Category Archives: 運動・健康

寒い曇り空の一日で…

ほんのひと時だけ青空が覗いたのは、夜明け前の朝と夕刻だけでした。後はどんよりと雲がかかって、今にも雪でも降るのかと思うほど寒い一日なのでした。それでもいつもと変わらず、朝ドラが終わる時間には蕎麦屋に出掛ける亭主。昨日漬け込んだ白菜がどれだけ水が上がっているのか心配なのでした。昨日のうちにだいぶ重しが下に降りていたから、今朝はすっかり水が上がり切っていたけれど、これを更に塩を振って漬け直すのです。 水で洗った昆布と唐辛子を白菜の葉の間に散りばめながら塩を薄く振って、樽から一回り小さな漬けもの器に移して、更に圧力を掛けておく。隣のレンジでは鍋に湯を沸かして、次に小松菜を茹でる準備をしてある。冬場は茹でた小松菜を冷凍しなくても、鴨せいろや鴨南蛮が結構出るから週の始めには用意しておくのです。これまでは春菊を添えていたのですが、ミニ菜園で作らなくなったので、鍋焼きうどんにも使えるから、重宝している。 続けて明日の天麩羅の具材を切り分けて容器に詰めていく。冬場の根菜類はどうしても彩りが地味なので、ハウス物のピーマンとナスを使っているけれど、今週は蓮根と牛蒡、人参に替えて見ようと思っている。そのために先週の一週間は賄い蕎麦で、冬野菜の天麩羅を揚げ続けた。味が好いのは判っているから、後は見てくれの問題。枕にする綠のピーマンは仕方がないとしても、値段の高い茄子は止めにしたいのですが、一袋だけ仕入れた。 皿に盛り付けることを考えて、枕にするピーマンは好いとしても、茄子やメゴチの代わりに蓮根と牛蒡、人参をどう配置するのか、あまり自信が持てないでいるのです。黄色は南瓜があるから好いとしても、人参は海老の赤色と被ることになる。穴の開いた蓮根は変化があって面白いが、牛蒡は笹掻きにしてもどうもパッとしないのです。一応、先週の一週間を掛けて、蓮根と牛蒡の保存方法が適当なのかも確かめたから、後は実践するだけ。 蓮根はスーパーで売れ残った大きなものしかなかったので、ピーラーで皮を剥いて、縦に半分に切ってから5mm 幅でスライスした。酢水を煮立ててししばらく湯がいたらザルに取り、タッパに詰めて冷蔵庫に保存する。20cm 程の古代蓮根が300円だから、冬場の茄子10個よりはかなり安い計算です。ただ、やはりこれだけではボリュームがないから、牛蒡と人参を合わせて揚げたらどうかというのが、亭主の考えだけれど、原価は上がる。 ただ、旬の野菜の代わりに出していたメゴチの天麩羅を付けなければ、同じようなものか。揚げる具材が増えるだけ手間がかかるのはやむを得ない。春の天せいろ値上げを前に、少しでも味の好い天麩羅になるように、工夫をしておきたいのです。午前中の仕込みはここまでにして、女将が帰る前に家に戻り、先週のかき揚げの具材に豚バラ肉を入れて、中華鍋で肉野菜炒めを仕上げ、とろろ芋を擦って、温かい汁の蕎麦を茹でるのです。 午後はひと眠りした後でまずプールに出掛け、空いていたセンターコースでじっくりと泳ぎ込む。泳ぎの姿をみたらどう見ても水泳部出身らしい同じ年頃の男性と二人で、繰り返しターンを決めるのです。彼はほとんどクロールだから、四種目を泳ぐ亭主は、時折、遅れて先を譲るのですが、今日は途中で退出したらしく後は一人で悠々と泳げたのでした。家の冷蔵庫に残った食材から、寒いからちゃんこ鍋だろうと、スーパーに寄って買い物。 女将は午後から美容院に行くと言っていたから、そのまま蕎麦屋に行って午前中の洗い物を片付けたら、午後の仕込みにかかるのです。里芋と牛蒡と人参、干し椎茸と蒟蒻を煮込んで、出汁醤油で味付けしたら落とし蓋。里芋は形が揃っていたから久々に六方剥きをして、試食用に家に持って帰った。美容院から戻った女将がpeko の散歩から帰る前に、豚のハラミを串焼きにして、大相撲を見ながら一献。このところ島根の純米大吟醸が旨い。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

