Category Archives: 運動・健康

蒸した曇り空も夕刻には晴れて…

今朝も6 時起床。ヨーグルトを一杯飲みながらテレビのニュースを見て、待ちかねているpekoを連れて散歩に出ました。霧雲が垂れ込めて駅前の高層マンション群が霞んでいます。朝は涼しくて心地よいけれど、湿度が高そうだから今日も蒸し暑くなりそうなのです。坂の途中のお宅のクチナシの花が何時の間にか沢山咲いて、甘い香りを漂わせていました。仕事に出掛ける息子さんを車が見えなくなるまで見送るお母さん。なんと優しい。 今日は 1 ブロックをぐるりと回って家の前に着けば、通りに面した我が家の木槿も何時の間にか沢山咲いているから不思議です。夜露と明け方の気温の関係か何かで花のつぼみが開くのだろうか。pekoに朝食をやって、自分は女将の作る朝飯を待つ亭主。天気予報は日中は昨日よりも暖かくなると言う。昨日の蕎麦は一人分しか残っていなかったから、果たして今日はどれだけ蕎麦を打てば好いか。ぐるぐると頭の中で考えを巡らせるのです。 蕎麦屋への道すがら、ご近所のご主人に会って挨拶をすれば、「これからですか ? 」と笑って挨拶を返されました。恐らくはコロナ騒ぎの影響で、確か先週は木曜日にお客が来たかと思ったら、金曜日はゼロだった記憶が生々しい。でも、その前の週は二日続けてまずまずのお客。最近は常連さんたちのご来店ではないところが、数を読めない理由でもあるのです。朝の仕事を終えて、蕎麦打ち室に入れば、気温は23℃、湿度は75%なのでした。 迷ったけれども、蕎麦粉の新鮮さを信じて、加水率38%で捏ね始めたら、案の定、少し柔らかいほどの生地の仕上がりなのでした。このデータを解析する方程式が作れるのだろうか。昔から、多くの蕎麦打ち職人が蕎麦を打ってきて、やはり最後は名人の言うとおり掌に一杯の水を残しておくと言うのが、真実なのかも知れない。切りべら27本で135g の仕上がり。今日も好い蕎麦が打てたのです。10時過ぎに蕎麦打ちを終えて、厨房に戻る。 気温は高くなって蒸し蒸しとする陽気だったから、窓を開けたままエアコンを送風にして今日のデザートの抹茶きな粉大福を包む。昨日よりもお客が来ることを願ったものの、今日は三皿だけにしました。やはり、二日続けてはなかなかお客が来ないかも知れないというのが、人々が新型コロナの感染を危惧するこの時期の不安なのです。果たして、野菜サラダの具材を刻んで、開店はしたものの開店後も一時間ほどは、お客を待つ状態でした。 12 時半を過ぎても、お客の姿が見えなかったから、打った蕎麦の端切れを合わせて、スタッフと少しずつぶっかけ蕎麦を食べておく。ちょうど食べ終わったところで、タイミングよく車が駐車場に入ってきました。なんと、一度に四人のご家族のご来店なのでした。スタッフがとろろ芋を擦る擦る間に、亭主が四つの盆と蕎麦皿や小鉢と蕎麦汁をセットしておく。蕎麦を茹でるのはわずか40秒だから、このくらいしなくては早くは出せない。 蒸し暑くなった午後は、エアコンの送風を冷房に替えて、お客を待つのでしたが、ラストオーダーの時間になって、暖簾と幟をしまって片付けを始めるのでした。先週のようにゼロではなかったのが唯一の救いか。家に戻って女将に今日の報告をしたら、亭主はパソコンに今日の売り上げと写真のデータを入力して、例によってひと眠り。女将がスポーツクラブに出掛ける物音を聞きながら30分ほど眠ったら、暇をもてあます peko の相手です。 早い夕食に一人で素麺を茹でて食べる亭主。麺類は好きだから抵抗はないけれど、昼飯の量も少なかったらちょっと物足りない。それでも、夕刻にプールへ行くことを考えて、1時間以上休んだら、蕎麦屋に行って明日のお新香を漬け、とろろ芋がなくなったからと近くのスーパーに出掛ける。ところが、6 時までの営業で店が閉まっているから、そのまま早い時間にプールに出掛ける。子ども達の水泳教室が終わって空いていたから極楽極楽。 f

Posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

昼過ぎまでは雨だったけれど…

明け方の地震で目が覚めて、寝ぼけ眼で外を見れば雨でした。うとうとしながらもう一度眠ったのか、6 時を過ぎたので peko に朝の食事をやる。テレビのニュースで今朝の地震を解説していたけれど、震度4というからかなり大きかったのです。しかも震源が千葉県東方沖で、どうして緊急地震速報が鳴らなかったのか不思議なのでした。朝食までにはまだ時間があったから、再び床に入ってひと眠りするのでした。8時前に朝食を済ませる。 朝ドラの前に女将が入れてくれたコーヒーを飲んで、洗面と着替えを終えたらすっきりと目が覚めました。傘を差していつもの時間に家を出れば、通りの側にも木槿の花が咲いていました。つぼみが一杯あるから、まだまだこれから沢山咲くのでしょう。雨が小降りの間に幟を出して、米を研ぎ、ぬか漬けを取り出して、キュウリとカブを切り分けたら、小鉢に盛り付けます。大根のなた漬けと筑前煮もあるから、今週の前半はこれで十分です。 今朝の蕎麦打ち室は 21℃ と今までなく涼しい。湿度は80%だから、加水に悩むのです。そんなときは少し少なめに加水しておいて、捏ね始めてから考えるしかないけれど、気温が低すぎるのです。40% 弱で水回しを始めたら、これが上手い具合にこなれて、あまり力も要らずにしっとりと硬く仕上がったから好かったのです。伸しても畳んでもそれほど打ち粉を使わずに、軽やかな包丁打ちが出来ました。切りべら27本で130g 越えでした。 前掛けに着いた粉を払いに玄関に出れば、駐車場に二箇所ある紫陽花が綺麗に咲いている。朝からこの天気ではあまりお客は見込めないだろうと思いながら、厨房に戻って今朝は思い切って抹茶きな粉大福を二つだけ包むことにしました。残っても翌日に出せないことはないのだけれど、きな粉が水気を吸ってしまうのが気になっていたのです。そんな今日は、ちょうど二つだけ売れたからほっとしました。サラダは一つだけしか出なかった。 亭主が葱切りを済ませ、野菜サラダの具材を刻んでいる間に、スタッフに言ってなた漬けと筑前煮をふた鉢ずつ盛り付けてもらいました。昨日、作って家へ試食用に持ち帰った筑前煮も、鶏肉を小さく切ったら硬くなくて美味しかったから、お客様に食べてもらいたいひと品です。天せいろにはさっぱりとお新香を、せいろ蕎麦やおろし蕎麦など他に添え物の少ないメニューには、別の小鉢を出していますが、日によって違うからなかなか大変。 今日は雨で涼しいのに、天せいろのご注文がほとんどだったから、お新香が随分と出ました。雨の降りしきる中を車で蕎麦を食べに来てくれたお客は、皆さん新しいリピーターの方で、古くからの常連さんが戻って来られれば、随分とお客の数も増えるのだろうと、淡い期待を抱いてしまうのでした。今日は肌寒かったから、鴨南蛮やカレー蕎麦が出たらサラダが付くので、野菜サラダはいつも通り三皿盛り付けておいたのですが、予想は外れ。 1 時半になるからと、スタッフと賄い蕎麦を茹でてぶっかけで食べ始めたら、最後のお客がいらっしゃる。今日は大盛りも出たせいもあって、生舟の中も一人分を残して空になったので、これでお蕎麦は売り切れとしました。閉店時間になるまで、ゆっくりと蕎麦を召し上がっておられたお母さんと娘さん。亭主は明日の天麩羅の具材を切り分けて、容器に詰めておく。洗い物も済んでいたから、早めに店を出て家に帰る。雨は止んでいました。 夕方までひと眠りして、5 時前に夕飯の支度をする。女将が開いておいたイワシが残っているというので、亭主は、早速、片栗粉をまぶしてフライパンで焼き、玉葱とニンジンを入れたら、焼き肉のタレで味付けして、蒲焼き丼を作る。食休みの間にブログを書き進めて、今日は、6 時半前にプールに出掛けたのでした。子ども達の水泳教室が終わったばかりで、一人ひとコース。みんな泳げる人ばかりで、そうかこの時間帯が好いのだと納得。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

