超大型台風10号の影響で…

午前中から雨の予報だったので、雨が降り出す前にと早朝のpekoの散歩に出る。ところが、午前5時の空は青く晴れ渡って、一向に雨の気配などないから不思議でした。例によって、あまり時間が早いので、女将の起き出す前に残った三日目の蕎麦を茹でて食べるのです。女将がスポーツクラブに出掛ける時分には、天気は急変して土砂降りの雨で、普段は歩いて出掛ける女将も、郵便局に暑中見舞いの葉書を買いに出る亭主の車に乗って行くと言うのでした。

ところが亭主が急いで着替えをする間に、もう雨は止んでいるではありませんか。「やっぱり歩いて行くわ」と、女将も急変。亭主はそのまま車で郵便局に行ったのはいいけれど、暑中見舞いの葉書には、写真用の葉書はないのだと説明される。仕方がないので、切手だけもらって外に出れば、自転車のお袋様が自分の名を呼ぶから驚いた。隣の整形院から帰るところだったようで、先ほどの大雨には遭わなかったのだと言う。まったく、めまぐるしい天気なのでした。

朝のうちに暑中見舞いの原稿は出来上がっていたから、親戚と友人と子どもたちの宛名を印刷して、今度はプールに出掛けながら葉書を出しに行ったのです。止んでいた雨がまた突然激しく降り出して、道路は雨しぶきで前も見えない状態。これが超大型の台風10号の影響なのかと、随分と離れたところにあるのにその威力に驚かされるのでした。いつもは駐車場から外の階段を使って歩いて行くのを、雨の日は二階の殺風景な通路を歩いて建物を突っ切る。

この高層マンションの立ち並ぶ巨大な施設には、創業当時は、大型のデパートが入っていたのに、時が経つに従ってスーパーの大型店に変わり、終には二階部分だけが何もテナントが入らないまま、駅に抜ける通路だけとなった。この施設の直ぐ裏手には、大型のショッピングモールが出来て、一階にはスーパーや小売店が並んでいるけれど、昔からこの団地に住んでいる者から見たら、やはり、さびれたという感覚は拭いきれないのです。街も歳を取るのです。

それでも、この地域のデベロッパーが三階部分に広い住宅展示場を設け、市役所の出張所や地域の包括支援センターなどが入って、新しい街づくりの拠点として活動が始まっている。ただ、ここに本屋があったのに、文房具売り場があったのにと、亭主などは、昔から通い慣れた場所が、他に移ってしまうと、なかなかその変化に適応できなくなっている。結果として、経営は何社か変わったけれど、三階、四階にあるスポーツクラブだけに通うようになったのです。

40年という歳月は、人間で言えば若者時代から老年の時代。街も若い世代で溢れていた賑やかな時代から、何処に行っても老人ばかりがやたらと目に付くような印象は免れないのです。プールにも老人が随分多いけれど、亭主のように昔からずっと泳ぎに来ていた人は、どれくらいいるのだろうか。老後の健康維持にと、仕事を辞めてから通うようになった人たちが、案外と多いのではないだろうか。今日もゆっくりと泳ぎ終わって、プールから出れば外は晴れている。

高校野球の二回戦は、かつての職場の近くにあった習志野高校の試合があるので、少しは応援してみたかった。家に戻ってテレビを点けたら、まさかの点差で負けているから、相手も相当に強いチーム。昼食には残っていた最後の蕎麦を茹でて、とろろ芋をすってとろろ蕎麦。午後の試合では、確か、都大会で亭主の母校の野球部を決勝で破って甲子園に行ったチーム。夢中になって野球を見ない年齢にはなったけれど、縁のあるチームなどは少し気になるのです。

今日は道路が雨で何度も濡れては晴れて乾いた。仕入れや仕込みのない分、随分と身体が休んだから、プールで泳いだ午後も眠くならない。夕刻までに一度蕎麦屋へ出掛けて、ミニ菜園の様子を見たり、片付け物をしたりして来よう。盆の休みになって、やっと家中のストーブも掃除して押し入れにしまったから、ほんの少しずつでも家の中が片付いてきた。若い頃のように、一気に何事も片付けられないのを知っているから、女将も亭主もゆっくりのんびりです。

熱風の吹く午後…

夕べは一段と熱い夜で、さすがの亭主もエアコンを点けたままで眠ったのでした。それでも汗をかいて目覚める朝。さすがにプールと夜のパトロールがあったから、今朝は6時まで熟睡ししたのです。「昨日の昼の暑さが夜になっても冷めないのよ」と女将は言う。庭に大きな木のあるご近所に、つがいでホトトギスがいるのを見かけるのですが、今朝は、我が家の前の電線に止まって鳴いていました。ケキョケキョと鳴く時と、チュルルルと鳴く時があるような気がする。

雄と雌とでも鳴き声が違うのだろう。派手でけたたましいのは、鳥の場合は雄と相場は決まっているかも。朝から一人ピリ辛の麻婆茄子を作って、女将より先に朝食を済ませた亭主は、朝ドラの始まる前に蕎麦屋へ出掛けるのでした。隣のお爺さんの畑に、今年も植えたひまわりが咲き始めたから、100mほど蕎麦屋を通りすぎて写真を採りに行く。駅前の高層マンションと今朝の青空との取り合わせが綺麗なのでした。そして蕎麦屋に戻って、ミニ菜園の様子を見る。