霜の降りた朝でしたが、晴れ渡った一日で…

今朝は「大寒」というだけあって霜の朝でした。公園のわきの畑に咲いた菜の花も、葉にはびっしりと霜が降りていました。早々と家に戻った peko と門からの階段を登れば、例によってヒヨドリが金柑の実を突いている。最近はこちらに慣れたのか、逃げて飛んで行かずに「私は関係ないわ」と横を向いて、囓ったばかりの金柑の実を地面に落とした。まだ完熟ではないのに、勿体ないというのが女将と亭主の考え方なのですが、空腹なのか。 太陽が今までよりも高い位置を動くようになっただけ、蕎麦屋の通りに面した畑の霜が溶けるのも早い。それでも蕎麦打ち室は8℃しかなかったから、夜のうちに随分と冷えたのでしょう。45%の加水で蕎麦粉を捏ね始めたけれど、水が足りないと気づいて、予備に計量カップに入れている水を掌に取って加えてみれば、わずか 5 g なのに生地が柔らかくなった。昨日は昼の営業で蕎麦がほとんど売り切れたから、夕刻に追い打ちをかけた。 夜はお客がなかったから、そのまま残った蕎麦と今朝打った蕎麦とを合わせて、何とか今日の営業をこなしたいと考える。予報では昼は昨日にも増して暖かくなると言うから、月曜日だけれど少しは期待が持てるだろうかと、雲一つない今朝の青空を眺めるのです。デザートは、今月になってから苺大福、金柑大福、蕎麦饅頭と作ってきたので、そろそろ抹茶きな粉大福の番かと、漉し餡を丸めておく。久しぶりに計量をしたら30g 越えで正解。 いつも勘に頼っていると、何時の間にか量が変わってしまったりするので、要チェックなのです。熱々の求肥で餡を包んだら、抹茶きな粉をまぶしていつもの皿に載せる。求肥は白玉粉と氷糖蜜と水を1:1:1で混ぜると決めてはいるけれど、計りに乗せて蜜と水を加えるのですが、亭主の腕が大雑把だからいつも蜜が多くなる。甘くなるのは好いのですが、水分が多過ぎると求肥が垂れて座布団状態になってしまう。勘に頼るのも善し悪し。 野菜サラダの具材を刻むのも、明日は定休日だから今日で最後。丁寧に包丁を打ってキャベツや人参のジュリエンヌを刻む。先週仕入れたパイナップルが、やっと甘くなるから嬉しい。白菜の漬け物も火曜日に一把を塩で漬けて、次の日に薄塩にして昆布を加えて付け替えるのだけれど、美味しくなるのは週末だから、他の小鉢も仕込んでおくのです。昨日はご夫婦でいらっした常連さんの、いつも辛口のご主人が「これは美味しい」と言った。 ご主人がとても蕎麦が好きらしく、いつもおろし蕎麦の大盛りをご注文で、奥様はヘルシーランチセット。この冬は天候も不順な日が多いから、どうしてもお客数は減るのです。調べて見たら年が明けての来客数は去年の半分。それでも蕎麦を食べに来るお客は、やはり根っからの蕎麦好きなのでしょう。開店前にはスタッフと賄い蕎麦を食べておく。先週から試しにと揚げ続けてきた、冬野菜の牛蒡と人参と蓮根の天麩羅がやっと完成。 昼前にご新規の若いカップルがいらっしたきり、今日も客は少なかった。それでも美味しかったと店置きのパンフレットを持って帰ったから、なかなか新しいものは出せないけれど、蕎麦の美味しさを味わってくれるお客が、増えてくれるのをじっと我慢なのです。店の前に停まる大型ショッピングセンターの無料バスは満員で、今日5 %引きの日なのだとか。昔は職場から見た習志野の陸上自衛隊の落下傘部隊の飛行機が、今日も上空を飛ぶ。 なんでも、飛行機の操縦の練習で飛ぶ範囲が広がったのだとか。女将が今週の残りの食材を取りに来てくれて、亭主は洗い物と片付けを済ませたら、陽の高くなった午後の太陽の光を浴びながら帰路に就く。みずき通りも再舗装の工事がここまで来た。家に戻っても疲れていないので、亭主はプールに出掛けてゆっくりとひと泳ぎ。帰りに地階の魚屋と肉屋とスーパーに寄って、家の買い物を持って帰るのです。大相撲を見ながら一献の宵です。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