寒い雨の一日…

夜まで営業のある週末は久しぶりに忙しかったからか、二日続けて peko のいる居間に戻らずに床に就きました。夕食は豚のハラミの串焼き二本と野菜サラダと日本酒一合弱だけ。空腹感よりも眠気が勝ったのでしょう。だから、今朝は 5 時過ぎに目覚めて、雨の降り出す前に peko の散歩に出掛けられたのです。清涼感のあるアガパンサスの咲くお宅を過ぎて、やっと自宅の前の通りに出れば、涼しいからかここからがうろうろして長い。 5 時には目覚めて寝床で目覚めのヨーガをしている女将も、亭主が早く起き出したから、今朝は台所に早く入って朝の支度をしてくれました。昨夜床に就く前に「明日の朝は何を食べるの ? 」と聞いたら、「そろそろ銀ダラを焼こうかしら」と言っていたので、買って来た亭主は楽しみにしていたのです。40年も前に亡くなった親父様が好きだった魚で、近ごろはだいぶ値の高い魚になっているけれど、子どもの頃の味覚はまだ健在なのです。 いつもの時間に傘を差して蕎麦屋に出掛け、朝の仕事を終えたら、今朝は夕べ仕込んでおいた返しを鍋から甕に移しておくのです。そして、小鉢に使う浅漬けを漬けたら、冷えた蕎麦茶を飲みながら、窓の外の雨を眺めて、今日の算段を考える亭主。夕べの女将の話では、去年のこの週の月曜はお客がなかったと言うのです。彼女の三年日記は天気やお客の数まで記録しているから凄い。風まで出て来たから、今日はどうなのかと思案に暮れる。 それでも、昨日の夕刻に追い打ちをかけた分だけでは足りないので、今朝も500g だけ打ち足すことにしました。蕎麦打ち室の温度は22℃、湿度は80%。これも難しい数字だったけれど、昨日到着したばかりの蕎麦粉の新鮮さを信じて、今日も39%弱の加水で蕎麦粉を捏ね始めたのです。涼しかったから長袖の上に前掛けをして亭主も、やっと身体が温まって元気が戻る。商売だからと言うのではなく、やはり、蕎麦打ちは楽しいのですね。 蕎麦打ち室の窓の外には、雨に打たれた紫陽花が綺麗な姿を見せてくれている。石垣島の海メロで、伊原間湾を眺めながらその日のダイビングに思いを馳せるのと同じ気持ちだ。新型コロナ感染の第二派の行方を見定めないと、遠出は出来ないと思ってはいるけれど、ワクチンが出来れば一安心なのではないかというのが、女将と亭主の考え方。特に、若いときに過誤腫で肺の手術をした亭主にとっては、まだ大きなリスクは避けたいのが本音。 厨房に戻って野菜サラダの具材を刻んだら、月曜日だからと二皿だけ盛り付けて、今朝漬けたばかりの浅漬けを小鉢に盛り付ける。雨と風はますます酷くなるばかりで、今日は到底お客は見込めまいと、外の様子を見に玄関を出たら、年配の女性がちょうど店の前で立ち止まっているではありませんか。「ラベンダー畑まではまだ随分ありますか」と尋ねられて「この雨では歩いては遠いですよ」と応える亭主。「蕎麦でも食べていこうかしら」 遠い町からいらっしたらしく、帰りのバスの時間まで調べているらしかったのです。横浜に住む古い友人もこんな出歩き方をするのかしらとふと心配をする。もうラベンターの季節も終わりなのに、雨の中を駅から2キロも歩いて来たらしいのです。すると、降りしきる雨の中を駐車場に車が入って、リピーターの若いご夫婦がご来店。隣町からわざわざ霊犀亭の蕎麦を食べにいらっしたのだとおっしゃるから嬉しかったのです。人はそれぞれ。 月曜日は帰りの後片付けが大変なので、開店前にスタッフと賄い蕎麦を食べておきます。今日も雨の中を女将が残り物を取りに来てくれました。新型コロナのお蔭で、仕入れも少なくなったから、残り物は亭主と女将で一袋ずつ。後ははスタッフに持って帰ってもらうのでした。家に戻ってひと眠りをしたら、早い夕食を食べてまたひと眠り。7時前にプールに出掛けてひと泳ぎする亭主でしたが、疲れていたのか今日は身体が重かったのです。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, , 蕎麦打ち, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

梅雨の晴れ間は蒸し風呂のようで…

夕べはあまりにも暑くてハーフパンツにTシャツのまま床に入りました。今朝も同じような陽気だから、今日は相当に暑いのだろうと覚悟していたのです。蕎麦屋に着いてまずモミジの苗木たちに肥料を与え、駐車場の紫陽花の様子を見て回りました。どういうわけか日陰にある花だけが本来の色合いを出しているようです。水を撒いても5 分と経たないうちに乾くコンクリートの照り返しで、陽の当たる場所の花は陽焼けしてしまうのかしら。 店の中はまだ早い時間だからか逆にひんやりとしていました。奥の座敷まで窓を全開にして、店は少しだけ開けてエアコンを効かせます。まずはコーヒーメーカーが豆を挽いてくれるまで、厨房の椅子に座ってメールのチェックをしたら、今朝のニュースと天気予報を見ておくのです。どうもFacebookはタブレットの受信状況が宜しくない。月曜日はあまり仕込みも多くないから、9 時過ぎに蕎麦打ち室に入ります。室温は25℃、湿度は70%。 昨日は思ったほどお客が入らなかったので、生舟には随分蕎麦が残っていました。今朝は500g だけ打ち足して、なんとか12人分だけ蕎麦を用意することにしました。勿論、それでも多すぎるくらいだとは思うのですが、二日続けて雨の後の晴れた日だから、案外お客が来るかも知れないと考えたのです。案の定、開店時刻10分前からお客のご来店なのでした。「10分前なら、店の中で待ってもらいましょう」とスタッフには言ってあるのです。 介護タクシーの大型ワゴンが駐車場に停まって、スタッフが何やら話をしていたから、亭主も厨房に出れば、運転手さんと介護の職員と車椅子のお婆さんが入口のテーブルに座っていたのです。車椅子のお客の時は、椅子を一人分だけ蕎麦打ち室に入れることにしている。注文を決めるまで時間がかかる。今朝も39%の加水で蕎麦粉を捏ね始め、硬くても玉が小さいから、力を入れて捏ねている間に、しっとりとした生地に仕上がるのでした。 昨日の反省から、今朝は四隅をなんとか直角に仕上げたので、畳んでも切りやすかった。切りべら28本で130g 越え。ちょうど好い太さなのですが、いつもよりは薄く伸しているから昨日よりも細め。やっと決まった注文が、とろろ蕎麦と天せいろと親子丼とせいろ蕎麦のセットだったから、スタッフがとろろ芋をする間に亭主が盆と蕎麦皿、薬味や蕎麦汁のセットを済ませる。天麩羅を揚げて蕎麦を二つ茹で、とろろ蕎麦と天せいろを出す。 親子丼は煮込んで冷凍した具材を解凍するのに時間がかかるから、どうしても後になるのです。そうしている間に、昼前だというのに玄関にお客が現れて、「予約してあるかね。四人なんだけれど」と見覚えのある老人なのでした。「テーブルにどうぞ」とお茶を出して、皆さんが揃ったらまずはビールで乾杯なのでした。毎年、いらっしゃる酒好きの老人四人組で、「後は適当につまみをみつくろって」と言われて、串焼きや天麩羅を出す。 開店前にスタッフとぶっかけ蕎麦を食べておいて好かった。急に賑やかになって、酒も入るから窓を少し大きめに開けさせてもらう。外は熱風が吹いているという感じ。その後もお客は来たのだけれど、あまりにも老人たちが賑やかなので、「済みませんね」とデザートをサービスして勘弁してもらう。閉店時間前に、やっと仕上げのせいろ蕎麦。女将に電話をして事情を話し、残り物を取りに来る時間を遅らせてもらう。有り難いお客でした。 平日には珍しく、沢山のお客が入った一日でした。3 時前にやっと洗い物や片付けを終えてスタッフと店を出る。むーっとする陽気の午後なのでした。家の玄関脇に咲く団扇サボテンの花は、さすがに暑い土地の生まれと見えて、暑さなど気にしない様子。peko のためにクーラーを入れてある居間で涼んだら、今日のデータをパソコンに入力。ひと眠りして夕飯を食べたら、夜のプールに出掛ける亭主なのでした。八時前から混み出してくる。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