昨日、胡瓜は収穫しておいたから、今朝は茄子とオクラを採ってくる。オクラの実は、葉と同じ色だから、よく見ないと採り忘れて大きくなりすぎて硬くなってしまうのです。次に米を研いで炊飯器にかける。そして、糠床から夕べ漬けた茄子と胡瓜を取り出して、小鉢に盛り付ける。定休日明けは、いろいろと仕込みが多いけれど、昨日までにほとんど終えているから、後は蕎麦を伸して、葱切りと野菜サラダの具材を刻むだけ。捏ねた蕎麦玉を寝かせる間に一休みです。

定休日明けだから、今日は二玉の蕎麦を打ったけれど、いずれも加水率39%でちょうど好い柔らかさでした。最近は、本伸しに入る前に、以前のように四つ出しの後で、90度回転させて生地の厚味を均等にする作業を繰り返すようになりました。巻き棒に巻かない分、柔らかめの生地の場合に、どうしても生地の厚味に偏りが出来やすいのです。それでも巻き棒に巻いて伸すよりは時間がかからないから、750g ぐらいの量ならその方が簡便というものなのです。

あまり暑い日が続くから、先週も平日はそんなにお客は来なかったけれど、今週になって月曜日も少しお客が増えているから、生舟に一杯分は蕎麦を用意しておこうと考えたのです。切りべらは30本で130g と、少し細めの蕎麦を打ち終えて、まだ開店までは30分ほどあったから、端切れと月曜日の残った蕎麦とを茹でて、スタッフとぶっかけにして賄い蕎麦を食べておく。雲のない青空の外は、かなりの暑さになってきたらしく、厨房の温度はすぐに30℃になりました。

暖簾を出して間もなく、女性のお客が続いてご来店でした。カウンターにもお一人のお客が続いて、天せいろや天丼セットが続けざまに出たので、取りあえずほっとする亭主。歩いていらっした若い男性は、どこから来たのだろうか。冷たい蕎麦茶を続けざまに飲んでいたから、相当に熱かったに違いない。昼のいっ時だけ賑わっただけで、その後はもうお客が来ないから、やはりこの暑さではと思うのでした。梅雨が明けて急に暑くなった先週よりは、お客の数が多い。

今日は立秋だというのに、遅かった梅雨明けの後は忙しさにかまけて、暑中見舞いも出していない。仕方がないから残暑見舞いを出そうと思うのだけれど、郵便局に写真用のハガキも買いに行っていない。まあ、暑すぎて、日中は蕎麦屋から歩いて家に帰るだけでもう動けない。家に帰って冷たく冷えたトマトを丸かじりする亭主。そう言えば今日は、朝からシャワーを浴びたのだった。火照った身体を冷やすには、これは案外効果的だと、今更ながら気が付いた。

夜がぐっすり眠れたせいか、今日は昼寝もせずにプールに出掛けたのです。早い時間だと、まだ子どもたちのスイミングも始まったばかりで、二コースぐらいは泳ぐスペースがあるから、25mを泳いでは立ち止まる人たちを追い越しながら、のんびりと泳ぎ続ける。帰りに買い物もなかったから、そのまま蕎麦屋へ寄って、洗濯物を干して、漬け物の残りを家に持ち帰る。ついでにミニ菜園の野菜たちにたっぷりと水遣りをする。地植えはまだしもポットはすぐに乾く。

夜明け前に起き出して…

夜明け前の目覚めがまだ続いている亭主。というよりは、その時間近くになって、いつの間にかエアコンのスイッチを入れているのだけれど、それでも汗をかいて目が覚めるのです。このところずっと熱帯夜が続いているから、これがいつもの夏だったろうかと思うのです。今朝も、あたりがまだ薄暗いうちに、しっかりと目覚めてしまう。日の出前の太陽が、南西の空に光を投げかけて、紫色に染まる。午前4時半の書斎から見る景色は、どこか詩的で美しいのです。

5時近くになってpekoも目覚めるから、「散歩に行くか?」と主人が聞けば、玄関へのドアの前に進み出るから、亭主も仕方なく支度をして通りに出るのです。まだ涼しいというのか、朝からもう暑いというのか、誰もいない通りを二人して寝ぼけ眼で徘徊してくる。pekoに餌を遣りながら、亭主も冷蔵庫に入っていた冷えたスイカをむさぼり食うのでした。朝食の時間までは、まだ1時間以上もあるし、テレビを見るのもつまらない。再び、床に入って、浅き夢見し酔ひもせず。

昨日の晩に、明日のデザートの仕込みを考えていたら、粉寒天の袋がもうなくなっているのを思い出したのです。4g の分包を売っているのは、駅前の大型ショッピングモールの食料品コーナーだけ。女将に、「何時から開いているの?」と尋ねれば、「私はほとんど行かないから知らないわよ」と、別棟の建物のスポーツクラブに通っている割には素っ気ない。あまりにも広すぎて、ちょっと寄るには面倒な場所なのです。悪いと思ったのか、新聞広告を調べてくれた。