曇りのち晴れだけれど冷たい空気で…

暖かい朝だったけれど、日中は気温が上がらずに冷たい空気なのでした。蕎麦屋に出掛けて蕎麦を打とうとしたら、暗いので明かりを点けなければならないほど。昨日打った蕎麦がそっくり生舟に残っていたから、今朝はまた500g だけを打つ我慢比べ。昨日と今日にスタッフと食べる賄い蕎麦の分を差し引くと、10食分に満たないのです。さすがにこれでは営業を開始できないから、昨日の蕎麦と同じ太さで、5 食分だうち足したのでした。 蕎麦打ち室の室温は11℃、湿度は48%だったから、昨日と同じ45%の加水率で蕎麦粉を捏ね始めれば、ちょうど好い柔らかさ。量が少ないから、丸出しから四つ出しに入る時に、均等な厚さで角がきちんと出るようにする。60cm の伸し棒は小さいから、こんな時に役に立つのです。ただ、全体を本伸しで広げる時には、力の加減が案外と難しいような気がする。八つに畳んで包丁切りをすると、最後の方で厚さが厚すぎる箇所が出てきた。 それはきっと、短い伸し棒で伸し広げる生地の端の方が、十分に伸びていなかったからだと思う。これは明日の蕎麦打ちの課題としよう。野菜サラダの具材を刻んで、早々と盛り付けを終えたら、そのまま白餡に金柑の甘露煮をくるんで、求肥を作って金柑大福を包んでしまう。やはり、蕎麦打ちが少なかったから11 時には仕込みが終わったので、昨日の続きで、牛蒡と人参、蓮根の天麩羅を揚げる練習がてら開店前に賄い蕎麦を食べておく。 蓮根が一番さくっと美味しい。人参と牛蒡も不味くはないけれど、イメージしたようなカリッとした歯ごたえではなかった。天ぷら粉も薄めに溶いて、揚げる油の温度も確かめたのだけれど、時間が短かったのだろうか。家庭でも作れる身近な具材だから、まだまだ店でお客には出せそうにない。牛蒡は千切りにして一度湯がいたのがいけないのか、もう少し水を好く切って揚げてみても好い。塩茹でしないと変色してしまうのを恐れたのです。 外は薄曇りだけれど太陽が出ていたので陽射しもある。ただ、今朝の天気予報でも一日中曇りで気温が低いと言うことだったから、空気がとても冷たいこともあってか、1 時過ぎまでお客はなかったのです。明日の天麩羅の具材にしようと、笹掻き牛蒡を塩水で茹でたり、いろいろと時間をつぶすのでしたが、大失敗の昨日にも増して、お客の来る気配がないのでした。やっといらっしたご家族連れも、女性のお客も、皆さんご新規のお客様…。 ご新規でいらっしゃるお客様の多くは、店の前をよく通るのだけれど、開いていることがないとか、蕎麦屋があるとは気が付かなかったとか、一度寄ってみようと思っていたのだとか、いろいろな事をおっしゃる。そして、蕎麦が美味しかったと言って帰られるのですが、そのうち何人の人がリピーターになってくれるのだか。亭主もスタッフもサービスを尽くし「有り難うございました。また宜しくお願いします」と言ってお客を送るのです。 お客いない間に前の畑を見に出れば、ヒヨドリが隣の畑との境界線に植えられた茂みに止まっていた。日向ぼっこをしているようでもあり、じっと動こうとしないからズームを効かせて写真に収める。女将に言わせると、庭の金柑にこのヒヨドリの他に、鳩までやって来たのだとか。最後にいらっした女性客は、鴨せいろを注文して「閉店の時間になってしまいますか」と遠慮がちに言うから、「大丈夫ですよ。作るから召し上がってください」 鴨せいろがよほど美味しかったらしく、にっこりとして「今度、主人を連れて来ます」と言って帰られた。帰り道、みずき通りの舗装工事が、もう坂の下まで進んだらしく、このところ通行止めで回り道という表示が多かったのを思い出した。女将がスポーツクラブに出掛けた後で、亭主も回り道をしてプールまで出掛ける。ちびっ子たちのスイミング教室が始まった後で、泳ぐコースはひとコースだけだったから、結構、混んでいたのです。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

午前中は晴れていたのに…

準備中の看板を出したまま、客の来なかった営業を終えてがっかりした亭主は、家に戻ったその足でプールへ出掛けて行く。子ども達のスイミング教室が始まる前に、ひと泳ぎしようと思ったのです。昨年の暮れ以来、実に三週間ぶりのプールなのでした。風邪がやっと治ったと判断して、久々にアップ400m を泳ぐ。なまった身体は重たいけれど、泳ぎは忘れないもので気持ちがせいせいした。女将の誕生日プレゼントを買って帰ったのです。 夕べ早くから亭主の布団に入り込んでいた peko が、今朝は 6 時前から起き出したので、亭主も飛んだとばっちりを受けたのです。仕方がないから夜明け前の散歩に付き合って、まだ薄暗い公園まで行く。朝食を食べ終えて居間の椅子で30分ほど眠ったのだろうか。女将がコーヒーを運んで来たから慌てて目覚めて、洗面を済ませるのでした。こんな調子だから、朝から頭がぼんやりしていたのかも知れません。霜の降りた寒い朝なのでした。 空は青く晴れ渡って、午前中だけでもこの天気が持ってくれれば、お客が来るだろうと思っていたのです。朝一番で米を研ぎ、炊飯器にかけて、白菜のお新香を取り出して、今日の小鉢に盛り付ける。今回は塩を少なめにして二度漬けをしたので、味はちょうど好い。盛り付けた後で柚子の皮を添えて、ほんのりと香るのもまた好し。漬け込むときに昆布や唐辛子と一緒に柚子を入れてしまうと、出す頃にはもう香りが消えてしまうのです。 いろいろと試行錯誤を繰り返しながら、段々と美味しい料理は出来ていくもの。今朝も二回の蕎麦を打ったけれど、蕎麦打ちも調子が好いと、加水がぴったりで上手く仕上がるのです。寒い今朝は蕎麦打ち室の温度 7 ℃だったから、店の暖房を入れて他の仕事を先に始めたのでした。蕎麦を打ち終えて開店の一時間前。一休みして野菜サラダの具材を刻み、金柑大福を包見終えてちょうど10分前ぐらいに、今日の開店の準備が整うのです。 時間だと思って暖簾を出して、「営業中」と書いた看板を出したつもりが、裏返して「準備中」の看板を出してしまったのが大失敗。それから何度か外に出ているのに、気が付かなかったのが口惜しい。車が何台か店の前に止まったのに、「準備中」の看板を見たのか走り去って行くではありませんか。どうしてその失敗に気が付いたかというと、歩いて来た若いお客が玄関の前でしばらく立っていたのに、帰って行ったから変だと看板を見た。 今日は皆さん常連さんではなかったらしい。以前にも「営業中の看板が準備中になってるよ」と、店に入って来る常連さんに言われたことがあるのでした。「こんなに天気が好い日なのに、どうしてお客が来ないのだろう」と、今日は看板の掛け間違いに、遅くまで気づかずに、とうとう閉店の時間を迎えてしまったのです。昼の時間に「準備中」の看板を出している蕎麦屋を、帰って行った皆さんはどう思っただろう。考えるだけで嫌になる。 今日の蕎麦屋で好かった事は、二回の蕎麦が上手く打てたこと。そして、蓮根や牛蒡、人参の冬の野菜を、天麩羅にして揚げたら、とても美味かったこと。昨日も試し揚げはやってみたのでしたが、衣が厚すぎると味が隠れてしまうということに気が付いた。水で溶く天ぷら粉のとろみは、キスやメゴチを揚げるときには少し硬めでないと、身が丸まってしまったりする原因になるし、いつも同じで好いというわけではないのが難しいところか。 この時期の人参の甘みは格別だし、牛蒡の香りや蓮根の歯触りにも季節感が漂うというものか。ただ、盛り付けが今ひとつイメージ出来ないから、今度は天せいろに使う深川青磁の皿に海老やキスと一緒に盛ってみよう。女将の誕生日のプレゼントには、果物と垂れ梅の鉢を買って帰った。ついでに肉屋で豚のモツのてっぽうを買った。顔馴染みになった店のお姉さんに「いつも有り難うございいます」と言われ、相撲をみながら酒を飲む夕べ。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