梅雨入りだというのに、青空の広がった一日で…

これが梅雨入りの朝なのかと思うほど、今朝は綺麗な青空が広がっていました。ただ、かなり湿度が高いらしく、蒸し蒸しとした陽気なのでした。みずき通りをバス通りまで昇ったところで、会社に出掛ける例の若奥さんに出会って「朝から暑いですね」と挨拶を交わす。家の娘くらいの年頃だろうか、毎日、1 km 足らずの距離を歩いて通っているから偉いと思って見ているのです。蕎麦屋に着いて早速モミジの苗木に水遣りをするのでした。 外が暑いせいか、珍しく店内が涼しく感じた。朝の仕事を終えて、冷蔵庫に入れてあった冷たい蕎麦茶を飲みながら、今朝もメールチェック。 Facebookとニュースのサイトを覗いたら、もう一度佐倉市の天気予報を見る。日中は曇りらしいけれど、湿度は高そう。蕎麦打ち室に入れば、昨日よりは気温が低く27℃、湿度は70%を越えていた。今朝の加水率も40%弱で蕎麦粉を捏ね始める。最初は硬く重たいけれど、徐々に柔らかくなった。 切りべら28本で 130g 越え。今朝は奥行きが 2cm ほど短かく伸し終えたから、畳んだ時に少し縦の長さが少なかったのです。切り終える8束目の最後になると、駒板の押さえが甘くなるのか、包丁の切り方が雑になるのか、途中で刃先の掃除をしているのに、トントンという音が聞こえずに、グニャッという感触になった。湿度が高いと、こんな所にも影響が出てくるものなのか。これだと加水はもう少し減らしても好いと言う気になります。 デザートには水羊羹を仕込んであるから、厨房に入って野菜サラダの具材を刻み始めます。昨日は一つも出なかったけれど、ヘルシーランチセットが出るとすぐになくなるから、いつものように三皿だけ盛り付けておく。コロナ渦で最近は、お客が少なくなったから週末も同じ数だけのサラダで、定休日前の月曜日は二皿だけの用意。デザートもこれに合わせ、三皿だけ切りわけて皿に載せておいた。ところが今日は二皿ずつ出たのです。 歩いていらっした年配の女性の二人連れで、ヘルシーランチセットを天せいろでご注文だったから、食べきれるかと心配したのですが、無事に完食。満足そうな様子でゆっくりとなさっていらっした。やはり暑いからか、天せいろやぶっかけなど天麩羅がよく出るのでした。昨日と今日のお客の入りを見ると、コロナ渦以前の平日と変わらないから嬉しい。だいぶ人が出るようになったのかも知れない。ただ、ご近所の常連さんたちはまだ…。 1 時を回ったところで、生舟に三束ほど蕎麦を残したまま、昨日と今日の端切れを茹でてスタッフとぶっかけ蕎麦を食べる。一人 90g ほどの分量なのだけれど、小さな椀で天麩羅を載せるから、ボリュームはあるように見える。実際に食べてみて、ちょうど好い分量だと二人で話をするのでした。食べ過ぎると、お腹に溜まって眠くなるし、苦しくて動けなくなるから、腹八分でいいのかも知れない。お客と同じ量ではやはり多すぎるのです。 今日は間を開けてお客が入ったから、洗い物もすべて早め早めに片付いていました。2 時過ぎにスタッフと店を出てみずき通りを渡った頃も、まだ青空が覗いて蒸し暑い午後なのでした。家に着く直前に、大釜を洗った後、火を点けて乾かしたままだと気が付いたから、急いで車で店に戻って確認をする。家庭用のガスレンジだから安全装置が働いて自動で消火するはずなのだけれど、火は弱火になって点いたままだった。注意しなければ。 家に戻ればpekoのいる居間のエアコンが入っていた。さすがに今日は暑かったらしい。書斎のエアコンが効いてきたところで、今日の売り上げと写真のデータをパソコンに取り込み、亭主は午後のひと眠り。冷や奴と金平や冷蔵庫の残り物で早めに簡単な夕食を済ませたら、1 時間半は休んで、亭主は夕刻のプールに出掛ける。子ども達のスイミングも終わって、夕食時だからかやけに空いていた。途中にある居酒屋レストランは混んでいた。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