他の店は10時開店なのだけれど、食料品コーナーは朝の8時からやっていると聞いて、今日一日の流れが決まった。女将の夢中な朝ドラの始まる時間に家を出れば、普段は駐車場も満配だからつい行きそびれるのに、入口近くでもガラガラで、これは好いことを学んだと、仕入れ切れなかった物を手に入れる方法を知るのでした。分包の寒天粉は割高だけれど、1回500gの液体に溶かすには、使い勝手がいいからやはり手放せない。早速、蕎麦屋で抹茶小豆…。

その間に、隣の火口で蕎麦茶を沸かして、鍋ごと水に浸けて冷ましておく。冷蔵庫に入れておけば、よく冷えるし、翌日になっても綠色と香りがなくならないから便利なのです。年配のお客は暑い夏でも熱い蕎麦茶で好いのだけれど、若い方はやはり冷たい水をと頼まれることが多いので、手間はかかるけれど、冷たい蕎麦茶も用意しておく。次に明日の天麩羅の具材を切り分けて、容器に入れて冷蔵庫に保存する。今週の季節のサービスの野菜はオクラにした。

蕎麦豆腐も仕込んだし、ここまで終えれば後は夕刻に糠漬けを漬けるだけ。家に戻って女将の帰る前に昼食の用意をしたら、二人で昼を食べて午後の昼寝。そして、子どもたちのスイミング教室の始まる前に、プールでひと泳ぎをすれば、夜の防犯パトロールに出掛けるだけ。昼は麻婆茄子のアレンジで、冷蔵庫に残った玉葱やピーマン、バラ肉、葱を使って、大蒜、生姜を刻むところから、本格的な中華。甜麺醤と豆板醤に米酢を入れて味は抜群の筈なのです。

食後にひと眠りしたら、クラクラとするような昼の熱い陽射しの中を、駅前の高層マンション群まで車を走らせる。その四階部分に亭主の通うスポーツクラブがあって、その一画の3階4階部分がプールになっているのです。この暑さだから客も少ないかと思いきや、直前のアクアプログラムの終わった小母さんたちが、群れをなして水の中で涼んでいるものだから、いつになく混雑しているのでした。一番人の少ない「速く泳ぐコース」に入っても、十分について行けた。

女将に頼まれた肉や魚のタンパク質類を買い求めて、家に荷物を置いたら直ぐに蕎麦屋へ出掛けて今日の仕込みの締めくくりです。ミニ菜園に出て、茄子や胡瓜を収穫して家に持って帰る。早い夕食にざるラーメンを茹でて、女将に餃子を焼いてもらう。香ばしい四川風の辣油を入れて、今日は中華三昧なのでした。西の空が真っ赤に染まる時分に、夜のパトロールは始まる。「夕空晴れて秋風吹く」の歌の文句のように、空気が少し涼しくなってきた。明日は立秋。

熱風の吹く午後…

熱帯夜の夜はなんとも寝苦しい。エアコンを入れて寝ると温度を高くしていても途中で寒くなるから、寝る前までに寝室を冷やしておくのですが、朝方にまた汗だくになるから不思議なのです。要は、夜の気温があまり下がらないから、部屋の中が外気温に近づいてくるのでしょう。今朝も女将にpekoの散歩に出てもらって、亭主は7時半に目覚める。しっかり7時間は寝ているから、体調が悪いわけでもなく、女将の朝ドラの時間には蕎麦屋に出掛ける支度を済ます。

庭のモミジアオイはこの暑さの中を元気に毎日花を咲かせています。亭主はと言えば、暑い朝の仕事が面倒だから、チェーンポールも昨日から下げたままで、蕎麦屋に着いてもまだ身体が目覚めない。冷たい蕎麦茶を一杯飲んで、今朝の段取りをつらつらと考えるのでしたが、今日の開店の仕込みと、明日の昼食会の仕込みとで、頭の中が錯綜している。明後日の日曜日の蕎麦汁の心配までしなければならないから、寝ぼけ眼のままですっきりと計画できない。

前日まで仕込むのを待っていた夏野菜の生ぽん酢和えの具材を、今朝になってやっとカットする。なめこは塩で湯がいて直ぐにぽん酢に付けておく。オクラも塩で湯がいて水にさらして、それぞれ別の容器に入れて保存するのです。明日の朝にでも、三種の食材をボールに入れて生ぽん酢と出汁で割って盛り付ける手筈。彩りが綺麗なので、さっぱりと食べられる。生野菜サラダのキャベツや人参を13人分刻む手間を省いた結果ですが、季節の野菜だから好いか。

次に昨日仕込んでおいた鰻とオクラと山椒のゼラチン煮を、賽の目に刻んで容器に入れておく。大きなままだと、鰻が硬くなって食べづらいので、煮こごりのように崩して皿に盛り付けるつもりなのです。昨日の蕎麦が生舟に一箱以上残っていたから、今朝は蕎麦を打たなかった。だから明日の仕込みをする暇が出来た。ここまでこなして、やっと通常の営業のための仕込みを開始するのでした。野菜サラダの具材を刻み、平日だからと三皿分だけを盛り付けておく。