霧の濃い暖かな朝だったけれど…

暖かい朝でした。昨夜は 0 時を回ってから眠ったのに、昨日と同じく4 時半に一度目が覚める。どうも、前日の身体の記憶が残っているらしいのです。でも、今朝はもう一度床に入って、安らかに眠っている peko と一緒にもうひと眠り。定休日二日目の今日は、何の仕込みをするのだったかと考えているうちに深い眠りに就いたのです。peko に起こされて散歩に出たのはもう7 時過ぎなのでしたが、深い霧で公園の森が霞んで見えるのです。 何とか年内に剪定を終わらせたいと思っていた蕎麦屋の駐車場のモミジとヤマボウシの枝を、電線の架からない高さでばっさりと切り落としました。まだ、朝露でびっしょりと濡れていたから、袋詰めは後日にして、ついでに美央柳や柊南天も、お客の車のセンサーが感知しないように刈り込んでおく。折角、車止めがあるのに、センサーが灌木の葉を感知して手前で停めてしまう人か多いので、入口が狭くなって出にくく、入りにくいのです。 朝一番で懸案の剪定を終えて、とても気分が好かった。脚立や剪定ばさみやノコギリを片付けて、靴を厨房用の雪駄に履き替え、手洗いを済ませたら、まずは蕎麦豆腐の仕込みをする。そして、漬けもの樽から漬けもの器に漬け直した白菜を、今度は柚子と唐辛子と昆布を混ぜて冷蔵庫用の漬けもの器に漬け直す。大きな白菜の二分の一の量が、二日間漬け込んで、わずか15cm ほどの入れ物に入ってしまうから驚きなのです。昔の人は偉い…。 それから天麩羅の具材の切り分けだけれど、まずはレンジでチンする南瓜から切り分けて、端の部分は形を整えて冷凍しておく。明日以降の分はラップで来るんで野菜籠に入れる。コーヒーが沸いたから、一口飲みながら生椎茸の飾り切り。そしてピーマン、茄子を切り分けてラップで密閉して容器に詰め、玉葱を厚めにスライスして人参を短冊切りにしたら、こちらもラップをかけて容器に入れる。最後は三ツ葉を等間隔に切ってお終い。 昼前に銀行に行って、正月に来る孫達のお年玉や入学祝いに、新券を用意しておかなければいけなかったけれど、女将の帰る時間まで十分に余裕があったので、久し振りに包丁を研いでおく。切れる包丁は調理人のやる気を出すものなのです。銀行から家に戻って今日も昼飯間の用意は亭主の仕事。毎週変わり映えしないけれど、炒飯と餃子と玉子スープで、三つの火口をフルに使うメニュー。食後は今日も昼寝をせずにプールに出掛けます。 時間が早かったから駐車場は珍しく空いていた。いつも入口の一番端の辺りに停めて、できるだけ歩く距離を伸ばそうと頑張る亭主なのですが、空いているならやはりプールへの連絡通路に近い方が好い。プールは午後のプログラムが終わったばかりで、続けて泳ぐ女性ばかり。「速く泳ぐコース」で一緒に泳いでも好いのだけれど、皆さんノンストップだから少し遠慮した。「ゆっくり泳ぐコース」はノンストップの女性一人で気が楽でした。 帰りは四階から地階まで歩いて降りて、肉屋と魚屋とスーパーを回って家の買い物をして帰る。女将に買い物を渡したら、亭主はその足で今度は歩いて蕎麦屋に出掛ける。明日の糠漬けを漬けておく時間なのでした。ところが、車のキーを家に置いて出掛けたのは好いけれど、蕎麦屋の鍵も一緒に付いているから、途中で気が付いて引き返すのでした。女将が大笑い。少し疲れて頭が回らなくなっていたのか。暖かく上着の要らない午後でした。 早めの夕食は、亭主が買って帰った豚モツのてっぽうを女将が茹でておいてくれたので、串に刺して塩焼き。店で残った糠漬けと女将の作ったキンピラ、買ったばかりのトマトに茄子焼きが出てくる。ワイングラスに日本酒を2 杯飲んだら、亭主は居間で peko を膝に載せて、テレビ映画を観ながらウトウトとする。今日は年賀状を買って帰ったから、少しは年末の準備をしなければ。破れて骨の折れた書斎の障子も直して新年を迎えたいもの。