昼まで晴れて蒸し暑く…

雲は多かったけれど、朝から近所でヒヨドリが鳴いて、その姿が青空に映えているのでした。蒸し暑い朝なのです。本来は渡り鳥のはずなのに、最近は一年中見かける気がする。pekoの散歩も無事に終えて、朝食を食べたら女将がコーヒーを入れてくれた。女将の朝ドラの終わる時間に亭主は蕎麦屋に出掛ける。みずき通りを渡って、蕎麦屋の右手の畑に伸びていた沢山の草が、綺麗に刈り取られているのに気が付いた。やはり牛の餌なのか。 朝の仕事を終えて、満開の美央柳を近くで眺めれば、細い雄しべが中央の雌しべよりも長く伸び広がっている。花びらよりも目立って艶やかな感じがするのです。店の中に入ればムーッとした暑さが籠もっている。蕎麦打ち室は 29℃もあるから、窓を開け放ちたいところだけれど、今日は風が強く、隣の畑の土埃が舞っているから、エアコンを入れて室内を冷やすしかない。湿度は60%を超えていたから、今朝の加水は40%弱で粉を捏ねる。 40%を下回るのは、今年初めてかも知れない。先日、どうやったら長い蕎麦を打てるのかと尋ねた客に、水回しと捏ねじゃないかと言った手前、手早く水と粉を混ぜる動作を自分でよく観察してみる。今はもう慣れてしまっているけれど、初心者だとこの動作がどう違うのか。指先が粉と水とを捕まえてまんべんなく動いていくところに、ただ掻き回すだけとの違いがあるのかも知れない。水が足りないかと思ったけれどしっとりとしてくる。 この感覚が捏ね始めると尚更よく判る。硬く重たいと感じていた生地が、徐々に水気を含んでくるのです。結局、柔らかめの生地に仕上がったから、梅雨時はもう39%で好い。やはり水回しと捏ねで、生地の善し悪しは決まると言って好いのではなかろうか。伸して畳んで包丁切りをすれば、切りべら28本で135g となるから、いつもの太さの蕎麦が仕上がる。包丁の刃先に湿った生地が着き始めたら、途中で落とさないとグニャッと切れる。 今日の小鉢は、蕎麦打ち前にぬか漬けを切り分けたけれど、定休日に仕込んでおいたカボチャの従姉妹煮と夏野菜の揚げ浸しを、スタッフに言って二鉢ずつ盛ってもらいました。揚げ浸しは野菜を小さく切ったから種類は入るのだけれど、ちょっと全体のイメージが好くなかっただろうか。小皿に大きな形のまま盛り付けた方が夏らしいという考え方もあるかも知れない。定番のメニューばかりの蕎麦屋で、唯一工夫できる料理だから考えたい。 いつものように野菜サラダを盛り付けて、天つゆや天麩羅の油を温めていたら、がらりと玄関が開いて、マンションに住む例の少年が一人で現れた。カウンターのいつもの席に座って、「盛り蕎麦」と呟くのです。学校は 3 時間目で終わったと言うから、家に戻ってお婆さんが、好き嫌いの激しい孫に昼を作るのを面倒がったのだろうか。薬味も山葵も蕎麦湯も要らないから、いつものように海老の天麩羅を一本出してやる。黙々と食べて帰る。 昼を過ぎた頃に、平日には珍しく次々とお客が入って、蕎麦はほとんど売り切れ状態。新しいお客らしかったけれど、少しは客足が戻っているのだろうか。少ししか蕎麦を打たないという日が、早く終わって欲しいけれど、その日の蕎麦を残している間は、今のままで売り切れ御免と言うことにしておかなくては。1 時を回って、お客が途絶えたところで、ひと束の蕎麦を半分に分けて、スタッフと賄い蕎麦をぶっかけで食べておくのでした。 エアコンを入れていても厨房は28℃といつになく暑い。今日は終日曇りの予報だったけれど、午後まで陽が差して風も強く、蒸していたから尚更です。これから夏になるに従って、亭主はいつも汗だくなのです。早めに家に戻って、玄関脇の団扇サボテンの花を写真に撮ったら、今日の結果を女将に報告する。午後のひと眠りの後は、早めに夕食にしてもらい、7 時前にはプールへ出掛けてひと泳ぎ。二週目も後半、やっと身体が軽くなった。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