昨日にも増して蒸し暑い陽気で、店のエアコンを20℃に設定して全開にしても、昼は30℃のまま。相当に外が暑いと言うことなのでしょう。湿気が取れるから、店内はそれでも幾分過ごしやすいのですが、この暑さでは、わざわざ蕎麦を食べに来る人もいないだろうと思っていたら、昼前に扉が開いて、ご近所の会社の社長さんがいらっしゃる。「この暑いのに歩いてよくしらっしてくれました」と亭主が挨拶をすれば、「いやあ湿気があるから尚更」と、いつもの品をご注文。

続けて反対方向から例の少年が掛けてくるから、夏休みなのに蕎麦屋に来るのかと、用意をして待っていたら、「今日はお婆ちゃんもいっしょだよ」と、カウンターに座ってせいろ蕎麦を二つ注文する。後から来ると言うお婆ちゃんが店に着く前に、隣町の常連さんが、今日は珍しくバイクに乗ってご来店なのでした。明日から長期の出張とかで、蕎麦の食べ納めととろろ蕎麦大盛り。老若男女、蕎麦好きの常連さんばかりが集まって、亭主もスタッフも嬉しかったのです。

今日は昨日よりも少しお客が増えたけれど、この暑さのお蔭で客足はさっぱり。夕刻から市内の花火大会のある明日は、貸し切り営業で夜まで臨時休業だから、例年、花火を見に行く前に蕎麦を食べにいらっしゃるご夫婦はどうなさるのかしらと、ちょっと心配をするのでした。スタッフと賄い蕎麦をぶっかけで食べたら、暖簾を下ろした後で、明日と明後日の蕎麦汁を仕込む。一番出汁は定休日に取っておいたから、新しく作った返しと合わせて3㍑の蕎麦汁です。

熱風の吹く中をスタッフと家路をたどり、家に帰ったら女将が「本当に暑いわね」と、洗濯物を畳んでいた。パソコンに今日のデータを取り込んだら、横になって一休みなのでしたが、「タンパク質がないから、帰りに何か買って来てね」と女将に頼まれる。プールに出掛ける気分ではないけれど、女将がスポーツクラブに出掛けてしまうと、夜までこのままでは拙いと、亭主も猛烈な暑さの中をプールに出掛けていくのでした。お蔭で今夜は体重がまた一段と減っている。

もういいかい?これは梅雨明けでしょ…

定休日二日目の朝は青空も覗いて陽が差したから、pekoの散歩を終えたら、まずは駅前のドラッグストアで、虫よけスプレーを買って来る。昨日出来なかった家の裏手の草刈りと枝払いを終わらせようと、意を決して準備する亭主なのでした。女将の朝ドラが終わったら、早速、電動バリカンのコードを延ばして、ジャングル状態だった上の畑の石垣から、我が家の地面まで綺麗に刈り取ったのです。ところが、草に埋もれていた湯沸かし器のコードまで切ってしまう。

これは大失敗で、直ぐに応急措置をするのでしたが、給湯器具の会社に電話をして、きちんと直してもらうことにするのでした。虫よけスプレーのお蔭で、蚊には一つも刺されなかったのですが、久し振りの家の手伝いも却って高い物についた。汗を拭って今度は昨日行けなかった床屋に出掛け、また、駅前の通りを車で走る。昨日までのように空を雲が覆い尽くさないから、陽射しがとても熱いのです。まだ少し、不安はあるけれど、梅雨もそろそろ終わるのでしょう。

昨日休みだった理由を親父様に尋ねれば、親戚に不幸があって臨時休業だったのだとか。隠居仕事の身としては、遠い世界の話ではない。医療技術の進歩も目覚ましいらしいけれど、携帯電話をスマホに替えようともしない亭主のような人間は、昔のままの生活で静かに生きられればいいと思っている。平均寿命はあくまで平均で、個人差はあるのだから、来るものは拒まず、受け入れる生き方が自然なのではないかと考えるのです。女将ともよくそんな話をする。

床屋の帰りに隣町のスーパーまで足を伸ばして、昨日入荷していなかった黄色のパプリカを手に入れ、ついでに塩や砂糖と冷やし中華にざるラーメンと、女将には福島産の桃を土産に買って帰る。女将がスポーツクラブから帰る前に、餃子を焼いて、冷やし中華を二食分も作って一人で食べるのでした。一年ぶりに食う冷やし中華は、久々で美味しかった。朝からカレーライスも食べたし、今日の暑さが、身体に辛いものや酸っぱいものを欲しがらせるのでした。

朝からいろいろと忙しく動き回ったものだから、pekoじゃないけれど満腹になればもう起きてはいられない。1時間ほど昼寝をしたら、午後はプールと蕎麦屋の仕込みの予定だったから、まずはアイスコーヒーを飲みながら一服して目を覚ます。プールで泳ぐのが好きで堪らなかった時代は、とうの昔に過ぎたので、今は健康維持の義務感と単なる生活習慣に過ぎないかも。それでも水に入れば自然と身体が動くから不思議で、また海に潜る日を夢見て泳ぐのです。

