初日の美術館は長蛇の列でしたが、街にも次第に人が溢れて、平日でもやはりこんなに沢山の人が出るのかと、久し振りに都会の賑わいを肌で感じる女将と亭主。簡素な作りのトンカツ屋の店内も、あっという間に満席になって、若いホールスタッフが忙しそうに立ち動いているのでした。帰りは赤坂の地下鉄の駅から電車に乗って、家路につく二人。二日間の都内往復はそれなりに体力のいる活動で、団地の駅から自宅までの距離が遠く感じられた。

2時過ぎに家に着いた亭主は、シャワーを浴びてまた一眠り。夜の防犯パトロールの前に、また蕎麦屋へ出掛けて仕込みを続けなければならなりませんでした。気温は下がったとは言え、湿度が高いから、少し動くともう汗が噴き出るのです。明日の営業のために買い残した食材を仕入れに、隣町のスーはパーまで車を走らせて、結局、夕食は食べずに夜の巡回に出る。9時前に家に戻って、軽い夕食を食べながらアジア大会の中継を観る。疲れた一日です。

久々に美術館に出かけてみれば…

昨日は、夕刻のデイパトロールで歩き回ったからか、早く休んだ夜は目を覚ますこともなく朝までぐっすり眠ることが出来ました。いつもの朝よりは涼しかったので、pekoもよく眠れたのか、元気に蕎麦屋回りの散歩に出掛けるのでした。庭の朝顔が昨日にも増してびっしりと花を咲かせて、「今朝が一番綺麗よ」と喜ぶ女将の声が聞こえる。蕎麦屋の下の階段を昇れば、お隣のひまわり畑も随分と沢山の花が咲いているのでした。さすがは農家のお爺さん、感謝感謝。

古くから団地に住むご近所は皆さん花好きで、この時期も何かしら通りに面して花を咲かせているから目を楽しませてくれるのです。今年は百日紅も随分とよく咲いたと、昨日パトロールで一緒だった年配の奥様も言っていた。暑苦しい南国風のノウゼンガズラは、確かに梅雨の終わりの時期と二度咲いているから、今年はやはり暑い日が続いたのです。今日は、女将と六本木の新国立美術館に出かける予定なのでしたが、その前にお袋様と今週の仕入れに行く。

農産物直売所で顔見知りの農家の奥様に挨拶をして、「いつもオクラを天麩羅に使わせてもらっていますよ」とお礼を言う亭主。今週はナスやピーマンは蕎麦屋の常連さんに沢山頂いたから仕入れずに済んだ。蕎麦を食べる値段よりも値の張るお土産を毎回持って来て下さるから、恐縮至極なのです。隣町のスーパーに出かけて見ると、今朝はミツバもパフリカも椎茸もまだ荷が入っていなかった。火曜水曜は野菜の日と銘打っているから、助かるのだけれど。

こちらが仕入れに行く時間帯が早すぎるらしい。蕎麦屋へ戻って仕入れた食材を収納していたら、隣のひまわり畑でお爺さんがトラクターを走らせている。どうやら雑草が生えないようにひまわりの間の土を掘り起こしている様子。外に出て「随分咲きましたね。有り難うございます。お店のお客さんも喜んでいますよ」と亭主が挨拶をする。90歳近い年齢だというのに、毎日、本当によく働くから頭が下がるのです。家に戻って、早速、駅まで歩く準備をするのでした。

普段、雪駄しか履かない亭主が革靴を履くのはほぼ一年振りか。靴下を履かなければならないのがまた億劫で暑苦しいのです。女将と二人国道までの近道を歩いて、涼しいとは言いながら、次第に汗ばんでくるからやはり湿気が多い。普段も歩き慣れている女将の方は、しっかりと家々の日陰になった部分を歩いているからさすがなのです。30分近く歩いて、汗だくになったところで、今度はクーラーの効いた電車に乗り込むのだから、身体の調子が悪くなるはず。

ところが、1時間以上も電車を乗り継いで、乃木坂の駅の改札口を出たところで、二人の目が点になったのです。なんと、新国立美術館は定休日で「出口通路は使えません」と張り紙がしてあるではありませんか。美術館の定休日は月曜日とばかり思っていたから、二人ともまったく意外で呆然と佇むのでした。やはり定休日だとは知らなかったと、老夫婦が壁際で立ち尽くしている。このまま帰るのでは悔いが残ると、調べておいた美味しい寿司屋へ向かうのでした。

入口近くのカウンターに座れば、奥行きのある店内には名のある書家の書いたらしい作品が並んでいるではありませんか。「……花は咲く?」と亭主が読むと、板場の親爺様がうんと頷いて、「念ずれば…」と前の文字を読んでくれた。脇の壁一面に智恵子抄の一節を書いた大作が飾られている。「美術館の傍だから」と女将が言うから「お客さんでいらっしゃるのでしょ」と亭主がフォロー。美味しい店には著名人も集まるもの。小さなシャリに載ったネタも最高でした。