朝は涼しく、日中は陽も出て蒸し暑かった…

朝の蕎麦屋の駐車場に咲くこの花は美央柳。花が開くと花弁が別れるところが金糸梅とは違うのです。葉も対生でありながら一つずつ十文字に向きが違うのが面白い。隣では、ヤマボウシの白いガクの中心に小さな花が沢山咲いているのが見えました。家を出るときにあまり涼しいから、今日は半袖にしようか長袖にしようかと考えたのですが、昨日よりも暑くなると女将に言われて、薄手の半袖シャツを着てきて好かった。蒸し暑い店内です。 早速、朝の仕事をし終えて、蕎麦打ち室に入れば、気温は23℃でも、湿度が70%を越えていたから、蒸しているのです。今朝も加水率を40%にして、蕎麦を捏ね始めたら、ちょうど好い柔らかさなのでした。菊練りを終えて蕎麦玉を作ったら、ビニール袋に入れて寝かせいてる間に厨房に戻り、夕べ漬けておいた糠漬けを取り出す。昨日の小鉢がまだ残っていたから、今朝は四鉢分だけ作り足した勘定です。全身がだるいのは夕べの疲れか。 蕎麦打ち室に戻って今朝の蕎麦を仕上げてしまう。生地の状態が好ければ、伸しもそれほど手間取らない。綺麗に八つに畳んで包丁打ちも上手くいくのものです。切りべら28本で135g と、いつもの感触を取り戻している亭主。今日来たお客で、自分も蕎麦を打つとおっしゃる方が、「どうしたら、こんなに長い蕎麦が打てるのか」と尋ねるので、結局は、水回しと捏ねが足りないから、短く切れてしまうのではないかということになった。 「そんなに長く水回しをしていたら乾いてしまう」とおっしゃってたけれど、生地の状態が上手く仕上がれば、後は伸して切る技術だけなのだと思うのです。自分にも、思い起こせば、かつて、上手く打っているつもりでも、蕎麦が短く切れてしまう時代があったのです。それが長い間、蕎麦を打っているうちに、何時の間にか今のように打てるようになったから、その感触は言葉ではなかなか伝えられない。蕎麦粉の善し悪しでもなさそうだ。 今朝も500g の蕎麦を打ち終えたら、夕べ蕎麦と合わせてわずか 9 人分だけの蕎麦を用意して、今朝は終わりにしたのです。このところ、月曜日はお客が 5 人以下の日が多いと女将に言われていたから、お客が少ないなら少ないなりに、規模を縮小しなければ赤字が増大すると、最近ではつくづくと思い知ったので、亭主も慎重になっている。今朝は蕎麦豆腐もデザートも仕込まず、ヘルシーランチセットのスタンドメニューを片付けたのです。 このところ、月曜日のヘルシーランチセットは、99%は注文がないから、リスクよりも無駄を省いたつもりなのです。果たして、開店前からお客は入ったけれど、天せいろと天丼セットばかりが出た。暑い日には天麩羅がよく出るという経験から、天麩羅の具材は朝のうちに数を仕込んでおいたのが、功を奏した形です。ラストオーダーの時間が過ぎて、片付けに入っていたら、若い女性の一人客が車でいらっした。大釜の火は落としていた。 それでも、蕎麦は少し残っていたから、カウンターに座って頂いて、「天せいろで好ければ直ぐ出来ますよ」と、家に持って帰るために、今揚げたばかりの天麩羅の具材を盛り付けて、小さな鍋で蕎麦を茹でて差し上げる。売れ残った野菜サラダもサービスでお出しする。聞けば、隣町からラベンダー畑を見にいらっした帰りなのだとか。そう言えば、例年この時期は、ラベンダー祭りにいらっした人たちが、随分と蕎麦屋に寄ってくれていた。 それが今年はコロナ渦で祭りも中止。家に戻って女将に今日の話をすれば、スポーツクラブもまだ人が少ないままだという。年配の人は出歩くのもかなり慎重だと言うのです。ひと眠りして夕刻に亭主はプールへ出掛けたのですが、やはり、ジュニアスイム以外はほとんど人がいない。一人ひとコースで、今日は本当にゆっくりと泳ぐことが出来ました。身体が重いから、ツービートをフォービートに替えてキックをしたら、後で直ぐに筋肉痛。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