帰り道に蕎麦屋へ寄って、今日の仕込みを済ませてしまう。店の中は相当に温まっているから、エアコンを全開にして、まずは小豆を煮始める。蕎麦豆腐を仕込み、明日のデザートにはフルーツの寒天寄せを仕込んでおく。ちょっと頭がクラクラとするのは、熱中症気味だからか。水分を補給して、エアコンの風に当たってしばらく涼んだら、今度は、小鉢のお新香を糠床に漬ける。茄子も胡瓜も蕎麦屋のミニ菜園で採れたものばかりだから、新鮮さはこの上ない。

プールで泳いでもかなり汗を掻くから暑い日は要注意なのです。夕刻、家に戻っても、頭がクラクラと目が回る感覚は消えないので、夕食後にこのブログを書きながら、横になったり涼んだり。関東より西の地域は梅雨明けだとニュースで言っていたけれど、週間予報を観れば関東は来週までお預けなのか。今日の暑さはどう考えても梅雨明けなのだけれど。あまり梅雨明けが遅いと、直ぐに立秋になって暑中見舞いを書く暇もないから、とても困るのですよね。

昼からは夏の気配が…

霧雨の中を早朝のpekoの散歩に出掛け、またしても6時前の隙間時間をもてあましている亭主。今朝はそんなに早くから蕎麦屋に行く必要がなかったから、居間で食事を終えたpekoの相手をしてやる。自分で朝飯を作るのは苦ではないのだけれど、それほど腹も空いていないから、女将が起き出して来るのを待って、亭主が茄子とピーマンの味噌焼きを作るのでした。女将が味噌汁と鯖の塩焼きを用意したら、二人でニュースを見ながら朝食の席に着くのです。

ところが、定休日二日目の今日は、その後の予定が決まっていなかったのです。夜は防犯パトロールの巡回があるから、その前にプールに行って泳ごうとは思っていたのです。プールの帰りには蕎麦屋へ寄って、明日のお新香を漬けておこうとも考えていた。残る仕事は、天麩羅の具材を刻んだり、蕎麦豆腐やデザートを仕込むことぐらいだから、1時間もあれば終わってしまう。だから二日目は、案外、ゆったりと始まるのです。食後の休憩でまたひと眠りしてしまう。

女将がスポーツクラブに出掛けた後で、ゆっくりと起き出して荷物を持って蕎麦屋まで歩く。まずはミニ菜園の様子を見ようと裏に回れば、沢山の胡瓜の花の間に10cm 程の実が幾つもなっているから嬉しかった。茄子はもう随分と収穫したけれど、胡瓜はまだ数本しか取れていなかったので、気候のせいかと心配していたのでした。オクラの木もだいぶ大きく育って、これから暑くなれば、黄色い花が咲いて実がなるまでは本当に早いのです。でも、昼前は曇り空。

予定通り1時間足らずで、天麩羅の具材を切り分け、蕎麦豆腐を仕込んだら、もう昼飯の時間になるから、女将の帰る前に家に戻っておく。今日は、昨日仕入れて来た鰻の蒲焼きを、お重に入れて出してやろうと思っていたので、蕎麦屋から二人分だけ器を持って帰ったのです。味噌汁とお新香だけで、一年ぶりに鰻を食べる。「美味しかったわ」と、好物の鰻を食べて満足そうな女将の言葉を聞いて、亭主は久々に休日の気分になるのです。昼からは陽が出て来た。

青空が覗いてジリジリと熱い陽射しが降り注ぐ中を、亭主はプールへ出掛けていく。子どもたちのスイミング教室の始まる前に、ゆっくりとひと泳ぎなのです。帰りに家の買い物を済ませて、荷物を女将に預けたら、そのまま蕎麦屋へ行って今日最後の仕込みです。氷糖蜜と漉し餡を練って寒天を加え、火にかけたら、型に流し込んで、冷蔵庫に入れる。糠床を取り出してミョウバンを擦りつけた茄子と塩をまぶした胡瓜を漬け込んでおく。後は夜のパトロールだけ。

静かに雨の降る一日…

朝から静かに雨の降る日でした。今日は一日中雨の予報だったから、風がないのがせめてもの救いだけれど、蕎麦屋はお客が見込めないのです。昨日打った蕎麦が生舟にだいぶ残っていたから、今朝は久々に蕎麦を打たずに他の仕込みをするだけ。家の玄関脇のミニバラが、花を咲かせているから、写真に収めておきました。年に何度も咲くものだから、季節感がないのが残念ですが、濃い桃色の蕾のうちから端正な形をしているから、さすが長女のくれた花。

降りしきる雨の中を傘を差して蕎麦屋まで歩いて、まずは、ミニ菜園の様子を見る亭主でしたが、胡瓜の蔓がいつの間にか随分と伸びてしまっている。黄色い花も沢山咲いてはいるけれど、どうもその割りには例年に比べて、実の付きが悪いような気がするのです。向かいにある茄子は、咲いた花の数だけ実がなっているから、土や日当たり、肥料の多少と、何が好いのか悪いのか判らない。相変わらず暗い空で、小降りなったりもするけれど、今日は雨の一日。

糠床から出した胡瓜と蕪を、昨日半分だけ出したから、今朝は残り半分を切り分けて小鉢に盛り付けておく。足らなければカボチャの従姉妹煮を用意してあるけれど、野菜の天麩羅の多い天せいろには小鉢が付かないから、それほど沢山出るとは思えないのです。しとしとと降り続く雨の方が気がかりで、こんな天気の中を果たしてお客が来てくれるのかが心配なのです。蕎麦を打たないと、1時間近く時間が余る計算だから、週末の仕込みを早めにしておきます。