Posted in 仕込み, 季節, 日常, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

今日も晴天の一日だったけれど…

定休日二日目の朝は、ゆっくりと眠りから覚める亭主。昨夜は、遅くまで日替わりデザートの値上げに関連したスタンドメニューや注文票、メニュー表や店置きのパンフレットを直さなければならなかったのです。たった一つのメニューの値上げにこれだけの労力を割くのは、金柑大福を出すシーズンになるから。一粒 50 円以上もする金柑を、時間をかけて煮詰め、2日かけて豆から煮て濾した白餡で包むことを考えれば、遅すぎた感がある。 洗濯物を畳んだり、昨日の鍋釜の洗い物を片付けたら、蕎麦屋で出す焼酎と炭酸が切れたので、近くのコンビニまで買いに出掛け、早速、午前中の仕込みにかかるのでした。空は何処までも青く澄み渡り、小学校のモミジが綺麗に紅葉していたのが、心地よい眺めなのでした。最初に、蕎麦豆腐を仕込んで、まな板を出したら南瓜の種を取って、天麩羅の具材に合う大きさに両端をカットする。そして均等の厚さで切りそろえてレンジにかける。 南瓜のスライスをレンジにかけている間に、生椎茸の石鎚を落として飾り切りにする。ピーマンと茄子を切りそろえて容器に入れたら、ラップをかけておく。次に玉葱を刻んで水にさらしたら、三ツ葉を刻んで別の容器に入れ、人参を明日の野菜サラダに使う部分だけ切り取って、玉葱と合わせてかき揚げの具材を仕込む。時計を見ながら包丁の手を休めないのが、短時間で仕込みを終える秘訣で、大釜の湯が沸いたら小松菜を茹でるのです。 女将がスポーツクラブから帰る時間まで午前中の仕込みを終えて、家に戻って昼の用意をしなければならない。今日は、月曜日に残った蕎麦一人分しかなかったので、亭主は昨日の夜に食べた鴨鍋うどんの残りに餅を入れて温める。女将には蕎麦を茹でて久しぶりにせいろ蕎麦を出す。厚揚げと鶏団子を焼いてタンパク質もしっかりと出してやるのでした。すべて先週の蕎麦屋の残り物だから、ちょっと引け目もあって親切に対応するのでした。 午後の仕込みは、糠漬けを漬けるだけだったから、一休みして亭主はプールに泳ぎに出掛けるのです。郵便受けを見れば葉書が何枚か入っていたので、玄関に戻って稽古場で書き物を始めた女将に渡すのでしたが、幼なじみの友人のご主人が亡くなったという知らせが入っていたから、二人で顔を見合わせるのでした。今年は喪中の知らせがやけに多く、もう20 枚ほど届いた。亡くなった方々は皆 90 歳を越えた人ばかりで、70 代は若すぎる。 人生、順繰りだとは思いながらも、鬱々とした思いを抱えてプールに出掛けた亭主は、お袋様の元気なうちは自分も頑張って生きなければと、着替えを済ませてプールサイドで準備運動をする。子どもたちの水泳教室の始まる前だから、全コースがフリーの空いた時間だったけれど、何処が一番自分に合うかと見れば、速く泳ぐコースで年配の女性たちが、個人メドレーを泳いでいる。これならついて行けそうだと、亭主もバタフライから泳ぐ。 張り切ったつもりもないのだけれど、何時の間にか女性たちは隣のコースに移って、最後は亭主一人になってしまった。ゆっくりとスカーリングとダウンをしたら、女将に頼まれた買い物をして家に戻るのでした。あまり天気が好いものだから、午後の仕込みは蕎麦屋まで歩いて出掛ける。夜の防犯パトロールがある日だったけれど、皆さん70 代の年齢だから、一回り近く若い自分が疲れたとは言えない。一時間足らず仮眠を取って出掛ける。 2週間日後の土曜日に、「海メロの会」があると知らせをもらったので、また土曜日の夜を臨時休業にしなければならない。これも何かの縁だからと、女将に話せば、クリスマス前の週末は毎年お客が少ないからいいんじゃないという返事。人生いろいろで、夜のパトロールで回った老人が、「俺もいつまで生きるのだか」と言っていたのが、妙に気になるのでした。「死ぬまで生きる」というのが亭主の信条。星の綺麗な夜で、明朝は冷える。