梅雨の前だというのに暑すぎて…

朝の 6 時だというのに陽はもう高く昇っていました。夕べの夜の水泳が効いたのか、10時前には床に入って 7 時間以上は眠ったのです。pekoも居間の部屋で亭主に邪魔をされずに早くから眠ったから、朝からすこぶる元気で、亭主と散歩に出掛けるのを今か今かと待っていたらしいのです。今朝は家の前の坂道を降りたら、いつもの逆回りに3ブロックを歩いて、無事に家の前まで戻って来た。朝食には早いから、餌をやって亭主はひと眠り。 それでも8時前には朝食を食べ終えて、いつもの時間には蕎麦屋へ出掛ける亭主。ご近所の濃いピンクのバラが、道路まで延びだして綺麗な花を咲かせている。嘴の黄色い椋鳥が一羽、高い電信柱のてっぺんでキュルルキュルルと甲高い声で鳴いている。これから梅雨に入るのかと思ったら、今日も青空が広がって朝からやけに暑いのです。今朝は蕎麦をどれだけ打てば好いだろうかと、昨日の晩から考えていたけれど、普通ならお客は多い…。 それがこのコロナ渦で、このところ平日は滅法お客の数が少ないから、悩んでしまうのです。蕎麦屋の前のバス通りを歩いていたら、顔見知りの女性が「お早うございます」と挨拶をして会社に出掛けて行く。そう言えば彼女も、息子さんとまた蕎麦屋へ来ると言っていたけれど、先日の外出自粛でとうとうそのままになっている。「朝から暑いですね」と挨拶を返して、蕎麦屋にたどり着く亭主なのでした。朝の仕事を終えてまずはコーヒー。 蕎麦打ち室に入れば、気温は27℃、湿度は56%。店中の窓を少しずつ開けてエアコンを入れているけれど、外気がもう暑いのです。今朝も加水率40%で、生地は多少硬めだけれどなんとか上手く仕上がり、四つ出しも順調。本伸しに入れば硬い分だけ力が要るから、生地を薄く伸ばすに連れ、破れてしまいそうで怖い。なんとか八つに畳んで包丁切りまでこぎ着ければ、切りべら27本で 135g といつもの太さに落ち着くのでした。10 時前です。 厨房に戻っていつものように野菜サラダの具材を刻む。昨日もすべて売れ残ったから、平日はもう二皿だけにしても好いかも知れない。鴨南蛮とカレーライスにもサラダを付けるけれど、この暑さではどちらも出そうにないのです。パイナップルやレタスにキャベツは丸ごと一つを仕入れてくるから、次の週には使えないので、サラダの数が減ってもただ残るだけですが、小振りのものでも一つでいいから、逆に仕入れやすくなるかも知れない。 そんなことを考えながら、今日も 11 時には天つゆや天麩羅油を温め終えて、開店の準備が整うのでした。早めに賄い蕎麦を食べても好いのだけれど、残念ながらまだ大釜の湯は沸いていないのです。それに歳を取ると早めに昼を取るというのも、腹が減っていないからちょっと辛い。他に仕込みもないから、亭主は奥の座敷で一休み。今日は朝からあまりにも暑かったので靴下を履いてこなかったら、畳みの感触が実に気持ちが好いのでした。 中学時代から柔道部だった亭主は、夏でも冬でも素足で畳の上を動いていたんだと懐かしく思い出す。運動会の時などは、体育館からこの畳を背負って校庭を走り、地面に敷いて模範演技をしたものだ。半世紀以上も昔のことなのに、畳の感触でふと昔の記憶が蘇る。暖簾を出して昼前に、車が駐車場に入ってくるから、期待をして待っていれば、きちんと入口で手指の消毒をして入られるご夫婦。天せいろとカルビ丼セットのご注文でした。 聞けば東京からいらっしたそうで、これからラベンダーの畑を見に行くのだとか。昨日も千葉からのお客だったけれど、近くの常連さん達は、すっかり足が遠のいているのです。今日も結局お客はそれだけ。家に帰って女将に話せば、駅前からの中央通りではまた休業する店が増えたのだとか。確かに店を閉めた方が赤字は増えないかも知れない。客足の戻るのをいつまで店を開けて待っていられるか。今日も夕食後はプールでリハビリの水泳。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

うだるような暑さで…

今朝も早くから目覚めて、散歩に行くのを心待ちにしていたpeko。まだ目が覚めない亭主は、リードを引かれて門までの階段を下りる。門を開けたらpekoのペースで近場の散歩にならないように、家の前の坂道を下っていく。公園よりは近いから素直に下り坂を歩いて、1ブロックを回ってくるのです。家に戻れば女将から朝食をもらって、亭主の座る椅子のフットレストに乗って寝場所を決める。人の傍でないと寝付けないから困りもの。 亭主は朝ドラの始まる時間には家を出て、みずき通りを渡り、アベリアの花の咲くお宅の前を通って、のんびりと蕎麦屋まで歩いて行く。駐車場の美央柳がやっと花を咲かせていた。無数のつぼみがあるからこれからが見頃なのでしょう。朝の仕事を終えて、店の窓を開け放ったら、米を研いで炊飯器にかける。大釜に水を汲みながら、昨日の洗い物を片付け、厨房の椅子に座って今朝の段取りを考える。予報通りにかなり蒸し暑い朝なのです。 デザートの寒天寄せは昨日のうちに仕込んであるし、蕎麦打ちも一回だけなので時間に余裕はある。蕎麦粉を捏ねて蕎麦玉を寝かせている間に、葱切りを済ませ、キュウリとモズクの酢の物を造ろうと、冷凍室の塩抜きして短く切ったモズクを流水で解凍しておく。やっと重い腰を上げて蕎麦打ち室に入れば、室温は27℃もあるではありませんか。窓を開け放って網戸にして、湿度が80%近くあったから、加水率40%で蕎麦粉を捏ね始める。 蕎麦玉が出来上がったら、予定通りキュウリをピーラーで掃除して、スライサーで薄く切っていく。モズクは水で洗って笊であげ、鮨酢を使って味見をしながら混ぜ合わせる。そして最後に冷蔵庫に入れてある冷えた二番出汁を加えるのです。これでまろやかになる。タッパに入れて冷蔵庫に保存したら、再び蕎麦打ち室に入って伸しの作業。あれだけ水を減らしたのに、まだ少し柔らかい感触で、奥行きも伸びるから切りべらは 26本で 135g 。 厨房ではスタッフが大根と生姜をすり終えて、小鉢を盛り付けていた。取りあえず 6 鉢だけ盛り付けて、お客の来る様子を見ることにするのです。外出自粛の解除後も平日は楚それほどお客が来ない日が続いているから、気が重いけれど待つしかない。今日明日と暑い日が続くと言うから、石垣島のモズクまで用意したけれど「さっぱりとして美味しい」と言ってくれるようなお客が来ないだろうか。今週は後半にお新香を漬けようと考える。 開店前にまだ時間があったから、豚のハラミの串焼きを仕込んでおく。と、電話が鳴って「今日は営業していますか」「やっていますよ」「じゃあ伺います」「宜しくお願いします」と、やる気になる会話。昼前に車 2 台で作業着を着た男連れのお客がいらっして、「さきほど電話した者です」とおっしゃる。仕事で近くにいらっしたのか、一年前に来ただけだから道を間違えてしまったと言う。よくぞまあ覚えていてくださったものです。 それぞれ大盛りの蕎麦を召し上がって、随分とゆっくりとしていかれたのです。「今年は花火大会もお祭りもないのですか」「中止になったと聞いていますよ」「寂しいですね」そんな話をしながらお帰りになる。12時半になって、お客の来る気配がなかったから、天麩羅を揚げてスタッフと賄い蕎麦をぶっかけで食べておく。折角、作った野菜サラダも今日は売れなかった。スタッフと手分けして家に持ち帰る。うだるような暑さの午後です。 暑さのせいか、店にカメラを忘れて、ちょうど切れた蕎麦屋の酢を買いがてら車で取りに出掛ける。家の冷凍庫に、だいぶ前に作った餃子が沢山あるのに気づいたから、ついでに生ラーメンを買って帰る。東京の下町で育った子供時代の郷愁か、ラーメン餃子は亭主にとってご馳走の一つなのです。晩酌を諦めて早めに夕食のラーメン餃子を作って、夜のプールに行くことに。3ヶ月のブランク、三日目のプールでもまだまだ身体が重いのです。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