豚の横隔膜付近のハラミという部分の冷凍肉を仕入れてあるから、これを解凍して串焼きにする準備をしておく。6等分に切り分けたら竹串に刺して、ぴたっとシートにくるんで容器に入れて真空フリーザーに入れておくのです。ぴたっとシートは結構値段が高いけれど、浸透圧で肉の水分だけを吸い取ってくれるから、旨味が凝縮する。酒の肴には最高だけれど、今のところ焼き鳥の感覚で、昼しかオーダーが入らないからちょっと勿体ないのです。亭主のジレンマ。

もっと体力があれば、週末の夜の営業時間を長くして、亭主の好きな酒の肴をもっと沢山作ってお客に出したいところ。まあ、いつかは日の目を見ることもあるかと、地道に仕込みだけは続けておくのです。もっとも、残れば家に持って帰って、亭主が酒の肴にして自ら舌鼓を打つ。みつせ鶏の旨搾り団子も、解凍して直ぐ焼けるように準備をしておきます。自分が美味しいと思って、家で作って食べ続けても飽きない物だけを、蕎麦屋では出しているつもりなのです。

雨の降り続く昼過ぎに、それでもお客は来てくれるから有り難い。年配の三人連れのお客は、天せいろのご注文で、直ぐに違う車が駐車場に入ってきて、若いママさんらしい女性たちがご来店。見れば、今週の初めにもいらっしたリピーターさんで、最近はよく見えるから常連さん候補と言うべきか。ただ、女性同士が話し出すと切りがないから、いつも1時間以上はテーブル席を占領しているのが唯一の難点かな。雨降りの今日のように、空いている平日でよかった。

他のお客さんたちも帰って、スタッフと二人でやっと賄い蕎麦をぶっかけで食べる。洗い物も少ないから、今日も早めに蕎麦屋を出るのでした。家で亭主が一休みしているうちに、女将はスポーツクラブに出掛けていく。亭主は少し遅れてプールに出掛ける。お互いの通うスポーツクラブが違うから、好いのか悪いのか、帰りの家の買い物は車の亭主がしてくるのが常なのです。今日もちびっ子たちで賑わうプールの残りのコースで、静かにアップを繰り返すのでした。

期待の晴れ間は束の間で…

今朝は正規の時間帯に目覚めて、朝日で輝く通りをpekoの散歩に出掛けたら、涼しくて気持ちが好かったのです。予報では昼まで晴れると言うから、今日はもしかして久々に蕎麦日和だろうと、頑張って蕎麦屋に出掛けたのです。幟を出したり、米を研いだりと朝の仕事を終えたところで、早速、蕎麦打ち室に入って蕎麦を打つ亭主。室温は22℃、湿度は60%だったから、爽やかな朝なのです。おまけに青空も覗いて陽も差しているから、ますます期待するのでした。

加水率はいつもと同じ39%なのに、生地は若干柔らかめだったから、慎重に伸し広げて畳んだら、打ち粉を十分に振って包丁切りです。生地が柔らかめだと、同じ力で伸しても直ぐに伸び広がるから、奥行きも横幅も少し大きめになるのは仕方がないのか。あまり力を使わなくても済む現在の打ち方で、何とか包丁切りまでの上手い方法を習得すべきだと、最近では考えているのです。奥行きのある分、切りべらは26本にして、130g 越え。太さはまずまずでしょう。

野菜サラダの具材を刻んでいる頃には、まだ、陽が差して好い感じだったのだけれど、小鉢を並べて開店前の時間になったら、もう、空は曇って暗いから困ったのです。やはり、お客の入りは天候にも左右されるものなのです。蕎麦日和はやはり暖かく、陽が差していなければいけない。しかも、考えたら、今週末は海の日が続くから三連休。平日に外食を控えてという人もいるだろうと、急に弱気になってくるから不思議なものです。蕎麦は16食も用意してしまったのに。

それでも、昼過ぎにはご新規のお客がいらっしゃって、聞けば佐倉のひまわり祭りに出掛けたけれど、まだひまわりが全然咲いていなかったのだとか。そこで蕎麦屋の先にあるラベンダー園に行ったのだそうですが、こちらはとっくに花が終わっていたという始末。それで街道沿いにある蕎麦屋を見つけて昼にしたのだとか。ご夫婦共に花が好きで、よくあちこち花を見に出掛けているのだそうだけれど、今年は梅雨が長いから、花の時期を間違えてしまったのかしら。

お客が来ない時間には、亭主は奥の座敷で一休み。窓の外には胡瓜の花が随分と沢山咲いているのですが、今年は実が付く花が少ない。梅雨時の日照不足で作物があまり取れないという話を聞くけれど、ミニ菜園の胡瓜やピーマンにも影響が出ているのだろうか。茄子だけは、花の数だけ実がなっている。女将が店で残ったピーマンばかり持って帰って来ても新焼は出来ないと言うから、今朝は茄子を随分収穫したのです。それなのに胡瓜は一本だけでした。