結局、美味い鮨を食べただけで、また電車にゆられて家まで帰る。「電子レンジが壊れたので、ご飯を温められないのよ」と、昨日から女将が言っていたから、ショッピングモールの電気店に行って、操作の簡単なレンジを買って帰る。どおりで今朝も珍しく亭主と蕎麦を食べたわけだ。少しのご飯を蒸かし釜にかけるのも面倒らしい。「明日もう一度行くの?」と女将が言うものだから、仕入れも仕込みも夜のパトロールあるけれど何とかなると、昼飯の場所を調べる。

重陽の節句はいろいろな人に会えて…

涼しい朝でしたが、陽が昇るにつれてやはり暑くなる。これが残暑とは言うけれど、今日は天気のことよりも朝の仕込みに大わらわ。このところ週末は蕎麦屋もお客でかなり混んでいるのだけれど、古い付き合いの教え子たちが、ロスアンゼルスから一時帰国する級友と共に霊犀亭を尋ねてくれるというので、亭主は昨夜から仕込みに余念がない。終わらない分は朝早くから蕎麦を打ち終えて仕込みに懸かり、サラダの野菜を刻んでいるうちにもう彼等が来店した。

蕎麦はしっかりと40%以下の加水で打ち上げて、包丁切りもまずまずの仕上がり。生舟二箱分の蕎麦で、昼だけの営業だから十分な数のはずなのでした。一般のお客がご来店の前に、カウンターに座った一回り近く若い彼等に、今日はミニ会席でのおもてなし。アメリカはもちろんのこと、皆、都内や県内の遠くから来てくれたのです。「他のお客も来るんですか」と、小さな蕎麦屋の週末のかき入れ時を知らずに尋ねるから、年を取ってもやはりまだまだ若いのか。

案の定、昼を過ぎたら彼等の倍の人数のお客がいらっして、一時、全席が埋まった。一度に8人の職人風のお客がテーブル席を埋めて、大盛の蕎麦を次々と注文するものだから、あっという間に蕎麦が売り切れる。カレーライスのご注文や親子丼セットや天麩羅蕎麦など、思った通り、厨房はてんてこ舞いなのでした。それでもカウンターで開店から閉店の時間まで、ゆっくりとしてくれた皆さんに感謝。デザートに青梅寒天とパウンドケーキを出して、コーヒーで終了。

それからが女将と二人で休み無しの洗い物。いつもと違って皿の数が多いから、14人分の食事の後片付けは並大抵ではないのです。朝が早かっただけに、女将も腰が痛いとこぼしていたっけ。亭主は夕刻からの里佳さんの個展に間に合わせなければと、蕎麦屋にタクシーを呼んで、とうとう昼も食わずに東京へ出掛ける忙しさなのでした。でも、ヘルシーランチの少し高級なバージョンで、ミニ会席という趣向は、4人ぐらいのお客様には案外いいかも知れない。

それには、現在の予約を受け付けませんという形を少し変えなければいけない。あらかじめ仕込んでおけるものを用意するためには、前日までにはミニ会席に限り要予約としなければいけない。今回は、冷やし田楽に添えた衣かつぎの里芋の皮が剥きにくいと言われたので、やはり直前に茹でてお出しするほかはないのかも知れない。いろいろ反省もあるけれど、お皿を出したり下げたりする手間があるから、スタッフと十分に相談をして考える必要がありそうですな。

日除け暖簾の前で撮ってもらった記念写真は、みんないい顔をしていたから素晴らしい。女将も亭主も、朝からの疲れを忘れてはいチーズ。これから皆で母校を訪ねて、夜の部の開始だと言うから、さすがにまだまだ若い世代。夜の営業を休ませて頂いて、亭主は一人六本木に出掛ける。地下鉄の中では始発の駅から座ってはいたものの、疲れすぎて空腹で眠ることも出来ないから驚いた。やっとかの地でコーヒーとサンドイッチを食べたのは、もう5時前だった。

個展の会場のタカ・イシイギャラリーは、六本木ヒルズのすぐ手前にあって見つけやすかった。麻布警察署の手前を曲がって、狭い道を右手に折れれば、もうすぐに見える。出来てまだ間もない新しい建物のようでした。2階は違う絵画の個展のようで、野口里佳さんの会場は3階。オープニング・レセプションは6時からなので、亭主はその前に里佳さんとご主人にご挨拶。5年前の伊豆フォトミュージアムの時には赤ん坊だった娘さんが会場を元気に走り回っていた。

今回の撮影ではシュノーケリングを覚えたと言うから、先が楽しみなお嬢さん。タイトルの「海底」の写真群は幻想的な青の光が、いつもながら印象的でした。沖縄に居を構えたと言うからきっとこの続編が生まれるかも知れない。真夏の太陽をサンゴ礁の海から見上げたり、洞窟に差す月の光を捉えたり、きっとフィルム写真ならではのトーンが新しい作品を生むのかも。会期は10月の7日(土)までだというから、芸術の秋に目から鱗の体験をなさってみては…。