薄日が差して真夏の陽気…

4 時過ぎだったろうか、カチャカチャと物音がするから、またネズミかと思ったらpekoが寝室にやって来たのでした。夕べは居間の椅子の上で寝たから、自分では降りられないはずなのに、腹が空いて飛び降りて来たのか。布団に入れてもうひと眠りしたら、やはり腹が空いているらしい。6 時になったから仕方なく食堂に行って朝飯をやる亭主。小雨が降って通りが濡れていたけれど、女将に言われて朝食前にpekoを散歩に連れ出したのです。 いつもよりは少しゆっくりと蕎麦屋に歩いて出掛ける亭主は、今朝の蒸し暑さにすっかり参ってしまうのでした。蕎麦屋のエアコンを入れて厨房に入っても、直ぐには動き出せない。空になった天麩羅油の缶や、昨日の返し作りに使った醤油の空き瓶をゴミに出して、ガスレンジの上に置いたままの鍋や、洗い籠に伏せておいたボールを片付ける。そして、新しい天麩羅油を床に置くために、包丁で段ボールを細工して受け皿と蓋を作るのです。 そして、いよいよ明日の仕込みにかかる。最初に、蕎麦豆腐を造って型に流し、ラップで蓋をして冷蔵庫に入れる。次は久しぶりに豊缶を取り出して、フルーツの寒天寄せの準備にかかります。確か、水 300cc に氷糖蜜 100cc だったかと、一年ぶりなのでうる覚えなのでした。寒天粉を溶いて沸騰させたら、粗熱を取ってから豊缶に並べたフルーツの上に注いでいく。冷める間にもうカボチャの種を取り、天麩羅の具材を切り分けていきます。 カボチャのスライスを電子レンジに掛けている間に、椎茸とピーマン、ナスを切り分けていく。今週の季節の添え物はインゲン豆で、一人二本ずつでも付けたら綠のアクセントになるだろうと考える。先週までのスナップエンドウもふっくらと甘くてなかなか好かったのですが、そら豆などと同じで時期が短いのが難点。地元の農家で採れる新鮮なものは、一年のうち二週間ぐらいしか食べられないから、儚くも心残りなのですね。季節は巡る。 女将がスポーツクラブから帰るのは今日も12時過ぎらしいから、昼前に片付け物を済ませて、後は夕刻、今日から再開するという夜の防犯パトロールに出掛ける前に、ぬか漬けを漬けにくればいい。蒸し暑い夏の陽気の中を家まで戻って、冷蔵庫の中の残り物をチェックするのでした。蕎麦屋でサラダに使うキャベツが、お客が少ないので毎週のように残るから、亭主のいる時に一挙に使ってしまわないと女将も困るだろうとメニューを考える。 ニンジンの切れ端やら、野菜サラダの残りやら、このところ新鮮なレタスを仕入れていたので、こちらも沢山残っている。中華鍋で回鍋肉を造って、コンソメスープで野菜サラダの具材とレタスとみつせ鶏の肉団子を食べれば、一度に多くの残り物が使えると考えた。これに先週の残りの筑前煮風の煮物を添えて、すべて蕎麦屋の残り物で昼食のおかずを造るのでした。冷蔵庫には、まだ蕎麦が一人分残っていたから、夕食で亭主が食べようか。 2 時になったら以前のように、プールに出掛ける支度をして、 3 時からのジュニアスイム教室の前に泳ぎ終わるつもりで出掛けて行く。なるべく人に会わないようにと、表の階段を使って四階まで昇るのだけれど、マスクを付けていると暑くて堪らないのです。スポーツクラブの入り口で、「アルコール消毒をお願いします」とスタッフに言われて手指の消毒をする。立ち止まって検温カメラでOKが出たら、いよいよ入場です。ものものしい。 プールは一コース 2,3 人の数だったから、ゆっくりとアップをするのでしたが、年配の女性達は、外出自粛以前のように、相変わらずコースの入口でペチャクチャと話をしている。隣のコースを見れば、夜のパトロールで一緒の話し好きな老人が、例によって人を捕まえては話をしているではありませんか。3 時過ぎにはプールから帰って、パトロールの前にひと眠りしようと、軽く晩酌をする亭主。6 時半まで眠って、汗だくの行進に出る。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。