Posted in 仕込み, 季節, 経営, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

今日も冷たい雨の降る一日で…

<今日も朝から冷たい雨模様。降る雨の合間を見つけてpekoの散歩に出れば、公園の白い山茶花が随分と散っていました。朝食を終えて朝ドラを見終える頃には、また降り出したから傘を差して蕎麦屋まで出掛ける亭主。定休日明けはいろいろと準備が沢山あるので忙しいのです。蕎麦を打つまでに、今朝は昨日作った金柑の甘露煮を砂糖を加えて煮直したから、尚更のこと。試作品を家に持ち帰れば「味に締まりがないわ」と女将に言われた。 氷糖蜜だけで煮詰めたから、すっかり砂糖を入れるのを忘れていたのです。「だからレシピは大事なのよ」と、ここぞとばかりまた言われる。一年振りだから仕方がないのです。白餡と求肥で包む金柑大福の中心の部分だから、やはり甘さも少し濃くなければいけない。砂糖を加えて煮込む鍋の隣の火口で、一晩水に浸けた大手亡豆を茹で上げるのです。沸騰して灰汁を取ったところで冷水にとって、後はお客のいない間に一粒ずつ皮を剥く。 蕎麦も二回打たなければならないから、時間は押していたけれど、冷たい雨の降るこの天気では、あまりお客も期待できない。それでも、1時間ほどで二回の蕎麦を打ち上げて、10 時半には厨房に入る。蕎麦屋に来てからもう2 時間が経つけれど、今日は休憩もなしなのでした。昨夕に浸けておいた糠漬けを取り出して、切り分けて小鉢に盛り漬ける。細い胡瓜にはまぶす塩を少なめに、大きな蕪には多めにして冷蔵庫に入れたのが好かった。 ちょうど好い塩梅で、今日のお客にもお新香が美味しいと言われたのです。野菜サラダの具材を刻む前に、今朝は抹茶きな粉大福を包んでおく。抹茶きな粉が近所のスーパーでは手に入らなかったから、ネットで注文したのですが、送料無料で60g の粉を三袋で3000 円近いから頭が痛い。青豆きな粉に抹茶と砂糖を混ぜて作った方が、若干は安く出来るけれど、手間を考えるとどうか。やはりデザートも今日150 円ではなかなか難しいのです。 メニューの値段を改定する前に、金柑大福を出す今シーズンから、日替わりデザートの値上げをしようと考える亭主。それにしても、コンビニなどで売られている大福の値段を見ると、あまりにも安すぎる。スーパーなどで特売で出ているものも一つ百円以下だから、材料の生産地や大量生産の製造過程はともあれ、200 円で大福一つを出すのはかなり勇気がいるのです。まあ、それが店のレベルということになれば嬉しいのですが、心配…。 今日も11 種類の野菜を刻んで、野菜サラダを三皿だけ用意する。冷たい雨の降っているにも関わらず、市内の遠くからいらっした中年のリピーターらしい女性客が、カウンターの亭主の前に座って、ヘルシーランチセットの天せいろを頼まれたから、亭主が「こんな雨の中を遠くから有り難ます」と言えば、「近くには美味しい蕎麦屋さんがないのよ」と言ってくださった。次の老夫婦は、初めてのご来店らしくて、寒いからと天麩羅うどん。 初めての蕎麦屋でうどんのご注文というのも辛いものがあるけれど、小豆島から取り寄せている手延べ生うどんを茹でて熱々でお出ししたら、「身体が温まった」と喜んでくださったから好かった。客のいない間に今朝打ったばかりの蕎麦をぶっかけにして、スタッフと賄い蕎麦を食べる。こんな天気だから仕方はないけれど、この美味しい蕎麦をお客に食べてもらえないのは残念でなりませんでした。今日もお客は少ないので定刻で早終い。 家に戻って書斎のパソコンに向かっていたら、女将が柿を剥いて持って来てくれた。裏の石垣の修復作業の件で業者から連絡があったらしい。あまりにも寒いので、昼寝をする間もなく、亭主はプールに泳ぎに行く。身体を動かしていないと足元から冷えてくるのは、年のせいばかりではないでしょう。若い水泳部出身らしい女性が一人で泳ぐコースで、例によって400m をノンストップで泳ぎ始める。寒い時期は少し距離を伸ばしても好いか。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 経営, 蕎麦打ち, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