1時を回って平日の昼の時間帯が終わったから、かき揚げを揚げてスタッフとぶっかけで蕎麦を食べる。昼を食べ損ねた通り客ぐらいしか、平日の遅い時間はお客が来ないものなのです。ラストオーダーの時間が過ぎたら、亭主が幟や暖簾を取り込んで、大鍋を洗って天麩羅鍋をの油を漉し器に入れ始める。天麩羅の具材や天ぷら粉をしまって、天つゆも鍋のまま冷蔵庫に入れるのです。お客が少なくても、盆や蕎麦皿の洗い物以外は片付けの量は変わらない。

閉店時刻が過ぎる頃には、布巾類を洗濯機に入れて、スタッフと二人で店を出るのでした。先週の木曜日は、雨にも降られて今日よりお客が少なかった。その分、金曜から週末までどんどんお客が増えて行ったから、今週も週末は混むのだろうか。雨こそまだ降り出さないけれど、どうも夕方までは持ちそうにない空模様なのでした。家に戻れば、女将は買い物に出ていたから、この様子だと遅い時間は雨に降られると思ったのでしょう。入口の木槿に出迎えられる。

書斎に入ってハソコンに今日のデータを入力したら、一休みして亭主はプールに出掛けるのです。相撲中継があるから、早めに戻ろうと思ったのだけれど、どういうわけか今日は駐車場が随分と混んでいた。プールはちびっ子たちの水泳教室で賑やか。大人の泳ぐコースも2コースだけだったけれど、人が少なかったから準備運動を始める。前の人との距離を保って、ゆっくりゆっくり泳ぐけれど、追いついたら手前でターンを繰り返す。週四日、亭主の唯一の運動です。

朝のうちは陽も差していたけれど…

涼しい朝でした。今朝も未明に寒くて目が覚め、二度寝、三度寝を繰り返していたら、7時になってしまいました。女将がpekoの散歩に出てくれて、朝食も彼女のペースで7時半。寝ぼけ眼で食卓に付いた亭主は、5分で食べ終えてしまうから、女将の朝ドラの邪魔をしないように、居間の回転椅子でテレビ映画を見始める。洗面と着替えを済ませて家を出たのは、もう9時前なのでした。庭のフェンス際に植えた朝顔も、綺麗に蔓が絡まって、夏の時期が楽しみです。

蕎麦屋の幟を出して、チェーンポールを降ろしたら、いつものようにミニ菜園の様子を見る。茄子も胡瓜もまたそろそろ収穫しないと、大きくなりすぎてしまう。パセリの葉に付いたキアゲハの幼虫は、また一回り大きくなって身体の模様を変化させているのでした。珈琲を一杯飲んだら、蕎麦打ち室に入って、今日の蕎麦を打ち始める。昨日の蕎麦が少し残っているから、二回打っては多すぎるけれど、念のために800g 9人分の蕎麦を打って、限りなく15食に近づける。

加水率は39%。これ以上下げると硬くなるので、最近は打ち粉をけちらずに、柔らかすぎない程度にして捏ねている。何と言っても、四つ出しの時に四隅が薄くなったり、本伸しの初めで片側が薄くなったりするのは避けたいのですが、生地の柔らかさ故に、伸し棒に加える力の加減で、厚さに差が出てしまう。生地を広げていけば行くほど、修正が利かなくなるから、早め早めに対処して行かなければならないのです。無事に八つに畳んで、切りべら26本で130g 越え。

柔らかめの生地だと、奥行きが90cm 近くまで伸びるから、どうしても切りべらを減らさないと、重量はオーバーするのです。一本の蕎麦が長めに仕上がるということ。毎日蕎麦を打っていても、一つとして同じ状態ではないので、この微妙なバランスを上手く取るのが難しいのです。切りべらを少なめにしておいて、計量して130g に満たなければ、もう一回切って加えるという方法が一番無難なような気がする。多すぎて、切った蕎麦を後から取ると、途中で切れる。

今日のBGMは、アントニオ・カルロス・ジョビンの曲を、小野リサが歌った静かなボサノバ。薄陽の差していた窓の外も、いつもと同じ梅雨空に戻っているから、あまり元気な曲も合わないかと思ったのです。蕎麦打ちを終えて厨房に入れば、後は野菜サラダの具材を刻むだけだったから、今朝は時間に余裕がある。型に入れたままだったデザートを取り出し、皿に盛り付けてカウンターに並べておく。彩りが鮮やかだから、お客の目を惹くのではないかと考えました。

開店時刻の10分ほど前に駐車場に車が入って、若い女性が一人いらっして、友だちと待ち合わせをしたと言うので、店の中に入って待っていただいた。暖簾を出してしばらくしたら、友だちだという女性がまた一人で車から降りてくる。特徴のある車を見て、この方がリピーターさんなのだと判った。前回も誰かと一緒にいらっして、長い時間おしゃべりをして行かれた。平日だから、それほど混まないのだけれど、今日は駐車場へ入れないかと帰る車もあったのでした。

中年以上の常連さんたちは、女性でも一台に乗り合わせていらっしゃることが多い。長居をすると悪いと思うのか、珈琲の注文をされる方もいる。若い女性は、そこまでは気が回らないから、小さな蕎麦屋で一時間以上も話し込んで、最後は、別会計で二人とも万札を出して釣りをもらうのでした。千円札がなくなったと言うので、女将に電話をして持って来てもらう。1時前から続けてお客が入ったから、冷や冷やものなのでした。平日にしてはまずまずのお客の入り。