晴れたのに寒い一日で…

peko の散歩に出た 6 時半過ぎの空はまだこんな明るさで、昇ったばかりの太陽はまだ公園の森の中にありました。久々に寒いと感じる朝はこの時期一番の冷え込みなのだとか。定休日明けの準備をするために、早めに着替えと洗面を済ませて、朝ドラを見終えたら直ぐに家を出る亭主。青空は広がっているものの朝の雲がたなびいて、それほど風はないけれど空気が冷たいのです。幟を立て、チェーンポールを降ろし、新聞を取るのが朝一番。 次に夕べ漬けた糠漬けの胡瓜と蕪を取り出して、切り分けて小鉢に盛る。大根のなた漬けもあるから、四鉢分だけを漬けておきました。それから南側のミニ菜園に出て、今日の薬味の分葱を抜いてくる。太いものを選んで根から抜き、一本一本丁寧に洗って刻んで水にさらします。取り立ての分葱は匂いが濃厚で、薬味には持って来いの野菜なのです。この時期にスーパーで買えば、ひと束 140 円ほどするから、ミニ菜園も馬鹿には出来ない。 蕎麦打ち室の気温は12℃、湿度は45%だったから、今朝は43%の加水でも足らないかも知れないと思いながら、恐る恐る加水していく。水が多すぎると生地が柔らかくなりすぎるし、ここが一番の考えどころ。何度も捏ねてなんとか生地が柔らかくなってきたので一安心でした。切りべら28本で、いつものように、130g を越える蕎麦の束が次々と出来上がる。蕎麦打ちの二回目は少し水を多くして、無理のないように捏ね方を終えるのでした。 どうしても二回蕎麦を打つと10 時を回ってしまう。次の仕込みは野菜サラダの具材を刻むことだから、野菜を全部まな板の回りに出してから、ちょっとだけ気分転換に奥の座敷で一休みする。包丁で細かな切り物をするのは、やはりそれなりに集中力が必要なのです。今回のレタスは好いものが手に入りました。重さと葉の色で巻きがしっかりとしているのが分かるのです。キャベツも小振りだったけれど、葉が柔らかく当たりなのでした。 パイナップルはいつもとは買った店が違ったけれど、サンキストのかなり大きなものだったので、中身はどうだろうと思ったけれど、値段表に出ていた通り「激甘」なのでした。サラダの野菜も一つ一つ吟味して来買っては来るけれど、たまに粗悪なものがあったりすると、がっかりとするのです。まあ、スーパーで買っているから、その店の仕入れに頼っているわけですが、安く好いものを手に入れるのが一番。野菜を見る目が育ってくる。 スタッフが漉し餡を丸めておいてくれるので、亭主は白玉粉を氷糖蜜と水で溶かして火にかける。隣の火口では、味噌汁に入れるサラダ用の若布をさっと湯がいて水にさらす。白玉粉が餅状態になってきたら、火を止めて小さなお玉でぐるぐると捏ねていく。抹茶きな粉にまぶして一つずつ餡玉を包んでいくのですが、これが熱々で掌は火傷状態。平日だから四皿分だけ包んで、天麩羅の鍋に油を入れて温め始める。暖簾を出す前にお客が来た。 ビールとせいろ蕎麦の大盛りのご注文で、蕎麦好きらしいのが直ぐに分かる。晴れてはいるけれど外は寒いのに歩いていらっしたから、ご近所の親父さんなのでしょう。続けて、男性二人がご来店で、こちらは鴨せいろの大盛りときた。「新蕎麦になったの?」と聞かれて「先週から新蕎麦です」と応える。こちらも蕎麦好きと見えて、いろいろと話かけてくる。小鉢で出したなた漬けが美味しいと言う。大福を一人二つずつお土産で持ち帰る。 お客のいない間に食べるぶっかけ蕎麦の具は、メゴチの天麩羅とかき揚げ。寒いから、蕎麦好きのお客しか来なかったけれど、新蕎麦の味わいは堪らない。客もいなかったので、早めに暖簾を下ろす。天麩羅油と海老や鴨肉を発注してあったので、業者の来る時間に再び蕎麦屋へ出掛け、その足でプールに泳ぎに出掛けました。今日は平泳ぎの達者な老人が一緒だった。帰りに炙り蛸とてっぽうとカシラを買って、相撲を見ながら一献の晩です。

Posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

吐く息が白くなった朝…

夕刻の5 時前には日が落ちる季節になりました。peko も女将も亭主も早く夕食を食べるから、風呂上がりでブログを書き上げても、夜が長く感じられるのです。秋の夜長とは本当によく言ったものです。アクション物のテレビの映画も10 時半には終わったのでそのまま床に入る亭主。頭がリラックスしたからか、いつもより早くすとんと寝付きに入ったのは好いけれど、今朝は4 時前にはもう目が覚めてしまう。昨日のブログを読み返す朝。 5 時のニュースを少し見たら、peko が起き出したから、「暗いけど散歩に行くか?」と聞けばその気になっている。リードを着けて暗い通りに出れば、公園まで歩くうちに東の空がうっすらと明るくなってくるのでした。この秋初めて吐く息が白いから、随分と冷えているのでしょう。それでもpeko は元気にいつもの散歩道を歩いて行く。餌を替えたら最近は食欲も旺盛で、その分元気になったので安心した。人間ももしかして同じなのか。 いつもの時間に家を出て、亭主の行くところは蕎麦屋と決まっている。明日の仕込みをさっさと済ませたら、午前中にプールに行くことが出来きるかも知れないと考えたのです。まずは蕎麦豆腐を仕込んでおかないと、鍋にこびり付いたぬめりをふやかすのに時間がかかる。天麩羅の具材を調理場に並べて、明日の分だけ切り分けたら、後は冷蔵庫に入れておく。その間に従姉妹煮の南瓜を煮ておく。慣れた作業だから1 時間ほどで終了。 まだ、時間に余裕があったから、切れ味の落ちた洋包丁を砥石で研ぎ始める。黙々と時間をかけて包丁を研ぐのもたまには好い。最後に油の漉し器を綺麗に洗ったら、今日出来る準備は、夕刻に糠漬けを漬けに来るだけ。石垣島から帰ってからというもの、台風被害の後始末などで、すっかりプールを休んでいたから、久しぶりの水泳が楽しみなのでした。車に乗って蕎麦屋から直行すれば、5 分ほどでタワー駐車場に着く。11 時を回っていた。 それでも30 分もあればひと泳ぎできるから、慌てず焦らず、ゆっくりと準備運動をしてシャワーを浴びるのです。昼前のこの時間帯は、プールも当然のことながら亭主よりも年配の人ばかり。2 コースだけ幼児スイムに使われて、赤ちゃんと若い母親がインストラクターに見守られながら、水の中で戯れている。速く泳ぐ50m コースには、3 人も老人たちが入ってゆっくりと泳いでいる。ゆっくり泳ぐコースは2 人だから選択の余地はない。 邪魔にならないように十分に間隔を開けて、4 種目を100mずつ泳ぎ始める。勿論、人のいるところでは、両手のバタフライは禁止なので、ドルフィンキックでクロールのストローク。二週間も泳いでいなかった割には身体が軽かったから嬉しい。12 時前には家に戻って、昼の支度を始める。今日は蕎麦屋から滅多に使わない鉄の中華鍋を持ち帰って、本格的に炒飯を作ったから胸がすーっとしたのです。ティファールの中華鍋とは違う。 午後は泳いで食べたから少し眠れるかと思ったら、珈琲を飲みすぎたのか眠れずに、ダイビングのパッキングの荷物を片付ける。水没したカメラEM-5 の無残な傷跡が痛ましい。3 時になったから、peko を連れ出して夕方の散歩に蕎麦屋に行こうと思ったけれど、途中で歩かなくなって、少しだけ抱きかかえて歩いたら、思い出したらしく蕎麦屋の裏の階段を元気に登る。糠味噌を漬けて家路につけば、後は夜の防犯パトロールが残っていた。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。