洗い物をする暇もあったから、閉店時間にはスタッフと一緒に店を出ることが出来たのです。昨日は直ぐにプールに出掛けられたけれど、今日は仕事も多かったから一休みして、女将がスポーツクラブへ出掛けてから、亭主は蕎麦屋へ寄って漬けものを漬けて、片付け物をしてから泳ぎに行くのでした。子どもたちのスイミング教室が始まっているから、泳ぐコースは1コースだけ。4,5人いるコースで、邪魔にならないように間隔を開けながら、ゆっくりと泳ぐのでした。

夏も近いか、梅雨の蒸し暑さ…

定休日の二日目は、夕べあまり早くに休んだせいか、未明に目覚めてしまったので、再び、床に入ったら、もう 9 時まで起きられなかったのです。その分、ぐっすりと眠った気にはなれたのだけれど、女将はとっくに朝食を終えて、もうスポーツクラブに出掛ける支度をしている。仕方がないから、亭主は一人で蕎麦を茹でて、納豆とオクラを載せたぶっかけ蕎麦でスルスルスルッと、簡単な食事を済ませるのでした。女将が家を出た後で、蕎麦屋に仕込みに出掛ける。

みずき通りの植え込みと立木の剪定が終わったらしく、視界良好で、遠くまで見渡せる。車で右折したり左折したりするときに、植え込みが生い茂っていて見えにくいと、気がかりだったのが一挙に解消されたという気分なのです。こうした事業には、費用もかかるだろうに、自治会が行っているのか、市が行っているのか、それとも開発業者が関係しているのか、長年住んでいても一向に不案内なのが恥ずかしい。今度、夜のパトロールの老人たちに尋ねてみようか。

朝が遅かったので、午前中の仕込みは、明日のデザートにフルーツの寒天寄せを型に流した後に、蕎麦豆腐を作るだけでした。女将がスポーツクラブから帰る前に家に戻って、昼の用意をしなくてはならないのです。帰りがけにミニ菜園を覗いて見たら、パセリに付いたキアゲハの幼虫は、四匹もいることが分かった。今のところ店では使わないから、綺麗に葉を食べてくれるのも有り難い。「堤中納言物語」の「虫めずる姫君」を思い出す。更に変身するのが楽しみ。

茄子と胡瓜とピーマンは、この間、収穫したばかりなのに、もう次の実が大きくなっていました。とりわけ、胡瓜の生長は目に見えて早いのです。本当はもっと頻繁に肥料を遣らなければいけないのだけれど、お金がかかるのと、買いに行くのが億劫なのとで、延び延びになっている。南側の菜園のオクラも小蕪も随分と大きくなってきた。沢山種を蒔いた分葱が収穫できるまでに一番時間がかかりそうなのでしたが、これも蕎麦屋の亭主の密かな愉しみなのです。

中央部分は人の歩く場所なのだけれど、一日に一度くらいしか歩かないから、もう雑草が伸び始めている。「自ずからなる細道は、誰が踏み初めし形見ぞと」と言うわけには行かない。水遣りに通るときに、ちょっと摘んで抜いておけば好いのだけれど、根が横着な亭主だから、まとめて暇のある時にまた草取りをしようと考えているのでした。昼は、蕎麦屋で残ったキャベツが沢山余って困ったと、女将が言っていたから、キャベツを使って野菜炒めをしてやろうと考える。

家に戻れば、ウッドデッキの朝顔が上から張った麻縄に絡みついて、上手い具合に最初の誘引が成功している。朝顔の蔓はどうもすべて朝顔から見て右回り(左まき)に絡みつくらしい。他の蔦類もそうなのだろうか、案外、北半球では台風の渦がそうであるように、地球の自転と関係していたりするかも知れないので、いつか調べて見たいもの。女将にニンジンと玉葱でコンソメスープを作ってもらう間に、亭主は中華鍋を振って肉とキャベツと野菜類のカレー炒め。

食後にあまりゆっくりしていると、午後の仕込みをしてプールに行く時間が、子どもたちのスイミング教室とかち合うから、2時には蕎麦屋を出るつもりで車を出すのでした。始めてしまえば早いもので、ものの30分で天麩羅の具材を切り分けて、冷蔵庫に収納する。最近は、農村物直売所で新鮮な野菜を買っているから、先週買った茄子やピーマンの残りも元気そのもので、明日の具材には使えそう。インゲン豆は、常連さんの農家の奥さんが育てた美味しい一品。

プールに向かう南の空には垂れ込めた雨雲が。明日は一日雨で風も強いと言うから、蕎麦屋の営業も少し考えなければいけない。それでも、米を研いで、葱切りをして、蕎麦を打つ量だけ少し減らそうか。全コースフリーのプールでは、全体を見渡して、当然、速く泳ぐセンターコースに入るのだけれど、コース分けの意味が分かっていない年寄りは悠々と泳ぐから、コースの途中で空を切るクイックターン。夜の防犯パトロールでは、またびっしょりと汗を掻くのでした。