店舗検査の日…

pekoの散歩から帰って朝食を食べ終えると、いつものように椅子に座って、ウッドデッキ越しに外を眺める亭主。台風に備えて倒した自作のテーブルがそのままになっている。最近は、歳のせいか、次の行動に移るのに時間がかかるのです。食事を終えて亭主の膝に乗ったpekoも老齢だから、一度、居心地の良い態勢になったら、眠そうに同じ姿勢を変えようとしない。「ヨイショ」とかけ声をかけて亭主が起き出すと、主人の場所に座る。 犬はすることがないから、そのまま午前中は安らかに眠るけれど、人間にはその日の予定があるから、隠居の生活で定休日とは言え、ある程度は時間に制約されるのです。それがいいのかも知れない。今朝は、石垣島へ水中カメラの撮影器材を送らなければなりませんでした。「タンクなし、カメラなし、電池なし」と記入して、航空便で三日で届きます。荷物を預けたコンビニのお姉さんが「いいですね沖縄、私も年に二回ほど行きますよ…」 話をすれば長くなるから、「若い人はまだまだ何回も行けますよ」と言って蕎麦屋へ出掛ける亭主。今日は食品衛生協会の店舗検査があるので、9時からは午前中、店にいなければならないのでした。とは言っても、仕込みの最中に検査が来ても困ると思って、まずはレンジ周りの掃除を済ませる。去年までは、保健所の若い女性職員が厨房に入って、換気扇の汚れ具合なども見ていったから、ちょうどいい機会と今月は検査前の掃除なのです。 待っていると時間が長く感じられるもので、沢山の飲食店があるからなかなか順番が回ってこないのだろうと、まずは蕎麦豆腐を仕込んでしまう。それでもまだ来る気配はなかったから、今度は明日のデザートの抹茶小豆を仕込んでおこうと、抹茶と寒天を氷糖蜜と水で溶いて沸騰させていたら、協会の年配の男性3人が現れた。今年からは保健所の職員は同行していないらしい。管理ノートと営業許可書を調べただけでもう終わりなのでした。 容器に六個分作る予定だったデザートは、ちょっと話をしている間に沸騰しすぎて、量が減ってしまいました。まだ10時過ぎだったから、一度家に戻って、午前中にプールに出掛けてしまおうと水着を用意をして家を出る。少し涼しい陽気だったので、ジャージの上着を着込んで車に乗る。幼児スイミングのコースは二コースだけだったので、今日は50m単位の速く泳ぐコースがあったので、ひと泳ぎ。やはり身体も心も解き放たれる気分。 帰りに同じ棟の魚屋とスーパーに寄って家で足りない食料を買って帰るのです。2kmを歩く女将にはとても持って帰れる量ではない。それでも女将がスポーツクラブから帰る前に家について、残り物の野菜と肉を炒めて、あんかけラーメンを作るのです。最近では、定休日の昼飯作りはすっかり亭主の仕事になりました。女将の好きな味つけにして、野菜もたっぷり、汁も薄めに仕上げるのが秘訣。亭主の作るのはいつも大鍋を振るう中華風。 泳いで暖かい昼食を終えたら、心地よい昼寝のひとときが待っていました。これぞ定休日の醍醐味とばかり、1時間ほど眠って午後の仕込みの段取りを考えながら、珈琲を一杯飲んでまた蕎麦屋へ出掛けるのです。野菜サラダの具材を切り分けたら、糠床に胡瓜と大根を漬ける。これで午後の仕込みは終わりだから、考えようによっては、やはり定休日は気楽なものなのです。今日の予定で残っているのは、夕刻6時からの夜の防犯パトロール。 蕎麦屋から帰る頃になって、やっと青空が少し覗いてきたけれど、明日は一日中曇りの天気らしい。気温も低いそうだから、どれだけお客が来てくれることか。それでもやはり、蕎麦は二回打たなければならないでしょう。夕飯前にパトロールの集合場所に出掛けて、年上の老人たちと台風の後日談。経験と知識の豊富な彼等の話からは、学ぶことも多いのです。7時近くに家に帰って、夜は、今日買って帰った鰯の塩焼きとチーズ揚げで一献。

Posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 運動・健康 | コメントは受け付けていません。